« 天天体Mの出現で、火山噴火の説明(地学の教科書)が引っ繰り返る) | トップページ | T6 ハワイ島・海山・海膨・海盆・海嶺・・・読み物としても面白い »

2015年9月20日 (日)

地震/火山の真因 Root of earthquake / volcano 地学の教科書は書き換えられるべき! Earth science textbooks should be rewritten!

 2015/09/19Part of the mystery of the ice planet (Minoru Takahashi) third part received reprint.  「氷惑星の謎(高橋実)第三部」の一部を転載させて頂きました。
今から
40年余り前に出版され、一大センセーションを巻き起こした本「灼熱の氷惑星」の続本ですが、ここ(第三部の最初の数ページ)ハッキリと『地震を引き起こすマグマが出来た訳』が論破されていたではないですか。
 Books published ago the other 40 years from now, caused a great sensation of burning ice planets followed had not been refuted "why was magma to cause earthquakes, and here (part III of the first few pages) book is a. Today, "convenes in recent years and are becoming more active volcanic activity and earthquakes", again a celestial M theory (understandable to elementary and middle school students, in the pictures) and I want to explain.
 今日は、その
近年になって活発化しつつある火山活動と地震の真因に関して、天体M説を改めて(小中学生にも分かりやすく絵でもって)説明したいと思います。
 実は近年、申し分のない証拠が観測できるようになったのです。その証拠とは、地震波トモグラフィーの観測結果なのです。以下の観測図は、地震波トモグラフィーに関する「ある本」のコピーですが、改めて転載させて頂きます。
 高橋実氏は故人ですが、もし生きておられてこの絵をご覧になったなら、踊りしながら我が意を得たり』と仰ったことでしょう。この絵は、先日の「氷惑星の謎、第三部」最初の数ページのその物ずばりが書かれていたのですからね。
 It is that can be observed are actually good in recent years, no evidence. And the evidence is the observation results of seismic tomography. Observed the figure below is a copy of the book for seismic tomography, but we reprint all over again. Minoru Takahashi, who is deceased, but if is alive and see this painting became the dance would be and said "get my mind'. This painting is in the first few pages the mystery of the ice planet, part III the other day thing right! was written because it.
Photo
1]天体Mが侵入して来た方向が核-マントル境界まで、真っ赤っ赤で高温になっています。Is invading the celestial M core-mantle boundary until red! has turned red hot.
2]衝突直後は地殻まで真っ赤っ赤だったのですが、地表のすぐ近くは冷えて、黄化しています。"Red" until the crust immediately after the collision was near ground surface was red, but cold, yellow has been.
【ここまで地表が冷えるのに、2000万年かかっているのです。それ位、地球内部が冷えるのは遅れる。ハワイ諸島ホットスポット移動速度激変の証拠(次図)を参照。It is 20 million years to cool the surface of the earth so far. Cool place, Earth's interior is late. See the evidence of the Hawaii Islands hotspot roaming rate upheaval (figure below).
3マントル内に同心円状に高温部が幾層も観測されていますが、これら各層は、数億年前の、天体M衝突の、各衝突毎の、残留温度溜まりに対応しています。Some layers also high temperature have been measured in concentric in the mantle, but these layers correspond to the residual temperature Chamber each clash each celestial M collision millions of years ago.
 この過去の残留温度溜まりがあるところに、天体Mが頭突きを食らわしたので、核-マントル境界附近まで、一気に真っ赤っ赤になったのでした。
 小笠原海溝の下部に青黒い帯があるのは何か?という質問ですか。
これは、2億年以前の過去太平洋の海底が、地下に押し込められた、という明確な証拠なのです。Residual temperature Chamber this past a celestial M planted a head butt, so core-mantle boundary area until suddenly red! was red. What is blue-black band on the bottom of the Bonin trench?" is the question. It is the clear evidence, were crowded into a basement Pacific 200 million in the past it.

Photo_2
 日本列島の直下、コアーマントル境界までの地震波トモグラフィーデータです。2億年前の太平洋海底が折り畳まれたごとくに地下に収納されているでしょ。
秒速30万Kmという相対スピードで、天体Mは地球に半正面衝突して来たのです。
それまでにも、天体Mは何回も何十回も衝突していて、マントル内は高温のドロドロの熔融状態なのです。そこへ天体Mの頭突きなのですから、地球表面の皮膚(地殻)は瞬間的に押し込められるのです。
 以下の図は、太平洋プレートが瞬間移動した証拠の科学資料分析データです。
 It is far beneath the Japan Islands, the core mantle boundary seismic tomography data. Folded 200 million years ago, Pacific sea floor, which is housed in the ATAGO and especially the underground. It is at relative speeds of 300000 Km/s, celestial m came to Earth semi head-on collision. Until then, the celestial M thick hot molten state are in the mantle, and hit 10 many times many times.
 Are there bodies M head-butt from skin of the Earth's surface (crust) is tucked away in the moment. The figure below is a science article analysis of the moment moving Pacific plate is proof.Photo2_2
 上図は、次の「ハワイから北西に伸びる海底火山の列」という資料から算数計算したものです。This figure is a calculation from columns of submarine volcanoes extends to the Northwest of Hawaii following the article arithmetic.
Photo_3
 数兆円という膨大なお金をかけて宇宙空間を探し回らなくても、天体Mが存在するという明確な資料は、あなたの身近な所(例えば、古い地図帳小中学生向けの図書コーナー)にたくさんあるのです、数10年前からね。もっと言えば、天体Mの証拠は禁書事件で焼却されてしまった書物の中に五万とあったのですが、・・・。
 
 2015年 920日 大山宏【改めて執筆しました】
 
 Huge amount of trillions of yen in addition to spend hunting through the space, the existence of the celestial M definite article is in your hand, (for example, old atlases and elementary and middle school students for library corners) there is a guess from the number 10 years ago.... Is more speaking, 50,000 and was evidence of astronomical books had been incinerated in the index case. 9/20/2015 Hiro. Oyama [ re-wrote

|

« 天天体Mの出現で、火山噴火の説明(地学の教科書)が引っ繰り返る) | トップページ | T6 ハワイ島・海山・海膨・海盆・海嶺・・・読み物としても面白い »

K・・・氷惑星の解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震/火山の真因 Root of earthquake / volcano 地学の教科書は書き換えられるべき! Earth science textbooks should be rewritten!:

« 天天体Mの出現で、火山噴火の説明(地学の教科書)が引っ繰り返る) | トップページ | T6 ハワイ島・海山・海膨・海盆・海嶺・・・読み物としても面白い »