« 漢和大辞典(訓読み頭文字)集計表。広辞苑(50音)集計表。 | トップページ | 接頭音、アクセント、複合音、抑揚、音声意図学の「いろは」の’い’の字 »

2015年10月29日 (木)

音声意図学の第一歩〔頭文字編〕

概要 どこの国の言語であろうと、言葉の最初の音(頭文字音)は重要である。これが、音声意図学にとって最も大きな意味を持っている。ヘボン式分析法の第一歩として、「あいうえお」母音の意味と方向性、「かさたな、はまやらわ」子音の意味と発声音の意図とを明らかにしていく。

 西洋の言葉に於いては、アクセントがどこにあるかが重視される傾向にあるが、これは複合音の中で重点が何処に置かれているかで、発声された音声の意図や意味のニュアンスの違いを伝えるという意味合いが強く、(2次的なものであろうから)次の段階の検討課題としたい。
 まず、母音あいうえお の5つから始めましょう。
「あ」と聞いたときに、瞬時に思い浮かぶことばを5つ以上、「い」と聞いた瞬間に、あなたの頭にひらめいたことばを5つ以上、「う」と聞いた瞬間に、思い浮かんだことばを5つ以上、「え」「お」と聞いた瞬間に思い浮かんだことばを5つ以上づつ書き出してご覧なさい。 

 書き出しましたか? 列記しやすいように、小学校で習う漢字も使って書いてみましょう。
「あ」 明るい、あした、朝、新しい、雨、あられ、穴、あなた、あぶない、遊び
「い」 医者、いじわる、いじめ、いたずら、いけず、意思、石
「う」 うさぎ、うまい、うどん、うろこ、歌う、うれしい、うれい、・・・
「え」 えんりょする、遠近、えさ、エメラルド、鉛筆、えしゃく、
「お」 女の子、お父さん、お母さん、おしゃれ、おしどり、おかみ、お絵かき、
すぐに5個でも10個でも思い浮かぶ母音と、ちょっと考えないと出て来ない母音とが、ありましたね。 あとで、どうしてそうなるのか、考えてみましょうね。
 まずは、一番思いつきやすかった言葉、「あ」が頭文字に来ることばを調べてみましょう。
「あ」:明るい、あした、朝、新しい、雨、あられ、穴、あなた、あぶない、遊び ・・・
 明るい言葉が多いでしょ。また、注意を喚起する言葉も多いですね。これが「あ」が頭文字にくる言葉の特徴です。「あっ!」と驚く言葉とか、「あっぱれ」「あばれんぼう将軍」なんてことばを書いた人もいたでしょうね。
「い」:医者、いじわる、いじめ、いたずら、いけず、意思、石・・・ どれも、硬くて、少々いじわるで、意見を聞かないような、ことばが多く飛び出して来ませんか? 一番になるのって難しいでしょ。意見を言うのもちょっとだけためらいますね。「い」が頭文字に来るのは、こんな意図や意味がありますよ、、て意味を持っているのです。
「う」: うさぎ、うまい、うどん、うろこ、歌う、うれしい、・・・
  ・・・ 私はどういう訳か、食べ物や、歌とかうれしいときに、「う」の音声が頭文字に来てしまいます。「うまくない」というのは、「うまい」の否定形ですよ。だからうれしい言葉の部類。
「え」: えんりょする、遠近、えさ、エメラルド、鉛筆、えしゃく、・・・
  ・・・「え」が頭文字に来ることばって、意外に思いつかないでしょ。 難しい言葉が多く出て来ています。むりやりに思い出したのでしたね。 確かに「え」が頭文字に来ることばは、理屈っぽいのです。国語辞典を調べてみても、意外に「え」の付くことばは少ないのです。 これが「え」の字の特徴なのです。
「お」: 女の子、お父さん、お母さん、おしゃれ、おしどり、おかみ、お絵かき、・・・
 ・・・ いくらでも、10個でも20個でも、幾つでも書き出すことが簡単に出来るでしょ。
尊敬する人を呼ぶ場合に、「お」を接頭語としてくっ付ける敬語の意味がありますし、赤ちゃんだって、最初にことばを発するのは、おぎゃーって叫びますからね。「おっぱいが欲しい」という意図かな?「おしっこ」が出たよって泣いているのかもね。
 このように、最初のたった1母音でさえも、後に続くことばの意味や意図を指し示しているのです。
このことは、英語でも一緒なんですよ。
あいうえお   a i u e o って書きますが、英語の辞書で、a が最初に付く文字で良く聞くことばを探してごらんなさい。
 アンブレラ(傘)でしょ、アブラハム(人名)、アーカンソー(都市名)、アメリカ合衆国、アテネ(ギリシャの都市名)、アラビア、アイスクリーム、アリス(不思議な国のアリス)、・・・
 ・・・日本語と同じように、「 a :あ」が付くことばは、明るいでしょ。注意を引き付けようとしているでしょ。あそび心もあるでしょ。
i :い」: インプレッション(印象)、インフルエンス(影響)、イレギュラー(不規則)、インフルエンザ(流行性感冒)・・・
・・・ 何か、硬くて、少々意地悪で、意見や下心が見え隠れしているようなことばが多いのです。イギリス国のことを「エゲレス」と呼んでは『えげつない』って嫌われるでしょ。
u :う」と「o :お」に関しては自分でやってみて納得して下さい。
e :え」に関してはやってみると、特に難しいことばが多いのです。
例えば、エンジンでしょ。エネルギー、エンパイヤーステートビルディング、エベレスト、
エスタブリッシュ(達成)、敬遠、・・・
どれもこれも、えんやらやっとと思い出すことばは、皆難しくて理屈っぽいことばばかりです。 思い出せることばの数も少ないのです。
 辞書で、頭文字に「 a :あ」が付くことばのページ数、「 i :い」、「u :う」、「e :え」、「o :お」が頭文字に来る言葉のページ数を調べて比較してみましょう。
 a :あ  i :い u :う e :え  o :お
日本語 45、  40   21  11   14
 英語 77   47   26  47   34
日本語の国語の辞書でも,英語の辞書でも「 a :あ」「i:い」が多いのが分かりますね。
 英語では、「e :え」が47という風に「i:い」と同ページ数だけありますが、つづり文字はEnglishでも、発音はイングリッシュでしょ。発声音分類では「i:い」に登録されるものも多く含まれています。 厳密に検討すると、日本語と英語とでは、「 a :あ」「i :い」「u :う」「e :え」「o :お」分布は、同じようになってしまうのです。他の言語(例えばドイツ語とかアラビア語・フランス語・ヒンズー語・)でも、この傾向は同じです。
フランス語で、アン、ドゥー、トゥーと言えば、、2、3の事ですし、
ドイツ語で、アイン、ツヴァイ、ドゥライと発声すれば、やはり、2、3です。
 口の構造は、大体において、似通っていますので、おのずと、言語の発声しやすさ・意図の込め方や意味するものなどは、似通ってくるのです。
 これが世界に通用する、「音声意図学」「音声意味学」のいろはのの字です。
 同様なことを「かさたな、はまやらわ」でやってみましょう。

かきくけこ」の「K」の付くことば:カラス、黒い、汚い、嫌悪感、この野郎、書き出しがきれいではありませんでした。書き方、香り、けんか、火気、柿、夏季、・・・
何となく、形や色や香りがすっきり(ハッキリ)していますね。これが「K」の子音の特徴なのです。
 では、「さしすせそ」ではどうでしょうか?
さいわい、しあわせ、すっきり、背中、そら、先を急ぐ、さち、シチズン時計、すっかり忘れていた、先生、そそっかしい。、、、なんて、10個も思いつくままに「さしすせそ」が頭文字に来ることばをあげていると、「S」の意味や意図するものは、分かって来ます。
英語で「スタート」は、日本語では最初・しょっぱなの意味。 英語で「スマート」「スタイルが良い」なんてのも「S:さ行」の代表格でしょう。
 じゃあ、「たちつてと」ではどうでしょうか?
太鼓、地球、強い、鉄砲、トンド祭、太陽、地下水、造る(作る)、鉄道、トンネル・・・
何か、大きなもの、大きな音、祭太鼓のような音、機関車みたいなものが沢山出てきますね
Tたちつてと」音とは、その威勢の良さと大いに関係があるのです。英語では、タワー(塔)なんてのも、その代表ことばですね。男の子の名前でも、太郎さんは、金太郎さんの力強さ、男らしさまで、代表して出て来ます。
 次の、「なにぬねの」では?
なんにもない、なしのつぶて、にらめっこ、濡れ縁、猫なで声、野原、のん気、のんベー(酒飲みのこと)、ねんねこ、ねむい、のんびり、・・・
なにぬねの」の発音は、一度舌を上くちびるにネチャッと付けて、それから息を吐き出しつつ発声するのでしたね。
だから、「なにぬねの」が最初に来ることばの意味は、どうしても鼻にかかって、眠そうな、のんびりした気の抜けたラムネのようなイメージが相手に伝わるのです。
 先を急ぎましょう、次は、
「はひふへほ」で始まる言葉ですよ。
ハッピー、ひかり、不思議、ヘブン(天のこと)、ほんとうのこと、ハネムーン、ひばり、飛行機、船(ふね)、星空、包容力、抱擁、ほうよー(広島弁で承諾・合意の意味)・・・。
 実は、これらの言葉は、なんらかの形で、天(神さまや天体)に関係することば群なのです。世界各国語でも、「はひふへほ」は天・典・点・転を意味することば(音声的な意味を持っていることば)なのです。アラビア語でも、「ハー」とは、英語のAや日本語の「あ」と同じ役目を持っているのです。キリスト教の聖書にも、「はじめに、ひかり、あり」って書いてあるんですよ。 笑い声が「はひふへほ」であることも、万国共通なのです!
 次は、「まみむめも」です。
真ん中(ミドル)、みんな(皆様)、胸を張る、無理をしない、面倒を起すな、問題がある、
まじめにやれ、見損なうな、無茶するな、飯でも食うか、申し分ないね。・・・
何だか、「ちょっとまん中で一休憩だ!』って言っているようなイメージの言葉が飛び出してくるでしょ。アルファベットの26文字でも、ちょうど真ん中あたりに、Mは位置していますし、子音の「かさたなはまやらわ」9文字内でも、「ま」や「な」は、まん中附近に位置しているのです。
 『中心は「は」じゃあないか』とのご指摘ですか?
 その通りです。「はひふへほ」は天を意味しており、世界の中心は「はひふへほ」のは行です。その点()をはさむようにして、「ま行」と「な行」とが存在しているのです。
目(め)を見張るような、発見でしょ。
 次は、「やゆよ」ですね。
やなこった(イヤだね)、矢じり、屋根(やね)、野外スタンド、許して!。世の末、夜店、幽霊、湯島、遺言状、世の中、止さんかいね。
なんだか、暗いイメージで、終わりに近いという雰囲気がありませんか?確かにそろそろ「あかさたな、はまやらわん」のお仕舞いに近いのです。「や行」の元々は「やゐゆゑよ」だったらしいのですが、ゐとゑとは、江戸時代までに、消えて無くなってしまいました。
     世(よ)も末なのです。
「わん」でお仕舞いですね。
ワンワンわんと犬が鳴く、最後は最初でもあるので英語では、1の事を「ワン」といいます。
英語のアルファベットでは「W:わ行」ですが、ワールド(世界)、ワシントン、ウィスキー、ワンダフル、ワンダーランド、ワンタンメン、鷲、和紙、わし(われ:我)、わがまま・・・
なんてことを書いていると、天上天下唯我独尊状態の世界のことを、意味することばなんだなって、気が付きますでしょ。
 世の中は点に始まって、転じて行って、ワールドワイドに広がって行くのですが、どういう訳か、ワン(1:原点)に帰着するらしいのです。
これが、宇宙の真理(宇宙物理学)なのですよ。ことばの世界(音声世界)も一緒なのです。
もしも、地球の裏側まで届くような大声を発声すれば、地球の裏側では再集結して、大きな声となって相手に届くのです。音声ってそういうものなのです。
 少しは、音声意図学・音声意味学なる言葉に慣れて頂けたでしょうか?

 あなたのごく極身近なところに、勉強の種、研究のネタは転がっているものなのです。面白いでしょ。今日はここまでにしましょう。
20151028Hiro. OyamaHIRO. OYAMA

|

« 漢和大辞典(訓読み頭文字)集計表。広辞苑(50音)集計表。 | トップページ | 接頭音、アクセント、複合音、抑揚、音声意図学の「いろは」の’い’の字 »

o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音声意図学の第一歩〔頭文字編〕:

« 漢和大辞典(訓読み頭文字)集計表。広辞苑(50音)集計表。 | トップページ | 接頭音、アクセント、複合音、抑揚、音声意図学の「いろは」の’い’の字 »