« 古語辞典のヘボン式分析-1。(旺文社) | トップページ | 古典ave(旺文社・三省堂・岩波),現国ave(広辞苑・国語大・漢和大)の定義 »

2015年11月11日 (水)

古語辞典ヘボン式分析-2(三省堂)、何かがおかしい。謎?

 金田一京助氏が昭和28年(1953)に監修され、昭和33年に改定がなされた「古語辞典(三省堂)」が手元にありました。
 一昨日の不明点(不審点)を確かめるため、同じことを実行しておきましょう。
ページ数調査は、文末に添付するして、結果のみを記載します。
=== -------------------------- ===
第5表  古語辞典(三省堂)のヘボン式分析 
 === -------------------------- ===  2500頁
あいうえお  122 134  86  19  101  463 
かきくけこ  149  89  94  50  137  518
さしすせそ  118 173  50  46   43  429
たちつてと  113  53  55  34   65  319
なにぬねの  74  26  10  14   14  139 
はひふへほ  84  65  50  12   34  245
まみむめも   53  53  22  19   38  185
や ゆ よ   48      26       34  108 
らりるれろ   10   7   2   5    7   31
わゐ ゑをん 29   7       7   19   62 
   合計  799 607 396 206  492 2500  
         総ページ数(2500)古語辞典(三省堂)
☆☆☆ ------------------------------- ☆☆☆
=== -------------------------- ===
第1表  古語辞典(旺文社)のヘボン式分析 
 === -------------------------- ===  2500頁
あいうえお  151 129  83  20  103  485
かきくけこ  166   79  85  48 127  505
さしすせそ  113 160  52  44  38  406
たちつてと  107  52  55  36  63  313
なにぬねの  75  26  10  12  16  139
はひふへほ  83  67  53  14  32  250
まみむめも  57  53  22  18  40  190
や ゆ よ   44      26      34  103
らりるれろ   10  10   2   6   6   34
わゐ ゑをん 36   8       8  24   75
   合計  842 584 388 204 481 2500  
       総ページ数(2500)古語辞典(旺文社)
 念のため、その差と合算分布を取ってみましょう。

 第5表(三省堂)の方が第1表(旺文社)よりも古い本ですから、新しいものから古い方を引き算してみます。その結果は、
====  ----------------------------------  ====
第6表 古語差「(旺文社)-(三省堂)」ヘボン式分析 
 === ------------------------------  2500頁
あいうえお   29 -5  -3   1    2  +22
かきくけこ   17  -10 -9 -2  -10 -13
さしすせそ  -5 -13  2  -2  -5  -23
たちつてと  -6  -1  0   2   -2  -6
なにぬねの   1   0   0  -2   2    0
はひふへほ  -1  2   3   2   -2  +5
まみむめも   4   0   0  -1   2   +5
や ゆ よ   -4      0        0   -5
らりるれろ    0   3   0   1  -1   +3
わゐ ゑをん  0   0       0   0     0
   合計  +43 -23 -8 -2 -11    
       総ページ数(2500)古語辞典(旺文社)

 意外なことに、(旺文社)⇔(三省堂)で、特徴的な差があることが分かりました。
☆1、ア段の合計頁数が+43と明らかに増えている。
 ア行の合計頁数も、+22と増えていて、「あ」が頭文字になる文字数+29が特徴的であること。
☆2、イ段の合計頁数ー23も目立つ。「き」「し」の減少が、この傾向を引き出していること。
☆3、サ行(さしすせそ)は全体的に、旺文社が少くなっている。特に、「し」の解説ページの減少が、この傾向を加速させている。

《 
まとめ 》
 旺文社の古語辞典は、1988年10月に改定新版発行をされたものであり、
三省堂(金田一京助)の古語辞典は、1958年(S 33年)に改定出版されたものであった。その間、30年の開きがある。

 
古語の音声意図学の観点からは、現代ナイズされた旺文社の辞書よりも、金田一京助監修の元に作成された辞書の方が、古語の特徴を色濃く含んでいるであろうと、推測できるものの、何か、腑に落ちないものを感じる。
 
 図書館に行けば、古語辞典に関してもっと別の辞典も存在するであろう。
それを当ってみることとする。
  2015年、11月9日   大山 宏

==== ------------------------------ =====
第2表   「日本語〔ひらがな〕頻度表」・・・2500
広辞苑    あ  い  う   え   お   計
a i u e o 89  89  58   35  88 358
K C Q G【175+105+62+56+136】  533
S J Z   【87+244+48+69+47】         495
T D       【97+53+42+49+85】       327
N         【49+30+7+17+21】       125
H B F P V【93+69+75+25+57】    319
M          【44+41+21+19+31】      156
Y          【32 + 25 + 31】          89
R L       【14+28+5+12+17】       75
W           【22】                   22

X                           1
 計 703 660 343 281 513 2500
       総ページ数=2500ページ広辞苑
 どの文字のページが、何ページ増減したのか、
第2表から第1表を差し引いてみましょう。

==  広辞苑2500-古語辞典(三省堂)  ===

第8表 〔第2表〕-〔第1表〕 使用頻度の増減
       あ   い  う    え   お   計
aiueo 3345 -28 +16 -13 -105
KCQG 
+26 +16 -32  +6   -1  +15
S J Z -31 
71  -2 +23  +4    +66
T D     -16 
+0  -13  +15 +20    +8
N       -25 
+4   -3 +3  +7  -14
HBFPV 
+9   +4 +25 +23 +25   +74
M         -11  -12 -1  
+0    -7 -29
Y         -16      -1       -3 
-19
R L   
 +4   +21 +3  +7 +10 +44
Wゐゑを-7  -7      -7 -19  -40

増減
計-96 +53 -53 +75 +21 頁差
====== -----  三省堂  ------------ =====

  どうも、増減値巾が大きすぎる気がします。

      --- 《 以下は、参考です。》  ---
☆☆☆☆ーーーーーーーーーーーーーー☆☆☆☆
漢(カナ引) あ   い   う    え    お   計
a i u e o   
19   37  19   50   38  163  
K C Q G 【
513+ G181)】          694
S J Z   【
441+JZ(187】         = 628
T D    【
237+ D( 73)】          310
N      【 
50        】         =  50
H B F P
210+B(138)+F(0)+P4)】 =  352 
M     【
 83                  =  83
Y       【
72                   = 72
R L    【
139 】                 = 139 
W      【
10 】                  =   10    
 計    457 762  261  465  555 2500
            
総計:2500ページカナ引き
====------------------------------------=====
漢文字  漢和大辞典(学研)

 
       あ      い    う     え   お   小計
aiueo   95      70   59   35   85   344

K  158    105    75   87   129   554
S     79   
213   58   63   56   467
T    105    46   62   30   81   325
N     40    31   10   12    22   115
H
     95    84   59   31   64   
332
M     48   41   24   16   34   
162
Y     33         32        40   104
R L     12    24       9    12    14    72

W     25     ・・・       ・・・      ・・・     ・・・     25
計   
 690   613  387  286  523 2500
                総「漢字まじり文字」数 2500


     「日本語〔
ひらがな〕頻度表」   2500
広辞苑  あ   い  う   え    お    計
aiueo  89  89   57   35   88   358
K    175 105  62  56 
136   533
S          
87 244  48  69   47    495
T         97   53   42   49   85
      327
N     
49  30   7  17   21   125
H     93  69  75  25   57   319
M     44  41  21  19   31   156

Y         32           25             31     89
R L       14    28   5   12   17     75

W         22                     22
 
計  703 660 344 281 513 2500
          AVE.=500
===以下は、集計手順。(参考までに)====
あ     51-   0 = 51
い   107-   51 = 56
う   143-  107 = 36
え    151- 143 = 8
お    193- 151 = 42
か    255- 193 = 62
き    292- 255 = 37
く    331- 292 = 39
け    352- 331 = 21
こ    409- 352 = 57
さ    458- 409 = 49
し    530- 458 = 72
す    551- 530 = 21
せ    570- 551 = 19
そ    588- 570 = 18
た    635- 588 = 47
ち    657- 635 = 22
つ    680- 657 = 23
て    694- 680 = 14
と    721- 694 = 27
な    752- 721 = 31
に    763- 752 = 11
ぬ    767- 763 = 4
ね    773- 767 = 6
の    779- 773 = 6
は    814- 779 = 35
ひ    841- 814 = 27
ふ    862- 841 = 21
へ    867- 862 = 5
ほ    881- 867 = 14
ま    903- 881 = 22
み    925- 903 = 22
む    934- 925 = 9
め    942- 934 = 8
も    958- 942 = 16
や    978- 958 = 20
ゆ    989- 978 = 11
よ   1003- 989 = 14
ら   1007-1003 = 4
り   1010-1007 = 3
る   1011-1010 = 1
れ   1013-1011 = 2
ろ   1016ー1013 = 3
わ   1028-1016 = 12
ゐ   1031-1028 = 3
ゑ   1034-1031 = 3
をん  1042-1034 = 8
====== --------------------------------- ===
第4表  上記頻度分布を一覧表にまとめると、
====== --------------------------------- ===
あいうえお   51  56  36   8  42  193 
かきくけこ   62
  37  39  21  57  216
さしすせそ   49  72  21  19  18  179
たちつてと   47  22  23  14  27  133
なにぬねの  31  11   4    6   6   58 
はひふへほ  35  27  21   5  14  102
まみむめも  22  22   9    8  16   77
や ゆ よ   20      11       14   45 
らりるれろ    4   3   1   2    3   13
わゐ ゑをん 12   3       3    8   26 
   合計  333 253 165  86  205 1042  
                 総ページ数(1042)
   後々のため、
  広辞苑ページ数(2500)に合わせておきます。

|

« 古語辞典のヘボン式分析-1。(旺文社) | トップページ | 古典ave(旺文社・三省堂・岩波),現国ave(広辞苑・国語大・漢和大)の定義 »

o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古語辞典ヘボン式分析-2(三省堂)、何かがおかしい。謎?:

« 古語辞典のヘボン式分析-1。(旺文社) | トップページ | 古典ave(旺文社・三省堂・岩波),現国ave(広辞苑・国語大・漢和大)の定義 »