« 無限大世界〔異次元宇宙〕への旅。フィボナッチ坊やの大冒険 | トップページ | Mark-1、科学の目で聖書奇跡を分析。In the eyes of scientists go analyze the biblical miracles. »

2016年1月 9日 (土)

童話、「あみ戸」・・a fairy tale :“Mesh-Window”

概要: 児童文学誌『小鳥』への作品応募を英訳してみました。日本語には虫や動植物名が豊富であり、擬声語、擬態語も豊かであるのを痛切に感じます。

 童話「あみ戸」 ・・ a fairy tale :“Mesh-Window”

 かな子ちゃんのお家(うち)は、田んぼや畑や山で囲まれた、それはそれは涼しいお家(うち)でした。
春には、かえるさんたちの大合唱が聞こえてきます。
夏には、黒アゲハというきれいなちょうちょさんも遊びに来ます。
秋には、こおろぎさんやきりぎりすさんも、かなこちゃんのお家(うち)に遊びに来るのでした。
「冬には?」ですか。
冬はね、窓の外は真っ白な雪が積もっていて、
    北風がぴゅーぴゅーと吹いています。
そんな時、かな子ちゃんは『早く暖かい春が来ないかなあ。』と思ってしまいます。

 The House of a Little Japanese girlKanakois surrounded by rice's farms, fields and mountains and it is cool and comfortable House.  In spring, chorus of frogs can be heard.In summer, the large black-beautiful butterfly, is come to play.In autumn, crickets, grasshoppers come into play in her house, too.
"In the winter?" It is.?
In winter, covered with white snow outside, the North wind is blowing with screaming pyu-pyu-sounds. At that time, she wishes "there's no early and warm spring.”

 でも、広く開け放たれた窓から入って来るお友達の虫さんたちの中でも、あんまりうれしくない虫さんも、いるのです。
 たとえば、リンぷんをふりまく(が:羽を開いて休む)や、毛虫さんたちとは、お友達にはどうしても、なれないのでした。
Even among insects, friends coming in from the window wide open, so glad is also not her equal. For example, moth whose wings open to rest, and caterpillars. Their friends if, become didn’t.

 ある暑い夏の日でした。It was a hot summer day.
ブーンという羽音(はおと)といっしょに、黄色と黒のまだら模様(もよう)の蜂〔はち〕さんが窓からかな子ちゃんのお部屋に入って来ました。
 はじめ、かな子ちゃんは、『蜜蜂〔みつばち〕さんが遊びに来たのかな?』と思い、「ここには、お花はありませんよ。お花が咲いているのは、お庭の方よ。」と言いました。
Buzzing bee (insect) with the yellow and black mottled patterns came into her room. At the first, Kanako-Chan thought,Honey-Bee was come to play from Windows?and said to him," No flowers are here!. Blooming flowers for your garden.”

 しかし、その黄色と黒のまだら模様の蜂(はち)さんは、大きな羽音を立てながら、ゆっくりと何かを探しているようすです。
『大きなめがねをかけた”とんぼさん”なら、すぐに出て行くのに、この大きなはちさんは、羽の音ばかりが大きくて、ちっとも部屋から出て行こうとはしないのね。』
 かな子ちゃんは、めんどうになって、『あっちへお行きよ!』と、小さな手を伸ばしてその〔はち〕さんを窓の外へ追い払おうとしました。
However, the mottling of yellow and black bee's big buzz, looking for something family. " If the dragonfly with big glasses, He goes out immediately, but this big bee, only the sound of the three big, not to go out of the room at all. '?”
 She became troublesome and said, "Away you go!”. With her small hand stretched, she  tried to scare the Bee away thorough window.


 その時でした、
黄と黒の帯鉢巻(おびはちまき)をした蜂〔はち〕さんは、怒ったような顔をして、長い針をお尻の先から突き出しながら、かな子ちゃんのほうに飛んで来ました。
かな子ちゃんは、ビックリして「キャーッ」と悲鳴をあげました。
 それを聞いて、台所で食事のしたくをしていたお母さんが、ハエたたきを持って飛んで来ました。
お母さんは、何度も何度もハエたたきを振りまわすのですが、すばしっこいその、大きな〔はち〕さんは、ハエたたきをすり抜けて、お母さんに飛びかかっていきます。
  Suddenly the Buzzing-Bee (a yellow and black bee) like angry look, with long needles sticking out from his Body, and came flying toward to Kanako.
She was surprised, gave "EEK" and scream.
MOM was going to cook a meal in the kitchen, listening to it, and came flying with a flies-hitter.  MOM tried to hit him many-many times  by the beater, swing is quick, but the Bee slips flies-hitter.


あやうく、お母さんは、その大きなはちさんに刺されそうになりましたが、何を思ったのか、蜂(はち)さんは、急に窓の外へと飛び去って行きました。
「あぶなかったね、かな子ちゃん。あれはね、すずめばち という、恐ろしい種類の蜂〔はち〕なのよ。」とお母さんは言いながら、かな子ちゃんの部屋から出て行きました。

 The Bee will jump to MOM. Almost MOM is now really bitten by big Buzzing bee, but what he thought? suddenly flew out of the window.
"Kanako-Chan, that is wasp, dangerous types bee is." MOM was saying and went out from her room.

 次の日の日曜日でした。
お父さんが、何か、大きな長い箱に入った物を、お店屋さんで買い込んで帰って来ました。一箱だけではありません。幾つも幾つも同じような箱を買い込んで来たのです。
 もうひとつ、黒っぽい網(あみ)のような長い筒巻物を一本買ってきていました。
『何が始まるのかな?』
かな子ちゃんは興味(きょうみ)しんしんです。
 It was the following Sunday.
Dad came back with
 big long box of store bought. Only 1 box is not. Many boxes came he bought a similar boxes. Long barrel rolls of black NET, another one was bought. "What begins in wonder?” She wonder with curious.

 お父さんは、窓の長さや高さ幅をメジャーで測(はか)り、それに合わせてアルミの窓枠を作って、黒っぽい網(あみ)をきように張っていきました。
そして、「じょうずに出来ただろう」と言いながら、お父さんは自慢そうに、その”あみ戸”を右や左へと動かして見せました。
「これで、あの大きな蜂〔黄黒まだらばち〕は入っては来ないよ。」
 そういいながら、お父さんは次々に、家中の窓や、玄関扉(げんかんとびら)や、廊下(ろうか)に並ぶ縁側の大きなガラス戸のすべてに対して、あみ戸を作っていきました。
 Dad measured the window length or width height, suit made of aluminum window frames, it so the dark network that went up. And proud dad would work well with the show moving to the right or to the left the Net-window-work, saying, "Now that big [yellow black mottled bee] is it's not coming in.”
 So saying, father for all of Windows of the House and the door, big glass doors lined along hallway, made Net-Window-Work one after the other.

 それを見てお母さんは、満足そうな笑顔を振りまいています。
「昨日は本当に危なかったんですよ。もう少しでかな子も私も刺されそうになったんですから。」
「もう大丈夫だよ。かな子ちゃん、ガラス戸を開けている時には、あみ戸はかならず閉めておくんだよ。」
 お父さんはそう言いながら、お風呂場へと、シャワーを浴びに行きました。
 Looking at these, with all the happy smile MOM, "Yesterday was really dangerous we are. Little wonder that the Bee bites Kanako and me.”
 " It's OK, perfectly. Miss Kanako, when you open the glass door, Net-Window should be kept closed, whenever you are." Saying like that, Daddy went to take a shower to the bathroom.

 その夜のことでした。
かな子ちゃんが、トイレに行こうとして暗い廊下を歩いていると、何やら黄色い光りが、ついたり消えたりしています。あみ戸に、蛍ほたるさんが一匹停まっているのでした。
 トイレに行くのを忘れて、かな子ちゃんは、しばらくその美しさに、見とれていました。
『お外の暗がりを探しても、ほたるさんなんか飛んではいないのに、不思議だな。』
『そう言えば去年もおと年も、ほたるさんはたくさん、たくさん、飛び交っていたな。
今年はまだ、ほかのほたるさんたちはまだ、”おねんね”しているのかな?』
 It was the night.
When she was trying to go to the toilet and walking along dark corridors, some yellow light
 has being appeared and disappeared. Something has parked on the Net-door. Forgot to go to the toilet, she wondered and was lost for a while in the beauty. "Looking for a dark outside, Firefly aren’t flying yet, it looks strange that."
 “Last year adult Firefly playing many had been dancing to circulate. Yet this year, other Firefly who are still sleeping in the ground? "

 次の日の夜、かな子ちゃんがお勉強をしていると、バタバタと大きな音がして、何かが、あみ戸に停まりました。見ると、大きな〔あぶらぜみ〕さんでした。お腹をかな子ちゃんに向けてとまっています。
「もう入れてあげることは出来ないのよ。開けたら、お父さんにしかられるからね。」
 そう言いながら、かな子ちゃんは人指し指を親指にかけてから、あみ戸の向こうにいる〔あぶらぜみ〕さんを、やさしくポンと、はじいてやりました。
 〔あぶらぜみ〕さんは、また羽をバタつかせて飛んで行きました。
  The night of the next day, she has been studying in her room, noisily and with loud, something got on the Net-window.
The large cicada: abura-zemi in Japanese was lied on it showing it’s stomach to her. "I cannot open it and any other's cannot enter through it. Because I was promised not to open it with Dad."
  So saying, she tapped it through on the other side of the Net, gently. Then, it flied out with bata-bata-feather-sounds anywhere.

 夏の暑い日が続いています。
しかし、かな子ちゃんは、このところちょっと、”ごきげんななめ”です。
それと言うのも、近頃(ちかごろ)は、虫さんたちが、ちっとも遊びに来てくれないからでした。おまけに、どういうわけか、蒸し暑いのです。
『”風さん”もはいってこれないんだ、このあみ戸のせいで、あみ戸を通って入って来れないんだ~』。
あみ戸を通して見る外の景色は、なんとなく白っぽいのです。それだけでも気分がめいって来るのでした。でも、お父さんとの約束ですから、かな子ちゃんはあみ戸を開けようとはしませんでした。がまんしていました。
  Hot summer days are followed.
But she has not been enjoying this summer, recently.  It’s after all, lately does not come to play anything at all for her.

Moreover, if so or not, it is hot and humid. "Even the wind can't enter through the Net-fence.” The outside looking through the Net-fence is somehow whitish. But because of the promise with father's, did not attempt to open it.
She has endured.


 そんなある日のことでした。
どこかから、こおろぎさんが一匹、迷い込んで来ていました。
鳴きもしないで、ヨタヨタと歩いているそのこおろぎさんをしばらく見ていて、かな子ちゃんは思いました。
『あみ戸があるせいで、外に出て行くことができないんだわ。』
かな子ちゃんは、一大決心をして、そのこおろぎさんを、つかまえました。
そして、あみ戸をそっと開いて、外に逃がしてやりました。
 そして、そっと小さな声で言いました、
「お父さん、約束やぶって、ごめんなさい。でも、お父さんが私だったとしても、こうしてやったんだよね。」
 On that day, from somewhere one of crickets strayed coming was. In yota-yota-walking without squeaking, the crickets. Watching for a while, she thought, "He cannot go out, because of the Net-door."
  So She determined in mind, caught the crickets,
and then slid the Net-window,
  let it the outside gently thorough the window.
And softly said in a small voice, "Daddy, promise breaking, I'm sorry. But even if I were Dad, I'll be done doing this.”


 遠くの森や林から、かなかなぜみさんの鳴き声が、響き渡ってきていました。
『もうすぐ夏休みも終わるのかな。
    そろそろ宿題、がんばらなくちゃあ。』
            おしまい
From the distant forest and was getting echo a cicada :”Semi” crying. "More of just over summer vacation. Now let me do my-own homework, have to. '
 End

|

« 無限大世界〔異次元宇宙〕への旅。フィボナッチ坊やの大冒険 | トップページ | Mark-1、科学の目で聖書奇跡を分析。In the eyes of scientists go analyze the biblical miracles. »

z 「小鳥」「てるてる坊主」 「網戸(英訳付)」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/62315839

この記事へのトラックバック一覧です: 童話、「あみ戸」・・a fairy tale :“Mesh-Window”:

« 無限大世界〔異次元宇宙〕への旅。フィボナッチ坊やの大冒険 | トップページ | Mark-1、科学の目で聖書奇跡を分析。In the eyes of scientists go analyze the biblical miracles. »