« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

「12弟子をイエスは選んではいなかった(仮説)」Jesus chose 12 disciples, was not (hypothesis).小澤克彦先生へ提案です。

2019 02/21 renewal translation by Hiro. Oyama
 たびたび失礼致します。

小澤先生、私はふと最近疑問に思うようになったのです、『イエスは愛弟子を沢山抱えていましたが、その中から実際に12弟子を選んだ(指定した)』のでしょうか?
 4つの福音書のすべてに
12弟子指定の記述があるのですが、どうも腑に落ちない事が多過ぎます。
 ちょっと先生のHPイエスにまつわる伝承~イエスは如何にして『救世主キリスト』となったのか~」の《12弟子》の項を引用させていただきつつ、私の妄想仮説を聞いて頂けませんか。
 We often rude.  Ozawa teacher, I think to myself recently wondering as became is, "Jesus had many a favorite pupil, among them actually chose 12 disciples (specified) ' of what?  There 12 disciples given in all four Gospels is very hard to understand things much too. Hey Sensei HP "lore surrounding Jesus-what and how he became the"Christ the Redeemer"-" of let me quote paragraph 12? s the apprentice? t, while not listening to my paranoid assumptions.
『《12弟子》ただ、この12弟子というのはイエスの在世中はとても「できの悪い弟子達」として描かれています。たとえばもっとも信頼すべき弟子であったペテロやヤコブ、ヨハネにしてもゲッセマネの園でイエスが苦しんでいた時、眠らずに居ろと命じられたのにぐっすり眠り込んでしまったり、イエスがユダヤ教の神官に捕まった時、イエスの弟子であることを疑われたペテロは三度もそれを否定していたり、あるいはいろいろと言い争っていたり、およそどの場面でも「立派な弟子」とは描かれていません
12 disciples the apprentice? t just the 12 disciples of Jesus in world so" can of bad disciples "as depicted. For example and stay awake during even the most authoritative disciple Peter, James and John in the garden of Gethsemane Jesus suffered, was ordered to sleep abstain from smoking, when caught by the priests of the Jewish Jesus Or arguing or denied it, Peter was suspected to be a disciple of Jesus three times, and variety, the great disciple is not drawn around each scene.
 それがイエスの昇天後となると人が変わってしまい、非常に立派な弟子達となっています。このギャップには驚かされるくらいです。ただ実際歴史的事実としてこの弟子達はイエスの共同体を発展させていくのに成功しているわけですから、少なくともこの段階では立派であったと考えていいでしょう。
 
 ちなみに、有名な「伝道師パウロ」はこの使徒達の時代に、天からイエスの声を聴いて回心した人なので生前のイエスは知りません。つまりイエスの直接的な弟子ではありませんでした。
People change when it comes after the Ascension of Jesus and the disciples very respectable. I'd be surprised in this gap.  Will be considered just as an actual historical fact is not successfully develop community of Jesus disciples who, at least at this stage worthy ranged from. So by the way, famous preacher Paul's conversion, in the age of the Apostles who, hearing the voice of Jesus from heaven before Jesus does not know. That is a direct disciple of Jesus was not.
 また、「裏切りのユダ」は何故に裏切ったのかどうしても問題になってきますし、さらに福音書でも特別な存在として描かれている「マグダラのマリア」とは何者なのだという疑問も生じるのが普通です・・』
 先生がお書きになっている通りで、指定された12弟子は、揃いもそろって皆ぼんくらばかりです。科学の目を通して新約聖書を読めば読むほど、それが目立ってくるようになりました。
Also betrayed Judas betrayal why you sometimes wonder who is Mary Magdalene is depicted as being a special gospel, by all means come and is usually, and ' write a teacher turned in the Given 12 disciples were equipped, just everyone Block Head. Read if you read the New Testament through the eyes of science was so conspicuous that.
4つの福音書の中で一番最初に書かれた書「マルコ書」に、「イエスは
12弟子を選ばれた(指定された)」と書かれているから、誰もが『そうなのだろう』と考えていますが、どうも怪しくなって来ました。
  こう考えるようになった直接のきっかけは、マルコ書のオリジナル著者は私の目からすれば、どう見ても医者(科学者)なのです。
In the four Gospels was written at first Marco publications, "chosen 12 disciples Jesus (as specified)" and is written from "would be like" no, but thank you very much doubtful came. Doctor (scientists) are direct was given this chance, Mark's original authors from my eyes do look for is.
そして「オリジナルのルカ書」を書いた著者は、どう考えても役人
(公務員)なのです。その役人が広く情報を集めて来て整理して上司へ報告した報告書が、「オリジナルのルカ書」「オリジナル使徒行伝」だと読み取れるのでした。
 しかし、パウロ書簡の中に「ルカは親しくしている医者です」という記述があるので、この2000年間「ルカ書」を書いたのはルカという人物という扱いになっています。
 And of the officers (civil servants) wrote the "Luke's original" I also think it is.  I had read the report organizes the officer come gather information widely, reported to the boss's "Luke's original" a "of the original Apostles". However, because in Paul's letter in writing that "Luke is a doctor that" wrote "Luke" 2000 years is counted as a character named Luke.

続きを読む "「12弟子をイエスは選んではいなかった(仮説)」Jesus chose 12 disciples, was not (hypothesis).小澤克彦先生へ提案です。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

Luke-4、Find lies in Bible added by others.(ねつ造箇所を見つけましょう(参:小澤克彦先生) Hiro. Oyama

 ルカ書に巧妙に書き加えられた幾つかのを探そう。Luke-4Find lies in Bible added by others.
 Reached the 20th century modern, came out "Dead Sea scrolls" and "Nag Hammadi documents" and came "Gospel of Mary Magdalene wrote that" or "Gospel of Judas" appeared, and they are the forecast of terrible occurrence on the world of Christ. In the condition "The da Vinci Code" author Dan Brown, all over the world uproar. Its impact came extends to Bombings in Paris, not to mention the Louvre. To peruse the Bible through the eyes of scientific thinking or where the root cause is at such major upheaval for the 21st century, it will also help for our Brain Twister.
 20世紀の現代に至って、「死海文書」や「ナグ・ハマディ文書」も出て来るし、「マグダラのマリアが書いたらしいという福音書」や「ユダの福音書」も再登場して来て、キリスト教世界に大激震の前触れです。そんな中でダンブラウンが「ダビンチコード」を著して世界中が大騒ぎになりました。その影響は、ルーブル美術館は言うに及ばず、パリの連続爆破事件にまで及んで来ています。こんな大激変の21世紀に居合わせた我々ですが、この根本原因がどこにあったのかを考えながら科学的な目を通して聖書を精読するのも、頭の体操には役立ちます。
And it was at this time that He went off to the mountain to pray, and He spent the whole night in prayer to God. And when day came, He called His disciples to Him; and chose twelve of them, whom He also named as apostles: Simon, who He also named Peter, and Andrew his brother; James and John; Philip and Bartholomew; Matthews and Thomas; James the son of Alphaeus, and Simon who was called the Zealot; Judas the son of James, and Judas Iscariot, who became a traitor.,
 このころイエスは祈るために山へ行き、・・・このユダが裏切り者となったのである。】
・・・The last comment about Judas “who became a traitorhappened hear suddenly makes me anxious and unnatural for us.
This kind of assertive speaking is first, in the way he talked so far. It is likely inserted after. As a similar example, see Mary Magdalene was (deliberately) bad guys while being rolled out and will appear.
・・「このユダが裏切り者となったのである」という登場直後のの宣告に改めて疑問が生じて来ました。
これまでの話の進め方の中で、このような断定的な物言いは初めてです。後の人がある意図をもって挿入した可能性が大です。同じような例として、「マグダラのマリアが悪者に(意図的に)されつつ登場」させられて来ます。

【 And He descended with them, and stood on a level place; and there was a great multitude of His disciples, and a great throng of people from all Judea and Jerusalem and the coastal region of Tyre and Sidon, who had come to hear Him, and to be healed of their diseases; and those who were troubled with unclean spirits were being cured. And all the multitude were trying to touch Him, for power was coming from Him and healing them all. And turning His gaze on His disciples, He began to say, “Blessed are you who are poor, for yours is the kingdom of God. “Blessed are you who hunger now, for you shall be satisfied. Blessed are you who weep now, for you shall laugh. “Blessed are you when men hate you and ostracize you, and heap insults upon you, and spurn your name as evil, for the sake of the Son of Man. ・・・omit with curtsy ・・・ 
・・・Preaching of Jesus is very gentle. Already we read Mark’s book, and we knew that Jesus is not double-personalities such as “Jekyll and Hyde”. And In Mark’s there was a same document;who became a traitor” in the introducing text of 12-desciples. It should be concluded that both portions were inserted by other man intentionally. ・・・、イエスの説教は非常に穏やかです。既にマルコ書を読んでいて、イエスは「ジキルとハイド」の様な2重人格者ではないことを我々は認知しています。マルコ書にも、12弟子紹介の直後に「このユダが裏切り者となった」という文章がありました。後の人がルカ書に挿入すると同時にマルコ書にもそれを(意図的に)追加記入したと判断するのが自然です。

続きを読む "Luke-4、Find lies in Bible added by others.(ねつ造箇所を見つけましょう(参:小澤克彦先生) Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

Luke-3、科学の目で許容される真実記述の限界:Limit of acceptable with eyes of science(科学の目) Hiro. Oyama

 The Gospel of Luke chapter [3] is being read, Now. In this chapter, the activities of John the Baptist in detail research and records.
「ルカによる福音書」【第三章】を通読中です。
この章では、バプテスマのヨハネの活動が、克明に調査・記録されています。

  CHAPTER-3 in Luke’s testament.
【3-1、 Now in the 15th year of the reign of Tiberius Caesar, when Pontius Pilate was governor of Judea, and Herod was tetrarch of Galilee, and his brother Philip was tetrarch of the region of Ituraea and Trachonitis, and Lysanias was tetrarch of Abilene, in the high priesthood of Annas and Caiaphas, the word of God came to John, the son of Zacharias, in the wilderness.
And he came into all the district around the Jordan, preaching a baptism of repentance for forgiveness of sins; ・・・

He therefore began saying to the multitudes who were going out to be baptized by him, “You brood of vipers, who warned you to flee from the wrath to come? “Therefore being forth fruits in keeping with your repentance, and do not begin to say to yourselves, ‘We have Abraham for our father,’ for I say to you that God is able from these stones to raise up children to Abraham. “And also the axe is already laid at the root of the trees; every tree therefore that does not bear good fruit is cut down and thrown into the fire.”
 皇帝テベリオ在位の第15年、ポンテオ・ピラトが、…、ヨハネは、彼からバプテスマを受けようとして出て来た群衆に向かって言った「マムシの子らよ、・・・火の中に投げ込まれる・・・」
 And the multitudes were questioning him, saying, “Then what shall we do?” And he would answer and say to them, “Let the man who has two tunics share with him who has none; and let him who has food do like-wise.” And some tax-gatherers also came to be baptized, and they said to him, “Teacher, what shall we do ?” And he said to them, “Collect no more than what you have been ordered to.” And some soldiers were questioning him, saying, “And what about us, what shall we do?” And he said to them, “Do not take money from anyone by force, or accuse anyone falsely, and be content with your wages.”
・・・「下着を持っている者は持たない者に分けてやりなさい。食物を持っている者も同様にしなさい」・・・「人をおどかしたり、だまし取ったりしてはいけない。自分の給与で満足していなさい」。【3-1: from People
・・・ ヨハネの活躍が、手を取るように,(まるで眼前に見ているかの如くに)、記録されています。これは信頼度の極めて高い記述です。目撃者も多数いたでしょう。
・・・ John the Baptist has been recorded as if he is taking our hands (and like we were looking at ago) . This is a very high degree of description. There were many witnesses.

続きを読む "Luke-3、科学の目で許容される真実記述の限界:Limit of acceptable with eyes of science(科学の目) Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

自然奇跡は自然科学で扱うべき。Natural miracles should be treated in the natural sciences. Disease healing miracles is the middle area of the natural sciences and humanities.病気治癒奇跡は自然科学と人文科学の中間領域

2019 02/11 renewal translation by Hiro. Oyama
 小澤克彦先生、たびたびお邪魔致します。先生のホームページ「イエスの行動、その使命と奇跡物語」のを読ませて頂きまして、哲学という人文科学分野のお立場での御主張は良く分かりました。学ぶべきものが多くありました。失礼は承知の上で、「イエスの行動、その使命と奇跡物語」に関して、コメントさせて頂きます。

 Ozawa, Katsuhiko teacher, often disturb you will be. Teacher's website in Jesus's actions, its mission and miraculous story I read, I now understand your claim in the position of science, humanities and philosophy. To learn more there. Rude will comment on the awareness, "in Jesus's actions, its mission and miracle story".
the Miraculous healing of the sick.
3病人の癒しの奇跡(小澤克彦ブログ記事)
 さて、イエスの奇跡にまつわる話しとしてはこの「病人の癒し」の物語が圧倒的に多いです。ここにイエスのもっとも顕著な特徴が出ていると考えられる物語です。つまり、これは「実際のイエス」に基づいていると考えられるのです。
 すなわち、医者にもかかれず、また人々から見捨てられている病人を、本当に心からいたわり看病し、その愛と看病は常人の在り方をこえていたイエスです。それがために、イエスの存在は病人にとってはまさに「奇跡」と映ったであろうし「神様」とも思われたと考えられます。そして実際、それがために本当に治癒したこともあったかもしれないし、少なくとも、心安らかになり、生きていることに意味も見えて精神的には「生き返った」ということもあったと考えられます。 その「イエスの病人の癒し」の例を、最初の福音書で、素朴な描きとなっている「マルコ福音書」を中心にたどって見ます。

 As talk about miracles of Jesus, the story of the healing of the sick is more abundant overwhelmingly. It is considered to be the most salient features of the issue out here story.  Other words, it is considered that it is based on the "real Jesus". That is, unable to see a doctor sick people abandoned, really caring from the heart and nursing, the love and care he had exceeded the normal way is. Considered it because the presence of Jesus for sick very "miracles" and reflected in will and was considered the "God". And is considered mentally was that "revived", meaning in fact it because really cured also could be had, at least, how we will live. Center Watch follow part of Jesus ' healing of the first in the Gospel has been painting a rustic "Gospel of mark".
「穢れた霊(病気)にとりつかれた男を癒す」1,2128
「シモン・ペテロの姑を癒す」  1.2931
「夕方、多くの病人を癒す」1.3234 3.1112
「らい病を患っている者を癒す」 1.4045
「中風の人を癒す」        2.112
「手が萎えた人を癒す」      3.16
「悪霊にとりつかれたゲラサの女を癒す」5.120
「ヤイロの死んだ娘を生き返らせる」  5.2243
「イエスの服にさわって癒される長血を患った女」
 5.2534
「ゲネサレトで病人を癒す」   6.5356
「異邦人ギリシャの女の娘から悪霊を追い出す」
 7.2430
「耳が聞こえない人、口のきけない人を癒す」
 7.3137
「ペトサイダで盲人を癒す」    8.2226
「悪霊にとりつかれた子を癒す」  9.1429
「盲人を癒す」       10.4652
        
(以上小澤克彦H.P.より)】
ーー大山宏のコメントーー
 哲学者ってのは、先入観念を持って物事を見るのが、ご職業なのでしょうか? 聖書の何処を読んで"看病"というイエス行為があった、と断定されたのですか。

続きを読む "自然奇跡は自然科学で扱うべき。Natural miracles should be treated in the natural sciences. Disease healing miracles is the middle area of the natural sciences and humanities.病気治癒奇跡は自然科学と人文科学の中間領域"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

Luke-2、Corrupted, Remaking History「東方から3人の博士が来た」←偽物語。

Luke-2Corrupted, Remaking History
「東方から3人の博士が来た」←偽物語
 3-magi from the east came” is a ‘fake-story’
 CHAPTER-2
【第二章】
【6】Now it came about in those days that a decree went out from Caesar Augustus, that a census should be taken of all the inhabited earth. This was the first census taken while Quirinius was governor of Syra. And all were proceeding to register for census, everyone to his own city. And Joseph also went up from Galillee(ガリラヤ), from the city of Nazareth(ナザレ), Judea, to the city of David, which is called Bethlrhem(ベツレヘム), because he was of the house and family of David; in order to register, along with Mary(マリヤ), who was engaged to him, and was with child.
 And it came about that while they were there, the days were completed for her to give birth. And she gave birth to her firstborn son; and she wrapped Him in cloths and laid Him in a manger, because there was no room for them in the inn.
 全世界の人口調査をせよとの勅令・・最初の人口調査・・それぞれ自分の町へ帰って行った。彼らがベツレヘムに滞在している間に、マリヤは月が満ちて、初い子を産み・・・
・・・ コメントは不要ですね。幼稚園児でも知っている話が続きます。
・・・ It doesn’t need to comment, is it? Even kindergarteners know story continues.
【 And in the same region there were some shepherds(羊飼い達) staying out in the fields, and keeping watch over their flock by night. And an angel of the Lord suddenly stood before them, and the glory of the Lord shone around them; and they were terribly frightened. And the angel said to them, “Do not be afraid; for behold, I bring you good news of a great joy which shall be for all the people, for today in the city of David there has been born for you a Savior, who is Christ the Lord. “And this will be a sign for you; you will find a baby wrapped in clothes, and lying in a manger.” And suddenly there appeared with the angel a multitude of the heavenly host praising God, and saying, Glory to God in the highest, And on the earth peace among men with whom He is pleased.
 この地方で羊飼いたちが夜、すると主の御使いが現れ、「恐れるな。飼い葉おけの中に寝かしてある」。するとたちまち、おびただしい天の軍勢が現れ、・・・
 And it came about that when the angels had gone away from them into heaven, the shepherds began saying to one another, “Let us go straight to Bethlehem then, and see this thing that has happened which the Lord has made known to us.” And they came in haste and found their way to Mary and Joseph, and the baby as He lay in the manger.  And when they had seen this, they made known the statement which had been told them about this Child.
 And all who heard it wondered at the things which were told them by the shepherds. But Mary treasured up all these things, pondering them in her heart. And the shepherds went back, glorifying and praising God for all that they had heard and seen, just as had been told them. ・・・、飼い葉おけに寝かしてある幼な子を捜しあてた。・・・、人々はみな、羊飼達が話してくれたことを聞いて不思議に思った。【6《from People》】
・・・、In front of the shepherds, an angel and a multitude of the heavenly host appeared, again. ‘Multitude of the heavenly host’ means not less than several numbers of UFO. Perhaps the number is more than 20th of UFO(Un-certain Fright Objects). ‘The glory of the Lord shone” means would be some light such as searchlight. By shepherds, surprised even we are surprised and be afraid.
・・・、またまたみ使い(天使:エンジェル)や、おびただしい天の軍勢が、羊飼い達の前に出現しました。『おびただしい天の軍勢』とありますから、5台や10台ではないのでしょう、恐らく20台以上のUFO〔未確認飛行物体〕が、乱舞していた(乱舞して見せた)のでしょう。『主の栄光が彼らをめぐり照らした』とは、サーチライトの光でもを浴びせつけたのでしょうね、羊飼い達でなくても、驚きますよ、恐れますよ。
 I am anxious and wonder about that 3-magi from the east not revealed in front of the manger. Though such as precise documentation was recorded here, Luke was not aware that 3-Magi, which is probably most likely, others after Luke’s research and records, created the story.
 As evidence of that, two talks (next-stories) have reality strangely. This is the reason.
 ちょっと不思議なのは、3人の博士さんがこの誕生場面に登場して来ないことです。これほど詳細に、羊飼い達の話しが出て来てるにもかかわらず、ルカは3人の博士のことを認識していない。〔多分ですが、ルカの調査と記録の後で、3人の博士が創作された可能性大と考えます。
 それの証拠として、次の2つの話しが妙に真実味を持っていることが挙げられます〕

続きを読む "Luke-2、Corrupted, Remaking History「東方から3人の博士が来た」←偽物語。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

Luke-1, 受胎:John-baptit, Jesus:( Elizabeth, Mary) Hiro. Oyama

 Many Witness certifies high authenticity.
目撃者が多数いる記述は信ぴょう性が非常に高い
(続き)
【3】
Now in the sixth month the angel Gabriel was sent from God to a city in Galilee, called Nazareth, to a virgin engaged to a man whose name was Joseph, of the descendants of David, and the virgin’s name was Mary. And coming in, he said to her, “Hail, favored one! The Lord is with you.” But she was greatly troubled at this statement, and kept pondering what kind of salutation this might be. And the angel said to her, “Do not be afraid, Mary; for you have found favor with God. “And behold, you will conceive in your womb, and bear a son, and you shall name Him Jesus. “He will be great, and will be called the Son of the Most High; and the Lord God will give Him the throne of His father David; and He will reign over the house of Jacob forever; and His kingdom will have no end.” 六ヶ月目に、御使マリヤのところに来て言った、「あなたはみごもって男の子を産む。その子をイエスと名づけなさい」
 And Mary said to the angel, “How can this be, since I am a virgin?” And the angel answered and said to her, “The Holy Spirit will come upon you, and the power of the Most High will overshadow you; and for that reason the holy offspring shall be called the Son of God. “And behold, even your relative Elizabeth has also conceived a son in her old age; and she who was called barren is now in her sixth month. “For nothing will be impossible with God.” And Mary said, “Behold, the bond-slave of the Lord, be it done to me according to your word.” And the angel departed from her. 「どうして?私にはまだ夫がありませんのに」「あなたの親族エリザベツも老年ながら子を宿した。不妊の女といわれていたのに、はや六ヶ月」「私は主のはしため。お言葉どおりこの身になりますように」【3《from People》】
・・・ Annunciation sprang up in discussion on the historical scene, but as far as this "Gospel of Luke", is written in the polar nature. Some philosophy professor of Hiroshima-University which I was belonged to, said, “That had been Mary slept with somebody”, and he was frowned by sensible students. The professor of philosophy has not red this Luke’s testament, probably.
・・ 
歴史的に議論が絶えなかった受胎告知の場面ですが、この「ルカによる福音書」を見る限り、極自然に記述されています。私の母校広島大学の有名な哲学の教授が、『あれは、マリアが”誰かと”寝たんだよ』という発言をして、心ある学生のひんしゅくを買うということがありました。あの哲学の先生は、この「ルカ書」を恐らく読んでいらっしゃらなかったのでしょう。
・・・
However in the-Old-Testament there is a document saying, ”When men began to multiply on the face of the ground, and daughters were born to them, the sons of God saw that the daughters of men were fair; and they took to wife such of them as they chose. (Genesis Chapter 6).
So it is not called to be groundless wholly. Science is progressed extremely and technology such as in-vitro fertilization is easy to be done. As sons of God (a kind of aliens) are men too, so ladies and gentlemen, we'll soon admitted it to be, don’t we?

・・・ ただし、旧約聖書の初っ端には、『人が地に増え始めて、娘たちが彼らに生まれた時,神の子達は、人の娘たちの美しいのを見て、自分の好む者妻にめとった(創世記第六章)』とはっきり書いてありますので、あながち、根拠のない論だとは言えなかったのも事実です。
自然科学が進展し、体外受精なんかはお茶の子さいさいの時代です。神の子達も人(宇宙人の一種)だというのも、皆さん、そろそろ認めてあげようじゃあありませんか。〈人文科学(哲学)ご専門の小澤克彦先生もそう内心では考えていらっしゃるのでしょう?〉
 もう一つ注目です。sons of God 複数形になっていますよ!イエスが唯一の神の子であるというのは大嘘だ!と、創世記の6章に明記してあるのでした。
 Another one single is featured. It has become the sons of God and the plural form. ”That Jesus is ‘the Only Son of God’” is a big lie!, so clearly in Chapter 6 of the book of Genesis.

続きを読む "Luke-1, 受胎:John-baptit, Jesus:( Elizabeth, Mary) Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

Luke-1、Many Witness(目撃者が多数いる記述は信ぴょう性が非常に高い.) certifies high authenticity.

目撃者が多数いる記述は信ぴょう性が非常に高い
Introduction: Recently Al-Qaida is actively running much murders and there is a lot of unbroken and unraveling the Bible (especially the old-testament), it is filled with the written histories of aggression and privateer killed and filled with
 a militant organization. The process of revision or alteration is made, even when compared in the 4 Gospels of New Testament it is similar, and can be picked up easily. Looking for Angel or UFO, and analyzing the miracle working, and at the same time continue reading through Luke to find this modification and revision history.
初めに: 過激派組織ISだとか、アルカイダだとかが盛んに人殺しを実行している現代ですが、聖書(特に旧約聖書)を紐解いてみると、そこには連綿として侵略と掠殺の歴史が記されています。新約聖書に於いてもそれは同様であり、四福音書を比べてみるだけでも改悪や改変がなされていく過程が読み取れます。
奇跡を分析し天使やUFOを探す作業中ですが、同時にこの改変や改悪の歴史を暫くの間、ルカ書を通して読み取っていきます。
Luke-1Miracle in the GOSPEL ACCORDING TO LUKE.
 CHAPTER-1【第1章】
 Inasmuch as many have undertaken to compile an account of the things accomplished among us, just as those who from the beginning were eyewitnesses and servants of the Word have handed them down to us, it seemed fitting for me as well, having investigated everything carefully from the beginning, to write it out for you in consecutive order, most excellent Theophilus;
so that you might know the exact truth about the things you have been taught.

 
私達の間に成就された出来事を、最初から親しく見た人々であって、御言に仕えた人々が伝えた通り、物語を書き連ねようと、多くの人々が手を着けましたが、テオピオ閣下よ、私も全ての事を初めから 詳しく調べて いますので、ここに、それを順序正しく書きつづって、閣下に献じることにしました。既に、お聞きになっている事が確実であることを、これによって、十分に知って頂きたいためであります。】
・・・ As you know to read this leaded(started) writing, this is a report of the preamble.
Jesus' words and deeds Act were spread in all directions with high speed, but, who witnessed at some point (even in a place to stay), is several 10 to hundreds and thousands of people and not help had come with tail-fins, of course, to talk about a subtle shift.
 
These examine chatted, closely Luke reported to his Excellency.
Luke was an officer, wasn’t he? It might be an official report, but he had written it on the point of scientific view, so it is easy to read for us as well as Mark’s document.
・・ この書き始めでも分かるように、これは調査報告書の前文です。口コミで広がったイエスの言動行動は、四方八方に物凄いスピードで周囲に伝播しているのですが、ある時点,ある場所にいて、目撃した人でさえ、10人~数百人、数千人もいて、微妙なずれは勿論、話に尾ひれが付いて来るのはいた仕方ありません。これらをルカは懇切丁寧に、詳しく調べて閣下に報告しているのでした。
 彼は役人なのですね。 公文書らしいですが、科学的な観点に立っていて、「マルコ書」と同様に、読み易いです。
☆☆ 今後のために(各話毎に)“誰から聞いた話なのか”を明らかにしながら読んで行きましょう。
情報源を《
from Many》《from Disciples》《from Women》・・と推定しながら読むと分かりやすいです☆☆ 

続きを読む "Luke-1、Many Witness(目撃者が多数いる記述は信ぴょう性が非常に高い.) certifies high authenticity."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

Mark-2、奇跡分析。Scientific Analysis of the Bible Real-Storues from People. Hiro. Oyama

 科学で聖書奇跡分析。In the eyes of scientists go analyze the biblical miracles.
Scientific Analysis of the Book Bible
  CAPTER-2 in Mark

2-1And when had come back to Capernaum several days afterward, it was heard that He was at home.
And many were gathered together, so that there was no longer room, even near the door; and He was speaking the word to them.

・・家におられるという噂が立ったので多くの人々が集まって来て、もはや戸口の辺りまでも隙間が無いほどになった。And they came, bringing to Him a paralytic, carried by four men. And being unable to get to Him on account of the crowd, they removed the roof above Him; and when they had dug an opening, they let down the pallet on which the paralytic was lying.
・・屋根をはぎ穴をあけて中風の者を寝かせたまま床に吊りおろした。And Jesus seeing their faith, said to the paralytic, "My son, your sins are forgiven." But there were some of the scribes sitting there and reasoning in their hearts, “Why does this man speak that way? He is blaspheming; who can forgive sins but God alone? "
・・
何故あんなことを言うのか。誰が罪を許すことが出来るのか」。And immediately Jesus, perceiving in His spirit that they were reasoning that way within themselves, said to them, “Why are you reasoning about these things in your hearts?  Which is easier to say to the paralytic, ‘Your sins are forgiven;’ or to say, ‘Arise, and take up your pallet and walk’? “But in order that you may know that the Son of Man has authority on earth to forgive sins” – He said to the paralytic, "I say to you, rise, take up your pallet and go home.” And he rose and immediately took up the pallet and went out in the sight of all; so that they were all amazed and were glorying God, saying, “We have never seen anything like this." 中風の者に向かって「貴方に命じる。起きよ、床を取りあげて家に帰れ」彼は起き上がり、すぐに床を取りあげて、みんなの前を出て行った。【2-1,from People
・・・ そろそろ(段々と)律法学者など神社関係の仕事をしている人々が、迷惑そうにしてきました。 難癖(いいがかり)を付け始めて来た様子が手に取るように伝わってきます。Gradually scribes and workers related to shrine are annoying so. It’s easy to know that they make troubles against to Jesus.

続きを読む "Mark-2、奇跡分析。Scientific Analysis of the Bible Real-Storues from People. Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

S29  北極圏の大氷塊群 Hiro. Oyama

灼熱の氷惑星(高橋実著) 第六章  4節

4 直接衝突は本当にあったのだろうか?

新生代に入ってから哺乳類は大繁栄し、植物系においても被子植物が数々の試練に堪えて、環境の激動の後にも種子を護り、やがて芽を吹くという過程を続けて生き残り、さらに繁栄した。

この繁栄の新生代が7000万年ほど続いた頃、ついに、後に生物界のチャンピオンになった人類の祖系のようなものが生まれた。この人類の発達もまた、機を得れば爆発的に増加するという生物界の大原則に従いながら、その機を待っているように見えた。

事実、その機をつかんだのらしく見える---いまから何万年か前に。そうしてさらに繁栄しようとした。その出鼻を、人類はノア大異変にたたかれた。これは一体、どういう事なのだろうか?

異変の本質については勿論のこと、それに伴なう事象そのものの意味を知るのにも人類は永いこと苦しんだ。真相はよく判らなかった。
異様な雰囲気のようなものが、生き残った人類の周辺に残されていた。文字と言語とによって かすかに伝えられたところの、「種」としての記憶のようなものがあった。

この地球上に、かつて何かがあったという意識があり、おそらくはその記憶に挑戦しようとする不退転の深層意識に導かれて、多くの分野の科学が開発されたのかも知れない。科学はしばしばその目的以外のものを開発したようにみえたが、でも結局は、ジリジリと最後の真相を追い詰めつつあったようにみえる。

追い詰める作業は、たぶん無意識のうちに成し遂げられたのであろう。説明できる事が謎のリストから消されてゆくに従って、説明できない事が、次第にはっきりと姿を現わし始めた。最も単純で最も平凡に見える事が、結局は最後のナゾとして残ったのかもしれなかった。

《 不気味な氷河現象の群発 》

”そこにあるのが当然なのだ”とみえるものが、実は最も大きな証拠なのかも知れなかった。南極と北極の氷塊群はいったい何なのだろう? この謎は、その答えがあまりにも単純で、本当の謎ではないようにもみえた。”それは氷冠なのだ”という説明で済んでいたからである。

しかし北極圏の氷塊群には、不気味な事象が付随していた。いわゆる氷河痕跡なるものの範囲がここ100万年ほどの間に、数回にわたって、低緯度方向(赤道方向)に進出したり。また北方に退却したりしていることであった。これは一体、どうした事なのだろう?

私はすでに、この書物の最後の章の、しかも終りの部分を書いているつもりなので、私自身の答えを出しておこう。私の考え方が間違っているかも知れないが、今まで私が使って来た公式論的な考え方を使うなら、新生代の氷河現象は、それに相当する回数の、軽い直接衝突のようなものがあったのかも知れないと考えている。

続きを読む "S29  北極圏の大氷塊群 Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

S28  生態系絶滅の異変 Hiro. Oyama

灼熱の氷惑星 (高橋実著) 第六章 3節(少々長いですが、読み応えがあります。)

3 生態系絶滅の異変

 生態系が突然に異様な滅び方をしている時は、これも天体Mの仕業と疑うべきで、重衝突の傍証になるものと思われる。ついでながら、同じ天体Mの仕業でも、”噴出型”の異変では被害が限定される。災害の局限性があるので広範囲の絶滅は起きなさそうだ。
 しかし、天体Mの水圏への“深い衝突”になると、高温度の水が多量に地球に移動してくると思われるので、これにはバクテリアも抵抗できないし、また地球の海の中に住む生物にも、相当に広い打撃を与え得ると思われる。
 従って、生態系あるいは生物界における規模の大きい変化は、天体Mと地球との”深い衝突”を暗示するもののように思われる。この考え方が どの程度 実際の生態系の歴史と符合するであろうか?

《 シルリア紀末期--フデイシの滅亡 》
 
私自身の検証の一例は、カレドニア造山運動(既出)の検討である。この造山運動は4億年前のもので、従って、その時期に相当する他の事象があって然るべきであるが、大規模な氷塊群も(南極・北極両圏を除いて)見当たらない。
 しかし、造山運動があれば、必ずその前に大規模な衝突があったと考える理由は既述のとおりである。この衝突の範囲が、実は海に起っていたのだと考えれば、氷塊群のごとき証拠が全部消えていることも納得できる。 
 しかし、海の生物でも、直接衝突の時には何等かの変化を見せているはずだ。この観点から、シルリア紀末期(億年前)に、それまでオルドビス紀以降から急激に繁栄していたフデイシが急に滅亡しているのは興味ある事象である。

《 二畳紀末期--三葉虫の絶滅 》
 
二畳紀末期(約億年前)には、氷河事象の痕跡が極めて広い範囲に分布している。いわゆる二畳紀の氷河痕跡として、しばしば引用したものだが、これを一回の重衝突として解釈すると(その解釈は後で示すが)、この時にも生態系の大異変が伴っていて然るべきである。
 言うまでもなく二畳紀末は古生代の末期であり、そこでは三葉虫や海ツボミなど著名な古生代の生物が絶滅している。天体Mをここに介在させれば、それと地球との重衝突によって二畳紀の氷塊群ができたのであり、そしてたぶん、その時の熱水が地球の水圏を襲って、古生代を滅ぼしたことになる。
 後述の解釈によれば、実は、二畳紀の氷塊群の残りがイマの南極大陸の氷冠だということになっている。そこで”南極の氷冠ができたのは、三葉虫が滅ぶ前日のことであった”などという奇矯な表現も可能になる。

《 中世代末期--恐竜絶滅 》
 
中生代末期と新生代の境い目の所は、おそらく生物の歴史に残る大変動のあったところである。完全に出来上がった巨大な「種」の群である爬虫類の大部分が、一挙に滅亡した。それまでの爬虫類は驚異的な大発展をしていた。

続きを読む "S28  生態系絶滅の異変 Hiro. Oyama"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

「パクリ・偽作・ねつ造部」発見の(ノウハウ)。仮説の作り方。ご参考までに:小澤克彦先生 Hiro. Oyama

 ある一人の人(例えばエジソン)についての伝記は、多くの人によって書かれています。また、歴史書に関しても、同じ時代同じ地域の歴史に対して、様々な人々が書いています。
それらは読んでみると互いに整合が取れていて、そこに本質的な矛盾は通常はありえません。
 そのように矛盾がないという理由は、以前に書かれた文献を新たな著者が丁寧に読み込み参照しているからなのです。これは”文学”という立派な科学(人文科学)であり、学問なのです。自然科学の基礎中の基礎の学問は数学(算術、算数)なのに対して、人文科学の基礎中の基礎の学問はと言えば、それは”哲学”ということになります。

 歴史学も宗教学も心理学も、皆、人文科学の一分野なのです。この個々の作品は、言うなれば個別に提出された、科学論文書とも言えるのです。(そうでなければ、後世の人々が読む価値はありません)。
 さて、近年流行している言葉に「パクリ」というものがあります。パクリとは他人の書いたものをコピーしてさも自分が考え出したものと装うことを言います。インターネットは簡単に検索とコピーが出来ますので、「パクリ」が横行しているのでした。
 ひどい人になりますと、誰かの質問に対して、ウィキペディアの内容をほとんどコピーしチョッとだけ文章を整えてすまし顔して、さも”自分が書いた”かのように回答している人も見かけられます。これは限りなく犯罪に近いでしょう。

 科学者が論文を書く場合の最低限の礼儀は、参考文献を最後に添付する姿勢です。
沢山の本を参照しただけで、ほとんど自分が考えたものが無い書物も沢山あります。こんな書物を読んで読者が感じることの第一は、『時間の無駄であった』という虚しさでしょう。
 ブログを書き続けている私ですが、この印象を与える事だけは避けたいと常に心掛けています。

 さて、聖書を科学の目で読んでみる試みを一昨年から続けています。聖書は古今東西でベストセラーの文献です。最高の書物と言えるでしょう。
それは「心の科学書」でもあり、実は「自然科学の記録書」でもあるのです。
文学作品という性格もありますが、これは勝手なフェイク(空想物語)で私はあまり興味がありません。(「天使とUFOを探す旅」にはむしろ邪魔になるくらいのものです)。これらフェイク物語を取り除いて行くと、過去の歴史上で起こり、記録されている自然科学上の現象が「過去の奇跡実績」として取り出せるのでした。

 『パクリ、偽作、ねつ造部』の見つけ方のノウハウを列記しておきましょう。
1)、話の流れが不自然に感じられる時、その個所はねつ造部分と疑ってみる。
2)、話し方が突然に変化する時、疑ってみる。
3)、突然に一見無関係な事象の挿入が有った後元の文章流れに戻っている個所(近辺)。
4)、著者の観点(立ち位置)に大きな変化が認められる個所。

続きを読む "「パクリ・偽作・ねつ造部」発見の(ノウハウ)。仮説の作り方。ご参考までに:小澤克彦先生 Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

Mark-14、Examining the Risen-miracle(復活) with the eyes of Science. Hiro. Oyama

【And when the Sabbath was over, Mary Magdalene, and Mary the mother of James, and Salome, bought spices, that they might come and anoint Him. And very early on the first day of the week, they came to the tomb when the sun had risen. And they were saying to one another, “Who will roll away the stone for us from the entrance of the tomb?” And looking up, they saw that the stone had been rolled away, although it was extremely large.
 さて、安息日が終ったので、マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとが、行ってイエスに塗るために、香料を買い求めた。そして週の初めの日に、早朝、日の出の頃墓に行った。そして、彼女らは、「誰が、私たちのために、墓の入口から石を転がしてくれるのでしょうか」と話し合っていた。ところが、目を上げて見ると、石は既に転がしてあった。
 この石は非常に大きかった。
 And entering the tomb, they saw a young man sitting at the right, wearing a white robe; and they were amazed. And he said to them, “Do not be amazed; you are looking for Jesus the Nazarene, who has been crucified. He has risen; He is not here; behold, here is the place where laid Him. “But go, tell His disciples and Peter, ‘He is going before you into Galillee, there you will see Him, just as He said to you.” And they went out and fled from the tomb, for trembling and astonishment had gripped them; and they said nothing to another, for they were afraid.
 墓の中にはいると、右手に真白な長い衣を着た若者が座っているのを見て、非常に驚いた。するとこの若者は言った、「驚くことはない。貴方がたは十字架につけられたナザレ人:イエスを探しているのであろうが、イエスは甦(よみがえ)って、ここにはおられない。ご覧なさい、ここがお納めした場所である。今から弟子達とペテロとの所に行って、こう伝えなさい。
 イエスは あなた方より先に、ガリラヤへ行かれる。かねて、貴方がたに言われた通り、そこでお会いできるであろう」、と。
 女たちはおののき恐れながら、墓から出て逃げ去った。そして、人には何も言わなかった。恐ろしかったからである

…、For two or three years, the women who were with Jesus and seeing the uncountable Miracles. I’m anxious to the documentation that even-they were only afraid not to believe the young man wearing a white robe and saying, “He has risen and is not here.”
(But it should be the fact that “How peoples were felt to the miracle which was happened in front of their eyes.”)
・・ 足掛け3年という間、イエスが起された数え切れないほどの奇蹟を見続けて来たにもかかわらず、マリア達でさえも、〔イエスが復活されたこと〕を信じられず、ただ、恐ろしかったと記録してあることに、正直なところ、私は不思議を感じます。
 
《でも、現実にはこれが人々の本音であったのではないか。》

続きを読む "Mark-14、Examining the Risen-miracle(復活) with the eyes of Science. Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

Mark-13、He died without occurrences of UFO, God & Angels. Hiro. Oyama

CHAPTER-15 in Mark’s testament (just before the last)
「マルコによる福音書」の終りから一つ手前の章です。
【第15章】
【 And early in the morning the chief priests, with the elders and scribes, and the whole Council, immediately held a consultation, and binding Jesus, they led Him away, and delivered Him up to Pilate. And Pilate questioned Him, “Are You the King of the Jews?” And answering He said to him, “It is as you say.” And the chief priests began to accuse Him harshly.
 And Pilate was questioning Him again, saying, “Do You make no answer? See how many charges they bring against You!”
 But Jesus made no further answer; so that Pilate was astonished.
 
夜が明けると直ぐ祭司長達は長老、律法学者達、および全議会と協議をこしらえた末、イエスを縛って引き出しピラトに渡した。ピラトはイエスに尋ねた、「貴方がユダヤ人の王であるか」。イエスは「その通りである」とお答えになった。
そこで祭司長達は、イエスのことをいろいろと訴えた。
 ピラトはもう一度イエスに尋ねた、「何も答えないのか。見よ、貴方に対してあんなにまで次々に訴えているではないか」。

しかしイエスはピラトが不思議に思うほどに、もう何もお答えにならなかった。

・・ マルコは端的・必要最小限の記述を努力しています。読者の我々に取って、まことに有難い!

 Marco committed description short and require minimal. Our readers take a truly grateful!
 Now at the feast he used to release for them any one prisoner whom they requested. And the man named Barabbas had been imprisoned with the insurrectionists who had committed murder in the insurrection. And the multitude went up and began asking him to do as he had been accustomed to do for them. And Pilate answered them, saying, the King of the Jews?”
 For he was aware that the chief priests had delivered Him up because of envy. But the chief priests stirred up the multitude to ask him to release Barabbas for them instead.
 And answering again, Pilate was saying to them, “Then what shall I do to Him whom you call the King of the Jews?” And they shouted back, “Crucify Him!” But Pilate was saying to them, “Why, what evil has He done?”
 But they shouted all the more, “Crucify Him!” And wishing to satisfy the multitude, Pilate released Barabbas for them, and after having Jesus scourged, he delivered Him over to be crucified.
 
さて、祭のたび毎に、ピラトは人々が願い出る囚人ひとりを、許してやることにしていた。ここに、暴動を起し人殺しをして繋がれていた暴徒の中に、バラバという者がいた。
群集が押しかけてきて、いつもの通りにしてほしいと要求しはじめたので、ピラトは彼らに向かって、「お前達はユダヤ人の王を許してもらいたいのか」と言った。
 それは祭司長達がイエスを引き渡したのは、ねたみ
 のためであることが、ピラトには分かっていたからである。しかし祭司長達は、バラバの方を許してもらうように、群集を煽動 した。
 そこでピラトはまた彼らに言った、「それでは、お前達がユダヤ人の王と呼んでいるあの人は、どうしたらよいか」。彼らは、また叫んだ、「十字架につけよ」。
 ピラトは言った「あの人は、いったい、どんな悪事をしたのか」。
すると、彼らは一そう激しく叫んで、「十字架につけよ」と言った。それで、ピラトは群集を満足させようと思って、バラバを許してやり、イエスをむち打たせたのち、十字架につける為に、引き渡した。
 

・・ 神とか精霊とかの言葉を極力用いないで、人情や人間性など心の動きを、主語を明確にしつつ書かれているので、かえって分かり易い〔同意しやすい〕。
・・ So while clearly the subject touched of the mind and human feelings and human nature, such as written words of God or spirit or not as much as possible, rather easy to understand [easy to agree].

続きを読む "Mark-13、He died without occurrences of UFO, God & Angels. Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

小澤克彦先生、「一人KJ法」ってご存知ですか?100枚のラベル書き Hiro. Oyama

小澤克彦名誉教授殿、
 先日は唐突に公開ブログにてお手紙を差し上げ失礼致しました。一度や2度お手紙をインターネット上からお送りしたくらいで、先生に届くとは思っておりません。そこで、先生の著書「神々の故郷と神話・伝承を求めて」を引用させて頂きつつ、今日は、一人KJ法なる科学的な分析を皆さんに紹介させて頂きたいと思っています。
《哲学・心理学と物理学とを融合》化した新しい学問の模索です。

まずは、先生の著書より“キリスト教の光と影”の中から
イエスの十字架と復活』の論文の結論部分を転載させて頂きます。

『しかしともあれ、その立場でこの「復活」を説明しろと言われるならば、「実際には復活はなかった、それは弟子たちの策謀であった」といった、「マタイ」の時代のユダヤ教徒の間にあったと伝えられている態度が「あり得る話し」ということになってしまいます。これは「事実としてあり得るからです。それで結局、ユダヤ教徒のように「死体が盗み出された」とするか、あるいは「替え玉説」とか現代人の好みそうな「三文芝居的解釈」をおもしろおかしく話題にする・・・』

 科学する者に取って、先生のこの哲学的に検討された結果のこの文章は、大変有り難いものです。この結論を物理学をかじっている私に言い換えさせて頂きますならば、以下のようになります。
「哲学という人文科学の観点で厳密に検討した結果、『実際に生物学的な肉体の復活はなかった』という結論が証明されました(小澤克彦哲学名誉教授)」。

 これは有り難いことで、私が50年間思い悩んだ事に対する明確な回答となりました。
キリスト教会に限らず、何処の宗教であっても、入り口のところには、「まず信じよ。そうしたら救われる」と書いてあります。現代人に「イワシの頭も信心からですが、他宗では救われない。我が宗派においてのみ救いがある」とした宣教活動に、現代人は付いていけないのです。これが現代のキリスト教の宣教活動に対して大きなブレーキ(障害)となっているのでした。

 21世紀に突入したのです。改めて「生物学的な復活はなかったのでした」との事実を認めた上での宗教活動が大事なのでした。これを避けては、宗教はじり貧となる世の中であると、認識すべき時代なのでした。
 これに学問という名前を付けるなら、《哲心物理学》とでも呼べるでしょう。
こんな学問が成立するとして、
      その例題を示しましょう。
その研究手法の第一は、「一人KJ法」というものであり、
40年前から一般企業内で頻繁に活用されている手法です。
その手法のポイントは、2つです。
①、~100個の仮説を紙に書き出してみる。
②、そしてそれらが暗示する事を想念で整理していく。
論より証拠です。
 まずは仮説を書き出してみましょう。

続きを読む "小澤克彦先生、「一人KJ法」ってご存知ですか?100枚のラベル書き Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小澤克彦 岐阜大学名誉教授殿、へのお手紙。「哲学・心理学・物理学の融合」 Hiro. Oyama

 小澤克彦 岐阜大学名誉教授殿、
 初めてお手紙を差し上げます。
いきなりインターネットのブログでお手紙を差し上げる失礼をまず、お詫びさせて下さい。
先生のホームページ「神々の故郷と神話・伝承を求めて」の中で、“キリスト教の光と影”のページを読ませて頂きました。この年になって初めて哲学の観点から見たキリスト教を知り、感動致しました。

 
特に『イエスの十字架と復活』の論文は素人目にも分かり易く、目が開かれる想いでした。先生の最後のまとめらしき結論を転載させて頂きます。

『しかしともあれ、その立場でこの「復活」を説明しろと言われるならば、「実際には復活はなかった、それは弟子たちの策謀であった」といった、「マタイ」の時代のユダヤ教徒の間にあったと伝えられている態度が「あり得る話し」ということになってしまいます。これは「事実としてあり得るからです。それで結局、ユダヤ教徒のように「死体が盗み出された」とするか、あるいは「替え玉説」とか現代人の好みそうな「三文芝居的解釈」をおもしろおかしく話題にするしかなくなってくるのですが、これらはやめにしておきたいです。
  このページでの立場である「思想家としてのイエス」を見る立場からもそうした解釈は無意味となります。信仰にしろ思想にしろ、大事なのは「そこに人は何を見るかということなのであって、この場合「生物としてのイエス」がどうであったかといったことなど問われないからです。』

 信仰者に取って、この回答が最も親切で許容され得る模範解答だと私も思います。
は現在 67歳の年寄りですが、17歳の時に洗礼を受けました。学園紛争の影響も受けて大学の3年生の頃、教会を離れましたが、イエスキリストの人間性を最高に愛する一人として今日までの 50年間を過ごしてまいりました。

 聖書は 1955年版聖書をぼろぼろになるまで読み込んで来てなお、イエスが古今東西で最高の超能力者であると確信しております。

こんな打ち明け話をすると、すぐ『オカルト?気違い?』の扱いをされる世の中になってしまいました。但し私は広島大学理学部物理学科の卒業生であり、卒業後は、ウシオ電機・スタンレー電気など一部上場会社の技師長まで勤め上げ、その間、特許は 200件以上提出した経歴を持っている者です。

 なるほど、先生の御立場では「思想家としてのイエス」が最大の関心事でしょうが、物理学を探求する立場では、「人間イエスが成した奇跡は事実か、実際に病気が治ったのか、海の上をイエスが実際に歩いたのか、それらは単なるたとえ話だったのか」否かには、天と地ほどの差があるのです。

「三文芝居的解釈」を面白がってブログ「光世界の冒険」を書いている訳ではありません。言うならば、「心とか想い」が「物質世界」をも動かしえるのかどうか、
もっと言えば、「哲学や心理学」と「物理学」との融合・統合を図れる時代が来たのではないかと思いつつ、それをブログで展開して来たのでした。

続きを読む "小澤克彦 岐阜大学名誉教授殿、へのお手紙。「哲学・心理学・物理学の融合」 Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

S27 直接衝突⇒アイソスタシー Hiro. Oyama

灼熱の氷惑星(高橋実著) 第六章 「人類はどうなる?」というセンセーショナル部です!
 平成24年1月下旬に、ある方から「著作権」に関して『原書房様の承認なくしてコピーを転載するのは如何なものか』との助言を頂き、真摯に受け止め、「氷惑星の謎」&、「灼熱の氷惑星」のほとんどを削除しておりました。このもの凄い科学進歩の中にあって、既に40年以上が経過していて、改めて、最初のぺージから順を追って、掲載させていただいています。
 原書房様、復刻版のご検討のほどよろしくお願い致します。

私達の文明は他民族のそれのように、
 これまでにしばしば天から降ってきた
  雨水によって滅び去っているのです。
  ・・・人類はこれまでに数多くの異変に
 
 遭っているのですが、将来においても
        またそうでありましょう。
  ( エジプトの神官達によるギリシャの
     哲学者ソロンへの話---前六世紀 )

1 氷結の天体---それとの直接衝突

 天体Mのある所そこに砂があり、砂のある所に石油があり石炭がありトリウムがある。---このような結論へと次第に我々は導かれてきた。資源の話はともかくとして、こんな風に”噴出型”の異変が、段々と本当にあったことらしく見えてきたとすれば、次には我々は、”直接衝突”も かつてあったのではないか? と考えざるをなくなってきた。
 直接衝突は極めて規模の大きな事象である、海の水はおそらく、こういう大異変の時には一挙に1000メートルも上昇することさえあり得るだろうという考え方を、私はすでに この書物の中で示してきた。そういう事が、将来本当に起るのであろうか?

 その時、人類は助かるのだろうか? いや、人類が助かるか否かを問題にするなら、まだもう一つ大きな問題が残っている。『 天体Mの中心部には、かなり大きい核(コアー)があるではないか? 地球はその核とは衝突しないのか?』

 幸いに地球は今までのところ、核(core)に衝突した気配は無い。しかし、それは偶然だったのだろうか? それとも必然だったのであろうか? そこの所が、まだ判らない。核との衝突があり得ないことだと断定できる理由は、今までのところでは、まだ一つも見つかっていない。
 むしろ天体Mの軌道と交差しているのではないかという最も最初の仮説が”ノア型異変”の分析を通じて、ますますもっともらしくなってきた現在の情況では、”核への衝突”という超重大問題にも、私はこれを避けて通ることが許されなくなった感じである。これにも最後は触れねばならないであろう。

《 直接衝突の手がかり 》

 直接衝突は、古くて大きい話である。それは地球と天体Mとが共に生まれた時から続いている事である。これを調べる方法も無いのではないかと、読者は思われるだろうが、そこを何とか手掛かりをつかもうとするのである。手掛かりの筋道の大要は、
1)、天体Mのある所、造山運動あり。
2)、天体Mのある所、生態系異変あり。
3)、天体Mのある所、氷塊痕跡あり。

 というふうには論じられないものか? というのが私の魂胆である。一番筋道の複雑なのが造山運動である。これについては読者にもいろいろ御異見のある所とは思うが、私としてはとにかく、「造山運動のある所、天体Mあり」と、逆に推理を進めたいのである。
 ここで読者は複合仮説のミソのような場面を御覧になれるわけであるが、天体Mがあれば生態系異変があり、また氷塊痕跡があるはずだということから、前掲の三つの方程式を相互に傍証として使ってゆく。このうちで、造山運動が一番古い昔の証拠になる。

続きを読む "S27 直接衝突⇒アイソスタシー Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

S26 一体何が飛んで来たのか?? Hiro. Oyama

灼熱の氷惑星(高橋実著) 第五章  6、7、8、9

6 "砂"も天体Mから来ている!

 "砂"がどのような力学で地球に移って来たのか? 前項に挙げた二番目の疑問点を考えよう。"砂"は天体Mにあったとしても、比重が2.7~3.0といった、水よりも遥かに重いものであるから、平常は天体Mの核の表面にあるはずだ。天体Mの核は、要するに小型地球だと考えられるのであるから、そこに"砂"があることは充分に考えられる。
 かつて私はこのサハラ砂漠仮説を一人の人に話してみた時、「それが他の天体から来たものならば、何か地球の砂とは違った所が(サハラ砂漠の砂を分析すれば)見つかるのではないか?」という提案を受けたことがある。

 だが、何ということであろう!! 地球の"砂"とは一体何であろうか?
もしそれが全部天体Mから来ているような事があるのなら、地球上の砂は、どこの砂漠の砂をとってみても、そして---これは恐ろしい仮定であるけれども---どこの大陸棚の砂を取って見ても、皆同じであるということになる。

 ”地球の砂と天体Mの砂とは同じである”---だからサハラ砂漠の砂は地球の砂であって、天体Mの砂ではない---などという論証方法は採れなくなる。みんな天体Mのものであったとしたら、こんな妙な議論になるであろう。それにしても、地球上のすべての砂が天体Mから来ていると考えることは、ずい分と大胆不敵なことではある。
 だが、次第に検討を重ねるに従って、むしろこの恐ろしい仮定の方が案外に本当なのかも知れぬと思われてきた。それは少し後の話に譲るとして、"砂"がどうして、大異変の直前に天体M自身の中で、"天の窓"の方へ降りてきていたのか?

《 砂層を動かす大乱流 》

 読者はおそらく、天体Mの大水圏の底深く、核の表面に近いあたりまで、無重力圏が入り込んでゆくという、あのニア・ミスの時の引力の均衡図を思い出されるであろう。ここで天体Mの天地がひっくり返える のであるから、さてこそその時に、水圏の底に沈んでいた砂が表層の方へ落ちてくるのか? と思われるであろう。
 私もそう思ったが、考えて見ると妙だ。無重力圏が水圏深くエグルように通過するのはわずかに100秒ほどの間である。この短時間の間に底の方の砂が表面に出てくるはずはない。底と表面との間は、3000Km以上もある。1500Kmの空間を飛ぶのさえ容易ではないのに、3000Kmを落ちてくるのは なおさら不可能だ。

天体Mの砂を、ニア・ミスの起るよりも数千秒以前から動かし始めているものがある。それは例の、やや遠くからでも働く”ズリ下り型の引力”が原因となっていて、その均衡を保ったために卵形殻を形成しようとする水の動きがある。その時の水の動きが砂の謎を解くカギなのであった。

続きを読む "S26 一体何が飛んで来たのか?? Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

Mark-12、The mean of Twice of cock’s crowing; Copies’ rule. Hiro. Oyama

Mark’s text was written first, and other three enlarged it.
from 27-section in Mark's testament CHAPTER-14
 マルコによる福音書 ・・ 第14章、27節~
【その時イエスは弟子達に言われた、「貴方がたは皆、私につまずくであろう。『私は羊飼いを打つ。そして、羊は散らされるであろう』と書いてあるからである。しかし私は、よみがえってから、貴方がたより先にガリラヤへ行くであろう」。
 するとペテロはイエスに言った、「たとい、みんなの者がつまずいても、私はつまずきません」。 イエスは言われた、「貴方によく言っておく。今日、今夜、鶏が二度鳴く前に、そう言う貴方が、三度私を知らないと言うだろう」。
 ペテロは力を込めて言った、「たとい、あなたと一緒に死なねばならなくなっても、あなたを知らないなどとは、決して申しません」。
 みんなの者もまた、同じようなことを言った。
 Mark’s testament in CHAPTER-14 from 27-section
 And Jesus said to them, “You will all fall away, because it is written, ‘I WILL STRIKE DOWN THE SHEPHERD, AND THE SHEEP SHALL BE SCATTERD.’ “But after I have been raised, I will go before you to Galilee.”
 But Peter said to Him, “Even though all may fall away, yet I will not.” And Jesus said to him, “Truly I say to you, that you yourself this very night, before a cock crows twice, shall three times deny Me.”
 But Peter kept saying insistently, “Even if I have to die with You, I will not deny You!”
 And they all were saying the same thing, too.


・・ 興味本位で申し訳ありませんが、この場面は大変興味深い箇所なので、四つの福音書で記載文章を比較してみましょう
 Interest I'm sorry, but this scene is very interesting places, so let's compare the description text in the four Gospels.


 マタイ
による福音書・・第26章、
31節~

 【そのときイエスは弟子達に言われた、「今夜、貴方がたは皆、私につまずくであろう。『私は羊飼いを打つ。そして、羊の群れは散らされるであろう』と、書いてあるからである。しかし私は、よみがえってから、貴方がたより先に、ガリラヤに行くであろう」。
 するとペテロは答えて言った、「たとい、みんなの者があなたにつまずいても、私は決してつまずきません」。イエスは言われた、「よく貴方に言っておく。今夜、鶏がなく前に、あなたは三度私を知らないと言うだろう」。
ペテロは言った、「たといあなたと一緒に死なねばならなくなっても、あなたを知らないなどとは、決して申しません」。
 Matthew’s testament in CHAPTER-26 from 31-section
 Then Jesus said to them, “You will all fall away because of Me this night, for it is written, ‘I WILL STRIKE DOWN THE SHEPHERD, AND THE FLOCK SHALL BE SCATTERD.’ “But after I have been raised, I will go before you to Galilee.”
 But Peter answered and said to Him, “Even though all may fall away because of You, I will never fall away.” Jesus said to him, “Truly I say to you that this very night, before a cock crows, you shall deny Me three times.”
 Peter said to Him, “Even if I must die with You, I will not deny You.”
 All the disciples said the same thing too.

・・ なあんだ、「二度鳴く前に」が、マタイ書で(うっかり)省略され、自明の言葉3つが、追加されてるだけの違いですね。
この箇所の比較だけでも、マタイはマルコ書を参照しながら「マタイによる福音書」を、作成したことが判ります。
 What is the difference, only has three words of self-evident, "2 times before a cock crows" is omitted (accidentally?) by Matthew.
Only within this comparison alone, it is clear that Matthew copied and revised the Matthew’s testament referring to the Mark's Text.

続きを読む "Mark-12、The mean of Twice of cock’s crowing; Copies’ rule. Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

Mark-11、Bible enlarged, revised in many-times by men. Hiro. Oyama

 「新約聖書を編纂するにあたって、80を超える福音書が検討されたのだが、採用されたのは、それに比べればごくわずか、マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネの各伝だけだった」。
聖書は人の手によるものだということだ。神ではなくてね。雲の上から魔法の如く落ちて来たわけではない。混沌とした時代の史記として人間が作ったもので、数かぎりない翻訳や増補・改訂を経て、徐々に整えられた。聖書の決定版というものは、歴史上一度も存在していないのだよ」。
   ”ダビンチ・コード”(ダン・ブラウン)上巻、P326より。
 西洋の教養人が、上記のような暗黙の共通認識下にあるなかで、Jesusの起こした奇跡の真偽と天使やUFO実績を、我々は科学の目を通して、調べている最中です
 但し(この近辺の章内には)天使もUFOも登場しません。
パスしてもかまいませんよ。

 When you compiled the New Testament if compared to it were adopted, it has more than 80 Gospels were considered negligible, only each transfer of Matthew Mark Luke John.
It's due to the person's hand is the Bible. It is not God. It's not fell down like magic from above the clouds. Set up gradually through the endless number of translations made by humans as a historical record of the troubled times and enlarged and revised. Standard Edition of the Bible is history not even once
 DAVICCI CODE (DAN BROWN) upper edition P326
We are examining about miracles of Jesus under the common recognition of Western educated person but these implicit in the truth, Angel and UFO experience, while looking through the eyes of science.

  CHAPTER-11 in Mark's testament

And some Sadducees (who say that there is no resurrection) came to Him, and began questioning Him, saying, “Teacher, Moses wrote for us a law that IF A MAN’S BROTHER DIES, and leaves behind a wife, AND LEAVES NO CHILD, HIS BROTHER SHOULD TAKE THE WIFE, AND RAISE UP OFFSPRING TO HIS BROTHER.
“There were seven brothers; and the first one took a wife, and died, leaving no offspring. “And the second one took her, and died, leaving behind no offspring; and the third likewise; and so all seven left no offspring. Last of all the woman died too. “In the resurrection, “when they rise again, which one’s wife she be? For all seven had her as wife.”
Jesus said to them, “”Is this not the reason you are mistaken, that you do not understand the Scriptures, or the power of God? “For when they rise from the dead, they neither marry, nor are given in marriage, but are like angels in heaven. “But regarding the fact that the dead rise again, have you not read in the book of Moses, in the passage about the burning bush, how God spoke to him, saying, ‘I AM THE GOD OF ABRAHAM, AND THE GOD OF ISAAC, AND THE GOD OF JOCOB’? “He is not the God of the dead, but of the living; you are greatly mistaken.”

・・ この悟りの境地は、BC500年ごろインドで活躍したブッダ(お釈迦様)の悟りの境地と非常に似ています。もっとも、よみがえる とはいわず、輪廻転生思想にブッダは立っています。
 This quietness is very much similar to the quietness of Buddha who lived in BC 500 around India. But not to say as ‘rise from dead’, but Buddha stand on the thought of Transmigration of the soul;

続きを読む "Mark-11、Bible enlarged, revised in many-times by men. Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

S25 地軸が変動? 天体Mと地球との直接衝突の可能性。 Hiro. Oyama

灼熱の氷惑星 (高橋実著) 第五章  ( 続きです。)

4 氷河の謎

地球上には氷河の痕跡がたくさん発見されているし、現実に小規模な氷河も陸地の上に残っている。南極圏と北極圏とには、極冠と呼ばれる大氷塊群がある。南極圏では、それは大陸の上に載っているが、北極圏では海の上に浮かんでいる氷が多い。

これらの氷塊群は寒気の象徴として考えられてきたのであるが、私の仮説によるとそのほとんど全部は、天体Mから来たもののように見える。勿論それは寒気と関係はあるが、寒気があったために氷塊群ができたのではない。

寒気があったために、氷塊群が解け残ったに過ぎない と思われる。氷塊群は熱帯にも寒帯にも、山の上にも、海洋の部分にもあったと思われる。

《 天体Mから氷はやってくるか 》

氷塊群(が地球の上に存在すること)は、地球が天体Mの大水圏と直接の衝突をしたことの証跡であるように私には思われる。ノア型の衝突では、どうも氷は飛んで来ない、というのが本当であるらしい。

この型の衝突には噴出水が伴うのが特徴であるが、噴出効果を高めるには、天体Mの氷は大きな慣性抵抗でもって、泰然として動かないでいる方がよい。その方が噴出速度は高まるのである。

調べてゆくにつれて、このような噴出型というかノア型というか、そういう衝突の証跡と思われるものが、意外に多いことが判ってきた。従って、それらは集まって、一つの力学的な特徴をもった一群の事象として考えられるようになってきた。

ところが一方では、地球上には相当に多量の氷塊群が残っている。これがどうも、直接衝突の時の移動物体ではないか?という気がしてくる。というのは、間接衝突があれば当然のことに直接衝突の確率も実際にあった、と考えねばならないのだが、直接衝突の時にどのような事象が起るかを考えてゆくと、この大氷塊群に新しい考え方が出てくる。

天体Mの立場からいうと、その水圏の表面に、厚い氷層があったからこそ、直接衝突の時に水を地球に移すことができたといえる。この力学的な原理は、大氷塊の慣性抵抗にある。すでに第三章で、ノア型の異変の時には、天体Mの氷塊がノズル形式のための壁の役割をしていると説明した。

直接衝突の時にも、大氷塊の慣性抵抗は重要な役割を果たしている。物凄い高速度で行われる直接衝突の時に、瞬間的に飛び散ろうとする天体Mの水を、大きな慣性抵抗を持った氷の壁がしっかりと押さえつけている。

それで、大量の水が低い相対速度で地球に移ってくる。氷塊群も同時に地球に移動する。直接衝突の時には、従って水の移動量も、ノア型異変の時よりは遥かに多い場合があると見なければならない。

《 地軸が変動した? 》

続きを読む "S25 地軸が変動? 天体Mと地球との直接衝突の可能性。 Hiro. Oyama"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

S24 マンモスを直撃した水。 石炭集積説への疑問(大炭田の分布) Hiro. Oyama

灼熱の氷惑星(高橋実著) 第五章  続きです。
《 原書房殿、復刻版の方はご検討頂けていますでしょうか?》

Photo_8

《 キュヴィエの説 》

フランスのキュヴィエ(G Cuviec)はマンモスだけでなく、パリ周辺の原野の各種の地層の中から発見される生物の化石のあり方を観察して、
「多くの過去の生物が、災変の度毎に、死滅交代を繰り返しているように見える」という見解を発表したけれども、当時の学界の賛同を得ることが出来なかったといわれている。
 これはつまり災変を生物の滅亡の直接の原因とみた論であり、その論を別の観点からいうと、災変というものがあったという前提をおいた仮説なのである。ではその災変とはどのような事象なのか? というところまでは、説明はしていないのである。
キュヴィエがこのような研究を行ったのは19世紀の第一四半期と見られ、彼の著書の第五版が1827に出ている。

《 現代の見方 》

20世紀の後半に入ってから、マンモスの歯や胃の中にあったといわれる木の葉の残片に特別な注意を向ける論が出始めた。

 この葉は、ツンドラ地帯に生えていない、1000マイルも南の暖かい所にしか生えていないはずの植物のものであるという点を捕えて、マンモスが何かはわからないが人類が経験したこともないような異変によって死んだのだ---とする論である。
 読者に注意しておいてほしい一つの事は、この論の主体が実は地球の気候論なのだということで、その気候論はさらに氷河の研究から来ている。
 だから、先刻私は”何かはわからないが---”と書いたけれども、その実はこのマンモスを襲った異変は、気候異変なのだと、まず考えられていた。
 その後、一部の著述家の中には、潮汐現象を取り入れて、マンモスの直接の死因は溺死だとする考え方を示す人も出てくるようになった。
この考え方は何処から来ているのかというと、少々説明が寄り道になるが、南米のアンデス山脈のような高地で貝殻が見つかったこと等が、こういう高潮説の端緒になっている。
 つまり、
そういう高地を襲うことのできる高潮もあるのだとすれば、マンモスを襲う高潮もあり得ると考えて、マンモスは水死したのだとするわけである。そういう論も現れるようになったが、依然として続いている考え方は、気候の急変があった とする考え方である。
死因(それも直接の死因)は何であれ、
1、死んでから後も寒気の中で保存された。
2、死ぬ前は暖かくて、草木が繁っていた。
3、死ぬ直前の状態と、死後冷凍が始まった時との間には、ほとんど時間間隔がない。腐るヒマもない程の短時間に、前後の状況が変わっている。
 という三つの連立方程式は厳として残っている。
そこで特に第二方程式(死ぬ前は温暖、その直後、寒冷気候になる)を解くために、気候急変ということが考えられ、それを説明しようとして、例えば地軸変動も考え得るのではないか---というふうに論じられた。
 だが、地軸の変動などということは容易な事で起る事象ではないので、到底この三元連立方程式は、容易には解き得ないのである。

《 マンモスを直撃した水 》

続きを読む "S24 マンモスを直撃した水。 石炭集積説への疑問(大炭田の分布) Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

Mark-10 離婚。Divorce and remarriage Q&A. quick-witted answers. Hiro. Oyama

 マルコによる福音書【第10章】を勉強中です。
Divorce and remarriage Q&A. quick-witted answers.

 

【 ・・・天地創造の初めから『神は人を男と女とに造られた。それ故に、人はその父母を離れ、ふたりの者は一体となるべきである』。・・
 And rising up, He went from there to region of Judea, and beyond the Jordan; and crowds gathered around Him again, and, according to His custom, He once more began to teach them.
And some Pharisees came up to him, testing Him, and began to question Him whether it was lawful for a man to divorce a wife. And He answered and said to them, “What did Moses command you?” And they said, “Moses permitted a man to write a certificate of divorce and send her away.” But Jesus said to them, “Because of your hardness of heart he wrote you this commandment. “But from the beginning of creation, God MADE THEM MALE AND FEMALE.
“FOR THIS CAUSE A MAN SHALL LEAVE HIS FATHER AND MOTHER, AND THE TWO SHALL BECOME ONE FLESH
; consequently they are no longer two, but one fresh. “What therefore God has joined together, let np man separate.”


・・ 最後の文章は、何処かで聞いたことありませんか?私の記憶では、キリスト教会で、結婚式で必ず引用される文章のようですね。
 Have you ever heard about ‘FOR THIS CAUSE A MAN SHALL LEAVE HIS FATHER AND MOTHER, AND THE TWO SHALL BECOME ONE FLESH’ This sentences are read in the church for a Marriage ceremony.

 【・・「だれでも自分の妻を出して他の女をめとる者は、その妻に対して姦淫を行うのである。また妻がその夫と別れて他の男にとつぐならば、姦淫を行うのである」。And back in the house again, the disciples began questioning Him about this matter. And He said to them, “Whoever divorces his wife and marries another woman commits adultery again her; and if she herself divorces husband and marries another man, she is committing adultery.”

・・ 他の福音書で、ここの部分がどのように表現されているのかは知りませんが、『浮気は良くないよ』と言っておられるだけですね。マルコは、『この程度のことしかイエスは言ってませんよ』と、主張しているように響くのですが、この解釈は変ですか?
 I don't know what about potion of this section is described how, in the other Gospels (not out), but only he is saying as "cheating is not good!", isn’t he?
Is it strange that Mark is saying in his mind, “Jesus said only like this” (for me it be heard)?

【 イエスに触って頂くために、人々が幼な子らをみもとに連れて来た。ところが弟子達は彼らをたしなめた。それを見てイエスは憤り、彼らに言われた「幼な子らを私の所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である。よく聞いておくがよい。誰でも幼な子のように神の国を受け入れる者でなければ、そこに入ることは決して出来ない」。そして彼らを抱き、手をその上において祝福された。
 And they began bringing children to Him, so that He might touch them; and the disciples rebuked them. But when Jesus saw this, He was indignant and said to them, “Permit the children to come to Me; do not hinder them; for the kingdom of God belong to such as these."Truly I say to you, whoever does not receive the kingdom of God like a child shall not enter it at all.” And He took them in His arms and began blessing them, laying His hands upon them.

・・ これも、実に微笑ましいイエスらしい愛の言動です
 It is a behavior like this is really pleasing Jesus love.

続きを読む "Mark-10 離婚。Divorce and remarriage Q&A. quick-witted answers. Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

Mark-9、We are reading of Mark with scientific eyes. Hiro. Oyama

 マルコによる福音書を読み続けています。

CHAPTER-9 【第九章】

【・・・、六日の後、イエスは、ただペテロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。ところが、彼らの目の前でイエスの姿が変わり、その衣は真白く輝き、どんな布さらしでも、それほどに白くすることは出来ないくらいになった。
すると、エリヤがモーセと共に彼らに現れて、イエスと語り合っていた。

 ペテロはイエスに向かって言った、「先生、私達がここに居るのは、素晴らしいことです。それで、私達は小屋を三つ建てましょう。一つはあなたの為に、一つはモーセの為に、一つはエリヤの為に」。
 
 そう言ったのは、みんなの者が非常に恐れていたので、ペテロは何を言って良いのか分からなかったからである。すると、雲がわき起こって彼らをおおった。

 そして、その雲の中から声があった「これはわたしの愛する子である。これに聞け」。彼らは急いで見まわしたが、もはや誰も見えず、ただイエスだけが、自分達と一緒におられた。
 And He was saying to them, “Truly I say to you, there are some of those who are standing here who shall not taste of death until they see the kingdom of God after it has come with power.”
And six days later, Jesus took with Him Peter and James and John, and brought them up to a high mountain by themselves. And He was transfigured before them; and His garments became radiant extremely white, as no launderer on earth can whiten them. And Elijah appeared to them along with Moses; and they were conversing with Jesus. And Peter answered and said to Jesus, “Rabbi, it is good for us to be here; and let us make three tabernacles, one for You and one for Moses, and one for Elijah.”
For he did not know what to answer; for they became terrified.
 Then a cloud formed, overshadowing them, and a voice came out of the cloud, “This is My beloved Son, listen to Him!”
 And all at once they looked around and saw no one with them any more, except Jesu only.


・・ 『ペテロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて』という箇所は気になりますが、『その雲の中から声があった、「これはわたしの愛する子である。これに聞け」。』と声がして、直ぐにイエス
だけになった、というくだりは科学的な観測事実として信頼性のある記述です。
もっと
はっきり言うと「エリヤがモーセと共に彼らに現れて・・」という記述の信頼度低いという事です。幻覚であった可能性が非常に高いと、マルコは暗に示唆しているのでした
 Although we must be attention to the document that Jesus took with Him Peter and James and John, but the following description: Then a cloud formed, overshadowing them, and a voice came out of the cloud, ~ And all at once they looked around and saw no one with them any more, except Jesu only is reliable in science eye.
 Speaking with plainly and strictly, the document of ‘Elijah appeared to them along with Moses’ is doubt-full (non-reliable). Mark was saying in mind that it is only a hallucination with high reliability.


【一同が山を下って来るとき、イエスは「人の子が死人の中からよみがえるまでは、いま見たことを誰にも話してはならない」と彼らに命じられた。彼らはこの言葉を心にとめ、死人の中からよみがえるとはどういうことかと互いに論じ合った。 そしてイエスに尋ねた「なぜ、律法学者達は、エリヤが先に来るはずだと言っているのですか」。

 イエスは言われた「確かに、エリヤが先に来て、万事を元通りに改める。しかし人の子について、彼が多くの苦しみを受け、かつはずかしめられると書いてあるのは何故か。しかし、貴方がたに言っておく、エリヤは既に来たのだ。そして、彼について書いてあるように、人々は自分かってに彼をあしらった」。
 And as they were coming down from the mountain, He gave them orders not to relate to anyone what they had seen, until the Son of Man should rise from the dead. And they seized upon that statement, discussing with one another what rising from the dead might mean.
 And they questioning Him, saying, “Why is it that the scribes say that first Elijah must come?” And He said to them, “Elijah does first come and restore everything. And yet how is it written of the Son of Man that He should suffer many things and be treated with contempt? “But I say to you, that Elijah has indeed come, and they did to him whatever they wished, just as it is written of him.”

 
・・ このエリヤというのは律法学者達が言っているエリヤであり〔バプテスマのヨハネ〕がこれに該当しています。一方、イエスが言っているエリヤは、イエス自身のことを指していると、読み取るのが自然の様にも見えます。「人の子」とはイエス自身を自分で指して呼んでいるのです。この辺りは、「ペテロ&ヤコブ&ヨハネ」の記憶の中にも、混乱があるのではないでしょうか
 This ‘Elijah’ is the Elijah whom scribes are saying about, and [John the Baptist] is he. On the other hand, the ‘Elijah’ whom Jesus is saying about is Jesus of himself, we should treat it like that in naturally.
Jesus calls himself as "son of man".
Concerning about these discussion, there is a little bit confusion in memory of Peter and James and John, isn't it?


【さて、彼らが他の弟子達の所にきて見ると、大勢の群集が弟子達を取り囲み、そして、律法学者達が彼らと論じ合っていた。群集はみな、すぐイエスを見つけて、非常に驚き、駆け寄って来て、挨拶をした。イエスが彼らに「貴方がたは彼らと何を論じているのか」と尋ねられると、群衆のひとりが答えた「先生、おしの霊に憑かれている私の息子を、こちらに連れて参りました。霊がこの息子に取り付きますと、何処ででも彼を引き倒し、それから彼は"あわ"を吹き、歯を食い縛り、身体をこわばらせてしまいます

それで、お弟子達に、この霊を追い出して下さるように願いましたが、出来ませんでした」。
 And when they came back to the disciples, they saw a large crowd around them, and some scribes arguing with them. And immediately, when the entire crowds saw Him, they were, amazed and began running up to greet Him. And He asked them, “What are you discussing with them?” And one of the crowds answered Him, “Teacher, I brought You my son, possessed with a spirit which makes him mute; and whenever it seizes him, it dashes him to the ground and he foams at the mouth, and grinds his teeth, and stiffens out. And I told Your disciples to cast it out, and they could not do it.”

 イエスは答えて言われた、「ああ、なんという不信仰な時代であろう。いつまで、私は貴方がたと一緒におられようか。いつまで、貴方がたに我慢ができようか。その子を私の所に連れてきなさい」。

 そこで人々は、その子をみもとに連れてきた。霊がイエスを見るや否や、その子を引き付けさせたので、子は倒れ、あわを吹きながら転げまわった。
 And He answered them and said, “O unbelieving generation, how long shall I be with you? How long shall I put up with you? Bring him to Me!” And they brought the boy to Him.
And when he saw Him, immediately the spirit threw him into a convulsion, and falling to the ground, he began rolling about and foamed at the mouth.

 そこで、イエスが父親に「いつ頃から、こんなになったのか」と尋ねられると、父親は答えた「幼い時からです。霊はたびたび、この子を火の中、水の中に投げ入れて、殺そうとしました。しかし出来ますれば、私どもを哀れんでお助けください」。イエスは彼に言われた「もし出来れば、と言うのか。信ずる者には、どんな事でも出来る」。
 And He asked his father, “How long has this been happening to him?” And he said, “From childhood. “And it has often thrown him both into the fire and into the water to destroy him. But if You can do anything, take pity on us and help us!”
And Jesus said to him, “If You can!” All things are possible to him who believes.”

 その子の父親は、直ぐ叫んで言った「信じます。不信仰な私を、お助けください」。イエスは群集が駆け寄って来るのをご覧になって、けがれた霊をしかって言われた、「オシとつんぼの霊よ、私がお前に命じる。この子から出て行け。二度と、はいってくるな」。

すると霊は叫び声をあげ、激しく引き付けさせて出て行った。その子は死人のようになったので、多くの人は、死んだのだと言った。しかし、イエスが手を取って起こされると、その子は立ち上がった。

 家に入られたとき弟子達は密かにお尋ねした「私達は、どうして霊を追い出せなかったのですか」。するとイエスは言われた「このたぐいは、祈りによらなければ、どうしても追い出すことは出来ない」。
 Immediately the boy’s father cried out and began saying, “I do believe, help me in my unbelief.” And when Jesus saw that a crowd was rapidly gathering, He rebuked the unclean spirit, saying to it, “You deaf and dumb spirit, I command you, come out of him and do not enter him again.”
And after crying out and throwing him into terrible convulsions, it came out; and the boy became so much like a corpse that most of them said, “He is dead!”
But Jesus took him by the hand and raised him; and he got up.
And when He had come into the house, His disciples began questioning Him privately, “Why is it that we could not cast it out?” And He said to them, “This kind cannot come out by anything but prayer.”


 ・・ ペテロ&ヤコブ&ヨハネとイエスの四人が山から下って来た以降のこの記述は、元のマルコ文章に戻っています。
マルコは、時系列関係を明確にするため、少々信頼度に欠けることは覚悟の上で、四人が山の中で”あった”という記述を挿入したものと、推察できます。
さて、最後の文章、『このたぐいは、祈りによらなければ、どうしても追い出すことは出来ない』は、医学上も、もっともであろうと、思われます
 The document after when the four-member (Peter, James, John and Jesus) came back is the Mark’s natural sentences (documentation). So we can guess it that Mark dared to insert the unreliable documents to clear when this Miracle has happened.
 And at the last sentence; ‘This kind cannot come out by anything but prayer’ is seemed to be most medical comment, I should think.

続きを読む "Mark-9、We are reading of Mark with scientific eyes. Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

S23 地質時代の謎解き マンモスの死の謎(高橋実著) Hiro. Oyama

灼熱の氷惑星(高橋実著) 第五章 「大衝突の概念は変わった」

 天が地に接近し、
 一日のうちに全てのものが滅び去った。
  山もまた水の中に隠れた。
    ( 古代メキシコの
     『チマルポポーカ絵文書』より )

1 水天体との衝突と、その事象

ノア大異変を水天体との衝突による一連の大事象であると考えて行った”思考実験”は、前章にみるように、まことに思いもかけなかったような結論へと導き、また途方もない考え方への端緒をも開くことになった。

私はこの章で読者に、その”途方もない考え方”の例を、極く簡単に、およそ10項目ほどで話してみたいと思う。この10項目ほどの話は、一見すれば断片的であって、読者からみればまことに唐突な話題に対して、滅多やたらに著者が八つ当たりしているように見られるかも知れない。
ともあれ、この10項目ほどの話題は、およそ三群に分けられる。
第一は、天体Mの足跡(存在)を証拠立てるのに役立つもの。
第二は、”思考実験”の仮定を(特に噴出過程につき)検証するのに役立つもの。
第三は、大異変(または大衝突)の生起した時期を考察するのに役立つもの。

一応はこのように分けられるが、私のこの章での目的は、天体Mの存在仮説を地質時代の事象からも、さらに一層総合的に確かめて行きたいという事。そうして最後には、大衝突の周期のようなものにまで到達してみたいと思う。

周期を見るためには、その異変が何時起ったのかを知ることのできるような、そういう異変である事が望ましい。すべての大異変が、それがいつ起ったかを示すような証拠物件を常に残しているという訳ではない。

《 巨大な異変の暗示 》

何時それが起ったのか、一見したところでは全く判らないものが多い。とくに水と氷とは、姿や形を変えてしまうので、外見上は、その生起の時期を知るすべもないように見える。しかし、巨大な事象は何かの手掛かりを残しているのである。

その手掛かりの探り方は、読者にも興味あるところであろう。マンモスの謎に秘められていた手掛かりは、ただ一片の、マンモスの歯の間に残されていた緑の葉---未消化のもの---であった。

続きを読む "S23 地質時代の謎解き マンモスの死の謎(高橋実著) Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

S22 大陸の浮上 アイソスタシー 大きな大陸棚の成因(高橋実著)Hiro. Oyama

灼熱の氷惑星(高橋実著) 第四章 の(最終節)です。

《 大陸の浮上 》

第Ⅳ-3図のジャワの図は、いわば”ムカシ・インドネシア”とでも呼べそうな大陸の推定図である。

Photo 斜線を引いた部分が、2月27日までは陸地であった・・・そうして、2月28日には海になってしまった・・・と考えられる部分であって、この図では実はノア異変のスプラッシュの規模から、地球への増水を三様に見積もった中での最大の見積もりケース、すなわち、増水量10.5京トン、海面の上昇300メートルのときの想定図なのである。
 この図で斜線部分の外縁は、当時の海岸線である。その海岸からみて、イマのラングーン(ビルマ)は山奥の高地である。
バンコク(タイ)も、シンガポールも、同じ山奥である。
 逆にイマの海岸線を規準にすると、ムカシの海岸線は、海底200メートルの等深線になっているのである。
 さて、一時の増水による海水面が300メートル高まっているのにかかわらず、この図では、実はイマの海での200メートルの水深の所が描いてあるのである。
 これは、どういうわけか?
この原理を説明するのが、アイソスタシーの仮定である。
 わかりやすくいうと、300メートル浸水してから、後で陸塊が約100メートル分だけ浮き上がってくる のだ。

続きを読む "S22 大陸の浮上 アイソスタシー 大きな大陸棚の成因(高橋実著)Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

Mark-8、Miracle: 4000-people satisfied with 7-bread:Scientific Observation. Hiro. Oyama

 Restart reading from the Gospel of Mark, Chapter-7, section 5.

【、パリサイ人と律法学者達とは、イエスに尋ねた、・・・
 And the Pharisees and the scribes asked Him, “Why do your disciples not walk according to the tradition of the elders, but eat their bread with impure hands?”
And He said to them, “Rightly did Isaiah prophesy of you hypocrites, as it is written, “THIS PEOPLE HONORS ME WITH THEIR LIPS, BUT THEIR HEART IS FAR AWAY FROM ME. ‘BUT IN VAIN DO THEY WORSHIP ME, TEACHING AS DOCTRINS THE PRECEPTS OF MEN.’ “Neglecting the commandment of God, you hold to the tradition of men.”
 He was also saying to them, “You nicely set aside the commandment of God in order to keep your tradition.

 『父と母とを敬え』・・
 “For Moses said, “HONOR YOUR FATHER AND YOUR MOTHER;’ and, ‘HE WHO SPEAKS EVIL OF FATHEROR MOTHER, LET HIM BE PUT TO DEATH; but you say, ‘If a man says to his father or his mother, anything of mine you might have been helped by is Corban ( that is to say, “given to God);
 you no longer permit him to do anything for his father or his mother; thus invalidating the word of God by your tradition which you have handed down; and you do many such things like that.”
 

【・・外から人の中に入って人をけがし得るものはない。人の中から出て行くものが人をけがす。・・
 And summoning the multitude again, He began saying to them, “Listen to Me, all of you, and understand: there is nothing outside the man which going into him can defile him; but the things which proceed out of the man are what defile the man.And when leaving the multitude, He had entered the house, His disciples questioned Him about the parable.  And He said to them, “Are you too so uncomprehending? Do you not see that whatever goes into the man from outside cannot defile him: because it does not go into his heart, but into his stomach, and is eliminate?” (Thus He declared all foods clean.)
・・不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、邪悪、欺き、好色、妬み、そしり、高慢、愚痴。これらの悪はすべて、内部から出て来て人を汚す・・
 And He was saying, “That which proceeds out of the man, that which proceeds out of the man, that is what defiles the man. “For from within, out of the heart of men, proceed the evil thoughts and fornications, thefts, murders, adulteries, deeds of coveting and wickedness, as well as deceit, sensuality, envy, slander, pride and foolishness. All these evil things proceed from within and defile the man.”
But after hearing of Him, a woman whose little daughter had an unclean spirit, immediately came and fell at His feet.

 この女はギリシャで、・・・
 Now the woman was a Gentile, of the Syrophoencian race. And she kept asking Him to cast the demon out of her daughter. And He was saying to her, “Let the children be satisfied first, for it is not good to take the children’s bread and throw it to the dogs.”

But she answered and said to Him, “Yes Lord, but even the dogs under the table feed on the children’s crumbs. And He said to her, “Because of this answer go your way; the demon has gone out of your daughter.” And going back to her home, she found the child lying on the bed, the demon having departed.
 そこで女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており悪霊は出てしまっていた。
 
・・ もう、この病気を治したり、悪霊を追い出したりする奇蹟に関しては、抵抗感なく読む事が出来るようになったでしょ
・・ Without resistance, you became to be able to read about miracles, heal these illness and driving out evil spirits.


And again He went out from the region of Tyre, and came through Sidon to the sea of Galilee, within the region of Decapolis.  And they brought to Him one who was deaf and spoke with difficulty, and they entreated Him to lay His hand upon him.
 And He took him aside from the multitude by himself, and put His fingers into his ears, and after spitting, He touched his tongue with the saliva; and looking up to heaven with a deep sigh, He said to him, “Ephphatha!” that is, “Be opened!

・・
、イエスは彼ひとりを群集の中から連れ出し、その両耳に指を差し入れ、それから、つばきでその舌を潤し、天を仰いでため息をつき、その人に「エパタ」と言われた。これは「開けよ」という意味である。
 

続きを読む "Mark-8、Miracle: 4000-people satisfied with 7-bread:Scientific Observation. Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »