« Luke-2、Corrupted, Remaking History「東方から3人の博士が来た」←偽物語 Hiro. Oyama | トップページ | Luke-3、限界:Limit of acceptable with eyes of science(科学の目) Hiro. Oyama »

2016年2月26日 (金)

自然奇跡は自然科学で扱うべき。Natural miracles should be treated in the natural sciences. Disease healing miracles is the middle area of the natural sciences and humanities.病気治癒奇跡は自然科学と人文科学の中間領域

 小澤克彦先生、たびたびお邪魔致します。先生のホームページ「イエスの行動、その使命と奇跡物語」のを読ませて頂きまして、哲学という人文科学分野お立場での御主張は良く分かりました。学ぶべきものが多くありました。失礼は承知の上で、「イエスの行動、その使命と奇跡物語」に関して、コメントさせて頂きます。
 Ozawa, Katsuhiko teacher, often disturb you will be. Teacher's website in Jesus's actions, its mission and miraculous story I read, I now understand your claim in the position of science, humanities and philosophy. To learn more there. Rude will comment on the awareness, "in Jesus's actions, its mission and miracle story".
【3、the Miraculous healing of the sick.
【3、病人の癒しの奇跡
(小澤克彦ブログ記事)
 さて、イエスの奇跡にまつわる話しとしてはこの
「病人の癒し」の物語が圧倒的に多いです。ここにイエスのもっとも顕著な特徴が出ていると考えられる物語です。つまり、これは「実際のイエス」に基づいていると考えられるのです。
 すなわち、医者にもかかれず、また人々から見捨てられている病人を、本当に心からいたわり看病し、その愛と看病は常人の在り方をこえていたイエスです。それがために、イエスの存在は病人にとってはまさに
「奇跡」と映ったであろうし「神様」とも思われたと考えられます。そして実際、それがために本当に治癒したこともあったかもしれない、少なくとも、心安らかになり、生きていることに意味も見えて精神的には「生き返った」ということもあったと考えられます。 その「イエスの病人の癒し」の例を、最初の福音書で、素朴な描きとなっている「マルコ福音書」を中心にたどって見ます。
 As talk about miracles of Jesus, the story of the healing of the sick is more abundant overwhelmingly. It is considered to be the most salient features of the issue out here story.  Other words, it is considered that it is based on the "real Jesus". That is, unable to see a doctor sick people abandoned, really caring from the heart and nursing, the love and care he had exceeded the normal way is. Considered it because the presence of Jesus for sick very "miracles" and reflected in will and was considered the "God". And is considered mentally was that "revived", meaning in fact it because really cured also could be had, at least, how we will live. Center Watch follow part of Jesus ' healing of the first in the Gospel has been painting a rustic "Gospel of mark".
「穢れた霊(病気)にとりつかれた男を癒す」1,21~28
「シモン・ペテロの姑を癒す」  1.29~31。
「夕方、多くの病人を癒す」 1.32~34 & 3.11~12
「らい病を患っている者を癒す」 1.40~45
「中風の人を癒す」        2.1~12
「手が萎えた人を癒す」      3.1~6
「悪霊にとりつかれたゲラサの女を癒す」5.1~20
「ヤイロの死んだ娘を生き返らせる」   5.22~43
「イエスの服にさわって癒される長血を患った女」
                         5.25~34
「ゲネサレトで病人を癒す」     6.53~56
「異邦人ギリシャの女の娘から悪霊を追い出す」
                    7.24~30
「耳が聞こえない人、口のきけない人を癒す」
                    7.31~37
「ペトサイダで盲人を癒す」    8.22~26
「悪霊にとりつかれた子を癒す」  9.14~29
「盲人を癒す」 10.46~52(以上小澤克彦H.P.より)
ーー大山宏のコメントーー
 哲学者ってのは、先入観念を持って物事を見るのが、ご職業なのでしょうか? 聖書の何処を読んで”看病”というイエス行為があった、と断定されたのですか。

 1 healing a man possessed by spirits defiled (illness), 21-28 " Heals Simon Peter's mother-in-law" 1.29-31. 1.32 " Heal many sick people in the evening,"-34 & 3.11-12 1.40  Healing those suffering from leprosy-45 2.1 " Heal the paralytic"-12 3.1 " Heals the withered hand"-6 " Heal the woman possessed by demons at Gadara. 5.1-20 5.22 " Raises jairus ' dead daughter back to life"-43 " She suffered from blood healed and touched his clothes" 5.25-34 6.53 " Heal the sick in genesareto"-56 " Gentile Casting out demons from Greece's daughter "7.24-30 7.31" Heal the deaf and dumb"-37" Heal the blind man by Pete said"8.22-26 9.14 " Heal the child possessed by evil spirits"-29 10.46 " Heal the blind"-52]
 Philosopher's of, what's your occupation have preconceived, to look at things? What was judged to be read in the Bible where Jesus means "nursed" was, and is.

 上記に挙げられた15もの「病人の癒しの奇跡(マルコ書)」の例を詳細に読んでみても”看病”らしきことはちっともイエスは行っておられません
 あの行為に呼び名を付けるならば、”治療”もしくは”施療”ですよ。医療行為であって、看病ではありません。
 看病の「看」の字は「看護婦」の「看」です。
先生は『奇跡なんてものは物理現象ではない。』との先入観念を持ってその文章を読まれるから、それが事実として見えてこないのです。高名な哲学者であられる先生として「恥ずかしい間違い」だとは思われませんか?
 15 in the above mentioned ones reading for more examples of "miracles of healing for the sick (Mark's book) he does not at all go he never seemed to be "sick". If that Act to name a "treatment" or "treatment".
 In medical practice, not caring. Of nursing "nursing" in the "nurses" nursing is. The teacher "what miracle is not a physical phenomenon." With have a preconceived, read the sentence from sight as it is. Famous philosopher does not think world-renowned for "embarrassing mistake"?
  ーー以上は大山宏のコメントーー

再び、小澤克彦先生のH.P.よりの転載
【・・、しかし、ここでの思想史的立場からこのことを見ると、これはイエスの実際行動を「人がどのように受け止めたか」というところでの物語として理解されると考えられます。
 すなわちここには、イエスの病人にたいする献身的な愛があり、病人側からしてみるとその愛は常人の域を超えていると見られ、そこにおいて病人側のイエスにたいする
「絶対的信頼」があったと考えられるのです。これを簡単に言ってしまうと、昔の日本人が信じられないほどの愛の献身の姿に「観音様」を見たのと同じ精神構造があっただろう、ということです。】
【・・However, looking at this from the standpoint on the thought history in here this is understood as the place where the story of "people how caught?" Jesus' actual behavior. That is the thought and love exceeds the normal range has devoted love of Jesus who, when seeing from the sick side, there was absolute trust on the sick side of Jesus. It is, I had looked at it briefly, an incredible old Japanese love devotion to "Goddess" of the same mentality.
以上は小澤克彦先生のH.P.よりの転載。

 ーー以下は大山宏のコメントーー
 先生のこの結論は、施療行為・医療行為を”看病”だと勘違いして導き出されていますね。ですから先生の論が”一面的な捉え方”になってしまったのではないでしょうか。
これは科学者の姿勢ではありません。
 物理学や化学、医学など自然科学分野の中には数学という学問がありますが、人文科学分野の中で哲学は、”自然科学の中での数学”に相当する位置付けです。その専門の哲学者が先入観で持って論を進められては、他の科学者が大迷惑しますよ。
 でも、致し方ありません、実体験した人々がいくら熱心に体験談を語っても、3~5世代後には、大抵のことが架空の物語(神話)としてしか後世には伝わらないのでした。
 This conclusion of the teacher's "care" medical care and treatment Act misunderstand it are derived. The teacher's theory has become "one-sided way" in.
 This isn't a scientist attitude. Is there mathematics in the natural sciences such as physics, chemistry, medicine, humanities and science in philosophy is, position corresponds to the "mathematics in the natural sciences".
Great nuisance by other scientists advanced the theory that, the professional philosophers have a bias in it. But the people howling, you experience no matter how eagerly about his experiences, 3-it was not transmitted to posterity as five generations later, it is a fictional story (mythology).

 ルカは非常に多くの人々(大衆)から、イエスの起こした奇跡に関して情報を聞き『それらを精査しその報告書を書いたのだ』と、科学の目を通して見ると分かります。そのルカ報告書には、自然奇跡もありました。

 Ask for information about the miracles of Jesus from the very people (masses), Luke, see through the eyes of science "and scrutinize them, wrote the report, said the notice. The Luke reports was a natural miracle.
【2、This section discusses natural miracle.
【2、自然奇跡以下は小澤克彦先生のH.P.よりの転載。
 イエスの行動の物語となり、先ずその奇跡とされる行動に、
「嵐を静め、湖の上を歩き、水をブドウ酒に変えたり、パンや魚を何千人分に増やしたりする物語」があります。ここには、嵐に怯えている人々を慰め救い、食物を増やし与えるなど生活苦や物理的に苦しむ人々の「救い」や「喜びを与える」イエスが描かれイエスの「使命」の一つが暗示的に示されています。】
 First of all that the miracle and the story of Jesus ' action tale calmed a storm, walking on the Lake, changing water into wine, bread and fish to increase to thousands of people. Salvation for the people frightened at the storm to save the comfort and give food to increase the hardships of life and people who suffer from physical or implicitly shows one of the Mission of Jesus, depicted Jesus "giving pleasure".
 ーー以下は大山宏のコメントーー
 ルカによる福音書の中で、この自然奇跡の文章を先入観念なし読んで御覧なさい。そのどこにも「慰め救い「救い」や「喜びを与える」イエスが描かれてはいません。こんなことを岐阜大学で小澤先生は講義しておられたのですか(呆れて果ててしまいます)。
 パンの奇跡に関して言えば、「食べて5000人の人々が満腹して解散して行った」のであって「慰められた後に解散して行った」のではありません。こんな読み間違いは小中学生だってしません
目撃者が5000人~1万人もいるのですよ。子供まで空腹なんだけどお腹が一杯になったと口裏を合わせさせることは不可能です。この様な多くの実体験談をルカ書のオリジナル筆者は集めて来たのです。
 小澤克彦先生、哲学の専門家として『とんでもない大間違いをした』と、大反省して頂きたいところです。
 Please try reading in the Gospel of Luke, without preconceived sentence this natural miracle. A "comfort salvation" that ""Salvation" and depicted Jesus" giving pleasure"" do not.  (Appalled a bogus result) is such that at Gifu University teacher Ozawa lecture he was? When it comes to the miracle of the bread, "eating full of 5,000 people, was disbanded", was dissolved after the comfort is not. This reading mistakes is elementary and middle school students. Witnesses is 5000-10000 people are like. It is not possible to align beforehand kids until I'm hungry but my stomach is full and.  It is like many real experiences of this gathering is the original author of the Luke came. I'm as Ozawa, Katsuhiko teacher and philosophy expert "the ridiculous if you thinkin'' large reflection and would want to.
 ルカは、パン奇跡に関して「マルコによる福音書」を詳細に読んで、自らも人々(大衆)からも多くの証言を集めた上で、あの報告書(後の人が追記改変する以前のオリジナルのルカ書)を書いています。
その理由の2つ、3つ紹介しましょう。
 Luke details read "Gospel of mark" on the miracle of the bread, on voluntarily collected many testimonies from the people (masses), has written a report (the original Luke who after incremental modifications to previously).
Here's the reason two, three.

1、「海の上を歩いた事件」は、弟子達の作り話だと判断して”ルカ”報告文章には採用していない事。∵身内の弟子達だけしか目撃者が居ない。⇒作り話と判断した!
2、「五つのパンで男5000人が満腹事件」は採用。∵信じられない事なのだけど、何百人~何千人から《その場に居て、そのパンで満腹した》との報告証言が得られたから信憑性が高いと判定して採用。
3、四福音書の内最初に書かれた”マルコ書”には、〔七つのパンと人々四千人満腹事件〕があり、それも手を取るような科学的な観察記録である。
しかし、(報告書が長くなり過ぎる、もしくは、”5パンの事件”の派生噂話の可能性etc.)を考慮して割愛。
 1 the thing judged "case, walked on the sea" is a fiction of his disciples, do not employ the "Luke" report writing. not only relatives of witnesses. deemed apocryphal. 2 the "five loaves with 5,000 men full case" was adopted. is an incredible thing to do, but many hundreds-judging from testimony reported by "in situ, with full bread" was obtained from thousands of people that reliability is high, the adoption. "Mark's book" 3, 4 the Gospel was written first, [seven loaves and 4,000 people full event] scientific observations and take the hand that is. However, (reports are too long, or derived gossip about "5 Pan Incident" likely etc.) The spare.
  小澤克彦先生のお話しに戻りましょう。
【 
ですから、「イエスに対する信仰が奇跡を起こしている」と理解できるわけで、そのためイエスを単に「木工師ヨハネの息子」としか見ることのできない故郷にあっては殆ど奇跡が起こせない(マルコ6.1以下、マタイ13.55以下、ルカ4.23以下)、となるのでした。つまり、故郷の人々にとっては、イエスは単に「ヨセフの子ども」でしかなく、「救世主キリスト」と見る目、つまり「信仰の目」がなかったので、イエスは奇跡が殆ど起こせなかった、というわけなのでした。】
 Ozawa, Katsuhiko teacher to talk back.
So does not understand "working miracles faith in Jesus", is home to not only see Jesus simply "son of Carpenters ' John' for that little miracle can't (Marco 6.1 less than and Matthew 13.55, Luke 4.23 below), and of which was. In other words, people back home, he simply children of Joseph but eye "Christ the Redeemer", or "eyes of faith" had he Sung is almost a miracle, that it was.
 この結論は、《自然奇跡も物理的に起こり、病人の癒しの奇跡も現実として起こった》との見解の立場であっても、修正の必要性がありません。お見事です。

 This conclusion is the standpoint of view "nature happen physically, happened as the real miracles of healing for the sick", no need for corrections. It is nicely done.
【1 the story of the divine manifestation.
【1、 いわゆる「神顕現の物語」(小澤克彦著)
 ここには有名ないくつかの物語があり、代表的なものの一つは婚姻前のマリアに天使が現れて「あなたは神の子を宿されました」と告知したという
「処女降誕物語」があります。
 さらに、イエスが数人の弟子を伴って山に登り、弟子たちの眼前で「神の姿に変貌し、脇に預言者モーゼとエリヤがともなっていた」と語られる
「山上の神顕現」の物語も有名です。また「イエスの十字架上の死とそこからの復活」などはキリスト教の核となるような物語です。 ・・・  ・・・ ・・・これは大筋としては「人々のイエスへの期待」が生み出したものと言えるでしょう。たとえば、処女降誕物語は「マタイ福音書」と「ルカ福音書」の二つにしか語られていないのですが、そこでも相互に大きく食い違っており、内容も明らかに作者の意図が見え見えで完全に「物語」であることが了解されます。しかし、共にここには「救済者としてのイエス」を語るという意図があって、そのイエスのあり方を一つの「寓意」として語っているといった解釈ができるのです。
 Here there are some famous stories, is one of the most common ones appear before marriage Maria Angel, "I was borne child of God" and announced that Virgin birth story. Also talked about was accompanied by the prophets Moses and Elijah on the side and then transformed into the image of God in the eyes of his disciples, to climb the mountain, Jesus was accompanied by a number of disciples on divine manifestation is famous for. Also, resurrection from death on the cross and there is a story like Christianity's core. ------, Which said product as a general outline expectations of the Jesus people. For example, consent is also reveals the intention of the author obviously full "story" in the Virgin nativity story be told only to see Luke's Gospel ' two ' Matthew ' is in there and impose another. However, can be interpreted as intention both in here talk about Jesus as the Savior, telling of Jesus as a "moral" one.
 これに関しては
「マリアによる処女懐胎物語」でみてみましょう。これは多分「マタイ」と「ルカ」のどちらかが他方に習って書いたと推察できそうです。というのも「マルコ福音書」や「ヨハネ福音書」は伝道活動に入った以降の成人したイエスしか描きませんから当然「処女懐胎物語」はありません。本来イエスの意味は、その「教えの新しさ」「彼の生き方」「伝道」にあり「口伝のイエス伝承」もこれにのみ関わっていたと推察されるからです。
 つまり「家系」だの「誕生」だのについての伝承は元来必要なかったと考えられるのです。もしそれが必要だったとしたら「マルコ」がそれを記述しなかったとは考えられません。】
 For this, let's look at Virgin birth story by Maria. It is assumed can this maybe learning other or "Luke" and "Matthew", wrote. Because of course virgin birth story from focusing on adult and later entered the missionary work of Jesus ' Gospel of mark "and" the book of John ".  From the inferred original meaning of Jesus and the novelty of the teachings, [his life] "evangelism" and was involved only in "oral Jesus tradition". In other words, it is considered the legend of the "Family" or "Birth" was not originally required. Not considered "Marco" did not write it if it was necessary.
以上は小澤克彦H.P.よりの転載
ーー以下は、大山宏のコメント文ーー
・・・、これは、まさに”我が意を得たり”という小澤克彦先生の御言葉でした。
マルコ書が一番最初に書かれて他がそれを参照コピーしながら、他者が多数の自説福音書を描いたと確信するまでに、私は実に49年という年数がかかったのですが、それが歴史学者や哲学者の常識 だったと、お墨付きを頂いた事、有り難く思っております。
... It was just word of Ozawa, Katsuhiko teacher named "get my mind". We received the seal of approval is convinced the other copy and reference it while others drew many opinionated Gospel, mark is written at the beginning, I took years to 49 years, it was common sense philosopher, historian, and We do appreciate.
ーー以下は小澤克彦H.P.よりの転載。ーー
【 それにも関わらず「マタイ」や「ルカ」が「処女懐胎の物語」をわざわざ書くにはそこに
「イエスの神性」を強く主張したいという「意図」があったからだと考えられます。
 それは両福音書のみにある
「イエスの家系図」の話しに遡り、「マタイ」では「イエスは、メシアであるダビデの血統にあり、しかも処女から生まれた神の子である」となり、「ルカ」では「処女から生まれた神の子イエスは真実神から発している」という主張となっています。
ここから「マリアによる処女懐胎」と話しがすすんでいたわけでした。
 そうなるのも、「マタイ」は
「ユダヤ教聖書の預言の成就としてのイエス」を描くということにその全体があるので、誕生の部分についてもユダヤ教文書の「イザヤ書7.14」にある「乙女が身ごもって男の子が産まれる。その名はインマヌエルと呼ばれる」とある言葉の成就としてイエスを描きたかったと考えられます。
【 Probably because I had the "intent" to write "Matthew" or "Luke" all the way "the story of the virgin birth", nevertheless there want insisted Jesus ' deity. It dates back to the story of Jesus 'genealogy as only two Gospels, "Matthew" is "Jesus is in the lineage of Messiah, David, son of God and was born of a Virgin" became the "Luka" is " Derives from the true God is the son of God was born of a Virgin "that has been claimed.  From here see virgin birth of Mary" and was not proceeded the talk. That so well, "Matthew" depicts Jesus as the fulfillment of the prophecies of the Jewish Bible in its entirety, so the "Isaiah 7.14] Jewish writings about the birth of ' pregnant the maiden, the boy was born. The name called Immanuel "probably wanted to draw Jesus as the fulfillment of certain terms.
 ただ、ちなみに言っておくと、この乙女」というのはヘブライ語原典では「若い女」となっているところをそのギリシャ語訳である「七十人訳」が「パルテノス」と訳したところから誤解を生じさせたものだとしばしば指摘されます。
パルテノスは「処女」であって「ただの若い女」ではありません。ですから本来のヘブライ語原典では何も「処女」ではなく「ある若い女性が子を産む」という記述であったところをギリシャ語訳によって「処女懐胎」となってしまったというわけです。これはその通りです。・・・ ・・・ ・・・、
 Just tell by the way, this "girl" is where "young woman" in the original Hebrew Scripture Greece English translation with "Septuagint translation" are often pointed out as "Parthenos" and translated from misunderstanding caused. "Parthenon", "Virgin", not "young woman". Not so in "Virgin" in the original Hebrew original scripture nothing is where it was noted that "a young woman to bear a child" by Greece English translation has become a "virgin birth". This is the street. ---------,
『聖書』は本来
「信仰の書」であって本来「歴史書」でも「文献学の対象」でもありません。したがって「歴史的事実」や「科学的事実」においては間違っていても、あるいは「誤解」があったとしても、あるいは作り上げた「物語」であっても、「信仰」に大事なものはそのものとして「信じられる」ことが要求され、それが「信仰というものの命」としてあるものなのです。
 ですから逆に、人が「聖書にある記述が歴史的に実証された」とか「科学的に立証された」とか言って喜び騒ぐのは、実は自分の「不信仰」を言い立てているようなものなのです。「信仰」と「科学」は交叉することがないほどの遠さで本来「土俵が違う」のです。つまり「信仰」は「歴史的事実」とか「科学的正しさ」とか「文献学的に正確な読み方」だの要求するものではないのです。】
 Originally "statement of faith" is the Bible", originally in the "history book" in the "the Literature ". Thus "historical facts" and was wrong in the "scientific facts" or "misleading", and even created a "story", "faith" is important as "believable" that demands are placed on it " Life of faith "as a kind of thing there is. So is telling people "described in the Bible is proven historically" or "scientific evidence" to the contrary, the noisy delight is to tell the truth, such as his "father", alleges. By not having "faith" and "Science" is the point of intersection of the original "ring" is different. This means that "faith" is "historical facts" and requires "scientific correctness" or "correct pronunciation in the literature," just is not.
以上は小澤克彦H.P.よりの転載
ーー以下は、大山宏のコメント文ーー
・・・、小澤克彦先生がキリスト教信者を擁護したいお気持ちは良~く、分かりますが、もうそんな悠長な事を言っている場合ではないでしょう?
ある日何処かの国から、信心や信仰に基づいて核兵器のボタンを押せば、全世界が滅びるという現代なのですよ。信教の自由を盾にして我がままな政治や宗教活動を許せる時代ではなくなっているのです。
 この事実を共通認識にしないで、何が学問ですか。先生は哲学という学問を”飯を食べるための職業”としておられるだけではないでしょう。学問は、実社会に役立てられて初めて学問は意味があります。
・・・、Feel, Ozawa, Katsuhiko teacher Christian wants to champion the good-will not understand the so much more slow things to say? It is a modern day from countries where press button of nuclear weapons based on piety and faith, all over the world will perish.  It is not the era of selfish political and religious activities to permit freedom of religion to shield. This fact without consensus, what is science? Academic philosophy "eat for occupation" and had he not alone would be. Learning is utilized in the real world, learning for the first time might mean.
 宗教者は、現実と歴史(壮大なる人体実験の歴史的事実)を把握し、しっかり反省した上で、真の幸福論を展開するべきではないでしょうか。(そうでなければ、彼らが現代の律法学者であり、パリサイ人であるとのそしりを免れられません)。
 私は隠れキリシタンですが、我が娘が「海外旅行に行く」と言った時には「進退窮まった時には、別に減るもんじゃないんだからやらしてやれ。たとえ片手・片足になっても生きて帰る方が大切だよ」と言って送り出しました。これが現代の常識なのです。
宗教者もこの現実を踏まえた上で、活動をなさるなら、信徒も増え、世界平和も現実化するのではありませんか。
 何事も嘘はいけません。
 Religious people understand reality and history (historical facts of epic human experimentation), should evolve to true happiness, that reflect well on no?  (Otherwise, they are contemporary Torah scholar and the Pharisee, and slander not escaped). Sometimes I am a Christian, but my daughter said "go abroad" and "do it because it isn't forced to sex, it was inevitable that reduced by. Living even on the one hand and one foot, the home's value "and that sent. This is the modern sense. Not more believers if those activities on religious people based on this reality, the realization of world peace.
 Nothing must not lie.
以下は小澤克彦H.P.より転載。

【 それはそれとして、「マタイ福音書」はその後「イエスの誕生」の次第となります。ここで筆者はユダヤ教聖書の
「ベツレヘムからイスラエルを導く者が現れる」という言葉を引用しながらイエスが「ベツレヘムで生まれた」としてきます。これも「マタイ」がユダヤ教聖書の預言の成就としてイエスの誕生を描くからそうなるのであって、歴史的事実としては、イエスは「ガリラヤ地方のナザレ」で生まれそこを活動の舞台としていたということでは学界は一致しています。
 年代は「ヘロデ大王の時代」と記していますがこれは紀元前4年前後とされています。そして「マタイ福音書」で興味深いのは、ここで「クリスマス劇」でも有名な
「東方の博士の来訪」が語られていることです。
That being said, then "Matthew" is will be up to the "birth of Jesus". Here I come with "born in Bethlehem" Jesus, referring to the Jewish Bible words appear who lead Israel from Bethlehem.  So get this "Matthew" portrays Jesus ' birth as the Judaic Bible prophecy in that matter, as an historical fact, Jesus 'Galilee of Nazareth" was born there and stage of the activity was with academic circles is consistent. This is 0/4 and is lumbered in the era of Herod the great. And interesting in the Matthew Gospel is told that "wise men call" famous "Christmas play" here.
 彼等は占星術の博士とされ、その知識によって
「ユダヤ人の王が生まれたことを東にあって知った」ので訪ねてきた、とされています。この「ユダヤ人の王」という言い方は毎度のことながら「ユダヤ人」を意識した言い方で、また「王」という言い方の中に「ダビデ王」も意識され、これはひいては「メシア」を指示する言い方となっています。そして「東方の博士」とは当然「異邦人」となります。その異邦人が「イエスこそメシア」であることを見抜いたと書いているのは「ユダヤ人に対する皮肉」となっているようです。ここには「異邦人である彼等すらイエスがメシアであることを見抜いた。我々ユダヤ人がそれを見抜けないでどうする」といった「マタイ」の同胞に対する促しがあるのかもしれません。
 They doctor of astrology, and that knowledge has been born King of the Jews to the East even so did you know came. The phrase "King of the Jews" in considering them "Jews", tells the "Messiah" and aware during the "King," said David King, this is the way it is. And with the "wise men" naturally "Gentiles". Wrote and saw that the gentile "Jesus Messiah," "irony against the Jewish people" and it is. In this section "saw that even their Gentiles in Jesus Messiah. If you can't that we Jews are "such as may be urging for the brotherhood of "Matthew".
 一方、「ルカ」の方ですが、こちらは「マタイ」とは相当違った物語となってきます。一致しているのは「ベツレヘム」で生まれたとしている点だけです。しかしここでルカは
「ヨセフとマリアがガリラヤのナザレからやってきて」となっていて本来の誕生地を示唆しています。後は全く異なります。有名な「飼い葉桶」に寝かせたとしているのは「ルカ」の方で、「マタイ」では「家に入ってみると幼子は母と共に居た」となっています。「ルカ」の方は「ナザレ」から旅してベツレヘムに来たけれどそれは住民登録の命令によるもので、従って多くの人々がベツレヘムに集まってきていて「宿屋」が満杯だったからというわけでした。しかしこんな住民登録の命令がヘロデ大王の時代にローマ皇帝アウグストゥスから出されたなどという記録は何処にもなく、これはルカによる創作であることは明かとされています。これは、ルカが「イエスはナザレからベツレヘムに来て生まれなければならない」という理由付けを物語としたということです。
 But on the other hand, "Luke" is here becomes a story quite different from "Matthew". Just point the match was born in "Bethlehem". But where Luke is "Joseph and Mary came from Nazareth of Galilee", birthplace of the original suggests. After a quite different. Has been laid in the famous "Manger" and "Luke" in the "go into the House and was with the mother child" is in the "Matthew". "Luka" who traveled from 'Nazareth' were so mean "Inn" was full, many people have gathered in Bethlehem, came to Bethlehem, but it is due to the order of registration. But there are no where such registration order was put out from the Roman Emperor Augustus to Herod the great era of record, it is obvious that the creation by Luca. It is this that the story reasoned that "Jesus came from Nazareth to Bethlehem, must be born" Luke.
 「ルカ」で特徴的とされているのはこの「幼子イエスの誕生」を天使が
「主キリストの誕生である」「羊飼いたち」に知らせて彼等がやってきたと記している点です。「マタイ」の場合は星の輝きによって「東方の博士」に知られ、星に導かれて彼等はイエスを探し当てたのに対し、こちらは「羊飼い」に「天使が直接現れた」物語られているのでした。当時羊飼いというのは「黙って他人の土地に入って羊に草を喰わせ」また「人里離れた妖怪の住みかに住まう者」というような理由で「罪人」とされていました。つまりルカは「罪人にとってキリストとなる存在としてのイエス」を描いているといえるのでした。
 そして「マタイ」では
「博士達の学問的理解」に基づいた来訪でしたが、「ルカ」の方は「天使による直接的知らせ」となっていたこの差にも注目すべきで、虐げられている者、下層民にとって「良き知らせ、福音」はより強く「ルカ」によって意識されていると理解できるでしょう。
 Has been characterized by "Luke" and "the birth of the infant Jesus" Angel "birth of Christ" as "shepherd who" on point wrote they came and let me know. "Matthew" if known "wise men" by the brilliance of stars led to the stars while they found Jesus, here is "angel appeared directly" told to "shepherd" was. At that time Shepherd is "silently into the land of others, let them eat grass to the sheep" or "secluded ghost town on crab dwell" that like was considered a "sinner" because.  It was that of Luke portrays Jesus as the Christ for sinners. And visitors based on the academic understanding of doctor who in the "Matthew" was "Luka" is, should pay attention to this difference had become a direct notification by the angels who have been oppressed, riffraff "good news Gospel" is stronger " Luke "by being self-conscious and understandable.
 その後「マタイ」はこれまた聖書の言葉の実現ということで「イエスたちのエジプトへの避難」の物語と「ヘロデによる子どもの大虐殺」の話しとなります。これも歴史的事実ではなく、「マタイ」による「ユダヤ教聖書の実現」ということなのですが、しかし一方で「ヘロデ大王」がユダヤの民衆には嫌われていたという事実はかいま見られます。さらに「エジプトからの帰還」となってここで父ヨセフはヘロデの死後アルケラオスが支配していたのでそれを怖れガリラヤに引っ込み、こうしてイエスが「ナザレの人」と呼ばれることになると予言者が言っていたことが実現したとなります。
 一方「ルカ」の方は「少年時代の話し」となっていますが、これもイエスがどんなに「優れていたか」
「物語」という性格を持っているだけで「史実」とは関係ないようです。
 After that "Matthew" realized in the words of the Bible story of the story of the evacuation to Egypt of Jesus and "the massacre of the children by Herod". This historical fact is not, is that the realization of the Judaic Bible "Matthew", however is the fact that on the other hand Herod King hated the Jewish people will peek. More would be achieved was saying the Prophet comes to fear that because the return from Egypt, where Father Joseph after the death of Herod archelaus had ruled Galilee, thus Jesus is called the "man of Nazareth". On the other hand "Luke" who is speaking of his childhood, but also have character "had better" or "story" that no matter how Jesus alone, "historical fact" and is unrelated.
 以上のように、イエスの「処女懐胎」という奇跡物語は、二つの福音書で全くことなった物語となりつつ、共にイエスの
「神の子、救世主キリスト」を証すための物語となっているのでした。】
 Shown above, miracle tales of Jesus 'virgin birth' is becoming the story in the Gospel of the two totally different with Jesus the son of God, Saviour Christ prove to of was becoming a story.
以上は小澤克彦著。以下は大山宏コメント。

 Ozawa, Katsuhiko teacher charade remarks on divine manifestation stories, thank you very much.

 小澤克彦先生、いわゆる「神顕現の物語」の謎解き解説、有難うございました。 私は、天使alien:有史以前に地上に住んでいた人)やUFOを聖書の中に探してその実在性を科学的に証明しようとしているのですが、先生のお言葉で、かなりスッキリして来ました。初っ端から、私はマタイ書とヨハネ書とは、Fake物語として相手にしていません。黙示文学も問題外の外です。
 I looking for Angels (who lived on the Earth in alien: prehistoric) and UFOS in the Bible and attempt to scientifically prove the existence of is, in your words, I came quite refreshing. Starts by saying, I doesn't Matthew and John and the opponent as a Fake story. Literature is not out of the question.

 しかし、ルカの2つの箇所、すなわち、
1)バプティスマのヨハネの母とイエスの母マリアとの二人が受胎する前後のお話しが、物凄く真実味を帯びており、大衆に広く言い伝えられている実話の匂いがする事。
2)イエスが生まれて8日目に宮詣でした時、「アンナという女預言者」と「シメオンという老人」とが出会った時の様子が、作り話とは思えない雰囲気を読者に与える事。
 この二つは、ルカが直接多くの大衆から重複して聞き込んで来て整理して書いたものだと、判断できるでしょう。
 But Luke's two locations, namely,
1), mother of John the Baptist's baptism and talk before and after the conception and Mary the mother of Jesus two, story and assaulted the truth too, are handed down by large masses of things.
2), when Jesus was born, was on day 8
宮詣 "Anna the prophetess" and when I met the old man named Simeon and fiction and is doesn't seem to give the readers. Will be judged and two's to organize come listen carefully Luke direct duplicate from the many masses, wrote.
 加えて、
3)イエスが15歳の時の宮詣の時、宮で3日間居残って、議論していてマリアに叱られた事件も、真実味がある(弟子達が作り出した創作話とするには、無理がある)。

更に、UFO探究者としては、
4)「羊飼いに現れたUFO乱舞場面→馬小屋場面」も、大衆に伝えられ伝承された匂いが濃厚だと感じられます。
 In addition, 3), was scolded by Maria Jesus when the 15-year-old 宮詣 at the Palace for three days lingering in, discussing the incident are truthful (to original story created by his disciples, is unreasonable). Further, as UFO researchers, 4's), felt that the rich smells UFO dance scene emerged in the Shepherd stable scene, communicated to the public, was handed down.
 「ルカによる福音書」を本当に描いたオリジナル著書は誰であるかは不明ですが、彼はポンテオ閣下に情報を集めて来て報告書(公文書)を送り付けているのです。
弟子以外の大衆(下層民)から得た、上記(1)2)3)4)は、信頼性高い噂話として、ルカは確信して、書き送ったと見るべきでしょう。
 ただし、ルカ書の後半部を見ると、反吐が出るくらいに加筆がなされていること、明白です。数十年後か、100~200年後に、『原作者とは異なる者が、追記(改変)した』と見るべきでしょう。
『そう、判断しても、哲学的に正しいよ』というお墨付きを小澤先生から頂いたような気持がして、大変有り難く感謝しております。
 Original book depicting the Gospel of Luke really is who is unknown, he the Pontius come gather information is sent a report (archives).  From the masses of non-apprentice (pariahs), (1) 2) 3) 4), wrote, convinced Luca as a reliable gossip and should see it. However, it is obvious that has been intended to go see the late Luke and loathsome. After a few decades or 100-200 years later, "the (modified) added differs from the author of ' would look. Feelings I received from the teacher Ozawa endorsement "tell me Yes, philosophically correct.', we are grateful very appreciate.
 なお、使徒行伝は、オリジナルのルカ書を書いた著者が書いたことにはなっていますが、前半部のほとんどは(小澤先生も気付いておられるように)後の誰かの創作記事であることは明白です。
 この”後で追記された箇所”を科学的に取り除く事が出来れば、実際に歴史上に存在したイエスの行動(言行)が、明らかになってくるものと、思っております。
 長くなりました。乱暴な書き方となった事、お詫び致します。
   お返事コメント頂けますなら、幸いです。
 小澤克彦先生へ Hiro. Oyama
 So, MTRs that wrote the original Luke wrote acts of the Apostles, but during the first half of most (Ozawa teacher well aware he is) that someone after the original article is obvious. This possible "was added after" to get rid of the scientific to historical fact that Jesus actions (deeds), it becomes clear, we hope. Longer.
 I had become violent writing the apology.
If the reply comments are greatly appreciated.
 Ozawa, Katsuhiko teacher from Hiro. Oyama

|

« Luke-2、Corrupted, Remaking History「東方から3人の博士が来た」←偽物語 Hiro. Oyama | トップページ | Luke-3、限界:Limit of acceptable with eyes of science(科学の目) Hiro. Oyama »

哲心物理学・・異常気象の扱い方。」カテゴリの記事

コメント

 おっしゃる通り、自然奇跡〔奇蹟〕は自然科学で扱うべきですね。「ルルドの泉」などで起こる奇蹟を『単なる偶然のなせる業』として来たのは現代科学者の横暴でした。
『病気が奇跡的に治ってしまった』という多くの事実を、自然科学と人文科学の中間領域の学問として扱うことを考えてみましょう。哲心物理学とは、〔哲学+心理学+物理学〕の融合学問ということですね。納得しました!
 As you say, natural miracle is it should be treated in the natural sciences. Came as a "mere coincidence accomplished" miracles happen, "holy water" was the tyranny of modern science. Consider the many facts that "illness was healed by a miracle' to be treated as the middle area of natural science and Humanities scholarship. And t. mind physics [philosophy + psychology + Physics] of fusion learning it. I agree!

投稿: Miracles | 2018年6月15日 (金) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/63976772

この記事へのトラックバック一覧です: 自然奇跡は自然科学で扱うべき。Natural miracles should be treated in the natural sciences. Disease healing miracles is the middle area of the natural sciences and humanities.病気治癒奇跡は自然科学と人文科学の中間領域:

« Luke-2、Corrupted, Remaking History「東方から3人の博士が来た」←偽物語 Hiro. Oyama | トップページ | Luke-3、限界:Limit of acceptable with eyes of science(科学の目) Hiro. Oyama »