« 「12弟子をイエスは選んではいなかった(仮説)」Jesus chose 12 disciples, was not (hypothesis).小澤克彦先生へ提案です。 | トップページ | S30 人類はどこまで追いつめられるか?・・「灼熱の氷惑星」完結編 Hiro. Oyama »

2016年3月 1日 (火)

奇蹟 Miracle only clue-3 外典「マグダラのマリア福音書」「トマス福音書」「ピリポ福音書」より。Elucidation of the apocryphal "Gospel of Mary of Magdala" "Gospel of Thomas" “written for the Gospel of Philip”.奇蹟こそ解明の糸口-3、

2019 02/13 renewal translation by Hiro. Oyama
Miracle only clue-3 外典「マグダラのマリア福音書」「トマス福音書」「ピリポ福音書」より。Elucidation of the apocryphal "Gospel of Mary of Magdala" "Gospel of Thomas" “written for the Gospel of Philip”.奇蹟こそ解明の糸口-3
 小澤克彦先生、あなたの書かれた哲学論文:「イエスにまつわる伝承~イエスは如何にして『救世主キリスト』となったのか~」は、本当に素晴らしい目の覚めるような論文でした。特に今回参照させて頂く「マグダラのマリア」に関する考察は、非の打ちどころのない哲学論文でした。
このブログの後半に、(読者の皆様向けに)原文を転載させて頂く失礼をお許し下さい。
 Ozawa, Katsuhiko teacher, your written philosophy papers: "the lore surrounding him-what and how he became the "Christ the Redeemer"-", was really wonderful eye dazzling article. Especially Mary Magdalene we see in this study was the impeccable philosophical papers. In the second half of this blog (readers for) Please pardon our reprint the original. Well, we let bullets inferences about Mary Magdalene in the teacher.
 さて、先生の「マグダラのマリア」に関する推論を箇条書きさせて頂きます。
(1)
沢山の共同体の争いの中で、結果的に正当教会となって勢力を張った会派によって多くの共同体は消されていった。その中に、このマグダラのマリアの共同体もあった。
 
In many communities struggle is a legitimate Church resulting in the forces by was blotted out many joint bodies. In this Mary Magdalene community.

(2)、当時イエスのような「教師」の立場にある者は妻帯している(妻をめとっている)’のが当たり前。⇒ つまり、当時のユダヤ社会の常識的な習慣からすると「教師」と呼ばれるためには「妻帯者: 妻をめとっている者」である必要があった。「独身の若造」では人を導く者たり得ないと考えられていた。⇒ イエスも「教師」と呼ばれている以上妻帯していたはず。
 Persons who are in the position of a teacher like Jesus at that time "SAITAI (his wife is getting)' of course. to from a common-sense habits of Jewish society that is, at that time called "teacher" and "man: who is getting his wife" in there needs to be. Lead the people in "single youngster" who thought not. would have had SAITAI more than Jesus also known as the "teacher".
(3)フィリポ福音書』に、「マグダラのマリアはイエスのコイノーノス(伴侶,パートナー)」「イエスはマリアをどの弟子達よりも愛した、彼はしばしばマリアに口づけした」との記述がある。
NIV Gospel in "Mary Magdalene was Jesus 'Koinonos (spouse, partner)". The description "he loved how his disciples than Maria, he often Mary kissed".
(4)外典トマスの福音書』に、サロメ(イエスの最後を見守っている女性達の内の一人)が、イエスに向かって「あなたは私の寝台に上がり、私の食卓で食事をした」という語句が見られる。⇒、イエスにも女性関係があった。⇒後にマグダラのマリアを妻としていても何ら不思議とは言えない。⇒、それ故イエスは「教師」としての働きもできて、子どもを生んでいても不思議ではないという推定が十分に成り立つ。
 Apocryphal Gospels of Thomas, Salome (one of the women watching the end of Jesus) found a "you go up to my bed, a meal at the dinner table my" Word toward Jesus. the had a relationship to Jesus. Et al. is not any wonder even after his wife Mary Magdalene. , hence he holds enough to be able to work, and giving birth to children isn't surprising that estimate as "teacher".
 私は、高校3年生の秋に洗礼を受けた者ですが、当時から疑問に思っていた事の中に「割礼を受けるべきか」「自慰行為は許されないのか」「何故、神父が誘惑に陥るのか」という疑問に悩まされていました。(高名な牧師に相談しても、明快な答えは返ってきませんでした)。キリストの偉大さには異存は全くないのですが、こと生き物のの問題になると、自分を苦しめることにしか教会が働いて来ないのでした。
 Wondered since I was baptized in the fall for high school seniors who are the thing in "should be circumcised?" was plagued in the question of why the father fall into temptation can't masturbate?. (Consult a prominent pastor, also returned a clear answer.) It was not working but to afflict yourself and become issues of creatures that have absolutely no objection to the greatness of Christ's Church.
 その後の50年間を隠れキリシタンとして過ごしたのですが、その間に、「キリスト宇宙人説」という本やUFO関連の著書も読みましたし、各種宗教団体の門も叩いてみました(結果は、12年もすると、組織エゴが見えて来るだけでした)。
その間に、月に宇宙船が着陸したり、宇宙のビッグバンのことも分かって来ましたが、死海文書や、ユダによる福音書がある、キリストの子孫がいるという聖杯伝説の話も聞きました。 実に苦しい50年間だったのです。
 I tried banging the gate of various religious groups, and is hidden after 50 years spent as a Christian, but in the meantime, read book called the Christian universe people theory books and UFO-related (results 1-Organization ego comes two years and was only). In the meantime, I heard the story of the Holy Grail of spacecraft or landing on the Moon, but I know that the big bang of the universe is the Gospel according to Judas, and the Dead Sea scrolls, a descendant of Christ. It is was a really painful 50 years.
 もし、洗礼を受けた頃に先生の哲学論文を読んでいれば、牧師先生達が実は「イエスは人間なんだよ。古今東西で最高の超能力者だったのだよ」と説明して頂けていたならば、私は50年間苦しみ続けなくても良かったのでした。私は電機会社の技術者としての研究開発をやりつつ、「イエスを最高の教師」として仰ぎつつ宣伝する信仰生活を続けられていたことでしょう。
 何事も嘘はいけません。信教の自由を盾に、嘘を信じ込ませるという姿勢はいけません。「信じよ。さらば救われます」もその通りです。しかし、そんな理屈は何処の宗教書にも初っ端に書いてあるのです。キリスト教会の専売特許ではないのです。
 If, when I was baptized, reading teacher's philosophy thesis Pastor by teachers who tell the truth "I'm a human being and he. It's was the best psychics in the now and then East and West "and was so good had to have explained, if I continue suffering for 50 years.  While I do a research and development engineer of the electric company, "Jesus best teacher" as looking up will be continued to promote religious life. Nothing must not lie. Don't be that freedom of religion to make believe lie to shield. "I believe. Farewell to be saved "even is. However, such logic is writing in the rough where religious book. It is is not the monopoly of the Church of Christ.
 神父さん、牧師さん、もう「聖書に書いてあるから正しい。これしか真実は無いのです」なんて説教はやめましょうよ。
 
そうしたら、現代人は、教会に足を運ぶようになりますよ。毛嫌いしていた宗教を見直すようになりますよ。まずあなたが(牧師さん、あなたが)その第一歩を踏み出してください。そうしたならば、イエスキリストは「よくそのことに気が付いたね。青い鳥は自分の内に居たんだということによく気が付いたね。平安が貴方にあるように。世界が平和になるように。」と言ってくださいますよ。
 Priest, pastor, another "right in the Bible. But the truth is not "I don't preach it. Once the modern church feet to carry will be. I will review the hated religion. First of all you (pastor, you are) Please take the first step. If so, Jesus Christ "I often noticed that. With that Blue Bird was in their care. Peace be to you. World peace to be. "And could you please say so.
 哲学を含めたすべての科学を愛する人々へ一言。
科学には土俵があります。考える範囲を限定して宗教学も物理学も数学も成り立っているのです。自分の土俵の範囲内で戦うのは止めましょう。相手の土俵にも踏み込んで戦う勇気(度量の広さ)を持ってください。
むしろ、本当に勝ちたければ、相手の土俵の範囲内で戦うことです。そうすれば、相手は降参すべきところは降参するのです。
 To the people who love all science including philosophy's Word. In the scientific arena. To limit the scope think is made up of religious studies, physics nor mathematics. Stop the fighting within the ring of their own. Have the fight into the ring against the courage (large caliber). Is it rather, really want to win within the scope of the ring's fight. If so, he is to give up giving up is.

 科学の発展には目覚ましいものがあります。太陽系外にまで宇宙船を飛ばせるようになったのですよ。コンピュータの演算能力や記憶能力は、既に神の領域にまで入り込みつつあります。あなたのちょっとした想い(祈り)が、自然現象からあなたや周りの人の環境さえも変えてしまう、ということさえも、コンピュータは証明しつつあるのです。
この時代に生きていることを有り難く思いましょう。どんな苦境にあっても、『この苦境はきっと良いことになるのに必要なことなんだ。無駄は一切ない。きっと自分の願う幸せが来る』と心から信じて祈って努力して御覧なさい。きっとその想いはある時間が経過した後に、実現するものなのですよ。

 The remarkable development of science. I'm now fly ship in from outside the solar system. Computer computing power and storage capacity are already get regions of God being there.  Love you a little not (prayer) but natural environment around you and even that alters the even is proving the computer. Think do appreciate being alive during this period. Even in "this fix is needed I'm sure would be good to it. No waste. I hope your happiness to come ' and pray sincerely believe, please see the effort. I'm sure the desire or is to realize after some time has elapsed.
追伸
、『
3日後に遠足があるんだけど、また雨がふるんじゃあないかな』なんて天に向かって念力をかけるからあなたは雨男(雨女)になるのですよ。でも、喜んでください。雨男(雨女)のあなたは、超能力を他の人より優れて持っているのですから。
こんな追伸を書いたのは、私が晴れ男であることを再確認できたからなのです。
PostScript,
"three days after the trip, but also it rains then? ' is what heaven on the teleport you will rain man (woman). However, please be happy. From rain man (woman) you've got better than other people super-powers. This PostScript sunny I wrote can be confirmed to be the guy did.
 ついこの間まで、広島県は、土曜日日曜日には毎週雨が降っていたのです。その勢いから行けば、2016228日も、雨が降るはずでした。
ひばりコーラスのある人が、「今度の日曜日の文化祭の日も雨が降りそうね」と言ったので、私はすかさず「ああ、晴れるようにお天道様に命令しておくよ」と言っておきました。
 Just this is until the Hiroshima Prefecture, Saturday to Sunday weekly it was raining. Its momentum from 2/28/2016 also should have it will rain. Lark a chorus of people who said "cultural festival on Sunday, is unlikely to rain!", so I immediately replied, I've to say "Oh, it will be fine to order you would!".
 その結果はどうなったか?
東広島市を避けるように雲が動いたらしくて、その28日の日曜日は暖かい晴れ、夕方には雲が戻って来たらしくて、次の日には小雪が舞いだし、その次の日の朝には雪が積もっていたのです。
 私は雪が降りだしてから、自分が『28日は晴天になれ(晴れろ)』と念力をかけたことを思い出したのでした。だから反動として、29日、30日が季節外れの雪となったのです。
 What was the result?
 Avoid the Higashi-Hiroshima City clouds moved like that 28 days is fine apparently came back in the evening clouds, light snow dance on next day, snow was on the morning of the next day's warmest day of the week. I had snow from my "28, become clear (HARERO) ' and was reminded that psychic powers. That is why as a reactionary, 29, 30, was snow out of season.
 こんな経験は私にとっては日常茶飯事ですから驚くには値しませんよ。 繰り返しますが、もし貴方(貴女)が雨男(雨女)なら超能力に優れた方なのですから、あなたが心さえ入れ替えれば晴れ男(晴れ女)に変身しますよ。
 イエスは2000年前に、そのことを一生懸命(まさに命をかけて)実行して見せられたのです。ただそれだけのことですよ。
 It is not surprising because such experience is commonplace for me. It turns a great man (great woman) again, but if is a way better ESP if you rain man (woman), from your heart make up. So hard that 2000 years ago, Jesus is the show running (even over life). Just as it is.
 牧師さん、神父さん、大反省して下さいね。そうしたら平和な世の中が実現して来るのです。くれぐれも「不幸な方向(殉教・自殺・忍従・火あぶりの刑)」へと真面目な信徒の皆様を追い立てない(送り込まない、追い込まない,送り出さない)で下さいね。 よろしく!  2016 31
Hiro. Oyama  TELJapan 080-65596060
    E
メール:s6m62tj1@ene.megaegg.ne.jp
 Great reflection pastor, father, please. It is come realize a peaceful world after that. Earnestly not to send  by force serious believers to the unfortunate direction (punishment of martyrdom, suicide, endurance, and burned at the stake), please.  Best regards! It's Hiro 3/1/2016. Oyama

 Here, Ozawa, Katsuhiko Gifu University Emeritus Professor, written by "lore surrounding Jesus-what and how he became the"Christ the Redeemer"-" more of is a dead copy. Thanks!
以下は、小澤克彦岐阜大学名誉教授著「イエスにまつわる伝承~イエスは如何にして『救世主キリスト』となったのか~」よりのデッドコピーです。感謝!

 Mary of Magdala,マグダラのマリア
「マグダラのマリア」についても、その後形成されていった主流のキリスト教会からは冷淡な扱いを受けています。このマグダラのマリアというのはマグダラ地方にあった時にイエスから「七つの悪霊」を追い出してもらい(七つというのは黙示録的に理解すれば「全ての」となる)、それ以来イエスに付き従うようになったと言われている女性です。
 About Mary Magdalene, formed after that mainstream Christian churches by the callous treatment. Is this Mary Magdalene region during "seven demons" out of Jesus is letting (be "all in" and if seven of the understanding in the revelation implied), women are said to follow Jesus ever since.

 ところが中世になって、正統カトリック教会はその彼女をルカ福音書での「遊女」の記事と「改悛した女」に結びつけ、マグダラのマリアは「遊女であったがイエスにより改悛した女」という伝承にしてしまい、13世紀以降多くの絵画の題材にされていきました。つまり、罪深い着飾った髪の長い妖艶な遊女の改悛の場面、といった具合です。しかしこれはこじつけであることは現代の聖書学者もすべて認めていることです。しかしやはり、彼女はキリスト教世界では遊女あがりの女、というだけでの評価となってしまっているようです。
 However medieval the Orthodox Catholic Church that she posts in Luke's Gospel "prostitute" and "reason" to tie, Mary Magdalene, and that the woman was a prostitute but Jesus the reason Went is subject of many paintings from the 13th century onwards. That long hair dressed sinful a bewitching prostitute evinces scene, and it is a condition. But this is all modern biblical scholars also admits that would be a stretch. But again, she was in the Christian world is prostitute just said that her stage fright, seems to have been evaluated.

 しかし、初期の時代にこのマグダラのマリアを中心に置く共同体があったということは『(マグダラの)マリアの福音書』という書が実在していることから確実だと思われます。しかし、たくさんの共同体の争いの中で、結果的に正当教会となって勢力を張った会派によって多くの共同体は消されていったのですが、その中にこのマグダラのマリアの共同体もあったと考えられます。
 ですから、勝ち残った共同体たるその後のキリスト教団にとっては、マグダラのマリアは「敵」ではあっても、評価できる人物とはならなかったわけでした。
But that was mainly put this Mary Magdalene during the early days of the community says, "Gospel of Mary (Mary Magdalene) from that book is real it seems certain.  But was turned off by the parliamentary group in many communities struggle is a legitimate Church resulting in the power many community, in this Mary Magdalene community also were considered. Won so the community of Mary Magdalene "enemy" for the United Church of Christ and then, the can be evaluated even if the person did not mean it was.

 さて、それではその「マグダラのマリア」とは何者であったか、ということですが、その位置づけについて『マグダラのマリアの福音書』は、先の『ユダの福音書』と同様のタッチで、「イエスの真実を知っていたのはマグダラのマリアだけであった」となります。その主張の根拠は、現行の主流キリスト教会の用いている福音書ですら認めている彼女の特別な位置です。
Now, so with Mary of Magdala who was, or is that, its position on touch as well as the "Gospel of Judas" ahead of the Gospel of Mary Magdalene, " Knew the truth of Jesus was Mary Magdalene "became increasingly. Basis for the claims is acknowledged even in the Gospel of current mainstream Christian churches are using her special position.
 彼女はただ一人、どの福音書も認めている「イエスを見守っていた女性たちの代表」となっています。そして、天使から「復活の告示」をうけるのも彼女が代表ですし、あまつさえ、復活したイエスが先ずその姿を現すのは彼女たちに対してだったと福音書は伝えているのです。特に「ヨハネ」では、たった一人墓のところにとどまって泣いているマリアに対してイエスは現れ、「マリア」と呼びかけているのでした。
 Has become a national team of women who were watching him Gospel also admits that she is just one person. And the Gospel is saying is also subjected to the edict of the resurrection from the Angel she is representative and, besides, the revived Jesus first of all that showed up was for them. The so called "Maria" who remained at the grave, weeping Mary just "John", in particular that Jesus appeared.

 こんな事情であったとしたら、イエスはマリアを特別視していたと考えてもおかしくはないことになります。こういったところから、実はマリアはイエスの妻だったのではなかろうか、という説まで出てくることになったのでした。キリスト教会にとっては聞きたくもない話しになりますが、これにも根拠がありますので、それを紹介してみましょう。
 Thought you were in this situation, Jesus Maria special fessed and possibly not. It was coming out so this place was actually Jesus's wife Maria is whether it was the fact that it became. Talk don't want to hear for the Christian Church, but on this basis, so let's introduce it.
 イエスの妻について現行の『聖書』は何も言っておらず、独身とも妻帯とも言っていません。ですからどちらの可能性もあります。つまり、どちらかで(たとえば「独身」で)あったという根拠も現行の『聖書』に求めることはできないのです。
 それは思うに、福音書記者たちにとっては、イエスは「救世主キリスト」であったというその一点だけが問題であり、彼の人間としてのあり方などどうでも良かったからでしょう。
 あるいは、当時イエスのような「教師」の立場にある者は妻をめとっているのが当たり前であったから、当たり前のことをいちいち指摘することもしなかったし、またそんな私生活にかかわることは「救世主キリスト」を語る時全く不必要と考えられたかもしれません。
 Does not say anything about Jesus's wife "Bible" of the current single and also not to say marry. So you could either.  In other words, is not that either for the Bible current in (for example, "bachelor") evidence was also.  I think it evangelical who's Jesus "Christ the Redeemer" that was the only problem is, as he should be, probably didn't matter. Is also involved in such private life did not or who is in the position of a teacher like Jesus at that time was commonplace in is getting my wife from obvious to point out every single " Christ the Redeemer "may be considered when talking about the totally unnecessary.

 つまり、当時のユダヤ社会の常識的な習慣からすると「教師(ユダヤ的にはラビ)」と呼ばれるためには「妻をめとっている者」である必要があったとされているのです。「独身の若造」では人を導く者たり得ないと考えられていたからでしょう。そうだとするとイエスも「教師」と呼ばれている以上妻をめとっていたと考えられます。
 In other words, from the common-sense habits of Jewish society at the time and "teacher (in the Jewish rabbi)" and is said to be called "who is getting his wife" should be. Lead the people in "single youngster" who might be thought not. Probably was getting his wife over and say yes to Jesus also known as "teacher".

 あるいは研究者によっては、ヨハネ福音書にある「カナの婚礼」の場面などイエスが「花婿」でなければ言ったり振る舞ったりすることのできないものがあるとも指摘されています。そのほか、イエスが妻をめとっているとの前提でやっと理解できる行動がたくさんある、などとしてこんな具合にして「イエスに妻あり説」を唱える人々は論を展開しているのでした。
 Or has also been there can't be behaving said scene of "wedding at Cana" by researchers who are in the Gospel of John, Jesus is not a "groom". As I have a lot of action and other Jesus that getting his wife in barely understandable, and in this way [unto his wife and theory "because people who advocate spreads the theory.

 もう一つ、イエスが妻をめとっていた可能性について論じろ(議論しなさい)と言われたならば、「外典」を用いるともっと早くなると思います。この外典というのは現行の『聖書』に入れてもらえなかったキリスト教文書群で、はずされた根拠としては、勝ち残った正統教会とは別の共同体が大事にしていた文書であったから、と考えるのが一番分かりやすいですが、今日では聖書学者は「それらはグノーシス的であるから」という神学的根拠を示そうとしています。
 About the possibility of another, Jesus was getting my wife sooner and with the Apocrypha (discussion) and was told if I think. Is this apocryphal Christian didn't put it in the "Bible" of the current very think, that document was important to communities of the Orthodox Church won as evidence documents the unchecked, which is today's biblical scholars " They are Gnostic from ' that seeks a theological basis.
 実際、キリスト教の成立の初期の時代には、本来キリスト教とは無関係の思想であった「ギリシャ・マニ教的要素を持つグノーシス思想」がキリスト教内に入って大きな影響を与えていました。これは明確に「反ユダヤ教」的色彩を持ったものなので、「ユダヤ教主義」をとる、後の正統キリスト共同体には嫌悪された思想でした。そして「グノーシス派=異端」という評価が確立してしまったのでした。
In fact, in the early days of the establishment of Christianity, Christian and independent idea of with Greece Manichaean Gnostic thought was Christian was impacting the inside. It was thought the haters of Orthodox Christian community, because this is clearly with the "anti-Judaism" in color, "Jewish Christian principles" to take. And has established a reputation as the "Gnostic sect = heresy".
 しかし思想・歴史を問題にするという研究者的関心から見るならば、原始キリスト教の研究に正典も外典も全く同等の価値があると言えるのです。
 我々の問題の場合、その使える外典は『マグダラのマリアの福音書』と『トマス福音書』と『フィリポ(ピリポ)の福音書』などになるでしょう。これらの中でマグダラのマリアは特別に高い位置づけをもって語られています。『マグダラのマリアの福音書』はその名前の通り、彼女が「最大の弟子」であったという位置づけになっていることは先に示しました。
However, if it sees from the research of concern an issue in philosophy and history to the study of early Christianity considered Canon and Apocrypha are all of equal value. When we use apocryphal gospel of Mary Magdalene, "Gospel of Thomas" and "Gospel of Philip (Philip). Among them Mary Magdalene told with a higher position specially. The Gospel of Mary Magdalene that she has 'greatest disciple' used as its name suggests, shown previously.
 さらに、彼女がイエスの妻と解せる語句として明確な言葉を探すと『フィリポ福音書』の中に「マグダラのマリアはイエスのコイノーノス」であるという言葉が見られます。コイノーノスというのは日本語的には「伴侶、パートナー」と訳せる言葉です。そしてさらに、「イエスはマリアをどの弟子達よりも愛した、彼はしばしばマリアに口づけした」などといった文章が見られてきます。これを神学的にこじつけて解釈してみてもはじまりません。文字通りに読んでおくべきでしょう。
Find clear words as a phrase in addition to understand Jesus ' wife and she and Philip Gospel book in "Mary Magdalene was Jesus 'Koinonos" Word can be seen. Koinonos is in Japan to the spouse, partner and translated to words. And further, can be seen sentences such as "he loved how his disciples than Maria, he often Mary kissed". Do not try to interpret, which labored to a theological. Should be read literally.

 こういうことになると、マグダラのマリアがイエスの妻としてもあながち無理ではないように思えてきます。他方、マグダラのマリアがイエスにとって特別な存在であったとしても、それでもイエスは「夫ないし男」として振る舞うことはなかったろう、という反論もありそうです。キリスト教信者にとってはそうであって欲しいと願うところでしょう。
 This kind of thing, and altogether impossible as the wife of Jesus Mary Magdalene will seem. And it might, even if, on the other hand, is Mary Magdalene special present for Jesus was still act as the "husband or the man he might have been the rebuttal. You may find it and want it not for Christian believers.
 しかし、これに関しても外典『トマスの福音書』の中に、女性はサロメという名の女性なのですが(この「サロメ」という名前もイエスの最後を見守っている女性たちの中に見えたことは先に指摘してあります)、イエスに向かって「あなたは私の寝台に上がり私の食卓で食事をした」という語句が見られます。寝台に上がるとは何を意味しているのかは明らかです。つまり、イエスにも女性関係があったということです。
 But it is about this during the apocryphal Gospels of Thomas, a woman named Salome women (never saw the women watching the end of Jesus is also named "Salome" to point out), towards Jesus ' You go up to my bed, the food at my table "that phrase is seen. It is obvious that mean something and go up to bed. In other words, is that Jesus also had female relationships.
 だとするなら、後にマグダラのマリアを妻としていても何ら不思議とは言えません。そんなこんなで、マグダラのマリアは「イエスの伴侶、妻」となっていて、それゆえイエスは「教師」としての働きもできて、子どもを生んでいても不思議ではないという推定もされたりするのでした。
 私達はこうした弟子たちの姿を通してイエスのあり方を見直すことができるのであり、そこには「生き生きと生きていた」、それだけに人々に「心を伝える」ことのできたイエスという存在をかいま見ることができると思うのです。
And if we cannot say no wonder even after his wife Mary Magdalene.  It was or is the presumption that Mary Magdalene is the companion of Jesus and his wife, hence Jesus acts as a 'teacher' can, and giving birth to children isn't surprising. We can review the way of Jesus through the appearance of these disciples that lived the life there, I can see that Jesus could be it just people "heart to tell".

 小澤克彦岐阜大学名誉教授著、「イエスにまつわる伝承~イエスは如何にして『救世主キリスト』となったのか~」より転載させて頂きました。小澤先生が書かれた関連記事は、インターネット検索でお読みください。
   2016  3/03  Hiro. Oyama(
大山宏)
 Ozawa, Katsuhiko Gifu University Emeritus Professor, written by "the lore surrounding him-what and how he became the"Christ the Redeemer"-" than was allowed to reprint. Ozawa teacher written articles are read in Internet search. 2016 3 / 03 Hiro. Oyama
2019 02/13 renewal
translation by Hiro. Oyama

|

« 「12弟子をイエスは選んではいなかった(仮説)」Jesus chose 12 disciples, was not (hypothesis).小澤克彦先生へ提案です。 | トップページ | S30 人類はどこまで追いつめられるか?・・「灼熱の氷惑星」完結編 Hiro. Oyama »

T 哲学・心理学物理学の融合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇蹟 Miracle only clue-3 外典「マグダラのマリア福音書」「トマス福音書」「ピリポ福音書」より。Elucidation of the apocryphal "Gospel of Mary of Magdala" "Gospel of Thomas" “written for the Gospel of Philip”.奇蹟こそ解明の糸口-3、:

« 「12弟子をイエスは選んではいなかった(仮説)」Jesus chose 12 disciples, was not (hypothesis).小澤克彦先生へ提案です。 | トップページ | S30 人類はどこまで追いつめられるか?・・「灼熱の氷惑星」完結編 Hiro. Oyama »