« Luke-10、Equivalence of "I am writing to fake" adder (revision) was more than one. Hiro. Oyama | トップページ | Acts-1 Certainly Angel and UFO existed on the earth.天使,UFOは実在 Hiro. Oyama »

2016年3月15日 (火)

殺意:Murderous intent&your sins.(あなたの罪). from Hiroshima Oyama

   2019/ 8/ 6  renewal again
殺意とあなたの罪 Murderous intent 
your sins.
戦争に殺意は付きものです。あなたが戦地へ赴かされて相手を殺したとしても、それは罪とは呼ばれない。これは、19世紀以前の戦争犯罪感であった。しかし、20世紀に入って事情は変わって来ました。大量破壊兵器が、新たにあなたを苦しめることになってきたのです。
 In war there is no murder is. Even if you are to go to the battlefield and killed them, it is not called sin. It was in prior to the 19th century of war crimes. However, in the 20th century, has changed came. That have been plaguing you new weapons of mass destruction. In thebook”Hadashi-no-Gen”, there was a scene that the children scrambled to traverse the gun fighter portrayed. Prior to the 19th century war, this is impossible. At least the thought that children and women should be protected is really existed in every country.  In the age of the gun or pistol or rifle period towards the women and children pulled the trigger on the murder weapon, the brutality of forced conscious unpleasantness did not. Because, In front of a person dying from. It had to halt the atrocities. But since the 20th century that this halt, even human beings lost. Got numb. It is was not the atrocities in their own minds, even if justified by law, even.
 「裸足のゲン」という本の中に、戦闘機の機銃掃射に逃げ惑う子供達の姿が描写されています。19世紀以前の戦争において、こんなことはあり得ませんでした。少なくとも女子供は戦争からは保護されるべきものとの考えが、何処の国においても厳然として存在していたのです。 鉄砲の時代、あるいはピストルやライフル銃の時代には、殺人兵器の引き金が女子供に向かって引かれる時には、その残虐性をいやが上にも自覚せざるを得なかった〔目の前で、人が死んでいくのですからね〕。
それが、その残虐行為の歯止めになっていた。 が、しかし、20世紀以降はこの歯止めさえも、人類は失ってしまった。
感覚が麻痺してしまった。たとえ、法律で正当化されたとしても、(自分自身の内の心が)その残虐行為を許さなくなったのです。
 Iheard that soldiers who dropped the atomic bomb on Hiroshima and Nagasaki, already, everyone's death.  "Ledto military command even though their actions may lose number 100000 lives (lives of the women and children). "The burden of sin is repentance are beyond imagination. "Stop the atomic bombing of Hiroshima and Nagasaki did not" and over 10% in people who were bombing Hiroshima (NHK News) seems to be.
 広島や長崎に原爆を投下した兵士たちは、すでに全員がお亡くなりになったと聞きました。『軍命令であったとはいえ、自分の行為が数10万人の命(女子供の命)を失わせるに至った。』という罪の重荷や呵責は想像を超えるものがあります。  「広島と長崎への原爆投下は、止むを得なかった」と考える人々が、原爆投下を受けた広島でも数10%を越えた(NHK報道)らしい。
 冗談ではない。これこそ異常です。

 Nothing of the sort! This is just abnormal (Out of mind). People like this have a pistol, stand in front of women and children, "pull the trigger. Kill sinners ", and you ordered it. Should not never have a no quibble, who pulled the trigger. Prior to the 19th century at least, was not. 20thcentury, 21st century humans are crazy and I have to say will. Is public pandering-political mob that has been taken, but In the minds of the statesmen of the horrible things are.  No matter what the reason, you "kill" is not . It is "never tocommit the murders to others.
この人々には、ピストルを持たせて女子供の前に立たせ、「引き金を引け。罪人だから殺せ」と、命じてみればいい。どんな屁理屈を持ってしても、その人に引き金を引かせることは出来ないはずである。少なくとも19世紀以前には、そうであった。
 20世紀、21世紀の人類は、狂っていると言わざるを得ないでしょう?
衆愚政治という大衆迎合型政治形態は取られていますが、為政者の心理コントロールには、恐ろしいものが脈々と今現在も流れ続けているのです。
どんな理由があろうとも、あなたは「殺してはならない」のです。他の人にも「殺人を犯させてはならない」のです。
 In
Hiroshima, has been bombing the Christian missionary couple.  It isclear that the experiment effect confirmation of bomb destruction read the note and atomic bombing near the end of the war the insidious "human experimentation" as planned. Had conducted human experimentation of the atomic bomb, Hiroshima Prefecture, Japan national psychological control is obvious. Bomb damage is enormous, and a miserable what is campaigned that misery, even cruel rulers is not "people, such as planning a human test of the atomic bomb ' could care less.
 広島の地で、キリスト教の宣教師数人が被爆されました。その手記を読むと、終戦間際の原爆投下が、狡猾な「人体実験であり、周到に計画された「原爆破壊の効果確認実験」であったことが明らかです
広島県人を,日本国民を,心理コントロールして、原爆の人体実験を実施したのは、明らかなのでした

 原爆被害は甚大なものであり悲惨なものなのですが、その悲惨さを訴え続けても、心無い為政者『原爆の人体実験を計画するような人々』の心には、痛くもかゆくもないのです。現に、核兵器は拡散し続けました、この74年の間、ずーっと
 為政者は戦争が好きなんですよ、元々ね。太古の大昔から、為政者は戦争が大好きなんです何とかカンとか屁理屈を付けては、人々を殺戮に仕向ける習性があるんです その屁理屈の一番は、正当防衛であり、屁理屈の2番目は、既得権を守るための侵略戦争なのですよ。
 In fact, nuclear weapons spread and continued for 70 years. Administrators like war. Since time immemorial antiquity is that loves war statesmen. They have a habit of helping to slaughter peoplesomehow Kang or quibble with that. It is a war of aggression to defend vested interests second quibble is most of that quibble is the legitimate defense.

 The United States repeated the genocide of natives (Indians) is a typical example. It is the third quibble, the prosperity of their own ego is the driving force behind Spain (Christendom) destroyed the Inca Empire. Will Spain (Christendom) is reflection of real?
 アメリカが原住民(インディアン)の大量虐殺を繰り返したはその典型です。スペイン(キリスト教国)がインカ帝国を滅ぼした原動力は、第3番目の屁理屈、「自国の繁栄」というエゴですね。本当にスペイン(キリスト教国)は反省をしたのでしょうか?
 Thinking
and enliven public opinion, Justice of the United States Government has entered World War II when it was necessary, deliberately steered into "Pearl Harbor" is clear in United States confidential writings, and It is unnecessarily dropping the atomic bomb, for the bloodshed and brutality and the power of destruction that atomic bomb testing (test) on purpose and did not make carpet-carpet bombing city "Kyoto, Nagasaki and Hiroshima". Had they dare pushed the power test of the atomic bomb. So, taking their statesmen, bombing the larger, "nuclear deterrent effect." So reflected, "should stop's terrible!" It is and is not. Because as long as nobody in the world does not have this perception that the pomegranates are atomic and hydrogen bombs prohibition movement never did.
 正義の国のアメリカ合衆国政府が、太平洋戦争に突入した時に、世論を盛り上げることが必要だと考えて、あえて”真珠湾攻撃”へと誘導したのは、アメリカの機密文章公開で明らかですし、
原爆を落す必要もないのに、原爆という破壊兵器の威力と殺傷性・残虐性のテスト(試験)のために、わざと"京都・長崎・広島”の3都市には、絨毯(じゅうたん)爆撃をしておかなかったのです。

 そして、原爆の威力テストを実施したのでした。
ですから、彼ら為政者に取っては、原爆被害が大きければ大きいほど、”核抑止力効果はある!と映るのであって、「悲惨だからやめるべきだ!」とはならないのです。
この認識を世界中の誰もが持たない限り、決して原水爆禁止運動は実らないのでした。

 大量破壊兵器を手にして喜んだのは為政者なのです。彼らが『自分達は大量殺人を行なって来た罪人(悪魔)なんだ』という自覚をすることが不可欠! 同時に、我々も、あなたがたも為政者という悪魔の奴隷にされてきた、その殺人に、原爆や放射能被害の加害者に、知らず知らずの内に加担させられて来たんだ』という認識をみんなが持つことが、平和への第一歩なのではないでしょうか
 「未必の殺意」ではありません。心の内には、世界中の人々の心の中には、「殺意」は生き続けているのです。これを、止めさせましょう。まず、自分から、戦争放棄を実行しましょう。
イエス・キリストを曲りなりにも信奉するあなた、アラーの神を信じるあなた、あなたがたが殺意を捨てれば、世界平和はあっと言う間に実現するのですよ。
 21世紀を戦いのない世の中にしませんか。
 2016  3/15  Hiro.Oyama
(大山宏)
 Picked
up weapons of mass destruction and was pleased that statesmen. Is essential that they be aware that "We are sinners (the devils) who did the bloodbath.” At the same time, we, ye, "Murder been statesmen Satan's slave, the perpetrators of the bomb and radiation damage, unwittingly take part in is came we”, that everyone has is the first step toward peace.
 "Less murderous intent required" is not. It is in the heart, alive in the minds of people all over the world, "murderous intent".Let's stop this. From their first, run the renunciation of war. Are you profess Jesus Christ speaks, you believe in the God of Allah, ye give up of murder, world peace was and is to achieve. Twenty-first century, a battle or peace?
 2019/ 8/6 renewal again Hiroshima Oyama

|

« Luke-10、Equivalence of "I am writing to fake" adder (revision) was more than one. Hiro. Oyama | トップページ | Acts-1 Certainly Angel and UFO existed on the earth.天使,UFOは実在 Hiro. Oyama »

T 哲学・心理学物理学の融合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺意:Murderous intent&your sins.(あなたの罪). from Hiroshima Oyama:

« Luke-10、Equivalence of "I am writing to fake" adder (revision) was more than one. Hiro. Oyama | トップページ | Acts-1 Certainly Angel and UFO existed on the earth.天使,UFOは実在 Hiro. Oyama »