« People's minds 人々の心が大事件を引き起こしている。 are causing major incident.Your prayers and wishes have been realized.あなたの祈りや願いは実際に叶えられています。 | トップページ | G02、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「み使いの、正体見たり、創世記」 Hiro. Oyama »

2016年4月 7日 (木)

G01、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「オタマジャクシ宇宙論とは?」 Hiro. Oyama

概要:現代科学者は創世記の第一章を読んだだけで、その科学性的で合理的な説明にびっくり仰天するのでした。まずは、「光りあれ」という箇所までの記述に関して、現代流の読み解き方を解説しています。光りの具体的な仮定としてオタマジャクシを用いています。
Samary
Go on a journey from today looking for Angels and UFOs in the old testament. First of all in the beginning is notes. You are departed from the 21th-centry which is developed in science extremely, and are going to travel into the old world which was 10,000 or 100,000 years ago. It is the people who were living there, spend most of the activities in the daily food availability. 今日から旧約聖書の中で天使とUFOを探す旅に出かけます。まず初めに注意事項です。あなたは、21世紀という科学の進歩した世界から旅立って、1万年も10万年もの昔の世界に旅しようとしているのです。そこに住む人々は、日々の食物入手に活動のほとんどを費やすという生活をしている人々なのです。
 
Genesis
、“天使とUFOとを探す旅-9”
 
「オタマジャクシ宇宙論とは?」  What is the theory of Hiroshi’s world of tadpoles?

 Go on a journey from today looking for Angels and UFOs in the old testament. First of all in the beginning is notes.
You are departed from the 21th-centry which is developed in science extremely, and are going to travel into the old world which was 10000, 100000 years ago. It is the people who were living there, spend most of the activities in the daily food availability.
 今日から旧約聖書の中で天使とUFOを探す旅に出かけます。まず初めに注意事項です。あなたは、21世紀という科学の進歩した世界から旅立って、1万年も10万年もの昔の世界に旅しようとしているのです。そこに住む人々は、日々の食物入手に活動のほとんどを費やすという生活をしている人々なのです。
 To those place and People the Angel( or Alien) were coming in UFO and trying to teach the World for them. Therefore you should suppose that Alien were teaching space and Einstein thought to the monkey and you are reading the work diary left by the monkey: With the recognition in that while easy to understand. If you take up this knack is naturally clear to Angels, UFO, did come through in your mind.
 その原始の人々の所へ、天使がUFOに乗って来て、世の中(世界)を教えようとしているのです。
ですから、あなたが「お猿さん達に宇宙アインシュタイン思想を教えているのだ」という認識をもって、お猿さんが書き残した作業日記を読んでいるのだと思いながら読むとわかり易いのです。

このコツさえ外さなければ、天使もUFOも、おのずと明確になってあなたの心に伝わって来るのでした。
 創世記第一章:The story of Creation
【 CHAPTER-1, In the beginning God created the heavens and the earth. The earth was without form and void, and darkness was upon the face of the deep; and the Spirit of God was moving over the face of the waters. 初めに神は天と地とを創造された。地は形なく、むなしく、闇が淵の表にあり、神の霊が水の表を覆っていた。】
・・As soon as reading the first sentence of Genesis, contemporary physicists and mathematicians are recognized, "Is . And he's trying to teach the scale of two theory world. Certainly the beginning of the world departs from the first divided into two.' As so they admire.
Divided into up and down the (+) and(-) on the opposite and further divide, proceed to the right and left, high and low Office is opposite. Step in the process of creation to teach for the monkey is more than appropriate. Angel( or Alien) declared the first voice, with the gesture holding his finger up to the heaven and down to the ground which those monkeys know. However immediately with the proviso that….
・・この書き出しの文章を読んだ途端に、現代の物理学者や数学者は、『ははー。2進数世界を教えようとしているんだな。確かに世の初めはまず2つに分けるところから出発している。』と感心するのでした。
上下に分ける、+とーに分ける、右に進むのと左に進むのとは真反対、高い処と低い処も真反対ですね。お猿さんに天地創造の過程を教える第一歩は、これより他に適切な表現はありません。
 天使は、お猿さんも知っている地表面以下()と地表面より上()とを指して、この第一声を発せられたのでした。但し直ぐに、但し書きが付いています。
The earth was without form and void, and darkness was upon the face of the deep; and the Spirit of God was moving over the face of the waters.
地は形なく、むなしく、闇が淵の表にあり、神の霊が水の表を覆っていた。】
・・「The earth was without from and void」、so the word of earth is not the meaning of concrete-ground and the meaning is soon recognized by the monkeys, too. Continued the word there is; “darkness was upon the face of the deep.” The face of the deep is meaning of the limit of the deep, so is the table on the edge of the great basin (outside) dark' of it is, and the Angel( or Alien) is talking.
 Furthermore there is
the Spirit of God was moving over the face of the waters.That seems full of waters on the inside of the basin's shape, because it says "the table was wrap (gentle) spirit'.
 If at the creation is the big bang, so accurate conditions immediately after the big bang, cannot be accurately represented.
 It is impossible that both current algebra scholar and physicist, no more words, describing the creation for the monkey. The monkey is waiting, specifically, to understand Alien’s taught with touching the ground surface and then raising the heavens while somehow being taught.
・・「地は形なく、むなしく」なのですから、具体的に形のある地面のことを言っているのではないことが、お猿さんにも分かります。続いて「闇が淵の表にあり、」と来ます。『淵とは端っこということで、大きな洗面器の淵の表()は暗闇』なのですよ、とその天使は喋っています。
 更に、「神の霊が水の表を覆っていた」と書いてあります。形のない洗面器の内側には
""が満ちているらしくて、『その表は""(優しく)包んでいました』と書いてあるのでした。
 天地創造の時をビッグバンとするならば、このビッグバン直後の状態をこれほど的確で正確に表現することは出来ません。現代数学者も物理学者もこれ以上の言葉で、お猿さんに創造時の状態を説明することは出来ないのです。お猿さんは具体的に地表をなでたり天空を仰いだりしながらも、何となくその天使が言わんとする事を理解しつつ、次に教えられることを待っています。
【 Then God commanded, “Let there be light” – and light appeared. God was pleased with what he saw.
 神は『ひかり()あれ』と言われた。すると光りがあった。神はその光りを見て、良しとされた。】
・・There were nothing; the earth, the Sun, hydrogen and oxygen does not exist;, in that high-temperature high-pressure of the plasma state light( Hikari ) came up first. So The Book is written. At the 20th century the scientists recognized that there can be first light( Hikari ) at the beginning of the first of the big bang, and the light( Hikari ) can be changed to Active in just after, and they were astonished and amazed. "We do science finally reached thousands of years ago, but someone told to a primitive (monkey-people)' that was so astonished at the fact.
 The preaching of Angel ( or Alien) is continuing.
・・地球はおろか、太陽も水素も酸素も存在しない超高温度超高圧のプラズマ状態の中に、まず最初に光りが出来ました、と書いてあるのです。20世紀になって初めて、ビッグバンの最初の最初に、まずが存在出来、活動できる状態に変わった事を科学者たちは知って、非常に驚いたのです。
『我々が、えんやらやっと到達した科学の知識を、何千年前かの原始人類に誰かが教えていた』 という事実にびっくり仰天したのでした。
 天使らしき人の説明は続きます。
【 
Then he separated the light form the darkness. God called the light “Day” and the darkness he called Night. And there was evening and there was morning, one day.
神はその光りと闇とを分けられた。神は光りを昼と名付け、闇を夜と名付けられた。夕となり朝となった。第1日である。】
・・Light( or Hikari) became to be existed in the plasma stage, and it was just after the born, and lights and darkness were mixed each other (complexed). Suppose a light is one tadpole, and the tail of tadpole spread far beyond the infinite, it blends into the darkness as is the State. The chaos of is from State anyway, God divided the light world and the dark world.
 Physicists and mathematicians to admire here as well is the "Speed of light is 300,000 remained constant at Km/sec, provides this world. World cannot exist when the light and dark angels( or Gods) and has taught to the monkey' of that is impressed with admiration.
There is
God called the light “Day” and the darkness he called Night,and it is clear that the Night & Day are determined without concerning to the rotation of the Earth. Because at that time when the Night & Day was coming up, there isn’t the Sun and isn’t the Earth.
 Suppose at least Plasma cloud around much was made which becomes the origin of the Milky Way Galaxy. To define the Night & Day with the Plasma cloud, and Experiencing the Intergalactic clouds grow, grow more and more begin to decline until is the Day, and Let's suppose the Night; deactivating to sleep and , once again until greet the morning.
 With this definition one Day becomes to be few 1 billion,
  number 10 billion in that. It's like thinking too much.
 
・・プラズマ状態の中で光りが認識できる状態にはなったのですが、生まれた直後であり、闇と光りとはごちゃ混ぜ状態です。光りをオタマジャクシに例えれば、尾っぽの方は、無限のかなたまでの広がりを持っていて闇の中に溶け込んでいるが如き状態なのです。その混沌の状態から兎も角、神は光りが存在する世界と闇世界とを分けられたのです。
 物理学者と数学者とは、ここでも感心するのです、『光りのスピードは30Km/secで一定であり、この世界を規定している。その光りが存在出来ない別世界を闇だと神か天使かは規定しお猿さんに教えている』のだと感心感嘆するのです。
「神は光りを昼と名付け、闇を夜と名付けられた」とありますが、この昼夜が地球の自転と無関係に決められていることは明らかです。何故ならば、まだ地球も太陽も出現していない時点にて、昼夜が定義されているのですからね。
 まあ大いに譲って銀河系の元となるプラズマ雲ぐらいは出来ていたとしましょうか。それで昼夜を定義するならば、銀河系雲が発生して成長し、だんだんと大きくなり衰え始めるまでを昼、次第に衰えて不活発の眠りの状態になり再び朝を迎える直前までを夜と仮定してみましょう。
 これだと、1日が、数十億年~数百億年ということになってしまいます。これはちょっと考え過ぎのような気もします。
 There is an important Hint here.
It is a fight (argument) of the corpuscular theory of light and wave theory. Newton was a strong promoter of the corpuscular theory. Now the light particles and waves at the same time also means that by thirteen, was convinced that scientists are, and this is a Hint.
 Optical Interferometry. Cover version with just one small hole on the front of the bulb, put that away with holes only two cover version.
 Then it is the interference may occur to the screen. It is decreasing the current flowing through the bulb in this unit, and that hole through one by one-photon. You had this experimental patiently for a long time observed that causes interference fringes. But in this experiment it is also trying to observe the fringes, two light bulbs, not appearing is somehow a fringe. This experiment seems to be related that Speed light is 300,000 Km/sec constant.
 ここで一つ重要なヒントがあります。
それは光の粒子説と波動説の争いです。ニュートンは粒子説の強力な推進者でした。現在光りは粒子であると同時に波動でもあるということで科学者は誤魔化して納得したことにしていますが、これがヒントです。

 光の干渉実験があります。電球の前に小さな穴を一個だけ設けた遮蔽版を設け、その先に2個だけ穴を設けた遮蔽版を置きます。そうするとその先にあるスクリーンに干渉縞が発生するのです。この装置で電球に流れる電流を小さくしていくと、光子が一個ずつ穴を通るようになるのです。この実験を辛抱強く長時間観測していると、干渉縞は発生するのでした。
 しかしこの実験では、電球を二つにしてその干渉縞を観測しようとしても、どういう訳か、干渉縞は現れて来ないのです。この実験と光のスピードが30Km/sec一定であることと関係がありそうです。
 Changing the word: Light is a wave and 300,000 Km/sec; 7 and a half rotating the Earth; has tremendous speed; and has spread to; but came back to after a certain time is there standing waves form seems to be.
 Wave's activity is solid state and small photon particles (head of the tadpole), spread out to infinity, coming back like (tail of the tadpole) that is.
From the tadpole photon theory, and determine the size of the infinite universe, among them Day & Night be determined both morning and evening.
 Another words,
Morning-afternoon-evening-night is going to cyclic phenomena occur-rise-turn-fade or faded glory in your world:So the Angel( or Alien) are telling to the monkeys.
 即ち、光は波動であって30Km/sec という地球を1秒間に7回転半する物凄いスピードを持って拡がっていますが、ある一定時間後には戻って来ていて、そこに定常波を形成しているらしいのです。その固体状態が小さな光子という粒子(オタマジャクシの頭)であり、無限大まで広がっていき戻って来ている活動状態が波動(オタマジャクシの尻っぽ)ということです!
 このオタマジャクシ光子論からいくと、無限大宇宙のサイズを定めれば、その中の昼も夜も朝も夕も決まるのですよ,と宇宙人か天使かがお猿さんに教えているのが分かるのでした。
 言葉をかえれば『朝昼夕夜というのは、起承転結とか栄枯盛衰とかの現象がサイクリックに起こっているのです、あなたの世の中ではね。』と天使か宇宙人かがお猿さんに教えているということでした。
 Genesis-1、“天使とUFOとを探す旅-9”
「オタマジャクシ宇宙論とは?」What is the theory of Hiroshi’s world of tadpoles? END
 2016, 4, 7 Hiro. Oyama (ひろ.おおやま)

|

« People's minds 人々の心が大事件を引き起こしている。 are causing major incident.Your prayers and wishes have been realized.あなたの祈りや願いは実際に叶えられています。 | トップページ | G02、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「み使いの、正体見たり、創世記」 Hiro. Oyama »

Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G01、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「オタマジャクシ宇宙論とは?」 Hiro. Oyama:

« People's minds 人々の心が大事件を引き起こしている。 are causing major incident.Your prayers and wishes have been realized.あなたの祈りや願いは実際に叶えられています。 | トップページ | G02、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「み使いの、正体見たり、創世記」 Hiro. Oyama »