« ひろさちや「釈迦」と手塚治虫「ブッダ」の違い。読書のノウハウとは?Hiro. Oyama | トップページ | G06、 Angel (or Alien) informed Noah of the Flood.ノアに洪水を知らせた人々は宇宙人か天使であった。Hiro. Oyama »

2016年4月16日 (土)

G05,「神の子達は人の娘達を見て妻にした」「The sons of God saw the daughters of men and bore them.」Hiro. Oyama

神の子達は人の娘達を見て妻にした」編
The sons of God saw the daughters of men and bore them.
Overview: Reading where the priest's pastor, preaching "Jesus only-one son of God" is a now had what is strange. It was clearly written, “Let us make man in our image, after our likeness” in the Genesis-1-26, and “the sons of God impregnated the beautiful daughters of the sons of man.”

概要:神父さん牧師さんは何処を読んで「イエスは神の唯一の1人子」なんて説教なさっていたのか不思議です。旧約聖書にははっきりと「我々に似せて人を作ろう」と複数形で書いてありますし、「人の子の娘達の美しいのを見て妻をはらませた(妊娠させた)」と明言しているのでした。

 Fable mixture so there are historical anecdotes (actually happened) will still continue. Noah's Ark incident is coming soon and then patiently read proceed. Read to the end of this blog, and meaning of the subtitle turns out to you.
 寓話混じりではありますが、歴史秘話(実際に起こった事件)はまだまだ続きます。ノアの箱舟事変はもうすぐですから、辛抱強く読み進めてみましょう。このブログ記事を最後まで読むと、副題の意味が貴方にも分かります。
 CHAPTER-4 in Genesis
【 Now Adam knew Eve his wife, and she conceived and bore Cain, saying, “I have gotten a man with the help of the Lord.” And again, she bore his brother Abel. Now Abel was a keeper of sheep, and Cain a tiller of the ground. In the course of time Cain brought to the Lord and offering of the fruit of the ground, an Abel brought of the firstlings of his flock and of their fat portions. And the Lord had regard for Abel and his offering, but for Cain and his offering he had no regard. So Cain was very angry, and his countenance fell.
 The Lord said to Cain, “Why are you angry, and why has your countenance fallen? If you do well, will you not be accepted? And if you do not do well, sin is couching at the door; its desire is for you, but you must master it.”

 人はその妻エバを知った。彼女はみごもり、カインを生んで言った、「私は主によって、ひとりの人を得た」。彼女はまた、その弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。
日が経って、カイン地の産物を持ってきて、主に供え物とした。アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持って来た。主はアベルとその供え物とを顧みられた。しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。
 そこで主はカインに言われた「何故顔を伏せるのですか。正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しい事をしていないのでしたら、罪が門口に待ち伏せしています。それは貴方を慕い求めますが、貴方はそれを治めなければなりません」。

 Cain said to Abel his brother, “Let us go out to the field. And when they were in the field, Cain rose up against his brother Abel, and killed him. Then the Lord said to Cain, “Where is Abel your brother?” He said, “I do not know; am I my brother’s keeper?”
And the Lord said, “What have you done? The voice of your brother’s blood is crying to me from the ground. And now you are cursed from the ground, which has opened its mouth to receive your brother’s blood from your hand. When you till the ground, it shall no longer yield to you till to you its strength; you shall be a fugitive and a wanderer on the earth.”

 カインは弟アベルに言った「さあ、野原へ行こう」。彼らが野にいた時、カインは弟アベルに立ちかかって、これを殺した。主はカインに言われた「弟アベルは何処にいますか」。カインは答えた「知りません。私が弟の番人でしょうか」。
主は言われた「貴方は何をしたのです。あなたの弟の血の声が土の中から私に叫んでいます。今貴方は呪われてこの土地を離れなければなりません。この土地が口を開けて、貴方の手から弟の血を受けたからです。貴方が土地を耕しても、土地はもはや貴方のために実を結びません。あなたは地上の放浪者となるでしょう」。】
・・If the story of this sentence is written as a representative of the Lord (acts of angels or aliens or spirits), but don't think dirty low grade God?
(1)
It is that leave to killed the second child (Abel) to the first child of Adam and Eve (No. 1 of Cain: humanity). 
(2)
I can predict the progress of this case, God was with them, but Tange how moral implications. It was left to chance and skill.
・・もしこの文章が主なる神の代理(天使か宇宙人かあるいは聖霊の働き)として書かれたのだとしての話ですが、汚い低級の神様だとは思いませんか?
(1)
、アダムとエバの第1子(カイン:人類の第1号)に、第2子(アベル)を殺させるままに放置しているのです。
(2)
、如何に教訓的意味合いを込めようとしたとて、千里眼の神が、この事件の進展具合を予測出来ない訳はありません。それをワザと成り行きに任せていた。
(3)
That is made to begin with, Cain was angry because the Lord to everyone is clear.  Myself up on the shelf as a result mimicked this feeble way blame the sin of Cain, the incident of 2000 years of history and the evidence case is occurring everywhere or not.
 This and similar incidents occurring in the New Testament. It is the case (flaunts around) showed the couple killing curse Peter. How to carry the word terrorize opponents (leisure travelers please see compare and around the chapter 5 of the Acts of the Apostles) is akin to spitting about.
Oh, I'm sorry, debunking the Bible wrong was not the purpose of this blog. The main purpose of this blog was to investigate the presence of angels and looked like aliens and UFOs.

 そもそも、カインが怒った原因を作ったのは主なる神であったことは誰の目にも明らかです。自分の事を棚に上げておいて、その結果カインの罪を責めるこの姑息なやり口を真似た事件が、この2000年間の歴史をみると、随所にその証拠事件が発生しているではありませんか。
 新約聖書の中にこれとよく似た事件が発生しています。
それはペテロが夫婦二人を呪い殺して見せた(周囲に見せ付けた)事件です。相手を陥れる言葉の運び方は瓜二つというぐらいに似ています(暇な方は使徒行伝の5章辺りと見比べてご覧なさい)
 ああ、ごめんなさい、聖書の悪事を暴くことがこのブログの目的ではありませんでした。天使とおぼしき宇宙人やUFOの存在を明らかにする事がこのブログの主目的だったのでした。 しかし、丁寧に読めば読むほど聖書筆者のぼろが次々に出てくるのです。もう一つだけ、書かせて下さい。
 However, if read carefully, the more the biblical author's rags come out one after another. Just one more, please let me write.
 Known fact is that the Jewish World Wanderer, but Cain's (Chapter 4) earlier in the old testament, God than "plowing the land you also land is no longer for you unfruitful. You would ground Wanderer "and had been sentenced. From God directly, like you the wanderer in the ground that is further sentenced to write whether or not? now I think hypothesis I read are descendants of Jews = Cain and's mean hypothesis sufficiently.
 
ユダヤ人が天下の放浪者であることは公知の事実ですが、カインは旧約聖書の最初の方(第四章)で、神より、「貴方が土地を耕しても、土地はもはや貴方のために実を結びません。あなたは地上の放浪者となるでしょう」と宣告されているのでした。神から直接、「おまえは地上の放浪者だ」という風な宣告を受けた記述が他にあるのかどうか?私の読んだ範囲ではありませんので、ユダヤ人=カインの子孫とする仮説は、十分に意味のある仮説だと思うようになりました。
 これが事実ならば、この後にもそれを裏付ける記述が何か所かで発見されるのでしょう。
 聖書の精読に戻りましょう。
 In fact if it is, would writing proves it then found in several places.
Let's get back to reading the Bible.

【 Cain said to the Lord, “My punishment is greater than I can bear. Behold, thou hast driven me this day away from the ground; and from the face I shall be hidden; and I shall be a fugitive and a wanderer on the earth, and whoever finds me will slay me.”
 Then the Lord said to him, “Not so! If anyone slays Cain, vengeance shall be taken on him sevenfold.” And the Lord put a mark on Cain, lest any who came upon him should kill him. Then Cain went away from the presence of the Lord, and dwelt in the land of Nod, east of Eden.
 カインは主に言った「私の罰は重くて追いきれません。あなたは、今日、私を地のおもてから追放されました。私はあなたを離れて、地上の放浪者とならねばなりません。私を見つける人は誰でも私を殺すでしょう」。
 主はカインに言われた「いや、そうではない。誰でもカインを殺す者は七倍の復讐を受けるでしょう」。そして主はカインを見付ける者が、誰も彼を打ち殺すことのないように、彼に一つのしるし付けられた。

 カインは主の前を去って、エデンの東、ノドの地に住んだ。】
・・Let's remember the thing was to the East of the garden of Eden further East towards the land of Nod. the Lord put a mark on Cain, lest any who came upon him should kill him.; so written, but don't write specifically what sign is it?. But not at the moment it is intelligibly, and errors may be death, waiting. So was everybody knows clearly marked?
 This also to be descended from Cain find important clues.
・・エデンの園の東の更に東の方に、ノドの地があった事を記憶しておきましょう。『主はカインを見付ける者が、誰も彼を撃ち殺すことのないように、彼に一つの印(しるし)を付けられた』と書いてありますが、具体的にはそれがどんな印であるのか書いてはありません。しかし、会った瞬間にそれが相手にわかるものでないと、誤まって打ち殺すかも知れません。ですから誰にも明確に分かる印だったのでしょう。
 これもカインの後胤探しには重要な手がかりとなります。
【 Cain knew his wife, and she conceived and bore Enoch; and he built a city, and called the name of the city after the name of his son, Enoch. To Enoch was born Irad; and Irad was the father of Me-hu’ja-el, and Me-hu’ja-el the father of Me-thu’sha-el, and Me-thu’sha-el the father of Lamech.
 And Lamech took two wives; the name of the one was Adah, and the name of the one was Adah, and the name of the other Zillah. Adah bore Jabal; he was the father of those who dwell in tents and have cattle. His brother’s name was Jubal; he was the father of all those who play the lyre and pipe.
Zillah bore Tubal-cain; he was the forger of all instruments of bronze and iron. The sister of Tubal-cain was Na’amh.
 Lamech said to his wives, hear my voice; you wives of Lamech, hearken to what I say; I have slain a man for
wounding me, a young man for striking me. If Cain is avenged sevenfold, truly Lamech seventy-sevenfold.”
 カインはその妻を知った。彼女はみごもってエノクを産んだ。カインは町を建て、その町の名をその子の名に従って、エノクと名付けた。エノクにはイラデが生まれた。イラデの子はメホヤエル、メホヤエルの子はメトサエル、メトサエルの子はレメクである。
 レメクは2人の妻をめとった。ひとりの名はアダといい、ひとりの名はチラと言った。アダはヤバルを産んだ。彼は天幕に住んで、家畜を飼う者の祖先となった。その弟の名はユバルといった。彼は琴や笛を執るすべての者の先祖となった。チラもまたトバルカインを産んだ。彼は青銅や鉄の全ての刃物を鍛える者となった。トバルカインの妹をナアマといった。
レメクはその妻たちに言った、「アダとチラよ、私の声を聞け、レメクの妻たちよ、私の言葉に耳を傾けよ。私は受ける傷のために、人を殺し、受ける打ち傷のために、私は若者を殺す。
カインのための復讐が七倍ならば、レメクのための復讐は77倍」】
・・Let's interpret "Cain knew his wife, and, with his wife, born Adam and Eve, or the second child, in addition to their
grandchildren or great-grandchildren with sounds. But interpretation is now unlikely.
 
Cain
EnochIradMe-hu’ja-elMe-thu’sha-elLamech, and Lamech marries two wives, headed the wives of the two speeches. I guess what this speech is given as an oral tradition.
I have slain a man for wounding me, a young man for striking me. If Cain is avenged sevenfold, truly Lamech seventy-sevenfold.” This speech is very dangerous, but vagabond life, being expelled from families living in rural areas in the East of the garden of Eden by God Adam and Eve live populations and It is a 5th generation Cain ( Lamech) increase the descendants had looted his wife and is his words. These words are powerful.
・・『カインはその妻を知った』とありますが、その妻とは、アダムとエバが生んだ何番目かの子供か、更にその孫かひ孫であると解釈しましょうね。それしか解釈のしようが今のところあり得ません。
カイン⇒エノク⇒メホヤエル⇒メトサエル⇒レメクと来て、レメクは2人の妻をめとり、その2人の妻たちに向かって演説をしています。この演説は口承伝説として伝えられたものなんでしょう。
私は受ける傷のために人を殺し、受ける打ち傷のために私は若者を殺す』とは随分と物騒な話ですが、神によってエデンの園の東の地方に住むアダムとエバの家族達が住む集団から追放されて放浪者の生活をはじめ、妻も略奪してきては子孫を増やしていった5代目カイン(レメク)の言った言葉です。この言葉には迫力があります。
"If 7 times for Cain's revenge, revenge of Lamech is 77 times ' that mere said 77 times the bravado of Lamech (vanity remark to his wife) would later, in the first half of the word, is seven times the promise of God came in to hear from through their ancestors, and Later half would be mere said “77 times the bravado of Lamech (vanity remark to his wife). Beside of the vanity remark, the children of Lamech-Adah "ancestors who lived in tents and raise livestock, and has. The second child of Lamech Jubal was the father of all those who play the lyre and pipe (founder of the art); so written.
カインのための復讐が7倍ならば、レメクのための復讐は77』という言葉の前半部は先祖から伝え聞かされて来た神の約束の7倍、であり、後半部はレメクの強がりの77倍の単なる発言(妻たちへの見栄発言)でしょう。
 その見栄の発言は兎も角として、レメクの子供ヤバルは『天幕に住んで、家畜を飼う者の祖先』だとしています。レメクの第2子ユバルは『琴や笛を執るすべての者の先祖』音楽の祖(芸術の祖)らしいです。
レメクの妾(チラ)が産んだ子トバルカインは『青銅や鉄の全ての刃物を鍛える者』ということで、金属加工業の祖(元を生み出した人)らしいです。
放牧業の祖、芸術の祖、金属工業の祖、いずれも近代文明の祖がここにあるのですが、その才能がどのような経路によって現代まで引き継がれていくのか興味のあるところです。
 ここまでがカイン系列の話であって、話はアダムエバのその後に戻っています。
The child of Lamech concubines (nipple slip): Tubal-cain is "who train every blade of bronze or iron, the metalworking industry's father (who created the original) it seems. 
Ranching Patriarch, founder of the art, the father of the metal industry and are interested in what is none of the modern civilization is here, but talent has continued to the present day by what route is.
 Now Cain series story, are back to Adam and Eve.
【 Adam knew his wife again, and she bore a son and called his name Seth, for she said, “God has appointed for me another child instead of Abel, for Cain slew him.” To Seth also a son was born, and he called his name Enosh. At that time men began to call upon the name of the Lord.
アダムはまたその妻を知った。彼女は男の子を生み、その名をセツと名付けて言った「カインがアベルを殺したので、神はアベルの代わりに、ひとりの子を私に授けられました」。セツにもまた男の子が生まれた。彼はその名をエノスと名付けた。この時、人々は主の名を呼び始めた。
 CHAPTER-5 Tis is the book of the generations of Adam.
アダムの系図は次の通りである。・・割愛・・
 CHAPTER-6
 
【 When men began to multiply on the face of the ground, and daughters were born to them, the sons of God saw that the daughters of men were fair; and they took to wife such of them as they chose.
 Then the Lord said, “My spirit shall not abide in man for-ever, for he is flesh, but his days shall be a hundred and twenty years.” The Nephilim were on the earth in those days, and also afterward, when the sons of God came in to the daughters of men, and they bore children to them. These were the mighty men that were of old, the men of renown.
 人が地のおもてに増え始めて、神の子たち人の娘たちの美しいのを見て自分の好む者を妻にめとった
 そこで主は言われた「私の霊は長く人の中に留まらない。彼は肉に過ぎないのだ。しかし、彼の年は120年であろう」。その頃、またその後にも、地にネピリムがいた。これは神の子たちが人の娘たちのところに入って、娘たちにませたものである。彼らは昔の勇士であり、有名な人々であった。】
・・It was the epigram was written in the book of Genesis in the Bible have been told and from the priest or pastor that God and the angels. What is this “the sons of God saw that the daughters of men were fair; and they took to wife such of them as they chose” and “when the sons of God came in to the daughters of men, and they bore children to them.”?
・・神父さんや牧師さんから耳にタコができる位に聞かされている神や天使とは似ても似つかないこと(風刺詩)が聖書の創世記には書かれていたのでした。『神の子たちは人の娘たちの美しいのを見て、自分の好む者を妻にめとった』とは何事ですか。
 The God and we resemble themselves revealed in multiple, showed that during the old testament doesn't exist (originally) is the concept of monotheism.
Sons of God in Chapter 6 of this (after Jesus is son of God only is this character which crumble), but may also be in it is stated that with the kids, who, like my beautiful daughters, and his wife. That Jesus is nothing more than a man not even I need more evidence will not.
 先には神は我々似せて、人を造ろう」と自らを複数形で明かして一神教の概念は旧約聖書中には(元々)存在していないことを示していました。
 今回の第六章では、神の子達(後のイエスは唯一の神の御子であるはこれ一字で崩れる)が、こともあろうに、人の娘たちの美しいのを見て自分の好む者を妻にし子供を設けたと明言しているのですよ。イエスが人間以外の何物でもないというもうこれ以上の証拠は必要ないでしょう。
 "Did biological Jesus ' Resurrection ' that would be commonplace. Let us accept the fact as a fact. From the theological
criticism prior to the fact that there is.
But here, Angel alien if beneath the sheer natural thoughts, you are "watching the beautiful daughters of angels (aliens), who prefer their sons '.
「生物学的なイエスの復活はなかった」のは当たり前でしょう。事実は事実として受け入れましょう。神学(屁理屈)の前に、事実があるのですから。 しかし、ここで、天使が宇宙人であるならば、至極自然な思考の下に、『天使(宇宙人)達は人の娘たちの美しいのを見て、自分の好む者を妻にめとった』が成立するのでした。
 Aliens who are very much more extended than the civilization of ours living in the 21th, were interested in daughters of men and came in to them, and bore children to them. Certainly they were Nephilim and the mighty men of renown. ; Excellent technologies, outstanding Arts special talent and brains too lucid is natural. Had inherited the blood of the Lord Jesus and to determine the nature or not.  Is abstinence and father, you are a (alienate women) have no slightest intention of doing so. In addition, it is not even right devout and pious believers who kill on false charges and mission are given to you Because, since theology was forged in the AD.300 is wrong.
21
世紀に住む我々の文明を遥かに凌駕する宇宙人が人間の娘をはらませて産ませた子供がネピリムであって、昔の勇士であり有名な人々であるのは道理にかなっています。芸術も技術にも秀でた特殊才能に優れ、頭脳も明晰であるのは当然です。
イエスもその主の血を受け継いでいたと判断するのが一番自然ではないですか。

 神父様、あなた方は無理して禁欲し(女を遠ざける)必要は更々ないのですよ。また、信心深くて敬虔な信者さん達を、あらぬ罪で苦しめる権利も使命も、あなた方には与えられてもいないのです。
何故なら、紀元300年頃に偽造された神学の方が間違っていたのですから。
  2016,  4/16 Hiro. Oyama(ひろ おおやま) ”天使とUFOを探す旅ー12「神の子達は人の娘達を見て妻にした」編
The sons of God saw the daughters of men and bore them.
 END 2016,  4/16 Hiro. Oyama

|

« ひろさちや「釈迦」と手塚治虫「ブッダ」の違い。読書のノウハウとは?Hiro. Oyama | トップページ | G06、 Angel (or Alien) informed Noah of the Flood.ノアに洪水を知らせた人々は宇宙人か天使であった。Hiro. Oyama »

Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G05,「神の子達は人の娘達を見て妻にした」「The sons of God saw the daughters of men and bore them.」Hiro. Oyama:

« ひろさちや「釈迦」と手塚治虫「ブッダ」の違い。読書のノウハウとは?Hiro. Oyama | トップページ | G06、 Angel (or Alien) informed Noah of the Flood.ノアに洪水を知らせた人々は宇宙人か天使であった。Hiro. Oyama »