« G02、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「み使いの、正体見たり、創世記」 Hiro. Oyama | トップページ | Know-How for happiness.幸せへのノウハウ。相模原障害者施設への侵入・大量殺傷事件に接して。Bordered by the invasion of the Sagamihara disabled persons and mass killings. »

2016年4月 9日 (土)

私のぼけ防止法。ぼけ程度の認識法。歳を取らない方法。若さ維持の秘訣。Hiro. Oyama

  私はもうすぐ68歳のおじいさんですが、今でも歳を取ったとは思っておらず、38歳の精神年齢を維持しています。
秘訣があるのです。今日はその歳を取らないノウハウを教えてあげましょう。

ノウハウ(秘訣)の第一は、
あらゆることに興味を持ち続けること」です。
若い頃には、あれもやってみたい、これもやってみたい、という夢をあなたも沢山持っていたでしょう。その多くの夢を持ち続けることが若さの秘訣なのです。
確かに身体的能力は歳重ねる内に落ちて来て、スキーとか野球やサッカーなんてスポーツは、難しくなってはいますが、そんな激しいスポーツでなければ、興味は持続できるものです。グランドゴルフなんてスポーツでも、結構楽しめるものなのです。
 文科系の趣味なら、年齢を重ねる毎に幅を広げられ、奥行きも深められるのです。
あくせくと働く必要性もなくなり、暇は十分にあります。
 あとは気の持ちようだけなのです。

ノウハウ(秘訣)の第二は、
昔のようには出来なくなったからと言って、悲観しないこと
『まだ、これだけ出来るじゃあないか』と前向きに常に考えることです。
そして、『自分は幸せ者だ。ラッキーな人間だ!』と考えるのです。
困難にぶつかることは、若い頃も今も、そんなに変わるものじゃあないのです。むしろ、白髪が目立つようになった頃からの方が、どうしようもないほどの困難に遭遇することが多いようです。
 兎に角、何が起こっても、全て前向きに受け止めるに限ります。
例えば、注意力が散漫になって来たせいで、自損事故(一人相撲)を起こしたとしましょう。
その瞬間に、『ああ良かった。人身事故でなくて良かった』と考えるのです。
人身事故で人を傷つけてしまった時には、極端ですが『ああ、人殺しにならなくて良かった』と瞬間的に考えます。
家が火事で焼けた場合には、『命まで持っていかれなくて良かった』と考えるのです。

ノウハウ(秘訣)の第三は、
 医者や周囲の人々は頼りにしないで、自分の精神的身体的な能力がどの程度であるのかを、自分自身毎日(毎週)、認識できるようにしておくことです。
大体において、医者は病気や病名を作り出す名人なのですよ。そしてそのほとんどは対処療法しがやってくれません。
周囲の人々も当てには出来ないのです。
まあ、病気の大半は自分に原因があるものです。残りの半分は世間の方に原因があるのですが、これは誰も取り除いてはくれません。
 自分の身体や精神の状態などは、自分で自然の内に分かるようにしておくのです。

 私の場合には、音楽が趣味の一つですから、
音楽サークルに入って毎週歌っています。それからピアノを毎日30分以上弾くようにしています。ピアノは良いですよ。アクロバット体操的な面もあり、指運動ではこれ以上のものはありません。
ですから、以前に弾けた曲目が突然弾けなくなれば、それが、老化の検出になるし、
周囲の人々の声や態度を見ていれば、自分の情緒安定状態なんかも判る。
 不思議なもので、声に出して歌っていると、出せる声の音域も広がってくるのでした
肺も丈夫さが増して来る。
 悪くなるどころか、すこしづつですが、身体能力も頭の回転も、良くなるのが音楽趣味の良いところです。
 藤子ヘミングというピアニストをご存じの方もいらっしゃるでしょう。彼女は今年84歳になるおばあちゃんですが、なかなかどうして、立派なプロのピアニストとしてご活躍です。彼女は死ぬ間際まで、ピアノを弾き続けておられることでしょう。

 私も、その手で行きます。死ぬ間際までピアノを弾き続けますよ。
それはいつまでか、というと、130歳までを目標にしています。
そうです。私は自己管理を前向きに行うことで、ギネスブックに挑戦しようという夢を持っているのでした。
 そして、もし早々と私がこのブログを書かなくなった場合には、ギネスブックへの挑戦が達成できなかったと思って下さい。
(私がここで言っている事の真偽を確認するためには、あなたも私より長生きしなければいけません。長生きして下さい。)

 そうなのです。ブログを書き続けることも、若さを保つ方法なのです。
変な記事を書けば、自分で読み直してみれば、即分かります。
ピアノも、グランドゴルフも、オカリナを吹くことも、歌を歌うことも、ブログを毎日書き続けることも、ボケ防止ぼけ程度の認識という一石二鳥の対策となっているのでした。
 日本人は変なところで「諦める。妥協する」というところがありますが、それは老化を早める元です。大きな夢、明るい夢を持ち続けましょう。
一度しかない人生なのです。
 太く大きく長く、人生を謳歌して行きましょう。
 くれぐれも、悲観論に陥らないようにね。

 2016, 4/6 Hiro. Oyama(大山宏)
 

|

« G02、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「み使いの、正体見たり、創世記」 Hiro. Oyama | トップページ | Know-How for happiness.幸せへのノウハウ。相模原障害者施設への侵入・大量殺傷事件に接して。Bordered by the invasion of the Sagamihara disabled persons and mass killings. »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のぼけ防止法。ぼけ程度の認識法。歳を取らない方法。若さ維持の秘訣。Hiro. Oyama:

« G02、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「み使いの、正体見たり、創世記」 Hiro. Oyama | トップページ | Know-How for happiness.幸せへのノウハウ。相模原障害者施設への侵入・大量殺傷事件に接して。Bordered by the invasion of the Sagamihara disabled persons and mass killings. »