« 私のぼけ防止法。ぼけ程度の認識法。歳を取らない方法。若さ維持の秘訣。Hiro. Oyama | トップページ | Discovered the Essence of Life.Seismic tomography. The binary world. Hiro. Oyama »

2016年4月10日 (日)

相模原障害者施設への侵入・大量殺傷事件に関して。幸せへのノウハウ。

 夜中の3時半、ふとテレビのスイッチを入れたら、信じ難いニュースがテレビ画面から飛び出して来た。25歳くらいの元職員が、15人の人を殺し、20人以上の人がナイフで刺した、という事件である。
4時半頃には、「私が刺しました」と警察に出頭して来たとの緊急報道もあった。そして、昼の12時の番組では、死亡者が18人に増え、24人位が近隣の病院で治療中とニュースが流れた。
 完全な確信犯であり、悲しい事件と言わずにはおれなくなって、思わずブログを開いてこれを書いています。

 「彼は半年前までその施設で働いており、一時精神不安定で入院させられていたこともある」とのコメントを聞き、気が滅入ってしまった。裁判の進行状況が目に浮かんだからである
弁護士諸先生方の「ありきたりの弁護方針:彼は心をわずらっており、許され難き犯罪ではあるが深い同情に値する・・・」というあの弁護演説です。

 冗談ではありません。彼は、意識のしっかりした確信犯であり、実に論理的な推論の上、計画性を持ってその事件を起こしているのです。しかも、1~2時間後には「私がその事件を起こしました」と言っているのですよ。最高級の極刑が一番ふさわしいのです。
即刻銃殺刑にするのがもっとも安上がりなのですが、日本の裁判所は10年も20年もかけて、無駄な税金を使いつつチンタラちんたら裁判を行っていくのであろうことを思うと、あほらしくてあほらしくて・・・。
八つ裂きの刑にし、道路っ端にさらし首にしたって、その罪は償い切れないのです。一番ふさわしい刑は逆に殺さないで、半永久的にチンパンジーの檻のようなオープン刑務所生き恥をさらし続けさせるのが、もっともふさわしいのではないでしょうか
 
 近ごろの司法は、事ある毎に、被害者の人権よりも、加害者の人権擁護の方を優先した判決を下す傾向があります。それも、10年も20年もの長期裁判でそのような加害者擁護に税金の無駄使いをしているのです。
 その無駄遣い費用はおそらく、受刑者一人当たり1億円を下らないでしょう。社会全体から見れば、10億円とか100億円の無駄使いであろうかと思われます。そんなら、早々とチンパンジーの檻に移し、餌を与え続けて見せしめにするのが、費用対効果の点で優れています。
アルカイダの如くに、また、ISのように自爆というような成果を犯罪者に与えてはいけない

 昔、日本には切腹の美学というものがありました。十字切腹という抗議の切腹も存在しました。あの武士道精神は、それなりに意味を持っているのですが、宗教心がほとんど消失した現代社会においては、あの美学は存在しなくなっているのです
 自爆行為を何故ISは繰り返すのか。
アラーの神は関係ありません。ゲーム感覚で殺人を楽しんでいるだけなのですよ。自分が勝手に信じ込んだ屁理屈で、周囲に害を及ぼす、その結果責任を回避するために自殺しているだけなのです。
 社会復帰の可能性はゼロに限りなく近いでしょう。税金の無駄遣いは避けるべきです。
地域社会の責任を問うならば、親兄弟にも小中高の先生にも、近所の人々にも責任はあります。大反省すべきでしょう。

 『家族や親族は無関係ではないか。責任はないのではないか』という意見ですか?

 現代社会においては、これが無関係とは言えなくなったのではないでしょうか。
むしろ、『親兄弟には責任はない』という現代の法理論の方が間違っていると私は思います。親が周囲の人々が、知らず知らずの内に彼をそうなるように仕向けて来たと思っています。

 彼は特別養護ホームに務めるぐらいに、心優しい青年なのですよ。彼には彼なりの理屈がないはずはないのです。
殺人の動機は、私には何となく分かるような気がします。
私には今年92歳になる老母があり、1~2週間毎に入居している有料老人ホームを訪れていますし、私の周りには老人であふれかえっているから、介護という仕事はボランティアで継続して来ているから、彼の動機も周囲の人々の気持ちも分かるような気がするのです。

 かれこれ4年前に、自らの意志で老人ホームに入った母の口癖で、ほとほと困った愚痴がありました。
ここは姥捨て山だよ。早く死ねばいいのだ。みんなそう思っている。早くお迎えが来て欲しい』。← この言葉を吐かなくなるまでに、丸3年がかかりました。
「お母さん,年寄りの最大の家族孝行はね、出来るだけ元気で長生きしてくれる事なんだよ。たびたび来るから、元気でいてよ」。こう言いつつ、ピアノを弾いてやり、オカリナを吹き、歌を一緒に歌い続けて来た4年間でした。お陰様で、母は入居当時の健康状態を維持し、手押し車で施設内を歩き回ってくれています。

 ある時、ある人と「高齢者医療の問題」に関して話になりました。
その人曰く、『高齢者医療費が若者の負担になっていることは厳然たる事実であり、働いている全ての人々は、役人であろうが地域社会の人も全て心の底で、早く死んでくれればいい。と思っているのだ。
公言してはばからない人もいる。逆に選挙に勝つだけのために、高齢者福祉を看板に掲げる人もいる。正当論だからね。』
「それは事実だけれど、老人ホームに入っている入居者から『私達は早く死んだ方がいい。周りの人は皆そう思っている』って毎度毎度聞かされてはたまらないよ」
「それは、老人のエゴというものだ。事実その通りではないか。お役所は時々後期高齢者の祝いをやっているけど、本心は『早く死んで欲しい。医療費だけで社会が破滅する』って思っているのだから」という暴論を聞かされ、返答に窮した。

 今回の事件にも通じるものがある。
社会的弱者にかかっている費用は、健常者と較べると、医療費だけでも3倍から10倍はかかっているであろう。建物の設備だって、馬鹿にならない。そして甘えが生じてついつい人権や機械的平等を盾に、健常者いじめを知らず知らずの内に実行しているのでした。
社会的弱者の施設で働いている人々は、常にこの言葉の暴力にさらされているのです。
数10名を傷つけ、18人を殺した今回の確信犯が警察で喋る犯意はここにあるだろうと容易に推定できます。『彼らは、死んだ方が社会のためになる。だれもそのことを実行しないから、私が自分の死を代償に、実行してあげたのです。何も悪いことはしてません。しかし罪は罪でしょう。早く死刑にしてください」
 こんなことをしゃあしゃあとしゃべっているのが目に見えるように伝わって来ます。

 この社会は病んでいます。江戸時代だって、戦国時代だって、ローマ帝国の時代だって、人間は生き続けて来ました。生きるに最低限の物があれば、充分なのです。それで結構幸せは見つけられるにもかかわらず、人々が多くの金と物を自己所有したいという欲のとりこになっているのでした。
 あなたも多分、その例外ではないでしょう。不満で不安な人生を歩んでおられるのではないでしょうか?

 かの殺害者の正義心を心の奥底で『よくやった』と思っている人は意外に多いのではないかとも、思うのです。
だから、彼の裁判はお金の無駄であり、税金を無駄遣いする必要性はまったくないのです。「反面教師として社会に奉仕させるため、チンパンジーの檻に閉じ込めて見世物になりつつ一生を終えさせる」のが一番いいのです。
最低限の餌は与えてやって下さいね。食べるか食べないかは本人が自由意志で選ぶでしょう。餓死したならば、この確信犯は世間から見直されます。

 こんな刑を受けるべき人が、ここ20年の間に随分と増えましたね。朝原彰晃とかいう馬鹿もいましたな。親殺しをした人、子殺しをした母親なんかも多数、輩出して来ています。
人間は平等ではありえないのです。
各々与えられた天命に従がって、最善を尽くし、どんな苦難が身に降りかかって来ようとも、全てのことを善意に解釈して「前向きに」生きるのが、一番いいのです。それが幸せになれる唯一無二のノウハウなのですから。

 2016年 7月25日 大山宏

|

« 私のぼけ防止法。ぼけ程度の認識法。歳を取らない方法。若さ維持の秘訣。Hiro. Oyama | トップページ | Discovered the Essence of Life.Seismic tomography. The binary world. Hiro. Oyama »

心と体」カテゴリの記事

コメント

『与えられた餌を食べないで餓死したならば、この確信犯は世間から見直されるでしょう』と書かれている理由が分かりません、というご意見を頂きました。お答えします。
彼は確固とした信念を持って、19名もの人を死に追いやったのです。だから、逮捕後の護送でも「不敵な笑みを浮かべていた」そうです。本人は悪いことをしたとは思っていないのです。否むしろ、皆さんが心の中で「よくやった」と褒めてくれるだろうと思っているのです。そう確信しているのに銃殺刑にもしてくれないで見世物にされ、餌を与え続けられるのですよ。自分の世直し案が間違っていないと彼が確信し続けているなら、唯一の世間への自分の存在感を示す手段は、餓死して見せるしか方法は残っていないのです。本当にチンパンジーの檻の中で餓死して見せれば、世間は『そこまでの正義感と確信とを持って、あの行動を起こしたのか』と、見直してくれるのです。
 彼は餓死はしませんよ。きっと命乞いをしてきます。餓死して見せるほどの確信があったならば(私なら自首しないで)遺書を残して自殺しているでしょうね。ISの自爆攻撃と比較しても、この確信犯の確信度合いは、お粗末の一言です。檻の中で命乞いをさせ続けるのが、最も安上がりで効果的な処置なのです。そうは思いませんか?

投稿: | 2016年7月27日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73590817

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原障害者施設への侵入・大量殺傷事件に関して。幸せへのノウハウ。:

« 私のぼけ防止法。ぼけ程度の認識法。歳を取らない方法。若さ維持の秘訣。Hiro. Oyama | トップページ | Discovered the Essence of Life.Seismic tomography. The binary world. Hiro. Oyama »