« ピアノは生き物。Piano is an animal (Living Creature). Left-Handed artistic attainments. 「左巻き世界」という不思議。 | トップページ | Mercury & Platinum are detracts from made of Gold.水銀と白金とは金の成り損ねですよ。 »

2016年4月27日 (水)

フィボナッチ実数列:The Fibonacci sequence is a stoichiometric real columns; the formula from the microscopic world through universe? Hiro. Oyama

 フィボナッチ数列は定比の実数列。
 
 極微世界から大宇宙までを貫く数式とは?
Summary: Fibonacci sequence extending real range, and microscopic world (: infinitely small world) from the universe galaxies visible only to "respect" (: infinite space) of is sticking to the sides of the. Can be compared across dimensions. [Unified field theory in reference to (our professional physical people) to be not?]. Decimal digits to round the eyes or in the space world is working it seems.
概要: フィボナッチ数列を実数範囲に拡張すると、極微世界(無限小世界)から、銀河系が""にしか見えない大宇宙(無限大宇宙)の双方を貫いているのが分かります。次元を越えた比較が出来ます。
[(物理がご専門の方には)統一場の理論研究のご参考になるのではありませんか]。小数点以下何桁目を四捨五入するかで その宇宙世界が機能している模様です。


 結論の式を先に書きましょう。フィボナッチ数列(Fi)は以下の式で表されます。
Conclusion-write away. Fibonacci numbers (Fi) are represented by the following equation.
 Fi  〔K*A^(Ni-10)〕  ・・・(1)
 
    Κ=55.00363612
    A=
1.61803398875
 A=1.61803398875 is a constant in value at the bottom of the "powers", and from the Milky Way Galaxy, in the nuclear world wide range common. So far, was known until the 4 digits of 1.618.
[EXEL] convergence study, to determine the 12-digit number! [Ni] is the nth Fibonacci number?? that is the 10th Fi number 55. 00. It is a number.

Hang A "0 once", You hang a value (A) and is 1.;
  55 to 1, multiplied many times, it is 55.
 A=1.61803398875 は「べき乗」のの値であり、銀河系から、原子核の世界の広い範囲で共通した[定数]です。これまで、1.618という4桁までは知られていました。
EXEL]の収束検討から今回、12桁の有効数字を確定する事が出来ました。[Ni]というのは、何番目のフィボナッチ数か?という番号であり、10番目のFi数が、55. 00…となる数値です。掛ける値()がなんであろうと、A "0回"掛けたら「1」です。551を何回掛けても、55です。
55は基準値だったのです。1234567891055  なので覚えやすいでしょう?
55 is a standard. 1234567891055 ; so you can remind easily?

Fi
8 13  21  34  55  89 144
Ni
1 2 3 4 5 6  8  9 10 11  12

Try it on the calculator.電卓で試してみましょう。
55 will correctly calculate Fi number of the previous one is 34, but what?

55の一つ前のFi数は、34ですが正しく算出できるでしょうか?
F( 9
10)=55*1.618(1)55÷1.618
 
33.9925・・・=34
(rounded off)
  小数点以下を四捨五入すると、34です。

Fi
21は、Ni番目の Fi  ですから、
Fi ( 8
10)=Fi (2)=55*1.618(2
 
 =55÷(1.618)÷(1.618)21.009・・・
 
しっかりと答えが2回の割り算で出て来きます。
 Division two times, come and answer you.
Now let's calculate Fi number of whichever is greater.

 今度は大きい方の
Fi数を計算してみましょう。
F(12-10)
F(2)55*1.618*1.618143.985・・・
四捨五入すると 144であり、これもピッタリです。
And to rounded 144, this is perfect.

 
このように、例えば、Fi5702887(at Ni=34)というような大きなFi数であっても、
F(34
10)=F(24)55*1.618245699635.78
少しずれてますね。でも
A little bit shift it, but
 Κ=
55.0036361200
 A=1.61803398875という12桁の定数を用いると、

 
 Fi  5702886.9
 
小数点以下を四捨五入するとピッタシカンカン数です。
And to rounded to the nearest decimal point is the Just number.

EXEL〕を使って 11桁もあるFi数=86,267,571,272ピッタリ一致した整数値(54番目)を確認できます。

Large numbers of more results index display auto-switching and 55 the Fi number =1.39584E+11 can be represented.
これ以上の大きな数値は結果が指数表示に自動切り替えになり、55番目のFi数=1.39584E+11 と表されてきます。
 Ni=100番目Fi数=3.54225E+20
 Ni=138番目Fi数=3.09606E+28
 Ni=174番目Fi数=1.03363E+36
 この有効数字すべてがピッタリと一致する式が、冒頭に掲げたフィボナッチ計算式(1)だったのです。
 Is Fibonacci formula expressions to match all this significance and hung out at the beginning formula- (1).
 What does this mean?
Means that you can measure the size of the Milky Way Galaxy, is at your fingertips if you cut it, "measure". As a Fibonacci gauge is accurate! That is.
 これは何を意味しているか、考えてみましょう。
それは、例えれば、あなたの手元にある
"物差し"で、銀河系のサイズを測ることが出来るということを意味しています。そのくらい、フィボナッチ物差しは正確です!ということ。
 言葉を換えれば、光のスピードがどこの世界においても、30Km一定であることを示唆している、とも言えます。

If other words, speed of light in a world where 300,000 Km in that suggests, it said.
 You think now is how determined criteria? Is the spin of electrons (spin) are prescribed in the standards. Spin micro world (± 1/2) is measured based on that measure up to the dimensions of the universe. It was showed that it is appearance of the nature (Fibonacci sequence defined by the real column).
 現在、時間はどうやって基準が定められていると思います?
電子の回転(スピン)を基準に定められているのです。極微世界の電子のスピン(±1/2)を測った基準で、大宇宙の寸法までを測っているのです。それが大自然の姿なのだということを、(実数列で定義されたフィボナッチ数列は)示していたのでした。

 今度は、極微世界を覗いてみましょう。
即ち、フィボナッチ数列をどんどんと番号の小さい方に求めていくのです。
 Now let's explore the microscopic world. In other words, is the Fibonacci numbers seeking a smaller number of more and more.
Fi
10-10)= 55
Fi
9-10) 33.99 ⇒ 34
Fi
8-10)= 21.0095 ⇒ 21
Fi
7-10) 12.98460 ⇒ 13
Fi
6-10)  8.024922 ⇒ 8
Fi
5-10) = 4.959675 ⇒ 5
Fi
4-10) = 3.065248 ⇒ 3
Fi
3-10) = 1.894427 ⇒ 2
Fi
2-10) = 1.170820 ⇒ 1
Fi
1-10) = 0.723607 ⇒ 1
Fi
0-10) = 0.4472136 ⇒ 0
You would have thought the end here, but are wrong. It is a real defining the Fibonacci sequence is going into the world of zero goes on and on.
ここで終わりだと、思ったでしょう。でも違うんだな。実数定義のフィボナッチ数列は延々とゼロの世界に入っていくのです
Fi
-1-10) = 0.2763932 ⇒  0
Fi
-2-10) = 0.1708204 ⇒  0
Fi
-3-10) = 0.1055728 ⇒  0
Fi
-4-10) = 0.0652476 ⇒  0
Fi
-5-10) = 0.0403252 ⇒  0
Fi
-6-10) = 0.0249223 ⇒  0
Fi
-7-10) = 0.0154029 ⇒  0
Fi
-8-10) = 0.00951949 ⇒ 0
 もうすでに、ミクロン単位の世界に突入しました。
 Already, we plunge into the world of Micron.
Fi
-9-10) = 0.005883371
Fi
-10-10) = 0.003636123
Fi
-11-10) = 0.002247248
Fi
-12-10) = 0.001388875
Fi
-13-10) = 0.000858372
Fi
-14-10) = 0.000530503
Fi
-15-10) = 0.000327869
Fi
-16-10) = 0.000202634
Fi
-17-10) = 0.000125235
 そろそろ、DNAのらせん構造が見えて来る頃です。
 Come see the DNA helical structure is.
Fi
-18-10) = 0.000077399
Fi
-19-10) = 0.000047835
Fi
-20-10) = 0.000029564
Fi
-21-10) = 0.000018272
Fi
-22-10) = 0.000011292
Fi
-23-10) = 0.000006979
Fi
-24-10) = 0.000004313
Fi
-25-10) = 0.000002666
Fi
-26-10) = 0.000001648
 あれは、原子核ですね。その周りを雲のように取り巻いているのが電子雲でしょうか?
 That is the atomic nucleus. Electron cloud that surrounds around them like clouds?
Fi
-27-10) = 0.000001018
Fi
-28-10) = 0.000000629
Fi
-29-10) = 0.000000389
Fi
-30-10) = 0.000000240
Fi
-31-10) = 0.000000149
Fi
-32-10) = 0.000000092
Fi
-33-10) = 0.000000057
Fi
-34-10) = 0.000000035
Fi
-35-10) = 0.0000000217
Fi
-36-10) = 0.0000000134
Fi
-37-10) = 0.00000000828
Fi
-38-10) = 0.0000000051
Fi
-39-10) = 0.00000000316
Fi
-40-10) = 0.000000002 (1.95
Fi
-41-10) = 0.000000001 (1.21
Fi
-42-10) = 0.000000001 (0.74
Fi
-43-10) = 0.000000000460.46
Fi
-44-10) = 0.0000000002850.285
Fi
-45-10) = 0.0000000001760.176
 Decimal 9 to 0 to line up now. She has already dealt with the inner world of the atom.
1 will the hydrogen nuclei (protons).
2 pieces of attached protons and neutrons?
3 of the deuterium, is material of a hydrogen bomb.
5 is one more neutron helium [He] of the nucleus is like.
 小数点9桁目に0が並ぶようになりました。もう既に、原子核の内部世界が見えて来ているのですよ
1
というのは、水素の原子核(陽子)でしょうね。
2
個というのは、陽子中性子がくっついたものでしょう。
3
個というのは、重水素といって水素爆弾の材料です。
5
個というのは、中性子が一つ多いヘリウム〔He〕の原子核のようです。

8 is Light metals;
 lithiumLiand berylliumBe. You better use lithium batteries. It is able to spring the beryllium is mixed with copper and alloys and wonderfully resilient.
8
というのは、リチュウム〔Li〕とベリリウム〔Be〕の軽金属類です。リチュウム電池は皆さん良く使ってますね。ベリリウムというのは、銅と混ぜて合金化すると素晴らしく弾力性のあるバネが出来るのです。

13
個近辺は、ホウ素 [B], 炭素 [C], 窒素 [N], 酸素 [O], であり、これらは説明するまでもないでしょう。
13 is Boron [B], Carbon [C], Nitrogen [N], Oxygen [O], to explain these and wouldn't.
21 is started from NeonNeand Light metals; sodiumNa,magnesiumMg,aluminumAl; are continued.
21
個近辺は、ネオン〔Ne〕から始まり、ナトリウム〔Na〕、マグネシウム〔Mg〕、アルミニウム〔Al〕の軽金属類です。

35個近辺には、リン〔P〕イオウ〔S〕塩素〔Cl〕アルゴン〔Ar〕、カリウム〔K〕、カルシウム〔Ca〕が並んでいます。
35 is started from phosphorus
〔P〕,and sulphur〔S〕,chlorineCl,argonAr,potassium〔K〕,calciumCaare lined.
57 is the group of Iron(Fe), Cobalt(Co) and Nickel(Ni), and before the Iron there are lined scandium (Sc)titanium (Ti)vanadium ()chromium (Cr)manganeseMn; after the Iron & Cobalt & Nickel there are lined CupperCu,ZincZn,GalliumGa,Germanium ゲルマニウム〔Ge.
So that
the metals of the periodic table of Mendeleev, and axiom.
57
くっ付いているのは、鉄(Fe)・コバルト(Co)・ニッケル(Ni)ですが、その鉄の前には、スカンジウム(Sc)・チタン(Ti)・バナジウム()・クロム(Cr)・マンガン〔Mn〕が並び、鉄・コバルト・ニッケルの後ろには、 銅〔Cu〕亜鉛〔Zn〕ガリウム〔Ga〕ゲルマニウム〔Ge〕と、メンデレーエフによる周期律表の金属類が、すっぽりと当てはまっています。

 So what is standing in the vicinity of 92?
Heavy-metals; Rubidium(Rb), strontium(Sr), yttrium(Y), zirconium(Zr), niobium(Nb), molybdenum(Mo), technetium(Tc), ruthenium(Ru), Palladium(Pd), lead(Pb), silver(Ag), cadmium(Cd) and indium(Id), Tin (Sn)
; has lined up.
 それでは、92個の近辺には何が並んでいるのでしょう?
 
ルビジウム・ストロンチウム・イットリウム・ジルコニュウム・ニオブ・モリブデン・テクネチウム・ルテニウム・パラジウム・鉛・銀・カドミニウム・インジウム・スズ(Sn)・・など重金属類が並んでいます。

 So, in the vicinity of the 149?
 The first rear metal groups of the Lanthanide series can be found.
 では、149個の近辺には?
 
ランタン系列の最初のレアーメタル群が並んでいます。
 Then, in the vicinity of the 217 pieces?
Radioactive atoms is called the tectinium series can be found.
 では、217個の近辺には?
テクチニウム系列と呼ばれている放射性原子群が並んでいます。

(Does not exist in nature) horrible atoms of plutonium (Pr) waited as one of this fellow.
プルトニウムという(天然には存在しない)恐ろしい原子も、この仲間の一つとして並んでいます。
 これら各元素の宇宙存在度(原子/104Si原子)を並べて見ると、面白いことが分かるのです。
詳細は以降の話にするとして、暫定的にその数値とFi(フィボナッチ数)とを並べておきます。
宇宙存在度とは、観測できる宇宙空間内にあるSi原子の数を基準にして、各原子の存在数の比を割り出したものです。
 These cosmic abundances (Atom / 104 Si atoms) of each element side by side and you see funny things. For more information since the story and then, temporary lined numbers and Fi (Fibonacci numbers). With respect to number of Si atoms in space and cosmic abundances can be observed, represent the ratio of the number of each atom there is.
 1 H
  2600000000000 Fi=  1
 2 He
 210000000000  Fi=  4
 3 Li
:         4500  Fi=  7
 4 Be
:         69 Fi=  9
 5 B 
:         620 Fi= 11
 6 C 
:   1350000000 Fi= 12
 7 N 
:   244000000 Fi= 14
 8 O 
:   2360000000 Fi= 16
 9 F 
:      363000 Fi= 19
10 Ne
:   2360000000 Fi= 20
11 Na
:      6320000 Fi= 23
12 Mg
:    101000000 Fi= 24
13 Al 
:      8510000  Fi=  27
14 Si 
:   100000000  Fi= 28
15 P  
:      1270000 Fi= 31
16 S  
:   50000000  Fi= 32
17 Cl
:     570000 Fi= 35.5
18 Ar
:     24000000 Fi= 40
19 K 
:    380000 Fi= 39
20 Ca
:    7360000 Fi= 40
21 Sc 
:      3300 Fi= 45
22 Ti 
:      230000 Fi= 48
23  V
:      20000 Fi=  51
24 Cr
:   570000 Fi= 52
25 Mn
:   920000 Fi= 55
26 Fe
:   89000000   Fi= 55.8
27 Co
:    230000  Fi= 59
28 Ni
:  4180000  Fi=  58.7
29 Cu
:    29000  Fi= 63.5
30 Zn
:  117000  Fi= 65.3
31 Ga
:     5100  Fi= 69.7
32 Ge
:   13500  Fi= 72.5
33 As
:     600   Fi= 75
34 Se
:   8900   Fi=79
35 Br
:    1600   Fi= 80
36 Kr
:    5800  Fi= 83.8
37 Rb
:   700  Fi= 85.5
38 Sr
:   2000  : Fi= 87.6
39 Y
:    500   Fi= 89
40 Zr
:    3200  Fi= 91.2
41 Nb
:    150 Fi= 93
42 Mo
:    280 Fi= 96
44 Ru
:    180 Fi=101.
45 Rh
:    30 Fi=103.
46 Pd
:    130 Fi=106.4
47 Ag
:    60 Fi= 108
48 Cd
:    230 Fi= 112.4
49 In
:      26 Fi= 114.8
50 Sn
:    360 Fi= 118.6
51 Sb
:    40 Fi= 121.7
52 Te
:     680 Fi= 127.6
53  I
:     110 Fi= 127.
54 Xe
:     32 Fi= 131.3
55 Ce
:    32 Fi= 133.
56 Ba
:    470 Fi= 137.3
57 La
:    36 Fi= 139
58 Ce
:    117 Fi= 140
59 Pr
:    17 Fi= 141
60 Nd
:    77 Fi= 144
62 Sm
:    23 Fi= 150.4
63 Eu
:    9 Fi= 152
64 Gd
:    55 Fi= 157
65 Tb 
:    4 Fi= 159.
66 Dy
:    36 Fi= 162.5
67 Ho
:     9 Fi= 165
68 Er
:    22 Fi= 167
69 Tm
:   4 Fi= 169
70 Yb
:    21  Fi= 173
71 Lu
:   4  Fi= 175
72 Hf
:   17  Fi= 178.4
73 Ta
:     2  Fi= 181
74 W
:    13  Fi= 184
75 Re
:   5  Fi= 186
76 Os
:   65  Fi= 190.
77 Ir
:    60  FI= 192
78 Pt
:  140  Fi= 195
79 Au
:   18  Fi= 197
80 Hg
:   330  Fi= 200.5
81 Tl 
:   18  Fi= 204.3
82 Pb
:  160  Fi= 207
83 Bi
:    17  Fi= 209
90 Th
:    7   Fi= 232.
92 U
:    2  Fi= 238.

☆、
What it does not. Fi number and the atoms, protons & neutrons float stands for equal to the atomic weight was. Fi数とは、原子の場合、陽子&中性子の数≃原子量に略相当する実数値だったのでした。
☆、Fibonacci is patterns that predict probability of the existence of the atomic nucleus. If they know this fact, Mendeleev's also Madame Curie opened mouth and couldn’t shut it. The Fibonacci boya was found ago doing so.
 原子核の存在確率までフィボナッチ数列は予測している模様です。
  この事実を知ったなら、メンデレーエフさんも、キュリー夫人も、開いた口が塞がらなかったことでしょう。フィボナッチ坊やは、こんなことまで発見してしまったのでした。

"[EXEL] more than once calculated a more precise Super Computer?"
It is the question.
 This is a good question. You can prove statistically what kinds of atoms exist in the world, but why not only 104.
『〔EXEL〕よりももっと高精度の”スーパーコンピューター”で計算したら?』という質問ですね。
 良い質問です。世の中に存在する原子の種類が、なぜ104種類程度しか存在できないのか、ということを、算数的に証明できることでしょう。

"Sees what kind of world are you Fibonacci equation in even a small way to calculate exactly, or?" Is the question?
 It hit. The world of elementary particles should come into sight. Particles’ number (currently recognized) is 50. Well, after about 50 gradually found, would be about 100 in all. Atomic number 100 pieces too so you are also meets several strange.
『フィボナッチ式を更に小さい方に正確に計算したら、どんな世界が見えてくるのか?』という質問ですか。
  それはね。素粒子の世界が見えて来るはずです。
素粒子は現在のところ、50個ぐらいが認知されています。まあ、あと50個ぐらいが順次見つかるとして全部で100個程度でしょう。原子の種類数が100個余りですから、奇妙に数が一致しているのも不思議なところです。

 そうそう、湯川秀樹博士が中間子でノーベル賞を受賞されましたが、中間子は素粒子の中でも最大のものです。その中間子群が、フィボナッチ実数列
(Fi)Ni=45番目辺りに、すでに顔を覗かせているみたいですよ。
 まだまだ沢山質問や疑問があるでしょうが、長くなりましたので、今日のお話しはここまでにします。
 Oh, Hideki Yukawa was awarded the Nobel Prize in the meson, meson is one of the largest particle. Meson group real Fibonacci (Fi) Ni = 45 around the already glimpse that you want.
 Still have questions or doubts there will be longer, so today's talk is the so far.

 20164/27 Hiro. Oyama (大山宏)

|

« ピアノは生き物。Piano is an animal (Living Creature). Left-Handed artistic attainments. 「左巻き世界」という不思議。 | トップページ | Mercury & Platinum are detracts from made of Gold.水銀と白金とは金の成り損ねですよ。 »

easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィボナッチ実数列:The Fibonacci sequence is a stoichiometric real columns; the formula from the microscopic world through universe? Hiro. Oyama:

« ピアノは生き物。Piano is an animal (Living Creature). Left-Handed artistic attainments. 「左巻き世界」という不思議。 | トップページ | Mercury & Platinum are detracts from made of Gold.水銀と白金とは金の成り損ねですよ。 »