« 〔1〕と〔∞〕が対応するという(数)のお話。[1] and [∞] to meet the (number) of your story is. | トップページ | 「光世界」のトレードマーク:フィボナッチ坊や宇宙を語る。Hiro. Oyama »

2016年5月31日 (火)

[1] and [∞] correspond to it (the number) is a story.1 and ∞ are directly coupled. Hiro. Oyama

1〕と〔〕とが対応するというお話。
(
日本語を得意とする方のために最低限の日本語を付しておきました)
  that have emoticons laid down next to the
figure-8. This is positive from the people known as "infinite". This
infinite number 1 piece 2 pieces and was counted. I'll have the example easy,
convincing manner. Whatever it is, come up with the largest number of try
putting M.
Smallest number in mind, you wanted to do so have at the M [1] would
be the Division.
 という8の字を横に寝かせたような絵文字があります。これは「無限大」と人々から呼ばれている正の数のことです。この無限大という数は1個2個と数えられるのでした。 易しく例を持って、納得できるようにお話ししましょう。
何でもいいですから、思いつく最大の数を
Mと置いてみます。そうすると、あなたが心で思った最小の数は、そのMで持って〔1〕を割り算した値となります。

MMax Number,,/MMinimum number
 relation: M x〔1/M =
 Of cause when one thinks various of Max number, but
this equation holds true at any time. The value
that
was because it gave the picture.
 この関係式は何時でも成立します。この値にという絵文字を与えただけの事なのでした。
So
Infinite/Infinite-small
 Write expressions [Infinity-small] = 1/[
:
infinity] = [1/
] easy to understand, right?.
 式で書くと、無限小= 1/無限大=/
 分かり易しいでしょ。
今度は2という数を定義しましょうか。2という数は、思いつく最大数Mで割り算しても掛け算しても、〔1〕の2倍にしかならない数のことを〔2〕というのです。
 ちょっと話が飛び過ぎました。
 等比数列という数の並びがあります。それは、例えば、
Now [2] that let's define number.
 [2]
that multiplying and dividing the number hit maximum number M, [1] for not only
doubled the number of [2] that of the is.
 Little
too much flying story. Sort of geometric progression. It is, for example,

1/16, 1/8, 1/4, 1/2, 1, 2, 4, 8, 16
 When increasing twice-twice game condition, small
number of, [1] refers to the number of passes and goes on to a large number of.
In this case [5] is to define a number of、…

という具合に、ある小さな数を倍々ゲームで大きくしていった時、を通過して、ある大きな数へと続いていく数の並びのことです。この例で〔5〕という数を定義すると、…

 5/16, 5/8, 5/4, 5/2, 5, 10, 20, 40, 80,
To be said. The sequence number of the geometric progression must be [5] to go through.
ということになります。等比数列という数の並びは、必ず〔5〕を通過するのです。
 どんなに大きな数Mに関しても同じです。

M/16,
M/8, M/4, M/2, M/1, 2M, 4M, 8M, 16M,
 Usually called the constant of proportionality are multiplied by a number that has twice- twice game is now from the [r] in the times [r] or multiplied by the number of [n] as [r^n] and is expressed as arithmetic. Now let's define infinity.
 今は倍々ゲームですから2倍していますが、この掛けている数のことを比例定数と呼び、通常〔r〕で表し、何回〔r〕を掛けたかの回数を〔n〕として、〔r^n〕と算数では表現します。これで無限大を定義してみましょう。無限大〔∞〕とは、
/r^4, /r^3, /r^2, /r^1, , r^1, ∞r^2、…となる数字のことです。
 Now let's define infinity.
Infinity [
] and,
 
/r^4, /r^3, /r^2, /r^1, [], r^1, r^2, is that of digits.
[Infinity:
] and, from a much larger number of linearly [r], I was convinced that one must pass from said Division, the very small number of repeated multiplication, because increasing the number of.
〔無限大:∞〕とは、より大きな数から等比率〔r〕で割り算していっても、非常に小さい数から掛け算を繰り返して大きくしていっても、必ず通過する数の一つということ納得出来ましたね。
 さて、この等比数列という数の並びには一つの性質があります。大きい方からと小さい方からの数字を順番に掛け合わせて御覧なさい。
どの掛け算結果も〔∞^2〕となるでしょう?
Now, the sequence number of this geometric progression of one nature.
 From the larger numbers from the smallest.
 Multiply by our order. Any multiplication results [
^ 2] and will be?
/r^4、∞/r^3、∞/r^2、∞/r^1、〔∞〕、∞r^1、∞r^2、∞r^3、∞r^4・・・
〔∞/r^4〕x〔∞r^4〕≂〔∞^2
〔∞/r^3〕x〔∞r^3=〔∞^2
〔∞/r^2x〔∞r^2=〔∞^2
〔∞/r^1x〔∞r^1=〔∞^2
 Would you have been? So, once again, = 1
and let's again place.
Then Presto,
1/r^4, 1/r^3, 1/r^2, 1/ r^1, [1], 1r^1, 1r^2, 1r^3, 1r^4 went back to of course.

 改めて、∞ = 1 と置き直してみましょう。すると、あら不思議、
1/r^4
1/r^31/r^21/r^1、〔1〕、1r^11r^1,r^21r^31r^4
 当たり前の式に戻ってしまいました。何を言いたかったかというと、
What I want to say and say
[1], no matter how large the number:
again, even the number of [1] and at such time and place that [1], new [] and infinitely small new [1 / ] with things being sandwiched between.
[2] and is the center of all the numbers in the world [1] in some things.
1】、どんなに大きな数:∞であっても、その数を改めて〔1〕と置き直せば、その〔1〕は、新たな〔∞〕と新たな無限小〔1/∞〕との間に挟まれている事。
2】、世の中の全ての数字の中心は〔1〕である事。

 「『光ランプ技術の話』と どういう関係にあるのか?」という質問ですか。
実は大ありなのです。「光」に限らずこの世界のあらゆる物質が、上記の話と密接で不可分に出来ているのですから。 「あなたの運命の星が、夜空のどこかにまたたいている」ってロマンチックな話がありますが、それを算数的に(そのうちに)証明してあげましょうね。
 "Story of light, lamp technology, what kind of relationship is what?" Is the question. It is a fact, contemporaries. Is any substance in this world that made close and integral to the story above and not limited to the "light"; "Your destiny stars are twinkling in the somewhere in the sky" is a romantic story, but it'll mathematical proof (them to).

 2016 /30  Hiro. Oyama (大山宏)

|

« 〔1〕と〔∞〕が対応するという(数)のお話。[1] and [∞] to meet the (number) of your story is. | トップページ | 「光世界」のトレードマーク:フィボナッチ坊や宇宙を語る。Hiro. Oyama »

R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [1] and [∞] correspond to it (the number) is a story.1 and ∞ are directly coupled. Hiro. Oyama:

« 〔1〕と〔∞〕が対応するという(数)のお話。[1] and [∞] to meet the (number) of your story is. | トップページ | 「光世界」のトレードマーク:フィボナッチ坊や宇宙を語る。Hiro. Oyama »