« 相加平均と相乗平均の使い分け方。How to use the additive mean vs. synergistic mean. The equivalence distribution of height and weight? 身長も体重も等比数列的分布?Hiro. Oyama | トップページ | 鬼の首を取ったフィボナッチ坊や〔続き〕Fibonacci-boya getting the Head of Devil. Hiro. Oyama »

2016年5月26日 (木)

鬼の首を取ったフィボナッチ坊やの冒険:Adventure of Fibonacci-boya getting the Head of Devil. Hiro. Oyama

 Not a folktale of ‘Momotaro’. Is the other day, to my wife I cried out "I got the Head of Devil (in Japan)!" Fibonacci ‘boya’ to reverse a critical term "(hammy) it took a conquering hero" in Japan, which is slowly "I got the demon's neck and" and had become a cry of.
 Wrote such a thing from the 'punishment' was what came out teething fever of Derangements of the demon in three days. This referred to cold in the world. Voice whilst out though I absent from "My ‘Hibari (skylark)’ chorus". And silent for a half-day did when sleeping, the following came to an agreement.
 桃太郎の昔話ではありません。先日、私が妻に向かって大声で叫んだのです「鬼の首を取ったぞ~」と。元の日本語では「鬼の首を取ったような(大げさな)言い方」という批判的な用語なのですが、逆転の発想をするフィボナッチ坊やにかかると、「鬼の首を取ったぞ~」と自画自賛の叫び声になるのでした。
 こんな事を書いたから(ばち)’があたったのか、3日後に、「鬼のかく乱」という知恵熱が出ました。これを世間では風邪と称します。声が出なくなり流石の私も“ひばりコーラス”を休みました。そして半日間静かに寝ていたら、次の話がまとまったのでした。

 この表は原子の周期律表を、原子量という陽子と中性子の総数で整理し直してみたものです。
This table is based on periodic table atoms rearrange total number of atomic weight that protons and neutrons.
 Table-1 原子の宇宙存在度x原子量
 Cosmic abundances x atomic weights of the atoms
 1H
 30,436,753,802,000.
 2H
  7,388,265,300.
 3H
  103,605,382.
 4He,_ 8,400,000,000,000.
 5
 __________ 0.
 6Li
 _____ 20,034.
 7Li
 ______  291,627.
 8  
_________ 0.
 9Be 
______ 6,210.
10B 
______ 12,210.
11B 
______ 54,769.
12C 
__ 160,205,040,000.
13C 
__ 1,942,236,468.
14N _
__ 34,035,316,000.
15N 
__  133,590,000.
16O
 _ 376,689,984,000.
17O
 ___ 148,444,000.
18O
 ___ 866,592,000. 
19F
 ___ 68,970,000.
20Ne  
429,142,400,000.
21Ne 
__ 1,273,692,000.
22Ne 
_ 45,793,440,000.
23Na
 _  1,453,600,000.
24Mg
 _ 19,052,640,000.
25Mg
 _ 2.552,775,000.
26Mg
 _ 2,964,754,000.
27Al
 _  2,297,700,000.

 Stop Al came out at once, let me comment. Chemical dictionary I tried a cosmic abundances of nuclear elements total weight comparison as a reference. At on average this graph fairly uneven, but useless. Warped, come blurred the truth just is. (Taking a simple average of the isotope is a digression, but the tables provide a snapshot of Mendeleyev -was the period of f. Are we now, Let's arrange for nuclear world)
 アルミニウムAlが出て来たところで一度止めてコメントしましょう。
理化学辞典を参考として、原子核元素の宇宙存在度を総重量比較してみました。随分と凸凹したグラフですが、これを単純平均してみたところで何の役にも立ちません。反って真実がぼやけて来るばかりです。(余談ですが、同位元素の単純平均値を取って表にまとめたのがメンデレ―エフの周期表だったのです。我々は今、原子核の世界に関して整理してみようとしているのです)

 このように、12桁も異なるもの同士を比較研究するときに役立つのが相乗平均だということを、この実例でやって見せましょう。

1】、周期性変化を見つけ出すこと。
 12C以下の数値を見比べてごらんなさい。そこに4つ進む毎にピークが表れていますね。
更に2つのピークの中間にチョットした小山(Oyama)があります。こういう周期性が見つかれば、第一難関突破は間近です。まず13C16Oに関して、相乗平均を計算してみましょう。

13C
1,942,236,468.x 133,590,000. :15N
     =√(259,463,369,800xE+6)509,375,470.
14N
34,035,316,000.x 376,689,984,00016O
     =√(12,820,762,640xE+12)=113,228,806,580
この2つの結果を元に、更に相乗平均を計算します。
(509,375,470.x113,228,806,580)
  7,594,470,131 … (A)
これで、13C16Oの4つのデータの中心値が求まりました。
 同様な手順で、17O20Neの相乗平均値を計算します。
17O
 _ 148,444,000.
18O
 _ 866,592,000.|⇒1,396,882,072 …(B)
19F
  _ 68,970,000.
20Ne 429,142,400,000.


 そして、(A)(B)とで相乗平均値(C)を求めると、その位置が16O17Oの付近での相乗平均値と決定できるのでした。これを同様な手順で、9Be(ベリリウム)30Si(シリカ:ケイ素)辺りまで計算したものが下表です。
 8,
 ________ 0.|    9,849 =  0.00
 9Be
_____ 6,210.|   94,312 =  0.07
10B _____ 12,210.|   903,134 =  0.01
11B
______54,769.|  8,648,455 =  0.01
12C
_ 160,205,040,000.  82,818,018 = 1,934.42
13C
_  1,942,236,468. ,783,069,334 =  2.45
14N, _
_ 34,035,316,000.7,594,470,131 =  4.48
15N 
__, 133,590,000.4,973,510,563 =  0.03
16O  
376,689,984,000.3,257,081,389 = 115.65
17O
 _,  148,444,000.2,133,016,315 = 0.07
18O
 __, 866,592,000.1,396,882,072 = 0.62
19F
 __ 68,970,000.2,038,855,950 = 0.03
20Ne 
429,142,400,000.2,975,865,801 =144.21
21Ne
_ 1,273,692,000.4,343,503,161 =  0.29
22Ne
_45,793,440,000.6,339,674,223 =  7.22
23Na
 1,453,600,000.5,852,019,773 =  0.25
24Mg
  19,052,640,000.5,401,876,219 = 3.53
25Mg
 2.552,775,000.4,986,358,183 = 0.51
26Mg
 2,964,754,000.4,602,802,235 = 0.64
27Al
 _ 2,297,700,000.3,568,602,877 = 0.64
28Si
 25,810,400,000.2,766,776,811 = 9.33
29Si
 _ 1,365,900,000.2,145,112,300 = 0.64
30Si
 ___ 936,000,000.1,663,129,010 = 0.56

 10桁の数字が大きく変動しているデータも、このように大きな変動カーブと4個おきに出てくる急峻なピークの割合に分けることで、原子核内部の様子がもの凄く分かり易くなったでしょう?
改めて申し上げますが、
 右の2つの数値を掛け算すると、左の10桁の数値になるのですよ。
即ち、大変動と小変動とに分解したのでした。
 この分析手法は、私が会社勤めしていた若い頃に編み出した手法であり、「グラフ解析法」と呼べるものです。相乗平均の画期的な応用手法でもあります。
 続きは、またの機会に。
2016 5/26 Hiro. Oyama (大山宏)

|

« 相加平均と相乗平均の使い分け方。How to use the additive mean vs. synergistic mean. The equivalence distribution of height and weight? 身長も体重も等比数列的分布?Hiro. Oyama | トップページ | 鬼の首を取ったフィボナッチ坊や〔続き〕Fibonacci-boya getting the Head of Devil. Hiro. Oyama »

d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼の首を取ったフィボナッチ坊やの冒険:Adventure of Fibonacci-boya getting the Head of Devil. Hiro. Oyama:

« 相加平均と相乗平均の使い分け方。How to use the additive mean vs. synergistic mean. The equivalence distribution of height and weight? 身長も体重も等比数列的分布?Hiro. Oyama | トップページ | 鬼の首を取ったフィボナッチ坊や〔続き〕Fibonacci-boya getting the Head of Devil. Hiro. Oyama »