« Iron: Cobalt: Nickel;鉄と付近の金属の同位体分布(宇宙存在度) isotopic distribution (cosmic abundances) | トップページ | G09、Traces of angels (or aliens) appeared to Abraham. アブラハム時代に現れた天使(or宇宙人)の痕跡。Hiro. Oyama »

2016年5月 1日 (日)

Cosmic abundances(宇宙存在度) from Xenon to rare-metal(レア-メタル). Kr-relatives, Xenon-relatives, rare-metal groups. Hiro. Oyama

Summary: to decompose in the isotope and arranges the cosmic abundances, surprisingly relatives within the atomic nucleus clearly comes into view. Through this blog, Xenon relative from the tungsten to rare-metals are lies.
概要:同位体元素に成分分解して宇宙存在度を並べてみると、意外にも原子核内での親戚関係が明確に見えてくる。このブログでは、クセノン親族からタングステンに至るレア-メタル類までを観望している。

 昨日は「クリプトン原子は、半導体金属群の仲間であって、その中心に位置しており、唯一不活性であり且、気体金属である」というお話をしました。
今日の勉強は《クセノン
Xe近傍の物質分布》に関してです。
Yesterday, I have told about "Krypton atom is fellow semiconductor-metal group, located in the Center, is only inert desirability and is that gas metal.”
 Today, "Distribution of XenonXe" is studying.

From Xenon and up to Lead
・・cosmic abundances:宇宙存在度
 (atomic number / 104 Si atomic number)
  (原子数/104 Si原子数)
↓原子核内にある陽子&中性子の数原子量。
the number of Proton & Neutron
↓  in a nuclear atomic weight.   〈SUM
101      
101Ru 30.6         30.6
102
 102Pd  1.2  102Ru 56.9   (Rhodium)  58.1
103             
103Rh 30.0 30.0
104
 104Pd 14.3 104Ru 34.0        48.3
105
 105Pd 28.9               28.9
106
 106Pd 35.5  106Cd  2.8        38.3
107             
  107Ag 30.8 30.8
108
 108Pd 34.7  108Cd  2.0        36.7
109              
109Ag 29.2 29.2
110
 110Pd 15.3  110Cd 28.5        43.8
111       
111Cd 29.3        29.3
112
 112Sn  3.4    112Cd 55.4  (Indium)  58.8
113       
113Cd 28.2    113In  1.1  29.3
114
 114Sn  2.3   114Cd 66.4       68.7
115
 115Sn 12.2           115In 24.9  37.1
116
 116Sn 51.3  116Cd 17.4       68.7
117
 117Sn 27.3              27.3
118
 118Sn 86.4              86.4
119
 119Sn 30.9              30.9
120
 120Sn 118.7  120Te  0.6  (Antimon)  119.3
121             
121Sb 22.9  22.9
122
 122Sn 17.0   122Te 16.7       33.7
123       
123Te   5.9   123Sb 17.1 23.0
124
 124Sn 21.5  124Te 31.3   124Xe  0.5   53.3
125       
125Te 47.5         47.5
126
  (Iodine)   126Te 127.2 126Xe  0.4 127.6
127
 127I 110.0            110.0
128      
128Te 216.2 128Xe  9.0  225.2
129             
129Xe 124.3 124.3
130
 130Ba  0.5 130Te 234.5 130Xe 19.2  264.2
131            
131Xe 99.5  99.5
132
 132Ba  0.5  (Cesium)   132Xe 126.4   126.4
133       133Cs 32.0        32.0
134
 134Ba 11.4        134Xe 48.9  60.3
135
 135Ba 31.0              31.0
136
 136Ba 36.7  136Ce 0.2  136Xe 41.7   78.6
137
 137Ba 53.2             53.2
138
 138Ba 336.8  138Ce 0.3 138La 0.03  336.8
139            
139La 36.0  36.0
140
プラセオジム 140Ce 103.5  (Lantern)  103.5
141
 141Pr 170.0   ↓↓↓       170.0
          (セレンselenium)

(1)
Surprised how many isotopes!
 
同位体の多さにビックリ!

 
 上記に、Xeクセノンから鉛までの同位体元素を並べたのですが、まず驚いたのは、この近辺の同位体の多さです。
 Arranged by Lead-isotope from the Xenon to the above, the first surprise is the many of this isotope.

●、There are 9 Isotopes of Xenon, and there are 6 Isotopes of Lead.
 Furthermore, in the Tin Isotopes of 10, was of Isotopes of the same element of the other. The non-isotopic mass (Iodine, Cesium, Rhodium, Praseodymium) and substances do not have only one isotope (Indium, Antimony; Sb) is noticeable.

 クセノンには
9個の同位体があり、鉛には6個の同位体があります。
更には、錫には
10個の同位体があり、他の元素についても同程度の同位体があるのでした。
 返って、同位体のない物質(ヨウ素I,セシウムCs,ロジウムRh,プラセオジムPr)や、1個しか同位体を持っていない物質(インジウム;In,アンチモンSb,Ag,In,Sb),が目立つほどです。
●、Especially 138Ba 336.8 stands out the presence of Barium. The smaller mass of other Barium-Isotopes are cosmic abundances decrease sharply.
 Tin; Sn is also similar, but rather have shallower horizons.

 138Ba 336.8 (バリウム)の存在量が特に目立ちます。質量が小さい他のバリウム同位体は宇宙存在量が激減しています。
 
(スズSn)に関しても同様の傾向ですが、幾分なだらかな裾野を持っています。

(2)
Xenon is the King of this region!
 Set the [SUM] to the right, I tried calculate the sum of having the same mass. May be growing large and gentle around the 130 Xe and look at this. Don’t you think that Iodine and Tellurium are brothers of Xenon?
 
Xeクセノンはこの地方の王様!
 右端に〈SUM〉を設け、同質量の合算値を計算してみました。これを見ると、130Xe辺りに広くてなだらかな高まりが認められます。テルル(Te)とヨウ素IodineとはXeの兄弟と考えるのが適当でしょう。

●、I would have burned when subjected to examination of gastrointestinal barium Ba's big power Foreign Ministers. On the other hand, is Tin (:Sn) as Interior Minister.
 
胃腸の検査を受けるときに飲まされるバリウム
Baが、大勢力を誇る外務大臣というところでしょうか。
 これに対し、内務大臣としての位置づけが錫(すずTinSn)ですね。
●、Near the Leads(Pd) cannot be increased (unexpectedly). Cadmium (Cd) which infamous in ‘Minamata’ disease was a brother of silver and lead to his surprise, too. Enter-or-Outer and little e ( just one electron) from Silver (Ag) nuclei, into the bad toxins from the works of God is a fact that amazed.
 鉛
Pd近辺は(期待に反して)高まりは認められません。
水俣病で悪名を轟かせたカドミニウム(Cd)が銀や鉛の兄弟だったってことにも驚きが隠せません。銀(Ag)の原子核から小さな電子たった一個が出入りしただけで、毒素の悪玉に変身するのですから、神様の成せる業ってビックリ仰天というところです。

○、Praseodymium 141 Pr (170.), 140Ce(103.5) of way temporary is a good idea, but since the Iridium and Platinum up, rare low followed by a stable.
 FYI you have stated in the same vein.
 
プラセオジム141Pr(170.)140Ce(103.5)のところで一時的な高まりがあるものの、以降は、イリジウムや白金が出てくるまで、レアメタルの低値安定続きます。
 参考までに同じ調子で記載しておきます。

 (Neodymiumネオジム) ↑↑↑
142
 142Nd 20.9    142Ce 13.0
143
 143Nd   9.4     (Samariumサマリウム)
144
 144Nd 18.4      144Sm 0.7 
145
 145Nd  6.4  
146
 146Nd 13.2  
147         
147Sm 3.4 
148
 148Nd  4.4    148Sm 2.6 
149         
149Sm 3.2 
150
 150Nd  4.3    150Sm 1.7 
151
 151Eu 4.3         (Gadolinium)
152         
152Sm 6.1  152Gd 0.1
153
 153Eu 4.8  
154 (
ユーロビム)   154Sm 5.2  154Gd 11.8 
155      
  (ジストリシウム) 155Gd  8.1 
156        
156Dy 0.01   156Gd 11.3  
157               
157Gd   8.6 
158(
テルビウム)   158Dy 0.03   158Gd 13.7 
159
 159Tb 3.7 
160        
160Dy  0.8    160Gd 12.0 
161        
161Dy  6.8   (エルビウム)
162        
162Dy  9.1   162Er 0.03
163        
163Dy  9.0 
164 (
ホロミウム)   164Dy 10.1   164Er 0.3
165
 165Ho  9.0 
166               
  166Er 7.4
167               
  167Er 5.0
168
 (ツリウム)    168Yb 0.03   168Er 6.0
169
 169Tm 3.5  
170        
170Yb 0.6    170Er 3.1
171        
171Yb 3.0 
172        
172Yb 4.6 
173        
173Yb 3.4   (ハフニウム)
174        
174Yb 6.7    174Hf 0.03 
175
 175Lu 3.4   
176
 176Lu 0.1   176Yb 2.7    176Hf 0.9 
177                
177Hf 3.2 
178                
178Hf 4.6 
179      
 (タングステン)    179Hf 2.3 
180
 180Ta 0.00   180W 0.02   180Hf 6.0 
181
 181Ta 2.0 
182        
182W 3.4 
183        
183W 1.8
184        
184W 4.0 
185
 185Re 1.9  
186        
186W 3.7 
187
 187Re 3.3
188
 
189
 
190        
190Pt 0.0    190Os 17.2 
           ↓↓↓     ↓↓↓
 以降は、最初に示した「白金と水銀とは金の成り損ね」表に続いています。

●、Familiar with the filament of tungsten (W) on the lamp manufacturer Ushio and Stanley as well as working for nearly 40 years, I did not even think is deep, but believe it or not belonged to the rear metal tungsten.
 
私はウシオ電機とスタンレー電気など電球メーカーに
40年近く勤務していた関係上、タングステン(W)フィラメントになじみが深かったのですが、タングステンがまさかレアーメタル群に属していたとは思ってもいませんでした。
 そして、貴金属の白金の外戚に当たるなんて、貴女だって想像出来ていたでしょうか。近頃政府から「電球を今後は販売しないように」という指導がなされましたが、貴方の家の物置に眠っている電球は、白金と同じ価値があるということ覚えておいてください。
And Wolfram hits Government and military institutions of the precious metals Platinum, because you were made of imagine. Keep in mind that light bulb is made from the recent government guidance "light bulbs in the future to not sell," sleeping in the closet in your House is worth as Platinum.
 

●、この地域の豪族たちは、何人かいる模様ですが、その中心的存在は、どうやらガドリニウム(Gd)らしいです。
なお、ネオジム(Nd)に関しては、上部団体との関係が強い模様で、パラセオジム(Pr)やバリウム(Ba)のすそ野部分であろうと判定できそうです。案外、セレンやランタンまで含めた壮大な地場勢力がバリウムを宗主として成立しているのかも知れませんね。
Neodymium (Nd), in the top group with strong patterns, would be in the wider part of the Praseodymium(Pr) and Barium(Ba), and so can be determined. I might unexpectedly, including Selenium and Lantern spectacular local forces exist as a colonial Barium.

 
From the point of view of the cosmic abundance of elements come watch 「Platinum, gold, mercury, uranium group」「Iron-group + Kr-relatives」 「Xenon-relatives + rare-metal groups」 such as. Come see the nucleus inside the isotopes to determine the abundances of the elements and it was found?
 元素の宇宙存在度という観点から「白金,,水銀,ウラン群」「鉄族元素群+クリプトン親族」「クセノン親族+レアーメタル群」などを見て来ました。同位元素に分解して元素の存在度を調べると、原子核内部の様子が見えてくるのが分かりましたか?
 この観点でもって、いよいよ明日からは、鉄族元素よりも小さな原子量を持った馴染みのある元素を探訪していきましょう。鉄族は中性子陽子個数では55辺りにあります。55はフィボナッチ数列の基準番号でしたね。面白いことが発見出来るかも知れませんよ。
 Me in this point of view, from tomorrow, than of iron-group elements we will explore the elements are familiar with small atomic weight. The iron tribe on the neutron-proton number 55 here. Reference number of the Fibonacci sequence was 55. You may be able to be discovered is interesting.

2016 5/02 Hiro. Oyama(大山宏)

|

« Iron: Cobalt: Nickel;鉄と付近の金属の同位体分布(宇宙存在度) isotopic distribution (cosmic abundances) | トップページ | G09、Traces of angels (or aliens) appeared to Abraham. アブラハム時代に現れた天使(or宇宙人)の痕跡。Hiro. Oyama »

d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold.」カテゴリの記事

コメント

griseofulvin psoriasis Waloven

投稿: Williamwelp | 2016年5月19日 (木) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cosmic abundances(宇宙存在度) from Xenon to rare-metal(レア-メタル). Kr-relatives, Xenon-relatives, rare-metal groups. Hiro. Oyama:

« Iron: Cobalt: Nickel;鉄と付近の金属の同位体分布(宇宙存在度) isotopic distribution (cosmic abundances) | トップページ | G09、Traces of angels (or aliens) appeared to Abraham. アブラハム時代に現れた天使(or宇宙人)の痕跡。Hiro. Oyama »