« Discovered the ‘Periodic Law about atomic nuclear’.“原子核における周期律表”の発見。Hiro. Oyama | トップページ | 時間Tが進む回転方向と、Tが遅れる回転方向。羽生結弦スケーターインタビューより。Hiro. Oyama »

2016年5月 9日 (月)

フィボナッチ坊やの発見Fibonacci boya discovered the periodic table of atomic nuclei. Hiro. Oyama

 まずは、分かったことを先に書きましょう。
従来、元素の周期律表と言えば、メンデレーエフさんが発見された周期律表を指すのが当たり前でした。それは、原子核の周囲を飛び回っている電子(特に最外殻電子)の振る舞いをまとめた表でした。
 
As it turned out, write to. It was obvious point was found, speaking of the periodic table of the elements, Mendeleev's periodic table. It was the table summarizes the behavior of electrons flying around the nucleus (especially the outer-shell electrons).
 これを改めて、原子量(≃陽子と中性子の和数)でもって整理すると、原子核の内部構造が明らかになって来ます。微小世界から銀河宇宙までを一貫して貫く宇宙の姿が明らかになって来たのです。
具体的には、It renews the atomic weight ( sum of protons and neutrons), thereby organizing internal structure of atomic nuclei is clarified comes. Is the universe, ranging from the micro-world milky way space is clarified. Specifically on the next.

(1)
' Hydrogen-helium world ' of structure ' uranium-thorium world ' of structure and have 1:01
‘水素-ヘリウム世界’の構造と‘ウラン-トリウム世界’の構造とが1:1対応をしている事。
(2)
、我々が住んでいる世界は、鉄を中心とし炭素Cから金や鉛までを活用する世界(‘鉄世界’)に住んでいますが、この三つの世界は互いにフィボナッチ実数列でもって結び付けられている事。
 About the world we live in, live in iron using gold and lead from the Center and then C world (' Iron '), but these world are tied in Fibonacci real with each other.

 Read a more detailed description.
It is a description of the term Fibonacci real column is not. You'll be wondering such as
Knows the Fibonacci sequence is 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, and flew positive integer that is a sequence of digits are lined up on the fly. Real-number-sequence is what?
 詳細な説明に入りましょう。
まずは耳慣れない「フィボナッチ実数列」という言葉の説明ですね。あなたは疑問に思われたことでしょうね、『フィボナッチ数列は知っているが、あれは正の整数が1123581321、と飛び飛びに並んでいる数字の並びだぞ。実数列とは何事だ?』ってね。

 
Dan Brown's novel was not to bring 'Davinci Code', so far as the laws of positive integer was told the world and the relationship between the sequence and the golden ratio are common practice.
 ダン・ブラウン氏の小説'ビンチコードを持ち出すまでもなく、これまでは正の整数の法則として世に知らされていましたし、その数列と黄金比との関係もある程度常識化していました。
However, Fibonacci boy (for me that is) I think the properties of the Fibonacci sequence is succeeded in expressing it in the power equation, and to less than one-part numbers starting with 1 free real sequence number (infinitely small) that I realized it was.
しかし、フィボナッチ数列の性質をよくよく考えてみたフィボナッチ坊や(私のことです)は、それをべき乗の近似式で表現することに成功し、1で始まるその数列の1以下にも無数(無限小)の実数列が広がっていることに気が付いたのでした。

 I.e., it is infinitely small world was spreading there. Infinity is infinitely far reiterated that infinity is spreading, and try putting 1 and from there also the Fibonacci world spreads, (unlimited 1), (unlimited 1), (2 unlimited), (Infinity 3) (infinite 5) (infinite 8), (infinite 13), and is expanded by the same rules.
 I'm sure our lives if mere numbers do not play in the natural world should find proof. So did Fibonacci boya has in the past three years, the Atomic periodic table ' against'.
 即ち、無限小世界がそこには広がっていたのです。
 また、無限大はどこまでも無限に広がっているのですが、その無限大を改めて1と置きなおしてみると、そこからまたフィボナッチ世界が広がっており、
(
無限1)(無限1)(無限2)(無限3)(無限5)(無限8)(無限13)、と同じルールで展開していたのです。
 単なる数字の遊びでないのであれば、きっと我々の住んでいる自然界の中にその証拠が見つかるはずです。そのように考えてフィボナッチ坊やはこの3年間、原子の周期律表とにらめっこしてきたのでした。

1】元素の宇宙存在度の活用。Take advantage of the cosmic abundance of elements.
Chemical dictionary of books have been published by ‘Iwanami Shoten’, "XII. abundances of the elements" that are on the table. There is the cosmic abundance of elements "* and according to the celestial physics of Aller (1961) and until 1968, meteorite data" is annotated, provides detailed data. It using Fibonacci boy made the following table.
 岩波書店から発行されている本「理化学辞典」には、〝Ⅻ元素の存在度″という表が乗っています。そこには、元素の宇宙存在度が「*主としてAller(1961)の天体物理学的データおよび1968年までの隕石データによる」という注釈付きで詳細データが紹介されています。それを使ってフィボナッチ坊やは次のような表を作ってみました。
1H 
25,996,100,000 1.69 238U 0.01985500
2H,   
3,900,000 3.13 235U 0.00014390
3H,     
33,800 3.97 234U  0.00000114
4He 
2,000,000,000 4.55 232Th  0.07000000

 You don't think striking resemblance?
Oh, I'm sorry. 1 H is the hydrogen nucleus. 4 refers to the atomic nucleus of helium. Similarly, 238 U and that the uranium nucleus, and refers to the thorium nucleus and 232 Th. 235 u infamous atomic bomb materials like, 2 H, 3 H is a raw material of a hydrogen bomb. "Things so there is less of a ' You know.
 驚くほど似ているとは思いませんか?
ああ、ごめんなさい. 1Hとは、水素の原子核のことです。4Heとはヘリウムの原子核を指します。同様に、238Uとは、ウラニウムの原子核のことであり、232Thとはトリウムの原子核を指しています。235Uが悪名名高い原子爆弾の原料ですし、2H3Hが水素爆弾の原料です。『物凄く存在量が少ないのだな』って分かりますね。
 『At the Center, 1.693.133.97is there the number?That is a question?
Let me try to explain about a little. Fi-boy was found the formula; Fi=K‣A
(Ni10) a little bit ago. And using this formula, it is a journey into the microscopic world you can do this, you can instantly expeditions to Antarctica, that magical formula. Arranged in the central figures represent the numbers from the weight of the hydrogen nuclei (protons) (atomic weight) using this formula.
 『中央に、1.693.133.97、と小数点付きの数字があるのは何?』という質問ですね。
少し補足説明をしておきましょう。フィボナッチ坊やは前に、Fi=KA(Ni10)という式を発見したのですが、これを使えば、極微世界への旅も出来るし、瞬時に極大世界への探検旅行も出来るという不思議な計算式なのです。この式を使って水素原子核(陽子)の重さ(原子量)から数字を割り出した数字が、中央に並べてあるのです。

 これ見ると、1H(水素)原子核のフィボナッチ数字は、1ではなくて、1.69なのでした。ヘリウムの原子核4He4ではなくて、4.55なのです。
同様の計算を実行して、フィ坊や(フィボナッチ坊や)Tableを完成させました。
 And look at this 1 H (hydrogen) nucleus of Fibonacci numbers is 1.69 but not 1. The atomic nucleus of helium 4 is not 4, is 4.55. Perfected the Table field boy (boy Fibonacci), perform a similar calculation.

Table-1
Cosmic abundance of elements nuclei and Fibonacci real column table.
原子核元素の宇宙存在度とフィボナッチ実数列対応表

 Fibonacci-real.↓フィボナッチ実数(real)
1H 
25,996,100,000  1.69 238U 0.019855
2H,   
3,900,000  3.13 235U  0.0001439
3H,    
 33,800  3.97 234U 0.00000114
4He 
2,000,000,000  4.55 232Th  0.07
5
 
6Li     
3.339 5.40
7Li    
41.661 5.72
8
  
9Be    
0.690 6.24
10B    
1.221 6.46     Bi : 0.17
11B    
4.979 6.66     Pb(): 1.6
12C 
13,350,420 6.84     Tl : 0.18
13C,  
149,580 7.00 Au()+Hg+Pt : 4.88
14N, 
2,431,094 7.16     Ir+Os : 1.256
15N,    
8,906 7.30    Re+W : 0.1382
16O,   
23,543,124 7.43    Ta+Hf : 0.19
17O,    
8,732 7.55    Lu+Yb : 0.245
18O   
48,144 7.68    Tm+Er : 0.255
19F,    
3,630 7.79    Ho+Dy : 0.45
20Ne 
21,457,120 7.90    Tb+Gd : 0.587
21Ne   
60,652 8.00    Eu+Sm : 0.321
22Ne,  2
,081,520 8.09    Nd+ Pr : 0.94
23Na   
63,200 8.19    Ce+ La : 1.53
24Mg  
793,860 8.28    Ba+ Cs : 5.02
25Mg  
102,111 8.36 (クセノンXe+Te 11.5
26Mg  
114,029 8.44      I +Sb : 1.5
27Al   
85,100 8.52  Sn(スズ)+In : 3.86
28Si   
921,800 8.60      Cd : 2.3
29Si   
 47,100 8.67     Ag() : 0.6
30Si   
31,200 8.74      Pd : 1.3
31P    
12,700   8.81      Rh : 0.3
32S   
475,000 8.87      Ru : 1.8
33S    
3,800 8.94     93Nb : 1.5
35Cl   
 5,700 9.09      Mo : 2.8
34S   
 21,100 9.12      Zr : 32
36S     
 70 9.17      Y : 5
39K    
3,800 9.29      Sr : 20
40Ar   
240,000 9.34      Rb : 7
40Ca   
73,600 9.34    84Kr : 58
46Sc     
33 9.58     Br : 16
46Ti     
184 9.63     Se : 89
47Ti     
168 9.67     As :  6
48Ti   
  1,702 9.72     Ge : 135
49Ti    
 126 9.75     Ga  : 51
50Ti    
 121 9.80     64Zn 1,170
51V    
 200 9.88     Cu : 290
52Cr   
11,700 9.88   58Ni  41.800
55Mn   
9,200 10 〉 59Co  2,300
‐・-56Fe -・- 890,000 10.03 ‐・-

Turns out that Earth-abundant 'iron' and its relatives are accounted for an overwhelming amount. It did came back to u-238 heavy Fe 56 Fe and placed at the bottom, I stacked elements in order from there.
 地球にもふんだんにある‘鉄’とその親族が圧倒的な量を占めていることが分かります。
その重たい鉄56Feを一番下に配置し、そこから順番に元素を積み上げてみたら、ウラン238に戻って来たのでした。

☆、
You can see somehow works with left and right?
 Will bulge telling you that It looks like? Rear metal groups such as gold or Platinum, but Leahy carbon-silica (Silicon; SI), such as the elements are familiar with the Table.
 It is called further for the bottom half, the existence of different, but somehow the ledge telling you that supports. It's not a forced far-fetched reason. Computes the Fibonacci numbers using the atomic weight, lined up politely if piled up, try this Table because you.
☆ 左右が何となく対応しているのが分かりますか?
 出っ張り引っ込みが何となく似ているでしょう?
金や白金などレアーメタルグループが、左欄の炭素~シリカ(ケイ素;Si)などの馴染みのある元素に対応していますね。
 更にその下半分に関しても、存在量は大きく違うとはいうものの、何となく出っ張り引っ込みが対応しているのです。
無理やりこじつけた訳ではありませんよ。原子量を使ってフィボナッチ数を計算し、丁寧に並べ積み上げてみたら、このTableが出来上がったのでした。

★、
You therefore, look in a little more detail.
 To see the carbon 12 C and 16O oxygen around. Neutron number one more 12 C than 13C in the neutron number one greater than 16O is 17O. You can and compare that element with the same number of neutrons but more at creation time can be difficult.
 せっかくですから、もう少し詳細に見てみましょう。
 炭素12Cや酸素16Oの辺りをご覧になって下さい。中性子の数が12Cより1つ多いのが13C であり、中性子の数が16Oより1個だけ多いのが17Oなのですよ。その同じ元素同士で比べてみると、中性子の数が多い方が天地創造の時に出来難かったことが分かります。
 Isotopes of titanium (Ti) apart just a little bit above the iron at the bottom, I've expressed. And look at this approach, titanium near (i.e., according to the approach to the iron), reveals that the vertical distribution is symmetrical. So (because the Table is complex but omitted details) is that more neutrons are now too much iron and easy can be at time of creation.

 最下段の鉄よりも少しだけ上にチタン
Tiの同位体を分解して表現しておきました。これを見ると、チタンの付近に近づくと(即ち、鉄に近づくにしたがい)、上下の分布が対称形に近づくということが分かります。そうして、鉄を過ぎると、今度は中性子が多い方が天地創造の時にでき易かったのだということになっています(Tableが複雑になるので今回はその詳細は省略しました)
☆、The Platinum and mercury had failed, and material-gold (Gold) to be able do so. (You remember this story. you read that blog forgot).
 Lead is just above the gold (Gold). Amount to much is not as great, but seems to be the astringent lead most of the uranium and thorium in the failed consist of radioactive materials. To see again the distribution listed first uranium 238 U around, please try it.

 
Than uranium are spread among the larger world would you imagine that if you are already a great scientist. In other words, was there existed as a maximum global uranium 238 U, though one hydrogen nuclei, such as world.
 In other words, was there existed as a maximum global uranium 238 U, though one hydrogen nuclei, such as world. It was also was deployed inside the hydrogen nuclei of hydrogen atoms are as 1 uranium nucleus, such as micro world (infinitely small world).
 そうやって金(Gold)が出来、金になり損ねたのが白金と水銀だったのでした。(この話は覚えておられますね。お忘れの方はそのブログを読んで見てね)
 金(Gold)のすぐ上方に鉛があります。量はさほどには大きくありませんが、ウランやトリウムに成り損ねた放射性物質のほとんどは、鉛に収れんしたらしいです。
そこで、最初に示したウラン238U辺りの分布を改めてご覧になってみて下さい。
 ウランよりももっと大きな世界がその先に広がっているだろうことが想像つくならあなたは既に立派な科学者ですよ。
即ち、ウラン238Uをあたかも1個の水素原子核としたかのような世界が、そこに極大世界として存在していたのでした。
また、水素原子があたかも1個のウラン原子核としたような極微世界(無限小世界)が、その水素原子核の内部に展開されていたのでした。

 このことを手塚治虫氏は、漫画「火の鳥」で数十年前に我々日本人に見せてくれたのでした。そしてそれに感動した私フィボナッチ坊やは、それを実数列という算数で、説明してみせたのですよ。
 少しはこのお話、あなたのお役に立てたでしょうか?
 So this ‘Tezuka’, in the cartoon "Firebird" decades ago he showed us Japanese. And I was touched by that ‘Fibonacci-boya’ is that math is the real column, I'm going to explain.
 To talk about this, you got a little?

 2016  5/9 Hiro. Oyama(大山宏)

|

« Discovered the ‘Periodic Law about atomic nuclear’.“原子核における周期律表”の発見。Hiro. Oyama | トップページ | 時間Tが進む回転方向と、Tが遅れる回転方向。羽生結弦スケーターインタビューより。Hiro. Oyama »

F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini」カテゴリの記事

コメント

文系の私のような一般人にとってはこの記事は少々敷居が高いです。
特に数字の並んだ表は理解の遙か彼方に感じます。
従って貴兄の論理展開に正誤の判断が出来なくて正しいのかどうかよく分かりません。
これは中高生・一般人には難しすぎる。
もっと平易な文章で書いていただいた方が素人には適しているように思います。

投稿: miyamo | 2018年4月 8日 (日) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Discovered the ‘Periodic Law about atomic nuclear’.“原子核における周期律表”の発見。Hiro. Oyama | トップページ | 時間Tが進む回転方向と、Tが遅れる回転方向。羽生結弦スケーターインタビューより。Hiro. Oyama »