« 「光世界」のトレードマーク:フィボナッチ坊や宇宙を語る。Hiro. Oyama | トップページ | the appearance of the Space ”宇宙の姿はひょうたん型”were having a gourd shape;〔S,∞,S〕 »

2016年6月 5日 (日)

原子の存在量とフィボナッチ数列の関係。Nucleus; supported by the Fibonacci sequence.

2019/ 3/07renewal
 The following table is arranged, "nuclear cosmic abundances ' indicator, the total number of protons and neutrons. It is in when you've stripped off the electrons surrounding the nucleus, and Atomic TS elements. Electrons are very light, so elements e all 'rip off ' and 'ripped after' weight compares with the most weight does not change.

次の表『原子核の宇宙存在度』を「陽子中性子の総数」を指標にして整理したものです。
原子核とは、原子から回りを包んでいる電子をはぎ取ってみた時の元素でのことです。電子は非常に軽いので、元素から電子をすべてはぎ取る前はぎ取った後の重さを比較すると、重量はほとんど変わりません。
 理化学辞典を参考資料として計算してあります
フィボナッチ坊やが考え出した「グラフ解析法」を用いて『原子核の宇宙存在度データ』を分析したものです。
 Chemical dictionary is referenced. It is the analysis of "nuclear weigh cosmic abundance" data, using chart analysis Fibonacci sonny figured. Event approved by the multiplication of large and small variations.
大事件大変動小変動の掛け合わせで成立。
 宇宙存在度:A=(大変動:B)x(小変動:P)
このことを頭に置きつつ、まずは、数字の桁数変化を眺めて見て下さい。

9be34
 For the first, let me explain for the Fi-coef. Coefficient of Fi and I figured this is the atomic weight (1H-233U) of examine the relationship between numbers and Fibonacci real column is calculated "number of Fibonacci real column corresponding to each atomic weight'. When I for integer, rounded to the Fibonacci real could easily say, "count number to the atomic weight" is.
初めに、Fi-coef(係数)に関して説明しておきましょう。Fi係数とはフィボナッチ坊やが考案した係数であり、原子量(1H233U)の数値とフィボナッチ実数列との関係を調べ『各原子量に対応するフィボナッチ実数列の個数』を計算したものです。
 簡単に言ってしまえば、フィボナッチ実数の小数点以下を四捨五入して整数化しときに“その元素の原子量になる個数をカウント集計”して、各元素毎の出没頻度を計算したものです。この出没頻度世の中に実在する原子の存在度(量)とが、実に上手く一致してくるのでした  以下に続きを展開しますが、Fi係数の値は、3から2へと頻度が次第に減って行って、以降は〈1.〉か〈0ZERO〉ばかりが出てくるようになります。そのような状態が0.5 となるように標準化してあります。
  Following continued to expand, but gradually decreasing frequent frequency of 2 Fi coefficient values, since one [0: ZERO] just will come out. At the condition, Fi-coef is 0.5, so adjusted.

Photo
Photo_2
Photo_3 Photo_4  Photo_5
トリウムやウランの近辺でFi-coef(係数)が0.5となるように出没頻度を標準化したのでした。
210231区間は宇宙存在度がZEROなのです。この区間には、0.5よりも少し大きめの値が対応しています。 そして原子が軽くなるに従がって、このFi-coef(係数)は指数関数的に増大するのですが(それは今後にお話しするとして)話題を絞りましょう。 So, what, 210-231 between ZERO space being advanced?.
Years 5 billion radioactive nucleus that existed immediately after creation and natural collapse, has died.  It was the 10 billion years ago from now. Is the solar system including the Earth helped 5 billion years ago from now.
Is the solar system including the Earth helped 5 billion years ago from now. Was the small Big-Bang (Supernova) "210-231 between atomic nuclei", spontaneously decay to stable was transformed into the nucleus.
 では、何故210231区間は宇宙存在度がZEROなのでしょうか
天地創造の直後には存在していた放射性原子核は50億年も経過すると、自然崩壊して亡くなってしまっています。それは今から100億年前のことでした。
 地球を含む太陽系は今から約50億年前に出来たのです。その小さなビッグバン(超新星爆発)の時に出来た『210231区間の原子核』も自然崩壊して、安定な原子核に変身していたのでした。 
"How 5 billion years ago say what? ' Is the question?
Radioactive half-life is. Fortunately or unfortunately, the radioactive element 5 billion years ago remains slight. It is Uranium 235U and 234U. Those longer half-life, then backward, 45-5 billion years ago (since the big bang, 10 billion years later), so can be estimated by supernova explosions from the old-Sun, our solar system was born.
『どうやって、50億年前だと推定できるのか?』という質問ですか。
放射能には半減期というものがあります。
幸か不幸か、
50億年前に出来た放射性元素が、わずかに残っています。それはウラン235U234Uです。それら半減期はもの凄く長いので、それから逆算すれば、4550億年前ごろ(ビッグバン以降、100億年経過後)元太陽が超新星爆発をして現在の太陽系が生まれたと推定出来るのでした。
 Back to the original. Various unstable radioactive element (mass of nucleus manque), know where to reach the final. An astringent on the following three broadly speaking. It is accumulation of the iron Kingdom stands first. A remarkable second integrated is the accumulation of Gold Platinum realm including the lead. Is integrated in the third "uranium and thorium Kingdom" was and can be described.
 話を元に戻しましょう。 様々な不安定な放射性元素(出来損ないの原子核の塊)は、最終的にたどり着く場所が決まっています。大ざっぱに言えば次の3か所に収れんします。
1
番目立つのは「鉄王国への集積」です。
2
番目に顕著な集積は「鉛を含む白金王国への集積」です。
3
番目の集積場所が「ウラン・トリウム王国」だったと説明することが出来ます。
Stable when compared with thorium 232Th and 238U uranium nucleus that is either stable or not you think that nuclear?
The answer speaks quietly table above, but thorium(Th) is 3-4 times stable are speaks for figures and elements. Is a remnant of the time by answering questions like uranium 234U radioactive and 235U is a radioactive element in the current solar system was born, is the spontaneous decay of the last reason. It was two (234U, 235U) do break as an atomic bomb to another human, even going either convergence thorium Th.

 安定な核である238Uウランとトリウム232Thとを比較した場合、どちらが安定な原子核だと思いますか?
 トリウムThの方が34倍安定な元素なのです。
先ほども質問に答える形でウランには放射性元素の
234U235Uは放射性元素であり、現在の太陽系が生まれた時の名残であって、最後の自然崩壊をしている訳です。この2(234U,235U)別に人間が原子爆弾として壊してやらなくても、いずれトリウムThに収束して行くのでした。
 後半の大多数が、レアーメタルです。50億年前に太陽系の前身(元太陽)が爆発(小規模のビッグバン)を起こした時、放射性のレア-メタル同位体はかなり存在していたのでしょうが、そのほとんど全ては鉄王国に収れんして行きました。
だから、鉄王国はあんなにボリュームがあるのですよ(豊かなのですよ)
鉛を含む金白金王国への集積」に関しても、210231区間の存在度ZEROである出来損ないの元素が崩壊して鉄王国へ仲間入りして来たため豊かになっている事、覚えておいて下さいね。
 続きは明後日ということにしましょう。
今日はここまで。2016 6/3 Hiro. Oyama(広.大山)
The majority of the second half is the rear metal. When 5 billion years ago caused the explosion of small predecessor of the solar system (from Sun), rare - metal isotope is radioactive quite existed, but that almost everything went astringent in the iron kingdoms. So, the iron Kingdom is so much volume I (rich!).
For accumulation of Gold Platinum realm containing lead, 210-come join the iron Kingdom, collapse of the radioactive elements in the present degree ZERO of 231 for please remember to be rich.
  Continued longer, so after tomorrow will be the day. That is all for today.
 2016 6/3 Hiro. Oyama(広.大山)
2019/ 3/07renewal

|

« 「光世界」のトレードマーク:フィボナッチ坊や宇宙を語る。Hiro. Oyama | トップページ | the appearance of the Space ”宇宙の姿はひょうたん型”were having a gourd shape;〔S,∞,S〕 »

d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury & Platinum are detracts from made of Gold.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子の存在量とフィボナッチ数列の関係。Nucleus; supported by the Fibonacci sequence.:

« 「光世界」のトレードマーク:フィボナッチ坊や宇宙を語る。Hiro. Oyama | トップページ | the appearance of the Space ”宇宙の姿はひょうたん型”were having a gourd shape;〔S,∞,S〕 »