« 原子の存在量とフィボナッチ数列の関係。Nucleus; supported by the Fibonacci sequence. | トップページ | 原子核世界もフィボナッチ実数列で統制されている。Hydrogen 1 responds to uranium one wonders. Hiro. Oyama »

2016年6月 7日 (火)

the appearance of the Space ”宇宙の姿はひょうたん型”were having a gourd shape;〔S,∞,S〕

 2019/ 3/07renewal by Hiro. Oyama
お待たせしました。宇宙の姿の整理が付きました。

宇宙はなんと、瓢箪(ひょうたん)の形をしていたのでした。まず、その証拠写真をお見せしましょう。
 Your patience has been. Was the appearance of the space arrangement. The universe is, "were having a gourd shape. First of all, let the evidence photos.

Photo_4
 どうです。見事な瓢箪の形をしているでしょう?
左上には金AuGoldが陣取っています。左下には、銀Agがありますね。右側には銅も見えます。 金・銀・銅・とくれば、現代ではオリンピックの話になるのですが、昔は「鉄の斧」を求める正直者のおとぎ話と相場が決まっていました。兎に角この「鉄」の存在量は宇宙空間中で最大なのです。
 図を御覧なさい。
Fe鉄コーナー山の出っ張りが最高でしょう?
 Whether it is. You're a fine gourd-shaped? Gold Au: Gold are sitting in the top left. In the lower-left corner, silver: Ag. Copper also looks to the right. Gold, silver, copper, and was awkwardly fairy tale's honesty of story of the Olympic Games in modern times, it is used for "iron axe". Anyway this iron abundance is greatest in the space of the universe is. Please see the figure. Fe: iron corner mountain ledge is best?
数字の桁数は、12桁もあり、群を抜いた"富士山型の山"であることが分かります。
ああそうだ、説明をし忘れていました。 左右のボトムは、つながっているのです。頭の中で、瓢箪(ひょうたん)丸底をイメージして下さいね。
 Are 12 decimal digits, you know that "Mt. Fuji type" exceptionally good. Oh yes, description was forgotten and. It is connected to the bottom left and right. Imagine a round bottom gourd (calabash) in the head.
 あれまあ、早々と質問ですか?なになに?
『宇宙の話をしたいらしいが、その数値は何か? ウランや金など,左半分が右半分と比べて随分と"馬鹿でかい"じゃないか』という質問ですね。
 お答えしましょう。
重さ
(質量)で比べても、全宇宙に存在する水素HやヘリウムThと比べると,雀の涙ほどもありません。
 That question well, and early is the? Hey? "Something seems to want to talk space, but the number is? Compared to right half left half, such as uranium, gold, and 'big' It's a squid, that question.
 Let's find out. Compared with Th; helium and hydrogen; H in weight (mass) than exists in the entire universe, not as a tear of the Sparrow.
他の炭素や酸素であっても、グラフに描きようがないほどに低い山になってしまい、比較するのが、困難なのです。 そのような時、科学者はすぐ、Logだとか、SinCosとかの難しい話で、煙に巻くのですが、それでは、小中学生は納得しません。
 そのような悩みの中にあって、私は、宇宙がフィボナッチ数列で成り立っていて、無限大()が「1」と対応することを見つけ出したのでした。
Other carbon and oxygen drawn chart, even as there is no as it is difficult to compare the low mountains of.
 When the scientist's right, ‘Log’ and difficult story of ‘Sin’ or ‘Cos’ and the smoke is so elementary and middle school students is not so easily. With such worries, because I found that the universe consists of Fibonacci numbers, the infinity () corresponds to [1].
我々は"これ以上分けて考えることは実生活上意味のない小さな世界(微小世界)"と、"これ以上は考えても実生活上大した意味のない大きな世界(例えば太陽系外という''世界)の間で生活しているのですが、その空間でさえ、「1~∞」の広がりがあるのです。
その中にあって、物質の元素自体が、フィボナッチ数列と密接で不可分な関係にあるのでした。 次の絵は、上記の絵の最上部だけを拡大したものです。
We "meaningless to further separate the idea that no meaningful real-life small world (small world)" and "no more real life on a big big world (e.g. extrasolar '
' world) of is among the living, but even in that space, "1~∞” the spread is. In which the material elements itself, Fibonacci numbers and were so close and inseparable relationship. The following picture is expanded only at the top of the picture above.

Photo_5

 左側の番号に随分と大きな抜けがありますね。
番号で言えば、209234までの間です。引き算すれば、25個も飛んでいます。では、右側には『番号の飛んでいない箇所は無いのか?』と見ると、5番と8番とがありませんね。実際に、そのような重さを持った原子が天然には存在しないのでした。
 このような欠番が発生する面白い数列が、「フィボナッチ数列」です。
Number on the left side of the much larger out there. Put in numbers, 209-234 between. If you subtract 25 pieces flying. Then on the right side "what part number do not fly there?' And the No. 5 and no. 8.
 It had atoms with such weight, actually does not exist in nature. Interesting numbers to cause such gaps is the Fibonacci sequence.
1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,・・・ と、大きくなるばかりの数列なのですが、途中の数は、存在しないのでした。私は「この欠番の箇所と、ある重さの原子欠番が起こることとの対応関係」を調べみたのです。
1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,・・・ Is getting bigger and the sequence of the middle number does not exist. Examine the mapping between an atomic gaps of this missing part and the weight that I saw.

 Please take out the Calculator; talk is just not fun. Let's do the experiment I did in fact. A Fibonacci number 233, thorium 232 Th and correspond with, let's divide as the initial number of 233. 1.618 golden ratio please refer to dividing rapidly.
 お話しばかりでは面白くありませんから,計算機(電卓)を取り出して下さい
実際に私がやった実験をやってみましょう。
フィボナッチ数列の233と、トリウム232Thとが対応していそうなので、233を最初の数として割り算していきましょうか。
1.618
の黄金比でどんどん割り算して御覧なさい。
 233÷1.618 = 144.
 144.÷1.618 = 89.
 89.÷1.618 = 55.
 55÷1.618 = 34.
 34.÷1.618 = 21.
 21.÷1.618 = 13.
 13 ÷1.618 = 8.03
 8.03÷1.618 = 4.96 5
 4.96÷1.618 = 3.07 3
 3.07÷1.618 = 1.89 2
 1.89÷1.618 = 1.17  
 1.17÷1.618 = 0.723 1
最初の数字が233と少しずれた数値、例えば、234とか232とかであったも、結果は大同小異です。 このことが分かりましたので、トリウムTH233を、水素原子の重さ(1.008)で割り算を繰り返してみたのです。すると、
最後の1に近づくに従がって、四捨五入すれば水素自身「1.0」になる計算結果()がうなぎ上りに増加するのでした。Also was 233 and numbers off a bit, for example, 234, 232, with the first digit, the result is much the same. It is because we found that 233 of the thorium TH, under the weight of the hydrogen atom (1.008) tried repeat Division. Then approached one of the last subject, had become the hydrogen itself "1.0" If rounded result (value) increases to soar.
r = 1.0082 の時の結果です。
・・、10、 9、 8、 7、 6、 5、 4、 3、 2、 1、
・・、 13、13、15、18、20、25、30、41、62、57 個

r = 1.0041で試行してみると、
・・、10、 9、 8、 7、 6、 5、 4、 3、 2、 1、
・・、 24、27、31、35、40、49、61、81、123、267個

r = 1.0021で試行してみると、
・・、10、 9、 8、 7、 6、 5、 4、 3、  2、 1、
・・、 49、53、61、69、81、98、122、163、249、532個

割り算する比率()の増分が半分、4分の1になっているので、各整数に入る個数は2倍4倍にはなっていますが、次第にある個数分布になっていきます。
水素やヘリウムが他と比べて異常に多いのは、四捨五入した時のフィボナッチ個数に大いに関係していたのでした。
勿論、原子量(重さ比)そのものも、フィボナッチ実数列そのものでした。
Into each integer divide ratio (r) incremental are half, 1 / 4, so the number will become increasingly are twice to four times the allowable number distribution. It was very much related to Fibonacci number compared to other hydrogen and helium, the unusually rounded off a lot of the time. Of course, the atomic weight (weight ratio) itself was Fibonacci real column itself.
 半年前に、このことは薄々気が付いていたのですが、なかなか納得のいく「絵」が描けないので苦労していました。今回、『ああ、空間3軸(XYZ)と時間軸(T)とが、重さ比で比例縮小しているんだな』と、気が付いたのでした。
 それで、その発生比率分布を考慮することで、目出度く先に示した「宇宙の姿はひょうたん型」という絵が描けたのでした。
It took because it cannot draw pictures with was vaguely like this six months ago, but quite satisfactory.  This time, "Oh, three axes (XYZ) and got the time axis (T) and in the weight ratio scales proportionally with ', I've noticed.  So, by taking the percentage distribution, "inauspicious ones, which were so exciting is that pear-shaped appearance of space.
Is this a serious remark. "Einstein's general theory of relativity, elementary and middle school students are so sure!'
 And because that means you can see for yourself.  Followed is also tomorrow. It's Hiro 6/7. Oyama(.大山) FYI on the right half and that enlargement of the left half.
 これって、重大発言なのですよ。『アインシュタインの一般相対性理論は、小中学生が確かにそうなっている!』と自分で確認できることを意味しているのですから。 続きはまた明後日。
 
2016/ 6/07 Hiro. Oyama(.大山)
参考までに、右半分と左半分の拡大写真を示しておきましょう。

Photo

Photo_2
 中央の桁数の多い数字は、各元素の宇宙存在度を示しています。この場合、重さ比(原子量)を掛け算し、更に、空間3軸と時間軸との縮み修正を施しています。
 そうしないと、重い原子と軽い原子とを1枚の表には表せないのでした。
詳細は後日。2016/ 6/7
A large number in the Middle shows the cosmic abundances of the elements. In this case, weight ratio (atomic weight), multiply, and in addition to the three axes and are giving a shrinkage correction and timeline. And so, heavy and light atoms cannot be represented in table 1. More information is at a later date. 2016 / 6 / 7
2019/ 3/07 renewal by Hiro. Oyama (.大山)

|

« 原子の存在量とフィボナッチ数列の関係。Nucleus; supported by the Fibonacci sequence. | トップページ | 原子核世界もフィボナッチ実数列で統制されている。Hydrogen 1 responds to uranium one wonders. Hiro. Oyama »

CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: the appearance of the Space ”宇宙の姿はひょうたん型”were having a gourd shape;〔S,∞,S〕:

« 原子の存在量とフィボナッチ数列の関係。Nucleus; supported by the Fibonacci sequence. | トップページ | 原子核世界もフィボナッチ実数列で統制されている。Hydrogen 1 responds to uranium one wonders. Hiro. Oyama »