« ‘(ひょうたん)から(こま)’のように宇宙の姿が描けたという不思議なお話。the appearance of space drawn as if ‘pony happened to appear from gourd’, is a strange story. | トップページ | フィボナッチ坊やが「原子核の周期律表」を易しく・・・の解説です。Hiro. Oyama »

2016年6月16日 (木)

Nuclear periodic table:フィボナッチ坊やが「原子核の周期律表」を易しく語っています。Fibonacci sonny speaks it easily.

『メンデレーエフさんが発明した「元素の周期律表」は見たことがあるけど、「原子核の周期律表」は知らない』という貴方へのプレゼントです。   知らなくて当然です、フィボナッチ坊やが世界中で初めて言い始めた事なのですから。 早速、お話しを始めましょう。
 It's a gift for you "I have looked at the periodic table of the elements; Mendeleev invented, but the peoriodic table of atomic nuclei, don't know' that. Knowing that the Fibonacci boy started saying for the first time in the world is from. Immediately, talk let's get started.  

 Is a very small sphere around electronic turns round, atom has a nuclear Center, but inside was thin in the State most of the weight is located all the nuclear charge. Weight of the core (Protons and neutrons) what total had decided on. Let me show you from alittle model of the clogging condition there took pictures of it.
 原子は中心に核を持っていて、その周囲を電子がぐるぐる回っているという極小さな球体ですが、その内部はスカスカ状態であって 重さのほとんど全ては中心にある核が受け持っているのです。
その核の重さは〔陽子(フォトン)と中性子〕が合計何個あるかで決まっているのでした。  
 ちょっとその詰まり具合のモデルを写真に撮ってありますからお見せしましょうね。
151204_1748011 手前に1個だけのもの、2個がくっ付いているもの、奥に4個がくっ付いたものが2組あります。1個は水素の原子核です。2個がくっ付いているものも水素の原子核で2H と表します。4個がくっ付いている核はヘリウムという原子核で4He と表す約束です。
 Front pair only one,which sticks 2 pieces, 4 pieces are glued together in the back. One is hydogen nuclei. Touching two otheres in the nuclei of hydrogen and 2H. Clings to four core is apromise in the atomic nucleus of Helium that represents the 4He. Core 4 pieces are glued together and see and from the looks of stability.

 4個がくっ付いた核は、がっしりとしていて見るからに安定性が良さそうでしょう?151204_1657011風船の中に13個の玉を閉じ込めてみました。中段に7つ、上と下にそれぞれ3個が積みあがっています。
3++3=13  これに該当するのは炭素13C です。
 I tried 13 balls trapped balloon. In the middle and seven under respectively three masonry has risen to. 3+7+ 3=13 carbon 13C is applicable. In the middle of the seven, is difficult to understand, so I'll show you a model photo, next. 

中段に、というのが分かりにくいので、そのモデル写真をお見せします。
Photo
 赤い球を中心に6つの緑色の玉が密着して並んでいます。これを細密パッキングと言います。・・・

この上に乗せられる玉の数は3個です。どうあがいても3個しか同サイズの玉は乗せられません。下側にも、密接してくっ付けられる玉の数は3個なのです。これが風船の中に13個の玉を詰め込んだ時の最も安定した状態なのです。13C という構造を覚えて下さいね。4個の玉がくっ付いた4Heに次いで安定した状態なのです。
 The red ball is stuck to the Center of six green balls. This is referred to as miniature packing. This ball can be put on the number is three. Nore does not put only three balls of the same size. (That can be placed close) ball, stuck closely to the lower, number is three. It is the most stable when it packed 13 balls in a balloon. You should remember the structure of 13C. It is stable after 4He cut four-ball.
 13個の玉の内の1つが欠けたものが炭素12C であり、大きな穴が開いてはいますが、意外に安定した原子です。原子核世界でも偶数が居心地が良いらしくて、13C よりも12C の方が沢山存在しています。
 13C+1玉が増えた14N 窒素が宇宙空間には沢山あります。
15Nはどういう訳か不安定です。中性子と陽子とがペア(対)になっている方が安定なのです。(独身者は活発ですが不安定な身の上なのでした)。
 Neutrons in the atomic nucleus of one, missing one in 13balls, nuclear is carbon 12C. In the absence of big hole is open. However, a surprisingly stable atoms. Nuclear world is even better is apparently more than 13C, 12C  how many exists. 14N is 13N+1 ball into outer space. 15N is somehow unstable. Stability is more neutrons and protons are paired (pairs). The active singles is so precarious Fortune.
13Cが最も安定なのに、現実には12Cの方が格段に多く存在するのは何故か?』という質問が聞こえて来ましたので, お答えしておきましょう。
「最も安定な状態とは、12Cの凹の場所に、付近にある13Cのどれかの頭(凸部)がくっ付いた状態だから」なのです。少数点付きの実数で表せば、12.5C と表現すべきところです。
"Why is there much reality for the 12C, although 13C is the most stable enough?" I heard the question, because the answer aprepared. "Most stable glued together (convex) is one of 13C to 12C of the recesses in the State and the State from" what is. 12.5C and table appear after saying a few points with real, where is.  
「なあんだ。だから窒素も酸素もO2N2という風にペアの形になるんだな」

「物分かりの良い質問者ですね。その通りです。原子分子の世界ではその通りですが、原子核の世界では、間に厚い電子雲の邪魔者がありませんから、13C12C は直ぐに合体して25Mg (マグネシウム)の玉になります。一つにはなったものの、25は奇数ですから、余分なものが個あるでしょう。少し不安定です。それで1個はじき出してしまって偶数24Mg に収まろうとするのでした。」
"What have. So It's both nitrogen and oxygen  ⇒O2, N2 comes in the form of a pair of." " Is a good understanding of who. You are right. No nuisance is right in the world of atoms and molecules, but in the world of the nuclears, there isn't the clouds of electron, so 13C and 12C immediately incorporated into the ball of 25Mg (magnesium). One extra thing became one, but 25 is odd. It is a bit unstable. It was even 24Mg to become, it starts one."
  次に安定な核として出て来るのは酸素16O です。その次に安定な核はネオンサインネオン20Ne です。 こうやって見て来ると『偶数個、特に4の倍数の核が安定 しているらしいな』ということに気が付きます。この傾向は、重たい元素のウランUトリウムTh になっても一緒であり、天然に存在する全ての原子核に関して言えることなのでした。
 Next stable, oxygen 16O is coming out as the core. The next stable nucleus is NEON of the 'neon signs'; 20Ne. That "multiples of even numbers, especially four nuclear stability seems to be a 'with it comes look at this way. With this trend is the uranium U or thorium Th of heavy elements, so that's true for all nuclei, naturally-occurring. 
 Using the cycle of every four prepared the followint table. 
 この4つ毎に起きる周期性を使って、次のような表を整えてみました。 →B→C→D→→B→C→D→→B→C→D→と順番に、宇宙存在度を〔重さ比〕で並べてあります。
So as to turn the cosmic abundances (wight ratio) on there side by side.

TablevReference: dictionary of chemistry. Are attached to the blog yesterday. Let me comment a little.
参考資料:理化学辞典。一昨日のブログに添付してあります。少しコメントしておきましょう。
 まともに並べると、238行の長い一覧表になるのです。

→B→C→D・・・と横に4つづつ並べることで、4分の1に行数を減らせました。
また、水素1H 116Sn までを左側に上から順に、
120Sn238Uウラン を右側に下から、順に積み上げておきました。その結果、8分の1に圧縮できて、A41枚で表せるようになったのです。
 右の数値に左側の比率%を掛け合わせれば、実際の宇宙存在度が正確に出て来ます。
というよりも、このように分解して表示すると、
1)、大変動は右欄の数字の桁数変化からつかむ事が出来、
2)、小変動パルス的な変動〕は左欄から瞬時に(直感的に)その傾向をつかみ取ることが出来るのでした。
例えば、Is a straight line becomes a long list of 238 rows. A → B → C → D... and next to four by lining up the (compressed) reduced the number of rows to 1 / 4. Also hydrogen 1H ~up to 116Sn on the left side from the top in order 120Sn ~uranium 238U, I've stacked in order from the bottom on the right side. As a result, is made of compressed to one-eighth, was expressed in a single piece of A4. If in the right number %, left if the actual cosmic abundances exactly appears. Rather than, to break down and view, (1); cataclysm can grab a number changes in the right column of figures from the, (2); small fluctuations [variability of pulse] is because it can be from the left column in an instant (intuitively) that tend to grab it. For instance,
Tablev_2
36Ar周囲の4つとは異なって唐突にの欄でピークを持つ事が分かります。
の欄では逆に凹んでいます。
このような特徴が分かれば、原子核の構造だけでなく、分子構造の安定性の研究にも役に立つのですよ。
 それにしても、4の倍数であるA欄には、高い山が並んでますね。
一番下に、集計(SUM)を計算してあります。
重たい元素のSUMを1として、軽い元素のSUMがどの位大きいかという比〔ratio〕を計算しておきました。Turns out abruptly, with peak values in column D of the 36 Ar and around four different things. [Reverse is recessed in A field.  ] Such feature if you know the structure of the atomic nucleus as well as a useful study of the stability of the molecular structure. High mountains along A field, even if it be multiples of 4. May calculate the aggregate (SUM) at the bottom. Ratio of SUM of heavy elements as one SUM of light elements is how much greater or [ratio] was calculated.
Table_v_sum
A:1.89、B:0.9、C:0.81、D:0.62、と出ており、への集中度が他の2倍以上です。に関しては、1Hがこの欄に配置されている影響が大きいのです。1H水素は陽子1個の原子核であり、特別扱いすべきかも知れません。それでこの1H水素を除いてみると、BとDは似たり寄ったりの数値並びであることが分かります。
 コメントするのが前後しましたが、軽い元素の小変動凹凸に比べて、重い元素群の凹凸は小さいです。
それでも、ABCD内だけで比べると、
A:1.89, B:0.9, C:0.81, D:0.62, and it comes, to A concentration is two times more than other. There is a high impact this section contains 1H for B. 1H hydrogen is atomic nucleus of one proton, and special treatment should be. So excluding 1H hydrogen and B and D are reveals much the same numerical sequence. Small unevenness of was around to comment, but small variations topography of lighter elements than heavier elements. Still, alone in the ABCD compare, and,
Table_v_sum_3
、という具合であって、4の倍数のと比べて2倍強、であるという傾向は同じです。
軽い原子核に関して、重い原子核の存在度Dを基準にして、(ratio) を算出してみると、現実には、は4倍の存在度存在度があることになります。
The named condition, A; multiple of 4, is more than double compared to D, the tendency is the same. For light nuclei, with respect to the present degree D of heavy nuclei, try calculate the ratio and in reality, the abundance there of four times that.
 凹凸比べはこの位にして、AVE. Abundance Mass(weight) の欄を見比べてみましょう。
理化学辞典に乗っている各元素の個数存在度に原子量(1~238)を掛け合わせて重さ比存在度にしただけですから、『さもありなん』という重さ分布が表に現れています。 例えば、1H水素は30京〔京は兆の1万倍〕と抜群の存在度があり、238Uウランの9万に比べると、3億倍という存在度で宇宙空間に充満しているのでした。
凸凹とはしていますが、全体的には、水素1Hから指数関数的に存在度が減少しています。
 Uneven compared with, Let's compare AVE. Abundance Mass (weight) of the column, then this place.  Count exists of each element on the physical and chemical dictionary atomic weight (1-238) multiplied by a weight ratio of presence, just "and also, it is ' that weight distribution appears in the table. For example, 1H hydrogen is 30,000,000,000,000,000 [京(Kyo) ; 10000 times of 兆(trillions)] and was of outstanding, compared to uranium 238 U 90000, in presence of 300 million times filled with space. And uneven and, overall, from hydrogen 1H exponential abundances declined offers.
56Fe〕のところに富士山型の高い山が認められますが、1H水素~40Ca の数値が大きすぎて、『どうもその実感が湧かないな』というのが正直な感想でしょう。そこで登場するのが、フィボナッチ変換です。
まずは、次のTable-8 をご覧ください。
56Fe [Iron] of the type of high mountains is granted to. However, the 1 H (hydrogen)-number 40 Ca (calcium) is too big, "thank you very much the feeling couldn't,' that would be your honest thoughts. It is Fibonacci transform comes in. First of all, please see: Table-8.
Table_fis82
 随分と較べ易い表になりましたね。(^o^)?
後で詳しくお話ししますが、Fis-coef(係数)の8乗をした数値で割り算するという手段を使って、無限無限とを入れ替えて見せたのです。 ですから、1H4He が極端に小さくなり、逆に、元々小さかったウラン238Uやトリウム232Th の存在度が大きくなっています。
 It was fairly easy comparison table. (^o^)? It is using the means of dividing the number 8 squares Fis-coef (factor) of the talk more later, but showed summaries infinite and infinitesimal. So, the 1H and 4He becomes extremely small, conversely, originally of small uranium 238U and 232Th thorium is growing.
 最初に示したTable-V と比較してご確認下さい。Table-Vの ratio-V = 8,390,158 というべらぼうに大きな値であったのに、Table-Ⅷのratio-8 = 1.148 という具合に、わずか15%しか左右のSUMの違いがありません。±で表現すれば、±7.4%の誤差の範囲内で両者が一致しています、という状態なのでした。
 但し、両表の高周波成分小波凹凸の数値は以下のように、ほとんど同じと言ってもいいほどに似通っています。
 Compared with the Table-V first, please. Table-V ratio-V = 8,390,158 x was greater in the places of the Table-VIII... the condition ratio-8 = 1.148 times, only 15% no difference between the SUM of the left and right. In the expression(±), ±7.4% was a condition that matches both within the error margin of. However the value of high-frequency component wave both table shown below, pretty much the same say as similar.
Fibonacciconvert_table_v_vs
 このことは、Fis-coef(係数)を8回掛け合わせて、無限無限とを入れ替えた変換処理が合理的かつ、数学的に適切に行われたということを示しています。
物事には、ついでにという事がありますので、Fis-coef(係数)を4回施した場合と、3回、2回、1回しか施さなかったケースとを、加えて並べて比較してみましょう。
 This is multiplied by Fis-coef (factor) to eight, shows that conversion process replacing the infinite and the infinitesimal was made appropriately and reasonably, and mathematically. Case when four times with Fis-coef (factor) so that the way things can be given only once twice three times, and, in addition, let's compare side by side.
Fiscoef_01234_8_2
 こんなにダイナミックに数値のオーダーを変換したにもかかわらず、ABCD小波動成分の変化は極わずかです。しかも、はっきりとした緩やかな微小な変化が認められるだけです。
 Fibonacci-boya(フィボナッチ坊や)が考え出したこの数値変換処理の合理性が、より明らかになったでしょう?
『 Fis-coef(係数)って一体何なのか。1回だけでなく、何回も掛け算するのは、どういう意味があるのか?』という質問の声が聞こえて来ました。 お答えしましょう。
 Despite the numerical order is converted to dynamic, ABCD small waves change is very slightly. I just found and stressed gradual small changes. Reasonableness of numerical conversion figured Fibonacci-sonny (Fibonacci boy) became more apparent? "Do what I Fis-coef (factor). Or what does it mean to multiply many times, but only once? '  Come hear the question. Let's find out.
フィボナッチ数列の基本ルール(加減算ルールの世界)は、小数点付き実数に範囲を拡張すると、掛け算・割り算の世界に置き換えられるのでした。

 即ち、フィボナッチ実数列は等比数列だったのです。
 その小数点付きフィボナッチ実数を四捨五入した時、ある原子量〔重さ比〕になる数をカウントすると、元素〔原子核〕の発生頻度と対応していたのです。長さ〔L〕の変化とFis-coef の値の変化とが1:1対応するのでした。
 Was a basic rule of Fibonacci numbers (addition/subtraction rule) the world extends the range to the real numbers with a decimal point, and replaced the world of multiplication and Division.  Namely, is the real Fibonacci sequence was complicated. When you have rounded the numbers with Fibonacci numbers, is atomic weight [weight ratio] to become and to count the number of elements [nuclear] of is the frequency of occurrence. Length [L] of the corresponding changes and changes in the value of the Fis-coef and 1:01 did.
原子核に限らず、物質はある体積を持っています。XYZの3方向がありますから、体積変化に対しては Fis^3 が対応するのでした。 「光速一定のルール」って聞いたことがありますね。速度って進んだ距離〔L〕を それに要した時間〔T〕で割り算したものです。これが常に一定ということは、『距離〔L〕が伸び縮みすれば、時間〔T〕もそれに正比例して伸び縮みしますよ』ってことなのです。
だから、4つ目のFisは、時間〔T〕に対する変換処理だったのです。ですから、Fis^4に更にFis^4を施す処理〔Fis^8〕をすると、これまで無限大であった世界が無限小になり、これまで無限小だった世界が無限大の世界へと変化したのでした。
 Not just nuclear, material has a volume. Because there are three directions of the XYZ for the volume change Fis^3 because the. I have heard of "speed of light constant rule". Speed is distance travelled [L] took it to [T] in the Division is. This is always certain that "distance [L], stretch time [T] also directly proportional to it, the contract' it is. So 〔the 4th Fis〕is time [T] for the conversion process was. Therefore, Fis^4 further Fis^4 process provide [Fis^8], was transformed into a world of endless world become infinitely small world was infinite in the past, it was infinitely small.
納得できなければ、自分で電卓やパソコンのEXELを使って、確かめるに限ります。私自身が、ここまでの考えに至るまで、毎日16時間もEXEL計算を数か月繰り返してようやく納得できたのです。
小学生にはちょっと難しい話になりましたが、中学・高校生のあなたは、やる気さえあれば、自分で確かめることが出来るのです。空間は伸び縮みしている』『時間は空間の長さと共に正比例で伸び縮みしている』なんてことを、自分自身で確かめることが出来るなんて素敵とは思いませんか?
 以下の絵は、このレポートのまとめです。
 If you disagree, EXEL calculator and personal computer use, see for yourself only. My own thoughts so far ranging, each is finally understood the 16 hour days EXEL calculations over several months. We became a bit tricky to elementary school students, junior high school and high school students, motivated even if you yourself make sure is.  I don't think it's nice "spaces that stretch" that "the time stretch along with the amount of space in direct proportion' to make sure yourself that can? Below is a summary of this report.
Photo
See you next time.
 2016 6/16 今日は私の誕生日です。It's my birthday. 
Happy birthday to me !  Hiro. Oyama (広.大山)

|

« ‘(ひょうたん)から(こま)’のように宇宙の姿が描けたという不思議なお話。the appearance of space drawn as if ‘pony happened to appear from gourd’, is a strange story. | トップページ | フィボナッチ坊やが「原子核の周期律表」を易しく・・・の解説です。Hiro. Oyama »

CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nuclear periodic table:フィボナッチ坊やが「原子核の周期律表」を易しく語っています。Fibonacci sonny speaks it easily.:

« ‘(ひょうたん)から(こま)’のように宇宙の姿が描けたという不思議なお話。the appearance of space drawn as if ‘pony happened to appear from gourd’, is a strange story. | トップページ | フィボナッチ坊やが「原子核の周期律表」を易しく・・・の解説です。Hiro. Oyama »