« [1] and [∞] correspond to it (the number) is a story.1 and ∞ are directly coupled. Hiro. Oyama | トップページ | 原子の存在量とフィボナッチ数列の関係。Nucleus; supported by the Fibonacci sequence. »

2016年6月 1日 (水)

「光世界」のトレードマーク:フィボナッチ坊や宇宙を語る。Hiro. Oyama

 「光世界」のトレードマークが出来ました。
Abstract: Space shape in the tadpoles, plainly to elementary school children is Fibonacci boy, speaks to the appearance of the space. Marriage or marriage hunting we will first understand that is common in all the world.
概要: オタマジャクシで描いた宇宙図を元に、フィボナッチ坊やが小学生児童にも分かり易く、宇宙の姿を語っています。結婚や婚活はすべての世界で共通したものであることを、まず理解していきます。

Light_world
 この絵は何を表していると思います?

銀河宇宙の姿”と同時に、”原子核内の微小世界”を表したつもりです。
銀河宇宙も球形であり、原子核内世界も球形分布を持っているのです。

オタマジャクシが丸い水槽の中で遊んでいる!』とも見えるでしょう(そういうつもりで描いてあるのですが)、分かりますか?
酸素」という絵文字が中央の上の方にありますが、これを目玉だとしてシッポが下方に伸びていますね。 
 なんだかこのシッポはどんどんと大きくなりつつ、ぐるっと一周して自分の頭の辺りまでもどって来ているのですよ。これ、本当にこういう具合に宇宙は出来ているのです、大きな世界も小さな世界も、ものすごく沢山のオタマジャクシがいて泳ぎ回っていると形容するのが、科学的に当を得ているのです。

 この絵は、科学的に正しく描いてあるのです。参照データは、「理化学辞典」なのですから。
この辞典がもし間違っていたら、湯川博士もノーベル賞をもらえていなかったのです。

 周囲に数字が書いてあります。これは、「宇宙存在度」と原子量とを掛け合わせた数値で、全宇宙空間中に存在する原子核の存在量を「重さ比」で比べたものです。
一番多いのはもちろん「水素H」で、ウランUと比べると、10桁の差(10億倍)の開きがあります。
  左側を拡大して見てみましょう。
Light_world_fromsmall

そして、このオタマジャクシの肩の辺りには炭素・酸素・ネオン・アルミへと、1,000億レベルの元素(原子核)の存在量が並んでいます。

 そのオタマジャクシのシッポの方に「鉄帝国」が存在していて、存在感を誇っています。
その「鉄帝国」は、段々と、「半導体群」に代わっていき、次第にモリブデン国だとか、銀王国へと連なって行きます。
   【 右半分の拡大図です。】
Light_world_fromlarge_2

 そのシッポは更に拡散して薄くなり、クセノン王国セシウムCsや、胃腸が痛くなった時に飲まされるバリウムBa などに代わっていき、更に、金・白金・水銀など重金属群を経て、ウランUに連なっているのでした。

『気が付いてみたら、自分が出発した地点に舞い戻っていた!』という訳です。Light_world
 ここには大きく一匹のオタマジャクシtadpoleを白抜きの絵で表現しています。しかし、現実には1匹だけでは(活発に動き回っているだけで)非常に不安定 なのです。相棒が欲しいのです。
そして相棒を見付けてになると、安定して眠りにつくのです。これが結婚なのです。小さな粒に戻る。
 『電子は常に対になりたがっている』なんてことを聞いたことがあるでしょう。
電子(マイナの電荷を持った陰電子)に対して、プラスの電荷を持った陽電子というものがあって、わずかに陽電子の数が宇宙創世時点で〔陰電子よりも〕少なかったので、陽電子のほとんどすべては陰電子と結婚してお寝んねしているのでした。
 幸か不幸か、相手に巡り会えなかった陰電子が我々世界を活発に動き回って婚活しているのでした。

 このような話をしていたら、夜が明けてしまいます。
今日の話は、ここまでにしておきましょう。
原子核の微小世界の話も、銀河宇宙の話も、すべて、この「LIGHT WORLD 光世界」の絵で語れるということを覚えていて下さいね。

 2016  5/31  Hiro. Oyama(大山宏)

|

« [1] and [∞] correspond to it (the number) is a story.1 and ∞ are directly coupled. Hiro. Oyama | トップページ | 原子の存在量とフィボナッチ数列の関係。Nucleus; supported by the Fibonacci sequence. »

d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「光世界」のトレードマーク:フィボナッチ坊や宇宙を語る。Hiro. Oyama:

« [1] and [∞] correspond to it (the number) is a story.1 and ∞ are directly coupled. Hiro. Oyama | トップページ | 原子の存在量とフィボナッチ数列の関係。Nucleus; supported by the Fibonacci sequence. »