« ゼロ〔0〕 と1との違いって知ってますか?Do you know the difference between〔0〕and〔1〕? Hiro. Oyama | トップページ | COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama »

2016年6月30日 (木)

Big-Bang〔ビッグバン〕 and Crustal abundance〔地殻存在度〕への極大宇宙(Infinity)・極小宇宙(Infinity small world)からの影響。Hiro. Oyama

 Summary: Describes the "Crustal Abundance" through and "Cosmic Abundances" differences, evidence of the big bang and the former Sun 5 billion years ago small Supernova exploded when evidence that existed during the "Crustal Abundance" data. By using the conversion process of Fibonacci infinity world and infinitely small world effects and reverse techniques show you key in.
 概要:”地殻存在度”と”宇宙存在度”の違いを説明しながら、ビッグバン時の証拠と、太陽50億年前に小型の超新星爆発した時の証拠とが、”地殻存在度”データの中に存在していたことを説明しています。フィボナッチ坊やの変換処理を使って「無限大世界の影響と無限小世界の影響とを逆転」して見せる手法が「鍵」であった。

 爆笑問題さんのために、次のような絵図を用意しました。
まずは、ご覧ください。
That picture looks like. First of all, please see.
Crustral_abundance0

 Be arranged a lot of numbers, but this [crustal abundances Crustal ABUNDANCE] of the drawing right can compare the effects from the maximal universe and minimal space, using the data so that it is. Ever talk came [cosmic abundances COSMIC ABUNDANCE], present in the beginning in the Big Bang universe space [abundance] had dealt with it is. Abundance of elements in the crust of the Earth's surface (weight ratio) researched in detail, is published in the dictionary of chemistry. Is it easy to understand for elementary and junior high school students, I at once, this [crustal abundances Crustal ABUNDANCE: it is.
 数字が沢山並べてありますが、これは〔地殻存在度〕のデータを使って、極大宇宙・極小宇宙からの影響を較べられるようにした絵図面です。
 これまでお話しして来た〔宇宙存在度〕は、ビッグバンに始まる全宇宙空間に存在する〔存在度〕を扱って来たのです。
これに対して、地球表面の地殻に存在する元素の存在量(重さ比)が詳細に調べ上げられて、理化学辞典に掲載されています。これを、小中学高校生の皆さんのために分かりやすくまとめてみたのが、この〔地殻存在度〕です。

 両端には、これまでたびたび出て来た原子量番号と、皆さんになじみの深い代表的な元素とが並べてあります。半分は、軽い元素が無限小世界からの影響を強く受けながら、地上に存在していることを示しています。

半分は、銀河宇宙とか銀河団など、極大(無限大)宇宙からの影響の程度を示しています。
 ですから、”半分の欄(コラム)は、どこまでも永遠に”続いているのです。
それは正に、フィボナッチ数列が飛び飛びの値を取りながら、限りなく大きな値へと続いているそのものなのでした。
 Atomic weight number ever came out in the ends, and you are alongside the familiar deep representative elements. The left half shows the lighter elements are strongly affected by from the infinitely small world, while being on the ground.  The right half shows the extent of the impact from the Galactic space or maximum, such as clusters of galaxies (infinite) space. So, is "the right-hand column is forever" continued. It had continued to infinitely large values, taking the Fibonacci sequence following the value itself.

 
The contrast on the left half, before the hydrogen is not table. Look at the number in the middle of the left half of the 62: 15 et al. would have been 1. Is that zero is not only '0'.  See the next column (Column) and already cut and zero is '0'. And look at that top left hydrogen 1 h and 4He helium abundance, to less than one-thousandth of carbon 12 C is getting smaller?
 これに対して半分」に関しては、水素より先には表は続かないのでした。
左半分」の真ん中の数値を見てごらんなさい、6215 となっているでしょう。その先はゼロ’’しかあり得ないのです。
その隣りのコラム(Column)を見ると、既に早々と、ゼロ’’が並んでいます。
 そういう目で見ると、一番左の水素1H やヘリウム4He の存在量も、炭素12C 1000分の1以下にまで小さくなっているでしょう?

 太陽の周りを回っている地球の軌道の近辺にある全ての水素を集めて表を作ったとしても、この〔地殻存在度〕表と大同小異なのです。
 このことは、現代の天文学の観測結果と矛盾しない科学的な事実 なのですよ。
 Made the table, gather all the hydrogen in the vicinity of the orbit of the earth around the Sun, even this [crustal abundances] is a table and practically.
 This is a scientific fact does not contradict the observations of modern astronomy.

 Immediately the question. "Please" "hydrogen is made of one proton, but than the protons and neutrons smaller substances [particle] space is enormous there should be. Table Table above the column on the left half, continues indefinitely if you think it is not? "
 早速、質問ですね。「どうぞ」
「水素は陽子1個で出来ていますが、陽子や中性子よりももっと小さな物質〔素粒子〕が宇宙には莫大存在しているはずです。それを考えれば、「左半分」のコラムの上方にも、無限に表Tableが続いているのではありませんか?」

「すごい質問、鋭い質問ですな。一気に素粒子世界を持ち出しましたか。爆笑問題さんの耳学問知識には頭が下がります。
 でもね。今、我々は陽子と中性子の重さを最小単位「1」だと考えているのです。四捨五入して「1」にならないものは、「ZERO”0”」だと決め事をしているのです。それがフィボナッチ数列の基本ですからね。
四捨五入することによって、フィボナッチ数列と、原子量とが1:1対応であることが分かったのですから、今は⁅その範囲内⁆で議論しましょうね。
 それに、今見ているのは〔宇宙存在度〕ではなくて、地球上の地殻存在度なのです。全宇宙を考えている場合には、素粒子の総重量も水素やヘリウムと較べ得るのですが、地球の近辺に存在する素粒子量は、高が知れているのです。
 同様に、アンドロメダ銀河の辺りにある素粒子の総重量の影響も、地球上の〔地殻存在度〕表には影響がないのでした
 でも、しかし、『半分』のコラムは、どこまで長くしても永遠に続いているのです。納得出来ましたか?」

 "Great question, a sharp question. Introduced the subatomic world at once?
 Lol problem, formally knowledge decreases the head. But you know. I am thinking of and now we've 1 unit weight of the proton and the neutron. It is rounded off, "1" is ZERO "0" and rules. It is the basis of the Fibonacci numbers from it.
 Is found by rounding to Fibonacci number, and atomic weight 1:01 is that from now in the range , let's discuss it. We're looking at it, "cosmic abundances] is not crustal abundances on Earth is.
The amount of particles, in the vicinity of the Earth there is if you're considering the whole universe, total weight in particle physics with hydrogen and helium compared to get high is known for.  Affect the total weight as there are in the vicinity of the Andromeda Galaxy, on Earth [crustal abundances] could have no effect on the table. But, but "half right" column is far longer and also has been around forever. Could convince you? "

「了解です。もう一つ質問してもいいですか?」
「どうぞ」
ave. ABUNDANCE-0-4-8、ってのは何ですか?」
「よくぞ質問してくれました。改めて説明しましょう。
フィボナッチ坊やが発明(発見)した法則で、Fis-coef (係数)を何回施すか、その施した回数を-0-4-8、と明確にしたのです。
Fis-coef (
係数)とは、『元素の原子量番号がフィボナッチ数列と対応しており、各元素がどのような頻度で世の中に現れるか』を、係数として電卓でカウントしたものです。
宇宙空間は実は伸び縮みしているのです。過行く時間〔T〕も長さ〔L〕に正比例して伸び縮みしていたのでした。
 このFis-coef (係数)回施すと、長さと時間の伸び縮みの程度が補正されて、”無限大世界からの影響”と”無限小世界からの影響”とを同程度にすることが出来るのです」
"It is OK. Also I have one more question? "
"Please" "ave. ABUNDANCE-0,-4,-8, of the what is?"
"Well you did ask. Let me explain again. It is law (found) invented the Fibonacci boy, made clear with a number of-0,-4,-8, and Fis-coef (factor) to many times. It is the FIS-coef (factor) and "correspond with the Fibonacci number the atomic weight of the elements, each element appears in the world, such as how often?' count as a factor in the calculator. It is fact that expand or contract space.
 Over time [T] also length [L] in proportion did was stretch. Is this Fis-coef (factor) four times, when the degree of elasticity of the length and time is corrected, "Infinity world influence" and "from the infinitely small world effects" and as much as you can.

「何やら訳の分からない話ですが、?」
「〔地殻存在度〕の絵図をもう一度見てください。実際にそうなっているでしょ。」
"It is some rigmarole, but?"
 "[Crustal abundances] of the drawings look again. Is it really you?
Influence_from_infinite_2

"If she said it certainly infinity of hydrogen and helium in the infinitely small changing, and thorium 232Th and abundances of uranium 238U were really is in great abundance. No wonder! "
 "Please visit compared to degree of convexity of Iron: 56Fe. Compared around the ABUNDANCE-8, he was overshadowed by the abundance-0 to protrude 100 times-is also 1000 times? "
“True! Size of a number has two digits-3 orders of magnitude different!"
 "Going well below the 88Sr (strontium) around the ledge. 3000 no your not a commotion of Rocky Mountain 3408, at an altitude of 573 (convex) stood up from the plains of the order, and then you type volcano-like mountain, stands the statue of Christ in Rio de Janeiro. A huge pile heads are out in the stratosphere above the clouds [convex]! ". "Like that where we feel the feeling in the moment in the Fibonacci transform Standard [: Fis^] of it is important.
「そう言われてみれば、確かに無限大の水素やヘリウムが無限小に変化しており、トリウム232THや238Uウランの存在量が、もの凄く大きな存在量になってますね。成る程!」
「56Fe の鉄の凸出度を比べてご覧なさい。
ABUNDANCE-0 では目立たなかった突出度が、ABUNDANCE-8 では、周囲と較べて100倍~1,000倍にもなっていますでしょ」
「本当だ!数字の大きさが2桁~3桁も違うぞ!」

「その下の、88Sr(ストロンチウム)辺りの出っ張りもすごいぞ3,000 オーダーの平原から立ち上がって、3,408,573 の標高(凸)だから、コニーデ型の山としたら、リオデジャネイロのキリスト像が立っている岩山どころの騒ぎじゃあないや。雲を突き抜けて成層圏の上に頭を出しているような巨大な山〔凸〕だよ」。
そういう風な実感が一瞬の内に肌で感じ取れるところが、Fibonacciフィボナッチ変換Standard〔:Fis〕の長所です」

 "From 190 to 200 decline wow recess, but what is it?"
"Oh, that part is creation: [immediately after the big bang] in vestiges was a natural collapse is around the same level that existed of a radioactive isotope, because it was, was transformed into the smaller nuclei. Made fission neutron source solar supernova explosion was more speaking time occurred, was the nucleus for the least amount of "" will be understood in Fibonacci transform figure so far?!" "It shows more interesting speculation. Blindfold and bludgeon. see carved watermelon. Two or three ragged clumps. Several smaller chunks. And that same, 190-200 mass roughly broken down into two and about 90 pieces of it.
 Ball that fits into the nucleus, and the excitement around the 88Sr (strontium). And I divided into three 50-60 big chunk there can be. Is that it was the mountains and spewed radioactive nucleus after the high of the Iron Kingdom higher mountains.

190番から200番にかけて、かなり落ち込みのすごい凹部がありますが、これは何ですか?」
「ああ、その箇所は、天地創造時〔ビッグバン直後〕には周囲と同じ程度存在していたのですが、放射性の同位元素であったので、自然崩壊してしまい、もっと小さな原子核に変身した痕跡です。
 もっと言えば、元太陽が超新星爆発した時発生した中性子が飛び込んで、その辺りにあった原子核を核分裂させたために、存在量が少なくなっているのです」

そんなことまで、このフィボナッチ変換図では判るようになるのですか!」
「もっと面白い推測も成り立ちますよ。
目隠しをしてスイカこん棒で切り分けてご覧なさい。不揃いの塊がつかできるでしょう。さな塊幾つも出来ます。
あれと同じで、190~200個の塊を、ざっくりに分解すると、90個くらいの塊でしょ。その原子核が球に収まると、88Sr(ストロンチュウム)の近辺の盛り上がりになります。
 ザックリつに分けると、50~60ぐらいの大きさの塊が沢山できます。
その原子核が放射性物質を吐き出した後に安定して出来た山が、鉄王国の高い高い山だったということです」

「なるほどねえ。それって理屈に合ってますよ。そして、細かく砕かれた沢山の屑(くず)のような原子核ふと気が付いて見たら、自分がシリカ〔Si〕やカルシウム〔Ca〕や炭素とか酸素だった!っという訳ですね」
「そこまで分かれば、爆笑問題さん、あなた方は立派な物理学者ですよ。長くなりますから、今日はこの辺で、お終いにしますが、最後に、数字を描きかけてわざ消してある箇所の補足説明をしておきましょう。
"Hey I see. It misreads the reason. And like plenty of trash over shattered nucleus, with suddenly feel myself silica [Si] and calcium [Ca] and carbon or oxygen was!. that is the reason "" so if you know the problem lol, you respectable physicist who is. From longer in this area today, and late, but let's explain over draw numbers at the end, and to erase.

Photo
 Becomes something like watermelon splitting of the atomic nucleus, but in universe creation time that the big bang than uranium 238U very large nuclear mass is countless. But a nuclear one shaky so quickly that collapsed during the. Then went to astringent uranium and thorium 232Th and atomic weight (total number of protons and neutrons) was larger than 240 radioactive isotopes (nuclear), 238 U.
The radioactive explosion at the atomic weight 232 not many 200-was transformed into the 208Pb (lead) is.
 It is a translation of this unmistakable evidence that chemical dictionary existed decades ago from. Here is today's problem.

 原子核のスイカ割りと似たような話になりますが、ビッグバンという天地創造時点においては、238Uウランよりも大きな原子核の塊りは、無数に出来ました。しかしいずれも不安定な核なので、あっという間に崩壊したのです。
そして、原子量(陽子と中性子の合計数)が 240より大きかった放射性同位元素(原子核)は、238Uウランと232Thトリウムとに収れんして行きました。
爆発時、原子量232に満たなかった放射性元素は、その多くが200~208Pb(鉛:lead)へと変身していったのです。
 まぎれもないこのことの証拠が、数十年前から、理化学辞典に存在していたという訳です。
 今日の爆笑問題はここまでです。

 2016  6/30  Hiro. Oyama (大山宏)

|

« ゼロ〔0〕 と1との違いって知ってますか?Do you know the difference between〔0〕and〔1〕? Hiro. Oyama | トップページ | COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama »

CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Big-Bang〔ビッグバン〕 and Crustal abundance〔地殻存在度〕への極大宇宙(Infinity)・極小宇宙(Infinity small world)からの影響。Hiro. Oyama:

« ゼロ〔0〕 と1との違いって知ってますか?Do you know the difference between〔0〕and〔1〕? Hiro. Oyama | トップページ | COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama »