« Big-Bang〔ビッグバン〕 and Crustal abundance〔地殻存在度〕への極大宇宙(Infinity)・極小宇宙(Infinity small world)からの影響。Hiro. Oyama | トップページ | 「早速質問?」爆笑問題『なぜビッグバンは2回だと言えるのですか?』"Questions?" "you can say why big bang is twice? ' »

2016年7月 2日 (土)

COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama

SummaryFibonacci transforms Fis^4 as summaries of the series of Fibonacci numbers real, to examine the Cosmic Abundances came. This analysis could end up in the State just after the Creation (Big Bang). And shortly after that State only "light" chaotic condition that happens in the world, and in book of Genesis of the Bible "light!" and found that exactly correspond.
要旨 シリーズとしてフィボナッチ数列を実数化して編み出したフィボナッチ変換Fis^4 を用いて、宇宙存在度を調べて来ました。今回の分析で、天地創造(ビッグバン)直後の状態に行き着くことが出来ました。その直後の状態とは「光のみ」が混沌世界の中で発生した状態であり、聖書の創世記「光あれ」と正に対応していることが分かった。

光世界の冒険 もそろそろクライマックスです。まずは次の図表をご覧ください。Adventures in the 'Hikari'(light) world is climax soon. See the following chart first.
Photo
 この図はこれまでお話しして来た話の「まとめ的な図」です。
結論を先に提示するのが主義なものですから、まず初めに若干のコメントをしておきます。
左端には、原子核No.と対応する代表的な元素記号とが並べてあります。
右端には、その続きをから順番に積み上げるように並べてあります。
 This figure is ever talk came to "Summary and Figure". Ago presenting the conclusions of a principle is first beginning to leave some comments.
No.-nucleus on the left... and there alongside the typical elemental symbol.
To the right, continue from the bottom in turn stacked there side by side.


 中ほどの3組の数字は、宇宙存在度
[Cosmic Abundanceです。
3組共、自然崩壊が進行する前の出来立てほやほやの原子核の分布数を表しています。
大きな数値が並んでいる左コラムが我々の身近に感じる世界であり、原子核や元素にほぼ対応させてあります。
 中央のコラムは、左コラムの数値にフィボナッチ変換Fis^4 を施したものです。
そして右コラムは、中央コラムに再度フィボナッチ変換Fis^4 を施したものです。
 The Middle three digits is the Cosmic Abundances. Represents the distribution of the atomic nucleus of three sets with a natural collapse before freshly hot from the oven.
 Left column flanked by large numbers of our closer to world feel, and have almost respond with atomic nuclei and elemental.
 Central column transform Fibonacci numbers in the left column to Fis^4 is made of.
And the right column is the center column again Fibonacci transform Fis^4 is made of.


 結局のところ、右コラムは、左コラムの数値にフィボナッチ変換Fis^8 を施したことになるのですが、その結果は、 [0][1]しか現れて来ないのです。
天地創造の直後〔ビッグバン直後〕には、光しか存在していませんでした。光のみ〔1〕であり、他は混沌〔0〕に全て、含まれていたのでした。
 ビッグバン直後から時間が経過して時空間が
1つの安定な状態になりました。その状態が中央のコラムです。
その安定状態において、昔太陽〔元太陽〕が超新星爆発〔小さなビッグバン〕を起こした直後の状態が、左コラムだったという事です。
 At the end of right column transform Fibonacci numbers in the left column to Fis^8, that is, but as a result [0] and [1] but is not coming up.
After the Creation of [immediately after the big bang]: a did not exist but the light. Only light [1], and in other chaos [0] to because it contained all. Over time after the big bang space-time one stable state now. The State is the Central column. In its stable state, Old Sun [former Sun] Supernova [small big-bang] is that immediately after the failed State was left column.
 

 次の図は、先月紹介した[地殻存在度] の絵です。
Read on for more. The following illustration is a crustal abundances (Crustal Abundance) of the picture.
Crustral_abundance0_2
 So the other day I spoke this [crustal abundances] of painting is teeth missing was the picture feels as surreal, or by going. It may be that Old Sun used the supernova evidence is generally familiar thin. Occurrence of results time elapses from the left column shown in the first drawing of this picture is the surface becomes prominent by the natural decay of the nucleus was.
 先日もお話ししたように この〔地殻存在度〕の絵では、歯抜けが起こっていたりして、現実離れしてようにも感じられる絵でした。昔太陽が超新星爆発した証拠ではあるのですが、一般的にはなじみが薄かったかも知れません。
 この絵は、最初に示した絵図の左コラムから時間が経過した結果出現したものでして、原子核の自然崩壊によって凹凸が顕著になったのでした。
 ビッグバン直後では、まだ不安定で不完全な多くの原子核出来立てほやほやの原子核〕が沢山たくさん存在している状態の宇宙存在度の絵が最初に見せた絵図だったのです。
これまで数か月の検討結果を踏まえて(フィボナッチ法則忠実に従がって)正確に時間を遡(さかのぼ)って描いてみたら、ビッグバン直後の絵にたどり着いたのでした!
 Incomplete, immediately after the big bang, the still unstable in many atomic nuclei [nucleus of freshly hot from the oven] was the drawings showed the first pictures of cosmic abundances of many Many present.
So far based on several months of study results (Fibonacci Law faithfully following) was reached back in time accurately, we tried the picture immediately after the Big Bang!

Photo_2
 This piece is any distribution number in the left column shows that, even in the right column. For example, in the left column [crustal abundances], were assigned numbers in any table, even appearing in the right column [0-1] table, you wonder?
 Any table also nuclear No. 1-244, showing that all mixed in the real world there's.
 この絵図はコラムの数値がどの様な分布であっても、コラムになることを示しています。例えば、左コラムに〔地殻存在度]表の何れかの数値を割り当てたとしても、右コラムの[-]表が現れて来るのでした。不思議でしょう?
 いずれの表も 原子核No.1244に分解して表示していますが、現実の世界では全て入り混じって存在していますね。

 ですから、左コラムに[1]
が沢山並んでいるのは無理やり成分分解して表示しているだけであって、左コラムは[]1つと[]が3つだけ描いてあるのと同じ[等価]なのでした。
 無限大数を表すには、[]という記号が用いられます。
そして、無限小は、[1/]と表せるのですが、これらで持って上表を描き直すと、以下の様になります。
 So in the left column [1] large numbers of forced decomposition, even showing the left column [0] and one [1] drawn only three and the same [equality].
To represent the infinite number of [
] "symbol is used. And the infinitely small is [1 / ] and is represented with these figures to redraw, and looks like the following.
Photo_3

 Namely, and the conditions immediately after the big bang, "present only light and others as Dark-material chaos reigns in the world ' that is.  That "was scientifically proven the correctness of the Bible's book of Genesis 1: 1".

 As it turned out let you organize.
(I). The universe we live in is since the big bang, creation of two [Fis^4 converted Fibonacci] by things have arisen.
 即ち、ビッグバン直後の状態とは、『光だけが存在していて、他は暗黒物質として、混沌世界に満ちていた』ということです。
「聖書の創世記第1章1節 の正しさが科学的に実証できた」ということになります。
 分かったことを整理しておきましょう。
Ⅰ、我々の住んでいる大宇宙は、ビッグバン以降、回の天地創造Fis^4 フィボナッチ変換〕によって生じている事。

Ⅱ、昔太陽
[元太陽]が約47億年前に超新星爆発した時に、太陽系の各惑星や小惑星群は同時に創造されて現在に至っている事。

 だからの成分も火星の成分も、地球に今も降り注いで来る大小様々な隕石も、皆成分分析してみると、生成年代が皆似たり寄ったりの値
[4650億年前〕ということになるのでした。
 今日は ここまで にしておきましょう。
(II). We have up to now used an original solar Supernova 4,700,000,000 years ago were at each planet of the solar system and asteroid is created at the same time.

 So all much the same value generation's attempt to analyze ingredients meteorite various components, and composition of Mars, Earth's surface still come, everyone and [4.6-5 billion years ago] that it would was.
  Today we keep so far.


2016 7/02  Hiro. Oyama (大山宏)

|

« Big-Bang〔ビッグバン〕 and Crustal abundance〔地殻存在度〕への極大宇宙(Infinity)・極小宇宙(Infinity small world)からの影響。Hiro. Oyama | トップページ | 「早速質問?」爆笑問題『なぜビッグバンは2回だと言えるのですか?』"Questions?" "you can say why big bang is twice? ' »

CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama:

« Big-Bang〔ビッグバン〕 and Crustal abundance〔地殻存在度〕への極大宇宙(Infinity)・極小宇宙(Infinity small world)からの影響。Hiro. Oyama | トップページ | 「早速質問?」爆笑問題『なぜビッグバンは2回だと言えるのですか?』"Questions?" "you can say why big bang is twice? ' »