« COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1 | トップページ | 宇宙は本当に1つなのか(村山斉)。←『1つです。フィボナッチ実数列で確認できる』. "Universe only one?" "Yes only one! Available in Fibonacci real. »

2016年7月12日 (火)

CRUSTAL, COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances trancefomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-2

 2019/ 3/09renewal by Hiro.Oyama(広.大山)
概要:小中学生との会話形式で、我々の住んでいる宇宙が最初に出来た超新星爆発事件の証拠探しをやっています。その明らかな証拠は何と、120年前の本「理化学辞典」に詳細に記載されていたのでした。イトカワを使って小惑星の隕石をわざわざ採集して持ち帰るまでもなかった模様である事を分かりやすく論じています。
Summary: I'm looking for evidence of the universe we live in, conversational and elementary and middle school students could first supernova explosions. More listed chemical dictionary, 120 years ago, this is clear evidence that it was. Easy never to take and use the Itokawa asteroid meteorites is purposely collected and discussed.
 一昨日の続きです。今日も使いますので〔地殻存在度〕のデータをまず添付して置きます。
 It is a continuation of yesterday. Even today, so [crustal abundances] in place first attach the data.

Crustral_abundance0_2
 一昨日のお話しの最後に、『ウラン238Uよりも大きい放射性原子核は皆全て、(238U232Th: トリウム)に変身し、収れん(収束)していきます』ということをお話ししました。
ここで問題です。「ウラン(U)トリウム(Th)とでは、どちらが安定な原子核でしょうか?」
 Talk the day before yesterday at the end of the "is greater than uranium 238U radioactive nuclear all the (238U232Th: thorium) to continue the astringent (converging), and transformed ' that we talked to.
 Here is the Question. "Uranium (U) and thorium (Th), which is stable in a nucleus would?"

 上表を見ると、ウランUの数の方が(トリウムThの数に比べて)多いですね。20%30 %ウランの方が多い! このことを覚えておいていただいて、次の〔宇宙存在度〕表をご覧ください。

  It is looking at above, number of uranium U is larger than the number of thorium (Th). 20%30 % are there more percent of Uranium. Us, remember this: [cosmic abundances] please refer to tables.
Photo_2
 右上隅にウランUトリウムThの存在度が載っています。どちらが多いですか?
一昨日のデータ(最初に転載した)地殻存在度とは逆にトリウムの方がウランよりも多いですね。(20%50%)も多いじゃあないですか。全く逆になっているのです!この訳を推理してみましょう。
There are abundances of uranium U and thorium Th in the upper-right corner. Which is a lot? And the crustal abundance data the day before yesterday (first reprint) Conversely, thorium Th than Uranium there. (20%50%) also often are not. It is in a completely opposite! Let's reason this reason.
「地殻存在度は昔太陽が爆発した後で出来たのだけど、その時元の材料(暗黒物質)が沢山あったのね。でも、宇宙存在度はビッグバン直後の存在度の分布だから、元になる材料の適当なものが少なかったのではないかな
"It made after the explosion old-Sun crustal abundances, but It had a lot of original material (dark matter) at that time. But not the cosmic abundances from distribution immediately after the big bang of the underlying materials appropriate things a little? "
「面白い事に気が付きましたね。両表の数値を比べると、確かに地殻存在度のUThの総量は、宇宙存在度のUTh総量と較べて2桁(100)も大きいですね。でもそれじゃ出生率(ウランが生まれるかトリウムが生まれるかの比率)は同じになるはずです。倍半分に出生後の生存率が逆転する理由にはなりませんね。」
"You have noticed something interesting. Comparing the two figures, certainly compared cosmic abundances of U-Th total amount of crustal abundances of U, Th, and two orders of magnitude (100 times) big. But it's birth rate (the ratio of lead to uranium or thorium was born) that the same should be. It is not a reason to reverse half doubled survival after birth."
「分かったわ。超新星爆発の時に、元々出来ていた原子核は破壊されたのよ。死亡率が大きく異なるのじゃあないかしら」
「すごいね、加奈子ちゃんは。(^o^)。どちらが死亡率が小さいのかな?」
当然、トリウムThの方が死亡率は小さいのよ。ビッグバン直後の存在量表で見ると、Thの方が大きく残っていたんだもの
"I found out. Of atomic nuclei were originally made during the supernova explosion, was destroyed. Mortality differs from then? "
“Great! Kanako-Chan. (^o^). Which mortality is small for it? "
"Of course, thorium Th o. One of Th remains large in the presence of table immediately after the big bang, was "

「その通りですね。では何故地殻存在度ではウランUの量の方がトリウムを上回ったのでしょうか?」
「それはね。沢山たくさん放射能の黒い雨(暗黒物質の壊れた物)が降って来たのだけど、ウラン238Uよりも大きなかけらは皆、ウラン238に変身したからよ。238Uよりも小さくて232Thより大きな塊はトリウムThに変身していくのだけれど、数が知れているじゃあないの。238232 = 6 中性子の数でたったの6つ分しか開いていないんだもの
"That's right. But why in crustal abundances of uranium U was eclipsed, so greater than thorium?"
"It hit. Many lots of black rain (dark matter broken ones) came down, It’s than uranium 238U from all the uranium-238 into large pieces. Smaller than the 238U 232Th, Th into larger chunks, but It has known not so. 238 - 232 = 6, do not open only six minutes only in the number of neutrons."

「その通りですね。じゃあトリウム232よりも小さかった放射能の黒い雨(暗黒物質の破片)はどうなったの?」
「決まってるじゃないの。前に先生も言ってたように、232Thよりも小さいかけらは皆、鉛Pbに変身したのよ。だから鉛がダントツに多くなったのでしょ。トリウム232Thから鉛208Pbまでの幅は(232-208 = 24)24もあるじゃあないの鉛が唐突に大量にある訳よ!
"That's right. What was the then smaller than the thorium 232Th radioactive black rain (pieces of dark matter)? "
"It's so obvious. Was saying ago the teacher, are all smaller than the 232Th piece was transformed into the Pb's. So lead Dan far to become more, isn't it?. From thorium 232th lead 208 width up to Pb (
232 - 208 = 24) -24 can be not so. It has lead to mass suddenly.

 最近の小学生の頭の回転の速さにはビックリです。たった2枚の絵図表を見せただけで、ここまでの推理をしてしまうのですからね。学者先生方々、貴方は加奈子ちゃんの発言に付いて行けましたか?
It is amazing the speed of rotation of the head of the elementary school students recently. Because it is the only shows only two maps showing the mystery so far. Scholar Dr. who, you said Kanako-CHAN's location with?

 補足説明です。フィボナッチ数列の飛び飛びの値から推定すると、238Uに収れんして行く原子量数は、鉛に収れんして行く24階段の数倍はありそうですね。この中には(ニホニウム)も含まれていますが、そのニホニウムを遥かに超えた大きな原子核がビッグバンや超新星爆発時には核融合されたり、瞬時崩壊していることは容易に推測ができます。こんなものに名前を付けて意味があるようには思えないのですが(失礼)
This is a supplemental explanation. Atomic weight of 238 U go with astringent estimated from the discontinuous value of the Fibonacci sequence and go to an astringent lead 24th floor will stage a few times there seems. Can guess easily that collapsed instantly, or so far beyond the nihonium during this Nihonium also includes large nuclear fusion to big bang or supernova explosion. Does not seem to have meaning as something like this is (sorry).
 And too much loitering in Uranium and Thorium. Let's look at the COSMIC ABNDANCE (cosmic abundances) table, knowing the other.

 ウランやトリウムの話で道草をし過ぎました。
COSMIC ABNDANCE(
宇宙存在度)表で、その他に分かることを調べてみましょう。
Photo_3
この表で一番目立つのは、何といっても「鉄王国の山の大きさ」です。生データでは軽金属の数の多さに押されて目立たなかった「鉄王国(52Cr60Ni)の山は、フィボナッチ変換Fis^4Fis^8によってもの凄く明確に我々の目に飛び込んで来ます。
ふもとの平野部と較べて、3桁も数値が大きいのですよ。3桁と言えば、1000倍です。
富士山どころの話ではありません。エベレストの山塊と較べても比較にはなりません。
地球の上にこれが飛び出していたとすれば、成層圏をはるかに突き抜けて、宇宙船が飛び回っている辺りにまで頭を出しているという大きな富士山型の山なのでした!
  Stands out the most in this table what is size of Iron Mountain. Unremarkable, pushed the number of light metals in the raw data (raw data) "iron Kingdom (52 Cr-60 Ni) of the Fibonacci transform Fis^4, Fis^8 comes into the eyes of our extremely clearly. Compared with the Plains at the foot of the 3 orders of magnitude is a large number. Speaking of three digits, is 1,000 times. Story of Mt. Fuji is not. The Everest Massif in the comparison. It was a huge pile of large type that head out to pierce the stratosphere much if it grew on the Earth, spacecraft flying around.
『鉄王国の山塊がここまで大きかったとは知らなかった。どうして地殻存在度のデータでは気が付かなかったのだろう』と思われたあなたのために、その地殻存在度の絵図表を再度コピーしますね。
"I didn't know massif of the iron Kingdom was far. Why we didn’t notice it in the crustal abundance of data would be? "you seemed, to copy their crustal abundances of drawing table again.

Crustral_abundance0
 思い出しましたか?
地殻存在度の絵図表では、(クリプトン84Kr92Zrジルコニウム)の山塊が余りに大きくて、剣のように尖った鉄王国の山が目立たなかったのでした。
 さて、その剣のように尖った鉄王国の右側辺りに、大きな凹(くぼみ)があったのは覚えておられるでしょう。その凹部は超新星爆発によって出来た凹(くぼみ)であると説明しました。
Do you remembered? Crustal abundances of the drawing table (krypton 84Kr92Zr zirconium) of unremarkable mountain Kingdom of Iron mountains sharp as a sword too big and it was.
 Well, you will remember the iron Kingdom pointed to the sword on the right area in the large concave (hollow ). Explained that recess is concave (hollow), was due to the supernova explosion.

 では、この凹(くぼみ)の部分は、〔宇宙存在度〕絵図表ではどうなっていますか?
全く平らな大平原です大平原というよりも、むしろ盛り上がった海膨〔太平洋や大西洋海底にある大きな海底の膨らみ〕の様相を呈しています海の底の海膨がなじみが薄いのであればアフリカサイズの巨大な高原台地というところでしょう。
 But this concave (hollow) is a [cosmic abundances] what is in the pictures table? It is totally flat plains. Rise raised rather than a great plains [bulge of Pacific and Atlantic seabed in a big sea] of the galleries. I would if familiar thin at the bottom of the sea rise in the high plateau of Africa size giant said.

 その巨大な高原台地が超新星爆発によって跡形もなく消え去ったのです。そしてその後に、沢山の放射能を発する塊りが降り積もっていったのでした。
 自分の居た場所に降り積もっていったのは、より巨大な世界からの寄り集まってきた放射性同位元素の塊りでした。
 The enormous plateau without a trace due to the supernova explosion is gone.  And they were still emit plenty of radiation after the mass. It was the radioactive isotopes have been groups from around the world a huge mass was snuggled in place of his own.
では自分自身の身体が幾つもに分解して降り積もっていった場所は?
 その場所は大きく3ヵ所ありました。Xeクセノン王国しかり、Krクリプトンジルコニウム公国しかり、そして鉄王国だったのです。
But where had fallen, and broken up into several own body? The place is 3.  Xe-(Xenon) Kingdom, Kr- Kingdom, Zirconium Principality, yes was Yes, and the Iron- Kingdom.
 超新星爆発でそれまで眠るように静かにしていた元素の多くは破壊されました。大きな破片に関しては上記の通りなのですが、ゴミのような小さなかけらも沢山どころか無数に無限に出来ました。
その破片の雨が、鉄王国より小さい(Ar- Kingdom)アルゴン王国や軽金属グループ、更には炭素・窒素・酸素の山を築き上げていったのです。
Many of the elements had been quietly it sleeps in the supernova explosion that was destroyed. Even small pieces for large piece as described above is the trash like plenty in fact countless, infinite! Kingdom of rain and debris is smaller than the iron Kingdom (AR-Kingdom) argon and light metals group, is further created a new pile of carbon, nitrogen, and oxygen.
 その山は槍や刀を立て並べたような険しい山々でした。そのとんがり度は56Feに勝るとも劣らない尖った山々でした。
ちょっと比べてご覧なさい、地殻存在度の方が、険しい山々の連続になってますね。谷も深いです。大きなクレータも存在します。
 『昔太陽が超新星爆発によって出来たのだ。宇宙存在度と地殻存在度とはそのことを静かに物語っていたのでした。
 2016 7/12 Hiro. Oyama
The mountain was a spear or sword stand lined up like the rugged mountains. It was that displeased the 56 Fe and even pointed mountains. Hey look compared to continuous crustal abundances are steep mountains. Deep valley.  There are large craters. "Once the Sun was due to the supernova explosion.
Cosmic abundances and crustal abundances was mourned quietly that it was.

 2019 03/04 rewritten Hiro. Oyama
COSMIC, CRUSTAL地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1も合わせてお読み下さるなら幸いです。
Neutron Star.
Determining the existence of Quark in experiments with colliding gold nuclei!金の原子核同士を衝突させた実験でクォークの存在を確認!中性子星を作ろう!

|

« COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1 | トップページ | 宇宙は本当に1つなのか(村山斉)。←『1つです。フィボナッチ実数列で確認できる』. "Universe only one?" "Yes only one! Available in Fibonacci real. »

CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances」カテゴリの記事

コメント

 太陽が超新星爆発によって出来たというのは理解出来ます。また、鉄が非常に安定した原子であり地球上にも大量に存在していることも知られています。核融合によって、水素がヘリウム、ヘリウムが融合して鉄になることも分かっています。 これで太陽の誕生は説明出来ますが、周辺の惑星(水金地火木土天海)の誕生に関しては大いに疑問があります。
 The Sun was due to the supernova explosion can understand. In addition, also on the Earth exists in large quantities and very stable iron atoms is known. Know that the fused helium, helium by nuclear fusion, hydrogen, iron. [1];can be explained by this is the birth of the Sun is around the planet (Mercury/Venus/Earth/Mars/Jupiter/Saturn/Uranus/Neptune ) of have much doubt about the birth.
星雲のガスが凝縮して惑星を形成したとする説もありますが未だに明快に解き明かしたとは言えないでしょう。この話の中にドイツの哲学者が説を唱えたりするのも歴史上の事実です。 しかしなんだかすっきりしない。 [2]; is not unlocked yet clearly there were compelled to condense the gas of the Nebula, planets are formed. To infringe theory in Germany in this story is a historical fact. However, not stressed out.
太陽系の惑星や衛星が観測されますが、他の恒星の惑星に関してはあまり話題にもなりません。この辺の話には生命の誕生にも関わることですので、あまり積極的にならないのかな。ともかく今回の記事には納得出来る部分が多いのは事実です。
[3]; is our solar system's planets and moons were observed for the planets of other stars has not. Not so actively involved in the birth of life to the story of this neighborhood, so I wonder. Much satisfied with this article anyway is true.
    By: miyamo 2019 / 3 / 09
《 miyamoさんへのコメント返信 comment & answer.》
 miyamoさんコメント有難う。『【3】・・・今回の記事には納得出来る部分が多いのは事実です』とおっしゃって頂けて有難く思っています。貴方が書いてくれたコメント【1】【2】に関して少しだけ話させて下さい。まず【1】『・・・、周辺の惑星(水星/金星/地球/火星/木星/土星/天王星/海王星/)の誕生に関しては大いに疑問があります』に関してお話します。
 Thank you for your comments. "[3] there... see the light in this article is true, and have let me know, and I'm thankful. Please let me tell you just a little bit in regards to who wrote your comments [1] [2]. Please let me tell you just a little bit in regards to who wrote your comments [1] [2].
At first [1]; "..., For the birth of the surrounding planets (mercury / Venus / Earth / Mars / Jupiter / Saturn / Uranus / Neptune /) questions have much" to talk about a will.
 私は(水金地火木土天海)の各惑星が太陽や小惑星群/衛星群と同時に(昔太陽という中性子星が超新星爆発を起こしたと同時に)でき始めた、と考えています。即ち、その中性子星の質量は太陽系全体の総質量であった!と考えているのです。月の岩石サンプルをアポロ宇宙船が持ち帰って調べても、生成年代が46億年だったでしょ。イトカワがサンプルを持ち帰って来ても、生成年代が今から46億年前だという結果になることでしょう。
I (Mercury/Venus/Earth/Mars/Jupiter/Saturn/Uranus/Neptune/) of each planet and Sun, asteroid and satellite group and at the same time began, and (at the same time and old neutron stars that Sun had a supernova explosion) believe. I.e. the total mass of the solar system is the mass of the neutron star! and thinks it is. You take the Apollo Moon rock samples, check the age was 4,600,000,000 years. It would be to come take the asteroid sample than raw age 4,600,000,000 years ago from now.
【2】;『星雲のガスが凝縮して惑星を形成したとする説』は本質的に間違っています。ここでは詳しく述べませんが、エントロピー増大の法則に違反しているのですからね。
ところが、『銀河が凝縮して(or 周辺の恒星や物質を吸収し続けて)中性子星になり、中性子を放出していたのでは間に合わなくなって爆発する』という爆発(超大型の超新星爆発)は既に天文観測によって確認できています。星雲は広がる一方なのであって、映像フィルムを逆回しにするように凝縮していくことは物理的にあり得ないのです。[2]; "Condensing gas Nebula, formed the planetary theory "is inherently wrong. Because it is not discussed here, but a violation of the principle of entropy increase. However, "it not become a neutron star (or surrounding stellar material absorb and continued) condensed into galaxies, and emitted neutron's exploding ' that explosion (super large supernova explosion) is already confirmed by the astronomical observatories. Expanding a Nebula it is physically impossible to condense to backwards-films, even.
 整理すると、ミルキーウェイ銀河系の元となった昔銀河系(超大型中性子星)の爆発が今から約148億年前に発生した。これがいわゆる天地創造と呼ばれているものです。
そして、今から約46億年前に、昔太陽系という超巨大中性子星が大爆発を起こして、大小様々な大きさの無数のダークマターや無数の星くずへとフィボナッチ数列的に分解して、太陽や周辺の惑星群の材料となった、と考えるのが一番合理的なのでした。
 Old Milky Way Galaxy from which to organize and Milky Way (very large neutron star) explosions occurred about 14,800,000,000 years ago from now. It is what it is known as the creation. And from now on about 4,600,000,000 years ago, old caused solar system giant neutron star explosion, to the myriad of dark matter of various sizes and myriad of Stardust down the Fibonacci sequence, became a planet of the Sun and the surrounding material, You because it is the most reasonable.
 核融合は進んだとしても、鉄までしか進行できません。他の重金属群はウランや金まで含めて、より大きなダークマターからしかできて来ないのです。理化学辞典には、α線・β線・γ線を放出しつつ、鉛に収れんしていく様子が詳細に整理されているのですよ。興味があれば、理化学辞典や理科年表など、末尾に付記されている表を開いて見てください。 なにはともあれ、貴方がコメントくれたことで、自分の頭を整理出来ました。感謝。Hiro.Oyama(広.大山)
 Advanced nuclear fusion is not going only up to iron. Are other heavy metals including gold and uranium is not only made up of larger dark matter. It is astringent that while emitting α-, β-and γ-lines lead to chemical dictionary, is organized in detail. Open look table have been noted at the end, such as physical and chemical dictionary, chronological scientific tables if you are interested. Anyway, your comment gave me the could organize his head. Thank you very much. 2019/ 3/07 Hiro.Oyama

投稿: 銀河のダークマター暗黒物質より。 | 2019年3月 9日 (土) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CRUSTAL, COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances trancefomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-2:

« COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1 | トップページ | 宇宙は本当に1つなのか(村山斉)。←『1つです。フィボナッチ実数列で確認できる』. "Universe only one?" "Yes only one! Available in Fibonacci real. »