« 村山斉先生 Dr. Hitoshi Murayama, the large-scale structure of the universe is similar to the cell membrane. 宇宙の大規模構造は細胞膜に似てますね。Hiro. Oyama | トップページ | CRUSTAL, COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances trancefomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-2 »

2016年7月10日 (日)

COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1

 2019 03/09 renewal by Hiro.Oyama(広.大山)
 要旨:フィボナッチ数列を実数扱いすることで得られた時空間変換法:フィボナッチ変換テーブルを用いて、昔太陽の超新星爆発の論証を「理化学辞典」のデータを基に解析・解説しています。難しい数式は一切用いておらず、小中高校生にも容易に理解できることを目指しています。原子核物理や最新宇宙論に対して、若者の学習意欲と研究意欲が大いに増すことでしょう。
Abstract: space-time conversion algorithm obtained by treating real Fibonacci; Fibonacci conversion table using the old solar supernova explosion proof dictionary of chemical data based on analysis and commentary. Not using any hard formula, aiming also to elementary and secondary school students can understand easily. It will increase motivation and motivation of young people much to current Cosmology and nuclear physics.

 これから、フィボナッチ数列を実数扱いしたら色々と便利なことがあるというお話を説明します。例えば、137億年前に起こったビッグバン直後の原子核に関する"宇宙存在度"を簡単に見積もることが出来ます。また、今から47億年前に起こった昔太陽超新星爆発が起こった直後の〔地殻存在度〕などを解明するという応用例を、分かり易く紹介していきます。 まずは、次の絵図表をご覧ください。
Describes the stories after real treat Fibonacci numbers from now on, and that may be helpful. For example, you can easily estimate the "cosmic abundances" on nuclear 13,700,000,000 years ago shortly after the Big Bang. Of happened 4,700,000,000 years from now, long after the supernova explosion of the Sun [crustal abundances], easy to understand examples to clarify the application, I will introduce.
First, please see following drawing table.
Genesis
 Title is Conversion tables;relationship of cosmic abundances and the book of Genesis. Genesis refers to the first Chapter of the Bible the story of Creation. It was told people this story takes you back to the primitive life Angel or alien (alien) was apparently heard, that told the story was recorded. It is the Bible.
 The aliens that were overflowing in the 21 century far surpassed our modern scientific knowledge in the real treat Fibonacci studies resulting from Fis-conversion-processing and brilliantly "Let there be light; ’Hikari’!' It was with the Big Bang and that did lead.

 表題は、変換テーブル:「宇宙存在度と創世記との関係性」としておきました。創世記とは、バイブルの第1章「天地創造の物語」を指しています。この物語を天使か宇宙人
(エイリアン)かが、原始生活に舞い戻っていた人に話して聞かせたらしくて、その教えてもらった話が記録されていたのでした。それが聖書なのです。
 そのエイリアンは、21世紀現代人の我々をはるかにしのぐ科学的知識にあふれていた様子で、フィボナッチ数列を実数扱いする研究の結果得られたFis変換処理を行うと、見事に『光りあれ!』というビッグバンの状態が導き出せたのでした。
On the drawing table, must at the same time some Fibonacci transform inverse transformation processing. I.e. the elements present in the universe [for example hydrogen, oxygen, nitrogen, iron chrome nickel, uranium and,] of if abundances for processing Division (÷), becomes the big bang, to the contrary, no dark matter or dark energy [chaos] of from multiplying (x) process, and are authorized in the writings of modern science [cosmic abundances] had come out.
 この絵図表には、フィボナッチ変換の逆変換処理も同時に載せてあります。
すなわち、宇宙に存在する元素〔例えば水素・酸素・窒素・鉄クロムニッケル・ウラン・・〕の存在度に対して、割り算(÷)処理をすれば、ビッグバン状態になり、
逆に、暗黒物質や暗黒エネルギーしか存在しない〔混沌〕の状態から掛け算()処理をしていくと、現代科学の書物でオーソライズされている〔宇宙存在度〕が出て来るのでした。
 但し、この変換テーブルは、ビッグバン直後であってまだ不安定な原子核が大量に存在している状態を見積もれるように工夫したテーブルです。
ですから、どの曲線を見ても”なめらかに”変化しています。
フィボナッチ数列が飛び飛びの正の整数値しか取り得ませんので、現実の原子核の存在度もステップ的になり、凹凸の激しい存在度となるのでした。これに関しては後で改めてコメントしましょう。
 次の図は、地殻存在度に対してフィボナッチ変換処理を行ったものです。
However, it is devised to estimate the conditions immediately after the Big Bang the still unstable atomic nucleus in mass conversion table is table. So, looking at how curves evolve "smoothly". It did and the following the Fibonacci sequence of positive integers only, so no real nuclear abundances are a step in the surface abundances. Regarding this let me comment again later.
 The following illustration is a crustal abundances for Fibonacci conversion process went.

Crustral_abundance0
 今から約47億年前に、それ以前にあった太陽昔太陽〕が超新星爆発を起こしたことは既にご存知ですね。その結果、地球も月も土星も木星も太陽も現在我々が目にしている全てがスタートを切ったのでした。その痕跡データが〔地殻存在度〕と〔宇宙存在度〕なのです。上の絵図表では、〔地殻存在度〕の生データ〔raw data〕を元に、フィボナッチ変換処理を行っています。
 Sun had earlier 4,700,000,000 years ago from now [old Sun] causing the supernova explosion is already familiar. As a result, the Earth and the Moon were all Sun both Saturn and Jupiter now we have to start up. The trace data is [crustal abundances] and [cosmic abundances] what is. On the drawing table [crustal abundances] of raw data [raw data] does the Fibonacci transform.
 フィボナッチ変換処理は、2段階に分けて行っています。左端が生データ〔raw data〕です。その続きは、中ほどのコラム〔raw data〕に繋がっています。
Fis^4
フィボナッチ変換を施したものが、中間のコラムに積み上げてあります。その中間コラムのデータに更にもう一回Fis^4処理を施した〔即ち、Fis^8を施した〕ものが、3番目と右端のコラムに並べられています。
Fibonacci conversion process is divided into two stages. Left is raw data is. Is the middle column, [raw data] to be connected. Fis^4 Fibonacci transformed what are stacked in the middle column. Middle column data, further-more 1-time Fis^4 treated [i.e., Fis^8 with] ordered one third and the right-most column.
 左半分〔無限小からの影響〕が顕著に変化しています。例えば水素1Hやヘリウム4Heなどは、存在度が〔〕にまで、変身しています。
これに対して、右半分に関しては、1桁か2桁数字が大きくなった程度です。ウランのところをご覧ください。〈2,///,///18,///,///322,///,///〉と変化しただけですね。
 でもこのカーブは下端部において滑らかにつながっています。原子核番号〈120124〉の数値を比較してご確認下さい。
 Left half "effect from the infinitesimal] has changed significantly. For example 1H hydrogen and helium 4He, degree of presence [0] until is transformed.
In contrast, when it comes to right half, single-digit or is a two-digit number has grown much. See uranium so far. 2,///,///18,///,///322,///,///
just changed.
 However, this curve is tangent continuous internally in the bottom. Nucleus number
120124of comparing numbers, please.

 さて、生データ(raw data)は現実のものなので分布になじみが深いのですが、その炭素12C~軽金属などの膨大な存在量Fis^8 処理では極端に減少していて、左半分の重金属類の存在度よりも少なくなっています。
これは『やり過ぎてますよ』ということを示唆しているのでした。
頃合いなのは、中ほどのコラムであることは明らかです。
このことは、『地殻存在度が昔太陽の超新星爆発で起きたことに大きく関係している事』を意味しており、『宇宙存在度との直接の関連性が薄い事』を示唆してくれています。
Familiar deep distribution as well, the reality is the raw data is carbon 12C huge amount of light metals, including Fis^8, less than the presence of heavy metals on the left half and dramatically decrease in processing.
 This suggests that "Overkill you'll ' it was. Time of the middle column that is obvious. This means "it is greatly related to crustal abundances happened long ago in the supernova explosion of the Old-Sun", "light and cosmic abundances directly relevant" to us suggests.

 軽金属類の変化以外で注目すべき点が2,3点ありますひとつ1つ検討してみましょう。
1)56Fe()が唯一頑張っている! これに関しては、後で検討しましょう。それ以上に目立つのはその下〔84Kr92Zr〕の突出ではありませんか。
2)〔84Krクリプトン92Zrジルコニウム〕の突出! その周辺の原子核存在度と較べても、2桁~3桁も存在量が多いのですよ。このことは地殻存在度の大きな特徴です。
Notable changes in the non-metal, may 2, 3 points. Let's consider one-by one.
1), 56 Fe (iron) will only have the best! For this we'll explore later. Stand out more than that under [84Kr
92Zr] not protruding.
2), [84Kr(krypton)
92Zr(zirconium)] of protruding! Even compared with nuclear abundances around double-digit-3 orders of magnitude is a lot of presence. This is big crustal abundances.

 半分の重金属類は穏やかな数値が並んでいるのですが、その中で目立つことがあります。鉛〔Pb〕の下にある凹(くぼみ)です。
3)、鉛〔Pb〕の下にある凹(くぼみ)は何故出来たのか?
 後でお見せする〔宇宙存在度〕の分析表においては、この凹(くぼみ)は存在しないのです。
 何故か? その理由は?
Right half of heavy metals is a mild is a stand out among them. Lead [ Pb ] in is located under the concave (hollow).
3), lead [ Pb ] in beneath the concave (hollow) why and how?
You'll see in "cosmic abundances” of does not exist in the table, this concave (hollow) is.
 Why do you? The reason is?
 これが、昔太陽が47億年前に超新星爆発を起こしたという最大の証拠なのでした。
超新星爆発する直前までは、重金属類から軽金属に至るまで、ほぼ均等に存在量があったのですが、超新星爆発の時に中性子や陽子が2~3個原子核内に飛び込んで、重い原子核を破壊してしまったのでした。
The biggest evidence of this old Sun had 4,700,000,000 years ago a supernova explosion because. Was amount evenly before the supernova explosion, heavy metals from metal, but during the supernova explosion of neutron and Proton 2- in three, had destroyed the heavy nucleus into atomic nuclei.
 分裂破片の大きさは大小様々ですが、その多くは2~4個の大きな塊にまず割れるでしょう。『さあ大変』となって、球に収まるように互いが努力するのですが、4の倍数にならない。2の倍数にもなれない不安定な状態を打開するために、自然崩壊して行くのです。
そうして後で気が付いてみたら、その多くが〔84Kr92Zr〕の場所に積み重なっていて、そこに巨大なコニーデ型の巨大な(大きな)山が出来ていた、という訳です。(蛇足ですが、私の名前は、Hiro. Oyama(広 大山)です。)
 Size of the fission fragments are various large and small, but many of them 2-will be first split into four large chunks. "Now it's hard ' and is the work with each other to fit the ball not in multiples of four. It is going to spontaneously decay to defuse unstable situations can't be a multiple of 2. Then, with care after many [84 Kr92 Zr] of that place was made up great-big pile of a huge volcano-like type. Is the icing on the cake, my name is Hiro. Oyama (広 大山).

 全く同じ理由で56Feには針の如くに尖った山(高い高い山)が出現していたのでした。
この目で見ると、〔144132Xe も膨らんでいることが分かります。膨らんでいるとは言っても周辺と較べれば1桁~2桁も数値は大きいのですよ。
さしずめ、インドのデカン高原かアフリカのサバンナ台地に較べ得るほどの大きな膨らみなのでした。
It was pointed like needles 56fe is exactly the same reason mountain and high mountain that had emerged. And see with our own eyes, [144-132] Xe reveals that is swollen. Say inflated compared with around one to two orders of magnitude is the large number of. Was so big – get compared to the Deccan Plateau of India or African savanna plateau bulge.
 超新星爆発時には、小さなかけらは無数に出来ます。それらの多くは、〔12C52Crクロム〕の軽金属の畑にばらまかれたのでした。だから、ここが異常に高い存在度をもっているのですよ。
自然崩壊で放出されるのは、水素:1Hの核か、2Hの核、ヘリウム:3Heの核か、4He,5Heなどなのでしょうね。本来がガスなので、その多くは地殻に取り込まれることが少なくて、大空宇宙へと飛散していったと思われます。
Countless small pieces during the supernova explosion. Many of them are [12 C-52 Cr chromium] of was strewn in the light metals field. So, here have unusually high abundance. Emitted by natural decay nuclei of hydrogen: 1H or 2H nuclei, nuclei of helium: 3He or 4He, 5He would. Originally considered less gas, so many of them be incorporated into the crust, was dispersed into air space.
 地殻存在度議論の最後ですが、絵図表のウラン(U),トリウム(Th) の前後が空白地帯となっています。その理由は、もうあなたもお分かりですね。
フィボナッチ数列が飛び飛びの値しか存在できないのと全く同じ理由で、長く存在できないのです。故に、
4)、232Th以下の原子核は雪崩を打つように鉛に集積していったのでした。
5)、ウランUよりも大きな放射性原子核は、これまた雪崩を打つが如くに、(238U232Th)へと変身していったのです。
Crustal abundances discussion is blank zone is around the drawing table of uranium (U), thorium (Th). The reason is again too you know. It is not only of following the Fibonacci sequence value and cannot long exist, for exactly the same reason.
 Late on 4), was the lead went to integrate an avalanche hit the atomic nucleus of the 232Th following.
5), than the uranium U like a big radioactive nuclear strikes, avalanche, (238U and 232Th) to and is developed into.

 どうです,見事に説明が付くでしょう?
天気予報がはずれた原因の説明地震の後追い説明よりも、はるかに合理的な説明が出来ますね。

 〔地殻存在度〕に関してはひとまず置いて、次は宇宙存在度〕に関しての分析データを検討してみましょう。
 
とは、書いたのですが、ブログとしては非常に長くなりましたので、続きは明後日とします
 2016/07/08  Hiro. Oyama(大山)
Whether it is. Description you'll fine?! after causing weather shifts and earthquakes description Chase than much more rational explanation. [Crustal abundances] about is laid to rest, following [cosmic abundances] for the analysis should consider. And, wrote, but as the blog was very long, so is tomorrow the day.
 2019 03/04 renewal by Hiro. Oyama
Neutron Star. Determining the existence of Quark in experiments with colliding gold nuclei!金の原子核同士を衝突させた実験でクォークの存在を確認!中性子星を作ろう!

|

« 村山斉先生 Dr. Hitoshi Murayama, the large-scale structure of the universe is similar to the cell membrane. 宇宙の大規模構造は細胞膜に似てますね。Hiro. Oyama | トップページ | CRUSTAL, COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances trancefomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-2 »

CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances」カテゴリの記事

コメント

big ban is a great fake!?! bkack matter and black enerugy are dream of pyisian, we catch it your good sight.

投稿: | 2016年8月19日 (金) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1:

« 村山斉先生 Dr. Hitoshi Murayama, the large-scale structure of the universe is similar to the cell membrane. 宇宙の大規模構造は細胞膜に似てますね。Hiro. Oyama | トップページ | CRUSTAL, COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances trancefomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-2 »