« COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama | トップページ | 村山斉著「宇宙は本当にひとつなのか」は最新宇宙論として分かり易い。Hiro. Oyama »

2016年7月 4日 (月)

「早速質問?」爆笑問題『なぜビッグバンは2回だと言えるのですか?』"Questions?" "you can say why big bang is twice? '

"Questions?" "you can say why big bang is twice? '
 早速質問ですね。どうぞ。

フィボナッチ変換Fis^4 施したら、ビッグバン直後の宇宙の姿に到達したとのことですが、どうしてだと言えるのでしょうか?回でないのは分かりました。回ではないという理由を説明して下さい」
「その訳を納得するためには、もう1 Fis^4 処理を施してみれば分かるのです。やって見せましょう」
"Fibonacci transform Fis^4 is reached the figure of the universe immediately after the big bang it stronger 2 times, and that's why twice? Knew no more than once. Please explain the reason not times "
“To understand the translation, once again Fis^4 it to wrap, you know. I'll show you.”

Photo_4
"How about this time? Abundances of hydrogen and helium are [0] is the presence of heavy metals in particular on uranium and thorium, had turned around [16] that became a large number. This [] that I've added in the infinity symbol, was shown.”
「いかがです?水素ヘリウムの存在度が〔〕になってしまって、重金属の中で特にウランやトリウムに該当する辺りの存在度が〔16〕という大きな数値になってしまいました。これを〔〕という無限大の記号で、現わしてみせたものも追記しておきました。」
 「つまり、こういうことですね。
現実的な存在度〔宇宙存在度や地殻存在度〕にフィボナッチ変換Fis^4 まで施してみると、何とかビッグバン状態と思える状態に到達した。
更に3回目のFis^4 を施してみると、水素やヘリウムなど軽金属部類は姿を消してしまって、重金属類だけが無限数存在する世界になった。即ち、混沌 という世界に到達してしまった。
 その状態はビッグバンが始まる以前の状態 を示しているから、ビッグバンは2回しか起こってませんよ。そう先生は判断されたという訳ですね。」
 "In other words, this kind of thing is. Real abundance [cosmic abundances and crustal abundances] the Fibonacci transform Fis^4 giving it up twice, and somehow seems to big bang state condition is reached. Even the third Fis^4 disappeared when subjected and metal class, such as hydrogen and helium, the infinite number present only the heavy metal world.
 Namely, had reached a chaotic world. It's going from the State shows the status before the big bang, big bang is only twice. It is the reason that he determined to be so.”

「爆笑問題さんは本当に勘取りが良いですね、その通りです。
軽金属類に限らずさえも、暗黒物質の一部として溶け込んでいる状態が混沌の世界なのですよ。
別の言葉で説明しましょう。
ブラックホールからは光さえも脱出できない。出て来れない』という話を耳にされたことがあるでしょう。あのブラックホールこそが、フォボナッチ変換Fis^4処理を回以上施した状態だと言えるのです」
「先ほどからFis^4 とかFis^8 とかFis^12 とか4の倍数が出て来ますが、その意味を教えて下さい。」
"You are really good hunch was right, you are right. ‘Hikari (Light)’, regardless of the metal even State dissolved as part of the dark matter is chaos of the world is. In other words let me explain.
‘"With light from a Black Hole also cannot escape. Can't come out,’ that would have heard the story. That Black Hole is the Fis^4 transformation said that with more than 3 times the State's "
"Just from Fis^4 or Fis^8 or Fis^12 comes out or multiples of 4, but please tell me what it means.”

「良い質問です。お答えしましょう。
皆さんは、時間Tは昔も今も一定間隔で進んでいると思っているでしょうが、実は伸び縮みして進んでいるのです。住んでいる世界の大きさによって時間Tも違った速度で進んでいるのです。
 例えば、水素原子核の周りを電子が回っていますが、あの世界ではサイズ寸法Lが小さくなったのに正比例して時間Tの進み具合が小さくなっているのです。もしほんの少しだけ大きなスピードになると、原子核の束縛から解き放たれて飛び出してしまうのです。これがイオン化した原子状態ですね。
『ほんの少し』とはどの程度か?と言うと、
1.0000001 の最終桁が4以内か5以上か、というぐらいの小ささです。そこに存在するかしないかは四捨五入で決まって来ます。ですから原子の電子の軌道はステップにどうしてもなってしまうのです。これが如実に現れて来たものが『エネルギー順位』と呼ばれるものです。」
"Is a good question. Let's find out. Is going to actually stretch might have wanted a time T is still going at regular intervals. It is progressing at a rate depending on the size of the world live in different times T.
For example, it is directly proportional to the electrons going around the hydrogen nuclei, but became smaller size dimensions in the world and the progress of time T is smaller. Is if only slightly greater speed and liberated from the shackles of the atomic nucleus, it will jump out. This ionized Atomic state. "Just a little bit' is how much? and say, 1.0000001 the final digit is 4 about 5 or more or less than a small one.. There exists or not come inherent in the round. So is the orbits of the electrons of the atoms would just step in. It is what it appeared to be called "energy level".


「ちょっと話が飛んでますよ。元素の話ではなくて、原子核の話に取りあえず限っていただけませんか」
「失礼しました。時間Tの進み具合は、その世界の代表寸法の長さLに正比例するのです。
これは、アインシュタインが唱えた『光速一定の原理』を満たすものです。時間Tと空間中の長さLさえ比例していれば、光速C=L/t は常に一定になるのですからね」
"You are just talking about flying. Story elements, without not only nuclear talk anyway? "' I'm sorry. It is the progress of time T is directly proportional to the length of the typical dimensions of the world. This is not disagreed with Einstein's speed of light constant principles to meet. If proportionally even the Length of time and space in the speed of light C = L/t is always certain to be from. "
“I've got it. (XYZ) 3 direction in space. the directly proportional relationship between time T and the length L in the space. about when it happened at the same time represented the Fis one contraction and contraction is 4 squares of the Fis and the [Fis^4] said so? "
"You’ve said before. You are right.”

「ははあ、分かったぞ。空間にはXYZ方向がある。
  ⇒その1辺の長さLと時間Tとが正比例関係にある。
 ⇒1つの伸び縮みをFis で表すとすると、それが同時に起こった時の伸び縮みの程度はFis4乗であり、〔Fis^4〕だという訳ですか」
「先に言われてしまいましたね。その通りです。
それ故に、現在我々が観測して知っている宇宙存在度をFis^4 でまず割り算してみた。まだ水素の量が他に比べて大きかったから、もう一度Fis^4 で割り算してみた。そうしたら、重金属類と軽金属類との存在度同程度の分布であるという一覧表が現れた、という訳だったのです」
「同時に起こっている現象を『分けて説明 してくれ 』とは言い難いのですが、参考までにやって頂けないでしょうか?」
「確かにそれも意味のあることでしょう。やってみましょう」
「最初に起きるのは時間軸Tの伸び縮みでしょうね。これをFis^1 としましょう。
爆発現象を参考にしてみれば、次に起きるのは球の表面積が増える効果ですからFis^2 として捕えられます。
そして最後にその表面積が半径方向に伸びるという現象が起きてきます。半径方向への伸びもFis^1 に比例しますからFis^3 が体積効果ということになります。
そして爆発の全体では、Fis^4 の効果になる、という風に整理できます。
 これらの効果を計算値で お見せしましょう。
 "Would you explain the FYI phenomenon going on at the same time hard to say ‘divide, explains’ would?"
“See that it certainly would be. Let's do it.
 I wake up first will be the elasticity of time axis T. This Fis^1!
Happen next if the explosion, by referring to increase the surface area of a sphere from Fis^2 get caught. And will finally surface area extends in a radial direction that phenomenon has occurred. Radial growth also Fis^1 proportional then Fis^3 volume effect becomes. And the whole explosion of Fis^4 effects, and to organize. These effects let you calculated.

Photo
 図中で dNa とあるのは、暗黒物質中の原子核存在度(darkness of Nuclear abundance ≃ dark Nebula’s abundance ≃ DNA)のことです。
これでDNAが銀河宇宙と相似形の生命体であることが証明されました」。
“Proved in this milky way space and similar life forms is the DNA.”
「どさくさに紛れて ずるいよフィボナッチ先生。銀河宇宙が1つの大きな生命体であることは否定しないけど、言葉の綾(あや)で、DNAは銀河生命体と相似形ですよ、なんてちょっと先走り過ぎていませんか?」
「私はそういう風に確信しているのですよ。現実に原子核存在度と銀河宇宙とが相似形だと分かったじゃあないですか。その中間世界の生命体同士は皆、相似形 になっているはずですよ。でも、これはおいおい話すことにして、この図の補足説明をしておきましょう。
先ほどもちょっと述べましたが、Fis^1 というのは時間軸Tの伸び縮み状態を現わしています。同時に、長さ方向の伸縮度を示しています。Fis^2 というのは、面積効果(球表面の拡大縮小効果)です。Fis^3 は、体積効果(体積の増大減少の効果)です。そしてFis^4 は、XYZTの総体としての伸縮拡大効果ということになります」。
"I'm sure that's. Actually found it similar nuclear abundances and Galactic space are not. Life among the Middle world is all to similar figures are supposed. But it has to come speak to a clarification of this figure. As I mentioned earlier I mentioned, but Fis^ has shown contraction with the time axis T is 1. At the same time shows to stretch along the length. Fis^2 is an area effect (Zoom effect of the spherical surface). Fis^3 is a volume effect (effect of volume increase decrease). And Fis^4 will be to enhance the stretch as XYZT ".
「最後は私に言わせて下さい。Fis^4 をもう一回施せば、現世の原子核存在度と暗黒世界の原子核存在度とが1:1に対応してくる、これをフィボナッチ大先生は発見なさった!」ということですね」
「ありがとう。完璧に私の言いたいことを代弁してくれました。まだまだ話したいことは山ほどありますが、今日はここまでと致しましょう。お休み」
 爆笑問題の二人は今夜も茅葺(かやぶき)の茶室に泊まることになったのでした。
  《続きは明後日》
"Please let me say finally. Fis^4 he discovered this Fibonacci great teacher, if you make another 1 times world nuclear Abundances in this and nuclear abundances in the Dark World and 1:01 correspond to come! "It is said that "'
“Thank you. Was representing perfectly I mean. There is still talk a lot, but you and so far today. Good night!"
  Then they were to stay in a thatched roof Tea-House tonight, too.
 "Continued the day after tomorrow."

 2016 7/04  Hiro. Oyama (大山宏)

|

« COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama | トップページ | 村山斉著「宇宙は本当にひとつなのか」は最新宇宙論として分かり易い。Hiro. Oyama »

CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「早速質問?」爆笑問題『なぜビッグバンは2回だと言えるのですか?』"Questions?" "you can say why big bang is twice? ':

« COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama | トップページ | 村山斉著「宇宙は本当にひとつなのか」は最新宇宙論として分かり易い。Hiro. Oyama »