« 村山斉著「宇宙は本当にひとつなのか」は最新宇宙論として分かり易い。Hiro. Oyama | トップページ | COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1 »

2016年7月 8日 (金)

村山斉先生 Dr. Hitoshi Murayama, the large-scale structure of the universe is similar to the cell membrane. 宇宙の大規模構造は細胞膜に似てますね。Hiro. Oyama

 村山斉先生へ
 先生の書かれた「宇宙は本当にひとつなのか」を興味深く読ませて頂きました。この本、実は1年前にある人からプレゼントされたものでして、頂いた当時、2~3回読みました。今回で3度目です。
 最新宇宙論の内容が平易に(語り口調で)描かれていて有り難かったです。まだまだ先生はおっしゃりたいことは沢山あったでしょうが、あれ以上だど、素人は付いていけません。(あれぐらいが丁度いいです)。
I was interested to read the teacher's "Is the universe really one?" to Dr. Hitoshi Murayama. This book was actually a gift from a person a year ago, and I read it two or three times at the time I got it.  This is the third time. I appreciate that the contents of the latest cosmology were plainly depicted in a spoken tone. There might still be a lot of things that the teacher wanted to say, but the amateur cannot follow it any more than that.  That's just right. The following photographs were published in the text, such as "superstring theory" or "The universe is made of filament structure and cavity voids when viewed in detail".
 さて、本文の中で、「超ひも理論」とか「宇宙は細かく見るとフィラメント構造空洞ボイドから出来ている」とかの説明の中で、以下のような写真が掲載されていました。
Photo
宇宙サイズ:137億光年の中で60億光年ぐらいの範囲の宇宙を観測してみた写真だと説明書きにあります。
オタマジャクシ宇宙論を展開しているフィボナッチ坊やとしては、こんな写真を見た瞬間に、『ああ、宇宙の構造は細胞膜なんだな。確かに自分の体の中に入って見て、周囲の様子を広角度の望遠鏡で眺めたとしたら、きっとこういう風に見えるだろうな』と思ってしまいます。
Space size: It is a photograph which observes the space in the range of about 6 billion light-years in 13.7 billion light-years. As a Fibonacci boy who is developing tadpoles' cosmology, the moment I see this picture, I thought, "Oh, the structure of the universe is a cell membrane. If I went into my body and looked at it and looked at the surroundings with a wide-angle telescope”, I would surely look like this.

 コメントにありますような『均質な様相』とは、とてもじゃないですが、見えません。先生の見解はともかくとして、この写真は、ひとつの細胞の中に住んでいるバクテリアか何かが(文明が発達して)高精度・広角度の望遠鏡を使って、『少し遠くの周囲を見回したら、こんな写真が取れました』と言っているように思えてしかたがないのです。
The "homogeneous aspect" as seen in the comments is not very, but i can not see. Apart from the teacher's point of view, this photo shows bacteria or something living in a single cell using a high-precision, wide-angle telescope, "when I looked around a little farther, I took this picture."
It is not helped though it seems to have said. In this view, the bacteria says, "The plural universe certainly exists. Outside the cell membrane where we live, there are a lot of similar cells, like bubbles!" It is no wonder that you judge.
 この見解なら、そのバクテリアが、「多元宇宙は確かに存在している。我々の住んでいる細胞膜の外には、似たような細胞が沢山、まるで泡(ボイド)のように存在している!」と判断しても不思議はありませんね。

 先生が書かれた本の内容と、フィボナッチ坊やの主張の違いは何かと考えてみました。
それは、現代物理学者の諸先生方は『E=MC^2 も知ってはいるし、時空間が曲がっていることも認識しているが、時間は伸び縮みするものではない』との見解に立っておられる様子です。
 I thought what was the difference between the content of the book written by the teacher and the Fibonacci boy's insistence. It seems that the modern physicists are standing on the view that "E=MC^2 knows, and we recognize that time and space are crooked, but time does not grow and shrink."

 だから「へんてこりんで不可解な多次元宇宙論を展開せざるおえなくなっておられる」のではありませんか?
 光速一定の原理の本質は、空間中の長さLの伸び縮み具合と、進行する時間Tの伸び縮み具合とが、常に正比例しています」ということなのです。⇒『だから、宇宙の構造は極小宇宙であろうが、極大宇宙であろうが相似形だ』とお考えになった方が当を得ているのではないでしょうか。
 Therefore, isn't it "It is not possible to develop a mysterious multidimensional cosmology by the lump"? The essence of the principle of the constant speed of light is that "the growth and contraction condition of the length L in the space and the expansion and contraction condition of the time T which progresses are always directly proportional". ⇒Therefore, i think that those who thought that the structure of the universe is a similar shape, whether it is a very large universe or a very large universe, are getting the most of it.
 Bacteria are also a kind of life form. Single-celled elephant swells are also life forms. The solar system is also a little big life form. The galactic cluster is also a big life form. The bacteria, from one cell of the human body, which is a life form, explore the state and structure of the human body.
 バクテリアも一種の生命体です。単細胞のゾウリムシも生命体です。太陽系も少し大きな生命体ですよ。銀河団も大きな生命体です。そのバクテリアが、生命体である人間の身体の1つの細胞内から、人の身体の様子と構造を探っていく内に、
Photo_2
のような写真が撮れた!と考える方が自然なのではありませんか? 2016年7月8日 大山宏
Isn't it more natural to think that you were able to take a picture like the one above? July 8, 2016 Oyama
 2019/ 9/ 5/ bilingualed by Hiro. Oyama 

|

« 村山斉著「宇宙は本当にひとつなのか」は最新宇宙論として分かり易い。Hiro. Oyama | トップページ | COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1 »

R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村山斉先生 Dr. Hitoshi Murayama, the large-scale structure of the universe is similar to the cell membrane. 宇宙の大規模構造は細胞膜に似てますね。Hiro. Oyama:

« 村山斉著「宇宙は本当にひとつなのか」は最新宇宙論として分かり易い。Hiro. Oyama | トップページ | COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1 »