« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

爆笑問題:宇宙空間の次元解析‘principle of the speed of light constant' 村山斉・佐藤勝彦両先生へご参考までに。Dimensional-analysis, Similarity-law, KJ-method.

Overview: even mathematically pure physical I see speed of light constant principles explained accurately, and super friendly. Is challenging that analysis has become highly effective excellent analytical science analysis method description.
概要:純粋な物理数学的に見ても「光速一定の原理」を正確に、しかも、超やさしく解説してみました。次元解析という難解ですが非常に有効な科学分析的に優れた分析方法の説明にもなっています。

"Professor Fibonacci, ‘principle of the speed of light constant’ and ‘E=MC^2' of about dimensional analysis provided in these documents, easy please tell us, again."
" Yeah you're right. Describing as a taught master's degree in 1 minute, just easy as can be satisfied in the elementary and middle school students, briefly spoke. Kinda hard for anyone who's interested in science would be from the exercises again?”
"So that not just the Fibonacci Professor to speak of what is? In the example form of school books, speaking teacher. Next exercises we will unravel one after another, it's is what is?"
「フィボナッチ大先生、『光速一定の原理』やE=MC^2の説明で使った『次元解析』に付いてもう一度、易しく教えて下さいよ」
「そうだね。大学院の修士課程で教わるような内容を、1分間で小中学生にも納得できるように出来るだけ易しく手短にしゃべっただけだからね。理科に興味のない人にはちょっと難しかっただろうから、もう一度演習をしようか」
「ただ、フィボナッチ大先生が一方的にしゃべるのも芸がないので、こんなのどうです?
高等学校の参考書の例題形式でまず、先生がしゃべる。
次に演習問題を我々が次々に解いていくってのはどうです?」
"It's quite interesting idea. Let's try that trick. First of all is an example, but it's enough talk ago that content, since it's like recording.”
“So nice. it is fine.
 One review we pricked up our ears and listen."
“Then let’s start.
I came to speak first is as an example like: 2 months ago. See for example of common sense used in the shipbuilding industry is a technique of dimensional analysis.
Not sure in advance when building large oil tankers and cruise ships, but we can't. A chance number 10 billion JPY billions invested in is build on an ad hoc basis and eyes can't. You were so bad, making the model blindly, to experiment. To exert very much when a water tank experiment is called dimensional analysis. With E=MC^2, explain. It is set in Unit.
「中々面白そうな趣向だね。その手で行こう。まずは例題だけど、これは以前にしゃべったあの内容で充分だろうから、それを再録しよう。それでいいね」
「大丈夫です。我々も復習を兼ねて耳をそばだてて聞きますよ」
 じゃあ、始めるとするか。
まず例題としてですが、2か月前に次の様な話しをしたのでしたね。
 「例えば造船業で常識的に使われているのが次元解析という手法です。
大型タンカーや大型客船を建造する時、前もって実験で確認しない訳にはいきません。数百億円数千億円の投資を当たって砕けろエイヤッ場当たり的に造る訳にはいかないのです。かといって、やみくもに模型を作って実験してもダメなのでした。
 この水槽実験をするとき、非常に力を発揮するのが次元解析という方法です。
E=MC^2 で説明しましょう。単位を合わせるのです。

 Use the unit of work from E is energy. And work.
”When the mass M distance with some force (F = M
α), (L), amount of work” of says that. Here is that the acceleration α as a unit (L/t^2) are.
 So, E=MC^2 identities is
[E] = [FL] = [M
L/t^2L]
[M(L/t)^2] [MC^2]
said, E=M C^2 identities (physical how world's formula) is the equation, it becomes.
 E=MC^2 is so it can be proven correct.
  というのはエネルギーですから、仕事の単位を用いましょう。
仕事とは、『ある力(=Mα)で、ある距離()だけその質量Mを動かした時、その仕事量』のことを言います。ここでαとは加速度のことです単位としては(/T^2) です。ですから、E=MC^2 の恒等式は、
[E] = [F・L] = [M・L/T^2L]
 
⇒ [M・(L/T)^2]≡〔M・C^2
だとなって、 = M C^2 という式が恒等式(どの世界でも成り立つ式)であることになる。 = M C^2 の正しさはそうやって正しいことが証明出来るんだ。

 Well watching the last two paragraphs of dimensional analysis in here.
 (Remove M) and then reduced from both sides this M is common to each side, so the L/t C, if speed of light is constant in what world, what maximum world go, also went to the ultra-micro-small world, "Length [L] of rate of change with Time [T] of a constant rate of change' in suggests that there is.
Namely, using the principles adopted by the speed of light constant Einstein's "time in the world in the world the length has shrunk, [T] also shrink,' that things become.
 Is a ship model test fit the unit based on such review, running in a reduced-size model," did I like this?"
ここで次元解析中の最後の2つの項をよく見て下さい。
Mが各辺で共通してあるので、このMを両辺から約分して(取り除いて)みると、 L/T≡C となるので、光速がどの世界でも一定であるならばどのような極大世界に行っても、また極ミクロの小世界に行っても、『長さ〔L〕の変化率と時間〔T〕の変化率とは常に一定』であることを示している。
 即ち、光速一定というアインシュタイン氏が採用した原理を使えば『長さが縮んだ世界では、その世界で進む時間〔T〕も縮む』ということになる。
船模型実験は、こういう検討を基に単位を合わせて、縮小モデルで実行されているのです」と、このような説明をしてあげたのでしたね」

「そうです。そうでした。あれは2か月前の6月初めに、このへその館を最初に訪れた時に説明して下さったのでした」

"Yes it is. So you did. Was presented when we first visited this navel Museum June beginning two months prior to that."

"So now I spoke the example. It is now solving the exercises lol issue's two-.
With the principles; the speed of light constant C
L/T, note as much as possible to come up is problematic.”
"Teacher, it's one in the ‘KJ 100 labels adage’ not the same"
"Attentive flair. You are right. It is from the truth is only one closer to the truth in any way you can. Don't gripe, yes the label 20 export."
「さあ、例題はしゃべりましたよ。こんどは爆笑問題さんの二人が、演習問題を解く番です。
光速一定の原理CL/T で思いつく事を出来るだけ多く述べて下さい」
「先生、それって『一人KJ法で100枚のラベルを書け』という問題と同じじゃないですか」
「よく気が付きましたね。その通りです。
真理は唯一ひとつですから、どんな方法でもその真理に近づくことが出来るのです。ごちゃごちゃ言わずに、はい、ラベルを20枚書き出してごらん」

1,"C is the speed of light that you know. It was going to go at speeds of 300,000 Km per second,"
2," around the Earth 7.5 turns got to. They know this in elementary school "
3,"the light reaches the Earth from the Sun 8.3 minutes that such calculations"
4," I wish I was going to be until the end of the distance from the edge of the Milky Way Galaxy to represent in the distance light could fly on the one-year. It is a principle of the speed of light constant."
5," distance of the farthest reaches of the Galaxy or universe, Milky Way, 13,700,000,000 light-years or 13,800,000,000 light years away or just do not "
6," Flying orbiting electrons around the atomic nucleus, but even that observation it is impossible, but I'm sure. But 300,000 Km/sec to fly around in that small nucleus, and tens of thousands of times? It multiply million? "
7,” the "don't do stupid calculation. Not turn out, only tangentially out."
8," but will actually orbiting electrons. There's some strange quibble physicists around, ‘It did not, but It's actually running. Not in the world of atoms and nuclei, based on principle of the constant speed of light, if it weren't the case, it would! Principles and the real truth in what kind of world that was somewhere in."
9," 7.5 turns on Earth become 7 rotating half-out, photons or electrons or electromagnetic wave, because it can be around the atomic nucleus is coming. UN? "
10, "that's right. In the world of electrons, atoms, nuclei size 300,000 Km/sec, It was not flying at the speed of light. Light with that speed of light is something near a nuclear was "just passing between!"
1、「Cって光の飛ぶ速さのことだよな。1秒間に30万Kmの速さで進むんだったよな」
2、「地球の周りを7回転半するんだ。これは小学生でも知っているよ」
3、「太陽から地球に光が届くには8.3分かかる計算になる」
4、「銀河系の端から端までの距離は、光が1年間に飛んでいける距離で表現するんだったなあ。あれも、光速一定の原理だぞ」
5、「銀河団とか宇宙の最果ての銀河からの距離も137億光年とか138億光年とかで表しているだけじゃあないか」
6、「原子核の周りを電子は回っているけど、あれだって、観測は不可能だけど、飛んでいることには違いない。でも、30Km/sec のスピードであの小さな原子核の周りを飛ぶとすると、何万回?何億回飛び回れるんだ?」
7、「そんな馬鹿な計算はないよ。曲がり切れなくて接線方向に飛び出していくだけさ」
8、「でも、実際に電子は回っているのだろう。物理学者は変な屁理屈をこねて、回ってなんかいない、って言ってるけど、実際に回っていることは確かだ。でなきゃ、原子や原子核の世界では、光速一定の原理は成り立っていない、ってことになるぞ。本当の真理とはどんな世界でも成り立つという大原則がどこかにあったな」
9、「地球を7回転半できるのだから、原子核の周りも光子や電子や電磁波は、7回転半出来るということになる。ウン?」
10
、「そうだよ。電子や原子や原子核サイズの世界では、30万Km/sec なんて光速では飛んでいないのだよ。そんな光速を持った光は、原子核のそばなんかあっという間に通り過ぎていくだけなんだ!」

 すごいね、爆笑問題さんの二人は、たった10枚のラベルを書いたところで、佐藤勝彦先生や、村山斉先生の考えも及ばなかった結論にたどり着いてしまったじゃないか
"Wow, lol problem, you wrote only 10 sheets of labels, Katsuhiko SATO, Hitosi Murayama( Lawrence) were also unthinkable conclusion reached, it's not?"

続きを読む "爆笑問題:宇宙空間の次元解析‘principle of the speed of light constant' 村山斉・佐藤勝彦両先生へご参考までに。Dimensional-analysis, Similarity-law, KJ-method."

| | コメント (1)

2016年8月29日 (月)

村山斉先生へ「宇宙が拡大している」ってのは嘘だったの?宇宙項の正負と[0].Say "Space is expanding" to Lawrence was lying? Sign(±) of the cosmological and [0].

"Fibonacci teacher of the little boy, are things too thank you so much. Fibonacci was so unconscious Einstein's life up I realized what really "cosmological was put. Was not to put ' and realized what? Please explain once again.
「フィボナッチ坊や大先生、事がどうも大き過ぎるのです。アインシュタインが生涯最大の不覚だって 悟った内容はフィボナッチ先生がいうように本当に『宇宙項を入れないで良かった。入れるべきではなかった』と悟ったのですか?もう一度説明して下さい」

「簡単な話しですよ。アインシュタインは『宇宙は静的なもので、収縮したりするはずがない』という強い信念を持っていたとどの本にもどの雑誌にも書いてあるのですよ。しかし自分が考え出した宇宙方程式では、収縮してしまう、ということを示していた。光速一定の原理仮説の下に、一般相対性原理まで導き出した人がその延長線上の宇宙方程式では収縮してしまうので外がら引っ張られているという宇宙項をついうっかり入れてしまったのだった。この宇宙項は収縮させないために加えたのだよ。
ハッブルの観測結果は、「宇宙は明確に拡大している」ということを示していた(と、みんなは解釈したのです)」
"It is a simple story. Have a strong belief that 'Static in the universe, should that not.' Einstein was and how this is noted in any magazine. However, contraction in the cosmic equation had figured out that it was. Because people under the principle of assumption of the speed of light constant derived from the general principle of relativity, would shrink in the cosmic equations of the extension is out from universe section that have been pulled inadvertently carelessly put got. Contract universe section it's not added.
Hubble observations showed that the universe was expanding clearly (and everyone interpreted it is)."

「アインシュタインは一人考えたのです。そこで、はたと気が付いたのです。
「私は『宇宙が収縮すると宇宙方程式が出て来たので、収縮しないで、宇宙が静的なものである方程式にするために、ついうっかり宇宙項を加えたのだ。ハッブルの観測結果は宇宙が拡大すると出て来た。収縮拡大の間に、静的状態があるではないか。やっぱり宇宙は静的なものだったのだ。
 光速一定の原理をよくよく考えてみれば、時間軸さえ想定している宇宙の代表寸法に比例してさえいれば、宇宙は収縮しないのだった。ハッブルの観測結果も、こう考えれば説明が付く。なんとばかばかしい失敗をしたもんだ。宇宙項を加えたのは、我が生涯最大の不覚だった』
 このように、悟ったのです」
"Einstein was one who thought. Then, it is short and woke up. "I" accidentally, just added space term contract came cosmic equation and to shrink the space, so the universe is static in equations for. And the universe will expand Hubble's observations came out. Does not have static state between contraction and expansion.
 It's all universe was static. Does not shrink it proportional to the typical dimensions of the universe timeline even supposed principles of the speed of light constant thinking, even if the space was. If you think of Hubble observations also do this with a description. What a ridiculous failure to it. Added space section of my life was the greatest imprudence ' is realized in this way,"
「でも、先生。それをはっきりとアインシュタインはみんなに説明すればいいじゃないですか。どうして説明しなかったのですか?」
「それはね、一般相対性理論自身が、ほとんど理解されていなかった時代なんだよ。世界中の物理学者の中で、彼の言っていることが、わずか数人にしか腹からは理解出来ていなかった時代なのだよ。宇宙項を入れるのは間違いだった。やっぱり宇宙は静的なものだったって説明したって、負け犬の遠吠えとしかみんなには響かないよ。誰だってそう思うよ。
だから、潔く『宇宙項を加えたのは、生涯最大の不覚だった』とだけ言ったのだよ」
"But a teacher. It clearly Einstein can explain to everyone is not good. He did not explain why? " "It is, didn't understand general relativity itself, but most times it is. It's an age among physicists around the world, he said that only a few people did not understand from the belly. Put the universe section was a mistake. They are only wasting his breath and everyone explains it universe was static, that doesn't care. I think anyone. So he bravely said "added the cosmological life was up unconscious' just '

「確かに、宇宙は拡大していると誰の目にも明確だと映る証拠を見て沸き立っている学会の中で、『いや、宇宙はやっぱり静的なものだった!』なんてしゃべったら、『先生、お引き取り下さい』って議場から追い出されてしまいかねないわな。なるほど」
"In society are, look at the evidence and certainly the expanding universe is reflected and clear to everyone," no space after all static was! 'Do it his way! "Please pick the teacher,' what floor kicked out he could. Hmmm."

「私自身がつい最近まで、みんなと同じように考えていたのだから、押して知るべしだよ。でも幾つもの本を読んでいる内に、ひも理論か何かの最近の話題の中で、『宇宙項が復活の兆しがある。但し、アインシュタインが収縮しないように()の形の宇宙項を加えたのに対して、最近復活の宇宙項は、宇宙が拡大してしまわないように()の宇宙項を入れるように試行されている』とかいう記事があり、おや?っと思ったのだ。
 それからだよ、光速一定の原理とはどういう意味なのか、と考えるようになったのは。光速一定の原理と、光のスビードが30万Km/sec という表現との間に差があるのではないかな?
 試しに次元解析してみよう、ってやってみたら、
代表長さ(L)に正比例して時間軸(T)の目盛りが伸び縮みしていさえすれば、光速一定の原理とは矛盾しないと分かったのだよ。
 同時に、
フィボナッチ実数列から導き出されるルールで時空間圧縮を行った原子核の周期律表の結果とつじつまがあった。それで確信したという訳だよ」
"Was thinking myself about until recently, and everyone equally, from the press to know Yoshida. But in the reading of several books in the recent topics of string theory or something, "cosmological are signs of a revival.
 I however, Einstein does not shrink to the plus (+) form cosmological not recently expanded universe section of the resurrection (-) of attempted to enter the cosmological ' or article and gosh?! And I. Now think about it because I and the principle of the constant speed of light what does that mean?
 The service principle of the constant speed of light and light 300000 isn't there difference between Km/sec expression??
 It turns out, do not stretch the time axis (T) is directly proportional to the length (L), a dimensional analysis to try it try does not contradict the principle of the constant speed of light. As a result of the periodic table of the atomic nucleus by spatio-temporal compression rules at the same time, derived from the Fibonacci Word real workday is over. So I'm convinced that."

「しかし、そこでフィ先生は考えた、『これを声を大にして訴えても、アインシュタインでさえ、説明をあきらめたのだ。よっぽど慎重に扱わないと、ネイチャーに投稿したってまず論文を受け取ってもらえない。『なら草の根運動でもするか』と、ブログで我々を巻き込んだ。こういう次第ですか。これも随分とお人が悪いですね、先生」
「まあ、勘弁して下さい。これより他に手が無いことも事実なのですから。アインシュタイン以降、100年間の間違いを正すには、インターネットを利用する手段しかありえないでしょ、違いますか?」
"But you thought he (PVC figure)," this voice out, accusing gave description even with Einstein's. You by Nature are not treated more carefully and not first received the papers. "If the grass-roots movement? ' and involving us in the blog. Is it so? It is also very bad doll, teacher. "
“Well, C'mon, please. Because other than this is not a fact. Means to use the Internet but impossible to correct the mistakes of the past 100 years since Einstein, right or not? "

「先生のお気持ちが何となく分かって来たような気がします。そこで質問ですがよろしいでしょうか?」
「もし、先生の主張が正しいとしたら、どの時点で、現代科学はミスをおかしたのでしょうか?現在お考えをところを思い切って誤解を恐れずに語って頂けませんか?」
"I feel like the teacher's feelings came know somehow. There is a question as you would? "
"If teachers claim is correct, at any time, modern science has made a mistake what? Do not talk now ventured to suggest, without fear of misunderstanding?"

続きを読む "村山斉先生へ「宇宙が拡大している」ってのは嘘だったの?宇宙項の正負と[0].Say "Space is expanding" to Lawrence was lying? Sign(±) of the cosmological and [0]."

| | コメント (1)

2016年8月27日 (土)

佐藤勝彦先生へ:ヒッグス粒子は嘘?インフレーション理論も寝言なの?

 光速一定の原理を、「代表長さ(L)に正比例して時間軸(t)が伸び縮みしている」と解釈すれば、ハッブルの法則は、至極当たり前の式であって、『宇宙が膨張している』と解釈する必要はないのでした。
これにアインシュタインは気が付いて、『宇宙項を入れたのは生涯最大の間違い』と、悔いた可能性が十分考えられるのです。

「大丈夫ですかフィボナッチ先生、そんな大胆な話しでブログを書き始めてしまって、大丈夫ですか?村山斉先生も佐藤勝彦博士も、ホーキング博士もみんな、白目むいてにらんでますよ
「光の飛ぶスピードを、『地上で測ってみても、ミルキーウェイ銀河内の星々を測ってみても』光速Cは一定であった。銀河系の大きさを代表寸法に選べば、そのオーダーでの時間軸がそれに比例してさえいれば、『光速一定の原理』を満たしているのですよ。
遠く離れた銀河Galacyまでの距離を代表寸法(L)に選び、その距離(L)に正比例して時間軸(T)が存在していても同じことで、『光速C=L/t≡一定』を満足しているでしょ。
もっともっと遠い地球から見える宇宙の果ての銀河団までの距離を代表寸法(L)に選んだって同じことでしょ。
それどころか、138億年とか137億年とかの最果ての銀河り向こうにある例えば500億年とか900億年かなたの位置(L)を代表寸法に選んだとしても、そのオーダーでの時間軸(T)が代表距離(L)に正比例していれば、『光速一定の原理』には背いていないではないですか何か変なこと言ってますか?」

「ハッブルの観測結果では、銀河はお互いに遠ざかっている、ではありませんか。その観測事実を認めてアインシュタインは負けを認めたのじゃなかったと、先生はおっしゃっているのですか?」
「その通りです。そうでなければあのアインシュタインが『我が生涯で最大の間違いでした』なんて反省の弁を述べる訳はないでしょ」
それでは、当時の人も、現代物理学者も、アインシュタインの反省の弁を全く誤解して100年間を過ごして来ていることになって来ますよ。それこそフィボナッチ先生は、気違い扱いされて、総スカンを受けますよ」
「私もこの歳になるまでの60年間、他の人たちと同様に思っていたのです。ですから、これを言い出した瞬間に、『きっと、キチガイ扱いされるだろうな』と思います。でも、1ヶ月前からこのブログでは、そのことを言い続けて来たじゃあないですか。そして爆笑問題さんも賛同し、読者の皆様も、『うんうん』とうなずいておられたではないですか。」

「そうは言っても、ホーキング博士は勿論のこと、村山斉先生だって、佐藤勝彦博士だって、おいそれと『そうですね』なんて口が裂けても言える話しではないでしょ。『なるほどその通りですね』と言った瞬間に、ひも理論も、宇宙のインフレーション理論も、すべて寝言だったことになるのですよ。恐ろしい
「そうですよ、先生。もの凄い天文学的なお金をかけてヒッグス粒子の観測にたとえ成功したとしても、先生はすました顔で、『それも、その観測結果も事実でしょうね。でも、そんなもの発見したって、ほとんど実生活とは何の影響もないでしょう?』っておっしゃるのでしょうね。実績があるから怖いです
「なんだったっけ?その実績ってのは?」
「ほら、周期律表で、113番目の原子の名前をニホニウムって命名されたというニュースが流れた時、フィボナッチ大先生は、『周期律表の原子数をむやみやたらと増やされては有難迷惑です』とかなんとかいうブログ記事を書かれていたでしょ」
「ああ、俺も思い出した。先生、あの記事を書いて、どこかから抗議の声は届いたのじゃあありませんか?それとも無視されたのですか?」

「今年の5月6日に書いた記事ですね。結構アクセスを受けましたよ。今でもアクセスしてくる人はおられます。日本語で書いただけですから、英語圏の人はほとんど読まれていないので海外からの反応は分析不可能です。アクセス数から見ると日本人で、灼熱の氷惑星(高橋実著):天体M に興味を持っておられる方の粗方はアクセスされたみたいですね。
しかし日本人の悪い癖で、読んだだけで、良いとも悪いとも、コメントが送られて来ません。」
「日本人の快挙に対して『フィボナッチ先生は失礼だ。ほっとけ。』と無視されたのではないですか?」
「そうでもなさそうです。あの頃を境に、私(大山宏)のブログ『光世界の冒険』へのアクセス数は倍増しましたから。特に、東京都・神奈川県・愛知県・大阪府からのアクセス数が伸びた模様です」
「そんなことが分かるのですか?」
「便利に出来ていますよ。ほら、こんな具合です。この2週間のアクセス解析のデータがこれです」
「あらまあ、彩(いろどり)が美しいですね。赤い色で表示された県がアクセス数が多い県ですね。この青とか黒で表示されている県は、逆にアクセス数が少ない県なのですか?」
「そうです。赤に近い色例えば黄色や橙色もアクセス数が多い県です。でも、人数が少ない県は、入れ替わりが激しいのです。大都市を抱える都道府県分析には、むしろその県からアクセスされた総件数の分布を見るのが大きな意味を持っています。現在東京都に在住の人々から私のブログにアクセスしてくれる人々は3割を超えるようになりました。」

続きを読む "佐藤勝彦先生へ:ヒッグス粒子は嘘?インフレーション理論も寝言なの?"

| | コメント (1)

2016年8月25日 (木)

日本の山は1万年間の浸食〔風化〕で何m低くなるのか?・・・新地学教室。

 もちろん、山の高さによって大きくことなるのですが、それでもどんぶり勘定はできるのです。
山に登って足元を見てご覧なさい。北アルプスの山々や四国の石鎚山の如くに岩だらけの尖った山は特殊でしょう。そんな山ではなくて、あなたの近くにある、こんもりした山で、頂上に樹が生い茂った低い山に関してのお話しです。

中国四国地方の地形はマクロ的にみると、瀬戸内海を乾し上げた地形とよく似ているのです。そびえ立つように見える山もせいぜい、数百メートルの標高しかなくて、瀬戸内海を3つの海峡をせき止めて、乾し上げたとしてもその山の高さは+100m~+200メートル上昇して見える程度でしかありません。

 こんもりと盛り上がったそのお椀をふせた様な地形は、約1億年の水と氷の寝食という風化の結果、出来上がった地形なのです。
我が家の裏山も1億3千年前の岩山が、風化を経て出来ています。

 実は20年前に、峠道を低くするため、裏山を大きく削るという大工事が行われたのでした。その時、表層の風化で出来た小石の層の厚さが、わずか2m程度しかなくて、その下は頑丈な岩盤であって、難工事だったのです。
 このことは何を意味するかというと、約1億年間で、風化は数メートルしか進まなかった模様だということを物語っています。

土石流も起こった形跡はありません。火山らしきものも無く、近くに温泉もありません。岩山の表面がボロボロになっただけで、山はこの1億年の間、低くはなっていなかった、特にこの最近1万年間では、山の高さは低くはならなかったのです!

考えてもみて下さい。瀬戸内海地方は温暖でしかも、降水量が極度に小さく、地下が凍ることもあまりないのでした。霜柱が出来てもその下の土の温度は年中15度という状態です。風化〔浸食〕は極表層のみであって、その表層のボロボロ石が、地下を守っていたのでした。

 この事実だけから推し量っても、「如何に学校の先生が大嘘八百並べて、社会や地理のお話しをなさっていらっしゃったか」が分かるというものです。

続きを読む "日本の山は1万年間の浸食〔風化〕で何m低くなるのか?・・・新地学教室。"

| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

迷子石の新解釈。スノーボールアースの嘘。佐藤勝彦殿、村山斉殿へご参考までに。

 アメリカ合衆国のセントラルパークには、芝生の上に迷子石(まいごいし)という大きな石があります。
迷子石(まいごいし:glacial erratic)とは、氷河によって削り取られた岩の塊りが、長い年月のうちに氷河の流れに乗って別の場所に運ばれ、氷河が解け去った後に取り残された岩のことです。
『多くの場合、その場所の地質とは異なる岩が不自然な形で留まるため、まるで誰かが意図的に置いたかのように見える。迷子石を調べることで、氷河がどのように存在したかが分かる。赤道付近の南アフリカのナミビアにある迷子石が、数億年前~22億年前の石という分析結果もある。』〔以上はウィキペディアからの引用〕
しかし、これを持ってスノーボールアース(全休凍結)仮説を唱えた人がいるが、我田引水が過ぎるでしょう。
 物理学者にして、物理現象知らずの人が立てた迷い事仮説と言わざるおれません。

 ちょっと考えたらすぐに分かることです。
太陽からの放射熱は数十億年オーダーでほとんど変化することもなく地表に降り注いで来ています。その環境下にあって、如何に地球の衣服を取り換えたとしても、地球全体が氷の殻で覆われてしまうことは起きようがありませんし、その一旦出来た氷の殻(衣服)が全部解け去って、また元の現在に近い地球環境が出来上がった、なんて変化は起きる訳ないじゃあないですか。

 この理屈は、最新宇宙論の何かに似てますね。
そうです、相転移で持って宇宙論を語るという、あの迷い事の議論です。
降って湧いたような潜熱エネルギーを想定して「氷⇔水:固体⇔液体」の変化で宇宙の成り立ちを説明しようとするあの机上の空論と、ちっとも変わりがないじゃあないですか。
物理学者というのは、偉そうなことをのたまってばかりいますが、昔も今もちっとも本質が見えないという開き目クラという人種らしいですね。
 こういう人種を税金で飼っておくのは無駄の最骨頂でしょう。早々にお引き取り願って税金の節約を致しましょう。

 もし、その奇想天外な着想が本物ならば、彼は乞食をしてでも、その証拠を探し出して来ますよ。それが本物の科学者というものです。
火あぶりの刑に会おうが、学会から罷免されようが、『真実は真実だ。それでも地球は回っている』ぐらいな名セリフを吐いて学会の外で活動できる科学者が本物の科学者だとは思いませんか、ねえ佐藤勝彦博士、村山斉先生、違いますか?

続きを読む "迷子石の新解釈。スノーボールアースの嘘。佐藤勝彦殿、村山斉殿へご参考までに。"

| | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

フィヨルドとリアス式海岸の差。氷河地形と水や雨が造る地形の差とは?モレーン湖?

 氷河が造る地形と日本でよく見受けられる山岳地形とでは大きな差があります。
先ずは、雨の多い地方で形成される山岳地形とは、深い谷と高くて尖った山とで代表されます。そしてその地形に海が入り込んだ〔海進〕状態がリアス式海岸という海です。これに対して、フィヨルドとは氷河が地表に彫り込んだU字型の地形に海が入り込んだ〔海進〕状態のことです。ノルウェー語で〔入り江〕とか〔地峡湾〕いう言葉が地理学用語として用いられます。
 私は、フィヨルドが氷河地形の全てだと思って見に出かけたのですが、上記のように、海岸地形という限定された用語だったのでした。
地球を科学する場合、これは不便です。私達は氷惑星が数千m~数万mも積み上げた氷が地表に残した証拠を探しているのでした。海進は後で起こっただけであり、現在の海水準で地形を区別するのは偏った思想を起こしてしまいます。今後は「U字谷」という言葉を使いましょう。
 オスロから大西洋に向けてスカンジナビア山脈を横断してみると、日本ではほとんど見られない緩やかなU字谷地形の連続が観測されるのです。そして湖がいたる所にあるのでした。
次の図は、ソグネフィヨルドの近辺の図です。北の方向は右側です。90°頭をひねって見て下さい。
Photo_3

何故に、このように湖が沢山出来ているのだろうか?、と考えてみました。理由はフロム鉄道のフロム駅前で分かりました。駅前には高さ数10mの土石流の自然堤防ダムが出来ていたのでした。《大量の土石がU字谷をせき止めていたのでした。》
雨水によって刻まれた山岳地形ではこのような堆積は起こり得ません。わずかに日本で観測されるのは、火山による土石流でもって川がせき止められた堰止湖(せきとめこ)ですが、発生の頻度はわずかです。日本に限らず山岳地形は海の底数千メートルまでも延々と続いているのが常です。〔疑われる方はグーグルの地図で自分自身の目で確認して見て下さい〕

図を見て頂くと分かるように、フィヨルドの周りにはいたる所に湖が散在しています。これを出射流によるせき止湖として分類したのでは、科学の進歩はあり得ません。
第一~第四氷河期の氷河が、付近の土地や岩を削り取って下流に運んでいっていたのですが、地球の温度が上昇するに従がって氷河は溶けてしまいます。その氷河の溶けた所に大量の土石が置き去りにされたのです
 その温暖化は、少なくとも4回は起きたのです。即ち、氷河は何回も伸びたり縮んだりしていた(氷河は積み上げられたり、消えたりを繰り返していたのでした)。

小規模のモレーン湖が無数に分布している!という見方も出来るでしょうし、「モレーン堤」という風に定義を拡大して研究対象にする学問が地球物理学の突破口になるかも知れませんね。

続きを読む "フィヨルドとリアス式海岸の差。氷河地形と水や雨が造る地形の差とは?モレーン湖?"

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

観光たっぷり北欧周遊8日間の旅、HIS添乗員の山口さん、私はやっぱり晴れ男だったでしょ。

 昨日夕刻、広島に帰って来ました。郵便受けには山のような手紙の束が押し込まれていて閉口しましたが、泥棒が物色した気配もなく、一安心です。近所には帰りがけの足で2人でお土産を配り歩き、閉め切っていた部屋を開け放ち、扇風機をガンガン回して部屋内部の熱気を追い出そうとしましたが間に合いません。(我が家にはエアコンはないのです)。
 たまらず、風呂に飛び込んでシャワーをあびました。

 この10日間、デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの間、好天続きで、関東や北海道で台風が吹き荒れている地方の方々には申し訳ないという気持ちがしています。私が自分の頭上の天候のことを願ったばかりにとばっちりが周囲に及んだのではないか、と心配しております。
 絶好の好天はノルウェーの3日間でした。現地の人々も年に1回あるかどうかという雲一つない好天に恵まれ、フィヨルドの旅:U字谷の絶景を楽しめたのでした。
コペンハーゲンでは時折雨が降ったのです。ちょうど人魚姫の像の前で、写真を撮ろうと像に近付こうとした時、ひとみさんが足を滑らせて腰をしたたか岩肌にぶつけてしまって、ちょっとかわいそうでした(おしりに大きなあざが出来ていました)。濡れた岩肌は特に滑りやすいのです。
 デンマークからは豪華客船でオスロに向かいます。朝の4時ごろにデッキに出て見ると、南方の空は晴れ、北の方からは真っ黒い黒雲が迫って来ていました。私は心の中で念じたのでした、『この黒雲、今の内に降ってくれ。そしてフィヨルドの旅の間は晴れ渡ってくれ』と念じたのでした。出発前、HIS添乗員山口さん(長崎県の山口県さん)から電話がかかって来ました。
「旅の前半は天候が悪いという予報になっていますので、雨具を忘れないように」
「私は晴れ男ですよ。他の皆さんにも、てるてる坊主でも作って祈り願うように伝えて下さい。大体において、乗っている人々の全ての人が『この飛行機落ちるんじゃあないか』と思うようになると、その飛行機が落ちる可能性は非常に高まるのです。私は物理学者なんですよ」
 私は本当にそう信じているので、その黒雲に命令したのです、『今の内に雨は前倒しで降り落としなさい』と念じたのです。

 オスロに到着する頃には、天気は快晴へと変化しました。
長いバスの旅の間でも快晴は続き、トイレ休憩時にはカーディガンを脱ぎ半袖シャツにするという連続でした。車窓に広がるゆるやかでなだらかな風景(約1万年前に氷惑星からもたらされた氷塊群で押しつぶされ削り取られた風景)を楽しむことが出来ました。広い道路は褶曲山脈の岩盤を削って作られており、その波打つ岩肌も見ごたえがあります。その氷塊群が氷河の元であり、下流に下って、深いU字谷を造っていくことになるのです。
ガイドの山口さんと議論になりました、
「この辺りの風景はフィヨルドではありません。フィヨルドとは海岸地帯の深いU字谷の呼称です」
「そうですか、フィヨルドとは呼ばないのですか、なるほど。三陸のリアス式海岸に対応して氷河で削られて出来たU字谷に海水が侵入して出来た海岸の呼称がフィヨルドなのですね」
「大山さんと話ししていると、色々と勉強になります」
 以降、彼女はフィヨルドのことを『入り江』という言葉で紹介するようになられました。学習能力の優れた添乗員です。ちなみにウィキペディアでは次のように紹介されています。
フィヨルド(ノルウェー語等:fjord、異称:峡湾、峡江)とは、氷河による浸食作用によって形成された複雑な地形の湾・入り江のこと。 ノルウェー語による通俗語を元とした地理学用語である。 湾の入り口から奥まで、湾の幅があまり変わらず、非常に細長い形状の湾を形成する
 さて、次の日のフィヨルド観光は、朝6時半起床のモーニングコールから始まります。24Kmのトンネルを通過して出て来た、ネーロイフィヨルドで観光船に乗り込み上流へと進みます。360°の全天パノラマで、写真のシャッターを切っているのも惜しいくらいに素晴らしい景観が続きます。
 ガイドさん同士でも情報を交換される様子で、『このような好天は1年に1度あるかないか。明日はもう天気は崩れるでしょう』とのことでした。
心の中で私は思ったものです『やっぱり私は超能力者だな。自分の頭上の天気ぐらいは自分に都合のいいように変わる』ってほくそえんだのでした。
Photo

 海岸地帯ですが、山の高さは1000メートルを超えるものがザラにあります。中には1700メートルの山もありました。高緯度地方なので、1000メートル以上では夏も雪が残っています。観光船のデッキではセータ+ウインドブレイカーでも寒いくらいです。

続きを読む "観光たっぷり北欧周遊8日間の旅、HIS添乗員の山口さん、私はやっぱり晴れ男だったでしょ。"

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

村山斉先生「光は1秒間に円筒の周りを7回転半しか出来ない?貴方の周りの時空間も曲がっている!"Light cannot only 7.5 turns per second around the cylinder? Have bent time and space around you too!

Description: easily described as Ticking time (t), bent time & space even around your time axis (T) is proportional to the length (L) of the space, that stretch the fact that elementary and middle school students can understand. Is happening really around your body that bends the light took the money and not looking for a space can be found.
概要:時空間があなたの身の周りでも曲がっていること、時間(t)を刻んでいる時間軸(T)が空間の長さ(L)に比例して伸び縮みしている事実を、小中学生にも理解できるように、易しく説明してあります。光りが曲がることは、お金をかけて宇宙を探し回らないでも、あなたの身の周りで実際に起きていることが発見できます。

"You can rotate around the Earth light during the second, what do you know?"
"It's common sense that. It's half past 7 turns. Because light travels 300,000 Km per second, the earth around 40,000 Km, and 30 ÷ 4 = 7.5 turns 7! "
" then, surrounded by waveton, North Pole prepare the circumference of a radius of 1 Km, take turns along its circumference towards the light. Order once the answer is the number of times per second to get around on foot, many times we've got? "
"Since... the light proceed straight to the answer to that question."
“ Don't do that. About just around the globe 7 rotating half and you replied. He turned along the circumference of the equatorial plane is not? "
"Not fair energton; you are. To me 300,000 Km/PI r^2 = calculations trying to stuff "
「地球の周りを光は1秒間の間に何回転できるか知ってるかい?」
「そんなの常識だよ。7回転半だよ。地球は周囲が4万Kmであり、光は1秒間に30Km進むのだから、30÷4 = 7.5 7回転半だよ
「じゃあね、ウェーブトン、北極点の周りに半径1Kmの円周を描いておいて、光りに向かってその円周に沿って回りなさい。1秒間に回れる回数を答えなさい、って命令したら、何回回れるんだ?」
「・・・、光りは真っすぐにしか進めないのだから、その質問には答えられないよ」
「そんなことはないよ。ついさっき、地球の周りを7回転半出来ると答えたじゃないか。あれは光が赤道面という円周に沿って回ったのじゃあないのか?」
「エネルグトンはずるいなあ。ぼくに、30万Km÷πr^2 = の計算をさせようとするんだもの」

"It's all modern people are mired in this paradox. They are not understand; Einstein so harp on about "that he bends the light, that stretch is the time and space, to say the truth modern physicist and astrophysicist,"
"but we (human) have been able to circulate around the Earth to the space station in reality. Say most scientists do not understand spatio-temporal elasticity is scolding might be not so? "
"Never be scolded. Also they are just ignorance, ‘Fibonacci boy was a foolish thing to say’, but they ignored. Answer in an instant "7 turns and a half!' What physicists do not come out I'm most "
「このパラドックスに現代人はみんな陥っているのだよ。アインシュタインがあんなにくどくどと『光は曲がるんだ、時空間は伸び縮みしているんだ』って言っても、現代の物理学者も宇宙物理学者も、本当のところを理解できていないんだよ」
「でも現実に、宇宙ステーションまで地球の周りを周回させることが出来ているんだよ。科学者のほとんどは、時空の伸び縮み具合が理解できていない、って言ったらお叱りを受けるんじゃあないの?」
「叱られはしないさ。またフィボナッチ坊やが馬鹿なこと言ってやがる、って無視を決め込むだけなんだよ。答えが瞬時に『7回転半だ!』って出て来ない物理学者がほとんどなんだよ

「そんな失礼なこと言って、大丈夫かい?
じゃあ、エネルグトンは、小中学生にも分かるように、その答えが7回転半になる理由を説明できるの?」
「出来るさ。やって見せようか?ものの3分で、納得させてあげるよ」
興味津々だわね。ストッポッチのスタートボタンを押すわよ。さあどうぞ」と言ったのはマトンちゃんでした。
"A rude thing to say, OK you?
Then, Energton, in the elementary and middle school students know why 7.5 turns, so that the answer you can give?"
"Of cause yes. Who can skate. Show doing? but in three minutes and I'll convince you."
"Interest I'm curious. I press the Start button on the stop-watch. Now please," and said cellular Maton-Chan did.
「地球の周りを一周するという問題の時には、『赤道面に張り付いた円筒(円柱)に沿って走りなさい』ということだよね。それが最短コースなのだから、7回転半だって答えられたのだよ。
でもね。北極点の周りに半径1Kmの円周を描いておいて、1秒間に何回飛び回ることが出来るか?」という質問の時には、半径1Kmの円周を南北方向に引き延ばした円筒面上で計算するしか方法がないのだよ。
 だから、光りは命令どおり、半径1Kmの円筒に沿って真面目に飛んでみるのだ。小学生だってこの答えは、7回転半のはずだよ、って答える。全く相似形の計算なのだから」
"During the question circling around the Earth; "run along the cylinder tear in the equatorial plane, that's. So he answered it is the shortest route from 7.5 turns. But you know. You can prepare the circumference of a 1-Km radius around the pole, flying many times per second?" Could only be calculated on the cylindrical surface hammered circumference of a radius of 1 Km in North-South direction during the question and there's no way you are. So the light is of instruction as a serious fly along the circumference of a radius of 1 Km. Answer the elementary school's answer to this is 7.5 turns, say. No similar calculations of "
" but is the speed of light can run 300,000, Km/sec and a certain right. Isn't it holds in any World.
「でも光りの走れるスピードは30Km/sec と一定なのでしょ。それがどの世界でも成り立つのじゃないの」
「その通りだよ。その『光速C一定の原理』からは一歩もはみ出してはいない。細い円筒の周りを一周しようとすると、どうしてもスピードを緩めなければ回れないんだ。そうでなければ、円周の外に飛び出して接線方向に飛び去ってしまう。
ということは、時刻を刻んでいる時間軸が縮んでいるということなのだよ」
「なるほど。このサイズの円筒の周りを飛び回ってみよう、と思った瞬間に、時間軸の方もその円筒サイズに比例して縮んでくれているという訳ね。神様って思いやりが深いわね」
「いちいち、個々の質問を発する毎に、時間軸をその場に合わせて伸ばしたり縮めたりしていると、面倒だろう。だから、神様は光を創造すると同時に、時空間の長さ(L)と時間(t)とが正比例するように、全世界を統一して造っておいた。それが『光速C一定の原理』ということだよ」
"That's right. Step off the "principles of the constant speed of light C, did not. I'm trying to go around the narrow cylinder around and just loose speed can't do. Otherwise the outside circumference of the flies in the direction of the tangent. It's that shrinking the time ticking time.”
"Indeed. It a moments thought, let us fly around the cylinder of this size, staff time proportional to the size and cylindrical, for shrinking. Deeply compassionate God!”
"stemming from each question separately, each time stretch suit for the occasion, are compressed, and TAKS. So consistent all over the world as God creating light while at the same time directly proportional length of time and space (L) and time (t) and kept building. It is that the principle of the constant speed of light C.”

そんな失礼なこと言って、大丈夫かい? じゃあ、エネルグトンは、小中学生にも分かるように、その答えが7回転半になる理由を説明できるの?」
出来るさ。やって見せようか?ものの分で、納得させてあげるよ」
「興味津々だわね。ストッポッチのスタートボタンを押すわよ。さあどうぞ」と言ったのはマトンちゃんでした。
"A rude thing to say, OK you? Then, Energton, in the elementary and middle school students know why 7.5 turns, so that the answer you can give?"
"Who can skate. Show doing? but in minutes and I'll convince you."
" interest I'm curious. I press the Start button on the stop-watch. Now please," and said cellular Maton-Chan did.

「地球の周りを一周するという問題の時には、『赤道面に張り付いた円筒(円柱)に沿って走りなさい』ということだよね。それが最短コースなのだから、7回転半だって答えられたのだよ。
でもね。北極点の周りに半径1Kmの円周を描いておいて、1秒間に何回飛び回ることが出来るか?」という質問の時には、半径1Kmの円周を南北方向に引き延ばした円筒面上で計算するしか方法がないのだよ。
 だから、光りは命令どおり、半径1Kmの円周に沿って真面目に飛んでみるのだ。小学生だってこの答えは、7回転半のはずだよ、って答える。全く相似形の計算なのだから」
"During the question circling around the Earth; "run along the cylinder tear in the equatorial plane, that's. So he answered it is the shortest route from 7.5 turns. But you know, you can prepare the circumference of a 1-Km radius around the pole, flying many times per second?" Could only be calculated on the cylindrical surface hammered circumference of a radius of 1 Km in North-South direction during the question and there's no way you are. So the light is of instruction as a serious fly along the circumference of a radius of 1 Km. Answer the elementary school's answer to this is 7.5 turns, say. No similar calculations of "
" but is the speed of light can run 300,000 Km/sec and a certain right. Isn't it holds in any World.
「でも光りの走れるスピードは30Km/sec と一定なのでしょ。それがどの世界でも成り立つのじゃないの?」
その通りだよ。その『光速C一定の原理』からは一歩もはみ出してはいない。細い円筒の周りを一周しようとすると、どうしてもスピードを緩めなければ回れないんだ。そうでなければ、円周の外に飛び出して接線方向に飛び去ってしまう。
 
ということは、時刻を刻んでいる時間軸が縮んでいるということなのだよ」
「なるほど。このサイズの円筒の周りを飛び回ってみよう、と思った瞬間に、時間軸の方もその円筒サイズに比例して縮んでくれているという訳ね。神様って思いやりが深いわね」
「いちいち、個々の質問を発する毎に、時間軸をその場に合わせて伸ばしたり縮めたりしていると、面倒だろう。だから、神様は光を創造すると同時に、時空間の長さ(L)と時間(t)とが正比例するように、全世界を統一して造っておいた。それが『光速C一定の原理』ということだよ」
"That's right. Step off the "principles of the constant speed of light C, did not. Suppose you are trying to go around the narrow cylinder around and just loose speed can't do. Otherwise the outside circumference of the flies in the direction of the tangent. It's that shrinking the time ticking time.”
"Indeed. It a moment thought, let us fly around the cylinder of this size, staff time proportional to the size and cylindrical, for shrinking. Deeply compassionate God!”
"Stemming from each question separately, each time stretch suit for the occasion, are compressed, and TAKS. So consistent all over the world as God creating light while at the same time directly proportional length of time & space (L) and time (t) and kept building. It is that the principle of the constant speed of light C.”

もう済んだの?まだ1分も経過していないじゃないの。小中学校の児童生徒の多くは納得したみたいだけど、父兄参観日に来ている親たちが首をひねっているわよ。先生もどう答えていいか、苦虫をつぶしたような顔しているから、もう2分間しゃべりなさいよ」
「そうだよ、この父兄参観日は全国ネットどころか世界同時中継なんだよ。数学者は皆理解したようだけど、頭の固い物理学者先生方々はまだ半信半疑という顔してるよ」
「じゃあ、お言葉に甘えて、もう少しだけしゃべるかな?
 
社会の時間に、メルカトール図法で描かれた地図があるだろう。
こんな地図だよ。

"It's over now? not yet elapsed minute can't. It has been puzzled by parents which seems convinced a lot of primary and secondary school students, but have come to parents' day. You say it again two minutes from the face what teachers say they killed."
“Yeah, parents visiting day is a world broadcast live nationwide on the contrary it is. You look it seems understood all the mathematicians, but still skeptical hard physicist, teacher who heads?"
"? so, butt naked, talking just a little? There is a social time, painted in a Mercator projection map. I like this map.


Photo

メルカトール図法では、南極大陸が馬鹿でかく表現されます。グリーンランドも南アメリカ大陸と同じぐらいな大きさで表現されるのが特徴です。最近はどうなっているか知りませんが昔の小学校には、教室の正面にデカデカとこのメルカトール図法で描かれた地図が掲げられていたのです。あなたも覚えているでしょう?
Mercator projection represented big idiot the continent of Antarctica. Also Greenland and South American continents as a feature is represented by the size. It is a map drawn with huge size and the Mercator projection in front of the classroom old elementary school, I don't know what it had been raised. Will you remember?

続きを読む "村山斉先生「光は1秒間に円筒の周りを7回転半しか出来ない?貴方の周りの時空間も曲がっている!"Light cannot only 7.5 turns per second around the cylinder? Have bent time and space around you too!"

| | コメント (0)

2016年8月19日 (金)

3トン探検団「回転によって重力が生まれる訳」expedition team; “Exploration of translation comes gravity by rotation.”

"When you rotate the stand piece is why?"
"All things are relative, when he is reluctant sleep, forced to get up and forcibly tried to rotate and turn your world to retaliate. This Newton's, "law of action and reaction" and said it "
"that? of the relevant law of action and reaction, was not the principle of carts on the reaction force on hand carts of?"

「回転すると、どうして独楽は立つの?」
「物事すべて相対的なものなんだ。眠っている独楽を無理やりたたき起こして、強引に回転させようとすると独楽は嫌がって、自分を回そうとしている世界に仕返しをするのだよ。これをニュートンさんは、『作用反作用の法則』と言っただけだよ。
「あれ?作用反作用の法則ってのは、荷車を押した時に、荷車が手に反作用の力を及ぼすという原理じゃあなかったの?」
「それが一番分かり易い例ではある。しかし回転に関しても、同じ原理が働いているのだよ。」
「知らなかった。でも、エネルグトンの説明って面白いわね。独楽が嫌がってとか、仕返しするとか、まるで独楽には心があるみたいな話し方するんだもの。『嫌がって』ということをニュートンさんはどういう風にみんなに説明したの?」
"It is a very good example, but it's the same principle works for rotation,"
“I didn't know. But I like energton’s description. That disgusting piece is, to even the score, or I like stone heart is like speaking to. "Reluctant" by Newton, it is explained how, for everyone?"


"The law of inertia, and he expressed. It's described as "If not a new power, act object to what the movement continues'. This is the "law of inertia"
"Energton: you are calling that a top which is sleeping, asleep forever. Or to retaliate against opponents to backwards, loath to give the rotation and translation"
"But not the feeling of turning the piece, we at all were even backwards. If you would? "
「慣性の法則、と表現したんだ。『新たな力を作用させなければ、その物体は何時までもその動きを継続している』と表現したのだ。これが『慣性の法則』だよ」
「エルグトンはそれを、眠っているこまは永遠に眠りながら回っている。新たな回転を与えようとすると、嫌がって反対に相手を逆回しにするという仕返しをする、となる訳か」
「でも、独楽を回しても、僕らはちっとも逆回しの仕返しをされたって感じられないよ。どうしてだろう?」
"Man he is the pieces turned legs on the ground, from turning. He is only a backlash from the received retribution that message on the ground. Above all, come to planet Earth's counter attack was roused a sleeping piece and turning "
"You got bigger. That top strikes the stone's Earth ~?"
"That's right. Ago Fibonacci boy hurled teacher monkey wrench in the skating rink. Threw the slippery water-ice on the Fibonacci boy’s body is rotated and will. Hadn't that rotate once, standing on the ground.
「それはな、独楽を回した人間は足を大地に踏ん張って回しているからだよ。独楽から受け取った逆回転の仕返しを、人間は大地に申し送りしているだけなんだよ。とどのつまり、寝ているところをたたき起こされた独楽が逆襲して回しているのは大地という地球だということになる」
大きく出たわね。独楽が逆襲しているのは地球だって~?」
「その通りだよ。以前にフィボナッチ坊やが、スケートリンクの中でモンキースパナを先生に投げつけただろう。つるつる滑る水氷の上で投げたもんだから、フィボナッチ坊やの身体はクルクルと回転しただろう。大地に踏ん張っていたら、あのような回転は起こらなかったのだ」
"Did not rotate on the teacher threw a driver in the beginning, do not"
"It's small rebound to give momentum to a lighter one (M). Even though the friction is not only is slightly present. So during the driver unwittingly in the Fibonacci boy's body was able to stop only. It's big that reactionary and attempt to be as heavy as the monkey wrench (M) to force (acceleration
α). Newton found that this force (F) is the wind that F = M α.
"It was the law of inertia, wasn’t it?”
「初めにドライバーを先生に投げつけた時には、回転しなかったじゃあないか」
「軽いもの(M)に勢いを与える場合には、反動も小さいのだよ。摩擦がないないとは言ってもほんのわずかは存在している。だからドライバーの時には知らず知らずの内に、フィボナッチ坊やの身体は動きを止めることが出来ただけだ。モンキースパナのように重いもの(M)にある勢い(加速度α)を与えようとすると、その反動も大きいのだよ。ニュートンはこの力(F)が、F=Mαという風になっていることを発見した」
「それが、慣性の法則 だったのね。」

"Maton-Chan is so easy to get convinced, but I'm not yet convinced. I can't believe he wouldn’t take revenge if he turned the small piece, in turned in the opposite direction the Earth "
"Rotational speed of the Earth a little as he could try an experiment. Do you try it?"
"Such experiments don't we could, we'd no energton is messed up, You wish to say."
「マトンちゃんは、簡単に納得しちゃったけど、僕はまだ納得できないよ。小さな独楽を回したら、その反動で地球が逆方向に回されるという仕返しを受けてるって信じられないよ」
「地球の回転速度をちょっとぐらい変えてみるという実験だって出来るんだよ。やってみるかい?」
「そんな実験なんて、出来る訳ないでしょ、まったくエネルグトンって滅茶苦茶なこと言うなあ」

"We have 8 billion people on Earth. You've got a United action to people all over the world, the month in universal time day time minutes just eastward just five steps walked, and lobbied at the United Nations.
And ask all drivers of the car in the world, as well as that same time, the car please move toward the East" that it's taking command. Once, 5 seconds slow Earth's rotation speed can be measured. It's everyone, act together to cause the rotation of the Earth changed.
「地球には人が80億人もいるんだぞ。国連にでも働きかけて全世界の人々に、万国標準時での何月何日何時何分ジャストに、東に向かって5歩だけ歩いて下さい、という統一行動を出してもらうんだよ。
それだけでなく、世界中の車の運転手にお願いして『同時刻に止まっている車は東に向かって一斉に動き出して下さい』という指令をだしてもらうのだよ。そうしたら、その5秒間は、地球の回転速度が遅くなるのが計測できる。みんなが心を合わせて行動したら、地球の回転だって変えられるのだよ」

"Certainly, you're right. He'd come back immediately, however, stopped the Union action to restore the Earth's rotation speed it."
"Big planet it’s heavy! No doubt so much this year after moving!”
"See what as principle to fire rockets. You can make much impact if calculated accurately. You got this you can do easily. And affect only this computer it too easily.
「言われてみれば、その通りだわね。もっとも、その統一行動を止めた直後には、元通りの地球回転速度に戻るって訳ね」
「地球って大きいんだぞ、重たいんだぞ。そんなことしたって動く訳ないじゃないか」
ロケットを発射する原理と同じなんだ。計算してみればどれだけの影響が出るかは正確に計算できるんだ。この計算なんか、簡単に出来るんだよ。そして、これだけの影響が出るとコンピュータはいとも簡単に出してしまう」
「・・・」
「但しね、地球の回転が変化する前に、プレートの移動方向に影響が現れるはずだよ」
「それって、どういう事?」
"However should an effect appears in the direction of the plate before, changing the rotation of the Earth."
 "what's that?"

続きを読む "3トン探検団「回転によって重力が生まれる訳」expedition team; “Exploration of translation comes gravity by rotation.”"

| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

村山斉殿、光が曲がる事実は簡単に確認できる。夏休み宿題向きの理科実験?Fact bends the light you can check easily. Science experiments for summer vacation homework.

"True light is bent is the only when light passes near a black hole in outer space. I heard some voices have also trying in a silly quibble, war, world, Fibonacci little boy, and could be better. To respond on it? "
"Well, but did suggest that light is bent in the (1/2) spin of atomic nuclei and nuclear world. Came from physicist (did) not notice that only you have received? There's nothing. Kinda hard to understand, but I'll put that description.
「光りが曲がっている事実は、宇宙空間でブラックホールのそばを光が通過する時だけだ。またまたフィボナッチ坊やが、くだらない屁理屈で世の中を乱そうとしている、ってお叱りの声が聞こえて来たわよ。どう返答するのよ?」
「やれやれ、(1/2)スピンの原子核や原子核世界に於いて、光が曲がっていることを示唆してあげたのに。それだけでは気が付かない(悟れない)物理学者からの声が届いて来たのかい。仕方ないな。ちょっと分かり難いけど、その説明をしてあげるよ。
We are under the influence of gravity bends light in space it is a fact. Though it's almost perfect parallel rays of light reaching Earth from so far away. So look at the appearance of the star with a telescope and you know, too much given the magnification of a telescope cannot observe very small dots (bright little dots). It is only in ways such as through the right near a black hole and the Sun to ensure that bends light in perfect parallel rays; more and more perfect parallel rays does not compare with laser beam; and like most I'm sure.
宇宙空間で重力の影響で光りが曲がることは事実なんだ。もの凄く遠い所から地球に届いている光りは、ほとんど完全な平行光線なのだよ。だから望遠鏡でその星の姿を見ようとしていくら望遠鏡の倍率をあげても、小さな点(ギラギラと光っている小さな点)にしか観測できないのは知ってるね。
そのようなほとんど完全な平行光線(レーザー光線とは比べられないほどのもっともっと完全な平行光線)で光りが曲がるのを確認するには、ブラックホールや太陽の直ぐそばを通過するなどの方法でしか確認できないのだよ。
But also, what 1 billion dollars is basically costs 10 billion many dollars Elementary and junior high students are easily got a means to make sure that "It's certainly bend light"
" Fine? so once again say that provocative? Seen speaking, but I'm a little worried. Judging from the hearing.
 でもね、何十億円も何百億円という費用を掛けなくても、小中学生が簡単に、『確かに光りは曲がるんだ』ということを確認する手段があるんだ」
「そんなまたまた挑発的なことを言って大丈夫なの?ちょっと心配だけど、しゃべって見て。聞いてから判断する」

「電磁波も光りの一種だってことはマトンちゃんも知っているだろう。波なんだよ。電波をパラボラアンテナで平行光線にして送信しても、距離が延びると段々と広がっていくだろう。建物などの障害物があっても、波は回り込んで伝わっていくじゃないか。特に波長が長くなればなるほど、曲がりやすいのは、みんなが経験で知っていることなんだ。逆に言うと、波長の短い光りは曲がりにくいのだよ。これは波に共通する性質なんだよ。」
「そんな定性的な説明したって、抗議してきた某物理学者には通じないわよ。小中学生が納得するような説明をしてよ」

「よし分かった。針穴写真機で説明してあげよう。」
「針穴写真機って、黒い箱のに小さな穴を開けただけの写真機でしょ。それがどうだっていうの?」
「普通、写真機と言えば、凸レンズがくっ付いているだろう。あの針孔写真機には、凸レンズが無いんだよ。でもどういう訳か、何とか鮮明な外の景色が写せるんだよ。穴を小さくすればするほど鮮明な画像が得られるのだ」
「単に、絞りを絞った効果が出て来ている訳じゃあないの」
「一般的にはそんな説明でお茶がにごされている。多くの物理学者もそれで納得している。光りは直進しているのであって、外の景色が不鮮明になるのは、穴のサイズの問題だ、穴がピンポイントから大きくなった分だけ像が不鮮明になる、という風に納得している。
しかし、それ以上の効果が針穴写真機では観測されるんだ」
「そうだとして、フィボナッチ先生は、針穴写真機を我々に作らせてそれを実証しようとしているのですか?相当丁寧な実験をしないと、効果確認が出来そうにありませんね」
「そうですよ。小学生なら面白がってやるかも知れませんが、大の大人である物理学者にそれを要求しても、鼻から相手にしてくれませんよ」

「爆笑問題さん、横からいらんことを言わないでくれる?マトンちゃんが不安そうな顔してるじゃないか。
よし、分かった。もっと簡単に小中学生でも大の大人でも出来る実験を教えてあげよう。これは『易しいランプ技術のお話し』の第33話としてブログ記事にした内容なんだけど、再録しましょう。
33話、”ランプ灯具内部で、光が曲がっている?”

続きを読む "村山斉殿、光が曲がる事実は簡単に確認できる。夏休み宿題向きの理科実験?Fact bends the light you can check easily. Science experiments for summer vacation homework."

| | コメント (2)

2016年8月15日 (月)

村山斉殿、相転移で宇宙論を語ることはナンセンスです!懺悔を

 村上斉氏に限らず、現代宇宙論を「相転移」で語ろうとか、統一場の理論を語ろうとする傾向がありますが、これはナンセンスと言わざるを得ません。
何が根本的に間違っているかというと、『相転移には潜熱が切っても切れない関係にある』ということがあるにも関わらず、これを無視して屁理屈の誤魔化し論が展開されているからです。

 小中学校の理科では既に、『0℃の氷1gが0℃の水1gに変化するためには、80カロリーの熱を加えなければならない』という事がはっきりと書いてあります。
同時に、『100℃の水1gを100℃の水蒸気1gに換えるためには、539カロリーという非常に大きな熱を加えなければならない』と書いてあり、それは小中学生児童の常識です。
0
℃の水を100℃の水に換えるために必要な熱量が100カロリーであることも常識として小中学生は知っているのです。
 この熱量を100%とすれば、
0
℃の氷1gが0℃の水に変化するためには、外部からその0℃の水が100℃の水に変わるまでの熱エネルギーの80%を加えなければならないし、
100
℃の水を100℃の水蒸気に換えるためには、実に539%(倍強)の熱を外部から与えてやらなければならないのです。

 相転移を起こさせるためには、これだけのバリアーがあるにもかかわらず、これを無視して宇宙の成り立ちや、ビッグバンを論じること自体に無理があるのです。
大きい宇宙であろうと、小さい宇宙であろうと、実質的に閉じた宇宙(世界)ではエネルギー保存則は成り立っている事は、あなた方物理学者は良くご存じのはずです。
ちょっと考えれば、相転移宇宙論がナンセンスだということは、明らかであるにも関わらず、何故このようなミスを犯されているのでしょうか。

村山斉先生も、高柳雄一先生も、佐藤勝彦博士も、大反省して頂きたいです。そしてそれを見過ごしておられるホーキング博士を含めて全ての天文学者・物理学者も大反省をしてほしいのです。
 村山斉先生、高柳雄一先生、佐藤勝彦博士他、地球物理学や天文学、素粒子物理学がご専門の諸先生方へ。
このブログ『相転移で宇宙論を語ることはナンセンス』という記事への反論コメントをお寄せ下さることを、切にお願い致します。
 2016 8/15 Hiro. Oyama( 大山宏 )

以下は、ウィキペディアからの引用です。
潜熱(せんねつ、英語: latent heat)とは、物質の相が変化するときに必要とされる熱エネルギーの総量である。通常は融解に伴う融解熱と、蒸発に伴う蒸発熱(気化熱)の2つをいう。
 同様の事は、小中学校の理科の教科書に書いてあります。》

| | コメント (2)

2016年8月13日 (土)

フィボナッチ坊や「重力子を発見」(Fibonacci-boya discovered the Graviton.)。

 仮説段階ですが、どうやらフィボナッチ坊やは重力子(graviton)を発見した模様です。そのグラビトンとは、気が付いてみれば何のことはないものでした。その質量(m) = 〔陽子-中性子〕であって、2つの中性子の間でサイクリックに「交換」されている素粒子でした。
こう考えると、全宇宙〔極微世界~銀河団という極大世界〕で統一的にする重力場をすっきりと説明できるのでした。
 これからお話しすることは、「統一場の説明」となることでしょうが、それはフィボナッチ実数列の話の延長線上にあるため、中学生高校生諸君にも容易に理解されるお話しとなるはずです。
 早速、話に取り掛かります。

 「交換」という言葉を充てるから、分かり難かったのです。回転(Curl or Rotation) という言葉を最初からニュートンさんが充ててくれていれば、現代の小学生にも簡単に理解できる概念なのでした。遊びで使う独楽ですよ。独楽の回転ですよ。あの回転時に我々の五感で感じ取ることのできるものが重力子効果だったのです。

 素粒子世界にまずは飛び込んで考えてみましょう。
原子核が陽子と中性子の2つから成り立っているのは現代科学の常識です。その和総数が、原子量〔M〕でした。その和総数の中性子の間を、陽子の数だけ存在する重力子が同じ速さで飛び回っているのでした。それが接着力になって、原子核は全体として1つの球に観測されるのでした。
飛び回っている現象を”交換”しているとするから混乱するのです。原子核の周りを飛び回っている電子が(1/2)spinスピンを持っているように、重力子も(1/2)スピンを持っていたのです。
この(1/2)spinで、中性子の周りをサイクリックに半周を繰り返しているのでした。

 各種ある原子核の中で最小かつ最も安定しているのは4He であることは、耳にタコができるくらいしつこくお話しして来ました。しかも凸凹した姿ではなくて、完全球体の玉であるとお話ししました。4つの中性子の中の二つでまず考えてみましょう。中性子の1個の周りを重力子gravitonグラビトンが半周してみたら、向こうから別のグラビトンと鉢合わせになった。すると合体してピーナツの皮の如くの統一軌道を形成する〔動きをする〕のが自然です。中性子が4つあった場合にはその4つの間でこれが起きているのです。
 だから、外から見ると、あたかも原子核の内部に陽子と中性子とが存在しているように観測されるのでした。
 ただ、それだけのことだった様です。
ウランUのような大きな原子核でも同じことです。陽子の数だけの重力子がその原子核内部を飛び回っているのですが、全部で238個も中性子はあっても、表層の1層を除いた内部の中性子の間では重力子の動きは打ち消しあって消えてなくなり、表層の1層のグラビトンだけが全体を取り囲むが如くに飛び回るという姿が容易に想像できます。
中性子の塊りは完全球体です。それを取り囲むが如くに、飛び回るのですからグラビトン軌道も平均的にみればドーナツ状もしくはフットボール型に見えるかもしれません。
ドーナツ軌道の典型は”お月様”の軌道であり、天の川銀河の姿でもあります。

 電子が(-) の電荷を持っているように、重力子は(+)の電荷を持っています。そうでなければ電子が原子核の周りを回っておれません。電流が流れるとそこに磁場が発生するのでしたね。右手の法則に従がって右手を電流の流れに沿って4本の指を添えると、親指が北極が出来る方向が分かるのでした。
 電子が作る磁場の方向と重力子が作る方向とは丁度真反対であって、通常は原子総体としては磁力を持っていないように見えます。その原子が無数に集まって1つひとつの星ができているので、動いていない星は、電磁場も重力場も持っていないように見えます。しかし、電荷が動けば、そこに電磁場が発生して見えて来るのでした。同じように重力場は、重力子が動けば〔回転すれば、加速度を持てば〕発生して周囲に存在感を示すことになるのです。

 地球上に住んでいる我々は周囲のものと一緒に自転していますから、その重力を感じません。しかし、太陽に取ってみると地球は自転もしているし、公転もしているので、太陽の作る重力場との相互作用を起こし、バランスしているのです。そのバランスの様子は、原子核の周りを回る電子の様子と瓜二つという状態なのでした。

 銀河系の話でも一緒です。銀河系も回転しています。しかしその銀河内部にある星々は、銀河が回転していようがいまいが、内部にいるのですから相対位置は変わらないので銀河内に無数に含まれている重力子グラビトンが総体として回転していようがいまいがお構いなしです。
 しかし、他の銀河たとえばアンドロメダ銀河からすれば、我々の銀河は大きく回転していますから、「グラビトンは回転している!」と映るのです。そして自分の自転で作り出している重力場との間で、相互作用を引き起こすのです。
 これが、銀河同士でニュートンの万有引力が地上と同じように働いているように観測される理由です。ニュートンはこれを「万有引力の法則」として数式として明らかにしたのでした。 

続きを読む "フィボナッチ坊や「重力子を発見」(Fibonacci-boya discovered the Graviton.)。"

| | コメント (1)

(続)ブラックホール:フィボナッチ坊やの冒険。事象の地平面(地平線)と「地の果て」

 これからブラックホールに関する”事象の地平面〔地平線〕”について説明します。第一段階として、スケートリンク内での七転八倒の場面を思い出して頂きましょう。
あのスケートリンクはスピード競技用のリンクの如くに氷の面を真っ平らに仕上げたその上に、8,9杯分の水を撒いておいてもらったのでした。
ですから、ちょっと先生が押しただけで、速度が緩まることなく対岸のリンクサイドフェンスに激突したのでした。もしフェンスがなければ、突き放されたフィボナッチ坊やは、どこまでもどこまでも、遠くに滑って行くのでした。
 小さな星で、あのスケート場の如く、完全な球面のように星の表面を磨き、水を十分にまき散らしておけば、みんなからフィボナッチ坊やが見えなくなってしまう遠くまで吹き飛んで行ってしまうことは、あなたも容易に想像できるでしょう。

 この見えなくなる限界が世界の果てであり、「事象の地平面〔地平線〕」なのです。
日清・日露戦争の時代以前は、既に双眼鏡がありましたから、それを覗いていると、敵の戦艦の出す煙がまず海のかなたの水平線上に観測されるのです。
その内に煙突が水平線上に見え、更に時間が経過すると、船の構造物が水平線上に次第に見えるようになるのでした。ですから、煙や煙突が見えた段階で、砲弾をお見舞いした方が勝ちを修めるのでした。
 海軍の戦法として、これは常識
だったのです。

 突き飛ばされたフィボナッチ坊やの話しに戻しましょう。完全に球面に仕上がっており、抵抗が実質上ZEROであったならば、突き放されたフィボナッチ坊やはその星の裏側まで飛び滑っていくのは容易に想像出来ます。
そこで止まるかと言えば、否(No!)です。フィボナッチ坊やは裏側まで行っても止まることはできずにその点を通過し、再び突き飛ばされた最初の地点まで戻って来るのでした。
 止めてやらなければフィボナッチ坊やはその星の周りを一生の間、グルグルと回り続けるのです。これが人工衛星と同じだということは、もう分かりましたでしょ。
この場合の事象の地平面は「無い」ということになります。これが球面幾何学と呼ばれる幾何学です。

 今度は、虫眼鏡世界を覗いてみましょう。
虫眼鏡世界に生きる動物の代表は「蟻(あり)」です。蟻は地中に巣を作りますが、これをピカピカに磨かれた広いガラスの上で飼ったことにしましょう。餌として砂糖や葉っぱは与えてやってくださいよ。そうすると、蟻は何の不自由もなく、生き続けることが出来ます。
蟻に取っては砂糖や葉っぱを与えてくれるあなたのことを、きっと神様だと思っています。
そしてこの神様は気まぐれで、餌をやり忘れたり、水を垂らし忘れたりします。そうしたら、その蟻は死ぬのですからね。〔神様なんてそんなものなのですが、辛気臭いと言われますので神様の話しは止めにします〕
 蟻に取っての「事象の地平面(地平線)」はどこでしょうか?
蟻自身が行動できる範囲は歩ける範囲ですから、せいぜい10メートル、いくら冒険好きな蟻でも、1Kmは歩かないでしょうね、あなたが餌を与え続けてくれる限りは。あなたが直径10cm範囲内にしか餌を撒いてやらなければ、その範囲が生活圏であり、事象の地平面はその10倍程度以内だと考えることが出来ます。
 その蟻に聞いてごらんなさい、「はい。神様、その通りです」と答えますし、あなたが気に入らなければ踏みつぶしても文句は言いませんし、恨んでお化けとなって出て来ることもありません。
 
 蟻にも、小型の蟻もいますし、大型で活動の激しい蟻もいます。大型の蟻は早く歩くので、行動範囲も大きくなります。その大型蟻に取って「事象の地平面(地平線)」が広いだろうことは容易に推定できます。
 この大型蟻を丸底フラスコの中で飼ってご覧なさい。その蟻は絶対にフラスコの外に出ようとはしません。何故なら、餌が丸底にしか落ちて来ないのですからね。そして冒険心を起こしてフラスコの外に出ようものなら、あなたから罰を受けるのです、絶対服従しかありえませんし、それで満足して一生を終わるのです。

 この蟻を、細長い試験管の中で飼ってみましょう。結果は丸底フラスコの場合と一緒です。
あなたが、少量づつでも試験管の中に餌を落とし続けていくならば、試験管の壁を半分も登らなくなってしまうことでしょう。
 これと同じことは、ガラスの円盤の中央に少量づつの餌をやりつづけつつ飼った場合でも一緒です。たまに歩き回ったとしても、ガラス円盤の半径の半分程度に行動範囲は限られてくるはずです、何故なら中央にしか餌が与えられないからですね。

 何を言いたかったか?
私達は、事象の水平線〔事象の水平面〕という話しをしていたのでしたね。これをヒントにちょっと考えてから、《続きを読む》をクリックして下さい。

続きを読む "(続)ブラックホール:フィボナッチ坊やの冒険。事象の地平面(地平線)と「地の果て」"

| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

高樹のぶ子芥川短編文学賞殿へ「小さな山間の村、お歳暮?中元?」掟破りと早死にの関係

 ひばりコーラス会員の皆様へ
暑中お見舞い申し上げます        大山宏
 毎日うだるような暑さが続いています。週1回の
  コーラスレッスンも、お盆休みで暫く会えません。
   皆様にお身体を大切にして頂けますよう、
     涼しい小話を1つ贈らせて頂きます。
題は、「香典やお歳暮を突き返す村。鼠(ねずみ)小僧が
      投げ込んだ小判を役所に届け出る町」です。

 最初にお断りしておきますが、これはフィクションです。
ある村で、こんな話しがありました。
過疎化を絵に描いたような限界集落でした。夏真っ盛りの田んぼの中で、隣のお婆さんが、田んぼに生えている「ひえという雑穀〔雑草〕を取ってくれていたのでした。腰をかがめて見るからに辛そうでした。
「いつもお世話になります。くれぐれも無理をなさらないで下さいね」
「私がやらなきゃ誰がやるというのだい?
ひえ』ってやつはね、年前に落ちていた種だって芽吹くのだよ。あんたのお母さんもそう言っていたよ。今年横着して放っておくと、来年は目も当てられない状態になってしまうんだよ」
「そうはいっても、足腰が痛いって病院通いをしているお身体では申し訳ないです。元気でお互いに長生きしようじゃありませんか」

都会から帰って来て日の浅いその中年男性は、その日の夕刻に次の様な文章を添えて、日当を届けにいきました。
『いつもお世話になっております。少ないですが、日当の足しにしてください。』

「今年からこんなお金は受け取ってはならないと言われている。長年お宅の田んぼをお世話をしてきた関係上、ひえが目についたので取っただけ。向こう隣りの家の田んぼやその向こうの家の田んぼのひえはもっとひどい。わたしはきっと早死にするだろうね」
「それは大変だ。健康を害してもらってまで我が家の田んぼのお世話をされて早死にされたとあっては、作ってもらっている側の立つ瀬がありません。よし分かった。私があなたの日当を集めて来てあげましょう。作業メモをこまめに取っておいて下さいね」
「ダメなんだって。『ただ働きしろ。お金は農民同士でやり取りしてはいけない』という厳しいお達しなのだよ。
あなたも分からず屋だね。老人ホームに入っているあんたのお母さんとそっくりだ。あのしつこいところが私は大嫌いだったのだ」

 そこまで聞かされれば、その都会から出戻って来た中年男は、後には引けません。村の世話役をしているお宅に相談に行ったのでした。

「よく考えてみなさい。もうあの土地はあんたの物ではないんだ。10年契約で『法人』に貸したのだ。法人の方針に従ってもらわなければならない」
「その法人から、『草取りの日当は支払わない。各自の自主管理にまかせる』というお達しが出ていると聞きました。
我が家は30年前から隣のお宅に田んぼをあずけ稲作りをして頂いてもらって来た。それを「法人」に加入したから、日々の野良作業へのお礼をしてはいけないというのでは、法律の方が間違っているそれで早死にされたとあっては、祖先の田地田畑を守ったことにはならない
「勝手な事をしてもらっては困る。『法人』の指示に従ってくれ」
「見てみないふりをしておいてくださればそれで結構です。聞かなかったことにして下さい」
「ダメだ、そういう掟破りをしてもらっては、みんなが迷惑する」
「じゃあ、こうしましょう。毎年盆暮れの歳暮をしてきているので、その形で渡しましょう。これでどうでしょうか」
「・・・。盆暮れの歳暮の贈答まで止めろとは言えないな。勝手にしなさい」
 ということで、その中年男は、世話役の家を出たのでした。

 ここまでの話しなら、過疎の進みつつある村ではよくある話でしょうが、その後があるのです。

続きを読む "高樹のぶ子芥川短編文学賞殿へ「小さな山間の村、お歳暮?中元?」掟破りと早死にの関係"

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

小学生にも分かるブラックホール内部世界の構造?Structure inside of the black hole be understood by children.

 Do you have that you peeped at the velodrome? It is to describe the internal structure of black hole that velodrome is most obvious.
Explain the structure of the velodrome track for those who don't, the velodrome, once you looked at.

 あなたは競輪場を覗いたことありますか?
ブラックホールの内部構造を説明するのには、あの競輪場が一番分かり易いのです。

まずは、競輪場を1度も覗いたことのない人のために、その競輪場のトラックの構造を説明しましょう。
 トラックの大きさは小学校のグラウンドぐらいの大きさです。そこにすり鉢状のトラックがあるのです。自転車は誰もが乗れる乗り物ですが、あのトラックを見たらすべての人の足がすくむのです。嘘だと思ったら自分で自転車を持って、その競輪場に行ってごらんなさい。足がすくみますよ。
 Track size is size of the background of the elementary school. There is a bowl-shaped track. Is the saw that truck is the bike everyone can ride rides, all people cringe. Lie and if , you have a bike yourself, go to the velodrome. Feet cringe.
 I also cringed the legs first. Feeling like staring down at the bottom of the abyss is sadamu. It is a structure of black holes can you imagine delve further inside the velodrome that inside track, go to the heart of the tightly tilting angle of Bank.
 私も最初は足がすくみました。奈落の底に落ちて行きそうな気持になること必定です。
ブラックホールの構造はあの競輪場の内側トラックの更に内側を掘り下げて中心部に行くほどバンクの傾斜角度をきつくした状態を想像すればいいのです。

 更に、トラックのザラザラとしたざらつきをなくするために、グラインダーでこすりあげ、目の細かいサンドペーパーで磨き、石鹸をつけてみがきあげ、最後にサラダ油を全面に塗って仕上げておけば、ブラックホールモデルとしては完璧に近いでしょう。
 Further, rough tracks and without the rough give rubs in a grinder to shine with fine sandpaper first, SOAP, brush up, finally oil painting completely, and finish as close to perfect as a model of a black hole would.
You stands on the innermost track (bottom of the velodrome) with the bike. Cycling Club supervision from above cries out, "Ran from there and come out-not!" was breaking out from its hole push pedal, you are desperate, but how hard is.

 あなたは自転車をもって、その一番内側のトラック(競輪場の底)に立っています。サイクリングクラブの指導監督が上の方から大声で叫びます、「そこから走って出て来~い!」
あなたは、必死でペダルをこごうとしますが、如何に頑張ったってその穴からは抜け出せないのでした。
 このすり鉢状の穴から抜け出すのは、電動機付き自転車でも抜け出せないのです。バイクでもダメ、自動車でも抜け出すことは不可能なのです。路面がつるつるに磨き上げてあるので、自動車でさえも抜け出せない。
蟻地獄よりももっと始末が悪い。

 It is out of this cone-shaped holes that stuck even with a motor bike. Bikers do not, it is impossible to get out with a car. Because the surface is honed smooth stuck even by the car.
It’s more worse than doodlebug.
"Is not good to get out with bike pushing?"
It's impossible, too. The only acceptable not only helicopter or Jet-powered bicycle. Escape the only jet-powered bicycle, out of helicopters to bring is a rule violation, then there are no.
 Is it as little output bottom track round will continue round and round. Accelerates in the rocket-like Jet engine output was expandable for the first time, a bowl-shaped track.
 「自転車を押して這い出せばいいのではないか?」
それも不可能です。唯一抜け出せるのは、ヘリコプターか、ジェットエンジン付きの自転車しかありません。ヘリコプターを持ち込むことはルール違反ですから排除するとしたら、ジェットエンジン付きの自転車しか抜け出せるものはありません。
 それも、少々の出力では、底の方のトラックをぐるぐると回り続けることになります。
ロケット並みのジェットエンジン出力で一気に加速して初めて、そのすり鉢状のトラックを抜け出せるのでした。
 
"Like that old science fiction story is a lie!" If you say, "seeing is believing at a glance. It is good step that big hole, standing beside the finely polished velodrome, racing bicycle and helmet loan.
 Velodrome puts ordinary people in the neighborhood don't said, what is this is?
 It is probably not. The skating rink! hope bring bike. Don't forget the helmet to make sure. Oh yeah, ask the janitor of the skating rink, bucket 8-9 of water should you keep all links in. In this field your own black hole experiences are ready.

『そんな、昔のSF小説みたいな話は嘘だ!』とおっしゃるなら、「百聞は1見にしかず」です。競技用の自転車とヘルメットを借り受けて、そのつるんつるんに磨き上げられた競輪場のそばに立ってその大きな穴をのぞき込んでみればいいのです。

 なになに、「一般人が入れる競輪場が近所にないんだ」ですか。
しょうがないですね。では、スケートリンクに自転車を持ち込ませてもらいなさい。ヘルメットを必ず付けることを忘れないでね。
ああ、そうだ、スケート場の管理人さんに頼んで、バケツ8~9杯分の水をリンク内にぶちまけておいてもらっておきましょう。これであなた専用のブラックホール体験場は準備が整いました。
 Now, that links the push bike, you have entered. At the moment you should not be standing. Park well, you suppose you could barely sit in the saddle. And let's say you could step on the pedal a little bit. I suppose that is mostly here to fall soon, but also by your efforts to on foot only slightly press the pedal. However, it is not at all. Is the tires may slip, not at all.
 さあ、そのリンクに、自転車を押してあなたは入りました。その瞬間にあなたは立っていることが出来ないはずです。
まあ、えんやらやっと、サドルに腰掛けることが出来たとしましょう。
そして、ペダルを少し踏むことも出来たとしましょう。大抵はここで直ぐに転倒するのですが、これもあなたの努力によって、ペダルを足で少しだけ押すことが出来たとしましょう。しかし、ちっとも進まないのです。タイヤが滑ってちっとも進まないのです。
 仕方がないので係の人に頼んで、自転車を後ろから押してもらいましょう。
自転車はなんとか動き出しました。その次はどうなると思います?
あなたは、そのまま向こうのリンクサイドまで、つるつると滑っていって、リンクサイドに激突するのです。ブレーキを掛けてもタイヤが滑ってしまってちっとも制動ブレーキが利かないのでした。
 ヘルメットを着けておいて良かったでしょ。

リンクサイドの人々は、他人事ですから笑って見ているばかりです。
 Ask the person in charge because there is no way the bikes get pushed from behind. Bike get rolling. You should think what will happen next? It is to hit the link, you will leave beyond the scoreboard until smooth and sliding. You also apply brakes to tire slipped away, so the brake brakes don't work at all. Good dude wearing a helmet?
Link people that someone else is laughing is just watching.

続きを読む "小学生にも分かるブラックホール内部世界の構造?Structure inside of the black hole be understood by children."

| | コメント (0)

2016年8月 5日 (金)

新堂進様、直感で納得できる相対性原理がある:「光速一定の原理」?事象の地平面?There are relativity can be satisfied by intuition: principles of the Speed of light constant, a phenomenon horizon.

 分かって見れば当たり前、というお話しがあります。これが物理や数学の全てです。
そんな事なら、小中学生や児童にだって直感や経験で分かるはずですし、実際に納得します。
この事実を、小中学生のあなたに直感で分からせてあげましょう。
『マンガで読む相対性理論(新堂進著)秀和システム』という本を図書館から借りて来て再読しました。

Photo_5

 4時間かけて、丁寧に読みすすめたのですが、結局のところ、アインシュタインは、
『光速Cが一定速度であるように観測される世界は、時空間が曲がっていますよ』って言っているだけ
なのでした。
 早速あなたの直感と経験で、「時空間が曲がっている」事をあなたに納得させてあげましょう。
 速度というものは「進んだ距離(L)を,その距離を進むのに要した時間(t)で割り算」したら出て来ますね。式で書けば、
    速度 = L/t     ・・・ (1)
これを満たしさえすれば、『その世界が確かに存在する』とあなたは納得できるのです。
これって、身近にあるじゃあないですか。
 地球ですよ。
地球儀の上で、ある一定のスピードで進んでごらんなさい。その内に地球の裏側に到達するでしょ。そして更にそのまま前進を続けると、元いたところに戻って来ることになるでしょ。

 真っすぐ進むのではなくて、常に地表のローカル円弧に沿って前進していても同じことです
地球儀の上に丸い円を描いておいて、その円弧に沿ってあなたが一定スピードで進んだとしても、同じように元いたところに帰って来れるのです。

 今度は宇宙ステーションに乗り込んでみましょう。
宇宙ステーションは地球の周りを回っていますが、進んだ距離(円弧の長さ:L)をその距離を進むに要した時間(t)で割り算して御覧なさい。この割合が速度ですね。
もしこの速度が常に一定であれば、地表からの高さは変わらないので落っこちて来ないだけの話なのです。

 極当たり前の例を3つ、お話ししました。ぐにゃぐにゃと曲がった曲線上であろうと、速度 = L/t   ・・・(1) が満たされている限り、物体は一定スピードで飛び続けているように観測されるのでした。
ここ100年余りの間、「空間は曲がっているのだ。伸び縮みしている」と耳にタコが出来るくらいに聞かされて来ましたから、これは『そうなんだろう』と認めることにしましょう。
そうすると、その空間内の円弧(L)に沿って進むに要した時間(t)の比率が常に一定とは、とどのつまり、次のことを意味していることが分かります。
時間軸の目盛りもその円弧長さに正比例して伸び縮みしていさえすれば、別に「光」でなくても、あなたの身体でも(一切の物体が)一定の速度で移動できる。そういう世界に我々は生まれて来て生きている。生かされている!』

 『時計が進むだ、遅れるだ、』というような屁理屈の議論をしなくても、我々が生きている時空間では時間軸の目盛りも伸び縮みしている、ということは、直感と経験で理解できるのでした。

 ここからの議論が面白いのですよ!
アインシュタインが「特殊相対性原理」を説明した最後に、
『この世に特別なものは何もない。光のスピードさえも、30万Km/sec でない世界がある』と思っていますし、そう主張しています。(そのように新堂進殿は紹介しておられます)。
 しかし、こんなに持って回らないでも、
このことは上記の議論で既に明らかとなっています。
既にあなたは、一定のスピードで歩き続けて元の位置にもどれることを、あなた自身の目と手足でもって確認しているのですからね。

続きを読む "新堂進様、直感で納得できる相対性原理がある:「光速一定の原理」?事象の地平面?There are relativity can be satisfied by intuition: principles of the Speed of light constant, a phenomenon horizon."

| | コメント (2)

2016年8月 3日 (水)

「ネイチャー誌ってすごいね。宇宙は拡大なんかしていない、という論文だって堂々と掲載するんだもの」Amazing Nature. Believe it's thesis that the universe is expanding it, not advertise openly.

「ネイチャー誌ってすごいね。2013年発刊号だから、つい3年前だよ。そこに堂々と「宇宙拡大説ってのは嘘だよ。ビッグバン宇宙論も嘘、インフレーション宇宙論も寝言の可能性がある、なんて記事を堂々と載せていたよ」
「俺も、その記事を読んで、びっくりした。アマゾンさんも大したもんだ、そのネイチャー誌の記事の価値を良く冷静に判断して、紹介記事を再録しているんだから」
「不可解なのは、そのネイチャー誌を熱心に読んでいるはずの、世界中の物理学者が相も変わらず『宇宙は拡大し続ける、ビックバンは事実だ、そのビッグバンの前にインフレーション段階があった、ヒッグス粒子を探せ・・』というようなたわごとの寝物語を展開し続けているのだから、あきれてしまうよ。どこに目が付いているんだろうか」
「佐藤勝彦先生だって、沈黙を守っていると、危ないよ。素粒子物理学者として世界の第一人者と認められている村山斉先生だって、至急に「ビッグバンもインフレーションも間違いであった、自説を改めて展開します!という本を[KAPPA BOOKS]から出版しないことにいは、救われないだろうね。これは限りなく犯罪に近いよ」

「フィボナッチ大先生は、どんなコメントを、そのアマゾンのブログに書き送ったのだい?」
「当然、光速一定の原理からすれば、ハッブルの観測結果は至極当然の結果であって、それは宇宙拡大説とは無関係である、ビッグバンこそ、大嘘であり、寝言だったよ、というような自説をコメントしたのだよ。
 以下のような、コメントだよ。
・・・
アインシュタイン自身は、そのへんてこりんな宇宙拡大説は相対性原理に反するとは思ったのでしょうが、ハッブルの観測結果の衝撃を打ち崩そうとするのは、負け犬の遠吠えと映る、と判断して自説を取り下げたのでした。
 その時の名言が「我が生涯最大の不覚」というものだったのだ、と最近私(大山宏)は気が付いたのでした。
『光速一定の原理』とは、時空間中を物が移動した時、移動に要した時間(t)で移動した距離(L)との比が常に一定ですよ、と述べているだけなのです。即ち、時間軸(T)は空間3軸(XYZ)に正比例して伸び縮みしている。と言っているだけなのです。アインシュタインはそれを持って、『時空間はねじ曲がっている』と予言しただけでした。
 ハッブルの観測結果に浮かれていた当時の人々もそれ以降の100年間のほとんどの人々はこの「宇宙拡大説」の嘘に踊らされて来ていたのでした。ネイチャー誌の冷静な編集姿勢に感動を覚えています。感謝!
 こんな文章をアマゾンのブログにコメントしていたよ」

「フィボナッチ大先生は、いよいよ本格的に世界中の物理学者を相手に戦闘開始だね。それにしても、好都合な記事が3年前にネイチャー誌に掲載されていたものだね」
「フィボナッチ坊や自身がビックリしていたよ。百万の味方を得た、というところだね」
「ところで、ビッグバンは嘘だった、インフレーション理論も大きな寝言だったというのは分かるとしても、素粒子物理学自身も嘘ということになるのかな?下手すると量子力学自身が大幅な修正を余儀なくされるという事態に発展するのかな?」
「そんな事態には至らないよ。光速一定の原理の解釈変更でも素粒子物理学や量子力学は論を修正する必要性はほとんどないのだからね。論の説明が、単純化できるというメリットさえも出て来るくらいだ。その新たな説明は小中学生でも容易に理解できるものだから、この世の中に出回っている、大多数の雑誌はお蔵入りになるだろうな」

続きを読む "「ネイチャー誌ってすごいね。宇宙は拡大なんかしていない、という論文だって堂々と掲載するんだもの」Amazing Nature. Believe it's thesis that the universe is expanding it, not advertise openly."

| | コメント (0)

オバマケアの行方、トランプ大統領の保護貿易主義の正当性。Obama-Care (Patient Protection and Affortable Care Act )

Justification exploring us missing, President of Trump protectionism.
 Contrary to the expectations of many people in the world, playing the new President was born. Trump said sprang up during the election campaign period, who has let discussed in the political dynamics of exploring us protectionism and the legitimacy here.
 世の多くの人の予期に反してトランプ新大統領が誕生しました。
選挙運動期間中から過激な発言が絶えなかったトランプ氏ですが、ここで「オバマケアの行方と保護貿易主義の正当性」を政治力学で議論してみましょう。
Policy successes and exploring us President Obama did in eight years, which in Japan is that the national health insurance (NHI). Try that Trump's new President proclaims general idea from President Obama that discomfort is of course is natural.
 I also play cards Mr. mean unlimited in action who are tired of that, but when it comes to exploring us since it said "most so ' and I thought.
 It's like "what's good"? and of opinion happened to you will. Let me explain.

続きを読む "オバマケアの行方、トランプ大統領の保護貿易主義の正当性。Obama-Care (Patient Protection and Affortable Care Act )"

| | コメント (0)

2目置き碁の必勝法。ミニビッグバンから次のミニビッグバンまでの計算をスパコンは計算済みです!Computed until the next big bang mini supercomputer is calculated from big bang mini.

概要:ゲームの世界には先手必勝ゲームと後手必勝ゲームとがあります。その勝率の差はほんのわずかですが存在します。だからハンディキャップを頂いたら「欲を出さずに堅実に打てばその勝負には勝てるものである」ことを、様々な分野に渡って易しく説明しています。

 先日、囲碁大会に参加しました。この1年間、誰とも手合わせをしていなかったにも関わらず、6回の対戦で、2回も勝利することができました。
その時体得したことを書きましょう。

 まず一番に言えることは、
(1)、2目置き碁は、大きなミスさえしなければ、必ず黒が勝てるということ!
実力や経験がドングリの背比べでの勝負の世界ですよ。2目も先に打っておいて(お互いに大きなミスが無い限り)黒が勝てない訳はないのです。
では、ミスはどういう状態で起こるかということになります。
 欲張り心がついつい生じた時にミスが出るのでした。

 プロ棋士同士で2目置き碁を打たせた場合には、
(2)、2目を置いた方が当然勝ちます。そしてその差は、平均的に11目に収束するのです。
まあ2目置き碁で、このような試行がされることは、ほとんどありません。
 実は江戸時代には、5目半のハンディキャップのルールはなかったのでした。
そのハンディキャップの無いルールで囲碁勝負をやっていて、『どうも、先行者〔黒〕の方が勝率が高いぞ、ということになったのでした。
そこで、プロ棋士(坊主に決まっていました)同士が互いに何十回となく試行を重ねてみた結果、『先行者〔黒〕の獲得する石数の期待値は、5~6目である』と分かって来たのです。それ以降、「5目半の込み出し小細工のルール」で囲碁が打たれるようになったのでした。
 だから、実力がドングリの背比べの碁敵(ごがたき)と、2目置き碁で対戦した場合には、黒番が必勝して当たり前なのです。

 でも、囲碁はゲームなのです。遊びなのに「先に着手した方が必ず勝つ」のでは、ちっとも面白くありません。そこで明らかに実力の差がある場合に、その勝率を同程度に調整するルールが置き碁であり、段位認定制度だったのです。
実に上手く出来ていて、5段位の人が初段位の人と対戦する時に、4目の置き碁をすると、勝負が伯仲するのです。2級位の人と5級位の人とを3目置き碁で対戦させると、これも勝負はどっこいどっこいで、傍で見ていても実に面白い。

 ところが、ずるい人が時々いて、2段位の人で『私は1段の実力しか持っていません』と言って、囲碁大会に出て来て優勝賞品をかっさらっていく場面にちょくちょく遭遇します。これも見ていて後味が悪いものです。
置き碁をさせておいて、相手を小馬鹿にした打ち方をする人とは2度と打つ気にはならないものです。
 来年度の囲碁大会では、優勝者は段位を2つ押し上げ、準優勝者は段位を1つ押し上げる。
 同時に、5戦して5敗した人は、段位を2つ押し下げ、ブービー賞《これは新設すべきですよ。優勝賞品の額を下げてでもブービー賞は設けるべきです。そのブービー賞》の人は、段位を1つ押し下げる、というような、囲碁大会ルールを設ける必要があるでしょう。

 段位が押しあがる人はともかくとして、段位が押し下がるのは気持ちの良いものではないので、地方の囲碁大会では、段位のエスカレートが頻繁に起きているのでした。
〔因みに、大都市部や本因坊 秀策 の地元:因島では4級の私が、田舎町では1級や初段の人に対抗できるのでした〕
 これが、プロ棋士での段位と、アマチュア棋士の段位との差が生じた元なのです。
そして、その囲碁大会が面白くなくなり、新人が増えて行かなくなる原因の1つにもなっているのでした。
 心当たりのある方も多いのではないでしょうか?

 囲碁以外の勝負事(ゲーム)に関して調べてみましょう。
意外なことに、「先に仕掛けた方が、負ける確率が高い」というゲームが多いのです。
例えば、チェスや将棋では、それが数学的に証明できそうです。
先行者が仕掛けない限り勝負は始まりません。そして、その仕掛けを見て後行者は負けないであろう最善手をくり出していくのです。
 だから後手必勝のゲームになる確率が大きいのです。

 これを明確に示す事件が近年起きました。コンピュータと将棋のプロ棋士との対戦しかり、チェスに関してしかり、です。
「コンピュータが先行する場合もあるじゃあないか?それでもコンピュータの方が圧倒的な勝利を収めているのは何故か?」という声が聞こえてきました。
 お答えしましょう。
あれはね、やっぱりコンピュータの方が実質的に後攻めの形になっているからなのですよ。剣道で言えば、ちょっとちょっかいを最初に出しているだけなのです。何度か竹刀を合わせている内に、ちょっとしたミスが出て来た瞬間を捕えて、コンピュータは真綿で首を絞めていくのです
 将棋やチェスの世界(2進数世界)は狭いので、勝負の全てをコンピュータは既に覚えているのです。ですから、相手がミスした瞬間に勝利を確信するのです。

「コンピュータとプロの試合ではなくて、人間同士がやるゲームの世界での『例』をしゃべってくれないか」という声に対して、お答えしておきましょう。

続きを読む "2目置き碁の必勝法。ミニビッグバンから次のミニビッグバンまでの計算をスパコンは計算済みです!Computed until the next big bang mini supercomputer is calculated from big bang mini."

| | コメント (0)

2016年8月 2日 (火)

メキシコ国境に万里の長城は完成機能する。それは経済として成り立つ。On the Mexico border to completion feature is the Great Wall of China. It is true as the economy.

 Gentlemen, for a long time. Worked well, it work of the Japan right-wing, the Trump Administration was inaugurated. People all over the world are daily to its words and deeds. But think about it. It does nothing to waste from the new President is economics. It is his measures are purely based on economic principles.
If you think about it, he either in its "how nuclear weapons are expensive and not at all for the American public, ' that he will understand.
Patiently the Hiroshima and Nagasaki Prefecture decided to wait.
 皆様、お久しぶりです。日本右翼の方々の陰ながらの働きも功を奏してトランプ政権が発足しました。世界各国の人々はその言動に一喜一憂の毎日です。しかし考えてみて下さい。新大統領は経済人ですから無駄なことは一切しませんよ。彼の諸施策は純粋に経済原理に基づいているのです。それを考えれば、彼もいずれその内に『核兵器が如何に不経済なものであり、アメリカ国民のためにも、ちっともならない』ということを理解するでしょう。辛抱強く広島・長崎県民は待つことにしました。
 Well, yesterday Trump new President signed “Mexico country to pay for the construction costs and building the Great Wall of China on the Mexico border.” However, Mexico State decides to pay construction costs eventually. As the economy Trump think nothing there in the heart of Mr.
 さて、昨日トランプ新大統領は「メキシコ国境に万里の長城を築き、その建設費用はメキシコ国に払わせる」と署名しました。しかし最終的にメキシコ国は建設費用を払わないことに決着するのです。その場合の経済人としてのトランプ氏の胸の内にはいかなるものがあるのか考えてみましょう。

 トランプ大統領はこう考えているはずです、『メキシコから輸入されるものに関税を掛け、その関税収益を持って万里の長城を築いた費用にあてればいい』、と腹積もりしているはずです。
これでトランプ経済は十分に収支があっているでしょ。(^o^)
 メキシコに万里の長城を築くという本当の目的は、
1)、メキシコ国境から不法移民を排除する
2)、『メキシコで生産して米国内で販売すれば儲かる』としてNAFTA自由貿易制度を悪用した各国の経済人に対して、その非を自覚させる事。
 という真の目的は十二分に達成されるのです。
「保護貿易だ。時代に逆行だ」とギャアギャア騒ぐ前に、アメリカ経済をそこまで追い込んだ責任の一端が自分にもあったのだと自覚すべきなのです。アメリカ第一主義は経済戦略としては成功するでしょう。トランプ大統領にエールを送ります。
 Trump the President thinks so should the "imported from Mexico placed tariffs, customs revenue has built the great wall of China cost blow good', and should have been the intention.
With this lamp economic balance is having enough? (^ o ^)
 And build up a great wall of Mexico's real purpose is
 1), from the Mexico border to eliminate illegal immigration.
 2), "lucrative if sold in the United States, in Mexico, and to realize that non-NAFTA free trade system to exploit the country's economy against things.
 It is the true purpose and achieved more than enough.
"Trade protection. Retrograde at times "and was my responsibility before revelers Gargan, American economy drove up there and realize what it is. America first is an economic strategy to succeed.
 Cheer President of Trump.

 では、核兵器開発に関してはいかがでしょうか?
  So, for the development of nuclear weapons?

続きを読む "メキシコ国境に万里の長城は完成機能する。それは経済として成り立つ。On the Mexico border to completion feature is the Great Wall of China. It is true as the economy."

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

フラクタルって知ってる?「超新星爆発」≒「宇宙の大規模構造」ですよ。

 「フラクタル図形」って聞いたことありますか?「キャトストロフィー理論」って聞いたことありませんか?
『なに、もう遠の昔に、そんなものは忘れたよ』、ですか。そんなことしているから、あなたはせっかくのチャンスを見過ごしてしまうのです。
『今はブラックホールを通り過ぎて、暗黒物質とか暗黒エネルギーだよ』なんて浮かれているから、あなたはノーベル賞の候補に上がって来れないのです。
次の2枚の写真をご覧になって下さい。これを見た瞬間に、『ああ、宇宙空間はフラクタル図形なんだな』って類推が出来ないようでは、科学する人とは言えないのですよ。
まずは、次の写真を見て下さい。どちらも超新星爆発の姿を捕えた写真です。
Photo

 主婦の友ベストBOOKS「宇宙のしくみ(高柳雄一監修)P93」からの引用です。次の写真は同書のP95 に掲載されていた証拠写真です。
Photo_2

 ご丁寧に2枚も、あなたが感動を持って見たことのある写真と同じフラクタル図形をおみせしたのです。次の写真を見る前に、何と似ているのか、考えて見て下さい。
小中学生に指摘される前に、あなたが思いつかなければ、あなたは宇宙物理学者としては、多分失格でしょう。
 村山斉先生も、高柳雄一先生も、佐藤勝彦先生も考えてみてください。

続きを読む "フラクタルって知ってる?「超新星爆発」≒「宇宙の大規模構造」ですよ。"

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »