« 「宇宙が拡大している」ってのは嘘だったの?宇宙項の正負と[ZERO].Say "Space is expanding" to Lawrence was lying? Sign(±) of the cosmological and [0]. | トップページ | ダークマターやダークエネルギーは独楽回転の亡霊であることの証明。Dark matter and Dark energy is proof of ghosts in the top rotation. »

2016年8月31日 (水)

爆笑問題:宇宙空間の次元解析‘principle of the speed of light constant' 村山斉・佐藤勝彦両先生へご参考までに。Dimensional-analysis, Similarity-law, KJ-method.

  2020/ 9/ 23 renewal for you
Overview: Even mathematically pure physical I see speed of light constant principles explained accurately, and super friendly. Is challenging that analysis has become highly effective excellent analytical science analysis method description.
概要:純粋な物理数学的に見ても「光速一定の原理」を正確に、しかも、超やさしく解説してみました。次元解析という難解ですが非常に有効な科学分析的に優れた分析方法の説明にもなっています。
"Professor Fibonacci, ‘principle of the speed of light constant’ and ‘E=MC^2' of about dimensional analysis provided in these documents, easy please tell us, again."
" Yeah you're right. Describing as a taught master's degree in 1 minute, just easy as can be satisfied in the elementary and middle school students, briefly spoke. Kinda hard for anyone who's interested in science would be from the exercises again?”
"So that not just the Fibonacci Professor to speak of what is? In the example form of school books, speaking teacher. Next exercises we will unravel one after another, it's is what is?"
「フィボナッチ大先生、『光速一定の原理』やE=MC^2の説明で使った『次元解析』に付いてもう一度、易しく教えて下さいよ」
「そうだね。大学院の修士課程で教わるような内容を、1分間で小中学生にも納得できるように出来るだけ易しく手短にしゃべっただけだからね。理科に興味のない人にはちょっと難しかっただろうから、もう一度演習をしようか」
「ただ、フィボナッチ大先生が一方的にしゃべるのも芸がないので、こんなのどうです?
高等学校の参考書の例題形式でまず、先生がしゃべる。次に演習問題を我々が次々に解いていくってのはどうです?」

"It's quite interesting idea. Let's try that trick. First of all is an example, but it's enough talk ago that content, since it's like recording.”
“So nice. it is fine. One review we pricked up our ears and listen."
“Then let’s start. I came to speak first is as an example like: 2 months ago. See for example of common sense used in the shipbuilding industry is a technique of dimensional analysis. Not sure in advance when building large oil tankers and cruise ships, but we can't. A chance number 10 billion JPY billions invested in is build on an ad hoc basis and eyes can't. You were so bad, making the model blindly, to experiment. To exert very much when a water tank experiment is called dimensional analysis. With E=MC^2, explain. It is set in Unit.
「中々面白そうな趣向だね。その手で行こう。まずは例題だけど、これは以前にしゃべったあの内容で充分だろうから、それを再録しよう。それでいいね」
「大丈夫です。我々も復習を兼ねて耳をそばだてて聞きますよ」
 じゃあ、始めるとするか。まず例題としてですが、2か月前に次の様な話しをしたのでしたね。例えば造船業で常識的に使われているのが次元解析という手法です。大型タンカーや大型客船を建造する時、前もって実験で確認しない訳にはいきません。数百億円数千億円の投資を当たって砕けろエイヤッと場当たり的に造る訳にはいかないのです。かといって、やみくもに模型を作って実験してもダメなのでした。この水槽実験をするとき、非常に力を発揮するのが次元解析という方法です。
E=MC^2 で説明しましょう。単位を合わせるのです。
Use the unit of work from E is energy. And work. ”When the mass M distance with some force (F = Mα), (L), amount of work” of says that. Here is that the acceleration α as a unit (L/t^2) are.
 So, E=MC^2 identities is
  [E] = [FL] = [M・L/t^2・L]
  ⇒ [M・(L/t)^2] ≡ [M・C^2]
said, E=M C^2 identities (physical how world's formula) is the equation, it becomes.  E=MC^2 is so it can be proven correct.
  というのはエネルギーですから、仕事の単位を用いましょう。
仕事とは、『ある力(F=Mα)で、ある距離(L)だけその質量Mを動かした時、その仕事量』のことを言います。ここでαとは加速度のことです単位としては(L/T^2) です。ですから、E=MC^2 の恒等式は、
  [E] = [F・L] = [M・L/T^2・L]
   ⇒ [M・(L/T)^2]≡〔M・C^2〕
だとなって、 = M C^2 という式が恒等式(どの世界でも成り立つ式)であることになる。E = M C^2 の正しさはそうやって正しいことが証明出来るんだ。
Well watching the last two paragraphs of dimensional analysis in here.  (Remove M) and then reduced from both sides this M is common to each side, so the L/t ≡ C, if speed of light is constant in what world, what maximum world go, also went to the ultra-micro-small world, "Length [L] of rate of change with Time [T] of a constant rate of change' in suggests that there is.
Namely, using the principles adopted by the speed of light constant Einstein's "time in the world in the world the length has shrunk, [T] also shrink,' that things become.  Is a ship model test fit the unit based on such review, running in a reduced-size model," did I like this?"
ここで次元解析中の最後の2つの項をよく見て下さい。Mが各辺で共通してあるので、このMを両辺から約分して(取り除いて)みると、 L/T≡C となるので、光速がどの世界でも一定であるならば、どのような極大世界に行っても、また極ミクロの小世界に行っても、『長さ〔L〕の変化率と時間〔T〕の変化率とは常に一定』であることを示している。
 即ち、光速一定というアインシュタイン氏が採用した原理を使えば『長さが縮んだ世界では、その世界で進む時間〔T〕も縮む』ということになる。船模型実験は、こういう検討を基に単位を合わせて、縮小モデルで実行されているのです」と、このような説明をしてあげたのでしたね。
そうです。そうでした。あれは2か月前の6月初めに、このへその館を最初に訪れた時に説明して下さったのでした」
"Yes it is. So you did. Was presented when we first visited this navel Museum June beginning two months prior to that."
"So now I spoke the example. It is now solving the exercises lol issue's two-. With the principles; the speed of light constant C≡L/T, note as much as possible to come up is problematic.”
"Teacher, it's one in the ‘KJ 100 labels adage’ not the same"
"Attentive flair. You are right. It is from the truth is only one closer to the truth in any way you can. Don't gripe, yes the label 20 export."
「さあ、例題はしゃべりましたよ。こんどは爆笑問題さんの二人が、演習問題を解く番です。光速一定の原理C≡L/T で思いつく事を出来るだけ多く述べて下さい」
「先生、それって『一人KJ法で100枚のラベルを書け』という問題と同じじゃないですか」
「よく気が付きましたね。その通りです。真理は唯一ひとつですから、どんな方法でもその真理に近づくことが出来るのです。ごちゃごちゃ言わずに、はい、ラベルを20枚書き出してごらん」
1,"C is the speed of light that you know. It was going to go at speeds of 300,000 Km per second,"
2," around the Earth 7.5 turns got to. They know this in elementary school."
3,"the light reaches the Earth from the Sun 8.3 minutes that such calculations"
4," I wish I was going to be until the end of the distance from the edge of the Milky Way Galaxy to represent in the distance light could fly on the one-year. It is a principle of the speed of light constant."
5," distance of the farthest reaches of the Galaxy or universe, Milky Way, 13,700,000,000 light-years or 13,800,000,000 light years away or just do not."
6," Flying orbiting electrons around the atomic nucleus, but even that observation it is impossible, but I'm sure. But 300,000 Km/sec to fly around in that small nucleus, and tens of thousands of times? It multiply million? "
7,” the "don't do stupid calculation. Not turn out, only tangentially out."
8," but will actually orbiting electrons. There's some strange quibble physicists around, ‘It did not, but It's actually running. Not in the world of atoms and nuclei, based on principle of the constant speed of light, if it weren't the case, it would! Principles and the real truth in what kind of world that was somewhere in."
9," 7.5 turns on Earth become 7 rotating half-out, photons or electrons or electromagnetic wave, because it can be around the atomic nucleus is coming. UN? "
10, "that's right. In the world of electrons, atoms, nuclei size 300,000 Km/sec, It was not flying at the speed of light. Light with that speed of light is something near a nuclear was "just passing between!"
1「Cって光の飛ぶ速さのことだよな。1秒間に30万Kmの速さで進むんだったよな」
2「地球の周りを7回転半するんだ。これは小学生でも知っているよ」
3「太陽から地球に光が届くには8.3分かかる計算になる」
4「銀河系の端から端までの距離は、光が1年間に飛んでいける距離で表現するんだったなあ。あれも、光速一定の原理だぞ」
5「銀河団とか宇宙の最果ての銀河からの距離も137億光年とか138億光年とかで表しているだけじゃあないか」
6「原子核の周りを電子は回っているけど、あれだって、観測は不可能だけど、飛んでいることには違いない。でも、30万Km/sec のスピードであの小さな原子核の周りを飛ぶとすると、何万回?何億回飛び回れるんだ?」
7「そんな馬鹿な計算はないよ。曲がり切れなくて接線方向に飛び出していくだけさ」
8「でも、実際に電子は回っているのだろう。物理学者は変な屁理屈をこねて、回ってなんかいない、って言ってるけど、実際に回っていることは確かだ。でなきゃ、原子や原子核の世界では、光速一定の原理は成り立っていない、ってことになるぞ。本当の真理とはどんな世界でも成り立つという大原則がどこかにあったな」
9「地球を7回転半できるのだから、原子核の周りも光子や電子や電磁波は、7回転半出来るということになる。ウン?」
10「そうだよ。電子や原子や原子核サイズの世界では、30万Km/sec なんて光速では飛んでいないのだよ。そんな光速を持った光は、原子核のそばなんかあっという間に通り過ぎていくだけなんだ!」

 すごいね、爆笑問題さんの二人は。たった10枚のラベルを書いたところで、佐藤勝彦先生や、村山斉先生の考えも及ばなかった結論にたどり着いてしまったじゃないか」
"Wow, lol problem, you wrote only 10 sheets of labels, Katsuhiko SATO, Hitosi Murayama( Lawrence) were also unthinkable conclusion reached, it's not?"
"Fibonacci boya big teacher training result is."
"You could convince the principle in the small world of the speed of light constant. Look so describes the principle of the constant speed of light from distant Galaxies,"
「フィボナッチ坊や大先生の指導のたまものですよ」
「小さい世界での光速一定の原理は、納得できましたね。では今度は、はるか遠い銀河団からの光速一定の原理を説明してごらん」
11," principle of the speed of light constant in the world of atoms and nuclei size speed 300,000 Km/sec in the world we are living with an analogy has been established at a rate much smaller than. That means that the principle of the constant speed of light in the world exceeds the size of the Milky Way as proportional to the Galaxy size, time axis extends good's,"
12," isn't it time scale have to be roughly proportional to its size depends on a certain distance and speed, can run in seconds from the Galactic size length if? "
13, ”see that?, and the speed of light from the Galaxy cannot be observed only to the point where, by any chance, typical dimensions becomes 5 billion light-year or 10 billion light-years long. And will be proportional to its length, the longer time scale has established the principle of the constant speed of light? "
11
原子や原子核というサイズの世界での光速一定の原理は、我々地球人が住んでいる世界での光速30万Km/sec よりもはるかに小さい速度で成立していると類推がついた。ということは、銀河のサイズを超える世界での光速一定の原理は、銀河サイズに比例したように、時間軸の目盛りが伸びればいいということだよな」
12
「速度とは、ある一定の距離を何秒で走れるかで決まるんだから、代表長さが銀河サイズならば、そのサイズに比例して時間目盛りが大まかになればいいんじゃない?」
13
「ということは、銀河も点にしか観測できないところのからの光の速度とは、ひょっとして代表寸法が50億光年とか、100億光年という長さになるのかな。そしてその長さに比例して時間目盛りが長くなっていれば、光速度一定の原理が成立していることになる?」
 Your reasoning power is outstanding. Physicist's to shame. You're exactly right. From childhood on, Einstein's theory of relativity figured out so that you had measured or measure the length of the Earth's space for about 100 years until today. Pitfalls are the constant representative noticed, because according to the length of time axis tick mark intervals is growing. They were taking a NAP for 100 years! I'm.  It's that even Einstein realized in his later years, but he did not dare quibbles. Quietly, "lifelong greatest imprudence was' say, tongue out, showed the antics!
 君たちの推理力は抜群だね。物理学者は顔負けだよ正にその通りだよ。要はね、アインシュタインが相対性原理を考え出した頃から今日までの約100年間は、地球の物差し長さでもって、宇宙を測っていたという訳だ。落とし穴は、代表的な長さが長くなるにしたがって、時間軸の目盛り間隔も伸びているのだってことに、気が付かなかった。彼らは100年間居眠りしていた!って訳だよ。 アインシュタインも晩年には気が付いたのだけど、あえて強弁をしなかったという訳だ。静かに、『生涯最大の不覚であった』と言って、舌を出しておどけてみせたのさ。
"Is the dimensional analysis and the way it was. I could once again "
" still I don't know? How far we praised?"
"Would be invisible to the eye is the time axis. The invisible scale we could see in my mind. We’ve got it. It be complimented by the Fibonacci Professor's."
" is enough. Some insightful, and sees things "
 Up there in the end, you realize it. It's not speaking physicist, well you guys just like to reach, so far.
次元解析とは、そういうことだったのですか。改めて得心がいきました」
「まだわかんねえぞ、どうしてそこまで我々はほめられたんだ?」
「時間軸の目盛りなんて目に見えないだろ。その見えない目盛りを我々は心の中で見ることが出来た。悟れたってことだよ。それをフィボナッチ大先生は褒めてくれたのだよ」
「なあるほど。慧眼で物事が見えるようになったという訳か」
そこまでついに、悟ったのだね。これは物理学者も君たちと同じような悟りの境地に達するのも、そう遠い話しではないね。
“Teacher, do you think, ‘among physicists around the world who, thus noticing?’”
"Most likely will be, Dr. Katsuhiko Sato. A Professor Hitoshi Murayama will be the next.”
“See why the 2 people's no. 1 and no. 2, is expected to do?"
", Blogged about it, I have to book cites massaged their students read this blog," Professor Sato (Professor Hitoshi Murayama), book and your name popular flying Internet world.' I tell people exactly because I. From the teachers went relegated to position cannot be ignored, and likely to be taken, as their job is to think about seriously. "
「先生、世界の物理学者の中で誰が最初に、このことに気が付くと思いますかこの悟りの境地に達すると思いますか?」
「可能性が一番高いのは、佐藤勝彦博士だろうな。その次が村山斉教授だろうな」
「どうしてその2名が1番乗りと2番乗りだと予想されるのですか?」
「それはね、私が盛んにその著書を引き合いに出して、ブログに書いたもんだから、彼らの教え子たちが当ブログを読んで、『佐藤教授(村山斉教授)、あなた方の名前と著書とが盛んにインターネット世界を飛び交っていますよ』って知らせる人が必ず現れるからだよ。そうすると、先生方は無視することが出来ない立場に追いやられて行き、自分の仕事として真剣に考えるようになっていかれる可能性が高いからだよ
「フィボナッチ先生は最近、日本語と英語を平行してブログ発信して来られていますから、世界は広いようで、狭い。外国人例えばユダヤ人の物理学者が、一番名乗りを上げる可能性もありますね」
「そうあって欲しくはないですな。実験物理学者でも地球物理学者でも、天体物理学者でもだれでもいいから、日本人に一番最初に「分かった!」と、手を上げて頂きたいですね」
「それこそ、『神のみぞ知る』ということなのでしょうね」
 2016 8/31 Hiro. Oyama (大山宏)
"Fibonacci teacher recently, parallel English and Japan blog is the outgoing come are from world-wide, and world is narrow. May foreigners for example Jewish physicist most up to's' "there is no want to be a. Good experimental physicist even Geophysicist, astrophysicist who, from the very first ‘found!’ And you want to please raise your hand!”
 "that means "God only knows"; what it would.”
2016 8/31 Oyama, 2020/ 02/23 renewal 

| |

« 「宇宙が拡大している」ってのは嘘だったの?宇宙項の正負と[ZERO].Say "Space is expanding" to Lawrence was lying? Sign(±) of the cosmological and [0]. | トップページ | ダークマターやダークエネルギーは独楽回転の亡霊であることの証明。Dark matter and Dark energy is proof of ghosts in the top rotation. »

R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸」カテゴリの記事

コメント

船久保公一先生へ。
 約1年前にこの記事は、村山斉先生と佐藤勝彦先生にアピールした記事ですが、未だに両先生は事の重大性を認識なさっておられない様子です。
船久保先生、チャンスだと思いませんか?
コペルニクス的な発想の大転換をなさって、ノーベル物理学賞を狙われては如何ですか。陰ながら応援させて頂きます。
ともあれ、E=MC^2 の次元解析ってお話しは興味深かったでしょ。
 最先端に遅れまいと必死になるよりも、小中学生に戻った気持ちで身の回りを改めて見てみると、意外な発見があるものです。『裸の王様』と子供たちに笑われないようにしたいものです。(言葉が過ぎました。ごめんなさい)。
 佐賀大学の先生の教室をいつの日か訪れてみたいな、そういう親近感を持って公開講座を読ませて頂きました。感謝!

投稿: 大山宏より船久保公一先生へ | 2017年6月 2日 (金) 06時12分

内容としては理解できます。
しかしこのような対話形式をとる意味が不明です。
知識のある人間が中学生、一般人のふりをして授業を受ける様はあまり美しくありません。
ご自身の論を粛々と展開される方が、よろしいのではないでしょうか。
miyamoさんへ 大山宏です。コメント有難う。
私は、貴方のコメント文を読ませて頂いて、大変ありがたく思いました。
第一の喜び:miyamaさんが、『内容としては理解できます。』と、書いて下さったことです。あなたは文系の人ですが、ことロマンあふれる宇宙分野に興味を持っておられる人々が100万人おられるとして、あなたがトップクラスの理解力と創造力とを兼ね備えた人物だと思えるからでした。自信をお持ちください。
第二の喜び:世界的に名の知れた大学教授の方々に嫌々ながらも読んで頂ける(目を通して頂ける)環境に大衆ブログ文化が育って来た可能性を感じたからでした。普通、大学の先生や出版社に論文を送り届けても「(こんな論文は毎日腐るほど送り付けられて来る)と、ゴミ箱に直送されてしまうのが常なのです。返事なんかまず日本人は書きません。『受け取りました』の返事は日本人からはめったに返信されないのでした。
 外人はちょっとでも読んで自分に得るものがあったら、「一行コメント」を書いてくれる人が多いのです。自国語に翻訳して読んでくれている人までいるから、私のブログは検索キーで探しあてた検索結果のトップ記事になるのです。ウィキペディアよりも上に私のブログがランクアップされることもしばしばです。
 嫌々でも読んで下さることは、まことに有難いことなのでした。
 さて、『知識のある人間が中学生、一般人のふりをして授業を受ける様はあまり美しくありません。ご自身の論を粛々と展開される方が、よろしいのではないでしょうか。』に関しては「読後感が良くありませんよ。」との意見と、解釈しました。確かに美しくはありませんね。でもね、私は「分かってしまえば当たり前!」ということを、ご専門の方々に御示唆申し上げているのです。そりゃあ、『分ってしまえば当たり前のことに、自分は何故これまで気が付かなかったか』という思いに至った場合には、人はそれを指摘して来た人を感じの良い人とは思いません。自分の非を鋭く指摘されたのでしたらなおさらです。
 でもね、miyamoさん、本当に世の中がひっくり返るような論文や提案は、最初は、あらゆる人々からの大反撃をくらい、場合によっては大学の椅子さえもはく奪されるのです。
 直ぐに「あなたの意見に賛成です。」となる論文は実はたいした意味は持っていないのではないでしょうか。
 ウェゲナーの大陸移動説なんかは死後50年も経ってから評価され出したでしょ。コペルニクスの本が出版になったのは、コペルニクスが死亡した日だった、なんて記事をどこかで読んだ気がしますよ。
 あなたが「理解は出来ます。しかし、不愉快です」とおっしゃったのは、自分勝手な判断ですが、『これはむしろ誉め言葉に近いのではないかな』と、思いました。
 但し、不愉快な想いをさせてしまったのは事実です。ごめんなさい。無い知恵を絞ってですが、今後も読後感の良いブログ記事を書けるように、努めてまいります。これに懲りずにどしどしご意見下さい。よろしくお願いいたします。
親愛なるmiyamoさんへ。 大山宏

投稿: miyamo | 2018年2月 3日 (土) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆笑問題:宇宙空間の次元解析‘principle of the speed of light constant' 村山斉・佐藤勝彦両先生へご参考までに。Dimensional-analysis, Similarity-law, KJ-method.:

« 「宇宙が拡大している」ってのは嘘だったの?宇宙項の正負と[ZERO].Say "Space is expanding" to Lawrence was lying? Sign(±) of the cosmological and [0]. | トップページ | ダークマターやダークエネルギーは独楽回転の亡霊であることの証明。Dark matter and Dark energy is proof of ghosts in the top rotation. »