« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月15日 (火)

科学童話「てるてる坊主とフィボナッチ坊や」…Scientific fairly story Fibonacci boy and weather-doll.

 降り続く雨を見ながら、その坊やは寝たっきりのお婆ちゃんに問いかけました、「今度の遠足の日にも降るのかなあ。降って欲しくないんだけどなあ」
「天気予報はなんて言っているのだい?」
「当分の間、雨だって母さんが言ってるよ」
「それは困ったね。どうしても晴れて欲しいのかい?」
「そうだよ。雨が降ると遠足は中止だよ。教室でお花見弁当を食べることになるんだよ。野ッ原でみんなで追いかけっこ出来ないよ」
「この辺りだけ、この村の周りだけその日に晴れていればいいんだね。1つだけ方法がある」
 Slept while watching the rain falling down, the little boy was asked Grandma alone, "on the day of the excursion next fall it? But I don't want it.”
"The weather forecast is saying that it's, or not?"
"For the time being, it's saying rain mother said."
“That's too bad it is. Don't you just want sunny?"
"That's right. When it's raining, excursion is canceled. I'm going to eat my cherry-blossom-lunch in the classroom. I can't race, chasing by everyone in the field! "
"I've got around here only nice if sunny day around this village. There is only one way.”

「何かいい方法があるの?」
「あるんだよ。昔はあったのだよ。でも最近はみんな忘れてしまっている。迷信だってやらなくなってしまったのだよ」
「もったいぶらずに教えてよ。どうしたらいいのか教えてよ」
「それはね、てるてる坊主を沢山たくさん作ってやるんだよ。そうしたら、てるてる坊主が願いをかなえてくれるのだよ」
"Is there any good way?"
"There it is. It was a long time ago. But recently they have forgotten. It's gone away even superstition.”
"Tell me though. So tell me what to do "
" It's making ‘teltel-bouz’(weather-doll) lot lot do. Then, the ‘lightheadedness’ (teruteru-bouzu) make the weather for you!"

「てるてる坊主って、紙や布切れで作った丸坊主頭の人形のことだろう。どうしてあんなもので、天気が良くなるのかな?」
「理屈を言ってても始まらないよ。本当に晴れて欲しいのなら、真剣に作ってみることだよ。多ければ多いほど良い。作って軒先につり下げて飾るんだ」
「婆ちゃん分かった。ダメで元々だから、やってみるよ。多ければ多いほど良いんだね」
"'teltelbouz', bald head made of paper or piece of cloth dolls would. Why do those kind of things in the weather will be better for it? "
"You'll say to. It's seriously try if you really want clear. The more the better. You hang on the front of the House making and decorating "
"Turned out Auntie Chan. I'm doing bad is originally from. More often as good as it looks.”

 次の日、その坊やは学校に行くとすぐに先生に、「てるてる坊主をみんなで作る」という提案をしてみました。
先生は心の中で『困ったわ。授業中にみんなに“てるてる坊主”を作らせていると、校長先生や教育委員会・PTA父兄の皆さんから「何でその様な非科学的なことで大切な授業時間を使っているのか。教育指導要領に従って授業をしなさい」としかられてしまう』と思いつつ、次の様に坊やに話しました。
 The boy goes to school the next day and immediately tried and proposed making all ’teltelbouz’, to his teacher. In her mind, the teacher "made trouble. And ’teltelbouz’ made everyone in the class, from the principal and Board of education, PTA parents' or what uses classroom time in such an unscientific. According to the educational curriculum and teaching " as it is from, and, while she told the boy to.
「先生も今度の遠足には晴れて欲しいけれど、てるてる坊主はね、お家の中でこっそり作って飾ってこそ願いがかなうものなのですよ。だからね、こっそりお家の中で作っておいてね。先生もこっそり作って軒先に飾っておきますからね」
「分かった。先生約束だよ。先生も作ってね」と言いつつ、二人は“指切りげんまん”をしました。
"As you want next excursion to be sunny, I want too, though, in House secretly make is that graced the wish comes true. So you sneak in the House make it. Leave hanging in the front of the House, secretly making me too'
"turned out. The teacher promised. Make you" and say they" promised little finger "of promised.

続きを読む "科学童話「てるてる坊主とフィボナッチ坊や」…Scientific fairly story Fibonacci boy and weather-doll."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

豊栄図書館の田村さんへ。地域社会の活性化に関して一言。Regarding the revitalization of the local community, let me tell you one word.

 いつもお世話になっております。出しゃばりの大山宏です。 先日、田村さんより「この図書館の活性方法に関して何か良い方法はありませんか」との問いかけを頂きました。「私はアイディアマンですので、何でも解決策をお出ししますよ」と、答えましたら、「我が豊栄町のこの図書館は、立地条件に失敗しているように思います。山の上にあるでしょう。ここまで登ってくる人は限られているように思うのですが、こればかりはどうしようもないし、、。」と言い添えられました。
 お答えしましょう。
確かに交通の便の良い図書館は人の出入りが多くなる可能性は高いのですが、図書館とか役場(市役所)の機能は、人の生活に深く関わっているものなので、立地条件とはあまり関係がなさそうです。
 例を申しましょう。
東広島市の「中央図書館」を見て下さい。山の上にあるではありませんか。決して便利なところとは言えません。付近には古墳公園もあって、私はちょくちょくおとずれていますし、結構な人数で、大きな館内がにぎわっています。蔵書の数が多いのも事実ですが、蔵書が少なくてもにぎわっている図書館は東広島市でもありますよ。安芸津の図書館がいい例でしょう。あのへんぴな図書館ですよ。
ここの最大の明るさは、青少年向けの漫画がふんだんに備えられているのが一役買っている模様です。
 この他、町としては河内という町もさびれた田舎町ですが、図書館は結構にぎわっています。ここも、蔵書の何割かはマンガではないか、と見紛うほどに、真面目なマンガが漫画喫茶店の如くに並んでいます。
サンスクウェア図書館はにぎやかで立地条件の良い図書館です。でもマンガに関しては1階の1室に集中させてあり、二階は主に専門書です。でも、結構にぎわってます。ここの司書も大変親切で広島市内三原市からも私が読みたい図書を見つけ出し取り寄せてくれるのでした。この親切さについてはまた後でふれましょう。
 マンガの蔵書は少ないけど、明るい雰囲気の図書館の代表は、福富図書館です。隣り町の図書館ですが、ここの明るさは格別です。道の駅(湖畔の里)のすぐ近くとはいえ、決して便利な場所とはいえないのです。でも、出入りが非常に多い図書館です。
 この福富図書館の明るさにはもう一つ理由があります。それは、3~4人の女性のスタッフが、実に話しやすくて親切であり、雑談にも気軽に応じてくれるのでした。読んだ本の感想など話すと、その話にも即、応じてくれるのです。更に、「その関係なら、こんな本がありますよ。あなたなら興味深いのでは、、」と、その場所まで案内しながら、興味を引くような自分自身の読後感想を話してくれたりします。
 私は、この福富図書館で「ダビンチ・コード」を読むように勧められたのでした。
テレビでは見たことはあっても、あの本を書棚で探す気は毛頭なかったのですが、その私にその図書を借り出して読んでみようという気を起こさせたのは、若いお姉さん達の腕ですよ。私はそれから、著者ダン・ブラウン氏の虜(とりこ)になり、他の図書館からも取り寄せてもらってまでして、全10数冊の著書を読み切りました。更に、古本屋に立ち寄って「ダビンチ・コード上下」は購入まで したのです。
 「活字離れが激しい」と嘆かれる時代であり、読みたい本があれば図書館に行ってまず読んでみる、というのが現代の時代風潮です。 「1秒禅(高田明和著)」という薄い冊子本は、尾道でのボランティア時代に知った図書ですが、この本はまことに素晴らしい本であり、数回読み返しました。その文章全てをノートに書き写しての筆読まで致しました。 あの本をたびたび豊栄図書館から借り出すのが申し訳なく思うようになり、とうとう最後には、本屋さんから取り寄せてまで自分の蔵書にしたことは、田村さんも覚えておられるでしょ。
 豊栄図書館の良いところもありますよ。狭い通路ですが、そこに新刊図書が目立つように並べてあります。あれは良い工夫です。思わず手に取って、パラパラっとめくってみますよ。そして、ついでに借りていくのです。
ついこの間、新刊書コーナーで『ユダヤ人、最高の知恵(前島誠著)』のタイトルが目に留まり、借り出したのですが、半分ほど読んだところで、近所の本屋に注文番号を知らせました。読む価値がある本は、図書館で読んだ後でも買い求めるものですよ。
 福富図書館の明るさの話に戻しましょう。あの3~4名の図書館司書のお嬢さんたちは、とにかく読書好きで明るいのです。
2年前に、私は某新聞社の中国短編文学賞の応募作品を書いていました。投稿前に誰かに前もって読んでもらいたい、という衝動に駆られていたのですが、彼女たちは、勤務時間中の開いた時間や自宅に持って帰ってまで読んでくれて、一言感想を述べてくれたり、誤字脱字などをチェックしてくれたりしたのです。
 私に取っては実にありがたい存在だったのです。一度や二度(1作品や2作品)ではないのですよ、7つの短編作品の全てを事前チェックしてくれたのです。彼女たちの反応を見て、作品の内容の校正も進めましたし、大幅な筋書きの変更をした作品もありました。『7作品の内、絶対に1作品は入選するだろう』なんて確信を抱いた裏には、彼女たちの協力も大いに働いていたのでした。 こんなにも親切な図書館は、明るい雰囲気であり、繁盛するのは当たり前でしょ。
これに対して豊栄図書館は、失礼ながら明るくないのです。照明のことを言っているのではありません。雰囲気が明るくないのです。明るく感じられないのでした。 今はいらっしゃらない図書館司書の若い女性ですが、彼女や田村さんに中編小説作品の下書きを持ち込んだことがありました。あの時のあなた方の反応は、「(自分の意見はしまっておいて)『感想は差し控えたい』とか、『私はこの主人公は嫌いです』とか、『忙しくて読めないからパス』」という具合でした。中には『読んでみてはくれないか』と、声さえ掛けにくい雰囲気の司書の方もおられます。これではその図書館から、足は遠のきます。 ここのところはいいですね。良くは分からないけど、こうしたらもっと良くなるのではないかななんて、建設的で明るい反応がその人を図書館に引き付けるのです。
 そうは言っても他部署に転勤になられた司書の方は、良い情報を私に与えてくれました。「短編文学賞の応募作品7つが皆、落選の憂き目にあった。入選くせを付けたいのだけれど、何かいい方法はない?って尋ねたら、「ちょうど江田島の能美図書館が作品を募集してますよ」と言って、チラシを手渡してくれたのでした。
 これが私のささやかなデビュー作品となったのでした。彼女には感謝しています。向こうで元気にやっておられるでしょうか?
 江田島の能美図書館も島内の小さな図書館でしょう。その「小鳥」という童話集は年1回の発行ですが、地域社会と密着して広島県内の図書館のほとんどに、その童話集「小鳥を届けるまでに至っています。
「この豊栄図書館も本を発行しろ」とは言いません。『文学サークル活動を起こすべきである!』というような難題を持ちかけるつもりもありません。 ただ、『本当に心から我が図書館が活気のある図書館となって欲しい』、と望まれるなら、まず明るい方向に変身されることではないでしょうか。これは町民全体に対して言えることかも知れません。
 明るい方向とは、自分の殻に閉じこもったまま正論を吐くことではありません少々は非難されたとしても、後ろ指をさされたとしても気にしないで前に前進する姿勢が、あかるい方向なのだと私は思います。 あなたがその気になりさえすれば、周囲は付いて来ますよ。付いて来てくれますよ。自信を持って「変身」なさってみて下さい。
 勝手な事ばかり書きました。乱筆不悪。
  心から応援しています。 2016 8/3 大山宏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

週末婚の同居率・別居率。(婚活のご参考までに)。

 週末婚という言葉が生まれてからもう数年が経過しますが、今日はその関連のお話しです。
私には38年間一緒に暮らした元妻が居ました。そして現在週末婚をしている新妻がいます。現在の妻とはこの1年半の間に回も、ヨーロッパ旅行を体験して現在に至っています。
その新妻が事ある毎に元妻と自分(現在の妻)とを比較するのです。駄々をこねるのでした。
そしてこの度、彼女の仕事の関係から隣の県に引っ越してしまうことになりました。即ち、週末婚が実質的に不可能な状況になったのでした。
週末婚の定義ですか?
 ご説明しましょう。
金曜日の仕事終了直後に結婚相手の元に帰って来て夫婦生活をし、月曜日の早朝に仕事出かけ、ウイークデーは別居の生活をする形態」のことを週末婚と言うのです。
『随分と楽な結婚形態だわね』とあなたも思ったでしょう。事実、私の友人はすべて「毎週が新鮮であり いいわね。気楽な結婚生活ね。私も出来ればそうしたいわ」と口を揃えて言っています。
 この週末婚、外に出て働いているのが男性の場合には、昔から当たり前の結婚形態だったのですが、世の中は大きく変わってしまって『男性が家を守っていて、若い妻の方が週末婚を実行する』というケースが増えてきたのです。
女性の方が週末婚を実行する場合には、週末婚の定義は少々変わって来ます。
「金曜日の仕事終了直後に夫の下に帰って来て夕食を共にする」というのは変更なしとしても、「月曜日の早朝に」➡「日曜日の夕食後に妻が別居のアパートに移動」という具合に変わって来ます。
 まあ、これも週末婚の広義の解釈として許されるのでしょうね。現代はこの解釈で進んでいる様子ですのでこれも受け入れることにしましょう。
当然のことですが、妻の現住所は夫の下にあるはずです。
何故ならば、妻が別居のアパートに現住所(住民票)を移していたとしたら、それは週末婚ではなくて、別居生活をしていることに法律上はなるからです。

この事は「離婚届出書」を見れば明らかです。離婚届出書には「同居していた期間を書く」欄が明確に設けられています。
即ち、いくら頻繁に夫の下を訪れていたとしても、現住所をアパートに置いていた期間は別居扱いであり、現住所(住民票)を共にしていた期間のみが同居していた期間だとみなされるのでした。

 法律的な解釈は兎も角として、週末婚に関して同居率・別居率を考えてみましょう。

続きを読む "週末婚の同居率・別居率。(婚活のご参考までに)。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »