« 豊栄図書館の田村さんへ。地域社会の活性化に関して一言。Regarding the revitalization of the local community, let me tell you one word. | トップページ | Close Relationship [原子とフボナッチ実数列]の間の密接な関係 " between atoms and Fibonacci real column". »

2016年11月15日 (火)

科学童話「てるてる坊主とフィボナッチ坊や」…Scientific fairly story Fibonacci boy and weather-doll.

 降り続く雨を見ながら、その坊やは寝たっきりのお婆ちゃんに問いかけました、「今度の遠足の日にも降るのかなあ。降って欲しくないんだけどなあ」
「天気予報はなんて言っているのだい?」
「当分の間、雨だって母さんが言ってるよ」
「それは困ったね。どうしても晴れて欲しいのかい?」
「そうだよ。雨が降ると遠足は中止だよ。教室でお花見弁当を食べることになるんだよ。野ッ原でみんなで追いかけっこ出来ないよ」
「この辺りだけ、この村の周りだけその日に晴れていればいいんだね。1つだけ方法がある」
 Slept while watching the rain falling down, the little boy was asked Grandma alone, "on the day of the excursion next fall it? But I don't want it.”
"The weather forecast is saying that it's, or not?"
"For the time being, it's saying rain mother said."
“That's too bad it is. Don't you just want sunny?"
"That's right. When it's raining, excursion is canceled. I'm going to eat my cherry-blossom-lunch in the classroom. I can't race, chasing by everyone in the field! "
"I've got around here only nice if sunny day around this village. There is only one way.”

「何かいい方法があるの?」
「あるんだよ。昔はあったのだよ。でも最近はみんな忘れてしまっている。迷信だってやらなくなってしまったのだよ」
「もったいぶらずに教えてよ。どうしたらいいのか教えてよ」
「それはね、てるてる坊主を沢山たくさん作ってやるんだよ。そうしたら、てるてる坊主が願いをかなえてくれるのだよ」
"Is there any good way?"
"There it is. It was a long time ago. But recently they have forgotten. It's gone away even superstition.”
"Tell me though. So tell me what to do "
" It's making ‘teltel-bouz’(weather-doll) lot lot do. Then, the ‘lightheadedness’ (teruteru-bouzu) make the weather for you!"

「てるてる坊主って、紙や布切れで作った丸坊主頭の人形のことだろう。どうしてあんなもので、天気が良くなるのかな?」
「理屈を言ってても始まらないよ。本当に晴れて欲しいのなら、真剣に作ってみることだよ。多ければ多いほど良い。作って軒先につり下げて飾るんだ」
「婆ちゃん分かった。ダメで元々だから、やってみるよ。多ければ多いほど良いんだね」
"'teltelbouz', bald head made of paper or piece of cloth dolls would. Why do those kind of things in the weather will be better for it? "
"You'll say to. It's seriously try if you really want clear. The more the better. You hang on the front of the House making and decorating "
"Turned out Auntie Chan. I'm doing bad is originally from. More often as good as it looks.”

 次の日、その坊やは学校に行くとすぐに先生に、「てるてる坊主をみんなで作る」という提案をしてみました。
先生は心の中で『困ったわ。授業中にみんなに“てるてる坊主”を作らせていると、校長先生や教育委員会・PTA父兄の皆さんから「何でその様な非科学的なことで大切な授業時間を使っているのか。教育指導要領に従って授業をしなさい」としかられてしまう』と思いつつ、次の様に坊やに話しました。
 The boy goes to school the next day and immediately tried and proposed making all ’teltelbouz’, to his teacher. In her mind, the teacher "made trouble. And ’teltelbouz’ made everyone in the class, from the principal and Board of education, PTA parents' or what uses classroom time in such an unscientific. According to the educational curriculum and teaching " as it is from, and, while she told the boy to.
「先生も今度の遠足には晴れて欲しいけれど、てるてる坊主はね、お家の中でこっそり作って飾ってこそ願いがかなうものなのですよ。だからね、こっそりお家の中で作っておいてね。先生もこっそり作って軒先に飾っておきますからね」
「分かった。先生約束だよ。先生も作ってね」と言いつつ、二人は“指切りげんまん”をしました。
"As you want next excursion to be sunny, I want too, though, in House secretly make is that graced the wish comes true. So you sneak in the House make it. Leave hanging in the front of the House, secretly making me too'
"turned out. The teacher promised. Make you" and say they" promised little finger "of promised.

 その坊やは家に帰り着くなり、お母さんに言いました「ねえ母さん、てるてる坊主を沢山作りたいんだけど、布切れを分けてちょうだい」
「そんなことしたって天気は変わらないわよ。裁縫(さいほう)なんかしたことないから布切れなんて物は、家にはないの。ああ、お婆ちゃんなら持っていらっしゃるかもしれないわ。お婆ちゃんに分けてもらいなさい」
 Get the boy home, and said to MOM, "Hey MOM, as I want to make many ’teltelbouz’, so many separate piece of cloth, give me"
 "If you do such things, the weather doesn’t change. For sewing (recess) I was not like piece of cloth is not at home. Oh, if my grandmother could have done. Please get into Grandma.

 坊やはお婆ちゃんの部屋で“てるてる坊主”を作ることになりました。
ハサミも出してくれました。坊主頭に目鼻を描くため、お婆ちゃんは習字の墨(すみ)もすってくれました。
こうして10個の“てるてる坊主”が完成しました。お婆ちゃんに教えてもらった通りに、お婆ちゃんの部屋の軒先にそれら10個を並べて飾りました。二人は大満足です。
 He was to make ’teltelbouz’ in the room for Grandma. Pair of scissors also helped for him out. To portray her shaved head, Grandma told him carbon-smoke even calligraphy ink. Thus the "sunshine-doll” of 10 has been completed. As Grandma taught side by side made them 10 in front of Grandma's room. They are very happy.
 遠足の前日は激しく雨が降りました。
しかし、その雨は夕方には止み、曇り空に変わって次の日の朝起きてみると、太陽が顔を覗かせていたのです。坊やはお弁当を持って、元気に家を飛び出して行きました。It was raining heavily on excursion the day ago. However, the rain stopped in the evening turns into a cloudy sky and awoke the following morning to find, and glimpse the Sun was. He has lunch, cheerfully went out of home.
 学校に着くと、さっそく先生に言いました、「先生も“てるてる坊主”をこっそり作ってくれたんだね。おかげでこんなに良い天気になったんだ。ありがとう」
先生は一瞬キョトンとした顔をしましたが、てるてる坊主をこっそり作る約束をした事を思い出して、(本当は作るのが面倒で作らなかったのに)「ええ、ええ、先生も願いを込めて作ったわよ。お陰でこんなに良いお天気になりました。良かったわね」と応じました。 友達のみんなも久々の好天気に大はしゃぎの一日でした。
 Arrive at school and immediately said to the teacher, "teacher, you made ’teltelbouz’ secretly, too. Thanks. we got in good weather. Thank you"
Remember she momentarily blankly face, but secretly make it (really is making trouble, did not make it.) "Yes, Yes, the teacher wishes, I made. Thanks to good weather. Good!" and responded. Everybody was excited one day in good weather for a long time.

 その日の夕食のとき、いつもの天気予報の番組でした。各地で大雨が降った模様でした。被害も出て、けが人も何人か出たと、そのアナウンサーは話していました。しかし、どういう訳か、坊やの住んでいる地方は晴天だったと天気図が出ているのです。
 When the dinner of the day was the daily weather forecast shows. It rained throughout the pattern. No harm came to and left some injured people, the announcer was talking. However, had the weather map and country for some reason the boy was fine.
 坊やは不思議に思って一緒に食事しているお母さんやお父さんにたずねました、「ぼくらは晴天の遠足が楽しめたのに、どうして大被害があちこちで起こったのかな?不思議だね。
ああ、分かった。てるてる坊主を作ったのが、お婆ちゃんと僕(ぼく)と先生だけだったからだ」
 Boy wonder, and asked, them ;having dinner together MOM and dad, "even though we enjoyed the excursion of fine weather, how the disaster happened here for?? is mysterious. Oh, I see. Body made the sunshine doll was just Grandma and me and the teacher.
 お父さんとお母さんとは目と目を合わせながら、一瞬、間を置いて、坊やに答えました、

「そうかもしれない。てるてる坊主さんが願いをかなえてくれたのかも知れない。でもね、周囲で被害が出ていることまで“てるてる坊主さんのお陰だ”ということになると、てるてる坊主さんが『有難迷惑だ』と思うことになるんだよ。注意しようね。秘密にしておくんだよ」
And MOM and dad pause, aligning the eyes for a moment, to the boy answered, "maybe. It may have of me is. Brad's wishes come true. But, around the damage there was far "thanks to Brad, it" that that would win over ’teltelbouz’ shaved, ‘I'm going to be laughed’ I think. You try to pay attention. Secretly, you've."
 坊やは不満でした。そこで一人離れて食事していたお婆ちゃんの部屋へ行ってたずねました、「お婆ちゃん、どうして“てるてる坊主で天気が変わる”ことをみんなは信じないのかな。ぼくは今回の1回だけの経験で、お婆ちゃんが言ってた『てるてる坊主で天気は変わる』ということが信じれたのに」 He was frustrated. So we went away solo, had dinner with Grandma's room and asked, "Grandma, why" change the weather by ’teltelbouz’" they do not believe in it. I experience this once, said Grandma could believe that "the weather change in the sunshine doll'.
「それはね、誤った科学の使い方をしている世の中に変わったからだよ。天気予報は最近よく当たるようにはなって来た。特に数か月先の長期予報や、数日前の週間予報も大筋では当たるようにはなって来た。しかし、明日の予報、特に、ある地方の予報となると『当たるも八卦当たらぬも八卦』という状態なのだよ」
"Because, in the world are using the wrong science changed it. Weather forecast came yet recently hit well like. Long term forecast for particular months or how many came become week days before even forecast he hit. But tomorrow's forecast, in particular, the regional forecast "hit Bagua or Miss Bagua ' that it is a State"
「はっきりそのことを天気予報でも言えば良いじゃないか。みんなもどうしても晴れて欲しい時には“てるてる坊主”を作って願えばいいじゃないか。雨が降って欲しいときにも、てるてる坊主にお願いすればいいじゃない」
"Clearly that put the weather man or not good. 'Teltelbouz' makes everyone really want a sunny time, desire or not. 'Teltelbouz' If they ask him whenever they want if it rains, they should pray ‘the rain to come please? "
「みんながみんな、自分勝手なことをお願いするようになっても、てるてる坊主さんも困ってしまう。実はね、
昔は西の空を見ながら畑仕事をしたり山仕事をしたりしていたんだ。西の空は見えたとしても、せいぜい
30Km先までしか見えないのだよ。その西の空が数時間後に自分の頭の上の天候になるんだ。馬鹿な科学者連中の言い方では“確率的にそれが正しい”のだけれど、これが曲者(くせもの)でね。本当に切羽詰まった時には、念力で『雨よ降るな』って天にお願いすれば、その念力で確率が変化するんだよ。
山の中や畑に出ている時に“てるてる坊主を作っている暇はない”から念力だけを天に向かって発するのだよ。そうしたら願っている人に都合の良い方に天気は変わる確率がグーっと高まるという訳だよ」
"Now, asks everybody all the selfish, young priest who's also at a loss. Actually, was watching the sky in the West while working on the farm or mountain or work, I. I even looked in the Western Sky, invisible at best only 30 Km away. It's going to weather on my head after a few hours the Western Sky. Stupid scientists guys say "probabilistic it is legitimate", though in this Sunday habit one suspicious person. Teleport in when the chips are really down "rain, rain" is likely changing the teleport if heaven if you ask, I'm. When you are out in the mountains or fields, rise toward the heavens only teleports from "no time making ’teltelbouz’". It's mean to anyone who wishes you the good weather is more likely to change much.
「それって科学じゃない?科学的な事実として、どうして皆は認めないのかな?」
「そこが問題なのだよ。現代人の盲点だよ。
その事実を認めてしまうと、困った人々が多く出て来る。
 まず天気予報官が困る。
地方
/地方の天候を細かく予報しても、それが大幅に外れて局地的な大雨が降ったり竜巻が発生したりして、その責任問題が発生して来る。
"It's not science? of scientific fact is why not everyone?" "It's the problem. It's the blind spot of the modern.  Embarrassed and would accept the fact that people come out more. First of all, do not want weather forecasters. Regional / local weather forecast closely and it out greatly on local rainfall or occurring tornado, comes the liability problem occurs.
坊やが『明後日は遠足だから晴れにして下さい』と、てるてる坊主にお願いしたから『よしよし』といって、この地方は日本晴れになったけど、お天道様には『どこもかしこも全て日本晴れにする』ことは無理なのだよ。だから、
雲の流れをちょっとだけ(ちょっとずつ)変えて、この地方には前日に大雨を降らせて今日は雨を降らせなかった。周囲の地方には、前日に降るべき雨を先送りして今日の昼ごろにドカッと振り落とした、という訳なのだよ」
It's impossible because "Yoshi-Yoshi(OK-OK)" Sonny "from tomorrow's trip to sunny' and asked to teruterubouzu region was glorious, but rises "everywhere all glorious to be'. So change the flow of the clouds just a little (little by little), not to rain today in this region ago heavy rain to come. It is a mean to put rain on the previous day in the surrounding countryside, has tossed at around noon today, "
「ということは、ぼくが願ったから今日は晴れたけど、周囲ではそのとばっちりで集中豪雨になったということ?」

「ハッキリ言えばそういうことだよ。念力で物事が変化するなんてことは一昔前では常識だったのだけれど、今の世の中では、それを言うと排斥され馬鹿にされるような時代に変わった。
 西洋ではね、天候を変えたり奇跡をたびたび起こせる人は魔女って呼ばれる。そして捕まえられて火あぶりの刑にされた人が過去に何百人も何千人も居るのだよ。

私は、火あぶりの刑になんかされたくないので静かにしていて、あの世に行くのを待っているのだよ」
"That means today is sunny, I prayed, but torrential rain made the by-blow around?" "It's clear speaking.  Changed during the teleport to change things that common sense was a decade ago, but in today's world, say it would be the fool. Called Witch's hit in the Western world, changing weather conditions, and often can do miracles. And it's people were burned at the stake, being caught there thousands hundreds of people in the past. I'm waiting because I was burned at the stake I want to be quiet, to go to heaven.
「そんなさびしいこと言わないでよ、お婆ちゃん。長生きしてよ。もっともっといろんなこと僕(ぼく)に教えてよ」
「そうだね。何時でもこの部屋においで。坊やは物分かりが良いので話し甲斐があるよ。
そうだ、1つだけ注意しておくけど、てるてる坊主の話はごく親しい友達だけの間で話すこと! 他の人達に話したって気違い扱いされるだけだからね」
"Lonely say'm a grandma. I'll live longer. More and more things I'll tell me "" yeah you're right. At any time you come into this room. Speak reasonable good boy so it will be worth. Yes, but keep in mind only one story Japanese speaking among very close friends only! Just being treated like mad to talk to other people.
「分かった。ぼくが大きくなって科学者になった時に『念力で世の中を平和に出来る』ことを証明してみせる。それまで大事に取っておくよ」
「それがいい。あの世で応援しながら、坊やのやることを見ているよ。お休み」
「おやすみ、お婆ちゃん。また明日ね!」
       童話:てるてる坊主  おしまい。
"Turned out. I was getting bigger when the scientist "teleporting world peace ' can prove. So keep it up. "it's nice. I'm looking at do son cheering in the other world. Good night, boy."
"Good night, my grandmother.  Also see you tomorrow!"
 Fairy tales: ’’teltel-bouz’ END.
この童話は児童文学誌「小鳥」へ応募した作品でした。
哲学・心理学と物理学の融合を試みられている皆様のご参考になれば幸いです。
 20172/19 Hiro.Oyama 大山 
This fairy tale was the works submitted to the journal of children's literature [bird].  We tried the fusion of philosophy, psychology and physics please refer to become appreciated. 2017, 2 / 19 Hiro.Oyama

|

« 豊栄図書館の田村さんへ。地域社会の活性化に関して一言。Regarding the revitalization of the local community, let me tell you one word. | トップページ | Close Relationship [原子とフボナッチ実数列]の間の密接な関係 " between atoms and Fibonacci real column". »

z てるてる坊主」網戸」」カテゴリの記事

コメント

 懇意にしてもらっている占師に、久々に会いに行きました。『そろそろ帰ろうかな』って思った時に、彼女が『家に来て頂いた多くの場合、昼から話始めて真夜中までお話する事も多いのです。そら、雨が降り出したでしょ。もう少しゆっくりして下さい』って言った直後に大雨が降り出しました。 「そうですね。雨上がりを待ちましょうか。あなたも天候を左右する超能力者なのですね。」なんて雑談をしている内に、雨が止み、私はお暇したのです。
 丁寧に挨拶を交わし、その占師の家が見えなくなったら急に大粒の雨が降り始め、5分間が過ぎました。その後は、暑いほどのカンカン照りが続いたのでした。
 私は笑ってしまいました。 確かに彼女は天候を左右する能力を具えていたのでした。 私たち2人は、天候を左右しつつ、会話をしていたのでした。不思議なお付き合いでしょ。
 このお付き合いは、今後も末永く続くと確信しています。
2019年7月16日、大山宏

投稿: 占師も超能力を持っていらっしゃいます。 | 2019年7月16日 (火) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科学童話「てるてる坊主とフィボナッチ坊や」…Scientific fairly story Fibonacci boy and weather-doll.:

« 豊栄図書館の田村さんへ。地域社会の活性化に関して一言。Regarding the revitalization of the local community, let me tell you one word. | トップページ | Close Relationship [原子とフボナッチ実数列]の間の密接な関係 " between atoms and Fibonacci real column". »