« Fibonacci-sonny is now今、エッフェル塔タワーを築こうとしています。trying to build his Eiffel Tower. | トップページ | 時空間の次元をたたみ込む手法。Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful. フィボナッチ実数列が便利で有用! »

2017年2月22日 (水)

時間軸(T)は空間の長さ比例で伸び縮みしているのですよ。the Time Axis (T) is the stretch in length proportional of space.

 村山斉先生、先生のお書きになった「宇宙は本当にひとつなのか(BLUE BACKS)」を改めて読み直してみました。相転移のことは書かれていませんでした。相転移の話しを書かれたのは佐藤勝彦先生の方だったのですね。失礼しました。
それは兎も角として、先生の著書をお見直してみて、改めて最新宇宙論の研究者諸氏が、宗教家とちっとも変わらない心境に陥られていることを認識しました。 その最たるものは、多元宇宙論だろうと推察しました。
 Lawrence, Sir you have written "wasn't really space or (BLUE BACKS)" tried to go back again. Phase transition is not listed. Minister Katsuhiko SATO who was written by talk of the transition so well. I'm sorry.
 Realized it years and try again seeing the teacher's book, religious and State of mind no different from once again been latest Cosmology researchers clans. Exemplified the multiverse would have suggested.
 氏によると、多元宇宙論とは「宇宙自身が一つではなく沢山ある。その数は10500乗個も候補として上がる」というお話しでした。そして「人間原理という考え方から、人間が存在できるように宇宙の条件がそろえられているのはある意味当たり前のこと。宇宙を観測するのは人間。人間が存在できる条件を満たしていないと人間が生まれません。人間が生まれないということは、観測されないので存在しない。沢山生まれた宇宙の中で、ごく稀に条件がそろった宇宙に人間が生まれ、そのような特殊な宇宙だけが科学の対象になり、私達が見ることができる」とのこと。
 
Lawrence saying, and the multiverse "universe itself there, not one. That number goes up 10 500 squared pieces as a candidate "just talked it was. And "a sense that the conditions of the universe are briefed from the idea that the anthropic principle can be human. It's human to observe the universe. Does not meet criteria that there is human and not human. So not observed that human beings do not exist. Universe space lot was born in uniform conditions are rare in humans can we see just such a special space for science to be "with it.
 この主張はもう理性科学の領域をかに超えておりキリスト教仏教など宗教家諸氏の論法(見解)とちっとも変わっていませんね。どうしてこのようなジレンマに最新宇宙論は陥ったのでしょうか? 私に言わせていただくと、アインシュタインの一般相対性原理を未だに皆さんが理解できていないところにあるためであろう ということになります。
 This claim is already surpassed Noetic Sciences area, it does not remain the same religious clans, such as Christian and Buddhist logic (view). Why this dilemma into the latest theory? And let me state that I do not understand Einstein's general theory of relativity you still to be named.
アインシュタインは「光速度一定の原理」からスタートして、「物質が存在する周囲の3次元空間は曲がっている」という予言をしたのでした。事実曲がっていることが科学的に確認された訳ですが、同時にアインシュタインは『光速度一定の原理は、物質が存在する周囲の3次元空間は曲がっていると同時に、その4次元空間の時間軸Tの目盛り(タイムスケール)も、空間長さ比例で伸び縮みしている』ということを示唆していたのでした。

『原子核の周りを電子が回るケースでは、原子のサイズに正比例して時間軸(T)も縮んでいる』と考えれば光速度一定の原理は成立して、原子核の周りを電子は1秒間に7回転半できるのです。
The Einstein was starting from the principle of the constant speed of light, so predictions are curved around the 3D space. It was scientifically confirmed the fact that there is, at the same time suggests that "the principle of the constant speed of light is bent around the 3D space and at the same time, the stretch is the 4-dimensional space time axis T tick (or time scale) in the spatial length proportional' Einstein. The established principle of the constant speed of light 'case turns electrons around the nucleus, directly proportional to the size of the atom, shrinking the time axis (T)' If you think around the atomic nucleus with e-7 turns per second is possible.

 また、『銀河世界を考えるケースでは、銀河サイズに応じて時間軸Tも拡大している』と考えれば光速度一定の原理は成立していることになるのです。
 これって『地球の周りを光は1秒間に何回転できるのか』の話しと一緒でしょ。

以前に『ブラックホールと宇宙とは相似形である』というお話しをしました。その時に使った絵を再録しましょう。
It is also thinking "in cases considering global Galaxy, Galaxy size according to the time axis T has been expanding' principle of constant light velocity will be met. This is for 'around the globe can be many revolutions per second light?' and talk with you. Earlier, "black holes and the universe and the similarity in the form' and we talked. Reprinted sign painting at that time.
Photo
147億年のかなたが事象の地平面である場合が現時点での大宇宙の姿ですが、この大宇宙の中では、光速度一定の原理が成立しているのです。It is defined as the space end 14,700,000,000, to event-horizon at this time. However, in this universe, the speed of certain principles have been established.
 シュバルツシュルト半径がÅ(オングストローム)オーダーに該当する世界が、我々が住んでいるミルキーウェイ銀河世界なのですよ。この小さなブラックホール内部には光は侵入できません。但し、そのブラックホールの極近くを通過する光は、空間の曲がりの影響を受けて観測されます。
 この極小(無限小)のブラックホールは空間上の至る所に存在していて、異次元空間を形成している。それは極微世界であり、人間の目には暗黒物質や暗黒エネルギーとして認識されるという事です。ただそれだけのことなのではないですか?
Is the Schwarzschild radius corresponding Å (Angstrom) order to the world that we live in the Milky Way Galaxy world. This small black holes inside the light cannot penetrate.  However, the light poles near the black hole through the affected by the curvature of space, will be observed. This small (infinitesimal) black holes exist throughout the space, forms a three-dimensional space. Is that it is a microscopic world, recognized as dark matter and dark energy to the human eye. Is not just in it?
 以上は無限小世界の話ですが、我々の住んでいる3次元世界とは別の3次元と考えるべきです。ミルキーウェイ(銀河世界)を超えた世界は我々の生活とは無関係の存在ですが、その極大(無限大)世界も、我々の住んでいる3次元世界とは別の3次元と考えるべきでしょう。 この無限大世界の3次元無限小世界の3次元我々の住んでいる3次元時間軸の1次元を加え合わせれば、10次元世界になるということです。超ひも理論の10次元次元数が偶然にも一緒になりますね。
Should think of the 3D world is infinitely small world story, we live 3D. Will have to think of the 3D world is irrelevant in our lives and the world beyond the milky way (Galaxy world), Maxima (endless) world also live our 3D. 3D + world 3D + infinite small infinity world is that if we live in 3D + time axis 1 d if added together, become a 10-dimensional world. Ultra 10 dimensional superstring theory and the number of dimensions will be together as it happens it.
無限大世界をシュバルツシュルト半径とする無限大世界はあるのか?』という質問ですか。
存在するでしょうね。だけど、そんな世界は考える必要性は全くありません。同時にブラックホール内部の特異点付近の世界も、考える必要性は全くありません。
この世の次元は 10次元だけで充分なのです。
 最後に、[無限小世界][我々の世界][無限大世界]の3者とつらぬいて時間軸(T)が存在していることを覚えておいて下さるなら幸いです。
 繰り返します。 光速度一定の原理、『物質が存在する周囲の3次元空間は曲がっていると同時に、その4次元空間の時間軸Tの目盛り(タイムスケール)も、空間長さ比例で伸び縮みしている』ということを示唆していたのでした。 2017 2/22 Hiro. Oyama
"Is the Schwarzschild radius and infinity world ultra infinity world? ' Is the question. It will be present. But, no need to think about the world. No need to think at the same time and the singular point near black holes inside the world.  Is the dimension of the world only in 10-dimensional enough.  Please keep in mind that pierces 3 [infinitely small world], of our world, [Infinity world, and in the end, the time axis (T) exist if appreciated. I repeat. It was the principle of constant light velocity suggests that "the bent around the 3D space and at the same time, stretch is the 4-dimensional space time axis T tick (or time scale) in length proportional space' was. 2017 2 / 22 Hiro. Oyama

|

« Fibonacci-sonny is now今、エッフェル塔タワーを築こうとしています。trying to build his Eiffel Tower. | トップページ | 時空間の次元をたたみ込む手法。Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful. フィボナッチ実数列が便利で有用! »

easy 簡単な相対性原理説明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間軸(T)は空間の長さ比例で伸び縮みしているのですよ。the Time Axis (T) is the stretch in length proportional of space.:

« Fibonacci-sonny is now今、エッフェル塔タワーを築こうとしています。trying to build his Eiffel Tower. | トップページ | 時空間の次元をたたみ込む手法。Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful. フィボナッチ実数列が便利で有用! »