« 村山斉先生、時空間の次元をたたみ込む手法。(フィボナッチ実数列が便利)Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful. | トップページ | 光子一個は長さ約1mで太さ:直径が0.0006mm。この光子が物質近傍で曲がる!One photon is approximately 1 m in length weight: 0.0006 mm is diameter. This photon bends in the vicinity of substance! »

2017年3月20日 (月)

村山斉殿,佐藤勝彦殿へ[暗黒物質+暗黒エネルギー]=70~75%が観測される訳についてThe reason why [Dark-matter +Dark-energy] was observed as 70~75% ?

 村山斉先生、佐藤勝彦先生、お世話になっております。大山宏です。
さて、全世界の物理学者の諸先生方が頭をひねっておられる[暗黒物質+暗黒エネルギー]が全宇宙エネルギーの70%75%も存在する訳に関して、大山宏案(仮説)がまとまりましたのでご報告させて頂きます。
 ブログですから長文は無理です。よってブログは数回に分けて小中学生にも理解できる形で順次発信させて頂きますが、今回は、その要点を箇条書きの形でご報告申し上げようと思います。
Dr. Hitoshi Murayama, Dr. Katsuhiko SATO, thank you.... I am Hiroshi Oyama. I will inform the idea (hypothesis by H. Oyama) is announcing its reason well, various teachers of physicists around the world who the brains to come is [Dark-matter + Dark energy], there is 70-75% of all cosmic energy comes. Long is impossible from the blog, so I think by blog in a way understandable to elementary and junior high students separately ordered, let me send my will, but this time, the point in bullet form report Kamb.
(1)、天の川銀河系の内側にある太陽系が、50億年前に超新星爆発した時点において、銀河系誕生直後には、鉛以下~水素に至るまでの間に大量の放射性元素が出来ました。そして爆発直後から原子核崩壊が始まり、ほとんど全ての放射性物質(原子核種)は安定な物質に自然崩壊いたしました。
太陽系の太陽は恒星ですが、太陽と同年代に出来たであろうと推測されるいずれの銀河系内の恒星に於いても、同様の超新星爆発を起こしたであろうと推測されます。

 それ故、膨大なエネルギーが[暗黒物質+暗黒エネルギー]として銀河系の内外に漂っている!
(1)、The solar system inside the Milky Way Galaxy is a supernova explosion 5 billion years ago at galaxy formation shortly after lead-ranging from hydrogen between very large amounts of radioactive elements. Nuclear decay began immediately after the explosion, and almost all the radioactive substances (nuclear species) are substances natural collapse has been.
 And stellar either guessed star is the Sun of the solar system, the Sun and age could even be in supernova explosions as well as inferred.
 Hence the enormous energy [Dark-matter + Dark-energy], floating inside or outside of our Galaxy!

(2)、 50億年前に太陽系が超新星爆発した時にウラン原子核やトリウム原子核よりも重い原子核種(重い元素群)フィボナッチ実数列的に出来ました。その多くは不安定な放射性物質であり、中性子が2~3個飛び込むだけで核分裂を起こし、
(2-1), ウランよりも重い放射性物質のほとんどはウランやトリウムへと収斂して行った。
(2-2), また、トリウム以下~鉛までの放射性物質は鉛へと収斂して行った。
(2-3), また、鉛以下~鉄までの放射性物質は鉄へと収斂して行った。
(2-4), 更に、鉄以下の放射性物質はそれぞれの大きさに相当する原子核種へと自然崩壊して行った。
(2)、 It was 5 billion years before the supernova explosion solar system: uranium nuclei and heavier than thorium nuclear species (heavy element group) in the Fibonacci real-sequence. That much is an unstable radioactive material, neutrons 2-3 did converge to uranium and thorium radioactive substances alone jumped up fission and heavier than uranium. (2-1), most.
(2-2), and thorium below-radioactive materials until the lead went to converge to lead.
(2-3), also lead to radioactive iron went to converge to iron.
Radioactive substances (2-4), further below the iron went spontaneously decay into nuclear species corresponds to the size of each.

(1)、(2-1),(2-2),(2-3),(2-4), いずれに於いてもE=MC^2で、時空間内に放出され蓄えられたエネルギー[暗黒物質+暗黒エネルギー]の総量は銀河系関連の全宇宙エネルギーの、約半分に相当するオーダーであった。
(1), (2-1) (2-2) (2-3) (2-4) in either E = MC ^ 2, released in the space between the total amount of stored energy [Dark-matter + Dark-energy] is equivalent to about half of all cosmic energy of the Milky Way galaxy-related orders.

 以上が仮説の要点です。詳細に関しては、初めに申し上げました様に、小中学生にも分かる形で、易しく物語って行こうと思います。なお、フィボナッチ実数列、などという言葉に関しては、1、2年前からブログで展開して来てはおりますが、明日以降、順次改めてご紹介して行こうと考えております。
なお、お急ぎの場合には、「フィボナッチ数列の実数扱い」などというキーワードで検索して頂くならばその関連のブログ記事に行き当たりますので、お急ぎの場合にはご参照下さい。取り急ぎ、ご紹介させて頂きました。早々、大山宏
 More than is the gist of the hypothesis.
I can see Elementary and middle school students for more information, as I mentioned at the beginning, let's speak easy. The Fibonacci-real-sequence progression, and that is my words that come from one or two years ago, in a blog tomorrow since I introduced I let them go.
 So, if you are in a hurry, please search on keywords that real treatment of the Fibonacci –real sequence, such as if you're at related blog posts, please see if you are in a hurry.
 Just a quick note, introduced them. That gave me access to this blogging “Adventure Light World (Hiroshi Oyama) during your busy, I am grateful.

 Thank you very much. Is the Hiroshi Oyama (real name: Hiroo Oyama)
追伸、約半分を説明しただけではないか。残りの25%(/)はどう考えているのか』という質問ですね。これにも仮説は準備しておりますが、煩雑を避けるために、後日のブログ内でご紹介させて頂きたく思っております。
P.S.  "The Only explained about half do. The remaining 25% (1/4) is thinking?' the question? Avoid the clutter hypothesis is prepared in this, in a blog at a later date to introduce would want to believe.

|

« 村山斉先生、時空間の次元をたたみ込む手法。(フィボナッチ実数列が便利)Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful. | トップページ | 光子一個は長さ約1mで太さ:直径が0.0006mm。この光子が物質近傍で曲がる!One photon is approximately 1 m in length weight: 0.0006 mm is diameter. This photon bends in the vicinity of substance! »

easy 簡単な相対性原理説明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/70199735

この記事へのトラックバック一覧です: 村山斉殿,佐藤勝彦殿へ[暗黒物質+暗黒エネルギー]=70~75%が観測される訳についてThe reason why [Dark-matter +Dark-energy] was observed as 70~75% ?:

« 村山斉先生、時空間の次元をたたみ込む手法。(フィボナッチ実数列が便利)Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful. | トップページ | 光子一個は長さ約1mで太さ:直径が0.0006mm。この光子が物質近傍で曲がる!One photon is approximately 1 m in length weight: 0.0006 mm is diameter. This photon bends in the vicinity of substance! »