« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

物質内部では、光はくねくねと曲がって進んでいる!The substance inside a light twist and bent!

 真空中の光速度はC30Km/sec で一定だということは、アインシュタイン先生を持ち出すまでもなく常識ですが、『物質内部では光はくねくねと曲がって進んでいる』と認識しておられる方は極々少ない様子です。
 その物質の屈折率をn とした場合、見かけ上の透明物質内の光速度は、VC/nという法則があるので皆さん納得しているのですが、この式は屈折率:n≡C/V と定義して整理しただけの決め事に過ぎないのですよ。
現実には(物質内では)(光子:フォトン)は、くねくねと曲がって進んでいるのです。
   簡単のために、ダイヤモンドの単結晶の透明体を考えてみましょうか。
綺麗に並んでいるために、どの方向から光を当ててもマクロ的に見れば、光速度はVで一定だった。そこでダイヤモンドの屈折率:n=C/V2.417 水の屈折率:n=1.3334(20)、と設定しただけのことですよ。紙に開けた1φ程度の小穴を通過しただけで光(光子:フォトン)は曲がるのです。物質内部を光子が通るとき、曲がらない訳ないでしょ。
  Is the velocity of light in vacuum C = 300000 not to bring Einstein teacher Km/sec is certain that towards which he recognized 'substance inside the light is bent winding and going' is common sense, but is very low.
 N the refractive index of the material, transparent material in the apparent velocity is V = C/N principle because everyone is convinced that this expression is refractive index N simply refers to the C/V, arranged just positioning things like.
 (Inside a substance) light on reality (photons: photons), zigzag is progressing.
 Consider the diamond crystal transparent, easy to do. If you look at macro also focuses the light from any direction, you are standing in line for speed of light was constant at V.
 There is a refractive : diamonds : N=C/V=2.417 , water N=1.3334(20 ) and is just set.  It is passed through the small hole of 1 diameter opened the paper but not turn optical photons (photons). Unyielding when the photon passes inside the material, why not?

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

光子一個は長さ約1mで太さ:直径が0.0006mm。この光子が物質近傍で曲がる!One photon is approximately 1 m in length weight: 0.0006 mm is diameter. This photon bends in the vicinity of substance!

「海外の怪しいブログ記事から」さんからの抜粋です。
・(自由空間中を伝搬している)電磁波は互いに直交する電場(E)と磁場(B)から構成されている。つい最近、この電場と磁場を図解したものが Web 上では 2通り存在している事に気づいた。
・一つは数多く見られ、一般的というか多数派の図。電場と磁場の位相差が 0 で山や谷の位置が揃っているもの(これは多数派なのですが、間違った絵なので割愛)。
・もう一つは少数派の下の図。電場と磁場の位相差が π/2 になっている。Photo
・当然、どちらかが間違いだと思った。つまり Maxwell の電磁方程式を元にして波動方程式を組み、電場と磁場の解を導出する際にミスったのだろうと。
Maxwell の電磁方程式では磁場の時間微分が rot E になっているから、直感的には少数派の図が正しそうに思えた。つまり磁場が sin 波形なら電場はその微分である cos 波形になるので、当然、位相差は π/2 の筈だと。
 ここでこの人のブログは中断したままとなっています。私の意見では、直感的な少数派の図が正しい!
 
 まあ、この混乱(誤用)は兎も角として、光子は「電界と磁界とが鎖のチェーンの如くに絡み合って進行」しているのです。
光子1個分の長さについて、物理精義という参考書では、
原子から出る一連なりの波の長さは数10㎝~1m前後である(P321)」、とあります。
問題は、光子1個分の太さ(半径方向の長さ)です。どの程度だと見積もれば良いのでしょうか?
 私は、以下のように考えます。半波長ぐらいと考えるのが妥当であろう。電場や磁場が半径方向に1波長分以上も遠くまで伝わっているはずは無いであろう』と考えています。 1/4波長だけ光が進む間に、電界のピークと磁界のピークとが入れ替わるのですよ。それ以上遠くに電場や磁場が延びていたのでは、回収(収容)できないじゃあないですか。
ですから、光の波長を6000=600nm 程度だとして、直径が0.0006mmであり長さが約1m、これが肉眼で見える光子のサイズということになります。
長さ1mを1とすると、直径は0.0000006 でしかないという細さです

続きを読む "光子一個は長さ約1mで太さ:直径が0.0006mm。この光子が物質近傍で曲がる!One photon is approximately 1 m in length weight: 0.0006 mm is diameter. This photon bends in the vicinity of substance!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

村山斉殿,佐藤勝彦殿へ[暗黒物質+暗黒エネルギー]=70~75%が観測される訳についてThe reason why [Dark-matter +Dark-energy] was observed as 70~75% ?

 村山斉先生、佐藤勝彦先生、お世話になっております。大山宏です。
さて、全世界の物理学者の諸先生方が頭をひねっておられる[暗黒物質+暗黒エネルギー]が全宇宙エネルギーの70%75%も存在する訳に関して、大山宏案(仮説)がまとまりましたのでご報告させて頂きます。
 ブログですから長文は無理です。よってブログは数回に分けて小中学生にも理解できる形で順次発信させて頂きますが、今回は、その要点を箇条書きの形でご報告申し上げようと思います。
Dr. Hitoshi Murayama, Dr. Katsuhiko SATO, thank you.... I am Hiroshi Oyama. I will inform the idea (hypothesis by H. Oyama) is announcing its reason well, various teachers of physicists around the world who the brains to come is [Dark-matter + Dark energy], there is 70-75% of all cosmic energy comes. Long is impossible from the blog, so I think by blog in a way understandable to elementary and junior high students separately ordered, let me send my will, but this time, the point in bullet form report Kamb.
(1)、天の川銀河系の内側にある太陽系が、50億年前に超新星爆発した時点において、銀河系誕生直後には、鉛以下~水素に至るまでの間に大量の放射性元素が出来ました。そして爆発直後から原子核崩壊が始まり、ほとんど全ての放射性物質(原子核種)は安定な物質に自然崩壊いたしました。
太陽系の太陽は恒星ですが、太陽と同年代に出来たであろうと推測されるいずれの銀河系内の恒星に於いても、同様の超新星爆発を起こしたであろうと推測されます。

 それ故、膨大なエネルギーが[暗黒物質+暗黒エネルギー]として銀河系の内外に漂っている!
(1)、The solar system inside the Milky Way Galaxy is a supernova explosion 5 billion years ago at galaxy formation shortly after lead-ranging from hydrogen between very large amounts of radioactive elements. Nuclear decay began immediately after the explosion, and almost all the radioactive substances (nuclear species) are substances natural collapse has been.
 And stellar either guessed star is the Sun of the solar system, the Sun and age could even be in supernova explosions as well as inferred.
 Hence the enormous energy [Dark-matter + Dark-energy], floating inside or outside of our Galaxy!

続きを読む "村山斉殿,佐藤勝彦殿へ[暗黒物質+暗黒エネルギー]=70~75%が観測される訳についてThe reason why [Dark-matter +Dark-energy] was observed as 70~75% ?"

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

村山斉先生、時空間の次元をたたみ込む手法。(フィボナッチ実数列が便利)Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful.

 村山斉先生、お世話になっております。大山宏です。
諸先生方々が展開しておられる宇宙論で一つ気になることがあります。それは我々の実生活とはかけ離れた微小世界や、銀河系を超えた超巨大宇宙とをごちゃ混ぜにして議論なさっている事です。「ビッグバンから147億年経過し、宇宙は広がりつつある」とか「素粒子世界でどうのこうの」とかの議論は実生活には全く関係しない世界でしょ。我々の生活に影響する範囲の4次元時空間の話と、微小世界や超巨大世界の話とは分けてお話し出来ませんでしょうか。
Lawrence, we are indebted. This is Hiro. Oyama. In Cosmology that he expand the various teachers who would like one. It is a huge universe beyond the Milky way and is far from the real life of our small world and jumbled and you discuss things. "14,700,000,000 years after the big bang, the universe is expanding." in the subatomic world anything of any discussion is totally unrelated to the real world!. Talk between the 4-dimensional spatio-temporal range affects the lives of our small world and colossal would not talk, and the story of the world.
 例えば長さで言えば「原子サイズを無限小(1/)~銀河系サイズを無限大()」とする世界内に我々は生活しています。宇宙飛行士でない限り、もっと狭い範囲:「顕微鏡で見えるサイズを無限小(1/)~せいぜい地球サイズを無限大()」とする世界内に我々は生活しているとも言えます。
時間で言えば、「4大文明発祥から今日までの時間:約8,000年間」、狭く言えば「人生100年間」が大きく関心の持てる対象時間なのです。
For example speaking at length "is infinitely small Atomic size (1 / infinity) to infinity () to Galactic size" and we live in a world in. Unless you are an astronaut, more narrow range: "visible under a microscope with the infinitely small (1 / infinity)-at infinity, the Earth-sized ()" and also said that in the world that we are living. Speaking at the time, "four time from civilization to today: approximately 8000 years", is narrowly speaking life 100 years will increase interest for time.
この狭い時空間の中で、「天候が人の心の働きによって大きく変わる現象」や「病が気から起こったり、消えてなくなったりする現象」が発生しているのです。大昔からこのような現象は沢山たくさん起きているのですし、それに対して答えられる学問研究が欲しいのです。「どこかの馬鹿が核兵器のボタンを押せば」世界が滅びるというような技術の発展は有難迷惑なのです。そんな心配を人々にさせないで下さいよ。
It is in this narrow space and time, are experiencing "weather changes by the workings of the human mind phenomena" and "phenomena occur from disease, gone to Lost". There is a need study this lot happening from a long time ago and the answer for it. It is a laugh is the development of technologies such as "some idiot press of nuclear weapons", the world will fall. I'll let the people worry about that.
 さて、時空間の次元の話ですが、「宇宙とは物質やエネルギーを含めた全てだ。その空間は4次元時空間だ」とするから味噌糞一緒になってしまうのではないでしょうか。これ以下小さい世界は別世界(極小宇宙)だ、これ以上大きな世界は別世界(極大宇宙)だ、とした扱いで研究をされては如何ですか。
なるほど、(極小宇宙)、(我々の住んでいる世界)、(極大宇宙)とは滑らかに繋がってはいます。しかしオーダーが桁外れに違っているのです。同じ共通の座標軸で扱おうとすること自体に無理があるのです。
Well, is the story of the dimensions of time and space, but see everything including materials and energy and space. The space is 4-dimensional spatio-temporal "and would be in hotpot feces to become together?. This small world (small space) out of this world, no more big world is out of this world (maximum space), and the treatment, research how do. Indeed, (small space), (world we live in), (maximal universe) and is connected smoothly, though. However, order is extraordinarily different. It is that same common axes with itself is unreasonable.
 「時空間は曲がっている」というのは今や常識です。その相対性宇宙論の大元が「光の速度Cは一定だ。CL/tで一定だ」というのも常識になりました。でもこの式(CL/t)をよく見て下さい。距離(L)と時間()との比率がどの世界でも一定ですよ、って言っているだけでしょ。地球時間で等間隔に測りなさい、とか、我々地球人の長さ基準で測るべきです、なんてアインシュタイン先生は、ちっとも仰(おっしゃ)ってはいないのです。
物差しの単位長さ(L)が原子サイズでは原子サイズオーダーであり、時間軸(T)が長さに正比例してさえいれば、CL/t を満たしています。単位長さ(L)が銀河サイズでは銀河サイズオーダーであり時間軸(T)がその長さに正比例してさえいれば、CL/t を満たしています。
 要は、測る物差しの目盛りが指数関数的に変化していても、CL/t≡Const.となるのでした。
"Bent time and space" that is now a common sense. On the relativity theory is "C the speed of light is constant. C = l/t is constant "and it was common sense. However, please look at this formula (C = L/t). Just saying it's the ratio of the distance (L) and time (t) and how certain is the world. Earth hour in railways at equal intervals, and should measure in length we earthlings, not what Einstein's teacher, I say it is. C = L/t meets per unit length (L) of Atomic size order in Atomic size and the time axis (T) is directly proportional to the length.  C = L/t meets per unit length (L) Galaxy size order in Galaxy size and the time axis (T) is directly proportional to its length. Also the scale of the measures for changing exponentially, C = L/t Const. and it did.

続きを読む "村山斉先生、時空間の次元をたたみ込む手法。(フィボナッチ実数列が便利)Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful."

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »