« 時間軸(T)は空間の長さ比例で伸び縮みしているのですよ。the Time Axis (T) is the stretch in length proportional of space. | トップページ | [暗黒物質+暗黒エネルギー]=70~75%が観測される訳。 The reason why [Dark-matter +Dark-energy] was observed as 70~75% ? »

2017年3月16日 (木)

時空間の次元をたたみ込む手法。Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful. フィボナッチ実数列が便利で有用!

村山斉先生,お世話になっております。大山宏です。諸先生方々が展開しておられる宇宙論で一つ気になることがあります。それは我々の実生活とはかけ離れた微小世界や銀河系を超えた超巨大宇宙とをごちゃ混ぜにして議論なさっている事です。
ビッグバンから147億年経過し、宇宙は広がりつつある」とか「素粒子世界でどうのこうのとかの議論は実生活には全く関係しない世界でしょ。我々の生活に影響する範囲の4次元時空間の話と、微小世界や超巨大世界の話とは分けてお話し出来ませんでしょうか。

 Lawrence, we are indebted. This is Hiro. Oyama. In Cosmology that he expand the various teachers who would like one. It is a huge universe beyond the Milky way and is far from the real life of our small world and jumbled and you discuss things. "14,700,000,000 years after the big bang, the universe is expanding." in the subatomic world anything of any discussion is totally unrelated to the real world!. Talk between the 4-dimensional spatio-temporal range affects the lives of our small world and colossal would not talk, and the story of the world.
 例えば長さで言えば「原子サイズを無限小(1/)~銀河系サイズを無限大()」とする世界内に我々は生活しています。宇宙飛行士でない限り、もっと狭い範囲:「顕微鏡で見えるサイズを無限小(1/)~せいぜい地球サイズを無限大()」とする世界内に我々は生活しているとも言えます。
時間で言えば、「4大文明発祥から今日までの時間:約8,000年間」、狭く言えば「人生100年間」が大きく関心の持てる対象時間なのです。
 For example speaking at length "is infinitely small Atomic size (1 / infinity) to infinity () to Galactic size" and we live in a world in. Unless you are an astronaut, more narrow range: "visible under a microscope with the infinitely small (1 / infinity)-at infinity, the Earth-sized ()" and also said that in the world that we are living. Speaking at the time, "four time from civilization to today: approximately 8000 years", is narrowly speaking life 100 years will increase interest for time.
この狭い時空間の中で、「天候が人の心の働きによって大きく変わる現象」や「病が気から起こったり、消えてなくなったりする現象」が発生しているのです。大昔からこのような現象は沢山たくさん起きているのですし、それに対して答えられる学問研究が欲しいのです。「どこかの馬鹿が核兵器のボタンを押せば」世界が滅びるというような技術の発展は有難迷惑なのです。そんな心配を人々にさせないで下さいよ。
 It is in this narrow space and time, are experiencing "weather changes by the workings of the human mind phenomena" and "phenomena occur from disease, gone to Lost". There is a need study this lot happening from a long time ago and the answer for it. It is a laugh is the development of technologies such as "some idiot press of nuclear weapons", the world will fall. I'll let the people worry about that.
 さて、時空間の次元の話ですが、「宇宙とは物質やエネルギーを含めた全てだ。その空間は4次元時空間だ」とするから味噌糞一緒になってしまうのではないでしょうか。これ以下小さい世界は別世界(極小宇宙)だ、これ以上大きな世界は別世界(極大宇宙)だ、とした扱いで研究をされては如何ですか。
なるほど、(極小宇宙)、(我々の住んでいる世界)、(極大宇宙)とは滑らかに繋がってはいます。しかしオーダーが桁外れに違っているのです。同じ共通の座標軸で扱おうとすること自体に無理があるのです。 

 Well, is the story of the dimensions of time and space, but see everything including materials and energy and space. The space is 4-dimensional spatio-temporal "and would be in hotpot feces to become together?. This small world (small space) out of this world, no more big world is out of this world (maximum space), and the treatment, research how do. Indeed, (small space), (world we live in), (maximal universe) and is connected smoothly, though. However, order is extraordinarily different. It is that same common axes with itself is unreasonable.
時空間は曲がっている」というのは今や常識です。その相対性宇宙論の大元が「光の速度Cは一定だ。CL/tで一定だ」というのも常識になりました。でもこの式(CL/t)をよく見て下さい。距離(L)と時間()との比率がどの世界でも一定ですよ、って言っているだけでしょ。地球時間で等間隔に測りなさい、とか、我々地球人の長さ基準で測るべきです、なんてアインシュタイン先生は、ちっとも仰(おっしゃ)ってはいないのです。
物差しの単位長さ(L)が原子サイズでは原子サイズオーダーであり、時間軸(T)が長さに正比例してさえいれば、CL/t を満たしています。単位長さ(L)が銀河サイズでは銀河サイズオーダーであり時間軸(T)がその長さに正比例してさえいれば、CL/t を満たしています。
 要は、測る物差しの目盛りが指数関数的に変化していても、CL/t≡Const.となるのでした。
"Bent time and space" that is now a common sense. On the relativity theory is "C the speed of light is constant. C = l/t is constant "and it was common sense. However, please look at this formula (C = L/t). Just saying it's the ratio of the distance (L) and time (t) and how certain is the world. Earth hour in railways at equal intervals, and should measure in length we earthlings, not what Einstein's teacher, I say it is. C = L/t meets per unit length (L) of Atomic size order in Atomic size and the time axis (T) is directly proportional to the length.  C = L/t meets per unit length (L) Galaxy size order in Galaxy size and the time axis (T) is directly proportional to its length. Also the scale of the measures for changing exponentially, C = L/t Const. and it did.
 我々の身の周りで観測でされる自然法則の1つにフィボナッチ数列(1123581321・・・)
があるのは小中学生でも認識しています。このフィボナッチ数列を実数扱いすると、面白いことに原子サイズでも原子核サイズにおいても、宇宙空間サイズに至るまでの共通の物差しが出来るのでした。  要は「フィボナッチ実数列は等比数列」だったのです。
この物差しで測ると原子分子の世界では密な目盛りとなり、銀河宇宙では粗い目盛りが出来るのです。時間の目盛り間隔もそれに比例していさえすれば、CL/t が常に一定となりますね。 この目盛りカーブ(曲面)は曲がっているじゃあないですか!
 One of the law is observed in the surroundings of our Fibonacci sequence (1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21...) there is recognizes elementary and middle school students.  Fibonacci numbers are considered real funny thing is that atomic size in nuclei size, cosmic space size ranging from common yardstick is possible. Is the Fibonacci Word real is geometrical series was required. Measured by this yardstick and dense in the world of atoms and molecules can have tick marks tick marks and rough in the Galactic universe. Do you also tick mark interval of time it relative to C = L/t always becomes constant. Calibrated curve (surface) is not?!
 太陽の回りでも曲がっているし、原子分子の周囲でも曲がっているし、銀河の周囲でも曲がっているでしょ。 この空間の曲がりの影響を受けて、光が曲がって進む、ってこと分かりますね。この光が曲がる効果は小学生のあなたにも簡単に確かめることが出来るのです。人差し指を曲げて小さな穴を作って覗いて見ればいいのです。そうすると、その穴にはあたかも凹レンズが取り付けてあるかの如くに、光は曲がって進むのです。論より証拠、『だまされた』と思って自分でやってみてご覧なさい。
 Bent around the Sun in the surrounding of the atoms and molecules are bent, bent around the Galaxy's. Affected by the curvature of space, light is bent forward, I know that. It is turning this light effect can be also easily make sure your elementary school. It is a bent index finger making a small hole, good looking peeps. Light is bent, concave were installed in the hole or the like, is proceeding. I "cheated" and evidence, from theory, please see try doing it yourself.
 さて、宇宙の次元の話にもどりましょう。
我々の住んでいる世界を地球サイズ近辺で目盛りが付されているとして、原子分子付近の目盛りは見えません。でも分子原子サイズで目盛りがあるのは分かりますね。小さすぎて見えないだけのことですしかも原子分子の数ほど無数に小さな目盛りがあるのです。原子の集団が固まっているのが固体という物質です。この周りにも目盛りがあって、その物質を取り巻いているのでした。だからあなたの指で作った穴を通る光は曲がったのでした。この微小の目盛りがある世界も3次元空間です。
 Now, back to talk about the dimensions of the universe. Attached ticks in the near-Earth size world in which we live and the invisible molecules near the atomic scale. But I know of atomic-scale molecular in scale. It is too small, only the invisible things. And to the countless number of atoms and molecules is small scale. That freezes the Group of atoms is a solid matter. The scale is this around so that surround their substance. So had turned the light passing through the hole you made with your fingers. This small scale world is a 3-dimensional space.
 同様に、銀河宇宙にも大きな目盛りカーブ(曲面)があります。大きすぎて我々には見えませんが、この極大世界の目盛り世界も3次元空間です。我々の身の回りの次元も3次元です。 合わせると3x3=9次元の空間ですね。その3つの空間を貫くようにフィボナッチ実数列表示の時間軸が貫いているのでした。(合計10次元)
「銀河団の世界もあるではないか?」ですか。それに思いをはせるのであれば、+3次元を加えれば扱えます。(10+3=13次元
 「原子核や素粒子の世界もあるではないか?」という質問ですね。その場合には更に+3次元を加えて検討すればいいのです。(13+3=16次元
でもね、このように次元を増やして考えるのは物理学の専門家に任せればいいでしょう、我々の生活にはちっとも関係がない世界なのですからね。
 今日の結論:、フィボナッチ実数列(等比数列)を用いて目盛り面を作れば、曲がった時空間が見えるようになりますよ、という事です。村山斉先生、こんなところで如何ですか?
As well as in the Galactic universe big scale curves (surface). This maximum scale world is 3D space too, can't we. Dimensions around us is 3-dimensional. Together with 3 x 3 = 9 it is the-dimensional space. It was Fibonacci real column displays the time axis is sticking through the space of the three. (Total 10 d) "How is the world of galaxies?" Is it? It can handle it if I won in the +3 dimension to add.  (10 + 3 = 13-d) "Isn't that atomic nuclei and elementary particles world?" It is the question. In that case further +3 dimensions besides considering the good of it is.  Physics expert having given, thus increasing the dimensions of (13 + 3 = 16 d), too, will is a world in our lives it has nothing from it.  Today's conclusion: a Spatio-temporal bent if using Fibonacci real (geometric progression) scale to make that look, that is. Lawrence, who by the way how do?

|

« 時間軸(T)は空間の長さ比例で伸び縮みしているのですよ。the Time Axis (T) is the stretch in length proportional of space. | トップページ | [暗黒物質+暗黒エネルギー]=70~75%が観測される訳。 The reason why [Dark-matter +Dark-energy] was observed as 70~75% ? »

easy 簡単な相対性原理説明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時空間の次元をたたみ込む手法。Describe the dimensions of time and space fold technique. Using Fibonacci real column is useful. フィボナッチ実数列が便利で有用!:

« 時間軸(T)は空間の長さ比例で伸び縮みしているのですよ。the Time Axis (T) is the stretch in length proportional of space. | トップページ | [暗黒物質+暗黒エネルギー]=70~75%が観測される訳。 The reason why [Dark-matter +Dark-energy] was observed as 70~75% ? »