« [置かれた場所でさきなさい]は、哲学・心理学・物理学の融合に光を与える書となりそうです。This gives light to the fusion of philosophy, psychology and physics. | トップページ | フィボナッチ数列の面白い性質。「異次元世界は現世の相似形」The interesting nature of the Fibonacci sequence. The different dimension of the world is a similar form of mortality. »

2017年4月27日 (木)

「ものの気配?」⇒暗黒物質や暗黒エネルギーは独楽の亡霊では?"Sign of things?" How dark matter and dark energy are not spinning ghost?

概要:あなたの身体が宇宙とつながっている事をやさしく語ってみました。回転している独楽を引き合いに出して、宇宙の情報があなたにも届いていることを説明しています。『暗黒物質も暗黒エネルギーも独楽の亡霊だろう』ということを示唆しています。
Summary: I tried gently telling the things your body is connected to the universe. Explain that cites the spinning top, the information of the universe has reached you. "Dark matter and dark energy are top ghost ' that would suggest.
 小さな宇宙船の中で独楽を回してみましょう。すると、独楽の上に住み着いている微生物の目には『周りの景色の方が我々を中心に回っている!』と見えますね。反対に宇宙船に住み着いている微生物の目で見ると、『独楽が回っているのであって、自分は回転なんかしていない』と見えるのでした。

 これって、アインシュタイン相対性原理そのものです。
今、独楽の質量をM1とし、宇宙船の質量をM2としましょう。M1M2Mが、宇宙船の全質量(≃重量)です。
Let's turn the top in the small spacecraft. Then, in the eyes of the micro-organisms are settled on the top "revolves around our landscape more!' It looks and sounds. Look at microbes against settled on a spaceship and "around the top of the husband turns his ' and look so. This is Einstein's principle of relativity itself. Now the spinning mass to M1, M2 and let the mass of the spacecraft. M1 + M2 = M is the total mass of the spacecraft ( weight) is.
 最初、独楽は宇宙船内で回ってはいなかったのです。そして、宇宙船作業員が独楽を回したのです。そうしたら、独楽上の微生物は『宇宙船が回っている』と感じ、宇宙船内の作業員や微生物たちは『独楽が回っている』と感じるようになったのです。小さな宇宙船ですから、独楽M1を回そうとすると、反作用で宇宙船M2が反対方向に回ることになります。  しかしこれをUFOに乗っている宇宙人から見ると、宇宙船の動きに全く変化は観測されないのでした。
ということは、「宇宙船のほんのわずかな回転が、独楽M1の場所に逆回転の独楽で表される亡霊独楽(M1)を作っていて、その亡霊と独楽とが同時に逆向きに回転して釣り合っている」と解釈すれば合理的です。すなわち、
UFOから見ている宇宙人・独楽上の微生物・宇宙船内の微生物の3者に取って互いに矛盾のない説明になります。
  独楽が回転していない時には、亡霊の独楽は存在しているようには見えなかったのですが、独楽が回転すると同時に、逆回転する亡霊が現れて来るのでした。その亡霊とは、独楽M1を除いた小さな宇宙船内全ての質量(MM1)で作り出された亡霊だったのです。
At first, spinning around in the spacecraft, and there was. And the spaceship crew turned the spinning top. "Turns ships' feel micro-organisms on the top once, and microorganisms, the crew of the spaceship in "spinning around" and feel like it is.  KOMA M1 to turn from a small spacecraft, and spacecraft M2 turns in the opposite direction in reaction.  However from the aliens aboard a UFO which is movement of the spaceship completely unobserved change. It is made just a slight rotation of the spacecraft is represented by the reverse spin spinning top Koma M1 where ghosts Koma (-M1), that ghosts and spinning and spinning in the opposite direction at the same time, balanced, as is reasonable.  I.e., organisms have seen UFO aliens, on the top, taking three of the microorganism in the spaceship will be mutually contradictory explanation. Shade tops exist during spinning is not spinning, it was Specter to reverse at the same time turns, Koma is not seen as emergent. All small spacecraft in excluding the top M1 and its ghosts, the mass (M-M1)-making was a ghost was produced.
 分かりやすく説明するため、小さな宇宙船を考えましたが、同じことは、大きな宇宙船で考えても一緒です。それどころか、宇宙船を天の川銀河全体だと置き換えて考えても一緒の結論になります。 ということは、「小さな恒星(M1)1つが回転している事は、銀河宇宙がその恒星の場所に総体として作っている逆回転の亡霊恒星(M1)が実際にあるのだ」ということになります。
 1つの銀河の中に恒星は1000億個も存在しているそうですが、どの恒星も各々回転しています。そして、全ての恒星に対して亡霊恒星が重なって存在しています。その亡霊恒星は(M1)という質量を持っています〔質量の大きさが一緒で符号がマイナスの物質です〕。このマイナスの符号を持つ亡霊物質を全て測ると、1000億個の銀河の総質量にマイナスの符号を付けた値であることは自明でしょ。
Thought of small spacecraft to explain and easy to understand, but the same thought in a large spacecraft together. Contrary, spaceship across the Milky Way Galaxy and replaced, even if it thinks will be conclusions together. That is the thing that turns one of the low-mass stars (M1) is actually in backlash making its stellar location as the whole milky way Space Ghost Star (-M1). In one Galaxy stellar 100 billion pieces exist is, but also how stellar each spinning. And overlap the ghost star for all the stars are there. The ghost Star (-M1) and has a mean mass [mass is along the negative material is sign]. Obvious that the measured all the ghosts material with this minus sign followed by a minus sign in the total mass of the Galaxy-100 billion!

 要するに、宇宙空間に観測される銀河は、その銀河の質量にマイナスの記号が付いた質量を持つ亡霊銀河がそっくり重なっている!ということなのでした。
 何か変なこと言いましたか?  言ってはいませんね。これがアインシュタインの相対性原理を使った宇宙の説明だという事ですよ。
Galaxies in outer space to be observed in short, overlapping look-alike ghost Galaxy with mass to the mass of the Galaxy with the minus sign! That was so.
I say something funny? To say it does not. Description of the universe using Einstein's principle of relativity which means.

 ここまでは銀河宇宙の話でした。微小な異次元世界で同様なことを検討してみましょう。
原子核の周りを電子がぐるぐると回っています。電子は-の電荷を持っています。我々の世界では、ほとんど全ての電子は-の電荷を持っているのですが、+の電荷を持った陽電子も瞬間的には作り出すことができます。しかし、出来た直後に付近にある陰電子と合体してエネルギーに変身してしまうのでした。
So far was a story of the Galactic universe. Consider the same in a different dimensional world small. Around the atomic nucleus, electrons are round and round and round is. E-on has a charge. In our world, almost all e-the Positron with charge + charge is also produced in the moment that you can. However, negatron is in the vicinity immediately made and incorporated into the transform to energy.
 原子核の周りを陰電子が高速度で回っています。先ほどの議論から類推すると、陰電子が回転するのは、逆方向に陽電子(亡霊電子)を放り出した反動で前進回転し、反対側から回り込んだ場所で亡霊電子と合体して帳尻を合わせる。この繰り返しによって前進回転を続けていると解釈できるでしょ。量子力学ではこんな説明はやっていませんが、アインシュタインの相対性原理で考えると、こうなるのです。
もちろん、原子核上の微生物にとっては、『陰電子が俺の周りを回転している』と見え、陰電子の上にくっ付いている微生物の目には、『原子核やその周囲の全てが私の周りを回転している』と映るのですよね。
 それを、UFOに乗って微小世界を旅している我々の目で見ると、『陰電子は、陽電子という亡霊物質を後方に放り投げて180°回転前進し、向こうから回り込んで来た陽電子[亡霊物質]のエネルギーを受け取って借金を帳消しにするという作業を繰り返しつつ前進回転を続けている』という風に観察されるのでした。
The atomic nucleus negatron turns at high speeds. And rotate forward threw a Positron (the ghost electronics) in the opposite direction in spin from the earlier debate by analogy with negatron unites with Ghost electronics in opposite side TS fancier places, to make ends meet. You can interpret the forward rotation to continue by repeating this. It is thus not doing such an explanation in quantum mechanics is given by Einstein's principle of relativity. Of course, for micro-organisms on the nuclear "negatron is spinning around me' and the "spinning around me all of the atomic nucleus and its surroundings" reflected in the eyes of the microorganism clings onto the negatron, right?. It was observed that "repeatedly received the energy of the Positron come around, 180 ° rotating forward and tossed back the Specter substance called Positron negatron is from the other side [shade material, and to write off debts to forward rotation continued, and look at our small world traveled aboard a UFO that.
 銀河宇宙でも亡霊銀河が存在し、原子世界という微小な異次元宇宙でも、同様に亡霊物質が存在するのです。我々地球人に亡霊がくっ付いていても別に不思議じゃありません。
その亡霊とは、(銀河全体からとは申しません)地球(M)からあなたの体重(質量M1)を差し引いた物質量(M-M1)にマイナスの符号をくっ付けたものだということです。ですから、その亡霊は地球の様々な情報をタイムリーにあなたに届けているのでした。これがインスピレーションとか、『ものの気配を感じる?』というものの正体だと私は思っているのですが、如何でしょうか?
Is there ghost Galaxy or Milky way space, shade material exists small different dimensional space nuclear world in a similar way. Well we earthlings are hanging around the ghost not wonder to another. (No and from the entire Galaxy) and the ghosts that adorn the minus sign in the amount of substance (M-M1) of your body weight (mass M1) by deducting from the Earth (M). So, was delivering a variety of information on earth that Ghost is you in a timely manner. This is inspiration or "feel the signs of what?' I think that is what it is and what it is, but how?
 銀河の反物質である亡霊銀河の話に戻りましょう。
 
最近、暗黒物質や暗黒エネルギー議論が盛んですが、あれは『ニュートン力学で銀河宇宙や超巨大宇宙を分析したら、そういうものを考えざるを得ません』というだけの話なのです。アインシュタイン思想で持って考えると、小中学生のあなたにも、『あれは、独楽の亡霊だ』ってことが納得できたでしょ。
Let's go back to the story of the ghost galaxies in the Milky Way's antimatter. Recently, dark matter and dark energy debate is active, but that just says "If the milky way space and huge space analysis in Newtonian mechanics, you cannot help thinking' is. Of school you like is understood with Einstein's philosophy and think, "that's spinning ghost'? Today so far.
 2017 4/27 Hiro. Oyama
(小山広雄 

|

« [置かれた場所でさきなさい]は、哲学・心理学・物理学の融合に光を与える書となりそうです。This gives light to the fusion of philosophy, psychology and physics. | トップページ | フィボナッチ数列の面白い性質。「異次元世界は現世の相似形」The interesting nature of the Fibonacci sequence. The different dimension of the world is a similar form of mortality. »

T 哲学・心理学物理学の融合」カテゴリの記事

コメント

上記のサイトにマイナスの質量を持つ物質のことが報告されています。
今回の論と関連するように思います。
うまく援用できればいいですね。

投稿: miyamo | 2017年4月27日 (木) 15時14分

 暗黒物質・暗黒エネルギー問題の本質を突いた、ユニークな論説になっていますね。
宇宙と自分とがつながっているのが何となく分かりました。

 大山宏さんは、宗教哲学・心理学・物理学の3者を融合されようとしておられますが、案外、「独楽の亡霊」は良い着想となるかもしれません。面白い!

投稿: 小さな一人の「独楽の亡霊」より | 2017年6月 6日 (火) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [置かれた場所でさきなさい]は、哲学・心理学・物理学の融合に光を与える書となりそうです。This gives light to the fusion of philosophy, psychology and physics. | トップページ | フィボナッチ数列の面白い性質。「異次元世界は現世の相似形」The interesting nature of the Fibonacci sequence. The different dimension of the world is a similar form of mortality. »