« 村山斉様 佐藤勝彦様 堀源一郎様。銀河の端では光速は大きくなっている様子。ビッグバンは嘘だった?At the edge of the Galaxy, the speed of light seems bigger. The Big Bang was a lie? | トップページ | 村山斉様:佐藤勝彦様、異次元世界での時間軸の目盛り&ミニブラックホール・・The scale of the time axis in the world of a different dimension; & mini black hole. »

2017年4月10日 (月)

ハッブルの法則も宇宙背景放射もアインシュタイン思想を支持する有力な証拠。ビッグバンを支持するものではなかった!Strong evidence to support the fact Einstein Thought the ‘cosmic background radiation’ and ‘Hubble's law’, they were! Did not support the Big Bang!

 前回、「ビッグバンは存在しませんでした。…」とコメントしたところ、非難の声が舞い込んで来ました。仕方がないので、この抗議の声に対するお話しから始めましょう。小中学生には少し難しい話になりますから、斜め読みして下さい。最後の方に「フィボナッチ実数列」に関して小説「ダビンチコード」を引き合いに出しつつ少し語ってみました。
 実は、アインシュタインが相対性理論を発表した当時、ビッグバンという言葉はどこにも存在していなかったのです。そしてアインシュタイン自身が『宇宙は静的な存在であり、拡大も縮小もしていない』という信念を持ち続けていたのです。
 Last time, "was missing from the Big Bang. ... "And commented that it came one criticism.  Against this protest because we couldn't talk about from the start.
 It is actually, Einstein's theory of relativity announced at the time, says that the Big Bang did not exist anywhere else. And kept having the belief that Einstein himself is a static universe, is not expanding, and not even shrink.
この定常宇宙論が敗れ去ってビッグバン思想が世に定着してしまうきっかけとなった事件(科学的発見)は以下の2つです。
1
つ目が、ハッブルの法則の発見(1929)です〔遠い銀河からやって来る光ほど波長λが伸びて観測される。まるで『天体が我々から遠ざかる速さと距離とが正比例している』かのように見える。⇒宇宙が膨張し続けているまぎれもない証拠。〕というもの。
2
つ目が、宇宙背景放射の発見(1965)です〔宇宙は膨張しているという仮定の下で考えると宇宙は最初(150億年前)には小さな火の玉状態であり『その火の玉の名残りが今でもあるはず。その温度は数度(K)であろう』と予想されていた。⇒これがマイクロ波という電波として観測された〕というもの。
Incident which led left defeated the steady-state universe theory, Big Bang idea settles into the world (scientific) is two.
 First is the discovery of Hubble's law (1929) [light coming from distant galaxies than the observed wavelength λ. Looks like a "speed away from us and the celestial bodies and the distances are proportional, or.
of the universe continues to expand even without evidence. : That stuff.
 Second is the discovery of the cosmic background radiation (1965) [universe was first given under the assumption that the universe is expanding (15 billion years ago) is small fireballs state that "there still remains of the fireball. The temperatures will be several degrees (K) ' as had been expected.
This is observed as a microwave radio] is one.
 この数か月間、このブログで展開して来た内容は、1つ目のハッブルの法則がアインシュタインの相対性原理とちっとも矛盾しない、というものでした。しつこいですが、再度まとめておきましょう。

 質点の周りでは時間軸の伸び縮みが半径r比例で起こっている。〔時空間は曲がっている〕⇒元々銀河同士の距離Lは半径rに比例している。よって(銀河系周辺~無限遠方の範囲内では)、光を含めて全ての物質の速度V=⊿L /t が一定であるという関係式が出て来る。これはニュートン力学における慣性の法則に相当する概念です。
 It was that the content was deployed on this blog in the past few months, the first Hubble's the law Einstein's principle of relativity at all does not contradict. Again, what's happening.
 In the mass around, time contraction happening at radius r proportional. [Bent time and space] distance L between the original galaxies is proportional to the radius r. By (around the Milky Way Galaxy-is within the range of the infinitely distant), including light all material velocity V = L / t is certain that relations will come out. This is the concept corresponds to the law of inertia in Newton.
1
つ目の『天体が我々から遠ざかる速さVと距離Lとが正比例している』とどこが違うのか?
ここがポイントです。
速度 VL/t の式において、[ 経過時間t 地球上の我々が体感する一定の時間尺度で測る] のがニュートン力学だった。
これに対して、[ 時間軸の伸び縮みが半径r比例で起こっている]としたのがアインシュタイン思想だったのです。
What is the difference between "speed V away from our bodies and the distance L is directly proportional to that'?
This is important Point.
Speed V = l/t, Newtonian mechanics is measured on a scale of some time to experience the elapsed time t on earth we were.
In contrast, at radius r proportional happening a contraction time of Einstein's thought was is.

「相対性原理を狭めた範囲内なら、実質的にそれはニュートン力学にもなるのです(堀源一郎)
『ニュートン力学ではおかしなことになる?』と気が付いて来つつあった微小世界や銀河が多数存在している超巨大世界に対して、相も変わらず「経過時間はどこの場所にかぎらず一定のスピードで流れている」というニュートンの時間概念を惰性で使い続けたのが、根本的な間違いでした。⇒膨張宇宙論はスタート時点から間違っていたのです。〔アインシュタインの唱えた相対性宇宙論の方が正しかったのです。〕
 半径が150億光年という大きさの宇宙自体は拡大も縮小もしていなかった!
"In narrowing the principle of relativity, practically it be in Newtonian mechanics is (Genichiro Hori)" in Newtonian mechanics which oddly enough? ' And still for the small world had come with care and super giant world Galaxy exist many a time concept of Newton running at a constant speed that the elapsed time is not only the place where continued use on the coast was a fundamental mistake.
Expansive universe theory was wrong from the start. [It is advocated by Einstein's relative cosmology was right.] Didn't shrink the RADIUS size 15 billion light years away that space itself, and is not expanding!
Finished the explanation of differences in interpretation between Hubble's law.
Next discussion is about problem of ‘cosmic background radiation’.
 1つ目の「ハッブルの法則」の解釈間違いに関しての説明が終わりました。
次は2つ目の「宇宙背景放射」に関する謎解きに移りましょう。
 半径が150億光年という球を考えましょう。その球面のある辺りにも銀河が分布しています。その銀河の1つにUFOに乗って瞬間移動してみてご覧なさい。そこではやっぱり半径が150億光年の球が認識できます(地球で見たと同じ光景が広がっているでしょ)
その辺境にあった銀河Bの中の原子分子世界から光が生まれ、150億年かけて地球の属している銀河系Aにまではるばると旅して来るのです。波長λはどんどん引き伸ばされて、銀河系Aに届く頃にはマイクロ波になってしまいます。
Consider the light-years 15 billion sphere RADIUS. In the area of the spherical distributed Galaxy. One of the Galaxy aboard a UFO and movement at the moment to try out your. In there , you RADIUS 15 billion light bulb the recognition (spreading seen on Earth the same sight?).
 It is a light was born from was its frontier Galaxy B Atomic molecular world 15 billion years are part of Earth's Milky Way Galaxy A up coming travel all the way. Will become increasingly stretched the wavelength λ, reaches the Galaxy A microwave.
半径150億光年の球には無数の銀河(B1,B2,B3,)があるのですから、『半径150億光年の球の内部はマイクロ波だらけになっている』ことは容易に想像が付きますね。それ故、事象の地平線あたりからやって来るこのマイクロ波の強さは『まるでアンドロメダ銀河から届いたかの如き強さで』電波望遠鏡で観測できるのでした。それを(たまたま偶然に)、ペンジャスとウイルソンが発見したのでした(1956)
彼らはこの発見の功績によってノーベル物理学賞が与えられたのですが、解ってしまえば、その現象は超新星爆発や銀河の誕生時の爆発として解釈することも可能だったのです。
 少なくともビッグバンを強烈に支持する証拠とする必然性はなかったのでした。
宇宙マイクロ波背景放射の存在はアインシュタインの相対性宇宙論でも十分に予測できるものだったのです。
Countless galaxies (B1, B2, B3,...) in the sphere of RADIUS 15 billion LY Is so, "which has become riddled with microwave interior of the sphere of RADIUS 15 billion LY' is to facilitate transparency is. Therefore, the strength of this coming from the event horizon around "as if it came from the Andromeda Galaxy strength ' that can be observed by telescopes, so. It happened to, so Penzias and Wilson discovered that (1956).
It is, knowing they were given the Nobel Prize in physics, by merit of this discovery is that the phenomenon can be interpreted as a supernova explosion or explosions at the birth of the milky way was possible.
 There was no evidence strongly supported the big bang at least and a necessity. It is the existence of cosmic microwave background radiation was fully predictable even Einstein's relativity theory.
This is a new question, please.
 "Has been observed fluctuations in the cosmic background radiation. The fluctuation problem explained how to do? is born Galaxy also stars we are subatomic particles without fluctuations should not come "
 新たな質問ですね、どうぞ。
宇宙背景放射にはゆらぎが観測されています。そのゆらぎ問題はどのように説明されるのですか?ゆらぎがなければ銀河も星々も我々も素粒子も生まれては来なかったはずですが」
 実に良い質問です。
詳細は後日の話とし、今日はそのさわりだけを述べさせて頂きます。
あなたは『フィボナッチ数列でこの世の中は出来ているのではないか』という素朴な思想を聞かれたことがあるでしょう。例えば、『植物の葉っぱの枚数は、1,1,2,3,5,8,13,21…という具合に増えて来る』とか、『貝の渦巻きはフィボナッチ数列と関係がありそうだ』とか、『宇宙の渦巻きはフィボナッチ数列で解析できそうだ』とかいう話を耳にされたことがおありでしょう。
 This is a really good question.
Today, let me say that little, and talk at a later date for more information.
 Have you heard "in the Fibonacci sequence is the world made of? ' isn't a simple thought. For example, "number of plant leaves is 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21... Come more and more so as "and would be "whorls of the shell Fibonacci relationships and said", or "space spiral looks can parse in the Fibonacci series' story was heard.
小説「ダビンチコード」では、主人公のダンブラウン氏が、多くのページ数を割いて『フィボナッチ数列が、我々が日頃目にするあらゆる絵や現象の中にフィボナッチ数列が現れて来る』ことを述べていましたね。
Taking the number of pages in the novel "the da Vinci Code", Dan Brown's hero, had said that the "phenomena of Fibonacci numbers, but we have always to see any picture during emergent Fibonacci numbers".
現実に現れてくる数字は、葉っぱの出現枚数の例で言えば、1枚、2枚、3枚、、と整数で数えるのです。芽を虫に食われて生まれて来れなかった葉っぱもあるでしょう。半分だけかじられた葉っぱも現実にはあります。でも、生まれて来れなかった葉っぱは「0:ZERO」とカウントし、半分くらい虫にかじられた葉っぱは1枚として数えますね。そうゆう風に整数で整理したのがフィボナッチ数列なのです。
Numbers appear in reality, speaking in case of emergence of leaves, 1, 2, 3, , and reckon with integers. Leaf bud bitten by a bug, couldn't born? Chew only half the leaves that are real. But couldn't born leaves "0: ZERO" and count, half as much bug nibbled was it counts as a single leaf. So to organize in the integer that is the Fibonacci sequence.
フィボナッチ数列は飛び飛びの数値で、最小値は1ですが、無限大まで大きくなって更にどこまでも大きくなっていく数値です。どこまでも大きなものを表現できて、宇宙の銀河の数や分布までもが整理できるのです。
但し、その数は飛び飛びの数ですよ。おおよそでいえば、前の数値を
1.618倍すれば、次の数値が出て来るのです。そういう風に宇宙空間の銀河の数も位置も大きさも分布しているのです。
Following numbers in Fibonacci numbers and the minimum value is 1, but growing to infinity, to grow up where a number is. It is express big things too far, can organize even the distribution and number of galaxies in the universe. However, that number is the number of discrete. It is, roughly speaking, 1.618 multiplied before numbers, come the next number. Is the number of galaxies in space, location nor size distributed in that way.
 飛び飛びの値ですから、当然そこにばらつきが発生します。そのばらつきが『宇宙背景放射のゆらぎが発生している理由』だと解釈できるのです。
  It is stepping value, so then of course, there will cause a variation. The variation is can be interpreted with "why are experiencing fluctuations in the cosmic background radiation".  That's it for today!
 2017 4/10 Hiro. Oyama

|

« 村山斉様 佐藤勝彦様 堀源一郎様。銀河の端では光速は大きくなっている様子。ビッグバンは嘘だった?At the edge of the Galaxy, the speed of light seems bigger. The Big Bang was a lie? | トップページ | 村山斉様:佐藤勝彦様、異次元世界での時間軸の目盛り&ミニブラックホール・・The scale of the time axis in the world of a different dimension; & mini black hole. »

G・やさしい相対性原理の説明」カテゴリの記事

コメント

フィボナッチ数列の持つ黄金分割の美しさは興味深いですね。
身近なキャッシュカードやクレジットカードにその美しい長方形が応用されている点も何か因果律を感じます。
さて、大山さんの論では「地球からみて他の銀河が遠ざかっているように見えるだけだ」という主張なのですね。
『時間軸の目盛りが異次元世界では伸び縮みしている』とのことがシツコク述べられていますが、まだ納得しかねるのです。もっと直感的に理解できるようなイメージ図でも描いて見せていただけませんか?

投稿: miyamo | 2017年4月10日 (月) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/70173110

この記事へのトラックバック一覧です: ハッブルの法則も宇宙背景放射もアインシュタイン思想を支持する有力な証拠。ビッグバンを支持するものではなかった!Strong evidence to support the fact Einstein Thought the ‘cosmic background radiation’ and ‘Hubble's law’, they were! Did not support the Big Bang!:

« 村山斉様 佐藤勝彦様 堀源一郎様。銀河の端では光速は大きくなっている様子。ビッグバンは嘘だった?At the edge of the Galaxy, the speed of light seems bigger. The Big Bang was a lie? | トップページ | 村山斉様:佐藤勝彦様、異次元世界での時間軸の目盛り&ミニブラックホール・・The scale of the time axis in the world of a different dimension; & mini black hole. »