« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

銀河同士の衝突事件の真相 : 父兄参観日にてフィボナッチ女史が語る。 The truth of the collision incident of two Galaxies, in parents' day class.

概要:NASA2006年に公開した銀河衝突の現場写真を元に、暗黒物質の正体を推理します。所は、ある小学校の父兄参観日の教室です。子供たちは『あれは銀河の亡霊だよ。エネルギーの塊りが相手をすり抜けて行っただけだよ』と30分で納得してしまいます。
Overview: Galaxy collision NASA has published in 2006 construction photos, based on reason, the identity of the dark matter. Is the classroom of an elementary school parents visiting day. Are the children "! It was the ghost of Galaxy. It just went through the opponent’s energy mass "and would convince in 30 minutes.

 船久保公一先生、村山斉先生・佐藤勝彦先生へ。

このブログを読んでくれている小中学生・高校生のみなさんへ。
今日の理科の授業は、暗黒物質・暗黒エネルギーに関してのお話ですよ。
 Today's science class talk about dark matter and dark energy.
 宇宙には銀河がたくさんありますが、どの銀河も皆スカスカなのです。
どの位スカスカ状態かというと、

続きを読む "銀河同士の衝突事件の真相 : 父兄参観日にてフィボナッチ女史が語る。 The truth of the collision incident of two Galaxies, in parents' day class."

| | コメント (2)

2017年5月28日 (日)

船久保公一著『宇宙の物質の起源』を読んで。「夜空が暗い➡宇宙は逆さ富士イメージ」

概要:銀河や超銀河の重力圏をイメージすることは非常に難しいことです。何故ならその重心点には星は無いし、ブラックホールも見えないのですから。このブログでは、逆さ富士の形で重力圏をイメージする提案と紹介をしています。
Overview: Imagine a super-cluster of galaxies and Galactic gravitational sphere is very difficult. This is because black holes are invisible, and no stars in its center of gravity point. So, in this blog I have proposed that image of gravity in the form of upside-down Fuji and introduction.

続きを読む "船久保公一著『宇宙の物質の起源』を読んで。「夜空が暗い➡宇宙は逆さ富士イメージ」"

| | コメント (1)

2017年5月26日 (金)

時間軸の矢は等時間面に直交。アインシュタインがこの世に残した思想とは?Einstein's ideas: Arrow of time is orthogonal to the Equivalent-surface of time.

概要:アインシュタインの思想:『時空間は曲がっている(歪んでいる)』という思想を玉ねぎの皮に例えて小中学生にも分かるように説明しています。時間軸の矢は等時間面に直交しているのがイメージできると思います。
Summary: Einstein's thought: "bent time and space (distorted) ' of thought compared to the skin of an onion, in the elementary and middle school students, can be explained. The arrow of time, I think that image is orthogonal to the Equivalent surface of time.
 EMC^2 で知られるアインシュタインは時空間の概念を完全ひっくり返したのです。『時空間は曲がっている、歪んでいる。』どころの話ではないのですよ。
 これまで「幾何学」と言えば、3次元空間の図形をイメージして扱う学問でした。この3次元空間に追加して時間軸を持ち込んだのではなくて、まず時間軸を真っ先に設定し、その時間という次元3次元空間とを同列に扱うことを提唱したのです。
 Einstein, who is famous by E=MC^2, he tipped the concept of the space-time completely.
"Time and space is bent and distorted." Things in it is not talking about.
Was ever put "geometry" and the 3-d shape a handle. He proposed that, rather than add Time in 3-dimensional space but time brought first and set the time first and foremost, on a par with the dimension of time and 3-d.

 時間軸の矢は質点から出射し、空間長さ比例で伸び縮みしながら広がっていると述べたのです。この「時間軸が伸び縮みしながら」という概念が世の学者先生たちには、中々受け入れてはもらえないのでした。GPS衛星の時計の進み遅れのデータで時間軸が伸び縮みしている」現実を目の当たりにしている現在でも、相も変わらず宇宙論議に、地球上で体感する等間隔の時間流れのイメージ(流儀)を引きずっておられるのでした。

続きを読む "時間軸の矢は等時間面に直交。アインシュタインがこの世に残した思想とは?Einstein's ideas: Arrow of time is orthogonal to the Equivalent-surface of time."

| | コメント (1)

2017年5月23日 (火)

銀河の重力圏?「フィボナッチ宇宙の面白さ」相乗平均。Galaxy's gravity is too large? "Fibonacci space fun" geometric mean.

概要:フィボナッチ方式で算出された超銀河団の重力圏が大宇宙の150億光年を大きく上回っていることになる。大き過ぎるのではないか?という御意見に対して答えています。
答え:決して大き過ぎません。中学校で習う
2次方程式を使って説明しています。
合わせて「最大値()と最小値(1/)との中間点は?」という質問を通して相乗平均が皆同じになるというフィボナッチ宇宙の面白さを説明しています。
Summary: "you become greatly exceeds the 15 billion light-years of cosmic gravitational sphere of the supercluster of galaxies was calculated by Fibonacci methods. Too large to fit in?" are answered your opinion. Answer: never large only. Describes using the quadratic equation in junior high school. Your "minimum and maximum values () (1 /) with intermediate points?" describes the fun of Fibonacci universe that question through all mean the same.

続きを読む "銀河の重力圏?「フィボナッチ宇宙の面白さ」相乗平均。Galaxy's gravity is too large? "Fibonacci space fun" geometric mean."

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

月の重力の影響が及ぶ範囲【重力圏】スウィングバイ航法、宇宙旅行。Moon's gravity area, swing-by, Space travel.

『ウィキペディアさんは早急に「地球の重力圏は半径約290Kmであり、月はその重力圏内で地球の周りを回っています」という説明文に訂正なさるべきなのです』という文章をブログに掲載したら、クレイムが付きました。
そこで、月の重力の影響が及ぶ範囲をフィボナッチ坊や流儀で求めてみたのです。
 月の質量M3 = 7.36 × 1022 Kg
 地球質量M25.972 × 10^24 kg だとウキペディアに出ています。
M3/M2 = 7.36 × 1022 Kg
÷5.972 × 10^24 kg
   = 1.23×10-2 
この数値を、290Kmに掛け算すれば、月の重力圏(重力の影響が及ぶ範囲)は求まります。290Km1.23×10-2 = 3.6Km が月の重力圏だということになります。
随分と小さな半径であり、地球の重力圏【半径290万Km】の中にすっぽりと埋まり込んでいるのが分かりますね。このフィボナッチ流儀の重力圏定義の方が宇宙旅行には便利でしょ。例えば、
地球をロケットで出発してしばらくの間は地球の重力支配の下で飛んでいますが、月からの距離が月の重力圏【半径3.6Km 】内に入ると、地球の重力のことは忘れて月との相対運動だけを考えればいいのですからね。
これが、現在のウィキペディアさんの定義『(太陽に対する)地球重力圏の半径はおよそ26kmとなる』では、何が何だか分からないでしょ。
『それがどうしたと言うの?月までの距離は38kmあるのに26kmに何の意味があるの?
』ということになってしまいます。
 月ロケットが出発する前の航路計算の時にも、26kmという値がちっとも役に立たないでしょう?『太陽・地球・月の
3体問題』を解いて導かれた結果らしいですが、こんな複雑な定義は早急にウィキペディアを訂正すべきです、と話したのでした。 アインシュタイン思想では、『2つの天体(地球と月)の重心点が太陽を等速度で動いているのであって、月旅行をする時には、太陽のことを考えなくてもいいです』という事になるのですから、便利で分かりやすいでしょ。

続きを読む "月の重力の影響が及ぶ範囲【重力圏】スウィングバイ航法、宇宙旅行。Moon's gravity area, swing-by, Space travel."

| | コメント (1)

2017年5月17日 (水)

重力圏?慣性の法則をアインシュタイン思想で説明すると宇宙の姿が見えて来る。Gravity? Einstein's thought?

 遠心力とか向心力という言葉を使わなくても、「時空間が曲がっている」ということを使うだけで、人工衛星が地球の周りを一定速度で回ることは説明できるのです。万有引力という言葉を用いないでも、「時空間が曲がっている」事実を使うだけで天体の動きを説明できるのです。
 説明しましょう。地球も1つの星であり、その近辺の時間の進み遅れ具合は、地球の中心からの距離Rに比例して伸び縮みしています。《これは、GPS衛星の時計の進み遅れで確かめられている事実です。》
It is can be explained just by using that space and time are curved centrifugal force directed power Word without the artificial satellite around the Earth at a constant speed around.  Is using the word "gravity" "bent time and space" the fact alone, could explain the movement of celestial objects. Let me explain. Earth star, so delays around the time go proportionally to the distance R from the center of the Earth is oscillating.This is a fact has been confirmed by GPS satellite clock lead-lag.
 1個の人工衛星を2つに分けて考えましょう。地球に近い半球と遠い半球とに分けて考えるのです。
☆1、近い半球の重心点から地球の中心点までの距離を、R1としましょう。
☆2、遠い半球の重心点から地球の中心点までの距離を、R2としましょう。
この人工衛星に(こころ)があるとして、そのは『一定速度Vで、どこまでも真っすぐに飛んで行こう』としているつもりになっているのです。でも、実際には地球の周りを一定速度Vで公転しているのです。それを、「時空間が曲がっている」ということで説明できればいいのでしょ。簡単です。やってみせましょう。
1 satellites in two parts, let's turn our attention. Divide the hemisphere close to the Earth and distant hemisphere is given.
1, Center of gravity in terms of closer hemispheric let R1 and distance from the center of the Earth.
2, From the gravity of distant hemisphere R2 the distance to the center of the Earth.
 Artificial satellites in mind and the mind "at constant speed V, to straight up where fly ' as is going to be.
 But it is in fact orbiting around the Earth at constant speed V. I could explain it in that space and time are curved? It is easier. I want to do.

続きを読む "重力圏?慣性の法則をアインシュタイン思想で説明すると宇宙の姿が見えて来る。Gravity? Einstein's thought?"

| | コメント (1)

2017年5月16日 (火)

とね日記「NASAの人工衛星が時空の歪みを観測…」を読んで。

「人工衛星の心?」と検索してみて、貴あなたのブログを発見しました。20115月ですから、今からちょうど6年前に書かれたのですね。興味深く読ませて頂きました。とね日記殿のブログにコメント書き込みをしようと下記文章を整えたら、『コメント利用規約に同意して下さい』として拒否されました。同意方法を調べても分らない。仕方がないので自分のブログに書かせてもらいました。悪しからずご了承下さい。  私は「光世界の冒険」というブログを書いている筆者です。つい1年前に「アインシュタインの時空間が曲がっている」ということを、どうやら世の天文学者も物理学者も『本質を理解されてはおられないのでは、』と思うに至り、ブログで「アインシュタイン思想」を丁寧に紹介して来ています。 

続きを読む "とね日記「NASAの人工衛星が時空の歪みを観測…」を読んで。"

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy.

概要:GPS衛星の時計の進み遅れのデータより、これまでブラックホールの大きさ〔シュワルツシルト半径〕や星々の重力圏の大きさについて述べてきました。今回は、銀河の重力圏の大きさに関して検討しました。
Summary: We have described the size of the black hole and the magnitude of the gravitational circle of the stars by the data of the delay of the GPS satellite clock. As a summary of this, we examined the magnitude of the gravitational sphere of the galaxy.
 Let's calculate the range of gravity (gravitational circle) with respect to the galaxy and the Andromeda Galaxy next to you.

 天の川銀河やお隣さんのアンドロメダ銀河に関して、重力の及ぶ範囲
(重力圏)を計算してみましょう。1光年= 94600kmですから、太陽の重力圏10,000Kmを光年単位で表わすと、10,000Km÷94600km0.106光年です。光が1年間に進む距離を単位〔光年〕で表現すると、太陽の重力圏の大きさは半径0.1光年なのですね。
《フィボナッチ方式での重力圏の定義》

 Light-year is a distance in which lights go on for one year.  1-light-year = 9.46 x 10^12 km
The gravitational circle of the sun is 1,000,000,000,000 km. If you divide this by 9.46 x 10^12 km, you can get the gravitational sphere of the sun represented by the light year. So, it’s
about 0.1 light-years when the light is expressed by the distance of the gravitational circle of the Sun in the Unit (: Light year).
 This gravitational sphere is a value that is calculated by the Fibonacci rule.
Next
, let's calculate how much the size of the galactic system.
では、銀河の重力圏の大きさはどの程度なのか計算してみましょう。

続きを読む "村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy."

| | コメント (1)

2017年5月10日 (水)

表面引力はあなたの身近で観察できる!Surface gravity can be observed in your familiar.

概要:小学生の女の子を相手に、アインシュタイン思想を語っています。最後の方で、『ああ分かった。あの断面が富士山みたいな形がガラス管壁が周囲の物を引っ張っている分布だってわけね。納得です、先生』と納得するのです。小学生の女の子でも重力圏(引力圏)の概念を理解できるのです。アインシュタイン思想とは、そんなやさしくて身近な思想なのです。
Summary: Against for school girl, a teacher speaks Einstein thought. At the end, "Oh OK. It's distribution is shaped like a Mount Fuji that section pulled things around the glass tube wall. It is pleasant, teacher ' and is convinced. It is girl of elementary school students can better understand the concept of gravitational sphere (gravitational). Einstein's thought and is so friendly and familiar ideas.
 放課後に、女の子がやって来て質問しました。
『先生、シャボン玉を作るとき、注意深くゆっくりと息を吹き込んでいるのに、突然はじけちゃうでしょ。あの突然に起きるのはどうしてなの?』
 After school, a girl is coming for a question. "Teacher, when make bubbles, carefully and slowly breathe, but it suddenly pitiful huh. That suddenly the why's to get up? '
The teacher answered as following.
先生は次のように答えました。

 息を吹き込むのを止めていても、ある時突然はじけて消えて無くなっちゃったでしょ。まるで爆発が起こったみたいだったわね。宇宙空間でもそんな爆発が時々突然に起こっているのよ。これもお家で実験してみることができるわ。
さっき使ったガラス管に水を少しだけ入れて置くの。そして1時間毎に、その形()と長さを記録していくのよ。 どうなると思う?
凹の形は時間が経っても変わらないでそのままだけど、長さの方は時間に比例してどんどん短くなっていくのよ。だから『もうそろそろ爆発が起きるな』っていう時間が予測できる。そして実際にその爆発が起きるのよ。
宇宙でもそんな爆発が起こっているのよ。興味あるでしょ。お家で実験してみてごらん。
 Even stopped to breathe even when burst suddenly disappeared, has been changed. As the explosion took place was like. Space is so explosive sometimes suddenly are going on. Can this experiment at home in it. The glass tube with just put a little water. And 1 hour each to record form (concave) and length. Keep I'll answer it. Over time is the concave shape stands as it is, but length is directly proportional to the time and getting shorter. So saying "now explosions happen,' time is predictable. And actually cause the explosion. Of such explosion is happening in space. You are interested in. Try experimenting at home.

続きを読む "表面引力はあなたの身近で観察できる!Surface gravity can be observed in your familiar."

| | コメント (0)

地球重力圏の大きさ。太陽重力圏の大きさ。 時間軸の伸び縮みと重力とは同じもの!The magnitude of the Earth's gravitational circle. The size of the solar gravitational circle. The contraction of the time axis and the same thing as gravity!

概要:地球の重力圏と太陽の重力圏に関してフィボナッチ数列ルールを使って検討しています。『月は地球の重力圏内にあって地球の周りを回っている』という常識にあった重力圏の定義が導けました。ウィキペディアは重力圏の定義を至急訂正すべきでしょう。
Summary: We are considering using Fibonacci sequence rules for the gravitational sphere of the earth and the gravitational sphere of the sun. The definition of the gravitational circle was in common sense that the moon was around the Earth within the gravity of the Earth. Wikipedia should immediately correct the definition of the gravitational circle.
 前回、このブログで、

『時間が1秒経過したと思ったら、実際には0.33秒しか進んでいなかった』として計算しました。地球のブラックホールのサイズを求める値Xとして、
6378Km x 0.000000000445sec = X x 0.33sec
という関係式を使って、X9mm と求まりました。
 Last time, in this blog, "If you think that one second has elapsed, actually only 0.33 seconds had progressed" I tried to calculate. The 6378 Km * 000000000445 sec = x * 0.33 sec, which seeks the size of the mini black hole, the radius of the Earth's mini black hole obtained x = 9mm.

また、《重力の大きさはその星の質量に比例する》という性質〔万有引力の法則〕を使って、半径9mmが、太陽の重力場におけるブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径:3Km〕に対応することも確かめました。Also, the magnitude of gravity is proportional to the mass of the star. Using the law of universal gravitation, we have confirmed that the radius 9mm corresponds to the size of the black hole in the gravitational field of the sun: 3Km.
mass of Sun(太陽) M11.989×10^30 kg
mass of earth(地球)M25.972×10^24 kg
M1/M2 = 0.333 x 10^6 = 333 x 10^3

∴ 9mm x 333,000 = 3,000,000mm =3Km
we certified like that.と確かめたのでしたね。
 この相似形の関係を保ちつつ、0.000000000445secの時間の進み遅れが得られる3Kmに対応する半径をYとして求めてみましょう。While maintaining this similarity, let's look at the radius corresponding to the 3 km of 0.000000000445 sec time delay.
 Y x 0.000000000445sec = 3Km x 0.33sec
∴ Y2,225,000,000Km = 22.25Km
the gravitational sphere of the sun
太陽の重力圏計算
 太陽からの距離   時間の進み遅れ
Distance from the Sun Time’s delay
    22.25
Km ⇔   0.000000000445sec
 x4.17= 92.8
Km ÷4.17= 0.000000000107
 x4.17
387Km   ÷4.17= 0.000000000026
 x4.17
1613Km   ÷4.17= 0.000000000006
 x4.17
6730Km  ÷4.17= 0.0000000000015
 x1.5 =10,000
Km  ÷1.5 = 0.000000000001
(最小単位を誤差0.000000000001秒に合わせました)
minimum unit is adjusted to 0.000000000001sec.
太陽の重力圏は10,000Kmだと求まりました。
Solar gravitational sphere is 1,000,000,000,000Km obtained I.
太陽から地球までの距離は、
1.5Kmです。
10,000Km÷1.5Km = 6700 
太陽の重力圏は、地球の公転半径の約7000倍の距離までに及んでいると見積もられます。The gravitational circle of the sun is estimated to reach approximately 7,000 times the distance of the Earth's orbital radius.
The orbital radius of Uranus
天王星の公転半径:2,871,000,000Km= 29Km
Neptune's orbital radius
海王星の公転半径:
4,495,000,000Km= 45Km
 全ての太陽系惑星は、太陽の重力圏内の極狭い範囲に すっぽりと埋まり込んでいるのが分かります。
 All solar system planets are completely filled with a very narrow range of gravity within the sun.
 

続きを読む "地球重力圏の大きさ。太陽重力圏の大きさ。 時間軸の伸び縮みと重力とは同じもの!The magnitude of the Earth's gravitational circle. The size of the solar gravitational circle. The contraction of the time axis and the same thing as gravity!"

| | コメント (1)

2017年5月 9日 (火)

表面張力とアインシュタイン思想との関連性。relationship between ‘surface tension’ and Einstein's ideas.

概要:無重力空間では、大きな水玉もできます。身近に見受けられる現象で、これまで「表面張力」として説明されていた現象が、実はアインシュタイン思想で説明することができる事、むしろその「時空間が歪んでいる」という思想で説明する方が適切であることを、小学校の理科授業風景の中で語ってみました。
Summary: In the zero-gravity environment, Large polka dots. Can symptoms so far were described as "surface tension" phenomenon seen closer to actually described in Einstein's thought, that is properly described in the concept "space and time are distorted" rather tried speaks in the elementary school science class.
 昔の体温計には水銀が入っていたのです。子供の頃にその体温計を壊すと、水銀が床を転げまわるのでした。雨が降った後、葉っぱの上の水滴が透明な玉粒としてキラキラと幾つも輝いていました。『普段、水は衣服に浸み込むのに、不思議だな?』って思ったものです。これらの現象と、アインシュタイン思想との関連性が明らかになりつつあります。 今日はそのお話しです。
It is there was mercury in old thermometers. Mercury roll floor breaking the thermometer when I was a kid, and it was. As jade grain after it rains, the water droplets on the leaves transparent shining some glitter. "Normally, water immersion on clothes load, even though it looks strange that?' That is what I thought. Relationship between these phenomena and Einstein's ideas and becoming clear. Today, it is a story.

 ガラスのコップに水を入れて、コップと水との境目を見てごらんなさい。
1mm
ぐらいのところから水が、まるでコップに吸い付くようにせり上がっているでしょ。2枚のガラス板を用意してシャープな隙間を作り、それを水に差し込むと、その隙間をどこまでも水は登っていきます。
 シャーレに水銀を入れて置いて、水銀とシャーレとが接している部分を見ると、壁に接するのを嫌がるかのように、丸まっています。
これらの現象を説明するのに、従来は濡れ性という言葉で説明がなされていました。でも今は宇宙時代です。宇宙船の中でこの実験をやってみましょう。
Put the water in the glass, look at the edges of cups with water. from about 1 mm of water like glass hug auction houses have gone up? Provides two glass plates, making a sharp gap plugging it into the water, and the gap climbs water everywhere. Curled, like or dislike of watch parts are in contact with mercury and Petri dish, put mercury on a Petri dish, and bordering on the wall. To explain these phenomena, but in the past have been in terms of wettability of description. But now it is space-age. Let's do this test in the spacecraft.
 宇宙船の中で水を振りまくと、丸い水滴になろうとするのです。ガラス板を近づけると触れるまで、水は球形を保とうとするのです。その丸まろうとする様子は水銀玉と同じように観測できます。
 ということは、濡れ性という言葉は液体が物と接触していた場合の概念であって、表面張力の本質ではなかったのだと分かります。
It is to become a round water droplets and sprays water in the spacecraft. It is until it touches the glass plate and the water tries to spherical. It can be observed just like mercury ball about to be rounded. It says the wettability of liquid that had contact with notions that, I know it wasn't the nature of the surface tension.

『では表面張力の本質は何だったのか?』
答えはアインシュタイン先生が教えてくれました。
「質量がある周りでは時空間が曲がっている」、というのが現象の本質だったのです。

 "So, what was the nature of the surface tension?'
For the answers, Einstein teacher taught me. "Bent time and space at around the mass', that's was the essence of the phenomenon.
The following table is a table was included in school science books, entitled the value of surface tension.

次の表は[表面張力の値]と題して、学校の理科の参考書に載っていた表です。
 物質  接触気体  温度()  表面張力
Material
  Gas touched Temperature  Surface tension
water
  水 空気(air)  20℃ 7280.001 N/m
mercury
 水銀    ↑  15° 487 
Ethyl alcohol
エチルアルコール ↑   20°  223 
Glycerin
グリセリン  ↑   ↑  634
ずいぶんと違いがあるものですね。でもこの値を密度(比重)で割り算してみると、次のように似通った値になるのです。What is the difference between long. But is this value try dividing at a density (specific gravity), and follows similar values.
Surface tension÷density (specific gravity) =

    表面張力÷密度(比重) = 
water
  水     72.8 ÷  1.  = 72.8
mercury
 水銀     487. ÷ 13.6  = 36.
Ethyl alcohol
エチルアルコール
22.3÷ 0.80  = 28.
Glycerin
グリセリン    63.4÷ 1.27  = 50.
面白いので、他の物質についても調べてみましょう。
 Interesting, so let's examine other material.
Olive oil
オリーブ油  330 ÷ 091 = 36. 
Oil (in water)
石油( 水中 ) 492 ÷ 084 = 59. 
Crude oil (in air)
原油( 空気中 ) 2439÷09 = 27~43
 
表面張力を密度(比重)で割り算すると、似たり寄ったりの値になってしまいました。密度とは質量を体積で割ったものですから、質量は密度に比例しています。
 そこでアインシュタイン先生は、鼻をうごうごってさせながら、
 Became, much the same values by dividing the surface tension with a density (specific gravity). And density is mass divided by volume, because mass is proportional to the density. So Einstein teacher is proud to say, while moving his nose 、、、

続きを読む "表面張力とアインシュタイン思想との関連性。relationship between ‘surface tension’ and Einstein's ideas."

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

ブラックホールの大きさ(シュワルツシルト半径)は算数で算出可。フィボナッチblack-hole定数(FBC)。The size of the black hole (Schwartz silt radius) can be calculated by arithmetic. Fibonacci Black-hole Cosmic constants(FBC).

概要:GPS計測システムでの最小時間単位0.000000000001secの誤差範囲内に時間の伸び縮み具合がおさまってしまう距離は、約290Kmであることがつかめました。地球から約290Km離れた所までが地球の重力圏内であり、月はその重力圏内で地球の周りを回っています。
Summary: Minimum time units in the GPS measurement system the distance that the contraction of the time is subsided within the error range of 0000000001 sec can be found to be approximately 2.9 million kilometers. It is within the gravity of the Earth, about 2.9 million miles away from the Earth, and the moon is around the Earth in its gravitational range.
「最終的に、時間遅れ進みが
0.33秒になる距離を求めたかっただけでしょ。
その距離を〔X〕とすれば、
6378Km * 0.000000000445sec = X * 0.33sec
なので、X = 9 mm だって,すぐ答えが出て来たのです。
 時間が1秒経過したと思ったら、実際には0.33秒しか進んでいなかった!》として計算したのでした。
"In the end, we just wanted to find out how long the time delay would be 0.33 seconds. If the distance was [x], 6378 Km * 000000000445 sec = x * 0.33 sec, so x = 9 mm, the answer came out soon. When we thought the time had passed one second, it was actually only 0.33 seconds ahead of us.

地球内部にあるブラックホールの大きさ(半径9 mm)と、太陽の中心部に存在するブラックホールの大きさ(半径3Km)とは相似形になっています。この半径のことを、シュワルツシルト半径と学者先生たちは読んでおられる様子です」。
 と、前回お話ししてブログを閉じました。
The size of the black hole (9 mm radius) inside the earth and the size of the black hole in the center of the Sun is similar to that of a radius of 3Km. This radius, scholars are reading as the radius of Schwartz Silt. ", and closed the blog last time I told you.

 Let's use this formula to calculate the Schwartz silt radius, such as Moon and Jupiter satellites.
 この式を使って、月や木星の衛星であるイオなどのシュワルツシルト半径も計算してみましょう。
Ukipedia〔ウキペディア〕 is saying,
mass of moon
月の質量
M3 = 7.36 × 1022 Kg
mass of earth
地球質量
M25.972 × 10^24 kg だとウキペディアに出ています。
M3/M2 = 7.36 × 1022 Kg
÷5.972 × 10^24 kg
   = 1.23 × 10-2 
これを地球のシュワルツシルト半径(9mm)に掛け算してみると、月のブラックホールの大きさ〔シュワルツシルト半径:R3〕が出て来ます。When this is multiplied to the Earth's Schwartz silt radius (9mm), the size of the black hole of the moon [Schwartz silt Radius: R3] comes out.
R3 = 9 mm × M3/M2 = 9 ×1.23 × 10-2
 
 
0.11 mmと求まります。随分と小さな値ですね。
 we get the answer. It’s very small value, isn’t it.
 確かめのため、太陽の質量を使って、計算してみましょう。
 For sure, let's use the mass of the sun to calculate.
Ukipedia〔ウキペディア〕 is saying,
mass of Sun is
太陽質量
M11.989 × 10^30 kg 
M3/M1 = 7.36 × 1022 Kg
÷1.989 × 10^30 kg
   = 3.70 × 10-8 
R3 = 3Km × M3/M1 = 3 × 106 mm × 3.70 × 10-8
 
 
0.11mmと求まります。
  we get the answer.

Using the solar mass M1, you can use the Earth's mass M2 to obtain the same radius R3 = 0.11 mm. It is natural. We adjusted it so that we could get the values together.
 太陽の質量
M1を使っても、地球の質量M2を使っても、同じ半径R3 = 0.11mm が得られます。当たり前ですね。一緒の値が出るように調整しておいたのですから。

続きを読む "ブラックホールの大きさ(シュワルツシルト半径)は算数で算出可。フィボナッチblack-hole定数(FBC)。The size of the black hole (Schwartz silt radius) can be calculated by arithmetic. Fibonacci Black-hole Cosmic constants(FBC)."

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

剛体の重心点からの距離比例で時間軸の矢が出射!←GPS衛星の時間遅れ。An arrow of the time axis is emitted by the distance proportional from the center of gravity

 概要:剛体の重心点からの距離に比例して時間軸の矢が伸び縮みしながら出射しています。この事実に関してフィボナッチ数列ルールを用いて、分かりやすく説明しています。「GPS衛星側の内蔵時計は毎秒100億分の4.45秒だけ遅く進むように調整されている」というデータを用いてブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径〕が求められる、というお話の第1です。Summary: The time-axis arrows are stretched out proportionally to the distance from the center of gravity of the rigid body. The Fibonacci sequence rules are used to explain this fact clearly. The first story is that the size of the black hole is required by using the data "the built-in clock on the GPS satellite side is tuned to advance only 4.45 seconds of 100 billion minutes per second."
 地球の中心からの距離Lに比例して時間軸の矢が出ているのですが、この時地球の大きさがどうしても気になるのです(邪魔なのです)
 思い出してごらんなさい。
万有引力を計算する時、あるいは剛体に働く遠心力や向心力を計算するときには、「その剛体の大きさは無視して、単純に全質量が重心点の1点に集中している」って扱って来たではないですか。At this time, the size of the earth becomes anxious by all means though the arrow of the time axis is out in proportion to the distance L from the center of the Earth (it is obstructive). Remember. When calculating the universal gravitation or the centrifugal force or the power to work in a rigid body, "the size of the rigid body is disregarded, and the whole mass is simply concentrated at one point of the center of gravity".
 地球の引力の影響や時間軸の伸び縮みを検討するときには、地球の大きさは無視して『全質量が地球の重心点の1点に集中しているのだ!』と考えても一向に差し支えないでしょ。
 太陽からの引力の影響や時間軸の伸び縮みを検討する時には、太陽の大きさは無視して『太陽の全質量が重心点に集中しているのだ』って考えましょうよ。When considering the influence of the Earth's gravitation and the contraction of the time axis, the size of the earth is ignored, and the whole mass is concentrated at one point of the center of gravity of the earth! It's no harm in thinking. When considering the influence of gravity from the sun and the contraction of the time axis, let's think of the size of the sun as "the whole mass of the Sun concentrates on the center of gravity."
 藪から棒に、いきなり書き始めましたが、今日は「剛体の重心点からの距離L比例で、時間軸のが伸び縮みしている」ということを検証してみましょう。I started writing from the bushes to the poles, but today, I'll try to verify that the time axis is shrinking in the proportional distance from the center of gravity of the rigid body.
 最近はGPSシステムが整備されて、非常に精度良く時間軸の伸び縮みが計測できるようになりました。
全く同じGPS装置を2つ作り、一方を地上に、他方を衛星軌道に乗せて測り比べるのですから、精度は抜群です。Recently, the GPS system has been maintained, and it is possible to measure the contraction of the time axis very accurately. The accuracy is excellent because it makes two exactly the same GPS device, and it compares one on the ground and the other on the satellite orbit and measures it.
 ウィキペディアには次の様に時間軸の伸び縮みが出ています。
『全地球測位システム(GPS)では、GPS衛星が地上へ正確な時間を伝達することで、地球上の正確な位置を測定している。しかし人工衛星は重力源である地球から離れた衛星軌道上を周回し、地上に比して重力ポテンシャルが高い環境にあって、その分地上よりも時間の経過は早い。このため、衛星側の内蔵時計は毎秒100億分の4.45秒だけ遅く進むように調整されている。』On Wikipedia, the time axis stretches out as follows. In the Global Positioning System (GPS), GPS satellites measure the exact location of the Earth by transmitting the exact time to the ground. However, satellites orbit on satellite orbits away from the Earth, which is a gravitational source, and have a higher gravitational potential than on the ground, and the time is faster than on the ground. For this reason, the built-in clock on the satellite side is adjusted to advance only 4.45 seconds of 100 billion minutes per second.
  この毎秒100億分の4.45秒だけ遅く進むという数値を使用させて頂きましょう。
GPS
衛星基準で考えると,地上では時間の進みが速くなる  毎秒0.000000000445sec分だけ1秒に近づいていくということですLet me use the numerical value that it slows down only 4.45 seconds of 100 billion minutes this every second. In terms of GPS satellite standards, on the ground, the time progresses faster. every second 0.00000000445 only one second.
  GPS衛星の高度は、20200Kmだそうです。地球の重心点からの距離は6378Km(赤道半径)です。これを足し算してGPS衛星は26578Kmの半径を持って回っていることになります。
 26578Km
÷6378Km4.17
GPS satellites are turning around the earth in the height (20200km) position from the ground. The distance from the center of gravity of the Earth is 6378Km (the Earth's equatorial radius), so if you add these two, it will be the distance to the GPS satellites measured from the center of gravity of the Earth.
26578Km÷6378Km4.17 

the distance from the center of gravity
  重心点距離  時間の進み遅れ
(1秒に近づく)
          the time progresses faster
         6378Km        0.000000000445sec
 
÷4.17= 1529Km    x4.17= 0.000000001856
 
÷4.17 366.8Km  x4.17= 0.000000007738
 
÷4.17 87.96        x4.17= 0.00000003227
 
÷4.17 21.09        x4.17= 0.0000001346
 
÷4.17 5.058        x4.17= 0.0000005611
 
÷4.171.213        x4.17= 0.000002340
 
÷4.17290.9m     x4.17= 0.000009757
 
÷4.17= 69.76m     x4.17= 0.00004069
 
÷4.17=16.73m   x4.17= 0.0001697
 
÷4.17= 4.012m     x4.17= 0.0007075
 
÷4.17= 962.1mm  x4.17= 0.002950
 
÷4.17= 230.7mm  x4.17= 0.01230
 
÷4.17= 55.33mm  x4.17= 0.05130
 
÷4.17= 13.27mm  x4.17= 0.2139sec
 
÷4.17= 3.182mm  x4.17= 0.8921sec
 
÷4.17= 0.763mm x4.17 = 3.720sec
 重心点からの距離が3mm以内に入ると、時間の進みが1秒を超える?➡時間が過去に戻ることはない. この近くには、ミニブラックホール(地球に)存在していて、その半径〔シュワルツシルト半径〕が310mmぐらいであることを示唆しています。If the distance from the center of gravity is within 3mm, the time goes by more than one second. Time never goes back to the past. The above table suggests that there is a mini black hole (on the Earth) and that its radius is about 3 to 10mm.
 太陽には半径3Kmブラックホールがあると言われています。
仮に、地球ブラックホール〔シュワルツシルト半径〕が9mmであるとして、太陽ブラックホール〔シュワルツシルト半径:3Km〕と比較をしてみましょう。It is said that there is a black hole of a radius of 3Km in the sun. Let's compare it to the black hole of the Sun, the "Schwartz silt radius: 3 km", assuming the black hole of the Earth is a 9mm.

続きを読む "剛体の重心点からの距離比例で時間軸の矢が出射!←GPS衛星の時間遅れ。An arrow of the time axis is emitted by the distance proportional from the center of gravity "

| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

石原経済産業相⇒麻生太郎副総理殿、ヒートアイランド抜本対策。(英語)

Sweeping the heat, for Ishihara economy trade Industry Minister Taro Asou Deputy Prime Minister of. Patent & petition: 8/2016 23,
Submit optimal installation angle of the ecosystem of blog adventures in the light world (H. Oyama)
Subtitles: "Optimal installation angle according to the environment?"
建白書:     2016823日記
 エコシステムの最適設置角度の件
 
 副題: 環境に準じた最適設置角度とは?》
1, is the PV system including the background description Eco-System and established in recent years, outdoor solar light, Power Panel copies collectively. Now time to identify problems and shortcomings of nuclear power utilization of natural energy more strongly, such as vociferous. Nothing but solar energy utilization system burn fossil fuels such as coal and oil to natural energy utilization system, non-solar energy use, such as wind power, geothermal power, hydro-electric power right off the bat will compare accumulated in the past. The fact remains the nuclear power system in power system using the old fossil fuel (uranium) at the beginning of the history of the Earth. I had this 'nuclear energy power generation system is the most inexpensive, safe, established 65 years ago, safety is a myth that collapsed. "Depletion of fossil fuels would be 100 years or 200 years, the debate had since 1958, is true.
1、背景説明
 
エコシステムとは近年、屋外に設置され太陽光を受けて発電に供するパネル複数枚を含めた光発電システムの総称です。原子力発電の問題点と欠点が明確になり、自然エネルギー活用がより強く叫ばれるような時代になりました。
自然エネルギー活用システムには、太陽光エネルギー活用以外に、風力発電、地熱発電、水力発電などがすぐさま比較対象になりますが、石炭や石油など化石燃料を燃やすシステムも過去に蓄積された太陽光エネルギー活用法に他なりません。
 
もっとも、地球史始まった当時の古い化石燃料(ウラン)を活用する発電システムが原子力発電システムであったのも、事実です。
この『原子力発電システムが一番安上がりで安全である』という65年前に設置された安全神話が崩れたのでした。
『化石燃料の枯渇も100年後か200年後であろう』という議論もその1958年当時からあったのも事実です。
 Under the circumstances, further construction was not economically feasible even in Japan very often mountainous terrains suitable for dams for hydro-electric power construction boom began around the beginning of the Meiji era in national construction and filled is gone. So is wind power system is suitable to Japan and say this many issues. It was in no wind and power shall be suspended when the wind blows, of course closer to the no-wind power generation is not. Only provinces in the coastal zones of Europe westerly winds blowing a steady, gentle wind, is a perfect power system.
 
明治の初め頃より建設ラッシュが始まった水力発電に関しては、ダムに適する中山間地という地形が大変多い山国の日本でさえも建設し尽くされてしまって、これ以上の建設は経済的に不可能という状況下にあります。
 
では、風力発電システムは日本に適しているかというと、これも問題点が多いのです。大風が吹く時には発電を中止しなければならないし、もちろん無風に近いほど風が無い時にも発電は行われないのでした。風力発電は、ヨーロッパの海岸地帯のように、西風が定常的に穏やかに吹いている地方にのみ、最適な発電システムなのです。

続きを読む "石原経済産業相⇒麻生太郎副総理殿、ヒートアイランド抜本対策。(英語)"

| | コメント (0)

2017年5月 3日 (水)

オバマケアの行方、トランプ大統領の保護貿易主義の正当性。Obama-Care (Patient Protection and Affortable Care Act )

Justification exploring us missing, President of Trump protectionism.
 Contrary to the expectations of many people in the world, playing the new President was born. Trump said sprang up during the election campaign period, who has let discussed in the political dynamics of exploring us protectionism and the legitimacy here.
 世の多くの人の予期に反してトランプ新大統領が誕生しました。
選挙運動期間中から過激な発言が絶えなかったトランプ氏ですが、ここで「オバマケアの行方と保護貿易主義の正当性」を政治力学で議論してみましょう。
Policy successes and exploring us President Obama did in eight years, which in Japan is that the national health insurance (NHI). Try that Trump's new President proclaims general idea from President Obama that discomfort is of course is natural.
 I also play cards Mr. mean unlimited in action who are tired of that, but when it comes to exploring us since it said "most so ' and I thought.
 It's like "what's good"? and of opinion happened to you will. Let me explain.

続きを読む "オバマケアの行方、トランプ大統領の保護貿易主義の正当性。Obama-Care (Patient Protection and Affortable Care Act )"

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

フィボナッチ数列の面白い性質。「異次元世界は現世の相似形」The interesting nature of the Fibonacci sequence. The different dimension of the world is a similar form of mortality.

概要:「異次元世界は我々の宇宙の相似形」であることをフィボナッチ数列のルールを使ってやさしく算数で説明しています。時の流れ方も(規模)に正比例して伸び縮みしている、と捉えるのが自然で合理的な考え方であることをやさしく語っています。Summary: "The different dimension of the world is the similarity of our universe", using the rules of the Fibonacci sequence to explain in arithmetic. It is said that it is a natural, rational idea to perceive that the flow of time is contracted in proportion to the scale.
「異次元世界は現世の相似形」であることを算数で証明しておきましょう。

Let's prove by arithmetic that "the world is a similarity form of this universe ".
  銀河宇宙 :   ∞ ~ ∞・∞・∞
Galactic universe
 
我々の宇宙 :    1/∞ ~ ∞
  our universe
 
素粒子宇宙 : 1/∞・1/∞・1/∞ ~ 1/
particle universe
1)
銀河宇宙の範囲を〔∞・∞〕という数字で割り算してご覧なさい。
 
その範囲は、我々の宇宙1/∞ ~ になります。
2)
素粒子宇宙の範囲に〔∞・∞〕という数字をかけ算してご覧なさい。やはりその範囲は、我々の宇宙1/∞ ~ と同じになりますね。
1) Divide the range of the Galactic universe by the number "∞・∞" and see. That range will be our universe [1/-].
2) Multiple the range of the particle universe by the number "
∞・∞" and see. That range will be our universe [1/-], too.
∴「異次元世界は現世の相似形」である。
 
時間に関しても、空間に関しても、この関係式は成り立っている。
The different dimension world is a similar form of this mortality. This relation is made up about time and space.
 これで証明は終わりなのですが、これでは味も素っ気もありません。
 
フィボナッチ数列を使って「宇宙」の性質を調べてみましょう。
This is the end of the proof, but this is not a taste or a curt. Let's use the Fibonacci sequence to examine the nature of the universe.
1 , 1 , 2 , 3 , 5 , 8 , 13 , 21 , 34 , 55 , 89 , 144 , 233, 377
という具合に永遠に続くのがフィボナッチ数列です。
 
但し、最初のの中には、沢山の小さな値が含まれているのでした。
It's a Fibonacci sequence that lasts forever.
However, the first one1 contained a lot of small values.

 その小さな値とは、次のように分数で表わされます。
最大数(無限大:∞)を〔55〕だとする世界には、
1/55, 1/34, 1/21, 1/13, 1/8, 1/5, 1/3, 1/2, 1/1
分数で表わすと、これだけの小さな値がフィボナッチ数列の1の中に含まれていたのでした。改めて、フィボナッチ数列を書き表しておきます。
 The small values are expressed in fractions as follows:
Maximum number (infinity:
) in the world of [55],
1/55, 1/34, 1/21, 1/13, 1/8, 1/5, 1/3, 1/2, 1/1 in fractions, only this small value was included in one of the Fibonacci sequence.
 Again, I'll write a Fibonacci sequence.

1/55, 1/34, 1/21, 1/13, 1/8, 1/5, 1/3, 1/2, 1/1
  , 1 , 2 , 3 , 5 , 8 , 13 , 21 , 34 , 55
たったこれだけ(18)で、1つの世界が成立しているのですよ。
 
この数列で、小さい方と大きい方の値を順次掛け合わせてみましょう。
It is only this (18 pieces), and one world is approved. In this sequence, let's multiply the smaller and the larger values sequentially.
 
1/55 x 55 = 1
 1/34 x 34 = 1
 1/21 x 21 = 1
 1/13 x 13 = 1
 1/ 8  x 8  = 1
 1/ 5  x 5  = 1
 1/ 3  x 3  = 1
 1/ 2  x 2  = 1
 1/ 1  x 1  = 1
 『当たり前だ』と思ったでしょ。でも、
 
13 , 21 , 34 , 55 , 89 , 144 , 233, 377〕の範囲に区切って実行しても、一定の値になるのですよ。やって見せましょう。You thought it was natural. But even if you run it in the range of [13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377], it will be a certain value. Let me show you.
 
13 x 377 = 4,901
 21 x 233 = 4,893
 34 x 144 = 4,896
 55 x   89 = 4,895
 有効数字桁で、一致してるでしょ。
有効数字が3桁の数字(144以上)の範囲でやれば、3桁まで値は一致して来ます。
 
実は、フィボナッチ数列は、小数点付きの実数の並び なのです。It's a valid number, two digits. If a valid number is made in the range of three digits (more than 144), the value will match up to three digits. In fact, the Fibonacci sequence is a sequence of real numbers with decimals.  If you try to match the five digits of the effective number, and multiply each other at both ends, it becomes the corresponding value to five digits perfectly.
 It's a strange nature.

有効数字を5桁に合わせておいて、この両端同士を掛け算してみると、5までピッタリ一致した値になるのです。不思議な性質でしょ。

続きを読む "フィボナッチ数列の面白い性質。「異次元世界は現世の相似形」The interesting nature of the Fibonacci sequence. The different dimension of the world is a similar form of mortality."

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »