« 銀河の重力圏?「フィボナッチ宇宙の面白さ」相乗平均。Galaxy's gravity is too large? "Fibonacci space fun" geometric mean. | トップページ | 船久保公一著『宇宙の物質の起源』を読んで。「夜空が暗い➡宇宙は逆さ富士イメージ」 »

2017年5月26日 (金)

時間軸の矢は等時間面に直交。アインシュタインがこの世に残した思想とは?Einstein's ideas: Arrow of time is orthogonal to the Equivalent-surface of time.

概要:アインシュタインの思想:『時空間は曲がっている(歪んでいる)』という思想を玉ねぎの皮に例えて小中学生にも分かるように説明しています。時間軸の矢は等時間面に直交しているのがイメージできると思います。
Summary: Einstein's thought: "bent time and space (distorted) ' of thought compared to the skin of an onion, in the elementary and middle school students, can be explained. The arrow of time, I think that image is orthogonal to the Equivalent surface of time.
 EMC^2 で知られるアインシュタインは時空間の概念を完全ひっくり返したのです。『時空間は曲がっている、歪んでいる。』どころの話ではないのですよ。
 これまで「幾何学」と言えば、3次元空間の図形をイメージして扱う学問でした。この3次元空間に追加して時間軸を持ち込んだのではなくて、まず時間軸を真っ先に設定し、その時間という次元3次元空間とを同列に扱うことを提唱したのです。
 Einstein, who is famous by E=MC^2, he tipped the concept of the space-time completely.
"Time and space is bent and distorted." Things in it is not talking about.
Was ever put "geometry" and the 3-d shape a handle. He proposed that, rather than add Time in 3-dimensional space but time brought first and set the time first and foremost, on a par with the dimension of time and 3-d.

 時間軸の矢は質点から出射し、空間長さ比例で伸び縮みしながら広がっていると述べたのです。この「時間軸が伸び縮みしながら」という概念が世の学者先生たちには、中々受け入れてはもらえないのでした。GPS衛星の時計の進み遅れのデータで時間軸が伸び縮みしている」現実を目の当たりにしている現在でも、相も変わらず宇宙論議に、地球上で体感する等間隔の時間流れのイメージ(流儀)を引きずっておられるのでした。

 Time's arrow from mass shoot out, and spread out, and stretch in the spatial length proportional said he. This concept of "time stretch while" scholars ahead of the world wouldn't have accepted to teachers, they did. They are trailing space discussion, experience on the planet, have witnessed reality "in the lead-lag of GPS satellite clock data time stretch" now but still equally spaced time flow image (style).
その最たるものは、『光速度C30Km/sec で一定だ』という100年前の遺物のごとき経験則でした。
『ブラックホールの中に光は引き込まれてしまう。ならば、その引き込まれた光の速度は30Km/sec 未満であろう。』ということさえも推察できないのです。
Exemplified the "speed of light C is 300,000 Km/sec with constant' is like 100 years ago, relics was the rule of thumb; "Light into the black hole. If so, then the speed of light was drawn will be under 300,000 Km/sec." That it even is not suggested.
 『137億光年の辺りにある銀河も光を発しているはず。その辺境の銀河のところに移動してみると、やはり137億光年の半径を持つ宇宙空間が存在しているはずだ』という素朴で自然な発想もできないで、ビッグバンというまやかし論議100年間も続けて来ておられるのでした。《その延長線上の暗黒物質・暗黒エネルギーに至っては論外というべきしろものです。》
 改めて申しますが、超新星爆発や銀河宇宙の誕生時の爆発は否定していません。それらの爆発は言うなれば、ミニビッグバンと呼ばれるべきです。恒星進化論の中での爆発もミニビッグバンと呼ばれるべきでしょう。
"Should be shining Galaxy located around the 13,700,000,000 light years. is there space and try to move its frontier Galaxy so far still have a 13,700,000,000 light year radius should be' that was not rustic, natural conception, the fake debate big bang that for 100 years keeps coming up they are. It should be said the extension line dark matter and dark energy are out of the question forever.Once again my name is doesn't negate the supernova and the explosion at the birth of the Galactic universe. Saying those explosions, it should be called the big bang mini. Should be known as the big bang mini explosion in stellar evolution.
これらの小宇宙爆発と、
137億光年のサイズに該当するビッグバンとは次元が全く違うのです。大宇宙に始まりも終わりもありません
アインシュタインは相対性理論の中で、そのことをくどいくらいに主張しているのです。もうそろそろ気が付かないと、UFOに乗って我々を見ている先史以前に地球上に居住していた先住民であるエイリアンたちに愛想をつかされてしまいますよ。
 The big bang a true microcosm of these explosions and the Big Bang of the size of 13,700,000,000 Ly have different dimensions. Also beginning in the universe, no end. Is the Einstein theory of relativity in the claim again as that. Soon notice a UFO ride, they are looking at; Aliens; whose indigenous people lived on Earth ago the prehistoric; who will be in disgrace.
 さて、時間軸の矢に直交する面を考えてみましょう。
時間軸の矢は質点(重心点)から放射状に出射していますから、3次元空間内に無理矢理描けば、同心球面という玉ねぎのような絵が描けます。
無理矢理に描くと言った理由は、『時間軸(時間場)の方が3次元空間よりも先に存在していたのに、後から出来た3次元空間の中に時間場の絵を描いた』ので無理やり描いたと言いました。まあ、順序が逆になったのは仕方ないとして、先を急ぎます。
Consider the surface, perpendicular to the arrow of time. The arrow of time is from the mass (gravity) radiating out can be released from a forced draw in 3-dimensional space, the concentric spherical onions picture drawn. Impossible draw a forced rhyme or reason, "painted a picture of time during a 3-dimensional space is the time axis (time field) that existed ago the 3-dimensional space, but was later" so compulsively drew and said. Well, to reverse the order that it is unavoidable and then speed away.
 玉ねぎの皮は何重にも同心球面が重なっていますが、この球面と時間軸の矢とは直交しているのです。この面のことを等時間面と呼ぶことにしましょう。
この等時間面上にP1つプロットします。そのPを通り、時間軸の矢の方向に長さの変化分⊿Z等時間面内に⊿
X,Yの3つを設定します。すると、そこに3次元座標〔⊿X,Y,Z〕ができますでしょ。これが我々が身の回りで感ずる4次元空間なのです。
この時、時間軸は⊿Zと重なっているのです。
AS the skin of an onion is multiply overlapping concentric spherical, the skins of onion sphere (time-sphere) and arrows (time-axis) are with orthogonal. This aspect of, let's call it ‘equal-surface of time’. On this sphere surface (time-sphere) plot one point P. Through the point P, in the direction of the arrow of time shift length of Z, and on this surface X, Y three sets. Then there 3-dimensional coordinates [X, Y, Z] you can. We feel with this is the 4-dimensional space. At this time, is the time(T) is overlapping to Z.

 地球儀を思い浮かべてごらんなさい。
我々はこの地球儀という極薄い玉ねぎの皮の中で生活しているのですが、〔⊿X,Y,Z〕はイメージできますね。そして時間軸の矢は⊿Zと完全に一致しているのだと、察しの良いあなたなら納得できるでしょ。
X方向に進んでも、⊿Y方向に進んでも、ある一定時間後には球面を一周してしまいますね。
 では、⊿Zの方向に進んだら(飛び上がったら)どうなるでしょうか。
Please imagine the globe. We live in this earth a thin onion skin, and the image: [X, Y, Z] you can imagine. And the arrow of time match to Z perfectly, and can tell you if you can convince you. Moving to the X direction or Y direction, you would be around the sphere in  a certain time. If you proceeded in the direction of Z (If you jump up)?
 ⊿Z方向には時間軸の矢が重なっていますから、⊿Zの方向に移動するということは今まで住んでいた等時間面とは少しだけ時間の進み具合(T)が速い隣りの等時間面に移ることになります。勢いをつけて飛び上がったのですが、次第に勢いが失われて地上に戻って来ます。
もし、地上面がそこになければ、深い谷底に向かって放物線軌道でダイビングすることになりますし、深い谷底もそこに存在していなければ、地球の重心点を焦点とする楕円軌道で半永久的に回り続けることになるのです。
 これが人工衛星の軌道であり、月が地球の周りを周回するゆえんでもあるのです。
As arrows of the time axis overlap on the Z-direction, so to move in the direction of Z that ever lived means to transfer at another time-sphere (another equal-surface of time): the progress of time only a little bit faster than ever. Back on the ground, build momentum and jumped, but gradually lost momentum.
 If the ground surface is more likely to keep around indefinitely in an elliptic orbit with Earth's gravity to focus and to be out there, dive in parabolic orbit toward the bottom of a deep ravine, there does not exist even the bottom of a deep ravine. It is also a reason why this is a satellite's orbit, and the Moon orbiting around the Earth.

 話が飛んでしまいました。
今の場合、時間軸の矢の伸び縮み具合(T)Z方向への長さの伸び縮み具合(Z)とは完全に比例しています。即ち、⊿Zも⊿Tも共に、地球の重心点からの距離に正比例して伸び縮みしているのです。
 常識的に考えて、X方向への長さの伸び縮み具合(X)も、Y方向への伸び縮み具合(Y)も共に、⊿Zに比例しているのは経験的に知ってますね。《同じ物差しで測っているでしょ》。
ということは、等時間面内という世界に於いては、〔⊿T,X,Y,Z〕の4者は皆正比例の関係になっているということです。
Flying I was talking about. Now if the contraction so the arrow of time (T) and contraction so long to the Z-direction (Z) and is in proportion to the full. Namely, both Z and T that stretch, too, directly proportional to the distance from the center of gravity of the Earth is.
 Think with common sense, X-direction of the length contraction so (
X), elasticity condition to the Y direction (Y) also both, you know empirically is proportional to Z. "Are measured by the same yardstick."? Said that, in the world of time in-plane [T, X, Y, Z] of is that all 4 visitors are directly proportional relationship.
 地球は半径が6370Kmもあるような馬鹿でかい球面ですから、X,Y軸が曲がっているとは思ってもいないでしょ。でも実際にはカーブしている(曲がっている)のでした。その曲がり方はほんのわずかなものなので、あなたの住んでいる地域内(等時間面内)では、等間隔の目盛り(物差し)を充てても、ちっとも不便なことはないのです。あなたの身近にある30㎝の物差しやメジャーで縦横高さを測って3次元空間を認識しているのでした。
No you don't think: X axis, Y axis is bent, for the Earth is a sphere the Humongous idiot RADIUS is 6370 km. But is actually curved (bent) so. Turn those few things, so you live in the area (in equivalent surface) is administered equally spaced scale (ruler), you cannot feel wrong-image. Your measuring aspect height is 30cm ruler and measure in close, it was aware of 3-dimensional space.
 時間の伸び縮み(T)に関しても、地球の重心点からの距離(半径)に比例して起こっているのです。《この事実を発見したのがアインシュタインです。GPS衛星の時計の進み遅れの調整で実用化されているのは常識になっています》。
そうであっても、アメリカでも日本でも地上の何処に行っても『時間が伸び縮みしている』なんて思えないでしょ。地下に穴を掘っても、飛行機に乗って移動しても、『時間が伸び縮みしている』なんて思えないでしょ。原子の世界を覗いてみても、そこに『同じ時間が流れている』としか思えないのです。
 Time contraction (T), is proportional to the distance (RADIUS) from the center of gravity of the Earth, even going on. "It is Einstein discovered this fact. Has become a common sense in the lead-lag of GPS satellite clock adjust practical."
 You don't so much, America or Japan where ground "takes the contract'. You don't see it "that stretch time" aboard the plane dug a hole in the basement too, even when you move. Try look into the world of the atom, also there "runs the same time' but you think "runs the same time'.

 ですから、つい100年前まで、『時間は場所にかかわらず一定で流れている』という経験則が物理学の基本になっていたのです。
これがニュートン力学の世界観なのです。
この世界観は大昔からありましたが、ニュートンが整理して見せただけだ、とも言えるのでした。

 そして今から100年前に、アインシュタインが『時間軸の矢が伸び縮みしている。時空間は曲がっている(歪んでいる)』ということを発見し、相対性原理として発表したのです。
 長くなりましたので続きは次回にしましょう。
 2017 6/26 H.Oyama (大山宏)

Therefore, it is only until 100 years ago, "regardless of where time is constant, running' rule of thumb had basic physics. This is the world of Newtonian mechanics. Showed Newton organized this world view was from a long time ago, but only, at least they can say so. And from now, 100 years before Einstein "to stretch the arrow of time. Bent time and space (distorted) ' it is discovered that, as a principle of relativity announced.
 Continue so long next time!

|

« 銀河の重力圏?「フィボナッチ宇宙の面白さ」相乗平均。Galaxy's gravity is too large? "Fibonacci space fun" geometric mean. | トップページ | 船久保公一著『宇宙の物質の起源』を読んで。「夜空が暗い➡宇宙は逆さ富士イメージ」 »

F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time」カテゴリの記事

コメント

時間軸の矢は等時間面に直交していたのですね。アインシュタインの時空間の考え方が少し分かりました。独楽より

投稿: | 2017年7月19日 (水) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀河の重力圏?「フィボナッチ宇宙の面白さ」相乗平均。Galaxy's gravity is too large? "Fibonacci space fun" geometric mean. | トップページ | 船久保公一著『宇宙の物質の起源』を読んで。「夜空が暗い➡宇宙は逆さ富士イメージ」 »