« 表面張力とアインシュタイン思想との関連性。relationship between ‘surface tension’ and Einstein's ideas. | トップページ | 表面引力はあなたの身近で観察できる!Surface gravity can be observed in your familiar. »

2017年5月10日 (水)

地球重力圏の大きさ。太陽重力圏の大きさ。 時間軸の伸び縮みと重力とは同じもの!The magnitude of the Earth's gravitational circle. The size of the solar gravitational circle. The contraction of the time axis and the same thing as gravity!

概要:地球の重力圏と太陽の重力圏に関してフィボナッチ数列ルールを使って検討しています。『月は地球の重力圏内にあって地球の周りを回っている』という常識にあった重力圏の定義が導けました。ウィキペディアは重力圏の定義を至急訂正すべきでしょう。
Summary: We are considering using Fibonacci sequence rules for the gravitational sphere of the earth and the gravitational sphere of the sun. The definition of the gravitational circle was in common sense that the moon was around the Earth within the gravity of the Earth. Wikipedia should immediately correct the definition of the gravitational circle.
 前回、このブログで、

『時間が1秒経過したと思ったら、実際には0.33秒しか進んでいなかった』として計算しました。地球のブラックホールのサイズを求める値Xとして、
6378Km x 0.000000000445sec = X x 0.33sec
という関係式を使って、X9mm と求まりました。
 Last time, in this blog, "If you think that one second has elapsed, actually only 0.33 seconds had progressed" I tried to calculate. The 6378 Km * 000000000445 sec = x * 0.33 sec, which seeks the size of the mini black hole, the radius of the Earth's mini black hole obtained x = 9mm.

また、《重力の大きさはその星の質量に比例する》という性質〔万有引力の法則〕を使って、半径9mmが、太陽の重力場におけるブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径:3Km〕に対応することも確かめました。Also, the magnitude of gravity is proportional to the mass of the star. Using the law of universal gravitation, we have confirmed that the radius 9mm corresponds to the size of the black hole in the gravitational field of the sun: 3Km.
mass of Sun(太陽) M11.989×10^30 kg
mass of earth(地球)M25.972×10^24 kg
M1/M2 = 0.333 x 10^6 = 333 x 10^3

∴ 9mm x 333,000 = 3,000,000mm =3Km
we certified like that.と確かめたのでしたね。
 この相似形の関係を保ちつつ、0.000000000445secの時間の進み遅れが得られる3Kmに対応する半径をYとして求めてみましょう。While maintaining this similarity, let's look at the radius corresponding to the 3 km of 0.000000000445 sec time delay.
 Y x 0.000000000445sec = 3Km x 0.33sec
∴ Y2,225,000,000Km = 22.25Km
the gravitational sphere of the sun
太陽の重力圏計算
 太陽からの距離   時間の進み遅れ
Distance from the Sun Time’s delay
    22.25
Km ⇔   0.000000000445sec
 x4.17= 92.8
Km ÷4.17= 0.000000000107
 x4.17
387Km   ÷4.17= 0.000000000026
 x4.17
1613Km   ÷4.17= 0.000000000006
 x4.17
6730Km  ÷4.17= 0.0000000000015
 x1.5 =10,000
Km  ÷1.5 = 0.000000000001
(最小単位を誤差0.000000000001秒に合わせました)
minimum unit is adjusted to 0.000000000001sec.
太陽の重力圏は10,000Kmだと求まりました。
Solar gravitational sphere is 1,000,000,000,000Km obtained I.
太陽から地球までの距離は、
1.5Kmです。
10,000Km÷1.5Km = 6700 
太陽の重力圏は、地球の公転半径の約7000倍の距離までに及んでいると見積もられます。The gravitational circle of the sun is estimated to reach approximately 7,000 times the distance of the Earth's orbital radius.
The orbital radius of Uranus
天王星の公転半径:2,871,000,000Km= 29Km
Neptune's orbital radius
海王星の公転半径:
4,495,000,000Km= 45Km
 全ての太陽系惑星は、太陽の重力圏内の極狭い範囲に すっぽりと埋まり込んでいるのが分かります。
 All solar system planets are completely filled with a very narrow range of gravity within the sun.
 

 この太陽の重力場の中で、地球の公転位置(1.5Km)のところに小さな特異点(ミニブラックホール)があって、その極微のミニブラックホール内部で地球が動めいているのでした。In the gravitational field of the sun, there was a small singularity (a mini black hole) in the area, and the Earth and Moon were moving inside the microscopic black hole.
 以前のブログで、『GPS計測システムでの最小時間単位0.000000000001secの誤差範囲内に時間の伸び縮み具合がおさまってしまう距離(地球の重力圏)は、半径約290Kmである』と求めています。
これを太陽の重力圏
10,000Kmと較べると、
290
Km÷10,000Km0.0000030.0003%
 地球の重力圏がいかに小さいかということが分かりますね。In a previous blog, we are looking for a distance (the gravitational circle of the Earth) that will shrink in time within the error range of the minimum time unit 0.000000000001sec in a GPS measurement system (approx. 2.9 million kilometers). This is the gravitational circle of the sun. Compared, 2900000 Km;0.000003 0.0003%
 You can see how small the gravitational sphere of the earth is.

 この0.0003%という数値は、ブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径〕での割り算:
 9mm÷3Km0.000003 0.0003%
の計算でも得られるのです。
宇宙は相似形」なのですから当然です。
 重力があるという事と、時間軸が伸び縮みしているという事とは、同じことだという事、納得出来ましたか。
The number of 0.0003% is divided by the size of the black hole in the Schwartz radius: 9mm/3 Km = 0.000003 0.0003% calculation. This is the similarity. The thing that there is gravity, and the thing that the time axis is contracted is the same thing, and did you consent?

 まとめです。Summary.
(1)
、フィボナッチ数列ルールを使って整理すると、色んなサイズの宇宙の時空間が皆相似形であると分かる。When you organize using the Fibonacci sequence rules, you can see that the time space of the universe of various sizes are all similar.
(2)
GPS衛星での時間の進み遅れの値を使って、地球の重力圏の大きさも、太陽の重力圏の大きさも、フィボナッチ数列ルールで求めることが出来る。Using the value of the time delay in GPS satellites, the size of the gravitational sphere of the earth and the magnitude of the gravitational circle of the sun can be requested by the Fibonacci sequence rule.
(3)
重力圏の大きさは、その星のブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径〕に比例するという計算でも求めることができる。The magnitude of the gravitational circle can be calculated proportional to the size of the black hole of the star [Schwartz silt radius], too.
  時間というベクトル矢が質点から放射状に出射していて、時間軸が伸び縮みしているという事と、アインシュタインの時空間が曲がっているという事とは同じだったのです。It was the same thing that the time space of Einstein and the time of the vector arrow had gone out radially from the quality point, and the temporal axis contracted, and it bent.
 剛体の重心点に質量は集中しているとして力学が扱えます。星の質量が分かると同じように剛体の質量は分かりますので、どの程度その物体に近づけばその物体質量の影響が現れるかを算出することができるような環境が整って来たように思います。Moreover, the Milky Way is a movement (rotation) like one rigid body. There is a center of gravity in the Milky Way, and it can be guessed that the arrow of the time axis emits radially from the center of gravity.
 また、銀河も1つの剛体であるかの如き動き(回転)をしています。銀河にも重心点があり、その重心点から時間軸の矢が放射状に出射していると推測できます。
次回は、銀河系やお隣のアンドロメダ銀河に関して、重力の及ぶ範囲(重力圏)を計算してみましょう。Next time, let's calculate the range of gravity (gravitational circle) for the Galaxy and the Andromeda galaxy next door.
  2017 5/10 Hiro. Oyama
質問ですか。Question?。Please.
「ウィキペディアで『重力圏』をキーワードにして検索すると『(太陽に対する)地球重力圏の半径はおよそ26kmとなる』と出ていました。大山宏さんが導かれた値『地球の重力圏は半径約300Kmである』とは大きく異なるのですが、どう解釈したらいいのでしょうか?」When I search the "gravitational circle" in Wikipedia as a keyword, it came out that the radius of the Earth's gravitational sphere (for the sun) would be approximately 260,000km. Mr. H. Oyama's value is very different from the gravitational sphere of the earth, which is approximately 2.9 million km in radius, but how should we interpret it? "
 的を突いた良い質問です。Good question.
お答えしましょう。I’ll reply.
 我々はこれまで、『時間というベクトル矢が質点から放射状に出ていて、時間軸の矢が伸び縮みしている』ことを検討して来たのです。その検討の結果、『アインシュタインの時空間が曲がっている』という主張と時間軸が伸び縮みしている事とは同じことだったと導き出せたのでした。We are now considering that the vector arrow of time is radiating from the quality point, and the arrow of the time axis has shrunk. As a result of the examination, it was able to lead to the insistence that "Einstein's time Space is crooked" and the thing that the time Axis was contracted was the same thing.
 月までの距離は38kmであることはご存知でしょう。地球の重力圏が26kmであったら、月は地球の重力圏外にあることになってしまうでしょ。それでも月は地球の周りを回っていることを説明するためには、3体問題というもの凄く分かり難い説明をしなければならなくなるのです。実際にウィキペディアでは、その屁理屈が書かれていますが一般人の理解を越えたものです。You know that the distance to the moon is 380,000km. If the gravitational sphere of the Earth is 260,000km, the moon will be outside the gravity of the Earth. But in order to explain that the moon revolves around the Earth, it is necessary to explain the three-body problem very hard. In fact, Wikipedia has a quibble, but it's beyond the public's comprehension.
 そんな説明をわざわざする代わりに、『現実に月は地球の周りを回っている』という我々のイメージに合った重力圏の定義をすべきなのです。ウィキペディアには、『…、複数の天体がある場合に、特定の一天体の及ぼす重力による影響が他の天体による影響の総和よりも卓越する領域を、その天体の重力圏と言う。重力は遠距離力であって無限遠まで到達するから、1つの天体のみで重力圏を考えることは意味がない』って書いてあったでしょ。この定義の方が間違っているのです。
Even if you don't bother explaining that, we should define a gravitational circle that fits the image of the moon actually turning around the earth. Wikipedia says, "... when there are multiple celestial bodies, the gravitational effects of a particular celestial body are more prominent than the sum of the effects of other celestial bodies," said the celestial sphere of gravity. Since gravity is a long distance force and reaches infinity, it is meaningless to think of the gravitational circle only with one celestial body.” It was written. This definition was wrong.

 我々はGPS衛星に積んである時計の遅れ進み0.000000000445秒を使って、ウィキペディアの、『1つの天体のみで重力圏を考えることは意味がない』との主張が間違いであることに気が付いたのです。  ウィキペディアさんは早急に、「地球の重力圏は半径約300Kmであり、月はその重力圏内で地球の周りを回っています」という説明文に訂正なさるべきなのです。We use the delay of the clock which is piled on the GPS satellite, using 000000000445sec, and the claim It is meaningless to think about the gravitational zone only by one celestial bodyof Wikipedia, we noticed that the claim was a mistake. As soon as Wikipedia says, "The gravitational sphere of the earth is about 3 million km in radius, and the moon is around the Earth in its gravitational range," and should be corrected.

|

« 表面張力とアインシュタイン思想との関連性。relationship between ‘surface tension’ and Einstein's ideas. | トップページ | 表面引力はあなたの身近で観察できる!Surface gravity can be observed in your familiar. »

F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン」カテゴリの記事

コメント

2017 4月に書いたこの記事が一番素直に、「重力圏gravity」について説明されていました。
ウィキペディアさんは早急に、「地球の重力圏は半径約300万Kmであり、月はその重力圏内で地球の周りを回っています」という説明文に訂正なさるのが子供達のために良いでしょう。
 改めて、ウィキペディアの「重力圏」記事の訂正をお願い致します。
Hiro. Oyama 2017 7/14

投稿: Top | 2017年7月14日 (金) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表面張力とアインシュタイン思想との関連性。relationship between ‘surface tension’ and Einstein's ideas. | トップページ | 表面引力はあなたの身近で観察できる!Surface gravity can be observed in your familiar. »