« 重力圏と重力場との違い。月と地球は連星?逆さ富士のすそ野。Difference between gravity and gravitational field. Moon and Earth's triple? The foot of upside-down Mt. Fuji. | トップページ | 村上斉殿へ「間違いだらけの宇宙論」を読んでホーキング博士は「ブラックホールは存在しない」と主張し始めた様ですね。”The New Static Cosmology”佐藤勝彦殿、船久保公一殿。 »

2017年6月25日 (日)

村上斉殿へ『点にしか見えない銀河や星が放つ十字光が暗示するものとは?』 重力レンズ効果。偏光。十字輝線。Cross light. Gravitational lensing. Polarized light.. Cross line.

概要:遠い銀河から届く光のNASA写真中に一際目立つ巨大な十字星があります。その光の謎を「偏光向作用+重力レンズ効果」と結び付け、解き明かしています。地球や太陽系の重力レンズ効果も絡んでいる模様です。
Description: a huge cross star stands during a NASA photo of the light from distant galaxies. Light mysteries are solved by Polarized light effects and gravitational lens effects connected with the huge cross. Gravitational lensing of the Earth and the solar system there is.
A giant NASA photos taken with the telescope, and shows a surprising things.

 NASAの超巨大な望遠鏡で取った写真を見ると、意外なものが写っています。
 子供の頃、星がキラキラ輝くのは地球の空気密度が揺らぐからだ、と教わりました。望遠鏡をのぞくと、一気にその星は小さな点になってしまうのでした。『ちょっと変だな?』って思ったものです。
何故なら、『空気の密度ゆらぎのせいなら、星自体がゆらゆらと左右前後に揺れて見えてもいいのに?』と、

  子供心に思ったものです。
Because air density of the Earth is shaken, and learned of glittering stars when I was a kid. It was once the star becomes small when it peeps into the telescope. "A little bit strange?' That is what I thought. Because "of the density fluctuations in air to look too good, because if the stars themselves left and right back and forth swaying?' And is wanted in the child's mind.
 天体観測の写真技術が向上して、アマチュアのカメラマンでも、宇宙の写真が精度良く撮影できるようになりました。ハレーションだと思われていたものが、実は銀河団だったり、超新星爆発直後のガスの広がりだったりして、ハレーションの意味も昔のイメージとはずいぶんと変わって来たのではないでしょうか。
Observatory photo technology has improved, even the amateur photographer, pictures of the universe precisely can take now. The halation said it seemed that are actually galaxies, supernova explosions after gas spread to, halation of old images and changed a lot came on. Photo: NASA offers got let me used in teaching other parents visiting day photo [enlarged view of] is.
次の写真は、先日の父兄参観日の授業で用いさせてもらったNASA提供の写真の〔部分拡大図〕です。
    図2:部分拡大図 Fig.2:enlarged view of Fig.1
Nasa_2

図1:銀河衝突現場。Fig.1 Galaxies are colliding.(NASA)
Photo この写真で、暗黒物質らしき亡霊
(薄青いフットボール形)が2つ確認されました。その他にも遠い星の情報をたくさん我々に見せてくれている様子です。
 その1つは、のように光っている星がある事です。
《十字輝線と呼ばれ、反射望遠鏡で副鏡などを支える十字の支柱による回折現象だと呼ばれているそうですが、それにしても単に『明るい星だから』、でかたずけてしまうのは、ちょっともったいないです。特徴を調べてみましょう。》
In this photo, from Dark Matter confirmed shade (pale blue football-shaped) are two such. It seems a lot of information to other distant stars thanks for showing us. One of these is, there is the star which shines in the cross. "Though it is called diffraction phenomena by the cross is called the cross line, with reflective telescope secondary mirror support Struts and only in 'bright star, ' then how to breathe it's kinda shame. Let's examine the characteristics."
『何が不思議なのか?』という質問ですか。
この巨大な字の光の伸びがなかったとしてこの星を〔心の内で〕眺めると、小さな球対称のグレアーを放っている普通の発光体〈星、銀河〉なのです。
You have the shape of a giant cross. It is a wonder that teachers have undertaken to dark matter doesn't seem to wonder about.
 "What is strange or?' Is the question.
Had no growth in the light of this huge cross this out [in the heart] is a common emitter is giving a small spherical symmetric glaring at Q stars, galaxies.

 図1で見比べてご覧なさい。周囲に分布している発光体のぼやけ方と一緒でしょ、もし巨大な十字が無ければの話ですよ!
Please see the compare in Fig.1. Right along with the blurring of the luminous body it is distributed around the story of if without a huge cross!》
『部分拡大図2
 で示した星だけが特別なのかな?』と思って元の図1を探ってみると、あちらこちらに十字に光る星はあるのです。
 部分拡大図2〔トップ図〕に戻って、右上隅(コーナー)を見てご覧なさい。
 その発光体は十字の光を放っているでしょ。
上辺に2つ白い十字星がありますし、右辺には赤い十字星が1つあります。
その赤い十字星の直ぐ下には小さな白い十字星があるでしょ。
 この拡大写真の中だけで、つも見つかるのです。
"Maybe only stars in part expansion Fig.2 special?' When searching the original figure 1 think there is a star in the crosshairs here. Part expansion Fig.2 [top map] to go back and look at the top-left corner. Cross shines its light-emitting body, right? And two white cross star at the top, on the right side there is a Red Cross Star one.
 There is a small white cross star's right under the Red Cross Star. It is found only in the larger picture, 5.

☆、拡大前の図1を探れば、もっと沢山見つかるはずです。
★、この発光体の十字の光の傾き角度が20°程度で一致しているのも、興味深いことです。
そこで、ひょいと首を傾けてみて、はたと気が付きました。『この十字型の反射光線群はどこかでみたことがあるぞって思ったのです。
☆、If you snoop before Fig.1, you should find plenty more.
★、the tilt angle of the light of the luminous body of cross match at 20 degrees, is interesting. Then listen neck suddenly realized their wits ' end. It is thought "a cross-reflection Ray saw somewhere!'.
 それは、ある晴れた朝の海岸で、太陽からの反射光を目を細めて見た光景でした。
その反射光は、沢山の十字星の如くにキラキラと光っていたのです。『あの光景とそっくりだな』って思ったのです。
 その光は鉛直方向と水平方向とに伸びた十字の形でした。
思い出せば、夕日の沈む海面でも同じ十字の光の粒が観測されますし、池の湖面が風にゆれると、やっぱり同じ光景が目に飛び込んで来るのでした。
It was a sight on the coast of the sunny morning and squinted at the reflected light from the Sun. It is like cross stars in many reflected that shined brilliantly. "That sight and looks just like ' I thought. The light was stretched in the vertical and horizontal cross-shaped. Of grains of light of the same cross is observed even at sea level if you recall the sun setting and flutters in the wind pond Lake, still the same jumps.
 この地上で我々がごく自然に目にする十字の光の像と、遠い宇宙からはるばるやって来た星の像〔十字星の像〕とが重なるのでした。
星の中心から放射状に出射した光を反射する物質がそこにあったから、細い針の先端までの反射光が地球に届いたのでしょ。
 多分、数μ~数十μの微粒子が薄くその星を取り巻いているから、反射が起こって地球に届いているのでしょう。
On this earth we very naturally to cross to see the light and the stars came all the way from distant space images [cross image] may overlap so that. From the center of the star to radiate out of there was material that reflects the light emitted from the reflected light to the tip of a thin needle reaches the Earth, right? Maybe the number μ to dozens µm particles thinner surrounds the star from going on reflection would have arrived on Earth.
 その微粒子は星の光球の何十倍から何百倍もの大きさで薄く薄く取り巻いているのです。そして、中心付近の濃度は濃くて、周辺に行くほど濃度は薄くなっているはずです。その範囲を、『この辺りまで、微粒子は広がっていますよ。』と、十字の先端が示しているのではないでしょうか。
It is ultra-thin surround from the star's photosphere tens of times at hundreds of times the size the particles are. And thick concentration near the center of the periphery concentration of thinner should be. Its scope, "this area extends are fine!" And suggests the end of you.

Nasa_4

『それだったら、十字の方向だけでなく、全周に渡って放射状に伸びているはずだろう。十字形になるはずはないじゃないか』と、きっとあなたは思われたでしょうね。
 あなたが指摘されたその球面上に広がった光は、ハレーションの如くに小さくぼんやりその星を取り巻いている部分です。どの星を見ても、そんなぼんやりした発光体でしょ。
でも、十字星はそのハレーションに加えて針のようなシャープな十字線光 が伸びているのです。
"Not only the direction of the cross, in that case, should be stretched radially around.  No doubt should be cross-shaped ', and I thought you'd. It is a part like halation of light spread on the sphere that you pointed out that the smaller surrounds its star Dim. You look at what stars are so vaguely defined light-emitting body. However the cross has expanded the halation, plus needle-like with sharp cross lines light.
 この拡大写真のような長大な十字線光は、非常にまれです。付近に数個認められる十字星は光球の大きさに比べてそんなには長くありません。
多くの星は、ただぼんやりと薄いハレーション(ハロー)が球形に取り巻いているだけです。
NASA
写真にみられるような、シャープで長い十字線光を示すケースは本当にまれなのです。
Enlarged photo of a long cross Ray, is very rare. Cross Star is found near the few compared to the size of the light bulb is so no longer. Many stars are just vaguely thin halation (Halo) round just is. It is sharp and long cross Ray, as seen in the NASA photo cases are really rare.
 誤解を恐れずに、私の推理を言ってしまいましょう。
銀河は回転体です。フットボール型をした暗黒物質らしき亡霊も回転体です。その回転体の軸方向へ中心点から飛び出して行く光線が、ちょうど地球方向に向かっている時にたまたまこの十字星現象が観測されるらしいのです。
Without fear of misunderstanding, let's say of my reasoning. Galaxy is rotating. Specter appeared to be a football-shaped dark matter is rotating. It is when the rays go out toward the axis of the rotation center point is just headed to Earth to happen seems to be observed this cross.
『長い針をもつ十字星が稀にしか観測されないのは分かったとしよう。回転軸が地球の方にたまたま向かっているのは稀ですよ、ということだな。
しかし,それでは、十字の方向にしか伸びない理由にはなっていないじゃないか』。
 こういうご指摘ですね。
それを説明するために、最初に朝日夕日の光の粒〔十字形反射光〕の話をしておいたのです。
"Try was not observed only rarely cross star with a long needle. A rotor happened to be headed towards Earth is rare, they say. However, now, has become the reason for not only in the direction of the cross I think not ".
 It is pointed out like this. To explain it first grains of the rays of the morning Sun [reflected cruciform] of, I've been talking about.

 何故、朝日夕日で反射された光の粒は十字形に見えるのか?
それは、偏光が起こっているからだと思われます。
ブリュースター現象とか呼ばれる言葉はご存知でしょう。どうやらその偏光という現象が、遠い宇宙にある発光体〈星・銀河〉の重力圏内の各部で起こっているらしい!
星の回転軸方向へ飛び出す強力な光が浅い反射光と、内部屈折後に飛び出して来る屈折光とに分解されますが、その2枚の直線偏向面同士は直交するはずです。
Look cross-shaped grains of light reflected in the Asahi evening sun why? Seems that from happening it is polarized. Says Brewster or called did you know? In each part of the gravity within walking distance of the luminous body in the polarization phenomenon apparently distant universe (Star, Galaxy) seems to be happening! Decomposed into a shallow jump toward the axis of rotation of stars powerful light reflected and refracted light comes out after internal refraction, but should be perpendicular to the linear polarization between the two.
《十字に極度に直線偏光した光が地球に届いて来ている。➡それを〔地球or太陽or銀河系〕のいずれかの重力場という偏光板を通して見ると、大きな十字型の部分のみが通過光として観測されるというわけです。》
十字光の傾き20°が黄道面に直角であるなら太陽の重力場が偏光フィルターの役目をおっているのでしょう。
銀河系の回転軸に平行ならば、銀河系重力が偏光フィルターの役目をおっていることになるのではありませんか。
〔十字輝線だよ。反射望遠鏡で副鏡などを支える十字の支柱による回折現象だよ、との思い込みは傍に置いておいて〕、ダメ元でどなたか調べてみては如何ですか?
Come to cross heavily polarized light arrives at the Earth. It [Earth or the Sun or Galaxy] of is through the polarizer that one's gravitational field, and only part of the big cross-observed as a pass.Will has fold polarizing filters that the gravitational field of the Sun if you cross light inclination 20 ° is at right angles to the ecliptic plane. Don't become galactic rotation have fold parallel if it acts as a polarizing filter Galactic gravity. [I'm cross line. Diffraction phenomena by cross in telescope secondary mirror support Struts, and the assumption is put beside], is under a bad check? How do?
 もう一つ興味深いことがあります。
2の拡大写真において、十字に交わる光の伸びの内、水平方向に少し太めの輝線分が左右非対称にあることです。背景の薄い黄色のグレアー広がりと対応しているように思われます。
 この太く短い左右非対称の白線は、地球大気のレンズ効果かも知れません。
このブログで最も重要なことは、重力圏の中には距離に逆比例で微小な物質が分布しており十字針の先端あたりまでが実質的な重力圏(重力場)ですよ、と暗示している模様です、という事!
There is another interesting thing. Light crossing to cross in the enlarged view Fig.2 growth in the horizontal line-a little thick for left and right asymmetric that is. Seems to match the glaring expanse of yellow background. This chunky asymmetrical white may be the lens effect of the Earth's atmosphere. That seems to imply that is most important on this blog during the gravity at a distance inversely fine material is distributed in and so cross needle tips per substantially gravitational sphere (gravitational) is the thing.
☆、銀河も、中性子星も、回転軸を持っています。
★、その回転軸が、ちょうど地球の方向に一致している場合には、強大な十字星が現れるということではありませんか。
★、ちょっとその軸方向がずれただけで、その十字の針の長さは極端に短くなり、星のハレーション(ハロー)の中に埋もれてしまう模様です。
, has a rotating Galaxy and the neutron star. the mighty cross star would appear, if its axis of rotation is just consistent in the direction of the Earth that is not or. a little out of position and orientation, is buried into of halation of the stars (Halo), extremely short length of the needle of the cross.

|

« 重力圏と重力場との違い。月と地球は連星?逆さ富士のすそ野。Difference between gravity and gravitational field. Moon and Earth's triple? The foot of upside-down Mt. Fuji. | トップページ | 村上斉殿へ「間違いだらけの宇宙論」を読んでホーキング博士は「ブラックホールは存在しない」と主張し始めた様ですね。”The New Static Cosmology”佐藤勝彦殿、船久保公一殿。 »

F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重力圏と重力場との違い。月と地球は連星?逆さ富士のすそ野。Difference between gravity and gravitational field. Moon and Earth's triple? The foot of upside-down Mt. Fuji. | トップページ | 村上斉殿へ「間違いだらけの宇宙論」を読んでホーキング博士は「ブラックホールは存在しない」と主張し始めた様ですね。”The New Static Cosmology”佐藤勝彦殿、船久保公一殿。 »