« 村上斉殿へ『アインシュタイン思想の解釈間違い』を何時まで続けるのですか。懺悔を!Interpretation mistakes of Einstein's thought. Confession! | トップページ | 表面張力と表面引力の違いは何?クーロンの法則=万有引力の法則!Difference between surface tension and the surface gravity? Coulomb's law = universal gravitation law. »

2017年7月 4日 (火)

1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できるというアインシュタイン思想。物質の表面引力。重力場。Bending of light through 1φhole. Surface gravity.

概要:ブラックホールと重力圏の関係をフィボナッチ数列ルールで整理してみせつつ、宇宙の相似形というアインシュタイン思想を説明しています。後半では、相似形である時空間の歪みが人差し指を丸めて作った穴空間内でも起こっていて、その1φの穴を通過した光は曲がりつつ進むという経験則を説明しています。
Overview: show arranged in Fibonacci sequence rule relation of gravity and the black hole, while shows Einstein thought of the similar shape of the universe. Shows the rule of thumb that forward while bending light passed through the 1 diameter hole was going in the space; crumpled index finger space between similar figures, in late.
 Bend your index finger small hole as 1φ, making you look like. Bent concave effect in your surroundings and is visible. It is this phenomenon can be explained by Einstein's ideas. Today it is a story.
 1φ程度の小さな穴を人差し指を曲げて作り、覗いてみるのですよ。そうすると辺りの景色が凹レンズ効果で曲がって見えるのです。この現象はアインシュタイン思想で説明できるのです。

   今日はそのお話しです。
 前段階として、次の第1表でブラックホール重力圏との中央の半径を求めておきましょう。但し、以下の表でのブラックホールュワルツシルト半径の事です。気になる方は『ブラックホールの大きさ⇒シュワルツシルト半径』と置き直して読んで下さいね。
Stage for Let's radius of the center of gravity and black hole in the following table 1.

However, black holes in the table below is the schwarzchild RADIUS. You would like "black hole  schwarzchild RADIUS" and read the back.
Table 1: black hole R interim standard R gravitational sphere R
 
1ブラックホール重力圏との中間の半径は?
 月  0.00000011km center   36,000km
地球  0.000009km  center  2,900,000km
太陽  3 km    center  1km0.106Ly光年〕
銀河  0.2km center    〔700,000Ly光年〕
銀河団 200km    center   〔7億Ly光年〕 
1000個分の銀河)
 この表のcenter値を計算すればいいのです。
どうやるか? フィボナッチルールの1つ:「最大値と最小値とを掛け合わせて平方根√を取ってみれば、答え(center)が出て来る」のでした。細かな計算は後回しにして、
まず、その結果の表を示しておきましょう。

The center? of this table is good, if you calculate the value. How do they work? One of the Fibonacci rule: "multiplied by the maximum and minimum values square root answer it, if you take (center?) Coming out "of it was. Detailed calculations are the first that as a result table.

Black_hole フィボナッチルールを使って、
最大値と最小値とを掛け合わせて平方根√を取ってみれば、答え(center?)が出て来るのでした。 まず、に関して(center)を求めてみましょう。
Using the Fibonacci rule, multiplied by the maximum and minimum values and the square root answer it, if you take (center?) It have come out. First of all, for the Moon (center?) Let's start by asking.
(0.00000011km x 36,000km) = 0.063km
From the center of the Moon r1 = 63 m (spherical position) is found halfway between the months.
 の中心からr163mのところ(球面位置)の中間地点だと分かりました。地球に関しては?
When it comes to Earth?

(0.000009km x 2,900,000km) = 5.1km
Turns out that the Earth's RADIUS is 6378 km from this r2=5.1km is very near the center of gravity of the Earth.

地球の半径は6378kmなのですから、このr25.1km 地球の重心点の極近くだということが分かります。 太陽に関しても計算してみましょう。
 Let's try to compute with the Sun.

( 3km x 1,000,000,000,000km) = 1,732,000.km
 太陽の半径は70kmであり、水星の公転半径は5800 kmですから、太陽に関しての(center=r3)は、太陽表面を少しだけ離れた場所にあることが分かりました。
700,000 km is the radius of the Sun, Mercury's orbital RADIUS is 58 million km, with the Sun (center? = r3), found to be staying just a little bit off the Sun's surface.
 Similarly, the Galaxy (center? = r4) let's start by asking.

同様に、銀河
(center?=r4)を求めてみましょう。
(0.02 billion km÷9,500 billion km/Ly x 700,000Ly)
 =
( 0.2km÷95,000km/光年 x 700,000光年)
 = 1.21 Ly(
光年) = r4

 ついでに,
1000個の銀河集団である銀河団(center=r5)は、
(2 billion km÷9,500 billion km/Lyx700,000,000Ly)
=
( 200km÷95,000km/光年 x 700,000,000光年)
 =
1214 Ly(光年)= r5 と求まります。
Of matter in Galaxies contains 1000 galaxies, (center? = r5) = 1214 Ly (light years away) and obtained more.Here's an interesting. Each column of table 1 see Division in the r1, r2, r3, r4, and r5 please.  Results line numbers like these.
 面白いのはここからです。
表1の各欄を
r1,r2,r3,r4,r5で割り算してご覧なさい。
 結果は以下のような数値が並びます。
2:ブラックホールと重力圏との中間点は1.0
 月  0.00000174  1.0  571,000.
地球  0.00000176  1.0  569,000.
太陽  0.00000173  1.0  577,000.
銀河  0.00000174  1.0  579,000.
銀河団 0.00000174  1.0  577,000.
 計算の誤差範囲内で同じ数値が並んでいます。
こうなるように比例計算(相似計算)したのですから当然の結果だとも言えます。 最小値をブラックホールサイズとし、実質的な重力圏のサイズを最大値として、その間に標準的なフィボナッチ数列を当てはめたのです。《どの星や銀河に対しても、標準的なフィボナッチ数列単純比例で当てはめただけなのですよ。》
Within the error margin of the calculation are lined with the same number. Is to be proportional calculation (similarity) was, is a foregone conclusion.
Black hole size and the minimum value is substantial; gravity area size as the maximum value, applying the standard Fibonacci sequence during that time.
It is only applied in the simple proportionality standard Fibonacci sequence for how stars and galaxies.
 Using computed criteria is less than two.

 条件は以下2つです。

(1),ブラックホールとはシュワルツシルト半径のことです。その算定は、GPS衛星の時計の進み遅れを基準として〔1秒、時が経過したと思ったら実際には0.33秒も遅くなっていた〕という距離で定義されていたのでした。
Black hole is the schwarzchild RADIUS. The calculation criteria and GPS satellite clock lead-lag with [elapsed time 1 sec, and if you actually 0.33 seconds slower was] that I've had are defined at a distance.
(2),重力が及ぶ範囲(重力圏)に関しては、0.000000000445秒の最小単位:0.000000000001秒以下に影響が治まってしまう範囲を重力圏と決めたのでした。
この条件で、ブラックホール半径と重力圏半径の各数値を割り出したのでした。
For gravitational sphere (gravitational sphere), the range would affect is relieved the following minimum unit: 0.000000000001 sec of 0.000000000445 sec(GPS-satellite-clock), decided and gravity. In this condition, had figured out each number of black holes and gravitational sphere RADIUS. With respect to the other one.

 もう1つ基準にしたものがあります。
(3),太陽のブラックホールシュワルツシルト半径〕の半径が3Kmであることです。Black hole of Sun [schwarzchild RADIUS] is 3 Km in RADIUS.
 この
3Kmから質量比で他の星々のブラックホールのサイズを割り出しています。同時に、各星々に対して重力圏(引力圏)を質量比で割り出したのでした。(万有引力は質量に比例する、という法則を適用しただけです)
 そして確認の意味を込めて『宇宙の大規模構造の写真データと矛盾しない』事を先日のブログで確かめたのでした。
3 Km and the size of the black hole of other stars to calculate mass ratio. It was at the same time, for each star was calculated by mass gravity. (You apply the law of universal gravitation is proportional to the mass only).
 And they make sense, "does not contradict the photograph data of the large-scale structure of the universe, it was confirmed last week.
 So someone doing verification calculations are the same results [table 2] is obtained.
(Recalculate) checked to be sure of incorrect calculation of the figures in table 1. Conclusion so far, let's list of examination results. 

 ですから、世界中の誰が検証計算をやっても、同じ結果〔表2〕が得られるのです。2は、表1の各数値の計算が間違っていないことを確認するために、チェック(検算)したことにもなっています。ここまでのまとめとして、以上の検討結果を一覧表にしておきましょう。
Black_hole_2  さて、これから人差し指で作った小さな穴での時空間の曲がりに関して検討しましょう。 極わずかな曲がりであって、光を閉じ込めてしまうほどの強烈なブラックホールではありませんが、わずかに光の進路を曲げるくらいの影響があるのです。
For the bending of space-time in the small holes made with your index finger from this now, let's take a look. It is not a very slight bend as would confine the light so intense black holes, slightly bend the light path as affected.
Table 2: 1.0 is the halfway point between black holes and gravity.

2:ブラックホールと重力圏との中間点は1.0 です。
 月moon  0.00000174 1.0  571,000.
地球earth  0.00000176 1.0  569,000.
太陽 Sun  0.00000173 1.0  577,000.
銀河galaxy 0.00000174 1.0  579,000.
銀河団   0.00000174 1.0  574,000.

  Clusters of galaxies
Table 2 than 1 mm hole near the finger holes doughnut (torus) and 0.00000174 1.0 574000. The can be presumed to have become sort.

この表2より、指穴ドーナツ(トーラス)の1φ穴付近も
    0.00000174  1.0 574,000.
の並びになっていると推定できます。

 質量に関係なく幾何学的に相似則が成立しているのですから、指穴ドーナツ(トーラス)でもこのような分布になっているでしょう。但し、ブラックホールモドキ凹みの程度は指穴ドーナツではもの凄く小さくなっており、且つ、指穴ドーナツの重力が及ぶ範囲(引力)小さくなっているでしょう。
Geometrically similarity exist regardless of the mass from is this finger holes doughnut (torus). However, Dent black hall(fake?) degree with finger holes donut is really small, and would finger hole donut gravitational sphere is getting smaller.
 仮に
10 mmを最大値とし、1/10 mmを最小値とする範囲に限ってみましょう。
これ以上小さい世界は異次元世界だ、これ以上大きい世界も異次元世界であって、指穴ドーナツの時空間には無関係の世界だとしてローカル時空間を考えてみるのです。 この時空間の中間点は1.0 = 1mmでしょ。
更に極端に、2 mmを最大値とし、1/2 mmを最小値とする範囲に限ってみましょう。それでも、中間点は1.0 = 1mm です。
Let's only if 10 mm and maximum and minimum values to 1/10 mm range. Smaller than this world is different dimension world is larger than this dimensional world, world independent of in the space between the finger holes doughnut is the local space and time to think. Midpoint of this space-time 1.0 = 1 mm, right? Let us only, 1/2 mm to the minimum and maximum 2 mm in the extreme range. Still, the midpoint is 1.0 = 1 mm.
 ここに、3
つの点座標ができました。
   
(0.5, 0.5), (1, 1), (2, 2) です。( , )の最初の数値は距離に関する半径矢(r)であり、0.5, 1, 2 と並んでいます。( , )2番目の数値は時間軸の矢(t)伸び縮みする度合いですが、これも0.5, 1, 2 と並んでいます。これをグラフ上にプロットしてご覧なさい。45°の傾きを持った直線が引けるでしょ。これを接線という呼ぶのですが、そんなことはどうでもいいです。時間軸の伸び縮み具合⊿tと半径rとが正比例の関係にあるのが時空間の性質(宇宙の真理)』ということを説明したかったのです。これがフィボナッチ数列ルールの最も基本的なものなのです。
Here are the coordinates of the three. (0.5, 0.5), (1, 1), (2, 2). The first number is the arrow on the distance RADIUS (r) and are side by side with 0.5, 1, 2. The second number is how stretched and the arrow of time (t), which also lined with 0.5, 1, 2. This visit plotted on the chart!. You draw a straight line with a slope of 45 °. This tangent line as it is called, but never matter is. "Temporal elasticity condition Delta is directly proportional relation between t and r the RADIUS and is the nature of space and time (the truth of the universe), that explained that is. It is this is the most basic of Fibonacci sequence rules.

 だから、地球の重力圏(引力圏)を見積もってみても、太陽系の重力圏を見積もってみても、銀河や銀河団の重力圏を見積もってみても、天文観測と矛盾しない妥当な重力(引力)圏が出て来るのでした。
So it had come out a reasonable gravitational sphere does not contradict astronomers try estimate the Earth's gravitational sphere, try estimate the solar gravitational sphere, try estimating the gravity zone on galaxies and clusters of galaxies.

 わずか10grの質量があるとき、その大きさが1φだったとしたら、その極近辺の時空間は〔~2φ〕区間で実質的に歪んでいると言えるのです。2φ程度が質量10grの引力圏と呼べるのでしょう。その10grの引力の影響は、遠い宇宙の端まで及んでいることは(計算上は)出来ます。これは太陽の重力(引力)が遠い宇宙の端にまで及んでいることを万有引力の法則でもって計算できることと一緒の事なのです。
If and when there is a mass of only 10 gr, its size was 1 mm, space-time near the Poles [~ 2 mm] say substantially distorted by the interval. It might be called 10 gr gravitational sphere is 2 mm. 10 gr gravitational effect that extends until the end of the distant universe that can be (is). This can be calculated in the law of universal gravitation that reaches the edge of the Sun's gravity far universe together things that are.

 話を指穴ドーナツに戻しましょう。10grというのは、あなたの人差し指で作ったドーナツの質量のことです。そして1φというのは指穴の大きさを想定していました。そのトーラスの内周壁(1φ)から穴に向けて時間軸の矢が出射しているのです。0.5mm程度にしか実質及ばないわずかなものなのですが、1φ穴近辺の時空間をわずかに歪ませることは出来るのでした。何故なら⊿tと半径rとが正比例し、その付近ではグラフに描くと45°の傾きを持った直線なのですからね。
 光は正直者なのですから、時空間の歪みやゆがみの影響をまともに受けて曲がってしまうのでした。だから指穴を通過する光はそこに、まるで小さな凹レンズがあるかのように曲がって見えるのでした。
Back to finger hole Donuts. 10 gr is that doughnuts made with the index finger of your mass (weight). And, it was assumed the finger hole size is 1 mm. The torus in from wall (1 mm) toward the hole time axis arrow shoot out is. You can slightly distort the space-time near the 1 diameter hole is a few things not only about 0.5 mm. Because Delta is in a straight line with the 45 °inclination with RADIUS r and t is directly proportional to, and draw a graph in the vicinity.
 For light is the honesty, of space-time and warp seriously affected was all crooked. Or so light that passes through the finger holes, there were small concave is to turn, look so.

 質問ですか。どうぞ。
「これまで星とか銀河の重力圏の話は皆、球状の質点でお話しされていました。でも今回は急にトーラス(指穴ドーナツ)の引力圏の話に切り替わっています。これを同列で議論されるのは如何なものかと思うのですが」
Is the question? Here you are. "So far's gravitational sphere of stars or galaxies, in a spherical mass talk would have been. But you suddenly has switched to the story of gravity area of the torus (donut hole of fingers). I think it and this will be discussed in the same row.
 ごもっともな意見です。そんな質問も出るだろうな、と予測して、先月のブログで、表面引力のお話」を小学校の女の子の質問に答える形でご説明しておいたのです。 通常、表面引力とは『星の表面で感じる重力』という具合に議論されます。例えば地球上では、1G = 9.8 m/s2 という風に説明されています。しかしこの表面引力はあなたの指の周りにだって発生しているのでした。それを分かって頂くために、先日「表面引力はあなたの身の回りでも観測可能」という記事を書いておいたのです。女の子は無事「ああ、ガラス管の内面には断面が富士山型をした引力場があるんだ」って納得していたでしょ。ガラス管を輪切りにして、トーラス面(ドーナツの形)を作っても内壁に同じような(断面が)富士山型のローカル引力圏(引力場)が出来ているのです。

その形は(ドーナツ)形状に似ているでしょ。『だまされた。ダメで元々』と思って、人差し指を丸めて1φ程度の穴を作り覗いてみてごらんなさい。周囲の景色が小さく鮮明に見えますよ。その指穴を少しだけ上下左右に静かに動かしてみて下さい。まるでその1φの穴のところに凹レンズが取り付けてあるかの如くに通過光線が曲がっている事実が貴方自身の目を使って確認できますよ。
 2017 7/4 Hiro. Oyama 大山宏
PS,プラスチックか紙か金属の板に1φぐらいの穴を開けて覗いてみても、同じ凹レンズ効果は観測できます。1.5φの穴を覗くと中心部の0.5φは光が実質的に曲がったようには見えません。
Is an opinion, you're absolutely right. Even ask such a question would explain as predicted in last month's blog, story of the surface gravity of elementary school girls to answer questions is kept. Usually, and surface gravity will be discussing "feel on the star's surface gravity, and so on. For example on Earth, is documented in the 1 G = 9.8 m / s2 is the wind. But was the surface attraction happens in around your finger. Was writing a blog the other day "surface attraction is even in your everyday life observations possible, because we know it is. You girls had successfully convinced coz I have a gravitational field Oh, did Mt. Fuji types section on the inside of the glass tube. A similar inner glass tube and slice make a torus (doughnut-shaped) to type local gravitational sphere (gravitational field) that are made up (cross section). Its shape (Donut) huh that resembles the shape. "Cheated. In good original ' and thought, hunched over your index finger, 1φ hole make a sneek peek look!. You'll see small, clear views of the surrounding. The finger hole just a little quietly move it vertically or horizontally.
Transit Ray is bent like almost 1 dia. hole to deflate is installed or the fact that you can check with your own eyes. 2017 7 / 4 Hiro. Oyama = Oyama Hiroshi.
 PS, plastics or paper or metal plates about 1 diameter hole to open, take a look, deflate the same effect can be observed. You peep hole 1.5 mm and 0.5 mm in the center of the bent light practically doesn't look like.

|

« 村上斉殿へ『アインシュタイン思想の解釈間違い』を何時まで続けるのですか。懺悔を!Interpretation mistakes of Einstein's thought. Confession! | トップページ | 表面張力と表面引力の違いは何?クーロンの法則=万有引力の法則!Difference between surface tension and the surface gravity? Coulomb's law = universal gravitation law. »

F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 村上斉殿へ『アインシュタイン思想の解釈間違い』を何時まで続けるのですか。懺悔を!Interpretation mistakes of Einstein's thought. Confession! | トップページ | 表面張力と表面引力の違いは何?クーロンの法則=万有引力の法則!Difference between surface tension and the surface gravity? Coulomb's law = universal gravitation law. »