« 村上斉殿へ「間違いだらけの宇宙論」を読んでホーキング博士は「ブラックホールは存在しない」と主張し始めた様ですね。”The New Static Cosmology”佐藤勝彦殿、船久保公一殿。 | トップページ | 1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できるというアインシュタイン思想。物質の表面引力。重力場。Bending of light through 1φhole. Surface gravity. »

2017年7月 1日 (土)

村上斉殿へ『アインシュタイン思想の解釈間違い』を何時まで続けるのですか。懺悔を!Interpretation mistakes of Einstein's thought. Confession!

概要:小学校の授業風景の中で、アインシュタイン思想を語っています。★1、〔一般相対性理論〕の本質は「時間軸の矢が(星の重心点からの)距離に正比例して伸び縮みしている」という事。★2、その正しさはGPS衛星での時間調整を通して皆さんの生活の中に根付いているという事。★3、ブラックホールは誤解に基づいた空論〔似非仮説〕である事。この3つに関してやさしく語っています。
Summary: in the elementary school classroom, talks about Einstein's thought. 1, [General Relativity] in nature things that stretch the time axis is proportional to the distance from (of gravity). 2, its correctness is rooted in your life through GPS satellite timing things. 3, black hole theory based on a misunderstanding [mocking hypothesis] in there. Gently talks about these three.

 村山斉先生、佐藤勝彦先生へ
 ウィキペディアには、既に『GPS衛星での時間の進み遅れは重力ポテンシャルの影響だ』と、ハッキリと書いてあるではありませんか。
「間違いだらけの宇宙論」という日本人の書いた論文が世界中の物理学者に向けて発信されたのは今から20年も前ですよ。ホーキング博士でさえも、最近は「ブラックホールは存在しない」という論文を書かれているそうですね。
 その現状の中で、村山斉先生や佐藤勝彦先生達は今もって、暗黒物質・エネルギーという眉唾物の論議(空論)を一般大衆に向かって発信し続けられています。これは犯罪行為に限りなく近いと言わざるを得ません。懺悔(ざんげ)をこの場を借りて両先生に対して要求します。
For Dr. Hitoshi Murayama, Katsuhiko SATO
 Wikipedia, already written clearly "lead-lag time in GPS satellite's gravitational potential impact" is not. It is now 20 years ago was disseminated essay "the New Static Cosmology" that Japanese physicists around the world.
 In the hawking recently papers called "black hole" does not exist in written that is likely. In its current state, Lawrence and SATO, Katsuhiko teachers now, fake dark matter / energy that discussion (theory) towards the public debuting is has. Not to say that it is infinitely close to criminal activity. Take this opportunity to a repentance and requests for both teachers.
 さて皆さん、今日はアインシュタイン思想についてのお話しです。
ブラックホールって聞いたことがあるでしょう。あのブラックホールは、アインシュタインが100年前に発明した相対性理論を他の人が使って『ブラックホールはあるはずだ』と他の人が空想したものなのです。『光さえも吞み込んでしまう』と言われているブラックホールですから、天文学者が必死になって探しても、証拠は100年経った今でも、見つからないのです。
アインシュタイン自身が「ブラックホールは存在しない」って断言したくらいなのですからね。
Well ladies and gentlemen, today Einstein thought of the talk about is. You will have heard of black holes. Is that black holes are those using someone else invented 100 years ago by Einstein's theory of relativity, "black holes should be' someone else fancied.
"Light or even sliced would swallow' and from the black hole known, astronomers are desperately, looking for evidence that 100 years is still missing. Because it is about "black hole does not exist" he affirmed Einstein himself.

 早速質問ですか。どうぞ。
「村山斉とか言う物理学者は、『天の川銀河には、太陽質量の400万倍もの巨大なブラックホールが存在する』って本に書いてたよ。あれは嘘なの?」
 その本というのは「宇宙は本当にひとつなのか」という本のことですね。
Question is? Here you are. "Physicist says Hitoshi Murayama was ‘huge 4 million times the solar mass black holes exist in the Milky Way Galaxy,’ it was written in the book. That is a lie?”
The book is that the book "universe really wasn't what”, isn’t it?

 あの本の中にも『ブラックホールを直接観測することは出来ません。でも、その傍を通る光は不思議に曲がるのです。その曲がり方を詳細に観測し計算してみたら、そこにブラックホールがあるとしか考えられません。これはブラックホールが存在している証拠です』って大見え切って喋っておられたでしょ。あれが大嘘なのですよ。
In that Book, "We cannot directly observe the black hole. However, turn to wonder through the next light. Not only considered when calculating how to turn and observed in detail, there a black hole. This is evidence that there are black hole.' It off grandly, he was talking. That is the big lie.
光は曲がって進みます。』と最初に主張したのはアインシュタインです。そのアインシュタインが『ブラックホールは存在しない』と口を酸っぱくして言ってるのに、『光が曲がって観測されたから、ブラックホールは存在するんだ。』なんて村山斉先生が主張したって、筋が通らないでしょ。
 最近は車いすの物理学者として皆さんもよく知っているホーキング博士でさえも『ブラックホールは存在しないって主張され始めているのですよ。
アインシュタインやホーキング博士の言う事と、村山斉先生が主張する事とを較べて、どちらをあなたは信じるのですか?
"Light is bent, proceed." and Einstein is claimed at first. That Einstein "black holes do not exist, again and again. But saying, "I'm bent light observed from black holes exist; "I claimed’ that Lawrence is illogical? Even with Dr. hawking recently as a physicist in the wheelchair you know? "The black hole does not exist' started and claim it is. Whichever you believe, than say Einstein & hawking and Lawrence argue?
「先生、それって可笑しいよ。偉い先生が『信じなさい。そうすれば救われます』と言ったから信じる。少しお頭の程度が低い先生が主張しているから『信じない』ってのは宗教じゃないの」
 これは一本取られました。私の言い方がまずかったです。ごめんなさい
"Sir, it is funny I heard. Great teacher ‘believe. Will be saved if you do,’ and believe in said. A little less with his head teacher has claimed that "do not believe" what of is not religion "
 Was taken this one! I say it is. I am sorry.

 アインシュタインが相対性理論を発表したのは今から
100年前でしたが、その思想を理解できる人は世界中を探してもわずかに数人程度しかいなかったのです。みんなあの奇妙な絵に惑わされて信じなかったのです
そんな中でシュワルツシルトという人が、アインシュタインの相対性原理に基づいて計算してみると、可笑しなことに気が付いたのです。

その可笑しなこととは、『30Km/secの速度を持つ光が脱出できないような半径があることになる?太陽ではそのサイズが半径で3Kmと計算される』という計算結果です。そこでシュワルツシルトはその論文を学会で発表したのです。これがブラックホールという言葉が世に生まれ出た最初なのです。しかしブラックホールは亡霊(妄想)だったのです。
 It is looking for all over the world who can understand the thought of Einstein's theory of relativity was 100 years from now, but there were only very few to understand. People misled by that strange painting is not believed. It is noticed in Schwarzchild people do the math based on the principle of relativity and the funny thing. And its funny that "RADIUS cannot escape the light with the speed of the 300,000 Km/sec to be? In the Sun, the size is calculated and 3 Km in RADIUS" that is calculated. So is the Schwarzchild announced in the papers of science academy. This is the term ‘black hole’ was born came out is a first. However, black hole was a ghost (delusion).
 ちょっと難しい話をしますから、小学生はねんねしていて下さい。「間違いだらけの宇宙論」の中にブラックホールは本当に存在するのか?と題した文章があります。
その最初の数行を転記しましょう。
『ニュートン力学では、半径R 質量Mの星に向かって無限遠から自由落下させた質量mの物質の運動エネルギーmV2/2は、GmM/RGは重力定数)と等しくなるとされています。等式を変形すると、R = 2GM/V2 でありこれによりその星からの脱出速度がVの時の半径R が求められます。Vを光速度Cとすると、R = 2GM/C2 となります。実は、この式はまさしく一般相対論より求めた、光も脱出できないとされるシュバルツシルド半径となります。不思議なことにニュートン力学と一般相対論からの解が同じになるのです。
 このように書いてあります。
この時点から全世界の人々の誤解が始まったのです。この誤解が100年経った今でも続いているのです。
 Kinda hard to talk about, from elementary school and beddy and please.
 During the "cosmology of mistakes", black holes really exist? and there are sentences entitled. Let's post the first few lines. "And exercise energy mV^2/2 of Newtonian mechanics, was free fall from infinity toward the star of RADIUS R and mass M and mass m is equal to GmM/R (where G is the gravitational constant). To transform the R = 2GM/V^2, and this prompts the RADIUS R of v is the escape velocity from the star. V to the speed of light C, R = 2GM/C^2. Schwarz SLD RADIUS and to tell the truth, this expression cannot escape light just asked for more on general relativity. It is mysteriously become the same solution from Newtonian mechanics and general relativity. "As this is written. It is a misunderstanding of people around the world began from this point on. This misconception that 100 years is continued even today.
 分かってしまえば当たり前!という言葉がありますから、先に私の結論を書いておきます。『光速度はC=(2GM/R) ですよ。脱出速度はV=(2GM/R)ですよ。これはニュートン力学でも相対論の立場でも一緒です!』ということなのです。
Obvious once you know!" there are words from before I write my conclusion. "The speed of light C = (2GM/R) is. Escape velocity is V = (2GM/R) is. This is also in the standpoint of the theory of relativity, in Newtonian mechanics together!' It is said that.
 その事にアインシュタインは後で気が付くのですが、人々の誤解と混乱の様子を示す続きの文章を転記しておきましょう。
『これは偶然の一致であると説明されていることが多いようです。しかし、ニュートン力学では、光速度Cには特別な意味はなくCより早い速度というのは無限大までいくらでも可能です。しかし相対論では光速度に達すると運動エネルギーは無限大になり決してこの速度を越えられません。このような決定的な違いがあるのに、結果が同じとは全くおかしい話です。…』
 Keep posting the shows people's misconceptions and confusion is that Einstein later noticing more.
"As often as described and it's a coincidence. However, in Newtonian mechanics, the speed of light C is a special meaning is not faster than C that is even available until infinity. But reaches the speed of light in relativistic kinetic energy becomes infinity, never not exceeded this speed. Is there such a decisive difference between the same results is quite funny story. ... '

 後半部の『相対論では光速度に達すると運動エネルギーは無限大になり決してこの速度を越えられません』の認識が間違っているのです。
速度Vは移動した距離Lを移動に要した時間tで割り算したものですね。
 式で書くと、 VL / t … (1)  です。
L
tとが正比例で伸び縮みしてさえいれば、速度VCは一定値として観測されるのです。ただそれだけの事だったのです。
Later, "and reach the speed of light in relativistic kinetic energy becomes infinity, never not exceeded this speed" is a wrong perception. Speed V is dividing the time spent traveling distance L moved to t. Write formula is V = L/t  (1).  It is long as L and t are oscillating in direct proportion to the speed V and C is observed as a constant value. It is just as it was.

先生質問で~す。移動した距離Lと移動に要した時間tとが比例しているのは当たり前じゃあないですか。ニュートン力学と〔一般相対論〕との差はどこにあるのですか?」
 あらまあ、『小学生は寝てなさい』って言ったのに、フィボナッチ坊やは起きて聞いていたのですか。
まあ、それは良しとしましょう。小学生にも分かる形で違いを説明してあげます。
"By asking the teacher to do. Distance L moved and moving time t is proportional to it's natural you are not. Newtonian mechanics and [General Relativity] with is where is the difference?"
 Do Fibonacci boy awake and sleep are elementary school students, he said, was listening. Well, it's good. I'll explain the difference in elementary school children can see.

時間軸が伸び縮みしていないのがニュートン力学です。これに対して、
時間軸が伸び縮みしているのが〔一般相対論〕です。
もっと具体的に話しましょう。
 あなた方はものを測る時に物差しやメジャーを使うでしょ。その等間隔の目盛りがどこまでも続いていると考えるのがニュートン力学なのです。
これに対して〔一般相対論〕では、長さも時間も、互いに比例して伸び縮みする、って考えているのです。
It is Newtonian mechanics does not expand or contract the time axis. Is a time axis that expand or contract [General Relativity] is.
We'll talk more specifically. Using a ruler and measure when you measure what? Think of equally spaced scale has been where is the Newtonian mechanics.
On the other hand [General Relativity], it is thought that stretch the length and time are proportional to each other.

 例えば銀河宇宙を考える場合には、銀河の重心点からの距離に比例して時間軸の矢が伸び縮みしていると考えるのです。
電子顕微鏡でしか見ることが出来ない世界では、その原子1個の重心点からの距離に比例して時間軸の矢が伸び縮みしていると考えるのが〔一般相対論〕なのです。

 これに対してニュートン力学では、
銀河世界であろうと、電子顕微鏡でしか観察出来ない世界であろうと、どんな異次元世界であっても同じ一定速度の時間が流れていて、時間軸が伸び縮みするなんてことは全く考えない力学 なのです

For example, it is thought that stretch the arrow of time, when thinking about the Milky Way space is proportional to the distance from the center of gravity of the Galaxy. Is proportional to the distance from the center of mass of one atom in the world cannot be seen only with an electron microscope, and to stretch the arrow of time axis [General Relativity] what is. Takes the same constant velocity flows in the world in the Galaxy world, in Newtonian mechanics, and cannot be observed only with an electron microscope, and even in different dimensional world, and to stretch the time axis is the mechanics do not think at all.
 まだ『訳が分からない』という顔をしていますね。
それも当然です。
アインシュタイン自身が自分の思考実験から得た〔一般相対論〕の本質が「時間軸が距離に比例して伸び縮みしている」という事実に有ることをアインシュタイン自身が、当初は理解できていなかったのですからね。
 あなたが信じられないのは当然のことなのです。

ハッキリとした証拠お示ししましょう。
GPS
衛星が地上に住んでいる人々に向かって、『あなた方の時計はこれだけ進んでいますから自動修正しておきました』という情報を常に流しているのはみんなも聞いたことがあるでしょう。
ウィキペディアには既に『GPS衛星での時間の進み遅れは重力ポテンシャルの影響だ』と、ハッキリと書いてあるのですよ。
 Still face "clear as mud". It is of course. Einstein himself got his thought experiment from [General Relativity] in essence did not initially understand facts and stretch the time axis is proportional to the distance from it. It is of course that you won't believe.
 Evidence was clear; Everybody heard my information "from your watch is fast so just fix I've' towards people who live on the ground GPS satellite. Wikipedia already written clearly and "lead-lag time in GPS satellite's gravitational potential impact' and so there is.

『先生、質問です重力ポテンシャルって何のことですか?』
 重力ポテンシャルっていうのは、位置エネルギーのことです。太陽系を使って説明しましょう。
太陽系には、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星の8つの惑星がありますが、海王星を超えると、その向こうには、地球サイズの星は全くないのです。光が1年間かけて走って行っても、星らしき☆星☆はないのです。光が4年間かけて一生懸命走っていってようやく、ケンタウリ星という恒星の周囲に分布している惑星や星くずが見つかるだけなのです。
 それくらい宇宙はスカスカ状態なのです。
そのスカスカ状態の位置エネルギーを基準〔0:ゼロ〕だとして太陽系内の位置エネルギーを計算したものが重力ポテンシャルというものです。通常は〔-:マイナス:負〕の数字で表示されます。
"Sir, is the question. What is gravitational potential? "Gravitational potential is a potential energy that is. Let me illustrate with the solar system. Beyond Neptune will have 8 planets of mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter, Saturn, Uranus and Neptune in the solar system, and beyond that, the threshold from stars is not at all. Is star-like Star no light over the course of a year, also ran. Light over the course of 4 years ran so hard, It(the light and you) just finally finds a planet of Centauri stars and Stardust. Is it universe is a lean condition.
 Energy of the lean State standards [0: zero] is, you calculate the potential energy in the solar system is called gravitational potential. Usually
〔-: negativethe is displayed with numbers.
『先生、重力ポテンシャルをイメージで教えて下さい』
 良い質問です。
そのイメージとは、逆さ富士イメージなのです。富士山の周りに5つの湖〔富士五湖〕がありますが、その湖面に映った美しい「逆さ富士の写真」は、みんな見たことがあるでしょう。あの逆さ富士で重力ポテンシャルをイメージするのが最も適切です。
 但しね、富士山のすそ野広くなだらかに関東地方一円に広がっていると考えるのです。
もっと欲張りな人は、『逆さ富士のすそ野は、赤道を越えて地球の裏側まで広がっている』と考えてもいいのです。

It is a "teacher, the gravitational potential tell with the image' good question. And the image is upside-down Fuji image. Around the Fuji five lakes [Fuji] will be reflected in the Lake, beautiful upside-down Fuji Photo that everyone saw that. Image to that of Mt. Fuji of the gravitational potential is the most appropriate.
However it is thought, is the foot of Mt. Fuji in the widely spreading in the Kanto region around. It is more greedy people who think "upside-down Fuji’s SUSONO (the foot of Mt. Fuji) spans halfway around the world crossed the Equator'.

 あッ、チャイムが鳴ってしまいました。
今日の授業のまとめをしておきましょう。
★アインシュタインが考え出した〔一般相対性理論〕の本質は、「時間軸の矢が(星の重心点からの)距離に比例して伸び縮みしている」という事。
★その正しさはGPS衛星での時間調整を通して皆さんの生活の中に根付いているという事。
ブラックホールは誤解に基づいた空論〔似非仮説〕である事。
 この3つだけ覚えておいてくれれば、充分です。
  2017 7/1  0: 2 Hiro. Oyama〔小山広雄〕
 Ah, chimes were ringing.
 Let's summarize today's lesson.
Einstein figured [General Relativity] in essence, things that stretch the time axis is proportional to the distance from a star ( gravity center of the mass ).
means its correctness is rooted in GPS satellite timing during your life.
black hole theory based on a misunderstanding [mocking hypothesis] in there.
 It is sufficient if you three remember me.
Thank you 2017 7/1  0: 2 Hiro. Oyama

|

« 村上斉殿へ「間違いだらけの宇宙論」を読んでホーキング博士は「ブラックホールは存在しない」と主張し始めた様ですね。”The New Static Cosmology”佐藤勝彦殿、船久保公一殿。 | トップページ | 1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できるというアインシュタイン思想。物質の表面引力。重力場。Bending of light through 1φhole. Surface gravity. »

F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 村上斉殿へ「間違いだらけの宇宙論」を読んでホーキング博士は「ブラックホールは存在しない」と主張し始めた様ですね。”The New Static Cosmology”佐藤勝彦殿、船久保公一殿。 | トップページ | 1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できるというアインシュタイン思想。物質の表面引力。重力場。Bending of light through 1φhole. Surface gravity. »