« 1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できるというアインシュタイン思想。物質の表面引力。重力場。Bending of light through 1φhole. Surface gravity. | トップページ | 佐藤勝彦殿、ビッグバン仮説から手を引き、真の量子力学を展開すべきです!Dr. SATO Katsuhiko, withdraw from the big bang hypothesis, and should deploy true quantum mechanics! »

2017年7月 7日 (金)

表面張力と表面引力の違いは何?クーロンの法則=万有引力の法則!Difference between surface tension and the surface gravity? Coulomb's law = universal gravitation law.

概要:表面張力という言葉は明治時代の誤訳であって、表面引力と訳すべきであった事をまず、説明しています。後半では「クーロンの法則とニュートンの万有引力の法則とは同じものである」ことを説明しています。
Summary: word "surface tension" is a mistranslation of the Meiji era and was they should translate the surface gravity and learn first. In the second half, "the law of Coulomb's law and Newton's universal gravitation as one" that explained.
 先日、「
1φの指穴を覗くと光の曲がりが確認できる」というお話しをしたところ、抗議コメントが送られて来ました。「光が曲がるのは、強力な重力場でのみ観測できるのです。1φの指穴で曲がるはずなんかありえないですよ」というクレームです。 この人は、『ダメ元でやってみてごらん。光の曲がっている様子が観測できますよ』という助言を頭から否定している人でしょうが、情けない話しです。
 指を丸めて覗いて見るだけですよ。ものの10秒もあったら確認できるのですからやってみればいいじゃないですか、

      と思うのですが、、。
The other day, "Peek 1φfinger holes and can bend light," said protest comment has been sent so far have talked. "Is can be observed only in a strong gravitational field bends the light. It is unlikely it would turn in a 1φfinger holes "that claims it is. This person is "try try it in bad. It can be observed to bend light "that advice rejects from the head person is miserable story. Fingers curled up, just look. If there's 10 seconds try because he can be sure is nice it's not, I think,
 まあ、光の粒子説が光の波動説に押し切られたニュートン時代の経緯もありますから、引力というものに関して ここで改めて考えてみましょう。
ことの発端は、水玉や水銀玉は表面張力ではなくて表面重力(表面引力)で丸くなっているのです、という説明を始めたことでした。
There is also details of Newtonian corpuscular theory of light was faced out to the wave theory of light well, and then once again consider attraction for.
 It began to explain that inception is not mercury ball, polka-dot surface tension, surface gravity (surface gravitation) is round, that was.
 表面重力という言葉を作って自動翻訳してみて分かったのですが、海外では引力も重力も共にGravitation という言葉を使っていたのです。そこで、表面張力を自動翻訳してみると、Surface-Tension だと英訳されるのです。表面引力や表面重力を自動翻訳してみると、どちらもGravitation と英訳されます?
Try automatic translation, was making a surface gravity that is overseas, Gravitation and gravity are both used Word Gravitation is. So it is the English try automatic translation surface tension, Surface-Tension said. Try automatic translation surface gravity and surface gravity and both English and Gravitation. ?
 そこで私は、はたと気が付いたのでした。 明治・大正時代にSurface Gravitation という外来語を日本語に翻訳するときに、表面張力を宛てたのが間違いの元だったと、私は気が付いたのです。こんな誤訳をしたから、分子間力がひどく限定的な引力になってしまったのです。 
 まあ、愚痴を言っていても始まりません。
分子間力は元をただせば電磁気力の「クーロンの法則」に基づくものですが、クーロンの法則に入る前に、表面張力と表面引力との関係を整理しておきましょう。
So I woke up suddenly and it was. Is the original mistake was addressed surface tension when you translate Japan Japanese loanwords that Surface Gravitation in the Meiji and Taisho eras, and I woke up.  It is from such mistakes, Intermolecular forces has become terribly lazy attraction. Does not start well, and even complaints. Relationship between surface tension and surface gravity let you organize before enters the Coulomb's law is based on Coulomb's law of electric and magnetic forces started the Intermolecular forces.
 答えを先に言いましょう。着目している力の方向が、90°違うのです。ゴム風船やシャボン玉で盛んに使われる表面張力はゴム膜や石鹸水の薄膜方向(膜に接する方向:XY方向)に対して膜が引っ張られている、その力を表すので表面張力という言葉が使われているのでした。これに対して表面引力(表面重力)という言葉は、水銀玉や水玉が存在するときに、その球の重心点の方向に引力が働いていますよ、ということを指す言葉なのです。ベクトルで言えば、表面張力面に直交する面直方向に引力ベクトルがあるのです。
First I'll answer. It is different from the direction of the force are focusing on 90 °. I had used rubber balloons and bubbles in the surface tension against the rubber membrane or SOAP and water film direction (direction X and Y direction tangent to the film) pulled the film because it represents the force used the word "surface tension". It is a word that, if mercury ball and polka-dot says that the surface gravity, on the other hand, in the direction of the gravity of the balls work attraction. Direct plane orthogonal to the surface tension terms speaking at vector, is the gravity vector.
 着目している力の方向にこれだけの違いがあるのですから、現象説明が大きく異なってくることは明確です。と同時に、物事の真理に近づける思想なのか、それとも後追いの現象追随型の理論なのかが分かれて来るのでした。
 クーロンの法則の説明に移りましょう。
It is clear because there is a difference only of this in the direction of the force is based on symptoms described differ significantly. And at the same time, it's closer to the truth of things spiritual or later could come behind phenomena follow type of theory is divided.
 Let's look at the description of Coulomb's law.
 クーロンの法則は、
f = k (Q1・ Q2)/ r^2 ・・・(1)
 と表せます。この式は万有引力の法則と同じ式の形をしています。
大きな違いは、Q1Q2が異符号の場合に引力が発生し、同符合の場合には斥力が働くことです。《 万有引力では引力しか存在しません。》
 磁石を鉄片に近づけると、通常は引力が働き、近い側に磁石と異符合の極が発生します。そして、反対側に同符合の極が発生するのでしたね。
静電気に関しても同様です。即ち、プラス〔+〕の電荷を近づけると近い側に異符合〔-〕の電荷が発生し、遠い側に〔+〕電荷が発生するのでした。
 Coulomb's law is f = k (Q1・Q2) / r^2 (1)
and can be represented. This expression has the form of the law of universal gravitation and the same expression. Big difference is that Q1 and Q2 are different codes for an attraction and, in the case of the unsigned work repulsive. "Does not exist in the gravitation attraction only."
Work usually attraction and magnet closer to the iron and magnet causes very different sign on the near side. And on the opposite poles of the same sign may have. Same is true for static electricity. Namely, plus [+] of close different signed with near charge [
] of charge will occur and on the far side [+] that incurs a charge.
 電磁気力の力は、クーロンの法則で表わされるとなっていますが、厳密には、異符合の力から同符合の力を引き算した形で現れています。
即ち F = k(qQ1)/R1^2k(qQ2)/R2^2 (2)
 
厳密な式なのでした
Appearing in the form of electromagnetic power is expressed in Coulomb's law, but strictly from the power of the different sign you subtract your power of the same sign. Namely,
F = k(q
Q1) /R1^2k(qQ2)/R2^2 (2) is an exact expression.
 この(2)式がどうして(1)式に実質的にみなせるのか説明しましょう。
電荷qと異符合な電荷Q2までの距離はr2であり、
電荷qと同符合な電荷Q1までの距離はr1です。
r2
r1よりは小さいでしょ。それを今、r1=10r2だとすると、
距離の2乗の逆数に比例して力が発生しますから、両者の力の差は100 倍の差として現れるのです。
r1=100r2だとすると、両者の力の差は10,000 倍の差として現れるのです。
ですから距離の遠い側の電荷の力は実質的に無視できて、(2)式は(1)式に還元してしまうというわけです。これは磁石の力(磁力)に関しても全く一緒です
 The expression of (2) is why (1) explain the formula can be regarded as substantially. Different sign with charge q, r2 is the distance the Q2 charge with same sign electric charge q charge Q1 q distance is r1.  r2 is less than the r1, right?  It now, r1 =100r2 shows up as a difference in power between the two's 10 and r2 and proportional to the reciprocal of the distance of 2 squares, power is generated from. R1 = 100r2 and shows up as 10,000 times the difference in power between the two.  So, practically negligible force in charge of the far side of the distance (2) expression, (1) is it reduced expression. This is all together for the power of the magnet (magnetic).
 発生した電荷や磁気(磁石)の両極間の距離をLとすると、その長さL10分の1にまで近づけた場合には100分の1にまで同符合の極の力は弱くなっているということです。L50mmとして10分の1(即ち5mm)にまで近づけると、同符合の極の力は100分の1ですから、実質的に無視できます、とニュートンさん〔ではなかった、クーロンさん〕がおっしゃっているのです。
Is that if you close up to one-tenth of the length L, the distance L between two poles of charges and magnetism (magnetic) and up to 1/100 power poles of the same sign has become weaker. L = 50 mm as close to one in ten (i.e. 5 mm) power of the poles of the same sign is 1/100 so practically negligible, and Newton [but could not, and Coulomb] is telling.
 さて、ここで問題です。強力な棒磁石があったとします。磁極間の距離はLだとしましょう。そこに小さな磁極(q1)を持ってきました。
 なるほど、近づけた距離がLに較べて充分に小さければ力Fは強力であり(1)式で代用して十分です。しかしその小さな磁極を少し遠ざけてごらんなさい。
例えば棒磁石の長さLだけ遠い位置に小さな磁極を放して置いてご覧なさい。
この場合、〔r1LL2Lr2L〕 なのですから(2)式を使うしか手がなくなるでしょ。q1に働くトータルの力F3分の1にまで減少します。
Well, here is the problem. Suppose you had a strong rod magnet. L is the distance between the magnetic poles. There have been have little pole (q). The closer distance is enough small compared to L force F is powerful, Yes (1) substituted in the expression, it is enough. But look away little pole a little bit up. For example the length L of a bar magnet, as far small pole release put out.. In this case, [r1 = L+L = 2 L, r2 = L] is only using the expression (2) don't have. the force F acting on the q1 total reduced up to one-third.
 棒磁石の長さの2倍の距離のところまで磁極を放してごらんなさい。すると
r1L2L3Lr22L なのですから、q1に働くトータルの力F7分の1にまで激減します。棒磁石の長さの3倍の距離のところまで磁極を放してごらんなさい。するとr1L3L4Lr23L なのですから、q1に働く力F20分の1にまで激減します。
Far away two times the length of a bar magnet pole please look at release. Thenr1L2L3Lr22Lis so the force F acting on the q1 total haul up to 7 minutes. Up to three times the length of the rod magnets away please see release pole. Then r1L3L4Lr23L is the force F acting on the q1 is dramatically reduced up to 20 minutes.
 棒磁石の長さの9倍の距離のところまで磁極を放してごらんなさい。すると
r1L9L10Lr29L なのですから、q1に働く力F426分の1にまで激減します。そして、棒磁石の長さの20倍の距離のところまで磁極を放してごらんなさい。すると r1L20L21Lr220L なのですから、q1に働く力F4300分の1にまで激減します。もうほとんどゼロ〔0〕だと言ってもいいくらいです。
Pole please look at release up to nine times the length of the rod magnet distance. Then r1L9L10Lr29L is the force F acting on q1 is dramatically reduced up to 426 minutes. And please look at release the pole far distance of 20 times the length of a bar magnet. Thenr1L20L21Lr220L is so the force F acting on the q1 is dramatically reduced up to 4300 times. Almost zero [0] and that is nice as well.
 この減り方は異常でしょ。
万有引力は距離の2乗に逆比例であり、(1)式で表わされていたのでした。この万有引力の力の減り方に比べて異常な減り方だ、と言っているのでした。
 逆に言うと、質点に近づくに連れて、電磁気力が急激に大きくなっていき、引力のほとんどを引き受けていくようになるという事を示しているのでした。
This decrease is extraordinary, isn't it? Gravitation is inversely to the 2nd power of distance, and (1) of the so had presented in the ceremony. How to decrease this gravitation force less than extraordinary, saying that it was. It did indicate that approaches to mass say to the contrary, the electromagnetic force rapidly, will undertake most of the attraction.
 繰り返しますが、ニュートンは万有引力の法則を発見したのであって、「万有重力の法則を発見した」とはちっとも言っていないのです。クーロンの法則が電磁気学で認められていますが、引力という力の物差しで見れば、クーロンの法則とニュートンの万有引力の法則とは同じものであることが分かりましたか。
 微小な異次元世界では、引力がいつのまにか電磁気力の引力に化けていただけのことだったのです。このような観点で引力を整理していけば、力の統一なんて先が見えて来たとは思いませんか?
 2017 7/10 Hiro. Oyama
Of repeat, Newton found the law of universal gravitation is not at all say "discovered a law of universal gravity, even. Coulomb's law has recognized in electromagnetism, but look at the measure of the force of attraction, law of Newton's universal gravitation and Coulomb's law are found in the same? It is just in a different dimensional world a small attraction had disguised as the electromagnetic attraction somewhere along the line it was.
 Looking to unify the forces I you, organize the gravitational pull at this point don't you think?
  2017 7 / 10 Hiro. Oyama

|

« 1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できるというアインシュタイン思想。物質の表面引力。重力場。Bending of light through 1φhole. Surface gravity. | トップページ | 佐藤勝彦殿、ビッグバン仮説から手を引き、真の量子力学を展開すべきです!Dr. SATO Katsuhiko, withdraw from the big bang hypothesis, and should deploy true quantum mechanics! »

F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できるというアインシュタイン思想。物質の表面引力。重力場。Bending of light through 1φhole. Surface gravity. | トップページ | 佐藤勝彦殿、ビッグバン仮説から手を引き、真の量子力学を展開すべきです!Dr. SATO Katsuhiko, withdraw from the big bang hypothesis, and should deploy true quantum mechanics! »