« 表面張力と表面引力の違いは何?クーロンの法則=万有引力の法則!Difference between surface tension and the surface gravity? Coulomb's law = universal gravitation law. | トップページ | 三つ巴は神様の家紋、左二つ巴はその家来の家紋です。Threesomes is that vassal Family Crest Tomoe crest of God, left two. »

2017年7月10日 (月)

佐藤勝彦殿、ビッグバン仮説から手を引き、真の量子力学を展開すべきです!Dr. SATO Katsuhiko, withdraw from the big bang hypothesis, and should deploy true quantum mechanics!

概要:小中学生を相手に量子力学のあるべき姿について説明しています。アインシュタインの相対性原理の真髄は『時間軸の矢が、ぐにゃぐにゃと曲がりつつ、銀河世界から原子の世界にまで連なっている』ということにあるのでした。
Summary: ought to be a quantum mechanics elementary and middle school students to learn. It was the essence of Einstein's principle of relativity is "curved hairs and the arrow of time, while Galaxy world range to the world of the atom".
 先日、
時間軸が伸び縮みしていないのがニュートン力学です。これに対して 時間軸が伸び縮みしているのが〔一般相対論〕です、というお話しをしました。実は、時間軸が伸び縮みしているのか伸び縮みしていないのかについて(物理学者たちが)明らかにしていない力学がもう一つあるのです。それは量子力学です。
 ブラックホールビッグバン宇宙論の議論の多くは、この量子力学の論理を使ってなされているのですが、時間軸が伸び縮みしているという〔一般相対論〕をハッキリと認識したならば、もっともっとスッキリとした学問になるのです。
 今日はそのお話しです。

 Newtonian mechanics is not scrunch time axis is the other day. Is a time axis that expand or contract [General Relativity], it is said that talked. Timeline to expand or contract, or the mechanics how does not expand or contract not to reveal (the physicist) is another. It is a world of quantum mechanics. That is a lot of discussion of black holes and the Big Bang cosmology have been made with the logic of quantum mechanics, the time axis that expand or contract [General Relativity] becomes academic if you recognize clearly the more refreshing and more. Today it is a story.
The following picture (Fig.1): is a picture has been borrowed from Wikipedia.
次の絵【( 1 )】は、ウィキペディアさんから拝借してきた絵です。
       【( 1 )Fig.1

Photo
With comments that the image description of the gravitational potential.
「重力ポテンシャルのイメージ図」とコメントが付いています。
 この図1と似た絵を前に紹介したことがありましたね。
そうです。逆さ富士のイメージ図です。その『逆さ富士』のすそ野は、関東平野をおおう形で平べったく滑らかに広がっているのでした。

★この図1の中央に太陽系の星々を配置すれば、太陽重力圏の中で、水星・金星・地球・火星・木星・土星…が遊び回っていることになるのでした。更に、
★この図1の中央に天の川銀河を配置すれば、天の川銀河重力圏の中で、数千億個の恒星が公転する絵になるのです。そして、
★この図1の中央に、原子核を1だけ配置すれば、その原子核が周辺に張っている重力場のイメージになるのでしたね。
It was introduced before a picture similar to figure 1. Right. This is the image of Mt. Fuji. You can be proud of its "upside-down Fuji" is spread flat, smooth covering the Kanto plain as. If placing the stars in the solar system in the middle of the Fig.1 in the solar gravitational sphere in the mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter and Saturn--were more likely to have preached. Further, if placing Milky Way Galaxy at the center of the Fig.1 hundred billion stars orbiting in the Milky Way's gravitational sphere that is. And gravity once in the middle of the Fig.1, place only one nucleus linked around the image so that it.
先生質問で~す。以前に先生は、『ブラックホールの中で我々は生活している』とかいうお話しをしながら、似たような絵を紹介されました。あの絵は、中央の凹みに底が無くて、どこまでも地の底を突き抜けるような絵でしたよ。あの絵とこの図
1とはどういう関係にあるのですか?」 
 その絵っていうのは、こんな絵でしたね。転載しましょう。

"By asking the teacher to do. Ago you "we are living in the black hole' he introduced and talked, while similar paintings. That picture was a picture to dent the center bottom, going through hell too far. Fig.1 where that picture is what kind of relationship do? "
 the picture that was such a picture. Let me reprint.
       【( 2 )Fig.2
Photo_2
 この図2を良~く見て下さい。特異点と書いてある部分で丸まっているでしょ。凹みは深くても、底はやっぱりあるのです。というよりも、図1と図2とは同じ図形なのです。 富嶽36景という葛飾北斎が書いた有名な絵があるでしょ。あの富士山の中には随分と急峻に描かれている富士もありますね。
 山の高さを強調して描くとあのように描いても不自然さはないのです。
2はもの凄く逆さ富士の高さを強調して描いているのです。それに対して図1は少し控えめに高さを描いているのですが、現実としては1でもオーバーな表現なのです。実際の縮尺で正確に描くと、ほとんど平面としてしか認識できないくらいに平坦な逆立ちした富士山なのです。
Good look at Fig.2. You are curled up in the singularity and there. Dent is a deep bottom is after all there is. Rather than is the same shape of Fig.1 and Fig.2. There is a famous picture written by Katsushika Hokusai 36 views of Mt. Fuji ". Fuji during that Fuji is portrayed in long and steep. It is not unnatural to emphasize the height of the mountain, paint and draw like that. Fig.2 shows extremely stressed the height of Mt. Fuji is portrayed. Is it against Fig.1 depicts the height a bit modest to, as the real figure as exaggerated expression is. It is the draw accurately on the actual scale and almost unrecognizable as flat as flat a handstand Mt. Fuji.
Yet a strange face.
まだ不思議な顔をしていますね。
無理もないです。現代で活躍しておられる物理学者のほとんどの人々でさえも、時空間がこんな具合に歪んでいるなんて(心の奥底では)信じてはおられないのですからね。でもね、詳細に調べて見ると、
太陽の重力が及ぶ範囲内もこの図
1のように歪んでいるし、
銀河の重力が及ぶあの広範囲内も、この図
1の様に時空間が歪んでいるのです。
重力圏一杯に薄い凸レンズが有って、その凸レンズの効果によって、その向こうにある銀河から地球に向かって来る光線を曲げているのです。

 これが暗黒物質・暗黒エネルギーの正体なのですよ。
Yet a strange face. It is no wonder. Because it is thought even by physicists who are active in modern times most people space-time is distorted in this way is not God. However, it is within the range of the Sun's gravity and examined in detail nor in the broad and distorted as in Figure 1, the Galaxy's gravity that space-time is distorted shown in Figure 1.  From gravity, Japan Cup thin convex lens, by the effect of the lens behind the Galaxy to Earth is that bend the light rays coming towards. This is the identity of the dark matter and dark energy.

 ブラックホールの話に戻りましょう。 実はね、アインシュタインが相対性理論をたった一人で考え出し、学会で発表したのです。そして『時空間は歪んでいる。光は星の近辺を通過すると曲がるのです』と主張したのです。出来上がったその論理は哲学的に見ても数学的に見ても完璧でした。でも、その説明図は進行方向に押しつぶされたような変てこりんな絵だったのです。その絵の不自然さから、誰一人としてアインシュタインの説を信じる人なんか ほとんどいませんでした。
 Let's get back to the story of the black hole.
Actually, Einstein's theory of relativity alone have figured out is announced at the meeting. And "of space-time is warped. It bends light to pass near the star's' as is claimed. Its logical result is nothing philosophically and mathematically perfect. However, that figure was a funny picture was crushed by direction. They believe Einstein's theory as a single person from the artificiality of the picture, but not many.
そんな中で、シュバルツシュルトという人が、『アインシュタインが導き出した理論式に基づいて、試しに太陽の質量が1点に集中しているとしてその重力場内での物質の速度を計算してみたのです。』そうしたら、どういう訳か知らないけれど、『そのスピードが光の速度を超えるような半径があることになってしまう?』ということに気が付いたのです。これがブラックホールという言葉が世の中に生まれ出て来た最初なのです。即ち、『光りさえも飲み込んでしまう様な黒い穴』という意味でブラックホールと名付けられたのです。
 All the things a Schwarzschild "is based on theoretically derived the Einstein to try solar mass concentrated at one point, I calculate the velocity of the mass in a gravitational field. "If, for some reason, but I do not know" would have a RADIUS greater than the speed of light and the speed is?' It is noticed that.  This is the term black hole was born came out is a first. Namely, "light even swallow like a black hole" that is named black hole in the sense of.
 この時点でアインシュタインは猛反対すべきでした。『相対性理論は、大きさが無限小という小さな質点〔特異点〕の周りの時空間概念を整理したものだ。質点から充分な距離だけ離れた時空間の概念なのだから、その論理でもって無限小という小さな質点〔特異点のサイズを云々するのは可笑しい。』と主張すべきだったのです。この辺りの経緯に関しては、永田博一先生が書かれた「間違いだらけの宇宙論static cosmology」に詳しく書かれていますので、ここではこれ以上触れません。
 And at this point Einstein should be vehemently opposed.
"Relativity is infinitely small particles that small [Singularity] of was arranged around the space-time concept. Has, in its logical concepts of time and space just enough distance away from the mass of small particles is infinitely small [singular] of funny you mentioning the size of new." And insisted this is. Because it is described in the "the new Static Cosmology" was written about the history of this area, Dr. Hiroshi Nagata, discuss further here.
 では、何が混乱の元であったのか改めて考えて見ましょう。結論を先に申します。重力ポテンシャルの絵である図1は、実は時空間の歪み具合を示した図でもあったのです。もっとハッキリ言うと、重力の分布図と時間の伸び縮み図とは同じもの だったのです。EmC^2 の式を使って説明しましょう。
この式を変形すると、
C=√(E/m)でしょ。Cは速度です。
速度は、移動した距離
(L)をその移動に要した時間(t)で割り算したものです。 CL/t=√(E/m)ですね。『Ltとが正比例の関係にありさえすれば、Cは常に一定です』ということはこの式だけでも明確じゃあないですか! 
 このことは、小中学生にも分かる理屈でしょ。

 Think again about what was a source of confusion.
The conclusion is ahead. Fig.1 below in the picture of the gravitational potential is actually showing a distortion of space and time. It is stated more clearly, was distribution of gravity and contraction figure of the time and the same thing.  E = mC^2 here. And to transform the expression C =(E / m), right. C is the speed. Speed is a Division in the time (t) spent in transit distance (L). C = L/t =(E / m).  "Only and directly proportional relationship between L and t, C constant is always' means that this expression only in the clear then?!
 This is right reason can see Elementary and middle school students.
『アインシュタイン思想に基づいて計算してみたら、特異点〔無限小の点〕の極近くには物質の移動速度Vが光の速度を越えてしまうらしき領域がある』ということをシュワルツシルトという人は、確かめただけのことだったのです。
 量子力学の専門家はこれを聞いた瞬間に『ああ、これだったのか。原子核の周りの引力場は今までイメージ出来なかったけれど、図1のように時間場が出来ていたのだな。時間軸の矢は、原子核からの距離に比例して伸び縮みしていたんだだから電子は原子核の周りを1秒間に7回半しているのだ!』って悟らなければならなかったのです。
 
"When calculating based on Einstein's thought Singularity [infinitely small point] of space pole near the speed of light C, beyond mass transfer velocity V ' is that Schwarzchild who was just confirmed that.  Experts in quantum mechanics, the moment he heard this "Oh, it was. That's the gravitational field around a nucleus could not image until now, but I was able to time field as shown Fig.1. The arrow of time is proportional to the distance from the nucleus to stretch, I! electron have seven and a half times per second around the atomic nucleus's!' What is the starting-point.
 まだ納得できませんか?
原子核の周りを電子が回っていますが、その電子も波動を持っています。その波動性を持った電子が、秒速30Km/secもの猛スピードで原子核の周りを回転したら、一瞬の内に飛び出して行ってしまうでしょ。たとえその電子が原子核の周りから飛び出していかなかったとしても猛スピードで回転するのですから、電磁波が四方八方に放射されることになるのです。 今から100年前の量子力学の誕生当時、これは盛んに問題にされていたのです。この辺りの議論を詰めないままで(ある種の誤魔化しによって)量子力学は産声を上げたのです。
Not convinced yet? Electrons going around the atomic nucleus, the electron has wave. Electrons on the wave is 300,000 Km/sec what it would go out in once, rotate around the nucleus at breakneck speed. Is that even if its electronic did not jump out from around the atomic nucleus, even spinning at breakneck speed is electromagnetic waves are emitted in all directions. It is now the birth of 100 years ago, quantum mechanics at that time, it had been problems actively. It is raised without hammering out discussion of this area by (a kind of mystification) quantum mechanics was born.
 でも、もう心配いりません。アインシュタインの相対性原理から、「質点からの距離に比例して時間軸の矢が伸び縮みしている。CL/t=√(E/m)であり、Ltとが正比例の関係にありさえすれば、光速Cは常に一定だ。』」ということが分かったのです。あの難しい量子力学は再整理されて、小中学生にも分かる学問に変身することでしょう。
But you don't worry.
From Einstein's principle of relativity "proportional to the distance from the mass, to stretch the arrow of time. C = L/t = (E / m), and in "directly proportional relationship between L and t even if the speed of light C is always constant.” ' That is found.
That difficult quantum mechanics will be transformed is rearranging the elementary and middle school students in learning.

 佐藤勝彦先生、あなたはこの量子力学を再整理するのに、最も適した人だと思います。ビッグバン仮説と決別して、インフレーション理論を“星や銀河の誕生時”の物語に書き換えて下さい。それは、アインシュタインの成し得なかった『力の統一』に関しても大いに貢献することになっていくのではありませんか。
 今後のご活躍を期待しています。
 2017 7/7 7:07 Hiro. Oyama 大山宏
 Dr. Katsuhiko SATO, I think you rearranging the quantum mechanics of the most suitable person. Please rewrite the story of "the birth of stars and galaxies" inflation theory, parting from the big bang hypothesis. Isn't it going to contribute much with Einstein's work didn't get "unify the forces'.
 Expect good luck for the future.
 2017 7/7 7:07 Hiro. Oyama is my real name.
 質問ですか?Question?
「フィボナッチ先生の定義によると、質点とは『大きさが無限小というサイズを持っているという小さな点〔特異点〕』の事なんだね。それを原子核としようか。そこでの時間はどういう風に流れているのかな?」
"To define the Fibonacci teacher said, mass and" small point size has a small size [Singularity] "of you've got a thing. Nucleus and try it? I wonder if there's time, what music? "
 単純明快です。
大きさが無限小というサイズに比例して、無限小にまで時間の進み具合が遅くなっているだけの話です。原子核の近くの重力場〔=時間場〕を調べて見ても、CL / t が成り立っているのです。これが、アインシュタインが〔発見〕した相対性原理の真髄です。
 It’s only up in the infinitesimally small time progresses slowly and is proportional to the size of the infinitely small talk. Gravitational field [= time field] near the nucleus is also to look at, is made up of C = L / t. It was invented by Einstein [discovery] is the essence of the principle of relativity.
★もっと言ってもいいですよ。
原子核の中には中性子とか陽子とか中間子とかが存在していますね。素粒子の大きさが無視できない世界では、その大きさに比例した時間の流れがあるのです。中性子や陽子にも重心点があり、その個々の重心点からの距離
(L)に比例したローカル時間軸の矢が伸び出ているのです。そこでも光速度一定の原理:CL / t が成り立っているのです。単純明快でしょ。
You can tell more. There are neutrons or protons and Mesons in the atomic nucleus. It is a flow of time proportional to its size in the world cannot ignore the size of the atomic nucleus. It is growth there's arrows of local time proportional to the distance from the center of gravity of the individual (L), and centers of gravity of neutron and proton. It is built at the speed of certain principles: c = L/t. Simple clarity?
「まだ解らんぞ。ローカル時間軸の矢って何だ?我々の住んでいる地上の時間軸とはどういう風に連なっていると言っているのだ?」
  相対性原理なのですから、全ての『時間軸の矢』は『ローカル時間軸のベクトル』なのですよ。絶対的な時間の流れはどこにも存在していないのです。時間の流れも全て相対的な存在なのです。大きい方からその連なりを見た方が分かりやすいでしょう。
I still don't understand. What is local time axis arrow? Is what range and the arrow of time axis of the Earth where we live? It is a "local temporal vector' from the principle of relativity is all the arrows of time. There is no absolute time. The passage of time is all relative existence. Easy-to-understand saw that sequence from the larger.
(1)銀河が質点にしか見えない場所では、その質点から放射状に時間軸の矢が出ている』ということには依存ありませんね。半径100万光年の距離からその銀河に向かって、時間軸の矢をさかのぼって来てその銀河内に入ったとしましょう。
その銀河の中で一番近くにある恒星に近づくにつれて、時間軸の矢は、その恒星の重心点から出て来たかのようにわずかずつ曲がっていくのです

 It isn't in that "where galaxies are visible only one point to the degree, that mass radiating arrows of time out' dependent. Let me come back arrow of time axis radius 1 million light-years away from the Galaxy and Galaxy in. Closer to a star in the Galaxy have the arrow of time is to come out from its center of gravity slightly bends is.

(2),その恒星の周りを公転している惑星の1つに近づくと、時間軸の矢は次第に、その惑星の重心点から出射して来たかの如くに、わずかずつ曲がっていくのです。
 Approaching one of planets orbiting around other stars, and as soon as the arrow of time is from the planet's Center of gravity point out came shines or the like, slightly bends is.
(3),
その惑星の地上付近までやって来ると、急に物質があちこちにある状態になります。たまたま、一個のヘリウム原子に時間軸の矢が接近しつつあったとしましょう。その一個のヘリウム原子が張る引力場に近づいた〔引力圏内に入った〕のですね。すると、次第にヘリウム原子の原子核から時間軸の矢が放射状に出ている如くの方向に、時間軸の矢は曲がっていくのです。後は押して知るべしです。
 Is there material suddenly come up near the surface of the planet. As it happens, a helium atom arrow of time approaching was. Approached the gravitation field of helium atoms are put [into the gravitational] of it is. Then gradually nuclei of helium atoms time axis arrows radiating out like the arrows of time axis bends in the direction of. After the press should know.
 銀河の遠くから原子の内部にまで、一本の時間軸の矢が途切れることなくぐにゃぐにゃと曲がりつつ連なっていることが分かったでしょ。
Turns out that have been chained while hairs turn without interruption one time axis arrow to the inside of an atom from a distant galaxy?

|

« 表面張力と表面引力の違いは何?クーロンの法則=万有引力の法則!Difference between surface tension and the surface gravity? Coulomb's law = universal gravitation law. | トップページ | 三つ巴は神様の家紋、左二つ巴はその家来の家紋です。Threesomes is that vassal Family Crest Tomoe crest of God, left two. »

F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表面張力と表面引力の違いは何?クーロンの法則=万有引力の法則!Difference between surface tension and the surface gravity? Coulomb's law = universal gravitation law. | トップページ | 三つ巴は神様の家紋、左二つ巴はその家来の家紋です。Threesomes is that vassal Family Crest Tomoe crest of God, left two. »