« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

"Being recruited by CIA,"「CIAにスカウトされた日」 "City spies from all over the world.”「世界中からスパイが集まる街」

Read the Meiji Restoration (Nishi Toshio), I do appreciate Japan's pacifist Constitution, thinking. What Western countries should learn the spirit of the pacifist constitution. Writings of spiritual essence of Christianity is the Japan Peace Constitution. Constitution was imposed from the United States is once again appreciate MacArthur.
 西鋭夫講演録からの抜粋です。主題の「新説 明治維新」に付随された後半部の方がより衝撃的でした。

CIAにスカウトされた日
…「CIAに入れ」と誘われた。シアトル、1976年6月、博士号習得から10日目。私は34才だった。私のアパートの電話が鳴った。相手はCIA・サンフランシスコ。私と会いたいという。昼食を一緒にしようと誘われた。私も会って話しを聞きたかった。私の名前と電話番号と学位習得を知っていたCIAは、ワシントン大学の教授に将来CIAのスパイとして有望な留学生を探させていたのだろう。
 1947年に新設されたCentral Intelligence Agency(CIA)は、米国の国益・国防のため世界中から情報を取集・分析し、大統領に報告をする世界一大きなスパイ機関である。
CIA
の前身は、第二次世界大戦で活躍した米政府の実戦スパイ機関であったOSS(Office of Strategic Service)OSSのスパイたちは、日本軍をかく乱させるため満州でも数々の爆破テロ作戦を実行した。
 私がCIAの面会要請に応じたのは、国家にとってスパイ機関は必要不可欠であり、CIAはアメリカが最強国であるために重要な役割を果たしていると信じていたので、CIAに強い興味を持っていたからだ。
また、マッカーサーの「日本占領」について博士論文を書くため、公開が始まったばかりの米国機密文書を国立公文書館の暗い地下室で読んでいた。「大統領の目だけに」と注のついたOSSの最高機密の報告書も数多く読んでいた。
OSS
の工作員たちが東京からさえも、戦時日本についてリアルタイムの情報を大統領に伝えていたことは、戦後の平和教育で洗脳され、日本は「東洋のスイスならん」と夢見ていた私にとって、衝撃であった。
 もちろん、日本帝国の極秘はアメリカに筒抜け。
平成日本には、CIAのようなスパイ機関もないし、「スパイ罪」もない。憲法9条の御法度で「軍隊」が存在しないので、日本で「国家安全の極秘」を盗んでも、アメリカのように極刑もない。日本では、ただの窃盗罪。日本は国際スパイたちの天国だ。
 日本版CIAが必要なのだ。日本国民が米国追従を「平和的」と錯覚し、スパイ情報機関なぞ必要ないと思っている。
日本は無知のまま、強欲な諸外国に手玉にとられ、カネと威信をむしり取られ世界中で笑いものにされているのだ。日本もCIAに負けない人材を養成すべきである。日本は経済・技術大国であり、守らなければならないモノが沢山ある。
 北朝鮮のスパイに日本人を拉致されたら、その人たちを速やかに奪回できるだけの組織を日本国は持っていなければならない。米国民が拉致されたら、巨大な航空母艦に護られた勇敢な海兵隊が出動して人質奪回を行う。
ちなみに、CIAの年間予算は、公開された額が7兆円。隠し予算がこの額の2倍あると思うのが常識だ。
世界中からスパイが集まる街
 CIAの話上手なパームさん(仮名)との昼食は、3時間以上続いた。
長い会話の中で、強く印象に残っている事柄がある。彼が「東京は安全で、ライフルの弾も飛んでこないし、とても楽しい街だ。私の仕事は人と会って、話を聞いて、情報を集めることなんだ。仏教によれば、人間は108つの煩悩を持っているというが、ボクの勘定では、もっとあると思う」と言った。
「人の欲望や煩悩をくすぐれば、パームさんの言うとおりに動くのですね」
「ボクの経験では、ほとんどの人は原始的な欲望123で堕ちる。第一はお金。 第二は女、セックス、愛人、情婦、男色。 第三は、名声、名誉、勲章、プレステージ。これらを組み合わせると、皆さん喜んで私たちに協力する」
「日本にCIAの協力者は大勢おりますか」
「かなりいる。東京は世界中からスパイが集まるところだ。事実、日本はスパイだらけ。居心地もいいし、日本の警察も公安庁も私たちを監視していないので、のびのびと動けるんだ。エジプトのカイロでいがみ合っていたソ連のスパイに、六本木でバッタリ出会い、二人で大笑いしたよ」
「大使館や領事館に、盗みに入られるのですか」
本当に貴重な情報は、中に居る人が『これは重要機密です』と持ち出してきたモノだ
「東京にある諸外国の大使館の職員に極秘を盗ませるのには、人の好みや弱みをつかみ、長い年月を費やさねばならないのでしょう」
10年、20年、30年かけて、内部に『モグラ』を育てるのだ。アメリカも、ソ連のために動き回っていた『モグラ』にFBICIAの国家機密が長期にわたり盗まれた。アメリカの友人イスラエルでさえ、アメリカの機密を盗んだんだ。スパイ活動をしない国が賢くない、と思うよ」
「日本では、どんな人が『モグラ』ですか」
「それは言えない」
「私が今『CIAに入ります』と言うと、教えてくれるのでしょう」
「ウーン、教える」
「企業の大物や著名なジャーナリストもアメリカのモグラですか」
「ウーン、居ないこともない」
「国会委員で、何人いるのですか」
「ウーン、not less than ten(10人以上だ)
 私の表情が険しくなったのか、パームさんが「驚くほどの数ではない。よその国の議会なぞ半数の議員が私たちの協力者だ」と私を慰める。
自民党、社会党、共産党の議員も、モグラになっているのですか」
「私たちはモグラのイデオロギーに興味がない。お金に、国境やイデオロギーの壁はない。カネのためなら何でもする人が多いよ

「産業スパイも養成されているのですか」
私が話題を替えた。
「アメリカと日本が技術で世界独占を競っている時、産業スパイは国家の戦略として当然の政策だ」
「日本の産業スパイは、アメリカでたびたびお縄を頂戴していますが、アメリカの産業スパイは日本で捕まりません」
 パームさんが綺麗に並んだ白い歯を見せ、声を出さずに大きく笑った。
「アメリカの産業スパイが日本で捕まらないのは、内部の日本人が機密を盗んで持ち出しているからだ。日本人がアメリカで逮捕されるのは、素人の自分たちで盗むからだ。日本人は基礎ができていない」
 理想論、倫理観、希望的観測に縛られていない者が自国の国益のためには手段を択ばないという現実を見せつけられ、私は反論することもままならず圧倒された。本能と理性が戦った時、本能が勝つ。…

 途中ですが、転載はここまでとし
ます。
この会話が今から41年前にアメリカ国内でなされていたのですよ。余りの生々しさに皆さんビックリなさったことでしょう。私もビックリ仰天しました。でもね、これが西欧文明なのですよ。もっと言えば、6000年前から今日まで、帝国主義の基本的な考え方なのです。むしろ「機密情報公開という制度を持つアメリカの民主制度を褒めるべき」でしょう。日本ならこんな会話を公開した直後に暗殺されるか精神病院に放り込まれてしまいます。そうなる前に関係者を抹殺したのが明治維新~太平洋戦争の歴史でした。
It is this conversation now and the 41 years ago, had been in the United States. The freshness of a too you would that amazed us. I too was amazed. However, this is a Western civilization. Speaking more from 6000 years ago until today, the basic idea of imperialism is. Rather you should be praising the democratic system of the United States with a system of disclosure of sensitive information. Assassinated shortly after the public conversation if Japan will be thrown into a mental hospital. Killed the officials before the Meiji Restoration-history of World War II.

続きを読む ""Being recruited by CIA,"「CIAにスカウトされた日」 "City spies from all over the world.”「世界中からスパイが集まる街」"

| | コメント (0)

Trump President, Shootings and the nuclear issue is the same in essence. In the legitimate defense, this world will end.トランプ大統領、銃乱射事件と核問題とは本質的に同じ。正当防衛論では世界は滅びる!

 Tragic shootings occurred in Las Vegas. Wielding American shootings to legitimate defense theory, oppose gun control forces will win! "It seems he is repeating history. But not nowhere wrote a legitimate defense theory in the Bible to believe in you.
 ラスベガスで悲惨な銃乱射事件が起きました。アメリカ人は乱射事件が起きる度に、正当防衛論を振りかざして銃規制に反対する勢力が勝つ!という歴史を繰り返しておられる様子です。しかし、あなた方が信奉するキリスト教の聖書には、正当防衛論はどこにも書いてありません。
 On the contrary, "Jesus Christ," shouldn't be against the people who came to capture sword with sword. "And said to his disciples, I caught the crucified ', clearly written in the Bible. Are you Westerners are running that contradicts their religion is obvious.
逆に、『イエスキリストは、「剣を持って捕えに来た人々に剣を持って逆らってはならない。」と弟子たちに言い、自分は捕えられてそのまま十字架にかけられた』と、聖書にハッキリと書いてあります。あなた方西洋人は、自分の信じる宗教と矛盾することを実行しているのは明らかなのです。
Japan was also at warring States period. Swords and Spears in the hands of individual farmers claiming self-defense and killing were run each other. Sword hunt is made after Toyotomi Hideyoshi took the reins of Government. There was to destroy almost all of Castle sword hunt and the rest scattered, even after the establishment of the Meiji government. After Japan was defeated in World War II, sword hunt was run. It is this peace only came to Japan.
 日本にも戦国時代はありました。刀や槍が農民一人ひとりの手にあって正当防衛と称して殺し合いを実行していたのです。豊臣秀吉が天下を取ったあと、行ったのが刀狩りです。明治政府が樹立された後でも、刀狩りや各地に点在する城をほとんど全て破壊することが行われました。日本が太平洋戦争に敗れた直後でも、刀狩りは実行されました。これによって日本に平和が訪れたのです。
To give up the weapons, other than killing is there is no way to reduce it.
 Analysts say to set the example for 2000 years ago, Jesus Christ is voluntarily the crucifixion of serving showed? Basic attitude to the history this is not or.
武器を放棄すること以外に、殺し合いを少なくする手段はあり得ないのですよ。その手本を示すために、2000年前にイエスキリストは、みずから磔の刑に服して見せたのだ、という見方はできませんか? これが歴史に学ぶ基本的な姿勢ではありませんか。

続きを読む "Trump President, Shootings and the nuclear issue is the same in essence. In the legitimate defense, this world will end.トランプ大統領、銃乱射事件と核問題とは本質的に同じ。正当防衛論では世界は滅びる!"

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

ファーブルの「昆虫記」、エワルの「カッコウ」・・・科学童話を読もう!

昆虫記」は何と120年以上前に書かれた科学童話だったのですね。 動物の「カッコウ」というお話しも大変興味深かったですよ。まずは読んでみて下さい。世界少年少女文学全集:動物文学集(創元社)からの引用です。
   かっこう エワル(デンマーク人)作
 林の奥の青々とした草原に、大きな年とったバラやぶがありました。その中に、もずの夫婦が巣を作っていました。
 五月の初めのお日様がキラキラ輝いている日に、その巣は出来上がりました。それからふたりで並んでしばらく将来のことを話し合ってから、お母さんもずは、きれいな卵を三つ産みました。「やれやれ。」とお母さんもずは、もずが何時もやるやり方で、深くため息をつきました。「もう若い日の、バカ騒ぎの時は終わりましたよ。まじめに生きるべき時が来たんですわ。」
 お父さんもずは一生懸命、妻をなぐさめましたが、お母さんもずは、むずかしい顔をして卵をだいていて、少しも夫の言うことなど耳に入れようとしません。
「あなたは、勝手なおしゃべりばかりしているのね。」と、お母さんもずは言いました。「まあ、自分で一度やってみるといいわ。それなのに、自分はきれいなことばかり言っていて、子供を育てる苦労は、私たちに押し付けてさ。そんなうっとりした顔をしてないでよ。ちょっともあなたにゃ似合いはしないし、私をいらいらさせるばかりよ。さっさと、太ったハエでも取って来てちょうだい!」
 夕方には彼女は怒りで我を忘れていました。
「こんな目にあうんだと知ってたら、わたしゃ決して結婚なんかするんじゃなかった。それにおまえさんがもっときれいな声で歌ってくれたらねえ。」こう言って、彼女はわめきました。「わたしゃ、もう我慢が出来ない、がまんができない!飛んでっちまうよ!」
 お父さんもずは、落ち着き込んで妻の言うことを聞き流していました。この前のおかみさんのときにも、同じことを経験していたのです―――というのは、もずは毎年春には新しいお嫁さんをもらうのでしたから。 それでもお父さんもずは、こうした妻の興奮が、まもなく治まることを知っていたのです。
「おまえは今から少しそこらを飛び回ってきてもいいよ。」と、彼は言いました。「だが、そのほかの時間は、おとなしく巣の中にすわっていなくちゃだめだよ。でなけりゃ、けっして卵はかえりゃしないからな。ぼくの前のおかみさんは――」
「お願いだから、そんな女の話は止めてちょうだい!」お母さんもずわめきました。
 それと同時に彼女は、さっと飛び立ちました。お父さんもずは、急いで妻を追っかけました。妻が興奮のあまり、どんなことをしでかすかもしれないと、心配だったのです。
 ところが、ふたりがそうやって飛び立ったあとに、別の鳥が一羽、巣に近寄って、中をのぞきこみました。それは、もずよりもずっと大きくて、全体が灰茶色をして、胸とお腹に明かるいまだらのある鳥でした。
 その鳥はくちばしに卵を1つくわえていましたが、その卵を用心深く、ほかの卵のそばに押し込むのでした。その卵は、ほかの卵と同じくらいの大きさで、どこからどこまでそっくりだったのです。
 その鳥は、なおしばらくそこにとまって、自分が卵を押し込んだ小さい暖かそうな巣を、悲しそうに見つめていました。それから羽を広げると、草原を越えて林の中へ飛んで行きました。
 一本のたけの高い木の上に、夫がとまって待っていたのです。
「卵はうまく置いてきたかい?」と、彼は帰って来た妻を迎えて聞きました。
「ええ、私、向こうの草原のバラやぶの中の、もずの巣の中に入れて来ましたわ。あれはいい人たちだから、私たちの子供に親切にしてくれるでしょうよ。」こう、おかみさんは答えました。
「ぼくたちには、これ以上のことは出来ないんだものね。」と、相手の鳥は言いました。それから、「かっこう!」と鳴くと、二羽は飛んで行ってしまいました。

続きを読む "ファーブルの「昆虫記」、エワルの「カッコウ」・・・科学童話を読もう!"

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

「国破れてマッカーサー」を読んで。北朝鮮核問題の抜本的解決策。"Countries torn MacArthur" reading. Solution of the North Korean nuclear issue.

 「国破れてマッカーサー(西鋭夫著)」を図書館から取り寄せてもらって読みました。マッカーサーは熱心なキリスト教信者だったのですね。西鋭夫氏の観点には日本人として大いにうなずけるものがありましたが、本の詳しい紹介は他に譲りましょう。隠れキリシタンの私としては、聖書を科学的な目を通して分析した時と同じ姿勢で読み込むことが出来、有り難く思いました。 さて、上記図書の一節に次のような引用文があります。

  マッカーサーの雄弁は、彼の独裁政治のスタイルに見事に合った。かれの態度は、日本国民の目に民主主義の実質を示すものとしては映らなかったが、日本保守派の困惑をよそに、国民は新憲法を歓迎した。そして、国民が民主主義を理解しはじめた時、「配給された民主主義」の矛盾が余りにも歴然となり、アメリカの政策立案者の良心を痛めた。
MacArthur's speech is his dictatorship style fits perfectly. The attitude he has received virtually as indicative of real democracy in the eyes of the Japan National puzzle in Japan conservatives welcomed new Constitution despite people. And when people began to understand the democratic contradiction of distributed democracy became too obvious, and hurt the conscience of American policymakers.
 このアメリカ人の「良心の痛み」を正直に、かつ清々しく告白した本が一冊ある。
日本占領初期、GHQ・労働局で労働法立案に携わったヘレン・ミアーズ女史が帰国後、1948(昭和23)年に書いたMirror for Americans: JAPAN(アメリカの鏡・日本)である。戦前から占領中にかけ、アメリカ政府およびマッカーサーのGHQが「極悪・残虐日本人」観を創り上げ、それがアメリカ国民の常識となっていたが、ミアーズはその日本人観をぶち壊した。彼女によればペリーの黒船から終戦までの日米関係は次のようなものだ。
There is a book "pain in the conscience" of the American people to be honest and refreshing confessed. Mirror for Americans Helen Mears Ms. Japan early occupation, GHQ, Bureau of labor involved in Labour law drafting after returning to Japan in 1948 (0/1948) wrote: in JAPAN (mirror of the United States and Japan). From before World War II during the occupation, American Government and MacArthur's GHQ that created Japan heinous, atrocious, it had become the common sense of the American people, but Mears destroy the Japanese view. According to her until the end of the war U.S.-Japan relations from Perry's "black ships" is something like the following.
 アメリカ政府は、日本が朝鮮半島やアジア大陸へ侵略したから日米戦争になったと世界中に言い触らしているが、世界地図を見れば、どの国がアジアへ進出したのか歴然としている。我々アメリカ遠く離れたアジアへ乗り込んでいったのだ。日本は、アメリカ大陸へも、ヨーロッパ大陸へも進出してはいない。
アメリカは、アジアで日本が邪魔になったので、無理難題を投げつけ、日本を窮地に追い込んだ。日本は、自衛のために闘うより他に生きる道はなかったのだ。
Has expanded to Asia any country has spread all over the world became a war from the United States invaded to the Korean peninsula and the Asian continent, Japan and look at the world map, or obvious. It's Asia far away we went aboard. Japan is expanding also to the Americas and to the continent of Europe, did not. Hurled the tall American in Asia Japan becomes out of the way so, drove Japan into a corner. Japan was not the way to fight for it.
アメリカは、勝つことの分かっていた戦争を日本に引き摺り込み、日本を徹底的に破壊し、力尽き果てた日本兵と一般市民を殺しまくり、勝敗のついた後でも原子爆弾も使い、さらなる大量殺戮を実行した。占領下、GHQは狂気の軍国主義日本を民主平和国家にすると独善的な言葉を使っているが、すばらしい文化と長い歴史を持っている日本に武力でアメリカ様式を押し付けているだけだ。
Two atomic bombs to use even after the United States knew that win wars Japan forcibly, spree killing was exhausted however, thoroughly destroying Japan soldiers and civilians, with a win-loss, running further mass killings. Under the occupation, the only American style pressed against Japan have a long history and splendid culture using the word smug GHQ madness of militarism Japan nation for peace and democracy and in the armed forces.
 アメリカ人により書かれたこの卓越した本は、マッカーサーによる発売禁止、翻訳禁止の烙印を押された。占領下、この本が日本国民に読まれたら、彼の日本統治は崩壊していただろう。 ミアーズ女史が心深く感じた羞恥心にも似た良心の呵責(かしゃく)こそ、アメリカが日本に残した民主主義の貴重な教訓であったといえよう。
This outstanding book, be pressed branded as a prohibition of sale by MacArthur and translation prohibited by the Americans.  Under the occupation, would have collapsed a reign of his Japan national, read this book. It can be said that the democratic conscience similar to Ms. Mears felt deep shame pangs (pangs) welcome, America left Japan a valuable lesson.

続きを読む "「国破れてマッカーサー」を読んで。北朝鮮核問題の抜本的解決策。"Countries torn MacArthur" reading. Solution of the North Korean nuclear issue."

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »