« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

"Being recruited by CIA,"「CIAにスカウトされた日」 "City spies from all over the world.”「世界中からスパイが集まる街」

Read the Meiji Restoration (Nishi Toshio), I do appreciate Japan's pacifist Constitution, thinking. What Western countries should learn the spirit of the pacifist constitution. Writings of spiritual essence of Christianity is the Japan Peace Constitution. Constitution was imposed from the United States is once again appreciate MacArthur.
 西鋭夫講演録からの抜粋です。主題の「新説 明治維新」に付随された後半部の方がより衝撃的でした。

CIAにスカウトされた日
…「CIAに入れ」と誘われた。シアトル、1976年6月、博士号習得から10日目。私は34才だった。私のアパートの電話が鳴った。相手はCIA・サンフランシスコ。私と会いたいという。昼食を一緒にしようと誘われた。私も会って話しを聞きたかった。私の名前と電話番号と学位習得を知っていたCIAは、ワシントン大学の教授に将来CIAのスパイとして有望な留学生を探させていたのだろう。

続きを読む ""Being recruited by CIA,"「CIAにスカウトされた日」 "City spies from all over the world.”「世界中からスパイが集まる街」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Trump President and Abe, from a long time ago you should have recognized "All war is the Economical War." 歴史上のすべての戦争が"経済戦争"であったという認識を持つべき! トランプ大統領、安倍総理&菅官房長官殿

トランプ大統領、あなたは経済通にもかかわらず『全ての戦争が経済戦争である』という認識を持っておられないのですか?
 President Trump, despite the economy through, you havn't "all war is economical war" ? If imports from China equal to half of the amount of trade tariffs (and escalating) impose will still does not comply with intimidation tactics that "all Chinese products will impose tariffs' are crazy to say no. Is cited teaches strategy and Honorary President since ages with the Nobel Peace Prize of the best and at the same time, come tumbling down at hand, but that "I am the
Hitler of the 21st century!"
 

続きを読む "Trump President and Abe, from a long time ago you should have recognized "All war is the Economical War." 歴史上のすべての戦争が"経済戦争"であったという認識を持つべき! トランプ大統領、安倍総理&菅官房長官殿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

「国破れてマッカーサー」を読んで。北朝鮮核問題の抜本的解決策。"Countries torn MacArthur" reading. Solution of the North Korean nuclear issue.

 「国破れてマッカーサー(西鋭夫著)」を図書館から取り寄せてもらって読みました。マッカーサーは熱心なキリスト教信者だったのですね。西鋭夫氏の観点には日本人として大いにうなずけるものがありましたが、本の詳しい紹介は他に譲りましょう。隠れキリシタンの私としては、聖書を科学的な目を通して分析した時と同じ姿勢で読み込むことが出来、有り難く思いました。 さて、上記図書の一節に次のような引用文があります。

『 マッカーサーの雄弁は、彼の独裁政治のスタイルに見事に合った。かれの態度は、日本国民の目に民主主義の実質を示すものとしては映らなかったが、日本保守派の困惑をよそに、国民は新憲法を歓迎した。そして、国民が民主主義を理解しはじめた時、「配給された民主主義」の矛盾が余りにも歴然となり、アメリカの政策立案者の良心を痛めた。…
MacArthur's speech is his dictatorship style fits perfectly. The attitude he has received virtually as indicative of real democracy in the eyes of the Japan National puzzle in Japan conservatives welcomed new Constitution despite people. And when people began to understand the democratic contradiction of distributed democracy became too obvious, and hurt the conscience of American policymakers.
 このアメリカ人の「良心の痛み」を、正直に、かつ清々しく告白した本が一冊ある。

続きを読む "「国破れてマッカーサー」を読んで。北朝鮮核問題の抜本的解決策。"Countries torn MacArthur" reading. Solution of the North Korean nuclear issue."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »