« ブログ「猫の覗き見」へのコメント記事から転記しました。From a comment article on the blog "cats sneak peek" has been posted. | トップページ | 羽生結弦・宇野昌磨選手おめでとう!あなた方はやはり左回転で時間節約をしていますね。 »

2018年1月27日 (土)

ダンブラウン著「オリジン」を読んでの疑問点。List the questions read the 'origin (Dan Brown)".

 ダンブラウン「オリジン」を読んだ感想です。
これまでの著書「天使と悪魔」「ダビンチコード」「ロストシンボル」「インフェルノ」「パズルパレス」・・・に負けず劣らずの斬新なストーリー展開で、引き込まれるように興味深く2度精読させて頂きました。ストーリーに関しては、他者に譲ることとしましょう。ここでは、ちょっと気になったことに関して、コメントしようと思います。
我々はどこから来たのか。我々はどこへ行くのか」という命題に対して、ブラックホール・量子力学・コンピュータシミュレーションの最新技術を総動員して『これまでの神は不要?科学に裏打ち(?)された新しい宗教の方向付け 』をしようとしておられるのでした。
 その問題個所を列記しましょう。
 This is the impression I read Dan Brown's "origin". Until this book "Angels & demons" "da Vinci Code" "the lost symbol" "Inferno" "Puzzle Palace"... to the unconventional storyline took place in Seattle, and is drawn to interesting twice reading I had. Let's say that when it comes to story, give to others. I think that comment was a little, here it comes. "Where did we come from? Where are we going?" that latest engineer of black holes, quantum mechanics and computer simulation to mobilize against the proposition "God until it is no longer needed? Oriented new religious backed by science' was of trying to.
 Let me list the problem areas.

【1】「ユーリーとミラーの実験」のコンピューターによるシミュレーション確認実験。
・・・「生物なし。自然発生した化学反応もなし。生命創造の瞬間もなし。単なるごた混ぜの化学物質です。・・・
 「ユーリーとミラーの実験」を追認するシミュレーションでしかなかった、とダンブラウン氏他、関係者は皆、認めています。←これは正しい認識です。
[1] simulation experiment of computer experiments of Urey and Miller. I see no life. No spontaneous chemical reactions. No moment of life creation. Just please is a jumble of chemical substances. Simulation... confirming experiments of Urey and Miller wasn't only the aftermath, officials all agree. This is a correct perception.

【2】エントロピー増大の法則の再確認。
・・・生命の無い化学物質が生物を創り出すという大きな一歩を踏み出すことに関しては、それがいかにして起こるかを説明する化学のメカニズムは存在しない。それどころか、細胞がひとりでに秩序を持って生物になるという考え自体が、エントロピーの法則と全く矛盾している。・・・
 この説明も、100年前から正しくて、ちっとも変化していません。
それにもかかわらず、若き物理学者:ジェレミーイングランドを登場させて、
[2] reaffirmation of the principle of entropy increase. And to explain happen and how it comes to take the big step of creating biological life without chemicals, chemical mechanism does not exist. Organisms have cells by itself on the contrary, that the idea itself is totally inconsistent with the law of entropy. And this description also from 100 years ago, right, has not changed at all.
Nevertheless, the young physicist: Jeremy England, appeared,,


【3】『エネルギーをよりよく分散させるために、物質がみずから秩序を作り出す。』『自然は‐―無秩序を促すために‐―秩序のポケットを作ります。そうしたポケットはシステムの混沌を高める構造を具え、それによってエントロピーを増大させるのです』と説明するのでした。
 これは、改めて言うまでもなく、エントロピー増大の法則の詳細説明〔ローカル説明にしか過ぎないのに、
[3] "to better distribute the energy to the substance voluntarily produce order. ' "Nature---to encourage disorder?--create pockets of order.  Such Pocket system chaos ddd structure increases, it therefore increases the entropy "and had to explain. Saying this is not a detailed description of the principle of entropy increase [local description] only merely, but,,

【4】「つまるところ、生物はエネルギー散逸のきわめて有効な手段なのです」⇒「生命は物理法則に従がうだけでなく、その法則によって生じたと私は考えています」という仮説を(疑問を呈しつつも)受け入れています。
[4] After all, organisms are an extremely effective means of energy dissipation is.”…”Life according to the laws of physics subject only I am thinking as well as due to the law" that has accepted hypotheses (indicating doubt though).

 あろうことか、それを、コンピュータシミュレーション実験で、2重螺旋構造DNAが出来るのを確認した、という風に物語が展開していくのですから、『ダンブラウン氏も今回は流石にやり過ぎた!』と言わざるを得ません。
 こんな暴論は、たとえそれが作り話の物語であるにせよ、百害あって一利なしの話になってしまいます。
創造科学の人たちが聞いたら、鼻で笑ってしまいますよ。宗教を今も真面目に捕えて生きている人々に対して失礼が過ぎるというものでしょう。多くの真面目な科学者に対しても失礼な本になっていると言わざるを得ません。
 「オリジン」は失敗作だったと、人々が評価してしまうのが残念です。
 2018年 5月7日 Hiro. Oyama
 It unfolds the story confirmed that do it with computer simulations, 2 spiral structure DNA, that is, from "even Dan Brown was overdone to!'  And I have to say no. Such absurd, even if it is apocryphal story, harm the application without talking. I heard the creation science people, would laugh at. It would be too rude to people who are alive now also capture serious religious.  For many serious scientists have become a book with rude to say no. It is regrettable "origin" was a flop, and they evaluate people.
 2018 5 / 7
 Hiro. Oyama 

|

« ブログ「猫の覗き見」へのコメント記事から転記しました。From a comment article on the blog "cats sneak peek" has been posted. | トップページ | 羽生結弦・宇野昌磨選手おめでとう!あなた方はやはり左回転で時間節約をしていますね。 »

fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論」カテゴリの記事

コメント

Exaggerated include serious, honest people in the world with a bound book in two volumes, all of humanity will distract the bear, wouldn't that in the last expansion. "There's this is the artificial intelligence of the computer making!?' Saying that Dan can lead to confusion and disappointment people wanted to write?"
We came from somewhere. Where are we going? "that this "Origin" to the proposition of the now and then East and West seems only too imagination stories of science and technology to the masses once again imposed do not have. It is modern science (particularly quantum cosmology) has become as a real religion.
Ending brought claims of the fantasy (fantasy) without that recognition, too, was a flop!
And I simply have to say. Does not satisfy Buddhists, that pious Christians too serious, even Muslims on the Jews. Abandoned principle claims of Dan Brown? Too many contradictions!
 上下2巻の装丁本を使って、大袈裟に世界中の真面目で真摯な人々を含めた全人類の注意を引き付けておいて、あの最後の展開は無いでしょう。『これがコンピュータの人工知能が到達しつつある姿だ!?』といいつつ、人々を混乱と失望感へと導く事が、ダンブラウンの書きたかったことなのか?
「我々は何処から来たのか。我々はどこへ行くのか」という古今東西の大命題を掲げたこの「オリジン」は、余りにも科学技術の空想物語を大衆に改めて押し付ける効果しか持っていない様子です。現代科学(特に量子力学宇宙論)は現実として宗教化しているのです。その認識も持てないまま、その空想論(夢物語)の主張を最後の結末に持って行ったのは、失敗作でした!と言っているに他なりませんね。
 あれでは、敬虔なクリスチャンも、真面目な仏教徒も、イスラム教徒も、ユダヤ教徒も、納得しませんよ。これまでのダンブラウン氏の主義主張は廃棄されたのですか?

投稿: 失敗作 | 2018年6月 1日 (金) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73438339

この記事へのトラックバック一覧です: ダンブラウン著「オリジン」を読んでの疑問点。List the questions read the 'origin (Dan Brown)".:

« ブログ「猫の覗き見」へのコメント記事から転記しました。From a comment article on the blog "cats sneak peek" has been posted. | トップページ | 羽生結弦・宇野昌磨選手おめでとう!あなた方はやはり左回転で時間節約をしていますね。 »