« 【1-2】討論会「ビッグバン仮説は大間違いだった」定常宇宙〔拡大も縮小もしていない宇宙〕が正しかったという波紋。 | トップページ | はじめに。“おたまじゃくし”で宇宙がわかる。Fibonacci Sonny tadpoles Cosmology »

2018年2月26日 (月)

宇宙最大のミステリーを解くカギは100年前にあった。「宇宙項の値はゼロだ」と認めましょうよ。【1‐1】 The key to the universe's greatest mysteries was 100 years ago. You should admit value of the universe is zero.

 Sammary: an elementary school teacher was towards the University teachers is "tell students to '0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000001' the number is zero", she is asking and so. General public who are "naturally" would think that various teachers of the renowned physicist ye "is the universe's greatest mysteries!? ' What defined the nondescript themselves and saying to each other, "dark matter and dark energy” is that they studied. Please enjoy once again the research approach to filing written.
概要:このお手紙ではある小学校の女性教師が、大学の先生達に向かって、「生徒たちに‘0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000001’ という数値はゼロですと教えていいですね」と問いかけているのでした。

 一般大衆は誰もが『当然だろう』と思うのに対して、高名な物理学の諸先生がたは『宇宙最大のミステリーだ!?』と言い合って、その得体の知れない自分たちが定義したもの〔暗黒物質・暗黒エネルギー〕を研究し続けておられる模様です。その研究姿勢を改めて頂けるようにお願いしているのが【1-1】の内容です。
 初めて、お読みになる方へ

以下の文章は、物理学を専門とされている方々への提案書です。暗黒物質・暗黒エネルギーなどの言葉を耳にされるのが初めてという方は、専門用語の多いこの記事はスキップ、他の興味の持てるところを拾い読みされることをお勧めします。
 The following is the proposal to the people who are professional physics. Was for the first time you hear words such as dark matter and dark energy skips this article difficult words come out, it is recommended that browsing the just interests.

11宇宙最大のミステリーを解くカギは、100年前にあった。アインシュタインが宇宙方程式に追加した宇宙項の値は、ゼロだった!
 佐藤勝彦先生、郡和憲先生、村山斉先生へ。
To Katsuhiko SATO, Kazunori Kohri teacher, Lawrence
Hitoshi Murayama.
 「宇宙はどのような時空で出来ているのか(郡和憲著)[ベレ出版]」という本のP104-105に、宇宙最大のミステリー」という言葉が出て来ます。
ダークエネルギーをめぐっては、解かれていない謎があります。それは推定される量よりも、はるかに少ないことです。ダークエネルギーが理論計算で「存在すべき量」として期待されている量に比べると、エネルギー密度換算で、10^56倍以上も小さいのです…。』
"What is the universe made of what spatio-temporal (written by Kohri Kazunori)" that comes to the term "the biggest mystery in the universe" in the book P104-105. "There are mysteries to be solved over the dark energy. It is much less than the estimated amount. Dark energy theoretical "should exist" and are expected amounts compared with the energy density conversion, 10^56 times smaller than it is.''
 どの最新宇宙論の本を調べても、10^5610^120以上という巨大な数値を掲げて、宇宙最大のミステリーだな?」と、皆さん首をかしげておられるのでした。
 今日は、この問題について考えてみましょう。
 Also check out what current Cosmology books 10^5610^120 times, "is the universe's greatest mysteries?" And you guys did is it hanging neck.
 Today, let's think about this problem.
 
1】アインシュタインは一般相対性理論を確立したのち、その延長線上で、宇宙方程式を編み出したのでした。しかし、その理屈からすると『宇宙は収縮してしまう。宇宙は定常なはずだ』という事で、つじつま合わせに宇宙項」という仮想の値を、その宇宙方程式に加えたのでした。
その宇宙項というのが、アインシュタインの考えた時には、「ゼロより小さいの値」だったのです。

 After establishing a general theory of relativity, Einstein, its extension in had devised the space equation. However, judging from the theory "would collapse the universe. Should a steady-state universe "that thing plus universe equation of a hypothetical "cosmological" seemed so. It is sometimes thought that the cosmological Einstein was a "less than zero".
2】しかし、天体観測が進むにつれて、その宇宙項の値が「ゼロ」を通り過ごして、正の値であるべきだ〔即ち、宇宙は拡大を続けている〕ということになり、アインシュタインは『生涯最大の誤りであった』と、敗北宣言を出したことになっています。
 However, astronomical observations, as having as values of the cosmological "zero", should be a positive value [i.e., the universe continues to expand] that continue, Einstein is that "life's greatest was a mistake," and issued a declaration of defeat.
3】そして、更に以降の100年間、天体観測は飛躍的な進歩をとげつつある現在、
「量子力学とアインシュタインの宇宙方程式」の二つの理論によって、その宇宙項の値は、10^5610^120以上という巨大な数値であると、理論予想されるに至ったのです。
 And even after 100 years, astronomical observations are significant current advancement came by the cosmic equations of quantum mechanics and Einstein's two theories, the value of the cosmological 10^5610^120 was expected as a huge number of, theory.
 この宇宙項に該当するエネルギーが「暗黒物質+暗黒エネルギー」という得体の知れないエネルギーなのでして、一般人にすれば『専門家があると言うんだから存在するんだろう』ぐらいにしか感じられないシロモノなのでした。
 Since energy is the energy corresponding to this universe of mysterious "dark energy + dark matter," unknown to the public "would it gotta say there are specialists from" about only the white felt.
 しかし、最新天文観測技術を駆使し、観測されたその宇宙項の値は、10^56 分の1以下という小さな値です!という結果が得られています。10^56分の1 を小学校でならう算数で示すと、
‘0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000001’ という小さな値なのですよ。この事実をもって、世界中の小学校でどうして「宇宙項はゼロです」と教えてはいけないのでしょうか?
 However, utilizing the latest astronomical observation techniques, value of the universe observed is 10^56 is small! that has yielded results. 1/(10^56) to learn in elementary school mathematics in 0.00000000000000000000000000000001 a small value like. In elementary school in the world with this fact, why see universe section is zero. "And don't tell me about what?
 科学技術の粋を集めて観察した結果、宇宙項は限りなくゼロに近い値です!という結果が得られたのです。理科(科学)の大原則に立ち返って、『宇宙項は加えなくても良いのです。アインシュタインはの値の宇宙項を予測していて、それが間違いであると意見を撤回しましたが、宇宙項の値ではなくて、ゼロという値だったのです。大宇宙は縮小も拡大もしていませんということを、世の科学者すべてが認めるべきなのではないでしょうか。
どうしてこのような小学生児童にも分かることに100年もの間、我々は気が付かなかったのでしょうか。
 どこに理論物理学者の勘違いがあったのでしょうか?

 Results of science and technology, was observed near zero value is the cosmological! that's yielded results. Returning to the principles of Science (Science), "may make the space section. It is cosmological withdrew the opinion and predict the negative cosmological Einstein and it is wrong, but is not the negative value was a value of zero. Macrocosm is reduced or no zoom. "That you should admit that all the scientists of the world.
To understand why such school children in 100 years, we didn’t notice why.
 Where the theoretical physicist's mistake was?

 このことに気が付いた私の経緯を話す方が、手っ取り早いでしょう。私は、
光速一定の原理」を『質点からの距離に比例して時間軸の矢が伸び縮みしている』と置き換えるべきだと考え、アインシュタインもそう心の中で確信しておられると、2年前から思っていました。それを自分のブログ上で述べ続けてきていたのです。ですから、
  10^56分の1 0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000001
という数値に出会った瞬間に、『時間軸の矢が伸び縮みするものだ』ということを認めなかった結果なのだ!』との思いに至り、原子核世界の寸法と宇宙の寸法とがどれだけ異なるのかを、検算してみたのです。
 I realized that I came to speak. I think "speed of light constant principle" should be replaced with "proportional to the distance from the mass, to stretch the arrow of time", Einstein so in mind convinced him that thought from two years ago. It was has been described on this blog is.
So,10^-56=0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000001’s results did not are stretched and the arrow of time "that" to the moment I met figures of, I thought, is the nuclear world and cosmic dimensions differ in how much, I recalculate.

ヘリウム原子核の大きさは、約10^-15 メートル
   水素原子の大きさは、約10^-10 メートル
銀河団もしくは超銀河団の大きさはおおよそ10^27 メートルなのですから、
〔銀河団~超銀河団〕÷〔原子核〕=10^42 だと割り出しました。これは長さ比です。
面積比では 10^84
  〔長さ比の2乗=10^42 x 10^42〕

体積比では 10^126
  〔長さ比の3乗=10^84 x 10^42〕です。

 郡和憲(Kazunori Kohori)氏の10^56 という数値は、〔銀河団~超銀河団〕÷〔原子核〕の長さ比 にほぼ対応している数値だと分かります。
一方、村山斉先生は「宇宙は本当にひとつなのか」という本のP197において、『…期待される量に比べて120桁小さすぎます。…』と、述べておられます。10^120という村山斉先生の数値は、〔銀河団~超銀河団〕÷〔原子核〕の体積比に対応している数値だと分かります。
 Helium nuclei size is approximately 10^-15 m,
 Hydrogen atom size is approximately 10^-10 m,
Supercluster of galaxies size is approximately 10^27 meters away.
Then
 ⇒ Galaxy-supercluster ÷ nuclear= 10^42 stretched. This is the length ratio.
 
 Area ratio is 10^84,  volume ratio is 10^126.
 County, (Kazunori Kohori) said 10^56 the numberGalaxy-supercluster ÷ nuclearof shows numbers roughly correspond to length ratio.
On the other hand, Lawrence says "the universe really wasn't 1?" in the book P197  ". 120 places too small compared to the expected amount. ... ', He mentioned.
10^120 Lawrence
Galaxy-supercluster ÷ nuclearof shows a number that corresponds to the volume ratio.
 私を含め物理学者はどなた様も頑固ですから、アインシュタインの相対性原理;『時空間が歪んでいる(時間軸が伸び縮みしている)』説がニュートン力学の「時間はどの世界でも一定スピードで流れているものだ」説に取って代わった今でも、昔の定説をどこか捨て切れないのではないでしょうか。
 Said everyone stubbornly is a physicist from Einstein's principle of relativity, space-time is distorted (it is said to stretch the timeline also), they stubbornly Newtonian mechanics " That time flows at a constant speed which world "that you can't throw principles in mind is.
Physicists are divided into two groups.
 Divided into experimental scholars and theorists.
 物理学者は大きく2つのグループ、すなわち、実験学者理論学者とに分かれています。
1)
、天文観測を行う場合、実験学者は、いやが上にもその天文世界の代表寸法と較べるのです。顕微鏡世界を調べる時には、試料台(プレパラート)ぐらいの大きさを最大の寸法だとして、その長さと比較しながら微小世界を観測しておられるのです。
太陽系内の世界を観測する場合には、実験学者は、地球と太陽の距離を基準の物差しとして寸法測定を行われるし、銀河系の外にある世界を(望遠鏡を使って)観測する場合には、…という具合に、その世界の代表寸法と比較しながら、その世界の動き(速度)を測るのでした。
 ですから実験学者は《 知らず知らずの内に、》
質点からの距離に比例して時間軸の矢が伸び縮みしている』という光速一定の原理を、計測作業の中に取り込んでおられるのでした。
 It is making astronomical observations, experimental scientist, unpleasantness compared a representative size of the astronomical world. Upon examining the microscopic world slides about the size of the largest dimension as is that he observed the micro world for its length. If you observe the solar system in the world, experimental scientist, made to measure as a measure of the relative distance between Earth and Sun, and worlds in the Milky Way galaxy with the telescope while... that sorta did measure the movement of the world (speed) unwittingly in the typical dimensions of the world and compared. So was the experimental scientist, knowing in that he brought into measurement work principle of "proportional to the distance from the mass, to stretch the arrow of time" that the speed of light constant.
2)
、しかし、理論学者は違います。理論学者は〔あくまで机の上で、頭の中で〕理論を組み立てるのですから、極微世界の尺度でもって、超銀河団の寸法を測定してニュートン力学の「時間はどの世界でも一定スピードで流れているものだ」という主義主張を、理論の中に日々持ち込んでおられるのではないでしょうか。
 However, different theorists. From theory scholars (only) on the desk (in his head) theory of the supercluster's measure in scale of the microscopic world, Newton's principles "Time flows at a constant speed which world said that theory in everyday Will he be brought?
 この理論学者実験学者との共同作業でもって、『暗黒物質や暗黒エネルギーがそこに存在するはずだ。その値〔宇宙項〕は( 10^5610^120 )以上の値である』との理論予想が、早い段階からなされていたのでした。
 ところが近年、

 In theory scholars and laboratory scientists working in tandem, "should be the dark matter and dark energy exists there. The value (cosmological) is (10^5610^120) about values. "With early predictions had been made it was.
3)、実験学者が銀河団の距離測定をし、理論学者がその結果を総まとめしてみたら、その宇宙項の値は何と、/(10^56 )以下 0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000001以下
という数値であった。これはへんてこりんな結果だ。「宇宙最大のミステリーだ!?」となってしまっているのです。一般の人々が聞いてあきれる議論だとは思いませんか?
 あなた方物理学の諸先生方は、一体いつになったらこのミスをお認めになられるのでしょうか。
 Experiment scientists measuring the distance of the galaxies, and theorists as a result, Roundup, why don't you and what, 1 / (10^56)
=0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000001 In figures said. It's the kind of result. "Is the universe's greatest mysteries!?" It seems that it has become.
 Ending amazed to hear people in General, don't you think? Your various teachers of physics will Earth when you appreciate to if you do.

 ブログ「光世界の冒険(大山宏)」より 2018 1/23
     訂正 & 追記 2018 2/21 Hiro. Oyama

|

« 【1-2】討論会「ビッグバン仮説は大間違いだった」定常宇宙〔拡大も縮小もしていない宇宙〕が正しかったという波紋。 | トップページ | はじめに。“おたまじゃくし”で宇宙がわかる。Fibonacci Sonny tadpoles Cosmology »

G・・やさしい相対性の説明」カテゴリの記事

コメント

I once said I was innocent, so it thought. Understand your theory can be not very pleasant is the fundamental basis of a 56 squared number is deployed to it. But the bottom line is different from the meaning of the numbers in the very small world of nuclear level and the macrocosm. Quantum mechanics was mainly theoretical development the microscopic world of elementary particles, but true conclusion that Bush is discouraging for scientists was. I think is at present found in the experiment's theoretical expected the big discrepancy (Sogo) is not. Scholars no longer deny the quantum mechanics is now almost gone.
 Therefore, unless mistake in the figures to the logical development of the work support. miyamo are welcome.
  Thank you for your timely reply. It is at is now the future development of the common understanding of dark matter and dark energy was in imaginings. ⇒ "the space in steady-state universe, the big bang does not exist. "But certainly proven itself. In person, of course, pointed out Mr. miyamo also "gone most scholars no longer deny the quantum mechanics" is true and here I am. However, such as supernova explosions that are in the so-called "big bang mini" range to talk will be limited. I think you want to deploy in the next blog this.  Best regards in the future! Hiro. Oyama
 私は一般人なので、そう言われればそうなのかなと思います。
56乗という数字の基礎的な根拠がいまいち納得できかねますが、それを元に展開されている論は理解できます。
肝心なことは原子核レベルのごく微小な世界と大宇宙とでは数字の持つ意味が違うことです。
量子力学は素粒子レベルのミクロな世界を主に理論展開されましたが、真実は藪の中という結論は科学者にとってがっかりさせる内容でした。
現在では実験で見いだされる現象は理論屋の予想通りであり、大きな齟齬(そご)はないと感じます。
もはや量子力学を否定する学者はほとんどいなくなりました。
従って貴兄の論理展開に数字的誤りがない限り、支持します。
 miyamoさんへ。タイムリーな返信ありがとう。
さて、今後の展開ですが、「暗黒物質・暗黒エネルギーが空想の産物であった」との共通認識に立てたのです。⇒『宇宙は定常宇宙であって、ビッグバンは存在していなかった。』が、自動的に証明されたことになったのですね。
もちろん、miyamoさんがご指摘の様に、『もはや量子力学を否定する学者はほとんどいなくなった』のも事実ですし、私もその通りだと思っています。
でもあれは、超新星爆発など、いわゆる「ミニビッグバン」という範囲でのお話しに限定されるべきでしょう。
このことを、次のブログでは展開していきたいと考えています。今後ともよろしく!
 Hiro. Oyama

投稿: miyamo | 2018年1月21日 (日) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73051988

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙最大のミステリーを解くカギは100年前にあった。「宇宙項の値はゼロだ」と認めましょうよ。【1‐1】 The key to the universe's greatest mysteries was 100 years ago. You should admit value of the universe is zero.:

« 【1-2】討論会「ビッグバン仮説は大間違いだった」定常宇宙〔拡大も縮小もしていない宇宙〕が正しかったという波紋。 | トップページ | はじめに。“おたまじゃくし”で宇宙がわかる。Fibonacci Sonny tadpoles Cosmology »