« 小学生にも分かるブラックホール内部世界の構造?【1-6】 Structure inside of the black hole be understood by children. | トップページ | 第2章【2-1】“原子”と“フボナッチ実数列”との間の密接な関係。All life forms are living between the infinite and the infinitesimal. [In the 6th grade class visit day.] »

2018年4月26日 (木)

ブラックホール?:事象の地平面(地平線)「地の果て」とは?【1-7】 Black hole? Event Horizon and "Land's End" Ant let her inside the narrow tubes. アリが生きている世界。

 これから説明するのは、ブラックホールに関する”事象の地平面〔地平線〕”についてです。第一段階として、スケートリンク内での七転八倒の場面【1-6】を思い出して頂きましょう。
あのスケートリンクは、スピード競技用のリンクの如くに氷の面を真っ平らに仕上げたその上に、8,9杯分の水を撒いてあるのです。
 ですから、ちょっと先生が押しただけで、速度が緩まることなく対岸のリンクサイドフェンスに激突したのでした。もしフェンスがなければ、突き放されたフィボナッチ坊やは、限界なくどこまでも遠くまで滑って行くのでした。
 小さな星で、あのスケート場の如く、完全な球面のように星の表面を磨き、水を十分にまき散らしておけば、みんなからフィボナッチ坊やが見えなくなってしまうほど遠くまで吹き飛んで行ってしまいます。ここまでは想像できますね。

 To explain it about the black hole "event-horizon [horizon]" about it is.
Let's remember the scene of writhing on the ice rink in the previous section [1-6] as phase 1.
 Like the link speed for that skating rink at the ice surface, true I is finished flat on top of that, the watering 8, 9 cups. So little was pressed only in the speed came loose it was smashed into the side of the scoreboard fence without.  It did go slipped Fibonacci boy was because if a fence is not a limit but not as far. You brought enough water, polished surface of the stars skating scene like small stars, would be a perfect spherical object to disappear from everyone Fibonacci boy would go blow up too far. Can you imagine so far?

この見えなくなる限界が世界の果てであり、事象の地平面〔地平線〕なのです。
日清・日露戦争の時代には、既に双眼鏡がありました。それを覗くと、海のかなたの水平線上に、まず観測されるのは敵の戦艦の出すです。
次に煙突が水平線上に現れ、やがて船上の構造物が水平線上に姿を現します。ですから、煙や煙突が見えた段階で、砲弾をお見舞いした方が勝利を収めるのでした。

 海軍の戦法として、これは常識でありました
 This becomes invisible limits is at the end of the world, "event-horizon” is.
In the era of the Sino-Japanese and Russo-Japanese war, already had the binoculars.
 First observed on the horizon over the sea, as it is the smoke out of the enemy battleships. Follow chimney appeared on the horizon, soon shows up on the horizon on board structure.
 Therefore, achieve a victory could see the smoke and smokestacks at the cannon visited because it did.
 As the Navy's strategy in this sense.


 その後兵器性能は格段に向上し、砲弾の発射角度は段々と水平に近い角度になっていきつつあります。水平線以下に隠れている敵の船体に当てたいのですが、煙突から出ている煙をめがけて砲弾を発射すればいいのですから、ほとんど水平方向に出射するのです。すると重力の影響で、弾道は放物線〔実は楕円〕軌道を描いて相手に届きます。
 完璧に水平方向に砲弾を打ち出した場合について考えてみましょう。
その砲弾の射出速度が11.2Km/sec よりも大きければ、敵戦艦の頭上を通過して地球をぐるりと一周して約1時間後には、出射した自分の戦艦に向かって背後からその砲弾は近づいてくるのです。
 これって、本当の話ですよ。
物理学の先生に聞いてごらんなさい、『その通りです』と答えてくれない先生は似非物理学者です。そうなるように時空間が曲がっているのです。
この事実をもってアインシュタインは『質量のある周りの空間は歪んでいるのです』と言ったのです。ちょっと先走りし過ぎました。このことは第三章「人工衛星の心」の項で改めてお話しすることとします。

 Weapons performance is much better then, Cannon firing angle is nearly level with more and more hope. I can shoot at the smoke coming from the chimney is on the hull of the enemy are hidden below the horizon from almost horizontally Cannon laser is. Then on the effects of gravity, ballistic parabolic [ellipse] you will receive them the orbit.
 Consider the perfectly laid out the cannonballs in the horizontal direction. Injection speed of the Cannonball 11.2 Km / sec is greater than the pass over the heads of enemy ships Earth round! and run around, get out after about an hour, is approaching the cannonballs from behind towards the battleship shone their. This is a true story. Listen to the physics teacher looks like he does not say "it is" non-of science scholars. It is to be bent time and space. It is this fact Einstein said "distorted space around mass that is'. Just getting ahead of myself too much and. This is in Chapter 3 "satellite heart" section to talk again.

 突き飛ばされたフィボナッチ坊やの話しに戻りましょう。
完全に球面に仕上がっており、抵抗が実質ゼロであったならば、突き放されたフィボナッチ坊やはその星の裏側まで飛びすさっていきます。この様子は容易に想像出来ます。
そこで止まるかと言えば…、否(No!)です。フィボナッチ坊やは星の裏側まで行っても止まることはできずに真裏を通過し、再び突き飛ばされた最初の地点まで戻って来るのでした。
 こちらから何らかの力を加えて止めてやらなければ、フィボナッチ坊やはその星の周りを一生の間、グルグルと回り続けるのです。
これが人工衛星と同じだということは、もう分かったでしょ。

 そして、この場合の事象の地平面は「無い」ということになります。
 これは
球面幾何学と呼ばれています。
 The Fibonacci boy thrusted back to speak.
 Fibonacci boy has finished completely spherical, resistance is zero, if was because of their stars in order to continue going out of fly. This aspect can be easily imagined. Or stop in and say... and not (No!) It is.
 It did come back to the first point, thrusted again and go through the pedestrianized cannot stop Fibonacci boy went to the other side of the stars. Add some power from here if you do, stop Fibonacci boy around the star's life between the round and looping continuously.  That you know that this is the same as the artificial satellite?
 And the plane of the horizon of events in this case "NO" means.
 This is called spherical geometry.


 今度は、虫メガネ世界を覗いてみましょう。
虫メガネ世界に生きる動物の代表は「アリ」です。
アリは地中に巣を作りますが、これをピカピカに磨かれた広いガラスの上で飼ったことにしましょう。餌として砂糖や葉っぱは与えてやってくださいよ。そうすると、アリは何の不自由もなく、生き続けることが出来ます。
砂糖や葉っぱを与えてくれるあなたのことを、アリはきっと“神様だ”と思っています。ただ、この神様は気まぐれで、餌をやり忘れたり水を垂らし忘れたりします。
そうすると、そのアリは死んでしまうよりありません。アリを生かすも殺すも神様次第で、所詮神様なんてそんなものなのですが、『辛気臭い(しんきくさい)』と言われるでしょうから、神様の話しは止めにします。
 Now, let's explore the magnifying glass world. "Ants" is representative of the animals live in a magnifying glass world. Will be kept on the large glass ants make nests in the ground, but this shiny, polished. Sugar and leaves him as bait. When doing this, Ant was wanted for nothing, can stay alive. Leaves and sugar to give you that "God 's" I'm sure I Ant. However, this God is fickle, feeding the forgotten the forgotten drip water. The Ant is dead, do not get better. Ants live though it kills though depending on God, is after all a God thing, tantalizing, frustratingand talking about God's will to stop said.


 さて、アリにとっての「事象の地平面(地平線)」はどこでしょうか?
アリ自身が行動できる範囲は歩ける範囲です。せいぜい10メートル、いくら冒険好きなアリでも、1Kmは歩かないでしょうね…、あなたがせっせと餌を与え続けてくれる限りは
あなたが直径10cm範囲内にしか餌を撒いてやらなければ、その範囲がそのアリの生活圏であり、事象の地平面はその10倍程度以内だと考えることが出来ます。
 そのアリに聞いてごらんなさい、「はい。神様、その通りです」と答えますし、あなたが気に入らなければ踏みつぶしても文句は言いませんし、恨んでお化けとなって出て来ることもありません。
 Who would take the ants ' event-horizon"?
 As long as you keep feeding that they'd say ants themselves act range is within walking range from more than 10 m, no matter how adventurous or walk 1 km.
 You can think you 10 cm in diameter, scatter the bait only within its range is living, and event-horizon is 10 times much less than that.
 Listen to the ants ' Yes. God, so "and not say complaints also stomped and answers, you don't like the grudge haunted, come out.


 アリには、小型のアリもいますし、大型で活動の激しい蟻もいます。
大型のアリは早く歩くので、行動範囲も大きくなりますし、その分「事象の地平面」が広くなるだろうことは想像に難くありません。
 但し、この大型アリを丸底フラスコの中で飼ってごらんなさい。
その蟻は絶対にフラスコの外に出ようとはしません。何故なら、餌が丸底にしか落ちて来ないのですからね。
冒険心を起こしてフラスコの外に出ようものなら、神であるあなたから罰を受けます。絶対服従しかありえません。そのアリはそれで満足して一生を終わるのです
 Ants are small ants are ants are large and intense activity. Large ants walk fast, so the greater range of activity. Would taking the large Ant flexible event-horizon that can be easily estimated.
 Large Ant please see kept in the round-bottomed flask. And the ant never go outside of the flask. Because it is because the food does not come down only to a round bottom. And suffer penalties from you if he leave stuff out of the flask, raise the spirit of adventure is absolute obedience but unlikely, it is a satisfying life.


 次にこのアリを、細長い試験管の中で飼ってみましょう。結果は丸底フラスコの場合と一緒です。
あなたが、少しずつでも試験管の中に餌を落とし続けてやるならば、アリにとって試験管の壁をよじ登る必要はありません。
 これと同じことは、ガラスの円盤の中央に少しの餌をやりつづけながら飼った場合でも一緒です。たまに歩き回ったとしても、ガラス円盤の半径の半分程度です。このように行動範囲が限られてくるのは、中央にしか餌が与えられないからです。
 Following this Ant let his inside the slender tubes. The result is together and if the round-bottomed flask.
 You don't if you bit by bit in the test tube do continue dropping food for ant climb the tube wall. Even if you kept the same while it kept doing a little food in the middle of the glass discs are together. And once roamed is about half of the radius of the glass disk. This limited range of activity is from the feed is given only in the middle.

 何を言いたかったか
私達は、事象の水平線〔事象の水平面〕という話しをしていましたよね。これをヒントにちょっと考えて、それから、《続き》を読んで下さい。

 丸底フラスコにしても、試験管にしても、餌の落ちているのは同じところなのです。その餌場を中心として行動半径が決まって来るし、冒険をしたとしても、せいぜいその半径の倍の距離までしかアリは出歩かないのです。丸いお皿の上でも同じことが起こります。更には、空中に浮かせた球の上でも同じことがおこります。
そのアリが、『この世は次元空間だ』と考えているのか、『この世はTXYZ4次元空間だ』と考えているのかどうかはわかりませんが、いかがでしょう?あなたはこの試験管中のアリは何次元空間で生活していると思いますか?
 What you wanted to say?
 Our event horizon [event of the horizontal] that we were doing the talking.
 You consider this tip, then read the "more".
 Round-bottomed flask, tube either or the falling of bait is the same. It is feeding stations mainly comes determined radius of action and adventure, but most go out ant than the RADIUS times the distance. Same thing happens even on a round plate. Ball floating in the air, we are working on the same thing happens.
Who thinks that Ant world is 3D space or "world's TXYZ 4-dimensional space, and believe or not I don't know, but you? do you think he is living in a many-dimensional space ant in the test tube?
 

 もう、答えを言いましょうね。
長い試験管中のアリはTXという次元空間で生活していると考えるのが正解です。
T
は時間軸であり、Xは試験管の長さ(L)を最大とし、餌のある場所がZERO地点です。
アリはその次元空間TXの中で生きているのでした。
 では、大型の丸底フラスコの中で生かされているアリの次元は、実質、何次元空間なのでしょう?
 答えは、もう明確です。
大型丸底フラスコの中で生活しているアリは、地球人の我々と同様に
TXY3次元空間内で生活しているのです
ガラス球の外部で動き回っているか、球の内部で動き回っているかの違いだけで、時間軸
Tの次元を別扱いにすれば、次元空間内で、生活しているのは我々も同じなのでした。
 我々人類は、地表という次元空間内で生活しているのです。》
 Again, I'll answer it.
And during the long tube of ant live in 2-dimensional space of the TX is correct. Place a bait, and T is time and the maximum tube length (L) X is a ZERO point.
 I had ants live in TX and 2-dimensional space.
Then, the ants are alive in a large, round-bottomed flask dimensions are real, many-dimensional space?
 The answer is more straightforward.
It is ants living in a large round-bottomed flask is similar to our Earth's living TXY in 3-dimensional space.
 That move around the outside of the glass ball, moving around in the inside of the ball only by the time axis T-d by making an exception, in a 2-dimensional space is living like we did.
We are human beings living within the 2D ground space.

 最後の質問です。
試験管中のアリにとって、事象の水平線〔水平面〕とはどこなのでしょうか?
丸底フラスコであったとしても、はたまた試験管であったとしても、そのアリにとっては、ご主人様が餌を投げ落としてくれる試験管の入り口の部分が事象の水平線〔水平面〕だということは明確ですね。
 我々は座標軸を考える時、(+-)もしくは、左右上下前後を考えますが、アリにとっては左右前後上下の区別はありません。
極端に細くて長~い試験管内で飼うことを考えてみれば、TXという2次元の時空間とは、Xは〔L max〕の範囲しか存在していません。アリにとっては『餌場からどれだけ離れているのか』の認識しか存在していないし、それ以外の長さは存在してはいないのですからね。
 丸いお皿や、空中につるした球のケースでも一緒です。餌の落ちている地点からの距離が最重要であって、どこをどううろつき回っても、その餌のあった場所に戻って来なければ生き続けることは出来ないのでした。
飲まず食わずで出歩ける最大の距離には最大値があります。一番広く歩き回って元の餌場に無事もどるケースを考えてごらんなさい。それは円軌道でしょ。

 楕円軌道に沿ってあるけばもっと遠くまで行けます。
餌場から放射状に進んでいった場合が、面積が最も小さくて
ZEROの楕円軌道というケースです。それ以上の遠くに旅するのは冒険ではなくて無謀と呼ばれるのです。分をわきまえて行動したいものです。
 This is the last question.
For ants in test tubes, the event horizon [horizontal] and is what's where?  Also round-bottomed flask with flap also is part of the entrance of the tube, even with in vitro for the ants, master bait throwing down the US event horizon [horizontal] said it is clear. When we think of the axis (+-) or consider the left and right up and down back and forth, but no distinction between left and right back and forth up and down for Ant.
 Extremely thin length-not, come to think of having in vitro and TX is 2-dimensional space-time, x [0-L max] of does not exist only.
 Ant is what' to how far away from the feeding area of is but recognition does not exist and not exist otherwise. Round dish or aerial in hanging ball case is together. It was could not continue to live if you come back to where the bait is away from falling prey of paramount, where if prowl around. Loaf in a maximum distance could include maximum values.
 Think of most widely roaming and safely return to the feeding grounds of the original case.
 It is a circular orbit? If along elliptical orbits can go farther. You radiating eastward from feeding grounds, the smallest area, is a case of an elliptic orbit with ZERO. To further distance to travel to adventure rather than be called reckless. Know its place, behavior like.


 以下が、今日の結論です。
 我々人類は、地表という次元空間内で生活しているのです。
  時間軸Tを加えるなら、TXYという次元空間内で生活しているのです。》
 2016 8/15  Hiro. Oyama (大山宏)
 This is the conclusion of today.
"We are human beings living within the 2D ground space.
  If you add the time axis T, live in 3-dimensional space TXY it is. "

PostScript
(追伸)
 我々は自分の生活している場が、時間軸Tを除くと3次元空間(XYZ)だと認識しています。しかし、アリという立場に立って考察してみると、時間軸Tを除いた地表面という2次元空間(XY)で我々人類は生活しているのだと分って来るのでした。そしてその地の果ては存在しません。宇宙論議で出て来る事象の水平線〔事象の水平面〕とか、多次元宇宙論や多元宇宙論は、机上の空論だったのです。
I'm aware we place their lives except the time axis T with 3-dimensional space (XYZ). However, in a 2-dimensional space of without the time axis T standing in the standpoint of Ali and the examination of the surface (XY) we did come know of living human beings. And the place even exists. Come out of universe discussion event horizon [horizontal aspects of the events] and multidimensional Cosmology and cosmic pluralism was a mere theory.

ブラックホールの話をしたかったのではないですか』という質問ですね。

 答えを言いましょう。
事象の水平線までの距離L-max が限りなくZEROに近いとみなされる小世界が、ブラックホールだったのです。
 そのブラックホールの内部で、アリも我々人類も生活しているのでした。
 ちょっと大きな世界が見えたとしても、そこは神様の世界であって、我々はその世界に口出しすることは無用なのです。
 分をわきまえて、日々の生活を楽しみたいものです。神の領域に手を出すことは、その大きな世界からお叱りを受けることになっている様子ですね。
"Wanted in the story of a black hole is?" a question.
 I'll answer.
 It is regarded as small world L-max to the event horizon distance very close to ZERO, was a black hole.
 Inside the black hole Ants also we had living human beings.
Even if you could see the little big world, the world of God is there and we cannot interfere in the world are useless. Are enjoying our life, know its place. Scolding from the big world not to dabble in the realm of God is supposed to receive it.

|

« 小学生にも分かるブラックホール内部世界の構造?【1-6】 Structure inside of the black hole be understood by children. | トップページ | 第2章【2-1】“原子”と“フボナッチ実数列”との間の密接な関係。All life forms are living between the infinite and the infinitesimal. [In the 6th grade class visit day.] »

F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini」カテゴリの記事

コメント

北朝鮮が核ミサイルを発射した!という記事の方が現実的で興味深い例題になりそうです。
1)核弾道ミサイルは、アメリカのホワイトハウスを狙って発射されます。その出射角度は、ほとんど水平に近く、打ち出された後は大圏コースをたどって、米国に届きます。
2)北朝鮮はまだ技術が未熟なため、当然出射角度や最終的に到達する核ミサイル速度がばらつきます。すると、ミシガン州の辺りに落下することもあるし、日本の青森県や岩手県に落下してしまうことも起こりそうです。
3)核ミサイルに搭載するエンジンが大き過ぎれば、大西洋にその核ミサイルは落下するでしょう。下手すると欧州のどこかの国の上空で核爆発する可能性も出て来ます。
4)最悪のケースは、発射した核ミサイルが11.2Km/sec 以上になり、ほとんど人工衛星の軌道に近くなっていて地球を一周して、『気が付いて見たら、西の空から北朝鮮に向かっていた!』なんてことも起こりそうですね。
5)もっとも怖いのは、現在数千個とか数万個ともいわれる人工衛星に密かに核兵器が積み込まれていて、常時自国も含めて何処の国へも何時でも核をお見舞いすることが出来る体制が整うことです。これは早ければ10年以内に実現するでしょう。これが最も怖い恐怖世界だとは思いませんか?

投稿: 北朝鮮 | 2018年4月24日 (火) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73428630

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックホール?:事象の地平面(地平線)「地の果て」とは?【1-7】 Black hole? Event Horizon and "Land's End" Ant let her inside the narrow tubes. アリが生きている世界。:

« 小学生にも分かるブラックホール内部世界の構造?【1-6】 Structure inside of the black hole be understood by children. | トップページ | 第2章【2-1】“原子”と“フボナッチ実数列”との間の密接な関係。All life forms are living between the infinite and the infinitesimal. [In the 6th grade class visit day.] »