« 【2-4】フィボナッチ数列の面白い性質「異次元世界は現世の相似形」 | トップページ | 【2-6】無限大〔∞〕の定義。Definition of Infinity "Wikipedia" should be rewritten ASAP. »

2018年5月15日 (火)

【2-5】:極微世界から「宇宙の果て」の向こうまでを貫く式!The expression from the microscopic world through beyond the "end of the universe"!

   ここまでのまとめ:
 フィボナッチ数列の面白い性質と宇宙の相似形についておしゃべりをしてきました。我々の住んでいる現世は極微異次元世界と極大異次元世界に挟まれて存在している事も分かりました。また第一章では、極微世界との境界が「事象の水平面」であり、極大世界との境界が「宇宙の果て」である事などについて簡単にお話してきています。
以下の【25】以降では、人間は勿論のこと微生物も寄生虫も、すべての生命体は無限大と無限小の間で暮らしている、というお話を展開していきます。
 Has been talking about similar figures of the interesting properties of the Fibonacci numbers and the universe. This world we live in are found sandwiched between micro-dimensional world with maximal-dimensional world that exists. Also easy, and the boundary between the microscopic world "event of the horizontal" in Chapter 1, "at the end of the universe" is the boundary with the maximum world contact has been talking about. [2-5] below will expand later, humans are not microorganisms and parasites, all of life is between the infinite and infinitesimal lives in the story

25フィボナッチ計算式は、極微世界から大宇宙までを貫く式!Fibonacci formula expression from the microscopic world through universe!

 フィボナッチ数列を実数範囲に定義拡張すると、極微世界(無限小世界)から、
銀河系が""にしか見えない大宇宙(無限大宇宙)の双方を貫いているのが分かります。次元を越えた比較が出来るのです。小数点以下何桁目を四捨五入するかで、その宇宙世界の機能が定まっている模様です。
 You can see sticking to both the macrocosm and extend the Fibonacci sequence defined real number range from the microscopic world (infinitely small world), Galaxy has "points" seem (infinite universe). It is a cross-dimensional comparisons can be. Decimal digits or to round the eyes, is known in the aerospace world.

 まず結論の式を、先に書いて置きましょう。

 
フィボナッチ数列( Fi )は、以下の式で表されます。
Fi  ^(Ni-10)  …(1
 Κ55.00363612  1.61803398875
 
A=1.61803398875 は「べき乗」のの値であり、銀河系から原子核の世界の、広い範囲で共通した[定数]です。これまで、1.618という桁までは一般的に知られていました。
EXEL]の収束検討から今回、12桁の有効数字を確定する事が出来ました。
Ni]というのは、何番目のフィボナッチ数か?という番号であり、
10番目のFi数が55となる数値です。
掛け合わせる値がなんであろうと、 "0"掛けたら「1」です(これは約束事です)。
 
 551を掛けても、55です。 55は基準値だったのです。1234567891055 なので、覚えやすいでしょう。》
Fi1123581321345589144
Ni1 2 3 4 5 6  7  8  9 10 11  12 

 電卓で試してみましょう。
 First conclusion-let's write first.
Fibonacci numbers (Fi) are represented by the following equation.
 Fi  ^(Ni-10) …(1Κ=55.00363612 A=1.61803398875
 A=1.61803398875 is a constant in value at the bottom of the "powers", and from the Galactic Nucleus world wide range common. So far, to 1.618 4-digit generally known. [EXEL] convergence study, to determine the 12-digit number! [Ni] is the nth Fibonacci number?? a is a numerical number, Fi the number 10 is 55. Hang A "0 once" and it will be multiplied by the value of a. is 1.  (This is a promise). Multiplied by 1, 55 is 55. "Reference value was 55. [1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 = 55], so will be easier to remember.
Fi1123581321345589144
Ni1 2 3 4 5 6  7  8  9 10 11  12 
 Try it on the calculator.


 55
の一つ前のFi数は、34ですが、算出できるでしょうか?
Fi(9
10)551.618^(1) 55÷1.618 =33.9925 小数点以下を四捨五入すると、34ですね。
Fi
数=21は、更にもう一つ前で、Ni8番目の Fi 数です。
Fi(8
10)Fi (2)=551.618^(2)=55/1.618/1.61821.009 しっかり、2回の割り算で21出て来るでしょ。
 Fi number of the previous one of 55 is 34, can be calculated using this formula?
Fi(9
10)551.618^(1) 55÷1.618 =33.9925
 It is 34 and to rounded to the nearest decimal point.
Fi number of the previous one of 34 is 21. It is the Fi number at Ni=8.
Fi(8
10)Fi (2)=551.618^(2)=55/1.618/1.61821.009
 You come out firmly, Division two times, 21.


 今度は大きい方の
Fi数を計算してみましょう。
Fi
1210)=Fi2)=551.6181.618143.985四捨五入すると144であり、これもピッタリです。
 
このように、例えば、Fi570288734番目)というような大きなFi数であっても、
Fi
34-10)=Fi24)=551.618^245699635.78 この値を元のFi数=570288734番目)と比べてみると、少しずれてますね。
 
でも、 Κ55.0036361200  1.61803398875
 
という12桁の定数を用いると、Fi 5702886.9 です。小数点以下を四捨五入すると、ピッタシカンカン数です。
 Now let's calculate Fi number of whichever is greater.
 Fi(12-10)=Fi(2)=55x1.618x1.618=143.985. And to rounded 144, this is perfect.
Thus, for example, large number of Fi Fi=5702887(34th) and it even
 Fi(34-10)=Fi(24)=55*1.618^24=5699635.78
This value with the original Fi number = 5702887 (34th). The value 5699635.78 shifted a little compared with 5702887 (34th).
 However, with a 12-digit Κ =55.0036361200 A=1.61803398875 constants, Fi = 5702886.9. And to rounded to the nearest decimal point is the Just coincident number.

EXEL〕を使って、11桁もある Fi数=86,267,571,272とピッタリ一致した整数値54番目)も確認できます。

 これ以上の大きな数値は、結果が指数表示に自動切り替えとなり、
  55番目のFi数=1.39584E+11 と表されてきます。
100番目のFi数=3.54225E+20
138番目のFi数=3.09606E+28
174番目のFi数=1.03363E+36
[EXEL] using the 11-digit can be Fi number = 86267, 571, 272 and perfectly matched integer values (54th).
 Further large numbers will auto-switching and index display results, and 55th Fi the number =1.39584E+11 will be represented. Fi number =3.09606E+28 100th Fi number =3.54225E+20, 138th, 174th Fi number =1.03363E+36

 この有効数字すべてが、ピッタリと一致する式が、冒頭に掲げたフィボナッチ計算式(
1)だったのです。
これは何を意味しているのか、考えてみましょう。

 
それは例えれば、あなたの手元にある "物差し"を使って、銀河系のサイズを超正確に測ることが出来るということを意味しています。そのくらい、フィボナッチ物差しは正確です!ということ。言葉を換えれば、光のスピードが我々の住んでいる銀河系内では一定であることを示唆している、とも言えるのです。
 Is Fibonacci formula expressions that match all this significance and hung out at the beginning (1). Let's think about what does this mean?. Means that you can use the "yardstick" is at your fingertips if you cut it, the size of the Milky Way Galaxy super gauge. Fibonacci gauge is correct that much! It is also said that suggests that within the milky way in our lives is the speed of light if other words, constant.

 21世紀の現在、「時間」はどういう基準で定められていると思いますか?
電子の回転(スピン)を基準に定められているのです。極微世界の電子のスピン(±1/2)を測った基準で、大宇宙の寸法までを測っているのです。
それが大自然の姿なのだということを、フィボナッチ数列は示していたのでした。

 今度は極微世界を覗いてみましょう。即ち、フィボナッチ数列をどんどんと番号の小さい方に求めていくのです。
You think, "time" is determined by what standards? Is the spin of electrons (spin) are prescribed in the standards. Spin micro world (± 1/2) is measured based on that measure up to the dimensions of the universe.
 It was showed that it is the nature of the Fibonacci sequence.
Now let's explore the microscopic world. In other words, is the Fibonacci numbers seeking a smaller number of more and more.

Fi
10-10)= 55. ⇒ 55
Fi
9-10) 33.99  ⇒ 34
Fi
8-10)= 21.0095  ⇒ 21
Fi
7-10) 12.98460  ⇒ 13
Fi
6-10)   8.024922 ⇒  8
Fi
5-10)   4.959675 ⇒  5
Fi
4-10)   3.065248 ⇒  3
Fi
3-10)   1.894427 ⇒  2
Fi
2-10)   1.170820 ⇒  1
Fi
1-10)   0.723607 ⇒  1
Fi
0-10)   0.4472136⇒  0
 
ここで終わりだと、思ったでしょう。でも違うんだな。実数定義のフィボナッチ数列は延々とゼロの世界に入っていくのです。
 Would have thought the end here. But I'm wrong.
It is a real defining the Fibonacci sequence is going into the world of zero goes on and on.
Fi
-1-10)   0.2763932 ⇒  0
Fi
-2-10)   0.1708204 ⇒  0
Fi
-3-10)   0.1055728 ⇒  0
Fi
-4-10)   0.0652476 ⇒  0
Fi
-5-10)   0.0403252 ⇒  0
Fi
-6-10)   0.0249223 ⇒  0
Fi
-7-10)   0.0154029 ⇒  0
Fi
-8-10)   0.00951949 ⇒ 0
もうすでに、ミクロン単位の世界に突入しました。
 Already, we plunge into the world of Micron.
Fi
-9-10)    0.005883371
Fi
-10-10)   0.003636123 
Fi
-11-10)   0.002247248 
Fi
-12-10)   0.001388875 
Fi
-13-10)   0.000858372 
Fi
-14-10)   0.000530503 
Fi
-15-10)   0.000327869 
Fi
-16-10)   0.000202634 
Fi
-17-10)   0.000125235 
そろそろ、DNAのらせん構造が見えて来る頃です。
 Come see the DNA helical structure is.
Fi
-18-10)   0.000077399
Fi
-19-10)   0.000047835 
Fi
-20-10)   0.000029564 
Fi
-21-10)   0.000018272 
Fi
-22-10)   0.000011292 
Fi
-23-10)   0.000006979 
Fi
-24-10)   0.000004313 
Fi
-25-10)   0.000002666 
Fi
-26-10)   0.000001648
 あれは、原子核ですね。その周りを雲のように取り巻いているのが電子雲か?
That is the atomic nucleus. Electron cloud that surrounds around them like clouds?
Fi
-27-10)   0.000001018
Fi
-28-10)   0.000000629
Fi
-29-10)   0.000000389 
Fi
-30-10)   0.000000240 
Fi
-31-10)   0.000000149 
Fi
-32-10)   0.000000092 
Fi
-33-10)   0.000000057 
Fi
-34-10)   0.000000035 
Fi
-35-10)   0.0000000217
Fi
-36-10)   0.0000000134 
Fi
-37-10)   0.00000000828 
Fi
-38-10)   0.0000000051 
Fi
-39-10)   0.00000000316
Fi
-40-10)   0.000000002  ←(1.95)rounded
Fi
-41-10)   0.000000001  ←(1.21)rounded
Fi
-42-10)   0.000000001   ←(0.74)rounded
Fi
-43-10)   0.00000000046 ←(0.46)
Fi
-44-10)   0.000000000285 ←(0.285)
Fi
-45-10)   0.000000000176 ←(0.176)
 小数点以下9桁目に0 が並ぶようになりました。もう既に、原子核の世界が見えて来ているのですよ。0.000000001というのは、水素の原子核(陽子)でしょうね。
At decimal digit 9, 0 line as now. She has already dealt with is the world of the atom.
You guess 0.000000001 of the hydrogen nucleus (proton).

0.000000002
というのは、陽子と中性子とがくっついたものでしょう。proton+ neutron=deuterium(重水素)
0.00000000316
というのは、陽子と中性子2個とがくっついたものです。三重水素(tritium)といって、水素爆弾の材料です。Triple hydrogen (tritium), material of a hydrogen bomb.
0.0000000051
というのは、中性子が一つ多いヘリウム〔He〕の原子核のようです。 One more neutron helium [He] of the atomic nucleus is like.
0.00000000828
は、リチュウム〔Litium〕とベリリウム〔Beryllium〕の近辺です。

0.0000000134
近辺は、ホウ素〔Boron〕炭素〔Carbon〕窒素〔Nitrogen〕酸素〔Oxygen
0.0000000217近辺は、ネオン〔Neon〕から始まり、ナトリウム〔Na:Sodium〕マグネシウム〔Mg:Magnesium〕、アルミニウム〔Al:Aluminum〕の軽金属類です。
0.000000035
近辺には、リン・イオウ・塩素・アルゴン・カリウム・カルシウムが並んでいます。Phosphorus, Sulfur, Chlorine, Argon, Potassium and Calcium are lined up.
0.000000057
くっついているのは、鉄・コバルト・ニッケルです。前後には、チタンやマンガンなどが並び、後ろには銅・亜鉛などの周期律表の金属類が、すっぽりと当てはまっています。Iron, Cobalt and Nickel are. Behind the axiom, and the metals of the periodic table, such as copper, zinc, titanium and manganese as before and after.
 
それでは、陽子と中性子が合計92個くっ付いた0.000000092原子核の近辺には?
 
モリブデン銀・カドミニウム・・スズ・・などが並んでいます。
In the vicinity of 0.000000092 nuclei glued together total 92 protons and neutrons in it?
And molybdenum, lead, silver, cadmium, and Tin-and, lined with.


では、
1490.000000149の近辺には?
 ランタン系列の最初のレアーメタル群が並んでいます。
  So, in the vicinity of the 149 0.000000149?
    The first rear metal groups of the Lanthanide series can be found.

217
0.000000240の近辺には?
 テクチニウム系列と呼ばれている放射性原子群です。プルトニウムという天然には存在しない恐ろしい原子も、この仲間の一つとして並んでいます。

 So, in the vicinity of the 217 0.000000240?
It is a radioactive atoms is called the Tectinium series. Horrible does not exist in the nature of the Plutonium Atom waited as one of this fellow.


☆ 原子核の存在確率まで、フィボナッチ数列は予測している模様です。☆
 
この事実を知ったなら、原子の周期律表を発明したメンデレーエフさんも、放射能を精力的に研究したキュリー夫人も、開いた口が塞がらなかったことでしょう。
なぜ、彼らが驚くかと言うと、原子の周期律表では、陽子の個数で並べられていたために、同じ質量数のものが、例えばランタン系列というように分解して表示してあったからです。周期律表を原子量で整理すると、「原子核の周期律表」として整理できることについては、メンデレーエフさんもキュリー夫人も、気が付ける時代ではなかったのです。
Probability of the existence of the atomic nucleus, Fibonacci is patterns are predictable.
 Whomper Mendeleyev, who invented the Atomic periodic table you know this fact, and the Madame Curie studied radioactivity to open mouth.
 To say why they are surprised, and lined by the number of protons in the Atomic periodic table of the same mass number for example is from the Lanthanide series and so on were displayed. Can you recognize Mendeleyev's and Madame Curie, information that can be organized as a periodic table of atomic nuclei to organize the periodic table with atomic weight and age is not.

discussion ディスカッション2-5-1 discussion
『単に、フィボナッチ数列を実数扱いにして近似式を当てはめただけじゃないか。原子核の存在確率(宇宙存在度)までフィボナッチ数列は予測している、というのはいささか、話が飛び過ぎているのではないか?』
"Simply Fibonacci real treatment, applying the approximation only. In the probability of the existence of the atomic nucleus (cosmic abundances) until that predict the Fibonacci sequence is a little, too fly talk? '
 
 お答えします。
この第二章の最初21「原子の種類に関してもフィボナッチ数列は厳然と存在しているのです」というお話しをしました。
あの時は、一番重い原子:ウラン
Uの質量数238を、水素Hの質量数1.0082で割算し、四捨五入して発生個数を数えていったのでしたね。
そうしたら〔天地創世の直後には〕各原子核の誕生確率が指数関数的に増えていき、例えばヘリウムではフィボナッチ実数値の発生確率は3,000%にもなる事を示したのでした。
 今回のお話しは、Fi^(Ni-10) (1)
 
Κ55.00363612 1.61803398875 からスタートしたのです。
 これに対して【21】では、
K238 A1.0082  として割り算を繰り返して行けば、各原子核の誕生確率が得られます』というお話しだったのです。

 共に等比数列の話ですから、原子核の世界も等比数列というフィボナッチ実数列で成り立っていたという証明は、実は【21】で既に済んでいたのでした。

 フィボナッチ数列を小数点付きの実数扱いをすることで、異次元世界への窓が開けて来ましたね!原子核の世界もフィボナッチ数列ルールで成立していたのでした。

 銀河や超銀河団など、より巨大な異次元世界にもフィボナッチ数列はつながっていますし、原子核よりさらに微小な異次元世界も、フィボナッチ数列ルールで成立している模様ですが、それらについては、また別の章で、見ていくことに致しましょう。
 The answer. At the beginning of this chapter 2 [2-1] "for the type of atom is the Fibonacci sequence and that there is" said talked. At that time the heaviest nuclear: uranium U mass number 238 and dividing by the hydrogen mass number 1.0082 rounded off so was counting the number of. Then [immediately after the creation of the heavens and the Earth: exponentially increasing birth rate of each nucleus, for example with helium showed that 3,000% Fibonacci values of probability was. In this talk, Fi
^(Ni-10) (1) Κ55.00363612 1.61803398875
 By [2-1] on the other hand, "If K = 238 A=1.0082 as a Division repeat, gives birth probabilities of each atomic nucleus" was the talk of that.

 In fact [2-1] is proof that with geometric progression is also the world of the atom consisted in Fibonacci real geometric progression that you had already done so.
 
 Fibonacci numbers to real numbers with a decimal point in it have opened the window into the three-dimensional world! was also the world of the atom had been approved in the Fibonacci sequence rules.

 A huge different dimensional world, such as galaxies, Super clusters Fibonacci is led, the now and the nuclear further slight different dimensional world also has been established in the Fibonacci sequence rules about them, also another chapter in Would you like to take a look at.

|

« 【2-4】フィボナッチ数列の面白い性質「異次元世界は現世の相似形」 | トップページ | 【2-6】無限大〔∞〕の定義。Definition of Infinity "Wikipedia" should be rewritten ASAP. »

P・・・  算術フィボナッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73428639

この記事へのトラックバック一覧です: 【2-5】:極微世界から「宇宙の果て」の向こうまでを貫く式!The expression from the microscopic world through beyond the "end of the universe"!:

« 【2-4】フィボナッチ数列の面白い性質「異次元世界は現世の相似形」 | トップページ | 【2-6】無限大〔∞〕の定義。Definition of Infinity "Wikipedia" should be rewritten ASAP. »